FC2ブログ

2017-09-29 21:44

何の為の移民受け入れ? 介護福祉士

 訳の分からない間に移民受け入れ策が進んでいます。

 外国人の在留資格に「介護」新設、改正法施行
 2017年9月1日

 外国人の在留資格として1日から、新たに「介護」が加わる。出入国管理及び難民認定法の改正法が施行されるため。留学生が日本国内の専門学校などで学び、介護福祉士の国家資格をとれば日本で働ける。深刻な人材不足が続く介護現場に外国人が増えそうだ。

 対象は留学生として入国し、日本の介護福祉士養成施設で2年以上学び、介護福祉士の国家資格を取得した人。在留期間は最長5年、問題なければ無制限に更新できる。母国から配偶者や子どもを呼べる。

 介護現場に外国人を受け入れる仕組みは今年11月、さらに拡大する。外国人技能実習生の働く場として介護が加わる予定で、人手不足解消につながることを期待する声がある一方、語学力や、サービスの質の低下を懸念する声もある。

 介護現場で働く目的での在留は現在、経済連携協定(EPA)に基づくインドネシアフィリピンベトナム人だけ。働きながら国家試験に合格しなければ帰国する仕組みで、今年4月時点で2018人にとどまる。

 介護福祉士の離職率が高い理由は凄く簡単で、厳しい仕事なのに賃金が非常に低いからです。

r4DnF1MWLU0vOSc1506686477_1506686498.jpg

2016年総務省調査

 これでは幾ら介護福祉士の仕事が好きでも、結婚して子供を育てていくなら離職してちゃんとした賃金をくれる仕事に変わるしかないのです。

 介護福祉士の資格を取ってもこれで家族を養っていくような事は絶対に不可能です。

 だから離職者が止らず常に人手不足なのです。

 そこで安直に海外から安い労働者を入れているのです。

 しかも今度はその労働者の在留資格を無制限に更新させて、母国から配偶者や子供を呼べるようにするのだそうです。

 しかしここで不思議な事があります。

 ベトナムなど低賃金の国の人にすれば、日本の介護福祉士の仕事も結構な高給なので、出稼ぎに来る分には割の良い仕事と言えます。

 でも日本に家族を呼んだらこの賃金で家族を養えるのでしょうか?

 しかも途上国の多くは大変な子沢山だったります。

 年収300万なら手取りは250万程度です。 これで子供が3人もいたらどうしたら良いのでしょうか?

 答えは一つ、生活保護です。

 生活保護は働いても受給できます。

 生活保護は元来健康で文化的な生活を維持する権利を守る為にあるので、働いていてもそれで得られる所得が生活保護費に満たない場合は、差額分を貰えるのです。

blog_import_524d7e33e35b4_20170929211838343.jpg 2013年全国知事会調査

 だから配偶者と子供を呼んで生活が苦しければ、生活保護をを申請すれば良いのです。

 これなら子沢山の外国人が喜んで来ますよね?

 しかし子供達の教育はどうなるのでしょうか?

 大きな介護施設のある地域の学校には、外国人の子供が沢山入学する事になります。

 日本語のわからない子供でも、学年に一人とか二人とか言うレベルなら、先生達が皆で面倒を見る事もできます。 異なる文化の子供と触れ合うのは他の子供達にとっても良い刺激になるかもしれません。

 しかし一つのクラスに二人三人となってくると、とても面倒は見きれません。

 一方、子供にすれば毎日わからない外国語の授業を聞くのは大変な苦痛でしょう。

 自分の身になってみればわかります。  ワタシだってベトナム語の授業を毎日聞くのなんかイヤです。 

 こうして起きる学校内のトラブルに巻き込まれるのは、同じ学校にいる日本人の子供達です。

 外国人労働者を低賃金で雇っている介護施設ではありません。

 そしてこの外国人労働者の子供達は、結局教育も社会的な躾けもできていない、厄介な若者にそして大人になって、日本社会の大きな負担になります。

 それを防ぐ為には学校でも外国人の子供を受け入れる為に、例えば外国語の出来る補助教員を雇うなどしなければなりません。

 でもそのコストは誰が負担するのでしょうか?

 外国人労働者は労働力としてのコストは低いのですが、社会的なコストは高いのです。

 言葉や文化のわからない人を抱え込んで、面倒を見るのは、言葉や文化を解る人の面倒を見るより遥かに大変なのだから当然の話です。

 だったら介護福祉士に最初からちゃんとした賃金を出せば良いでしょう?

 だって介護福祉士の給料って結局全部国から出ているのです。

 一方、生活保護費も補助教員の給料も、そして外国人が起こす犯罪の後始末をする警察や刑務所の費用も、全部国から出るのです。

 だから最初から外国人なんか入れないで、介護福祉士に十二分な給料を出して、離職者が出ない状況にすれば良いでしょう?

 一体何の為にこんな馬鹿な事をやるのでしょうか?

  1. 移民
  2. TB(0)
  3. CM(12)

コメント

利権でしょう

昔労働省はODAに関与していませんでした。其処で、関与する案件として生み出したのが、海外技術者研修制度という名の労働力の受け入れです。この制度の下、一度、フィリピン人研修生が逃亡する事件があり、TVでも当時有名な女性アナウンサーが、頓珍漢なコメントしたことがあります。

アジアの多くの国では、大卒者は少数であり、エリートです。従って、大学を卒業すると、それだけで弁護士や技術者(エンジニアと呼ばれます)になれます。技術者も最初はジュニア・エンジニアと呼ばれ、一定の経験を経て、面接とシニア・エンジニアの推薦によりシニア・エンジニアとなれる国と、フィリピンのように一定の経験年数を経た後、試験に合格してシニア・エンジニアとなれる国とがあります。

換言すれば、エンジニアと呼ばれるには、大学の専門課程を卒業していることが必要かつ十分条件となっています。しかし日本では、技術者と云えば、エンジニアも、職人も、テクニシャンも、機械を扱っている労働者も含まれます。そこで上記のような事件が、募集時の誤った説明により発生しました。工業高校や専門学校の卒業生に対し、中小の工場労働者として来日させるつもりが、日本でエンジニアの研修ができると説明しました。説明と現実の乖離が逃亡事件に発展しました。

これ以降、労働省も慎重になっているようですが、実態は労働者受け入れでありながら、研修生の名前を変えることなく使用しています。

看護婦の受け入れは、沖縄サミットが開かれたとき、分科会で決まりました。弁護士やエンジニアや看護師の有資格者は、その資格がサミット参加国で使用できるようになったのです。途上国の看護師会、先進国の弁護士会やエンジニア協会は仕事があると雀躍驚喜しましたが、冷静になって考えれば、仕事先の言葉で読み書き話ができなければ仕事にならないことに気が付き、先進国の熱は一気に下火になりました。しかし途上国からの流れは残り、日本は、日本語のハードルを高くして有資格者の看護師の受け入れを抑えてきたのですが、介護士福祉士は労働者という考えなのでしょうか。
  1. 2017-09-30 00:05
  2. URL
  3. chengguang #DibDBv7k
  4. 編集

以前、新聞の投書欄に現役の介護士の方が投書を寄せていましたが、その方は「外国人に日本人高齢者の介護は無理」というものでした。世代が違うと、高齢者の使う言葉が古かったり(今の20代は「カセットテープをダビングする」が理解できないそうです)、価値観や考え方の違いから話が噛みあわなかったり、訛りのきつい方言を話す高齢者もいて、意志疎通に大変な苦労を要しているというのです。「日本人同士ですら会話の成立に苦労しているのに文化も感性も違う外国人に日本人高齢者の介護は無理。介護は工場で弁当を作るのではない。政治家は介護の現場を何もわかっていない」というのです。
現場の人の声として実に貴重でしょう。現実に外国人介護士の導入に最も反対しているのは、他でもない介護業界です。
香港やシンガポールでは、外国人介護士や家政婦による高齢者殺害、児童虐待、売春行為が問題になっており、最近ではテロ組織に勧誘される例も出ています。わが国だけ、同種の問題が起きないというのは、根拠のない楽観論であり、実際に問題が起きたら、責任を問われるのは受け入れた介護業界のですから、受け入れに慎重になるのは当然です。それにしても、本当に理解に苦しみます。介護業界自身が、外国人導入に反対しているのにです。

  1. 2017-09-30 00:09
  2. URL
  3. 名無しの権兵衛 #fXE8KDqE
  4. 編集

安易な外国人受け入れがどのような事態を招くか?先日、30年前に書かれた「繁栄西ドイツが落ちた罠」(光文社)という本を読みましたが、その中で移民について一章も受けていたのです。
その中で、公立校がドイツ語のわからない移民の子供だらけになり(学校によっては90%が移民)、授業が成立しなくなっていること、移民のいない私立に通わせる親が増加していること、移民の子供達が文盲状態のまま社会に放り出されていること、適応できなかった移民の二世や三世の少年犯罪、特に殺人、強姦など凶悪事件が激増していることなどに触れ、教育関係者は頭を抱え込んでいるというのです。30年前に、この状況だったのかと驚きました。
わが国でも、ブラジル人労働者を受け入れた自治体は教育に苦慮しており、落伍した少年の非行や高齢者や失業者が生活保護に頼り,財政を圧迫している事が問題になっています。
ある学校の先生のから聞いた話ですが、外国人児童はたった一人でも落伍しないように支援するのが大変で、しかも専門の指導員などいませんから、ボランティアに頼らざるおえない状況であるにも関わらず、多種多様な外国人児童増加で現場は深刻な状況だというのです。
こうした事態になれば、経済的余裕のある人は引っ越したり、子供を私立に通わせるようになるでしょうし、残った人達は外国人達を自分達の生活を破壊した厄介者であり、負担でしかないわけです。現に外国人の多い地域では、住民達の間で外国人嫌悪が広がっているわけですから。
こうした安易な外国人受けいれは、むしろ外国人を不幸にしてしまうことになります。
シンガポールは、外国人労働者は雇用の調整弁と割り切り、妊娠した女性を国外追放していますが、こうした冷酷な対応こそ、不幸な外国人を生み出さず、逆に外国人の人権を守ることに繋がるといえないでしょうか?
  1. 2017-09-30 00:38
  2. URL
  3. 名無しの権兵衛 #iiFhzp2U
  4. 編集

Re: 利権でしょう

> 昔労働省はODAに関与していませんでした。其処で、関与する案件として生み出したのが、海外技術者研修制度という名の労働力の受け入れです。この制度の下、一度、フィリピン人研修生が逃亡する事件があり、TVでも当時有名な女性アナウンサーが、頓珍漢なコメントしたことがあります。
>
> アジアの多くの国では、大卒者は少数であり、エリートです。従って、大学を卒業すると、それだけで弁護士や技術者(エンジニアと呼ばれます)になれます。技術者も最初はジュニア・エンジニアと呼ばれ、一定の経験を経て、面接とシニア・エンジニアの推薦によりシニア・エンジニアとなれる国と、フィリピンのように一定の経験年数を経た後、試験に合格してシニア・エンジニアとなれる国とがあります。
>
> 換言すれば、エンジニアと呼ばれるには、大学の専門課程を卒業していることが必要かつ十分条件となっています。しかし日本では、技術者と云えば、エンジニアも、職人も、テクニシャンも、機械を扱っている労働者も含まれます。そこで上記のような事件が、募集時の誤った説明により発生しました。工業高校や専門学校の卒業生に対し、中小の工場労働者として来日させるつもりが、日本でエンジニアの研修ができると説明しました。説明と現実の乖離が逃亡事件に発展しました。
>
> これ以降、労働省も慎重になっているようですが、実態は労働者受け入れでありながら、研修生の名前を変えることなく使用しています。
>
> 看護婦の受け入れは、沖縄サミットが開かれたとき、分科会で決まりました。弁護士やエンジニアや看護師の有資格者は、その資格がサミット参加国で使用できるようになったのです。途上国の看護師会、先進国の弁護士会やエンジニア協会は仕事があると雀躍驚喜しましたが、冷静になって考えれば、仕事先の言葉で読み書き話ができなければ仕事にならないことに気が付き、先進国の熱は一気に下火になりました。しかし途上国からの流れは残り、日本は、日本語のハードルを高くして有資格者の看護師の受け入れを抑えてきたのですが、介護士福祉士は労働者という考えなのでしょうか。

 一応介護福祉士も日本で試験に合格する事が前提ですから、日本語のハードルは高いでしょう。

 当然ですよね?
 介護する患者の氏名も読めないのでは仕事になりませんから。
  1. 2017-09-30 10:22
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

Re: タイトルなし

> 以前、新聞の投書欄に現役の介護士の方が投書を寄せていましたが、その方は「外国人に日本人高齢者の介護は無理」というものでした。世代が違うと、高齢者の使う言葉が古かったり(今の20代は「カセットテープをダビングする」が理解できないそうです)、価値観や考え方の違いから話が噛みあわなかったり、訛りのきつい方言を話す高齢者もいて、意志疎通に大変な苦労を要しているというのです。「日本人同士ですら会話の成立に苦労しているのに文化も感性も違う外国人に日本人高齢者の介護は無理。介護は工場で弁当を作るのではない。政治家は介護の現場を何もわかっていない」というのです。
> 現場の人の声として実に貴重でしょう。現実に外国人介護士の導入に最も反対しているのは、他でもない介護業界です。
> 香港やシンガポールでは、外国人介護士や家政婦による高齢者殺害、児童虐待、売春行為が問題になっており、最近ではテロ組織に勧誘される例も出ています。わが国だけ、同種の問題が起きないというのは、根拠のない楽観論であり、実際に問題が起きたら、責任を問われるのは受け入れた介護業界のですから、受け入れに慎重になるのは当然です。それにしても、本当に理解に苦しみます。介護業界自身が、外国人導入に反対しているのにです。

 さなきだに低賃金で離職者の多い職種を外国人に開放すると、完全に低賃金が固定化して日本人が行かなくなります。

 そして日本人全体の低賃金化にもつながります。

 だから介護業界が反対するのは当然でしょう。
 
 むしろ介護福祉士の給与を上げる事を考えるべきなのです。
  1. 2017-09-30 10:24
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

Re: タイトルなし

> 安易な外国人受け入れがどのような事態を招くか?先日、30年前に書かれた「繁栄西ドイツが落ちた罠」(光文社)という本を読みましたが、その中で移民について一章も受けていたのです。
> その中で、公立校がドイツ語のわからない移民の子供だらけになり(学校によっては90%が移民)、授業が成立しなくなっていること、移民のいない私立に通わせる親が増加していること、移民の子供達が文盲状態のまま社会に放り出されていること、適応できなかった移民の二世や三世の少年犯罪、特に殺人、強姦など凶悪事件が激増していることなどに触れ、教育関係者は頭を抱え込んでいるというのです。30年前に、この状況だったのかと驚きました。
> わが国でも、ブラジル人労働者を受け入れた自治体は教育に苦慮しており、落伍した少年の非行や高齢者や失業者が生活保護に頼り,財政を圧迫している事が問題になっています。
> ある学校の先生のから聞いた話ですが、外国人児童はたった一人でも落伍しないように支援するのが大変で、しかも専門の指導員などいませんから、ボランティアに頼らざるおえない状況であるにも関わらず、多種多様な外国人児童増加で現場は深刻な状況だというのです。
> こうした事態になれば、経済的余裕のある人は引っ越したり、子供を私立に通わせるようになるでしょうし、残った人達は外国人達を自分達の生活を破壊した厄介者であり、負担でしかないわけです。現に外国人の多い地域では、住民達の間で外国人嫌悪が広がっているわけですから。
> こうした安易な外国人受けいれは、むしろ外国人を不幸にしてしまうことになります。
> シンガポールは、外国人労働者は雇用の調整弁と割り切り、妊娠した女性を国外追放していますが、こうした冷酷な対応こそ、不幸な外国人を生み出さず、逆に外国人の人権を守ることに繋がるといえないでしょうか?

 ワタシもシンガポールやアラブの富裕国並みに、外国人を完全に奴隷と割切って扱う事ができないのなら、外国人移民は受け入れるべきではないと思います。

 ヨーロッパなど安易な人権ゴッコで、ヨーロッパ社会に適応できない人をドンドン増やしているだけですから。
  1. 2017-09-30 10:27
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

より低賃金は弥縫策かもしれないが

介護人による老人介護の低賃金問題は、その設立経緯に由来しています。元々体が不自由になった老人や痴呆の出た人の多くは、病院で入院患者として扱われてきました。

ところが自宅療養する老人に対し、年金制度のような順送りサポートシステムを謳い世話をするボランティアの人々が現れ、活動するようになりました。しかしこの活動は数年で行き詰りました。活動する人の年齢もありましたが、ボランティアで行うには重労働で、肉体へのダメージも大きかったからです。しかし、被介護者やその肉親からは感謝されていたせいか、この活動が公的に認知され、介護士が誕生しました。

一方で、保険料の見直しが行われ、一人の患者が一つの病院に、入院とリハビリを含めてかかる期間が六ヶ月となり、上記の入院患者も退院を余儀なくされました。そして生まれたのが、人が人として生活できる在宅介護という美しい言葉です。病院経営者にとっても痛い損失でしたでしょうが、被介護人の家族にとっても大きな負担となりました。

国家歳出に占める福祉予算の割合が増大している現在、介護士誕生の経緯から言っても、増える在宅被介護人に対し、限られた予算を広くばらまくしか手がないのが現実でしょう。

現行システムで介護福祉士の賃金を上げるには、被介護人の数を抑えるしかありません。痴呆者の認定基準が変わってきているように、被介護人の判定基準も変わらないとは言えません。個人的には、安楽死の採用を日本政府に検討願いたいところです。
  1. 2017-09-30 13:07
  2. URL
  3. chengguang #DibDBv7k
  4. 編集

JITCO(国際研修協力機構)

>低賃金の国の人にすれば、日本の介護福祉士の仕事も結構な高給なので、出稼ぎに来る分には割の良い仕事と言えます。でも日本に家族を呼んだらこの賃金で家族を養えるのでしょうか?

これに尽きるんですよね。貨幣価値の差が大きいので、出稼ぎなら祖国に帰れば遊んで暮らせるけど、日本で暮らすなら、当然、生活コストも日本人と同じだけかかりますから。

よもぎねこさんならご存知かもしれませんが、もともと「研修生制度」だったものが「技能実習生制度」になって、制度が拡大し続けている理由のひとつは「JITCO(国際研修協力機構)」という中央省庁の外郭団体があるからです。

JITCO - JITCOの目的と役割
http://www.jitco.or.jp/about/gaiyo_mokuteki.html
>公益財団法人 国際研修協力機構(JITCO)は、法務、外務、厚生労働、経済産業、国土交通の五省共管により1991年に設立された財団法人です。
>2012年4月に内閣府所管の公益財団法人に移行しました。

JITCO - 技能実習の職種・作業の範囲について
http://www.jitco.or.jp/system/shokushu-hanni.html
※こんな技術を身に着けても、技能実習生の祖国じゃ何の役にも立たないだろうという職種がたくさん含まれています。

まずは「JITCO(国際研修協力機構)」を廃止・解体すべきでしょう。
  1. 2017-09-30 13:43
  2. URL
  3. かんぱち #vF6NeGQU
  4. 編集

一体何の為にこんな馬鹿な事をやるのでしょうか?

あなたが支持している安倍晋三に聞いてください。
安倍首相のお友達の竹中平蔵の様な人材派遣業が
儲かるような世の中にしようと安倍首相は頑張っています。
  1. 2017-09-30 23:04
  2. URL
  3. ちび・むぎ・みみ・はな #-
  4. 編集

Re: より低賃金は弥縫策かもしれないが

> 介護人による老人介護の低賃金問題は、その設立経緯に由来しています。元々体が不自由になった老人や痴呆の出た人の多くは、病院で入院患者として扱われてきました。
>
> ところが自宅療養する老人に対し、年金制度のような順送りサポートシステムを謳い世話をするボランティアの人々が現れ、活動するようになりました。しかしこの活動は数年で行き詰りました。活動する人の年齢もありましたが、ボランティアで行うには重労働で、肉体へのダメージも大きかったからです。しかし、被介護者やその肉親からは感謝されていたせいか、この活動が公的に認知され、介護士が誕生しました。
>
> 一方で、保険料の見直しが行われ、一人の患者が一つの病院に、入院とリハビリを含めてかかる期間が六ヶ月となり、上記の入院患者も退院を余儀なくされました。そして生まれたのが、人が人として生活できる在宅介護という美しい言葉です。病院経営者にとっても痛い損失でしたでしょうが、被介護人の家族にとっても大きな負担となりました。
>
> 国家歳出に占める福祉予算の割合が増大している現在、介護士誕生の経緯から言っても、増える在宅被介護人に対し、限られた予算を広くばらまくしか手がないのが現実でしょう。
>
> 現行システムで介護福祉士の賃金を上げるには、被介護人の数を抑えるしかありません。痴呆者の認定基準が変わってきているように、被介護人の判定基準も変わらないとは言えません。個人的には、安楽死の採用を日本政府に検討願いたいところです。

 安楽死以前に老衰の人への延命治療など無駄な医療を辞めれば相当の医療費が節約できるはずです。 

 また現在の財政状況なら、国債を発行して福祉予算を増やしても問題ありません。

 少なくとも外国人を入れたら社会的コストが上がって、介護福祉士の給与を上げなくても財政を圧迫するのです。
 
 そのことを考えるべきなのです。

  1. 2017-10-01 11:09
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

Re: JITCO(国際研修協力機構)

> >低賃金の国の人にすれば、日本の介護福祉士の仕事も結構な高給なので、出稼ぎに来る分には割の良い仕事と言えます。でも日本に家族を呼んだらこの賃金で家族を養えるのでしょうか?
>
> これに尽きるんですよね。貨幣価値の差が大きいので、出稼ぎなら祖国に帰れば遊んで暮らせるけど、日本で暮らすなら、当然、生活コストも日本人と同じだけかかりますから。
>
> よもぎねこさんならご存知かもしれませんが、もともと「研修生制度」だったものが「技能実習生制度」になって、制度が拡大し続けている理由のひとつは「JITCO(国際研修協力機構)」という中央省庁の外郭団体があるからです。
>
> JITCO - JITCOの目的と役割
> http://www.jitco.or.jp/about/gaiyo_mokuteki.html
> >公益財団法人 国際研修協力機構(JITCO)は、法務、外務、厚生労働、経済産業、国土交通の五省共管により1991年に設立された財団法人です。
> >2012年4月に内閣府所管の公益財団法人に移行しました。
>
> JITCO - 技能実習の職種・作業の範囲について
> http://www.jitco.or.jp/system/shokushu-hanni.html
> ※こんな技術を身に着けても、技能実習生の祖国じゃ何の役にも立たないだろうという職種がたくさん含まれています。
>
> まずは「JITCO(国際研修協力機構)」を廃止・解体すべきでしょう。

 そうですね。

 これ難民受け入れに関してフィフィも同じことを言っていたのです。

 研修生を入れるぐらいなら難民を受け入れた方が良い。 その方が国際的にも評価が上がるから。 でもそれをしないのは利権団体があるから。

 
  1. 2017-10-01 11:16
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

Re: 一体何の為にこんな馬鹿な事をやるのでしょうか?

> あなたが支持している安倍晋三に聞いてください。
> 安倍首相のお友達の竹中平蔵の様な人材派遣業が
> 儲かるような世の中にしようと安倍首相は頑張っています。

 それで誰が首相になったらこれを止めてくれるんですか?
 
 因みに小池ゆり子は完全なグローバリストですけど。
  1. 2017-10-01 12:06
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する