FC2ブログ

2017-12-24 13:05

EUの「多様性の尊重」と「寛容」

 先日日本で二人の死刑囚の死刑が執行されたことに対して、EU駐日代表部が抗議の声明を発表しました。

 またフランスとドイツの駐日大使館も日本を非難しています。

 あれれ?
 EUもドイツもフランスも「多様な価値観」や「寛容」を尊重するんじゃなかったんですか?

036

 ええ、EU諸国が死刑を廃止した事は知っています。
 それがEUの価値観で、EU諸国民の意思なら日本人はそれを尊重します。

 だから「EU諸国は死刑を復活しろ!!」なんて言う気は全くありません。

 しかし日本人の圧倒的多数は死刑制度を支持しています。
 だから日本国内での死刑制度を廃止する気は全くありません。

 そもそも凶悪犯にどのような刑事罰を科すかなどと言うのは、それぞれの国の文化や歴史、また現実の社会状況に深くかかわる問題です。
 そして純然たる内政問題です。

 だから他国の文化や伝統、他国の主権を尊重すれば、他国の刑事罰に関して安易に非難とか抗議をするべきではありません。

041
 
 ところがそれをやってしまうのがヨーロッパ人の哀しいところです。

 連中は自分の正義は絶対正義、だから自分が正しいと思ってやることは人に押し付けずにはいられないのです。

 それで昔は宗教戦争なんて物をやりました。

 カソリック教会の権威を認めるか?
 認めないか?

 しかしこんな完全に内面の問題を、他人がどうこう言っても判断不能ですから、一度揉めはじめると切りがないのです。

 それでも連中はトコトンこれに拘ってもめ続けて、挙句に人口が減るほどの殺し合いになりました。
 
 で散々殺し合った結果、連中がたどりついたのが「宗教の自由」です。

 つまり宗教みたいな内面の問題で揉めるのは止めよう。
 そんなことで揉めたら最後の一人まで殺し合う事になるから。

 そしてこのトコトンお節介精神への戒めとしてたどり着いたのが「個人主義」です。

2017y12m24d_131143872

 しかし哀しいかなこうして血みどろの宗教戦争の結果「宗教の自由」や「個人主義」にたどり着いても、トコトンお節介精神そのモノは治らないのです。

 ヨーロッパが近代化して強力な軍事力を持つようになると、今度はホワイトオブリージなどと言う物を発明してしまいましました。

 つまり「我々白人は近代化した優れた人間だから、その義務として遅れた有色人種を教育してやらねばらない。」と言うのです。

 ええ、近代以降ヨーロッパ諸国が優れた社会制度や科学技術を作り上げて人類を進歩させたことは事実だと思いますよ。

 でもさ、頼まれてもいないのに他人にそれを押し付けるって、マジにお節介そのモノじゃないですか?
 そして独善と差別意識そのモノじゃないですか?

049

 そこで連中も植民地を喪ってからは、それを反省し始めたのです。

 すると今度は差別を絶対悪として「多様な価値観の尊重」とか「寛容」とかを一枚看板にするようになりました。

 ところが哀しいかな、それでも連中のトコトンお節介精神そのモノは治らないのです。

 だから何かあると直ぐにそのトコトンお節介精神を発揮します。

 日本に対する死刑反対声明など典型でしょう?

2017y12m24d_131222420
 
 君達は死刑制度は犯罪の抑止にならないと言うけどさ、日本は殺人始め全ての犯罪について君達の国より一桁少ないんだよね。

 日本の治安が良い事は、君達の国から日本に来た人達、観光客から仕事で長期滞在する人達皆認めているでしょう?

 そういう明明白白な事実を無視して、上から目線で「死刑を廃止しろ!!」と言うのって、人種差別じゃない?

 合理的で現実的な発想をするのなら、日本の治安の良さを見て、日本の制度に学ぶべきじゃない?

053

 日本だけじゃないよ、日本以外で死刑制度を続けている国には皆それぞれの事情があるんだよ。

 例えば治安が崩壊寸前だったり、貧しくて刑務所を管理する予算も出せないような国だってあるんだよ。

 君達そういう国にまで「死刑を止めろ!」って言ってるよね?

 死刑制度の廃止なんて現実にできそうもない国にまで、そんなことを言うって、唯の苛めじゃないの?

 そういう苛めって人道的なの?

2017y12m24d_131251166

 しかも世界一の死刑大国、商売の都合で中国には何にも言えないって何?
 
 そういうさもしい人道主義に共感する人間は、日弁連みたいな君達と同類のさもしい偽善者だけだよ。

058

 で、こんな連中が「多様な価値観の尊重」とか「寛容」を振り回すのだから、今度は自分達が勝手に決めた「多様な価値観の尊重」や「寛容」を無理矢理他所に押し付けると言う事にしかなりません。

 つまり自分達が「難民」を抱え込むと決めたので、「オマイラも抱え込め!」と強制する、自分達が同性婚を認めたら「オマイラも認めろ!」と強制するのです。

059

 いやさ、ポーランドとかハンガリーはオマイラと違って植民地なんか持っていた事もないし、他所の国に自国文化を押し付けた事もないんだよ。
 
 それどころかイスラム教徒のオスマントルコに圧迫された歴史のトラウマがあるんだよ。

 しかも経済はとても厳しくて、失業率も貧困率も凄く高いんだよ。

 そういう国にイスラム「難民」を受け入れろって、そりゃイジメだよ。

062

 ところがコイツラ、ホントに容赦ないんだよね。

 でもこんなに容赦なく東欧諸国を苛めるのは、勝手に難民歓迎をやった国々の政権が、自国内で「何でオレタチだけ難民の面倒を見なきゃならないんだよ!! 拒否している国もあるんだから、オレタチも拒否すれば良かろう。」と言う声を封殺したいからなんだよね。

 これって身勝手も良い所だよね?

068

 オマイラは近代以降も同性愛に刑事罰を科して、同性愛者を迫害していたけどね、日本はそんなことした事はないんだよ。

 だから同性愛者は昔から、養子縁組をして添い遂げる事もできたし、仲間同士で好き放題乱交しても誰も文句を言わないんだよ。

 それなのに何で今更同性婚なんか認めなくちゃならないの?

 オマイラ、自分達が同性愛者を迫害していたから、日本も迫害していたって勝手に思ってない?

 あのねえ、アジアにもアフリカにも、オマイラみたいに同性愛者を苛めた国はないから。

 だからオマイラ以外の国は、今更同性愛者の権利が~~!!なんて騒ぐ必要はないんだよ。

070

 他国にあれこれ言う前に、まず他国の文化を理解する努力しろよ!!

 多様な価値観の尊重とか言うなら、まず自分達と違う国の違い価値観を勉強するべきじゃない?

 その勉強がイヤならしなくても良いよ。

 でもその場合は、自分は無知で他国の事は理解できないと考えて、余計な事は言わない方が良いよ。

072

 ところが余計な事を言わずにいられないのがヨーロッパ人なんですよね。

 なんだかなあ・・・・つくづく厄介な性格だと思います。

 勿論これが悪い事ばっかりだったわけではありません。

 このトコトンお節介は独善と狭量の結果ではあるけれど、それは逆に言えば大変生真面目で正義感が強いと言う事もあるのですから。

 だからヨーロッパは大変腐敗や汚職の非常に少ない、大変効率的な政治制度を確立し、豊な国になったのです。

 高福祉社会なんて中国みたいに隙あれば脱税し、不正に福祉を食い潰そうとするような国民性では、制度の運営は不能でしょう?

 自然科学の論文だって、中国では捏造やデータ改竄が普通になってしまっていると言います。 これでは安心して他人の論文を引用できないので、研究成果を積み上げて、科学を進歩させる事はできないのです。

 そういう意味でヨーロッパ人のトコトンお節介精神は、プラス面だって沢山あったのです。

074

 でもね、あんまり他人にお節介ばっかりしていると、結局自分が自滅する事になるんじゃないですか?

 宗教戦争の時みたいにね。
 ナチス党支配下のドイツみたいにね。

 実際今ヨーロッパ諸国がやっているネットの書き込み規制なんか完全にファシズムの言論統制そのモノでしょう?
 
 あれを見ていると、ヒトラーやムッソリーニの台頭した頃は、ああやって言論統制が強まって、ああやってファシズムに突入したのだとしか思えません。

 しかし笑えるのは、このファシズムそのモノの言論統制を今のヨーロッパ諸国は、「多様な価値観の尊重」と「寛容」の名目でやっている事です。

 こうなるとホントに救いがないですね。

077

 悪い事は言わないから、君達、ホントにもう一度、多様な価値観を尊重するとか、寛容の意味を考え直したら?

 寛容と多様な価値観を尊重すると言いながら、自分達の気に入らない言論は取り締まるって、ブラックジョークだよ。

 でもブラックジョークが現実になると、ジョークではなく悲劇にしかならないんだよ。

 わかってる?
  1. ヨーロッパ
  2. TB(0)
  3. CM(33)

コメント

イスラムテロリストを生け捕りにして、終身刑でEU諸国民はそれで満足できるのでしょうかね。
国民感情がそれを許さないのでは?
結局、生け捕りにしないでその場で射殺してるのが実状なんじゃ?と思っちゃいますね。
超法規的な死刑を行ってんじゃ?
生け捕りにして公正な裁判手続きを経て型を執行してる日本の方が民主的では?

  1. 2017-12-24 14:49
  2. URL
  3. おろち #-
  4. 編集

これも朝鮮人問題と同じように、遺伝的根拠に由来すると思われる問題なのでしょうか……

カカシさんに「日本人は『欧米』とひとくくりにするが、欧州(大陸)とアメリカを一緒にするな」と怒られまして、ちょっと調べたことがあります。

インフォーマントが少なすぎて仮説に留まりますが、「欧米」って、どうやら日本独特の分類概念の様でした。

では他のアジア諸国が、世界に激変をもたらし「国際社会」を整備した「彼ら」をどう分類しているか。大雑把に要約すると「肌が白い人」。日本人や、スペインポルトガルの血が混ざった中南米人もB級ランクでここに振り分けられるみたいでした。なんと大雑把な!

しかし、遺伝の問題があるとしたら、カカシさんには申し訳ないけれど、欧州の分枝としての暗黙のルールがアメリカで共有される限り、日本人が「欧米」という分類を多用するのはむべなるかな。

なお現在、学会は、「人種」や「民族」の定義を持たないそうです。

「白人」にしろ「黒人」にしろ、実は内部において「黄色人種」の一言でまとめられる「日本人」「台湾人」「中国人」「朝鮮人」「モンゴル人」レベルの違いがあるそうですが、それでももともとの「ヨーロッパ」であった英独仏イタリア北部の「白人」には国を超えて共通する生理的反応や価値観を感じることがあります。EUとしてまとまりはしたけれど、彼ら的にもスペインポルトガルは「違う」みたいです。その辺りの「違い」は、私も分からなくもない。

そして語源を提供した筈のギリシャ人は、実は全く違うと思う(笑)。
  1. 2017-12-24 19:45
  2. URL
  3. アンデルセン #-
  4. 編集

手本にする価値があるなら見習うけど・・・

左翼系の政治ブログで、ブログランキングの上位にランクインしている数少ないブログに、こんな事が書いてありました。書いているのは「2010年3月まで関西学院大学法科大学院教授。東京弁護士会。日本反核法律家協会理事。BLOGOSブロガー。」の宮武嶺という人です。
日本の左翼リベラル派の思考回路が、とてもよくわかる記事だと思います。

死刑廃止をあきらめない - Everyone says I love you !
http://blog.goo.ne.jp/raymiyatake/e/82356c45a7599f3cb2bff261313273b6

>(このブログで)あまり死刑廃止論の記事を積極的に書いてこなかったのは、日本の死刑存続を望む世論は外圧でしか変わらないとあきらめてしまっていたからでしょう。

↑なぜ外圧で変える必要が?日本国民の意思は無視ですか?

>死刑廃止は命を尊重する文化を育むと言えそうです。
>ノルウェー 連続テロで77人を犠牲にしても反省せず法廷で拳を突き上げる被告人になおも寛容を示す大人の国

↑日本をノルウェーのような国に?私は絶対にイヤです!

死刑廃止派がよく言う「死刑制度に凶悪犯罪の抑止効果は無い」という主張を私は信用していません。確かこれ、欧州のどこかの国で、死刑が廃止される直前と廃止された直後の比較しかしていなかったんじゃなかったかと思います。なので、長期的・継続的に調べれば、違ったデータが得られるんじゃないかと思います。
  1. 2017-12-25 07:33
  2. URL
  3. かんぱち #vF6NeGQU
  4. 編集

こんにちは。
そんな内政干渉は止めてチベットの虐殺に対して何故非難の声を上げないのだろう?そっちは犯罪者の処遇ではなく何の罪もない善良な人々を殺戮しまくっているわけで擁護のしようがないのですがね。
国連のナンチャラ委員会も同じで70年前の真偽不明なことをとやかく言う暇があれば中国を非難すべきでしょう。
国連と各国がその労力で推進すれば現在の人権問題は解決できますって。
  1. 2017-12-25 08:35
  2. URL
  3. kazusa #-
  4. 編集

サヨクが死刑廃止に血道を挙げる理由……
まさか、自分のためじゃありますまいな。
暴力革命の果て、あえなく検挙された時のために。

社会を憎み、道連れ心中も辞さぬ経済負け組。
それを駒に、日本版太子党になる野望を抱くサヨク。
数年前、日本は危ないところまでいっていたと思う。

リーマンショック、経済成長期の成功体験の呪縛。
それらが不幸な世代を産んでしまった。
それでも、悪夢はやがて終わる。
景気回復、働き方改革、少子化と人手不足。
皆が職を得てQoLが上がれば、駒は減っていく。

外患誘致は極刑に処す、と刑法にある。
もしそれ程のことをしていたなら、まさに死活問題。
今が最後のチャンスと見てるのか。

だとすれば、破れかぶれの決起もないではない話。
せめて備えよう。
  1. 2017-12-25 09:11
  2. URL
  3. #tQ725RIE
  4. 編集

>かんぱちさん

>死刑廃止派がよく言う「死刑制度に凶悪犯罪の抑止効果は無い」という主張を私は信用していません。

確か、連続射〇事件を起こした永山則夫元死刑囚が最終トリガーを引いたのが「未成年者は死刑にならないから」でした。未成年者に限らず、死刑に「なる」「ならない」が〇人実行の分水嶺になるケースは実在しているのに「抑止効果は無い」とは不思議な話です。

日本で中国人の犯罪が報道されると「中国に比較して日本の量刑は軽い」「中国だったら死刑になっていた」などという感想が登場しますから、治安ガードマンとしての量刑には意味があるでしょう。

ただ、永山則夫に関わらず、凶悪犯罪者の生い立ちを見ていくと生育環境で悲惨な虐待に遭っているケースが非常に多い。

殴られ蹴られエサを与えずろくに散歩もさせず、そのような現状を知りながら周囲の者は無視し続け、”保護者”の監督という鎖が外れた瞬間、通りすがりの人間をがぶりと噛んだことをもって「こんな凶暴な犬は〇すべきだ!」と言い始めるのはいかがなものかと思います。

永山に限らず、刑務所で教育と機会を与えられ書籍を執筆するレベルまで知性の向上が見られるようになる「凶悪犯」の例は数多く、もし彼らが十分な環境に恵まれ成長していたらどれほど社会に有用な人物になっただろうと考えさせられることがしばしばあります。

彼らのような人物が発生せざるを得なかった条件を内側から解説できるポジションにいるから、死な(せ)ず働いて欲しいという意味でなら私も死刑反対の立場に立ちますが、その前に、自分の言動に無自覚無責任な人々から社会権を剥奪するのが先。色網の方がパイロットになれないように、前述の方々からは「親権」に制限を施し(これ、本当はサルの一種でしかないヒトに教育を施しニンゲンにする”親義務”の間違いでしょう)、「職業選択の自由」から教育職や他者の存在にくびきをかける人事担当職への就任を排除すべき。

「そもそも死刑が問われざるをえないような悲惨な事件が発生しないように原因を解消しよう」という問題意識なくして死刑制度「賛成」「反対」を語っても、ギロチンショーに賛成か反対かというレベルの話で終わることでしょう。
  1. 2017-12-25 09:23
  2. URL
  3. アンデルセン #-
  4. 編集

ちなみに

ヒトラーも父親からひどい体罰を受けて育った虐待児でした。

「ヒトラー」を悪の代名詞として単純に用いる方たちは、全体主義が大っ嫌いな筈なのに、なぜかやっていることはレッテル張りに呼応する自発的な個が集合する集団リンチというのは、とても興味深い現象です。
  1. 2017-12-25 09:33
  2. URL
  3. アンデルセン #-
  4. 編集

Re: タイトルなし

> イスラムテロリストを生け捕りにして、終身刑でEU諸国民はそれで満足できるのでしょうかね。
> 国民感情がそれを許さないのでは?
> 結局、生け捕りにしないでその場で射殺してるのが実状なんじゃ?と思っちゃいますね。
> 超法規的な死刑を行ってんじゃ?
> 生け捕りにして公正な裁判手続きを経て型を執行してる日本の方が民主的では?

 イスラムテロリストを生かしておくと、収監中にも厄介事が起きるので、射殺しちゃうんでしょうね。
 
 テロが頻発する状況で死刑廃止のような非現実的な政策を取ると結局こういう事になるのでしょう。
  1. 2017-12-25 11:48
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

Re: タイトルなし

> これも朝鮮人問題と同じように、遺伝的根拠に由来すると思われる問題なのでしょうか……
>
> カカシさんに「日本人は『欧米』とひとくくりにするが、欧州(大陸)とアメリカを一緒にするな」と怒られまして、ちょっと調べたことがあります。
>
> インフォーマントが少なすぎて仮説に留まりますが、「欧米」って、どうやら日本独特の分類概念の様でした。
>
> では他のアジア諸国が、世界に激変をもたらし「国際社会」を整備した「彼ら」をどう分類しているか。大雑把に要約すると「肌が白い人」。日本人や、スペインポルトガルの血が混ざった中南米人もB級ランクでここに振り分けられるみたいでした。なんと大雑把な!
>
> しかし、遺伝の問題があるとしたら、カカシさんには申し訳ないけれど、欧州の分枝としての暗黙のルールがアメリカで共有される限り、日本人が「欧米」という分類を多用するのはむべなるかな。
>
> なお現在、学会は、「人種」や「民族」の定義を持たないそうです。
>
> 「白人」にしろ「黒人」にしろ、実は内部において「黄色人種」の一言でまとめられる「日本人」「台湾人」「中国人」「朝鮮人」「モンゴル人」レベルの違いがあるそうですが、それでももともとの「ヨーロッパ」であった英独仏イタリア北部の「白人」には国を超えて共通する生理的反応や価値観を感じることがあります。EUとしてまとまりはしたけれど、彼ら的にもスペインポルトガルは「違う」みたいです。その辺りの「違い」は、私も分からなくもない。
>
> そして語源を提供した筈のギリシャ人は、実は全く違うと思う(笑)。

 人間の言動の理由が遺伝に依るのか、文化に依るのかを判別する事は現在の科学技術では不可能です。 だから安易に遺伝を持ち出す人には疑念を感じます。

 遺伝を持ち出すと言うのは、血統で人を判別する事で、これはつまり中国や韓国の儒教社会の理念そのモノだからです。 自分が儒教的発想に嵌っていて中国や韓国を批判するのはオカシイでしょう?
  1. 2017-12-25 12:13
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

Re: 手本にする価値があるなら見習うけど・・・

> 左翼系の政治ブログで、ブログランキングの上位にランクインしている数少ないブログに、こんな事が書いてありました。書いているのは「2010年3月まで関西学院大学法科大学院教授。東京弁護士会。日本反核法律家協会理事。BLOGOSブロガー。」の宮武嶺という人です。
> 日本の左翼リベラル派の思考回路が、とてもよくわかる記事だと思います。
>
> 死刑廃止をあきらめない - Everyone says I love you !
> http://blog.goo.ne.jp/raymiyatake/e/82356c45a7599f3cb2bff261313273b6
>
> >(このブログで)あまり死刑廃止論の記事を積極的に書いてこなかったのは、日本の死刑存続を望む世論は外圧でしか変わらないとあきらめてしまっていたからでしょう。
>
> ↑なぜ外圧で変える必要が?日本国民の意思は無視ですか?
>
> >死刑廃止は命を尊重する文化を育むと言えそうです。
> >ノルウェー 連続テロで77人を犠牲にしても反省せず法廷で拳を突き上げる被告人になおも寛容を示す大人の国
>
> ↑日本をノルウェーのような国に?私は絶対にイヤです!
>
> 死刑廃止派がよく言う「死刑制度に凶悪犯罪の抑止効果は無い」という主張を私は信用していません。確かこれ、欧州のどこかの国で、死刑が廃止される直前と廃止された直後の比較しかしていなかったんじゃなかったかと思います。なので、長期的・継続的に調べれば、違ったデータが得られるんじゃないかと思います。

 ワタシもこの手の死刑廃止論者には疑念しか持てません。

 そもそも死刑廃止の意味は、殆ど理念の問題なのです。 つまり日本で数人の死刑囚の命の問題に、何でそんなに執着するのか?

 それより拉致被害者の方が余程多いでしょう?

 そういう理念の問題に執着して頑張る人間は結局、現実には興味はないのではないかと思ってしまうのです。
  1. 2017-12-25 12:16
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

Re: タイトルなし

> こんにちは。
> そんな内政干渉は止めてチベットの虐殺に対して何故非難の声を上げないのだろう?そっちは犯罪者の処遇ではなく何の罪もない善良な人々を殺戮しまくっているわけで擁護のしようがないのですがね。
> 国連のナンチャラ委員会も同じで70年前の真偽不明なことをとやかく言う暇があれば中国を非難すべきでしょう。
> 国連と各国がその労力で推進すれば現在の人権問題は解決できますって。

 ところが中国との商売に差支える事は一切言えないのがEU諸国なのです。

 だったら他の国にも余計な事を言わなきゃ良いのですが、言わずにいられないのが哀しいですね。
  1. 2017-12-25 12:20
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

Re: タイトルなし

> サヨクが死刑廃止に血道を挙げる理由……
> まさか、自分のためじゃありますまいな。
> 暴力革命の果て、あえなく検挙された時のために。
>
> 社会を憎み、道連れ心中も辞さぬ経済負け組。
> それを駒に、日本版太子党になる野望を抱くサヨク。
> 数年前、日本は危ないところまでいっていたと思う。
>
> リーマンショック、経済成長期の成功体験の呪縛。
> それらが不幸な世代を産んでしまった。
> それでも、悪夢はやがて終わる。
> 景気回復、働き方改革、少子化と人手不足。
> 皆が職を得てQoLが上がれば、駒は減っていく。
>
> 外患誘致は極刑に処す、と刑法にある。
> もしそれ程のことをしていたなら、まさに死活問題。
> 今が最後のチャンスと見てるのか。
>
> だとすれば、破れかぶれの決起もないではない話。
> せめて備えよう。

 左翼の人達って、日本が嫌いなんですよ。
 だから何でも日本に文句を言えるネタがあったら言わずにはいられないのです。
  1. 2017-12-25 12:21
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

Re: >かんぱちさん

> >死刑廃止派がよく言う「死刑制度に凶悪犯罪の抑止効果は無い」という主張を私は信用していません。
>
> 確か、連続射〇事件を起こした永山則夫元死刑囚が最終トリガーを引いたのが「未成年者は死刑にならないから」でした。未成年者に限らず、死刑に「なる」「ならない」が〇人実行の分水嶺になるケースは実在しているのに「抑止効果は無い」とは不思議な話です。
>
> 日本で中国人の犯罪が報道されると「中国に比較して日本の量刑は軽い」「中国だったら死刑になっていた」などという感想が登場しますから、治安ガードマンとしての量刑には意味があるでしょう。
>
> ただ、永山則夫に関わらず、凶悪犯罪者の生い立ちを見ていくと生育環境で悲惨な虐待に遭っているケースが非常に多い。
>
> 殴られ蹴られエサを与えずろくに散歩もさせず、そのような現状を知りながら周囲の者は無視し続け、”保護者”の監督という鎖が外れた瞬間、通りすがりの人間をがぶりと噛んだことをもって「こんな凶暴な犬は〇すべきだ!」と言い始めるのはいかがなものかと思います。
>
> 永山に限らず、刑務所で教育と機会を与えられ書籍を執筆するレベルまで知性の向上が見られるようになる「凶悪犯」の例は数多く、もし彼らが十分な環境に恵まれ成長していたらどれほど社会に有用な人物になっただろうと考えさせられることがしばしばあります。
>
> 彼らのような人物が発生せざるを得なかった条件を内側から解説できるポジションにいるから、死な(せ)ず働いて欲しいという意味でなら私も死刑反対の立場に立ちますが、その前に、自分の言動に無自覚無責任な人々から社会権を剥奪するのが先。色網の方がパイロットになれないように、前述の方々からは「親権」に制限を施し(これ、本当はサルの一種でしかないヒトに教育を施しニンゲンにする”親義務”の間違いでしょう)、「職業選択の自由」から教育職や他者の存在にくびきをかける人事担当職への就任を排除すべき。
>
> 「そもそも死刑が問われざるをえないような悲惨な事件が発生しないように原因を解消しよう」という問題意識なくして死刑制度「賛成」「反対」を語っても、ギロチンショーに賛成か反対かというレベルの話で終わることでしょう。

 確かに犯罪に走る人間には不幸な生い立ちの人間が多いです。

 しかし今回死刑になった市川の一家4人殺し犯など、大変裕福な家庭に生まれて、母親や祖父から溺愛されて育っています。
 
 彼は偶々女子高生の定期入れを拾った事から、その女子高生の家に押し入り、彼女の目の前で、彼女の両親と祖母と妹を殺したのです。

 彼女はこれでどれ程苦しんだでしょうか?

 死刑廃止論者は犯罪被害者の人権を完全に無視しています。
 
 なるほど不幸な生い立ちの死刑囚もいるでしょう。 しかしその不幸は被害者の責任ですか?
 
 何で他人による虐待で、自分の肉親が殺されなければならないのか?

 納得できる人がいますか?

 
  1. 2017-12-25 12:28
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

Re: ちなみに

> ヒトラーも父親からひどい体罰を受けて育った虐待児でした。
>
> 「ヒトラー」を悪の代名詞として単純に用いる方たちは、全体主義が大っ嫌いな筈なのに、なぜかやっていることはレッテル張りに呼応する自発的な個が集合する集団リンチというのは、とても興味深い現象です。

 でもヒトラーは母親には溺愛されました。

 そして父親は莫大な遺産を残してくれました。

 ヒトラーが困窮したと言うのは嘘で、彼は父親の遺産からの収入は、当時の小学校教師の給与の3倍にもなったと言います。

 因みにヒトラーの経済政策は極めて合理的でした。

 それで世界大恐慌で破綻したドイツ経済を立て直し、労働者に第一大戦前以上の生活ができるようにしたのです。

 ヒトラーのこうした面はシッカリと評価するべきですが、今の社会ではこれを言うとエライ事になります。 

 今年の6月にも藤田日銀審議委員がヒトラーの財政政策を評価して、ユダヤ人団体が大騒ぎしました。

 https://jp.reuters.com/article/harada-germany-polcy-idJPKBN19K1JT

 藤田委員はなぜヒトラーが絶大な支持を得たかを考える上で、財政政策の成功を無視できない。 だから第二にヒトラーを産まない為には自分達が正しい財政政策をするべきだと言ったのです。

 しかしそういう事を無視してヒトラーを悪魔化しなければ気が済まないのが、現在の国際世論です。 これではヒトラーにレッテルを貼るしかないでしょう。
  1. 2017-12-25 12:38
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

EUに限らず、たいていの国に死刑制度はいらないんです。逮捕する前に殺しちゃいますからね。裁判を受けれるラッキーな人まで死刑にする必要はないんです。
  1. 2017-12-25 20:31
  2. URL
  3. ''' #-
  4. 編集

「遺伝」と言っても「血統」のことではないので……

>人間の言動の理由が遺伝に依るのか、文化に依るのかを判別する事は現在の科学技術では不可能です。

私はヒトも動物の一種だと捉えています。

そこでは価値の高低ではなく、生物としての性質、好みの傾向を見ています。

それは文化や教育等、後天的知識の影響で変わるものもあるが、変えにくかったり変わらないものもある。

この辺りは仮止めで、どこに決定項があるか注視しています。

なお、進歩史観には否定的な立場をとっています。


それから気になったのですが、「裕福 溺愛=幸せ」とは限らないので。

親の自己満足と溺愛は、違うものでしょう。

家庭が裕福でも、子供の性質に適切な支出がされなければ意味はない。世間で価値があるとされる高額な商品を与えられても、本人が必要としないものだったら迷惑なことすらある。

親の玩具として、感情や人生を操作されてメンタルが破綻した飾り立てられた子供たち(既に大人)が多くいて苦しんでいますが、よもぎねこさんには見えないようで、残念です。
  1. 2017-12-25 22:01
  2. URL
  3. アンデルセン #-
  4. 編集

そもそも死刑廃止国は高邁な理念に基づいて廃止したのだろうか?

人権団体のアムネスティによると、法律に「死刑」があっても適用されない「事実上の死刑廃止国」も含めると、世界では141ヵ国が死刑を廃止しているそうです。
つまり発展途上国でも、ほとんどの国が、すでに死刑を廃止していることになります。

死刑廃止 : アムネスティ日本 AMNESTY
http://www.amnesty.or.jp/human-rights/topic/death_penalty/

EU MAG 「死刑制度のない世界」を目指すEUの取り組み
http://eumag.jp/feature/b0914/2/
(図)死刑のない世界地図
>地図は、アムネスティ・インターナショナルの資料統計に基づく(2013年末時点)

アジアでは韓国が、すでに20年以上、死刑が執行されていない「事実上の死刑廃止国」なんですね。それじゃあ、韓国では国民の人権が守られているのでしょうか?法の下の平等が守られているのでしょうか?

発展途上国が死刑廃止に前向きなのは「警察も裁判所も腐敗していて、信用できないから」というのが一番の理由でしょう。だから「冤罪だったら取り返しのつかない死刑だけは、とりあえずやめよう」という合意ができたんだと思います。
絶対に、先進国の人権活動家が言うような「死刑は国家による殺人で・・・贖罪と更生の機会が奪われ・・・。」などという小難しい理屈のために廃止したわけじゃないでしょう。

日本のように、世界でもトップレベルの科学的な捜査が行われていて、冤罪を生まないような仕組みもある国で、死刑を廃止したら、間違いなくデメリットの方が大きいと思います。
日本人は、自分に厳しく、他人にも厳しい国民性なんですよね。ネットに「ズルして、こんなに得しちゃった♡」みたいな書き込みがあると、日本では激しく叩かれます。これが他の国なら「いいなあ。俺にも、そのやり方を教えてくれよ。」となるはずです。
日本の治安が世界でもトップレベルの良さなのは、この「自分にも厳しく、他人にも厳しい」日本人の国民性のおかげだと思うんですね。

そして、人々が自分に厳しくできるのは「努力すれば報われる。悪い事をすればバチがあたる。」という「信頼感」があるからです。逆に、発展途上国の人達が、なぜ制度の抜け穴を探して、ズルをする事ばかり考えているかというと、彼らの暮らす社会が「正直者がバカを見る社会」だからでしょう。韓国なんて典型的な「正直者がバカを見る社会」ですよね。

もし日本で死刑制度を廃止したら、人々の「悪い事をしたら罰せられるんだ」という「信頼感」が大きく崩れるだろうと予想します。確かに死刑は「冤罪だったら取り返しのつかない刑罰」である事は間違いありません。しかし、それなら冤罪を生まないように努力すればよいのであって、死刑を廃止すればよいという事にはなりません。

この議論は、原発をめぐる議論とそっくりなんですよね。「阿蘇山が噴火する可能性はゼロとは言えないから、愛媛県の伊方原発の再稼動を認めない。」という、この前の広島高裁のトンデモ判決と同じ理屈です。この理屈がアリなら「事故を起こす可能性がゼロとは言えないから、自動車を禁止すべきだ。」という理屈も成り立つことになります。
  1. 2017-12-25 23:13
  2. URL
  3. かんぱち #vF6NeGQU
  4. 編集

Re: タイトルなし

> EUに限らず、たいていの国に死刑制度はいらないんです。逮捕する前に殺しちゃいますからね。裁判を受けれるラッキーな人まで死刑にする必要はないんです。

 テロリストなど収監しておくと後々またテロを呼びますから、死刑にできないと射殺するしかなくなるのですよね。
 
 死刑制度があれば裁判の上で死刑にできるけれど、死刑制度を廃止したのだから仕方ありません。

 現実離れした理想を追うと、現実的にできる事もできなくなると言う見本です。
  1. 2017-12-26 11:20
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

Re: 「遺伝」と言っても「血統」のことではないので……

> >人間の言動の理由が遺伝に依るのか、文化に依るのかを判別する事は現在の科学技術では不可能です。
>
> 私はヒトも動物の一種だと捉えています。
>
> そこでは価値の高低ではなく、生物としての性質、好みの傾向を見ています。
>
> それは文化や教育等、後天的知識の影響で変わるものもあるが、変えにくかったり変わらないものもある。
>
> この辺りは仮止めで、どこに決定項があるか注視しています。
>
> なお、進歩史観には否定的な立場をとっています。
>
>
> それから気になったのですが、「裕福 溺愛=幸せ」とは限らないので。
>
> 親の自己満足と溺愛は、違うものでしょう。
>
> 家庭が裕福でも、子供の性質に適切な支出がされなければ意味はない。世間で価値があるとされる高額な商品を与えられても、本人が必要としないものだったら迷惑なことすらある。
>
> 親の玩具として、感情や人生を操作されてメンタルが破綻した飾り立てられた子供たち(既に大人)が多くいて苦しんでいますが、よもぎねこさんには見えないようで、残念です。

 つまり凶悪犯ならひたすら不幸だったと言う話しにしたいのでしょう?

 それならこの凶悪犯に家族を全部殺されたあの女子高生は苦しまなかったのでしょうか?

 凶悪犯の苦しみには共感できるけれど、被害者の苦しみは見えないのですね。

 ええ、ワタシは被害者の苦しみは普通に見えるけれど、しかし自分が苦しんだからと言って簡単に人を殺す人間の苦しみは見えません。

 自分を苦しめた本人に復讐するならまだしも、何の関係もない人を殺して「社会が悪い」と言える人間はモンスターだと思います。

 勿論そういう人間にやたらに同情する事で善人を気取る人間は、同類のモンスターだと思います。

 だって自分の家族を殺されたわけではないから許すのは簡単でしょう。 しかしそれは余りと言えば余りに被害者への思いやりを欠いています。 それを全く自覚する事なく、ひたすら殺人者に共感するのですから、不気味な存在です。
  1. 2017-12-26 11:30
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

Re: そもそも死刑廃止国は高邁な理念に基づいて廃止したのだろうか?

> 人権団体のアムネスティによると、法律に「死刑」があっても適用されない「事実上の死刑廃止国」も含めると、世界では141ヵ国が死刑を廃止しているそうです。
> つまり発展途上国でも、ほとんどの国が、すでに死刑を廃止していることになります。
>
> 死刑廃止 : アムネスティ日本 AMNESTY
> http://www.amnesty.or.jp/human-rights/topic/death_penalty/
>
> EU MAG 「死刑制度のない世界」を目指すEUの取り組み
> http://eumag.jp/feature/b0914/2/
> (図)死刑のない世界地図
> >地図は、アムネスティ・インターナショナルの資料統計に基づく(2013年末時点)
>
> アジアでは韓国が、すでに20年以上、死刑が執行されていない「事実上の死刑廃止国」なんですね。それじゃあ、韓国では国民の人権が守られているのでしょうか?法の下の平等が守られているのでしょうか?
>
> 発展途上国が死刑廃止に前向きなのは「警察も裁判所も腐敗していて、信用できないから」というのが一番の理由でしょう。だから「冤罪だったら取り返しのつかない死刑だけは、とりあえずやめよう」という合意ができたんだと思います。
> 絶対に、先進国の人権活動家が言うような「死刑は国家による殺人で・・・贖罪と更生の機会が奪われ・・・。」などという小難しい理屈のために廃止したわけじゃないでしょう。
>
> 日本のように、世界でもトップレベルの科学的な捜査が行われていて、冤罪を生まないような仕組みもある国で、死刑を廃止したら、間違いなくデメリットの方が大きいと思います。
> 日本人は、自分に厳しく、他人にも厳しい国民性なんですよね。ネットに「ズルして、こんなに得しちゃった♡」みたいな書き込みがあると、日本では激しく叩かれます。これが他の国なら「いいなあ。俺にも、そのやり方を教えてくれよ。」となるはずです。
> 日本の治安が世界でもトップレベルの良さなのは、この「自分にも厳しく、他人にも厳しい」日本人の国民性のおかげだと思うんですね。
>
> そして、人々が自分に厳しくできるのは「努力すれば報われる。悪い事をすればバチがあたる。」という「信頼感」があるからです。逆に、発展途上国の人達が、なぜ制度の抜け穴を探して、ズルをする事ばかり考えているかというと、彼らの暮らす社会が「正直者がバカを見る社会」だからでしょう。韓国なんて典型的な「正直者がバカを見る社会」ですよね。
>
> もし日本で死刑制度を廃止したら、人々の「悪い事をしたら罰せられるんだ」という「信頼感」が大きく崩れるだろうと予想します。確かに死刑は「冤罪だったら取り返しのつかない刑罰」である事は間違いありません。しかし、それなら冤罪を生まないように努力すればよいのであって、死刑を廃止すればよいという事にはなりません。
>
> この議論は、原発をめぐる議論とそっくりなんですよね。「阿蘇山が噴火する可能性はゼロとは言えないから、愛媛県の伊方原発の再稼動を認めない。」という、この前の広島高裁のトンデモ判決と同じ理屈です。この理屈がアリなら「事故を起こす可能性がゼロとは言えないから、自動車を禁止すべきだ。」という理屈も成り立つことになります。

 事故を起こす可能性がゼロどころか、自動車は毎年数千人殺してきました。
 今年の交通事故死亡者数は4117人です。

 自転車でも数名殺しています。

 それを想うと冤罪などホントに少数です。

 途上国が死刑を廃止したのは、むしろヨーロッパ先進国の圧力によるところが大きいのでは?

 真面目に働く意思のある人でも生活が大変な国で、囚人を養い続けるのは容易ではないでしょうに、こういう事を無視して死刑廃止を強要するってイジメ以外の何物でもないと思うんですよね。
  1. 2017-12-26 11:46
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

>つまり凶悪犯ならひたすら不幸だったと言う話しにしたいのでしょう?

あのう、かなり悪質な曲解ですよ……

意思疎通が不可能と判断したので、今後は書き込みを控えます。

  1. 2017-12-26 13:17
  2. URL
  3. アンデルセン #-
  4. 編集

死刑廃止を訴えていた弁護士が、奥さんを殺されて、死刑存続運動の急先鋒に鞍替えしましたが、実際に当事者になってみたら、犯人を死刑台に送らないと気が済まないということでしょう。
この弁護士は、「被害者遺族なって、遺族の人権がどれだけ蔑ろにされているか、よくわかった」と述べていますが、死刑廃止を声高に叫ぶ人たちは、自分が被害者遺族になったら?と想像する力が欠落しています。
以前インドネシアで、外国人を含む、複数の麻薬の売人に死刑の判決が下ったとき、人権団体がかみつきましたが、違法薬物に直接、間接(中毒者による犯罪)殺される人数は、年間万単位になります。こうした人達の人権については、人権団体は無関心です。
こうなってくると、彼らの主張する人権とはいったい何なのか?私は、どうしても問いただしてみたくなるのです。
  1. 2017-12-26 13:25
  2. URL
  3. 名無しの権兵衛 #fSs7G.XM
  4. 編集

パヨク学生の討論と勉強

コメントの中で「アンデルセン」さんと言う方が長々と意見を述べられていますので、暇なのでちょっと読んで見ました。
結局、彼が何を言いたいのか判らないので彼も結論は出ていないのでしょう、その中に次の一文が在りました。

①>「そもそも死刑が問われざるをえないような悲惨な事件が発生しないように原因を解消しよう」という問題意識なくして
②>死刑制度「賛成」「反対」を語っても、ギロチンショーに賛成か反対かというレベルの話で終わることでしょう。
この無限ループに入っている若者なのですね。①②を一緒に回答は出ないのです、解って居ない。論理的でない討論が目的に成ってる。
大人は現実で①はカテゴリーが違う場で解決しなければならない事で、人間社会では考えていない人はいない。
②はその人間社会の実務運用的なカテゴリで決断しなければならない、国、時代、環境によって異なる。

この若者は一生懸命哲学とか勉強をしてるようですけど、
パヨク環境に在って命題、結論は与えられて、論述か討論せよと先生に言われれているような状況と見ました。

知識のご披露は勉強中なのでしょう、死刑がどの位の抑止力が在るか?とか、貧困虐待が殺人にどの位影響あるかは、無いとは言えない事だし、定量的に出るはず在りませんし、論じても結論の出る、説得できる話はありません。

人を殺したら自分も同じ目にあうよ、だからしてはいけないんだ。との躾と契約なのだから、それを護る人間に成らなければならない基本だと理解すべきですね。
この人は、社会問題を他人事として勉強するのではなく、自分の人生の生き方とか道徳を考えたほうが良いのではないのか、親の教育が良くない。
  1. 2017-12-26 14:07
  2. URL
  3. トラウマ #RWLNmTs6
  4. 編集

Re: タイトルなし

> >つまり凶悪犯ならひたすら不幸だったと言う話しにしたいのでしょう?
>
> あのう、かなり悪質な曲解ですよ……
>
> 意思疎通が不可能と判断したので、今後は書き込みを控えます。

 でもあの市川一家4人殺しのような犯人にさへ、「不幸な生い立ちだから」と言われたら、どんな人が不幸でないかわからないんですよね。

 結果として凶悪犯は不幸な生い立ち、それ以外は不幸出なかったと言う事にでもしているとしか考えられません。
  1. 2017-12-26 17:19
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

Re: タイトルなし

> 死刑廃止を訴えていた弁護士が、奥さんを殺されて、死刑存続運動の急先鋒に鞍替えしましたが、実際に当事者になってみたら、犯人を死刑台に送らないと気が済まないということでしょう。
> この弁護士は、「被害者遺族なって、遺族の人権がどれだけ蔑ろにされているか、よくわかった」と述べていますが、死刑廃止を声高に叫ぶ人たちは、自分が被害者遺族になったら?と想像する力が欠落しています。
> 以前インドネシアで、外国人を含む、複数の麻薬の売人に死刑の判決が下ったとき、人権団体がかみつきましたが、違法薬物に直接、間接(中毒者による犯罪)殺される人数は、年間万単位になります。こうした人達の人権については、人権団体は無関心です。
> こうなってくると、彼らの主張する人権とはいったい何なのか?私は、どうしても問いただしてみたくなるのです。

 ワタシもこの弁護士の話を聞いたときには凄く違和感があったのですが、しかし「ああやっぱり」とも思いました。

 死刑廃止派の人達の話を聞いていると、見事に被害者や被害者遺族への配慮が欠落していて、唯ひたすら自分が犯人を許す事に陶酔しているのです。

 自分の大切な人が殺されたときに、「犯人を許します」と言うならそれは立派だと思います。

 しかし自分の大切な人を殺されて悲しんでいる人に、踏ん反り返って「復讐するな」と言える神経は、何なのでしょうね?
  1. 2017-12-26 17:22
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

Re: パヨク学生の討論と勉強

> コメントの中で「アンデルセン」さんと言う方が長々と意見を述べられていますので、暇なのでちょっと読んで見ました。
> 結局、彼が何を言いたいのか判らないので彼も結論は出ていないのでしょう、その中に次の一文が在りました。
>
> ①>「そもそも死刑が問われざるをえないような悲惨な事件が発生しないように原因を解消しよう」という問題意識なくして
> ②>死刑制度「賛成」「反対」を語っても、ギロチンショーに賛成か反対かというレベルの話で終わることでしょう。
> この無限ループに入っている若者なのですね。①②を一緒に回答は出ないのです、解って居ない。論理的でない討論が目的に成ってる。
> 大人は現実で①はカテゴリーが違う場で解決しなければならない事で、人間社会では考えていない人はいない。
> ②はその人間社会の実務運用的なカテゴリで決断しなければならない、国、時代、環境によって異なる。
>
> この若者は一生懸命哲学とか勉強をしてるようですけど、
> パヨク環境に在って命題、結論は与えられて、論述か討論せよと先生に言われれているような状況と見ました。
>
> 知識のご披露は勉強中なのでしょう、死刑がどの位の抑止力が在るか?とか、貧困虐待が殺人にどの位影響あるかは、無いとは言えない事だし、定量的に出るはず在りませんし、論じても結論の出る、説得できる話はありません。
>
> 人を殺したら自分も同じ目にあうよ、だからしてはいけないんだ。との躾と契約なのだから、それを護る人間に成らなければならない基本だと理解すべきですね。
> この人は、社会問題を他人事として勉強するのではなく、自分の人生の生き方とか道徳を考えたほうが良いのではないのか、親の教育が良くない。

 だから死刑制度って死刑を行う事で、殺人など凶悪犯罪を抑止するための物なんですけどね。
 
 実際日本の犯罪発生率は死刑制度のない国々に比べても遥かに低いのです。

 ところが死刑廃止派の皆さんはその事実を全く考慮しないのです。

 
  1. 2017-12-26 17:33
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

欧州での死刑廃止…

これマジで行われてると思いますか。

確かに裁判では死刑判決がなされていません。しかし、向こうの事情を詳しく調べてみるとどうしようもない極悪犯や思想犯の場合、監獄内での事故死や病死というものが相当にあるのです。

報道では避けられない事故であったとか、原因不明の病気とかで処理されてます。時々忘れられた頃にポロっと出てくることがあります。一応責任者は譴責されるようですがどうも大したことはなさそうです。欧州の方々はみな気にしていないようです。

なぜかは分かりませんがそうやって消えていく囚人が結構います。

これが欧州の実態です。
これで建前は守られ、凶悪犯はこの世に存在しないことになり税金の無駄使いなんて批判もなくなります。

欧州人にはこの建前は重要なんでしょうね。
欧州の刑務官たちには大いに同乗します。

  1. 2017-12-27 20:29
  2. URL
  3. kazk #cPv2SIBE
  4. 編集

kazkさんのコメントを読んで思い出した事件があります。私が毎日のようにBBCニュースを見ていた2000年頃に起きたイギリス史上最悪の連続殺人事件です。

ハロルド・シップマン - Wikipedia
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%8F%E3%83%AD%E3%83%AB%E3%83%89%E3%83%BB%E3%82%B7%E3%83%83%E3%83%97%E3%83%9E%E3%83%B3

>ハロルド・フレドリック・シップマン(Harold Fredrick Shipman、1946年1月14日 - 2004年1月13日)はイギリスの医師、連続殺人犯。イングランド、ノッティンガム出身。

>2002年7月19日に政府は被害者が最低でも215人と発表し、シップマンが殺害したとされる493人の内、自然死は210人で38人は判定不能で215人の内男性が44人で女性が171人だった。被害者の年齢は47歳~93歳。

>裁判でも動機が不明で無実を主張していたが、2000年1月30日、女性患者15人の殺害について有罪評決を受け、終身刑を言い渡される。2004年1月13日にウェイクフィールド刑務所内で首つり自殺する。57歳。

ハロルド・シップマン【英国史上最多の人を殺した連続殺人鬼】 - NAVER まとめ
https://matome.naver.jp/odai/2138509873645221101

>なぜ大量殺人を行ったのか?

>一般的な連続殺人鬼とは異なり、ハロルドは、暴力を振るったことはなく、性的な快楽を得るために殺したわけでもなかった。殺害したのは、年配女性が多く、椅子で居眠りしているような状態で亡くなっていたことが多かったため、心理学者たちは、「最愛の母親が死ぬ瞬間を、繰り返し再現したくて殺害した」、「最愛の母親と一緒にいるような気持ちになったから、モルヒネを大量に投与した」と、分析した。

>しかし、彼の幼児期の環境などが明らかになってくると、「彼が何のためらいもなく、次々と殺人を行ったのは、自分は特別である、人間の生死を支配できる神のような存在だと思っていたからではないか」という説が有力になった。自分を信頼し、尊敬し、感謝する患者が、「ありがとう」と言いながら、安らかな顔で息を引き取るのを見るのは、ハロルドにとって、たまらない瞬間だったのだろう。何百人の死を、自分の手でコントロールできる、自分は神だと彼は錯覚していたに違いないと、複数のメディアは報じている。

↑精神異常者の犯罪なら、ヨーロッパでは無罪になりそうなのに終身刑でした。しかも犯人は収監後それほど経たないうちに刑務所内で自殺。
連続殺人についての報道はものすごく白熱したのに、犯人が自殺したという報道は軽く振れただけという、奇妙な報道でした。
  1. 2017-12-27 22:52
  2. URL
  3. かんぱち #vF6NeGQU
  4. 編集

不正な投稿になってしまいました。そちらに届いていたら引っ張り出してください。よろしくお願いします。<m(__)m>
  1. 2017-12-27 22:54
  2. URL
  3. かんぱち #vF6NeGQU
  4. 編集

Re: タイトルなし

> 欧州での死刑廃止…
>
> これマジで行われてると思いますか。
>
> 確かに裁判では死刑判決がなされていません。しかし、向こうの事情を詳しく調べてみるとどうしようもない極悪犯や思想犯の場合、監獄内での事故死や病死というものが相当にあるのです。
>
> 報道では避けられない事故であったとか、原因不明の病気とかで処理されてます。時々忘れられた頃にポロっと出てくることがあります。一応責任者は譴責されるようですがどうも大したことはなさそうです。欧州の方々はみな気にしていないようです。
>
> なぜかは分かりませんがそうやって消えていく囚人が結構います。
>
> これが欧州の実態です。
> これで建前は守られ、凶悪犯はこの世に存在しないことになり税金の無駄使いなんて批判もなくなります。
>
> 欧州人にはこの建前は重要なんでしょうね。
> 欧州の刑務官たちには大いに同乗します。

 それって最悪でしょう?

 しかししみじみ西欧人って教条主義と言うか、建て前への執着が酷いですね。

 昔は良く西洋人は論理的だとか言われたけれど、現実の行動を見ていると、論理的と言うより教条的で、ある理屈が正しいとなると、それに逆らうのが恐ろしく大変になるようですね。

 だから結局インチキをやらざるを得なくなるのでしょうけど。
  1. 2017-12-28 18:16
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

Re: タイトルなし

> kazkさんのコメントを読んで思い出した事件があります。私が毎日のようにBBCニュースを見ていた2000年頃に起きたイギリス史上最悪の連続殺人事件です。
>
> ハロルド・シップマン - Wikipedia
> https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%8F%E3%83%AD%E3%83%AB%E3%83%89%E3%83%BB%E3%82%B7%E3%83%83%E3%83%97%E3%83%9E%E3%83%B3
>
> >ハロルド・フレドリック・シップマン(Harold Fredrick Shipman、1946年1月14日 - 2004年1月13日)はイギリスの医師、連続殺人犯。イングランド、ノッティンガム出身。
>
> >2002年7月19日に政府は被害者が最低でも215人と発表し、シップマンが殺害したとされる493人の内、自然死は210人で38人は判定不能で215人の内男性が44人で女性が171人だった。被害者の年齢は47歳~93歳。
>
> >裁判でも動機が不明で無実を主張していたが、2000年1月30日、女性患者15人の殺害について有罪評決を受け、終身刑を言い渡される。2004年1月13日にウェイクフィールド刑務所内で首つり自殺する。57歳。
>
> ハロルド・シップマン【英国史上最多の人を殺した連続殺人鬼】 - NAVER まとめ
> https://matome.naver.jp/odai/2138509873645221101
>
> >なぜ大量殺人を行ったのか?
>
> >一般的な連続殺人鬼とは異なり、ハロルドは、暴力を振るったことはなく、性的な快楽を得るために殺したわけでもなかった。殺害したのは、年配女性が多く、椅子で居眠りしているような状態で亡くなっていたことが多かったため、心理学者たちは、「最愛の母親が死ぬ瞬間を、繰り返し再現したくて殺害した」、「最愛の母親と一緒にいるような気持ちになったから、モルヒネを大量に投与した」と、分析した。
>
> >しかし、彼の幼児期の環境などが明らかになってくると、「彼が何のためらいもなく、次々と殺人を行ったのは、自分は特別である、人間の生死を支配できる神のような存在だと思っていたからではないか」という説が有力になった。自分を信頼し、尊敬し、感謝する患者が、「ありがとう」と言いながら、安らかな顔で息を引き取るのを見るのは、ハロルドにとって、たまらない瞬間だったのだろう。何百人の死を、自分の手でコントロールできる、自分は神だと彼は錯覚していたに違いないと、複数のメディアは報じている。
>
> ↑精神異常者の犯罪なら、ヨーロッパでは無罪になりそうなのに終身刑でした。しかも犯人は収監後それほど経たないうちに刑務所内で自殺。
> 連続殺人についての報道はものすごく白熱したのに、犯人が自殺したという報道は軽く振れただけという、奇妙な報道でした。

 凄い話しですね。

 それにしてもこういう一種の化け物が出てしまうと、リベラリズムの理論では対応不能で、考えたくないのでしょうね。
  1. 2017-12-28 18:18
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

はすみ としこ‏
@hasumi29430098

まさにリベラルは感染する精神病だな!自分は狂ってるという自覚がなく、病を指摘しても逆恨みして殴りかかってくる。しかも他人に自分の思想を押し付けてきて、意にそぐわないと暴力の対象だ。パヨクは欧米リベラルの焼き回し。彼らのモデルを見よ!勉強になるぞw🤣
https://twitter.com/hasumi29430098/status/946506946424668160

毛皮着用で非難、専用ホットライン設置も物議
http://www.afpbb.com/articles/-/3156658?cx_amp=all&act=all

※言論の自由は当然認めるべきですが、それに暴力が伴う様になったらどこが異なった意見に寛容なリベラルなのかと思いますね。
  1. 2017-12-29 11:05
  2. URL
  3. taigen #-
  4. 編集

Re: タイトルなし

> はすみ としこ‏
> @hasumi29430098
>
> まさにリベラルは感染する精神病だな!自分は狂ってるという自覚がなく、病を指摘しても逆恨みして殴りかかってくる。しかも他人に自分の思想を押し付けてきて、意にそぐわないと暴力の対象だ。パヨクは欧米リベラルの焼き回し。彼らのモデルを見よ!勉強になるぞw🤣
> https://twitter.com/hasumi29430098/status/946506946424668160
>
> 毛皮着用で非難、専用ホットライン設置も物議
> http://www.afpbb.com/articles/-/3156658?cx_amp=all&act=all
>
> ※言論の自由は当然認めるべきですが、それに暴力が伴う様になったらどこが異なった意見に寛容なリベラルなのかと思いますね。

 自称リベラリストって、自分達が勝手に決めた「寛容」と「多様性」以外の理念を、暴力的に禁止しようとするのですからね。

 マジにブラックジョークです。
  1. 2017-12-29 14:10
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する