FC2ブログ

2018-04-27 21:37

PM2.5 の夕暮れ

 今日は朝から奇妙に暗い日でした。

IMG_2857

 空に雲はないのですが、しかしなぜか太陽の光が弱く、空は青ではなく白でした。

IMG_2862

 昼頃、妹と電話で話していると、妹は「今日はPM2.5 が酷いから、外に出ない方が良い」と言います。

IMG_2871

 妹のいる都心に近い所は、火事のような何か焦げるような臭いがすると言います。

IMG_2884

この数年来、北海道にもPM2.5 が来るようになりました。

2018y04m27d_204551349

 それにしても凄い話です。
 中国から北海道までという事は、日本海を完全に西から東へと横断することになります。

IMG_2888

 これほどの距離を移動すれば、汚染大気もその間に相当に希釈されるはずですが、それでも空の色が変わる程の濃度を保っているのですから。

IMG_2908

 ワタシは3時過ぎまで家の中で家事をしていたのですが、その後散歩に出ました。

IMG_2915

 空は午前中に比べたら大分明るくなっていましたが、しかし何かが焦げるような臭いがしました。

IMG_2921

 現在の中国の環境汚染について、日本の嘗ての「公害」と同じだという人がいます。

IMG_2913

 しかし量が全く違います。
 ワタシは公害が叫ばれたころ、化学科の学生だったので、公害には人一倍関心がありました。

IMG_2932

 しかし当時(70年代)日本で光化学スモッグが最悪だったころでも、東京で発生した光化学スモッグの被害を受けるのは、関東一円だけで、これが関東平野を囲む山脈を超えて東北に行くことはありませんでした。

IMG_2939

 あの頃、北海道は公害とは全く無縁でした。
 本州の大都市や大工業地帯の大気汚染が、北海道に影響するなどという事は誰も想像もしませんでした。

2018y04m27d_203006926

  ところが今の中国の光化学スモッグは、東シナ海を超えて五島列島など日本の南西諸島に達しています。

IMG_2948

 そしてPM2.5 は日本海を超えて北海道に達するのです。 
 日本海を超える間に希釈されてもなお、焦げた臭いがはっきりとわかる程の濃度を維持しているのです。

IMG_2954

 つまり発生地の汚染物質の量と、それに汚染された大気の量が想像を絶するのです。

IMG_2959

 一体何でこんな凄い汚染を放置しているのか?
 これでは発生地の健康被害は半端じゃないでしょう?

IMG_2953

 日が傾く頃になると、空気もだいぶ澄み始めました。
 そして寒くなってきました。

IMG_2968

 しかし桜は咲いていました。

IMG_2963

 昨日よりさらに咲いています。

IMG_2967

 勿論エゾヤマザクラです。

IMG_2969

 滴るばかりにあでやかな紅色の花びらが、冷たい空気の中で開いていました。

IMG_2973

 この美しい花びらをPM2.5で汚してほしくないです。

IMG_2975

 それにしても中国はいつまでこんな物凄い汚染を続けられるのでしょうか?

IMG_2979

 こんな凄い汚染は人類史上例がないので、今後どんな影響が出るかわかりません。

IMG_2980

 中国が汚染しているのは空気だけではなく、水や土壌も深刻です。 
 土壌は一旦汚染されたら、おそらくもう二度と元には戻らないでしょう。

IMG_2992

 そうなると中国人は新た土地に移住して、またそこを汚染しようとするでしょう。

IMG_3000

 美しい春の夕暮れでしたが、しかし恐ろしい未来を考えてしまいました。「

  1. 札幌の四季
  2. TB(0)
  3. CM(12)

コメント

霧の都 北京

YouTubeに上がっている中国の大気汚染についてのレポートです。

Surviving China's smog
https://www.youtube.com/watch?v=kPQVxQLB8YY

Inside China's most polluted city
https://www.youtube.com/watch?v=k1JGGjAm42c

Pollution in Beijing
https://www.youtube.com/watch?v=_-H6OInShmo

少し前まで、日本企業の中国駐在員の方が北京からネット放送をしていたので、それをよく見ていたんですが、 「霧のロンドン」ならぬ「霧の北京」でした。(ロンドンの霧の正体はスモッグでしたね。) 昼間でも暗くて、車はライトを点けて走ってました。
  1. 2018-04-28 08:01
  2. URL
  3. かんぱち #vF6NeGQU
  4. 編集

偏西風の為大陸から日本列島に空気が流れてくるのは避けられません。私が子供だった頃も既に九州は黄砂というものに悩まされてきました。黄砂も内モンゴル自治区の砂漠化により砂が流れてくるものらしいですが、これも緑化を考えずに家畜に草を食べさせてきたからだそうですからこれも人災と言えます。
  1. 2018-04-28 11:02
  2. URL
  3. taigen #-
  4. 編集

4月から7年ぶり3度目の千葉原市川市住みですが最初の2001年に光化学スモッグ注意報がアナウンスされてびっくりした記憶があります。咳が止まらなくなったり鼻がつまってかかった病院では「北海道から来た人には行徳の空気は厳しいかもね」とも言われました(笑)
中国の土壌汚染ですが以前テレビで放送された鬼城(ゴーストタウン)は付近の舗装道路が全く綺麗なままでした。経過時間にもよるでしょうが普通数週間で雑草が生えてくるはず。もしかしたら本当に草木も生えない土壌汚染の実体なのかもしれません…。
  1. 2018-04-28 11:33
  2. URL
  3. ノッチmrng #-
  4. 編集

東京西部では、黄沙自体は1960年代頃の方が酷かった記憶があります。
近年は東京自体の大気が浄化されてきたからか、気になったことはほとんどありません。
札幌の方がシナ発大気汚染の影響が強いんですかねえ。
確かに南関東辺りですと、甲信越の2-3000m級の山脈がありますので、西日本と違って、助かっているのかと思ってましたが、札幌はすぐ日本海ですもんね。

シナでも、水質汚染なども含めた公害は相当問題にはなっているようですが、強権と金で表には出にくいんでしょうな。
  1. 2018-04-28 12:01
  2. URL
  3. 二郎 #-
  4. 編集

焦げるような臭い

>何かが焦げるような臭いがしました。

私も二回ほど経験しました。
余り嗅いだことない、ちょっと経験のない匂いでなんだろう?と記憶にあります。
この「焦げる様な匂い」都市伝説ではないですよね。かなり広く噂されているのですか?
  1. 2018-04-28 18:15
  2. URL
  3. トラウマ #RWLNmTs6
  4. 編集

Re: 霧の街 北京

> YouTubeに上がっている中国の大気汚染についてのレポートです。
>
> Surviving China's smog
> https://www.youtube.com/watch?v=kPQVxQLB8YY
>
> Inside China's most polluted city
> https://www.youtube.com/watch?v=k1JGGjAm42c
>
> Pollution in Beijing
> https://www.youtube.com/watch?v=_-H6OInShmo
>
> 少し前まで、日本企業の中国駐在員の方が北京からネット放送をしていたので、それをよく見ていたんですが、 「霧のロンドン」ならぬ「霧の北京」でした。(ロンドンの霧の正体はスモッグでしたね。) 昼間でも暗くて、車はライトを点けて走ってました。

 ホントにすごいですね。 札幌は今日もどんよりした空で、せっかくの桜が今一でした。
  1. 2018-04-28 19:14
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

Re: タイトルなし

> 偏西風の為大陸から日本列島に空気が流れてくるのは避けられません。私が子供だった頃も既に九州は黄砂というものに悩まされてきました。黄砂も内モンゴル自治区の砂漠化により砂が流れてくるものらしいですが、これも緑化を考えずに家畜に草を食べさせてきたからだそうですからこれも人災と言えます。

 結局中国は緑化はできなかったわけですね。
 日本のNPOなど実に献身的に支援したのですが、しかしあの体制では無理でしょうね。
  1. 2018-04-28 19:16
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

Re: タイトルなし

> 4月から7年ぶり3度目の千葉原市川市住みですが最初の2001年に光化学スモッグ注意報がアナウンスされてびっくりした記憶があります。咳が止まらなくなったり鼻がつまってかかった病院では「北海道から来た人には行徳の空気は厳しいかもね」とも言われました(笑)
> 中国の土壌汚染ですが以前テレビで放送された鬼城(ゴーストタウン)は付近の舗装道路が全く綺麗なままでした。経過時間にもよるでしょうが普通数週間で雑草が生えてくるはず。もしかしたら本当に草木も生えない土壌汚染の実体なのかもしれません…。

 草が生えないのは、乾燥の為では?

 オルドスとか元々非常に寒冷でしかも砂漠気候ですから。
  1. 2018-04-28 19:17
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

Re: 焦げるような臭い

> >何かが焦げるような臭いがしました。
>
> 私も二回ほど経験しました。
> 余り嗅いだことない、ちょっと経験のない匂いでなんだろう?と記憶にあります。
> この「焦げる様な匂い」都市伝説ではないですよね。かなり広く噂されているのですか?

 実は妹の知人も昨日は焦げるような臭いがしたというのです。 だからホントにそういう臭いがしているのでしょう。
 
  1. 2018-04-28 19:18
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

Re: タイトルなし

> 東京西部では、黄沙自体は1960年代頃の方が酷かった記憶があります。
> 近年は東京自体の大気が浄化されてきたからか、気になったことはほとんどありません。
> 札幌の方がシナ発大気汚染の影響が強いんですかねえ。
> 確かに南関東辺りですと、甲信越の2-3000m級の山脈がありますので、西日本と違って、助かっているのかと思ってましたが、札幌はすぐ日本海ですもんね。
>
> シナでも、水質汚染なども含めた公害は相当問題にはなっているようですが、強権と金で表には出にくいんでしょうな。

 中国から日本海を渡ってくるのです。 
 ワタシは札幌に半世紀暮らしていますが、中国の大気汚染騒動が起きるまで、こんな空気や空を見た事がありあませんでした。

 北海道最大の工業地帯は室蘭で、ここには新日鉄の製鉄所など大規模は工場が結構あるのですが、70年代公害が叫ばれた頃でも、室蘭の大気汚染が札幌に影響したことはありませんでした。

 それが中国の大気汚染で札幌の空気がオカシイという状況になっているのです。
 恐ろしいです。
  1. 2018-04-28 19:23
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

北海道でPM2・5濃度上昇 ロシア極東の森林火災影響か

こんな記事がありました。
https://www.sankei.com/life/news/180427/lif1804270035-n1.html
 北海道各地で27日、大気汚染をもたらす微小粒子状物質「PM2・5」の濃度が上昇し、視程が10キロ未満になる「煙霧」を各地で観測した。ロシア極東で起きた森林火災の影響とみられる。

 1立方メートル当たりのPM2・5の観測値は、札幌市北区篠路で正午に123マイクログラム、千歳市東雲町で午後1時に134マイクログラム、苫小牧市沼ノ端中央で午後2時に130マイクログラム-などだった。

 国の基準では、1年の平均値が15マイクログラム以下、かつ1日の平均値が35マイクログラム以下が、健康の保護に望ましいとしている。 
  1. 2018-04-28 20:37
  2. URL
  3. 低能団塊 #-
  4. 編集

Re: 北海道でPM2・5濃度上昇 ロシア極東の森林火災影響か

> こんな記事がありました。
> https://www.sankei.com/life/news/180427/lif1804270035-n1.html
>  北海道各地で27日、大気汚染をもたらす微小粒子状物質「PM2・5」の濃度が上昇し、視程が10キロ未満になる「煙霧」を各地で観測した。ロシア極東で起きた森林火災の影響とみられる。
>
>  1立方メートル当たりのPM2・5の観測値は、札幌市北区篠路で正午に123マイクログラム、千歳市東雲町で午後1時に134マイクログラム、苫小牧市沼ノ端中央で午後2時に130マイクログラム-などだった。
>
>  国の基準では、1年の平均値が15マイクログラム以下、かつ1日の平均値が35マイクログラム以下が、健康の保護に望ましいとしている。 

 おお、それでは中国からではなくロシアからのPM2.5だったのですか?
 
 それは存じませんでした。
  1. 2018-04-29 10:48
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する