FC2ブログ

2018-06-14 12:20

拉致問題とパヨクの人権感覚

 米朝会談の結果を受けて、河野洋平がこんな事を言っています。


  朝鮮半島に対して、朝鮮半島の植民地化について、われわれはあのとき間違えた、政策を間違えてあんなことをしたけれども、本当に申し訳なかったと、おわびをする。

 これは、韓国に対してはわれわれはそういうことをきちっとやったわけです。おわびをして、その処理をして、その結果として大変苦労をなさった方々に日本からもいろいろな配慮をして、経済援助もした。

 だけど、北とはまだ国交もないし、そういうことをできずにきているわけです。ですから、南にやっていたのと同じぐらいのことは北に対してもやらなければ、われわれの植民地支配に対する反省の姿勢を示すことにはならないわけです。

 北に対してもそういうことをしなきゃならん。そういう問題は残っているわけです。

 逆にいうと、まだ国交は正常化していないわけですし、国交が正常化していないということは植民地支配についての問題の解決、処理はできてない。

 そういう北と、日本とがどういう交渉がこれからできるか。そこへもってきて、拉致問題という大変難しい深刻な問題もある。拉致された人の家族のことを考えると年一年、お年をめしていくわけですから、時間との競争です。この問題は1日も早く片付けなければならない問題ですから、大変なことですね。

 ただし、考えてみれば、この問題は国交も正常化されていない、植民地問題の処理もできていない国に対して、ただ帰せ、帰せとだけ言ってもなかなかこれは問題は解決しない。ですからやっぱり、ちゃんと国と国の関係も正して、帰してもらうということをする手順を踏まざるを得ない。

 あるいはそれができないまでも、日朝は安倍さんのようにトランプに頼んできたよ、文在寅にも言っておいたよと。そういうんじゃなくて、自分で直接、北に対して、こういう状況だから帰してくれと、言わなきゃだめだ。どうも、日本人の生命・財産、命を他国の大統領に頼んでおいたよというのでは、やはり日本のリーダーとしての責任は果たせない。

IMG_0649

 河野洋平だけでなく、日本の自称平和主義者、自称リベラリスト、自称人権派は前々から同様の事を言っていました。 

 つまり日本は朝鮮を植民地化したのだから、拉致被害者を取り返す前に、この謝罪と賠償をしろと言うのです。 

 ワタシはネトウヨだから、国家も民族も大切だと思います。 そして国民は国家を愛し、国家を守る為に努力するべきだと思っています

 しかし河野洋平等のような全体主義、超国家主義には全く納得できません。

IMG_0666

 当然ですが北朝鮮に賠償をして国交正常化をすれば、北朝鮮は拉致被害者を永遠に帰さないでしょう。 

 なぜなら拉致被害者を帰国させたら、日本で拉致に協力した組織や個人が根こそぎ検挙される事になります。 これは北朝鮮が日本の親北朝鮮ロビーを喪う事になります。

 だから北朝鮮とすれば何として拉致被害者を帰国させたくないし、また日本にいる親北朝鮮派にとってはそれこそ死活問題なので必死で反対します。

 また国交正常化をすれば、北朝鮮に拉致被害者を返させるインセンティブはなくなるし、また日本が強制的に査察して拉致被害者を探すなどと言う事もできなくなります。

 だから永遠に拉致被害者は帰国できなくなるのです。

IMG_0655

 つまり拉致問題の解決の前に国交瀬正常化しろと言うのは、拉致被害者を見捨てろと言う事です。

 そしてこれは日本は植民地支配と言う悪をなしたのだから、その償いに拉致被害者を犠牲にしろと言う話です。

 要するに「国家の悪を償う為に個人に犠牲になれ」と言う話なのです。

 個人を国家の犠牲して当然。 

 これは国家主義、超国家主義、全体主義以外の何物でもありません。

IMG_0684

 だって横田めぐみさん始め、現在わかっている拉致被害者は皆戦後生まれです。 彼等には日韓併合には何の責任もないのです。

 それなのに彼等はある日突然、北朝鮮の工作員に拘束されて、北朝鮮に連行されて、その後の人生を奪われたのです。 そして今も拘束されたままなのです。

 このように人生を奪われた人々を救出する代わりに、「日本が過去に植民地支配をしたのだから、彼等のことは諦めろ」と言うのは、つまりは国家の罪を償わせる、それも全く責任の欠片もない個人に償わるなどと言う事をしてよいのでしょうか?

IMG_0702

 個人はこのように国家の犠牲になって当然。

 こんな事、許されますか?

 そりゃね、国家を守る為には国民が犠牲になる事はあります。

 そして国家とはそうした犠牲なしに守れない事は事実です。

 実際、自衛隊員や海上保安庁の人達はまさに、その犠牲を覚悟で働いているのです。

 そして徴兵や徴用と言う形で、こうした犠牲を担う事もあります。

IMG_0705

 しかしそれって全部、本人が志願して、或いは全てが平等の立場で犠牲になるリスクを担う事でやっているのです。

 中学校から登校途中に北朝鮮の工作員にさらわれたのから、お前が一生日本の為に犠牲になれと言うのとは違うのです。

 しかし平然とその犠牲を強いようと言うのが、日本の自称人権派、自称リベラリスト、自称平和主義者達、つまりネットいう所のパヨクなのです。

 けれどもこういう事を言う人達は、本来ならファシスト、全体主義者、反人権派と言うべきではありませんか?

IMG_0765

 しかも大変呆れた事に彼等はこれを「国益」と言ってはばからないのです。

 実は「国益」と言う言葉は、長らく日本の言論界ではタブーでした。

 なぜなら国益を肯定すれば、国家を肯定することになります。 そして国益と言う言葉には、まさに個人が国益の為に犠牲になるというイメージがあります。 だから絶対タブーだったのです。

 ところが2002年の小泉訪朝で拉致被害者が帰国して以降、この言葉を自称リベラリスト、自称人権派、自称平和主義者が平然と使うようになりました。

 つまり北朝鮮との国交正常化が「国益」だというのです。 つまり拉致被害者を見捨てて北朝鮮と国交正常化しろと言うのです。

IMG_0744

 ワタシは福島瑞穂がしたり顔でこの言葉を使っているの見た時は、ある種の感動すら覚えました。

 彼等とすれば右翼は人権なんか考えないから、「国益」と言う言葉を使って説得すれば、直ぐに北朝鮮との国交正常化に応じると思ったのでしょう。

 福島瑞穂の言う「国益」には、彼等の言いつのった人権のレベルがあまりと言えば余りに見事に凝縮されていたのです。

 しかし彼等の言う右翼の方が余程人権は重視していたようで、北朝鮮との国交正常化など実現しませんでした。 つまり日本は人権を大切にする国家だったという事です。

 そしてその代わりに彼等が「国益」と言う言葉を使いだした事で、国益と言う言葉のタブーが解けたのです。

IMG_0773

 それにしてもワタシ自身にとっても小泉訪朝と拉致被害者帰国は衝撃でした。

 実はワタシは小泉訪朝まで北朝鮮の日本人拉致の真偽には懐疑的でした。 小泉訪朝以前には拉致に関する報道がほとんどなく、新聞やテレビだけでは詳しい情報がほとんどなかったのも理由の一つです。

 しかしワタシはそれ以前に「この世に国益の為なら悪い事をする国はいくらでもあるけれど、ただ無益でバカなことをする国はない」と信じていたのです。 そして拉致と言うのはどう考えても北朝鮮の国益にならない、しかし万一バレたら国家の名誉を全て喪うのですから、どうしようもなく馬鹿な事でした。

 しかし2002年小泉訪朝でホントに北朝鮮が日本人を拉致していたのがわかり、ワタシの国家観も激変しました。

 この世にはホントにただひたすら馬鹿な悪い事をする国がある!! 

 個人で言えば頭のオカシイ変質者みたいな国がある!!

 と、いう事を痛感させられたのです。

IMG_0778

 けれどもさらに驚いた事に、この変質者のような国を必死に擁護しているのが、日本の自称人権派、自称平和主義者、自称リベラリストつまりパヨクなのです。

 少なくとも本当に人権や平和主義を信じており、そしてそれ故の反国家主義者であった人々であるなら、北朝鮮の拉致が明確になった時点で、北朝鮮と言う国家に対して強烈な嫌悪を持つようになって当然ではありませんか?

 しかし驚いた事に、日本の自称人権派、自称リベラリスト、自称平和主義者達は必死になって北朝鮮の擁護を続けたばかりか、国益と植民地支配の贖罪の為に拉致被害者を見捨てろと言い出したのです。

IMG_0789

 つまりこれは彼等にとって人権や平和など最初からどうでも良かったという事でしょう。

 或いはそもそも彼等は拉致については最初から知っていたのかもしれません。

 それどころか彼等自身が北朝鮮の日本人拉致に協力していたのかもしれません。

 実際そう考えると彼等の言動の辻褄がぴったり合うのです。

 日本の自称人権派、自称リベラリスト、自称平和主義者の人権感覚と言うのはこういう物だったのです。

IMG_0798

 オマケ

 札幌はこの数日凄く寒いです。 今日も朝から9~10℃のところをウロウロしています。 だから朝からストーブを焚いています。

 このところ天気も悪く、その上タイチョウ殿の機嫌も最悪で、寝込んでいたので、散歩にも行かず写真も撮っていないかったので、このエントリーでは5月11日の写真を使いました。

 でも気温から言うと5月の気温です。 イヤ例年なら5月でも寒すぎます。 だから外に出て桜が咲いていても全然違和感がないです。

  1. 特亜
  2. TB(0)
  3. CM(4)

コメント

国交正常化にどんなイメージを河野談話で日本を苦しめた老害は持ってるんだろ?
韓国を民主化しても中国を経済自由化しても両国共に民度はあがらずODAを集るだけの国になった
「衣食足りて礼節を知る」「実るほど頭を垂れる稲穂かな」ではなく
「食える奴は肥え太り、ふんぞり返って食べ散らかす」なんだから日本人的な情や論理は通じないのに。
  1. 2018-06-14 12:42
  2. URL
  3. are #-
  4. 編集

こんにちは

河野さんのこの記事読みました。この方、今の日韓関係が上手くいってるとでも思ってるのでしょうか?何度も謝罪し援助もし、さらに慰安婦合意までしても韓国の日本への非難はやむことを知らず、ますます激しくなるばかり。
このうえ、北に援助をしたら先方が感謝して拉致被害者を返してくるだろうと思う理由がわかりません。普通に考えて、謝罪援助非難の無限ループが朝鮮半島全体に広がるだけでしょう。

北朝鮮との交渉はどのようにすればいいのでしょうね。結局はキムが信じる唯一の力「暴力」で圧倒する以外ないのでしょうか。それはそれで、70年間の平和にまどろんできた我々には荷の重いことですが




  1. 2018-06-14 14:11
  2. URL
  3. ふるぐら #-
  4. 編集

Re: タイトルなし

> 国交正常化にどんなイメージを河野談話で日本を苦しめた老害は持ってるんだろ?
> 韓国を民主化しても中国を経済自由化しても両国共に民度はあがらずODAを集るだけの国になった
> 「衣食足りて礼節を知る」「実るほど頭を垂れる稲穂かな」ではなく
> 「食える奴は肥え太り、ふんぞり返って食べ散らかす」なんだから日本人的な情や論理は通じないのに。

 こういう人間の感覚はワタシも全く理解できません。
 しかし世の中にはこの同類も相当数いるので、そういう人間達から支持を得られるのでしょうね。 
  1. 2018-06-14 20:33
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

Re: タイトルなし

> こんにちは
>
> 河野さんのこの記事読みました。この方、今の日韓関係が上手くいってるとでも思ってるのでしょうか?何度も謝罪し援助もし、さらに慰安婦合意までしても韓国の日本への非難はやむことを知らず、ますます激しくなるばかり。
> このうえ、北に援助をしたら先方が感謝して拉致被害者を返してくるだろうと思う理由がわかりません。普通に考えて、謝罪援助非難の無限ループが朝鮮半島全体に広がるだけでしょう。

 河野洋平にすれば日本を売る事で自分が利益を得られればそれでよいのでしょう。 
>
> 北朝鮮との交渉はどのようにすればいいのでしょうね。結局はキムが信じる唯一の力「暴力」で圧倒する以外ないのでしょうか。それはそれで、70年間の平和にまどろんできた我々には荷の重いことですが

 基本的には北朝鮮は金が欲しいわけですから、金を見せびらかしながら、拉致被害者を返さなければ金は出さないと言い続けるしかないと思います。
 
 しかしホントに出したらそれっきり誰も帰れなくなるので、その心算で慎重に対応するしかないのです。

  1. 2018-06-14 20:37
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する