FC2ブログ

2018-01-25 11:14

水道管凍結

 今朝起きたら台所の水道が出ません。

2018y01m25d_192755288

 水道管が凍結したのです。

011

 夕べはちゃんと水落としをしたのに。

015

 水落としって水道管の各家庭への配管される菅の中の水を抜いてしまう事で、これをやれば水がないのですから、凍らないはずです。

017

 ところが夕べは余りに寒くて、元菅から家の中に配管する途中が凍ったようです。 配管の極一部ですが、水落としでもどうしても水を抜けない部分があるらしく、そこが凍るのです。

023

 こういう場合は、普通は家の中の菅を温めてやると、その熱で凍った部分が融けます。

025

 そこでワタシは家の配管に湯たんぽのお湯を更に沸かしてドンドン掛けました。

028

 しかし水は出てきません。

031
 
 お湯を大きな薬缶二杯分かけて、家の中の菅がアツアツになったのにダメです。
 それでついにギブアップして、業者さんを頼みました。

033

 しかし夕べ水道管凍結をやらかした家は沢山あったのでしょう。 業者さんは何処も大忙しのようです。
 ウチに来てくれるのは3時過ぎになるそうです。

036

 夕べの最低気温は中央区で12.7℃で今年一番の寒さでした。 だったら我が家の辺りはそれより3℃ぐらいは低いでしょう。

039
 
 失敗したね。
 夕べ夜中によもちゃんに起こされたときに、一度水を出して、再度水落としをやるべきでした。

037

 よもちゃんは「だからワタシが起こしてやったのに」といってます。
 ハイ、すみません。
 今度から気を付けます。

040
 
 幸い、湯たんぽと夕べ水落としする前の薬缶に蓄えた水がありますから3時まではなんとかなります。 
 それにトイレの方は夜中に水落としのやり直しをしたので、ちゃんと出ます。

038

 昨日は何かイヤな予感がしていました。 
 何がそんなにイヤなんだろうか・・・・・と、思い続けたのがこれだったのですね。

042

 しかしイヤな予感の結果が水道管凍結で済んだのは幸いです。
 業者さんに数千円払えば済む事ですから。

043

 それにワタシはいつもイヤな事があれば、必ず後からその見返りに良い事があるのですから。

046

 と、ここまで書いた所、何んと水道から水が出た!!!

049

 時間はかかったけれど氷が融けたようです。 

055

 それで業者さんに断りの電話を入れた所、幸いと言うべきか仕事が亡くなったことを全然残念がる風もありませんでした。
 だって今日は仕事がいくらでもあるのだから・・・・。

057

 冬の寒さはこれからが本番です。
 でも太陽は力を増してきました。

  1. 札幌の四季
  2. TB(0)
  3. CM(10)

コメント

東京都内の自宅で、庭の水道管が凍結しました。
こんなこと初めてです。
水抜きってどうやるんでしょう?
破裂しないか心配ですが、ここ数日が寒さの底のようですし、家の中の水道は普段通り出るので、ほっといても大丈夫ですかね?
  1. 2018-01-26 09:50
  2. URL
  3. 二郎 #-
  4. 編集

To:二郎様へ

横から失礼します。

コメントを拝見しますと、二郎様は東京在住とお見受けしました。

水道管の凍結防止、または水抜きでありますけれど、極端な話「北海道でのやり方」は「東京では無意味」と思います。そもそも北海道や東北等の雪国・北国は「冬場に水道管が凍結する」ということを大前提にしています。したがって、住宅の仕様が違うのです。

東京都に関しては、東京都水道局のホームページをご覧になったほうが良いです。
  1. 2018-01-26 11:14
  2. URL
  3. 裏の桜 #-
  4. 編集

Re: タイトルなし

> 東京都内の自宅で、庭の水道管が凍結しました。
> こんなこと初めてです。
> 水抜きってどうやるんでしょう?
> 破裂しないか心配ですが、ここ数日が寒さの底のようですし、家の中の水道は普段通り出るので、ほっといても大丈夫ですかね?

 取りあえず水道局に相談されては?

 因みに北海道の場合は、水道管が凍結する寒さが必ず来る事を前提に、水抜き栓と言うのが着いています。

 こんな構造です。

 http://www.otaf.co.jp/kuras/mizunuki.htm

 しかし温暖な地域では水道管はそんな構造になっていないでしょう。

 だから北海道式の水落としは不可能では?

 まず水道局と相談して、水道管破裂の心配があるかどうかを確認し、その対策を聞くしかないのでは?
  1. 2018-01-26 12:08
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

Re: To:二郎様へ

> 横から失礼します。
>
> コメントを拝見しますと、二郎様は東京在住とお見受けしました。
>
> 水道管の凍結防止、または水抜きでありますけれど、極端な話「北海道でのやり方」は「東京では無意味」と思います。そもそも北海道や東北等の雪国・北国は「冬場に水道管が凍結する」ということを大前提にしています。したがって、住宅の仕様が違うのです。
>
> 東京都に関しては、東京都水道局のホームページをご覧になったほうが良いです。

 裏の桜さんの所はこの冬は札幌より寒いようですね。

 札幌は昨日初めてホントに真冬らしくなったのですが、本州が大変なのに、何で北海道がヘンに暖冬だったのか、不気味なんですよね。
  1. 2018-01-26 12:10
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

>裏の桜様、管理人様

ご教授ありがとうございました。
水道管の構造が違うのですね。
こんなこと、数十年前にうっすら記憶があるくらいなので、憂鬱だったのですが、昼過ぎくらいに庭を見たら、水道の周りが水浸しになってました。
管理人さん宅同様、いつの間にか開通したようです。
またなるとイヤなので、夜じゅうチョロチョロ出しっぱなしにすることにしました。

温暖化を煽る人たちは、近年の寒冬続きを説明して欲しいもんです。
  1. 2018-01-26 18:44
  2. URL
  3. 二郎 #-
  4. 編集

Re: タイトルなし

> >裏の桜様、管理人様
>
> ご教授ありがとうございました。
> 水道管の構造が違うのですね。
> こんなこと、数十年前にうっすら記憶があるくらいなので、憂鬱だったのですが、昼過ぎくらいに庭を見たら、水道の周りが水浸しになってました。
> 管理人さん宅同様、いつの間にか開通したようです。
> またなるとイヤなので、夜じゅうチョロチョロ出しっぱなしにすることにしました。

 そうですね。 それが正解です。 気温が-5℃以下になる時は、チョロチョロ出しっぱなしが正解です。
>
> 温暖化を煽る人たちは、近年の寒冬続きを説明して欲しいもんです。

 マジに温暖化はどうなるんでしょうね?
  1. 2018-01-26 20:10
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

水道管が破裂

神戸ですが、昨夕、自宅屋上の水道管が破裂、水が噴出して大騒ぎでした。
なじみの水道屋さんに電話しましたが同様の事故が何件もあったそうで5時すぎ頃、やっと来てくれて、夕闇迫る寒い中で工事が終わりました。
工事が終わって、バルブを開き、やっと夕食の準備もできました。
寒い屋外できっちりと工事をしてくれた水道屋さんに感謝してます。
以後、今も少しづつ水を出しっぱなしにしています。
こんなことは知る限りの過去になく、地球温暖化は大嘘だと思っています。
寒さに大変弱い自分には暗い未来です。
  1. 2018-01-26 23:35
  2. URL
  3. 低能団塊 #-
  4. 編集

地球温暖化も寒冷化も人類の歴史に普通に有った事・・

私は文系ですし、温暖化のシステムとかプロセスとかいくら読んでも説明を受けても今一つピンと来ないのですが、以前何処かの個人ブログ(たしか考古学の専門家さんでした)で偶々読んだ内容を忘れる事が出来ません。人類の長い歴史の(と言っても今の所明確なのはせいぜい1万年程度)中で前世紀程気候が安定していた時期も珍しく、20世紀末になり異常気象になったのでは無く、気候の変動の歴史の中で人類は変化と進化をくり返しながら生き抜いてきた。ここ100年程の気候が安定している状況のほうが珍しい現象であるとの説明でした。

詳細なグラフも提示して有り成る程と感心した覚えが有ります。考えてみれば江戸期には少なくとも3度の飢饉が起こっていて冷害(寒冷化)が原因で有る事は間違いなく。フランス革命の遠因も欧州の寒冷化で農産物の不足から市民の不満が爆発した事ですし。フリードリッヒさんのジャガイモ栽培の奨励も同じ理由。そもそも人類が農業と云う過酷な労働に手を出さざるを得なかったのもその地域の寒冷化が原因だそうです。

まあ、温暖化は温暖化で自然災害を引き起こしたりはしますが(大雨や干ばつ等)寒冷化程顕著に実りの不足を齎す事も無く、洪水で田畑が目の前で流されてしまえばあきらめもつきますし、その後の対策も取り易くなります。欧州に限らずとも人類は実に多くの保存食を発達させてきました。ソーセージやサラミの様な家畜を余す所なく利用・保存する方法や干しタラや燻製にしんや、網羅しきれないほどの発酵食品等にその英知も詰まっています。チーズや納豆やビールやワインも元をたどれば保存食品であり、胡椒が高値で取引されたのも塩が生活に欠かせず信仰の対象の一部で有る事もそれらの事を如実に説明しているでしょう。

19世紀中庸~20世紀中庸に気候が安定し物流が安定した事で人類が軟弱になったと考えたくは有りませんが、過去の英知を学びなおしてその英知を復権させる事も必要かもしれません。信仰の歴史や食文化の歴史に私達個人々が取れる対策の答えが有るような気がするのです。何といっても化石燃料を使った暖房器具やヒートテッックやマイクロファイバー等の繊維技術の発達も助けになってくれますし、水道管凍結に対する対策などは暮らしの知恵でも有ります。生活範囲を少し広げて知恵を借り合う事で対策も取り易くなるのではないかと皆様のコメントを読みながら考えました・・
  1. 2018-01-27 07:14
  2. URL
  3. エピ #-
  4. 編集

Re: 水道管が破裂

> 神戸ですが、昨夕、自宅屋上の水道管が破裂、水が噴出して大騒ぎでした。
> なじみの水道屋さんに電話しましたが同様の事故が何件もあったそうで5時すぎ頃、やっと来てくれて、夕闇迫る寒い中で工事が終わりました。
> 工事が終わって、バルブを開き、やっと夕食の準備もできました。
> 寒い屋外できっちりと工事をしてくれた水道屋さんに感謝してます。
> 以後、今も少しづつ水を出しっぱなしにしています。
> こんなことは知る限りの過去になく、地球温暖化は大嘘だと思っています。
> 寒さに大変弱い自分には暗い未来です。

 あらら、それは大変でしたね。

 本来なら暖かい地域でこそ、水道管凍結警報は出すべきですね。 暖かい地域だと水道管も低温対策が全くないので、イザ低温になると寒冷地より簡単に凍結するでしょうから。

  1. 2018-01-27 12:14
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

Re: 地球温暖化も寒冷化も人類の歴史に普通に有った事・・

> 私は文系ですし、温暖化のシステムとかプロセスとかいくら読んでも説明を受けても今一つピンと来ないのですが、以前何処かの個人ブログ(たしか考古学の専門家さんでした)で偶々読んだ内容を忘れる事が出来ません。人類の長い歴史の(と言っても今の所明確なのはせいぜい1万年程度)中で前世紀程気候が安定していた時期も珍しく、20世紀末になり異常気象になったのでは無く、気候の変動の歴史の中で人類は変化と進化をくり返しながら生き抜いてきた。ここ100年程の気候が安定している状況のほうが珍しい現象であるとの説明でした。
>
> 詳細なグラフも提示して有り成る程と感心した覚えが有ります。考えてみれば江戸期には少なくとも3度の飢饉が起こっていて冷害(寒冷化)が原因で有る事は間違いなく。フランス革命の遠因も欧州の寒冷化で農産物の不足から市民の不満が爆発した事ですし。フリードリッヒさんのジャガイモ栽培の奨励も同じ理由。そもそも人類が農業と云う過酷な労働に手を出さざるを得なかったのもその地域の寒冷化が原因だそうです。
>
> まあ、温暖化は温暖化で自然災害を引き起こしたりはしますが(大雨や干ばつ等)寒冷化程顕著に実りの不足を齎す事も無く、洪水で田畑が目の前で流されてしまえばあきらめもつきますし、その後の対策も取り易くなります。欧州に限らずとも人類は実に多くの保存食を発達させてきました。ソーセージやサラミの様な家畜を余す所なく利用・保存する方法や干しタラや燻製にしんや、網羅しきれないほどの発酵食品等にその英知も詰まっています。チーズや納豆やビールやワインも元をたどれば保存食品であり、胡椒が高値で取引されたのも塩が生活に欠かせず信仰の対象の一部で有る事もそれらの事を如実に説明しているでしょう。
>
> 19世紀中庸~20世紀中庸に気候が安定し物流が安定した事で人類が軟弱になったと考えたくは有りませんが、過去の英知を学びなおしてその英知を復権させる事も必要かもしれません。信仰の歴史や食文化の歴史に私達個人々が取れる対策の答えが有るような気がするのです。何といっても化石燃料を使った暖房器具やヒートテッックやマイクロファイバー等の繊維技術の発達も助けになってくれますし、水道管凍結に対する対策などは暮らしの知恵でも有ります。生活範囲を少し広げて知恵を借り合う事で対策も取り易くなるのではないかと皆様のコメントを読みながら考えました・・

 なるほどね。 ホントに気候って変わっていく物なんですね。

 こういう長期的な変動って、人間の感覚だけではどうしても理解できないんですよね。 だから地道に調べてデータを積み上げるしかないのでしょうね。
 
 ワタシは実は温暖化は良くわからないのです。

 温暖化しているかどうかも確信がないし、またその原因が化石燃料の為かも今一わかりません。

 唯現実的には化石燃料はいずれなくなるので、それを思えば、どうしても代わりの燃料の開発は必要ですから、開発を続けるしかないのですが。
  1. 2018-01-27 12:19
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する