FC2ブログ

2017-09-28 13:31

武装難民について

 1977年9月4日、未明、与那国島にベトナム難民86人が上陸しました。

 当日、与那国島では年に一度の全島運動会の日だったので、島民は皆それを楽しみにしていたのですが、この難民の上陸騒ぎで、役場の人々は運動会そっちのけでこの対応に忙殺されました。

 島の中学の英語の先生二人が通訳に駆り出されて、主婦達が炊き出しをしました。

 やがて沖縄本島から入管関係者や警察官が来て、数日で一通りの入国手続きを済ませたのですが、その後の処置が決まるまでは与那国島で面倒を見て欲しいと言い置いて帰ってしまいました。

 それで与那国島では数か月間、彼等を公民館に収容して、面倒を見る嵌めになりました。

159

 近藤紘一著の「サイゴンから来た妻と娘」の終わりの方、この与那国島へのベトナム難民襲来の顛末が書かれています。 
 
 産経新聞の記者で、ベントナム戦争中長くサイゴン支局で働いていた近藤紘一は、サイゴンで知り合ったベトナム女性と結婚してベトナム戦争終結直前に、妻と妻の連れ子を連れて帰国しました。

 そしてその結婚と日本での生活の顛末を描いた「サイゴンから来た妻と娘」はベストセラーとなりました。 

2017y09m28d_133846675

 近藤夫妻が帰国後もベトナムとインドシナでは動乱が続き、旧南ベトナムからは共産党の支配嫌う人々が、大量に難民となって流出しました。

 その多くは小舟でベトナムを出航して、タイやマレーシアなど近隣諸国を目指すか、或いは沖で大型船に救助される事を宛てにしてたのです。

 こうした難民はボートピープルと呼ばれました。 
 ボートピープルを救助した大型船の一部は日本にも寄港しました。 そして彼等を日本に置いて行きました。

171

 しかしこうしたボートピープルは、何処の国も受け入れたがらないので、彼等を救助した船は後の始末に苦労したようです。

 近藤紘一は新聞記者として、与那国島に上陸したボートピープルを取材に行ったのですが、その時妻を通訳として同行しました。
 
 近藤が取材したところ、彼等は一旦フィリピン船に救助されたのですが、その船が台湾に入港する直前に、「与那国島へ上陸するように」と言われて救助艇に乗せられて、その船を追われたそうです。

 幸いこうした経緯で与那国島に上陸した人達ですから、純然たる難民でした。 
 武器ももっていなかったようです。

182

 しかしもし武器を持った人間がいて、島民とトラブルが起きていたらどんな事になったかは想像するのも恐ろしいです。

 与那国島には昨年から自衛隊が駐屯する事になりましが、それまでは警察官が二人いるだけで、武装はその警察官がもつピストルだけです。

 現在の人口は1500人弱です。

 飛行機でも那覇から1時間半、石垣空港からでも30分かかります。

172

 一方現在ゲリラや欧米なら警察官でも所持している小型の自動小銃の殺傷力は大変な物です。

 例えば2011年に起きたノルウェーのテロ事件では、警官を装った犯人がノルウェー警官が使用するのと同類の自動小銃で、69人を殺害しています。

 テロが起きたのはノルウェーの首都オスロから少し離れた湖の中の島でした。 当時ノルウェーの与党の青年部の若者達700人がここでキャンプをしていました。

 犯人はこのキャンプを襲ったのです。

 小さな島なので若者達は逃げる所がなく、警官が到着するまで一時間半程の間、犯人は数百発の弾丸を撃ちまくりました。

191

 この事件でわかるのは、健康な若者が数百人いても、素手では自動小銃を持った一人をどうする事も出来ないと言う事です。

 だったら高齢者が大半の離島に、こうした武器を持った人間が数人上陸したらどうなるのでしょうか?

 麻生さんが武装難民の話をした事で、左翼が騒いでいます。
 
 しかし紛争地から来た難民が武装しているのは普通の話です。

 インドシナ紛争でもアフガニスタンでも、ゲリラが難民キャンプを拠点に活動を続けました。
 その為難民を抱え込んだ地域が否応なしに紛争に巻き込まれると言う状況になりました。

201

 しかし朝鮮有事にはそれだけは済まないでしょう。

 朝鮮戦争末期に韓国は竹島を強襲して占領しました。 そして日本人の漁民4000人余を殺傷・拿捕して拘束しました。

 韓国政府はこの日本人を人質にして、日本政府に様々な要求を呑ませました。 しかも竹島は今も不法占拠されたままです。

 その前に李承晩政権は、アメリカに李承晩政権による九州の領有を要求しているのです。

 朝鮮戦争時、日本は国連軍の後方支援をしていたにも関わらずです。

 だったら今度の朝鮮有事に同じ事がないと言えるのでしょうか?

 ワタシは難民を装った韓国軍が、日本の離島を強襲して、島民を虐殺してそのまま占領するような事だって十二分にあり得ると思います。

203

 さらに厄介なのが中国です。

 中国だって同様の事を考えるでしょう。

 昨年末、北朝鮮が核実験やミサイル発射を活発化して以降、中国公船の尖閣領海侵入の頻度は激増しました。

 前回の全人代で、習近平は「中国は尖閣諸島を実効支配している」と言いました。

 中国は北朝鮮危機以降、南シナ海への侵略も強化していますが、中国にすれば日米が北朝鮮対応に忙殺されている時こそ、侵略のチャンスだと考えているのです。

208

 だったらこれで本当に朝鮮半島で軍事危機が起きれば、何をやらかしても不思議ではありません。

 人民解放軍が朝鮮難民を装って、自衛隊の居ない離島を襲って島民を虐殺する。
 それにパニックを起こした離島の人達が本土に避難する。
 そして無人島化した島々を中国人が買占め、中国人を移住させる。

 と言う事だってあり得るのです。

 麻生さんは武装難民を「射殺か?」と言った事で非難されているのですが、マジに射殺だって十二分に考えておかないと、日本国民の生命も領土も守れません。

212

 日本は嘗て朝鮮戦争時に多数の難民を受け入れました。

 その中には李承晩政権の虐殺を逃れてきた人々も多数いました。

 朝鮮戦争の頃の日本はまだ貧しく、こうした難民を抱え込むのは大変でしたが、それでも強制送還すれば韓国政府に殺されるのが解って返す事はしませんでした。

 それではこの難民達はこのような日本政府に感謝したのでしょうか?

 違います。

216

 そもそも彼等は自分達が難民として受け入れられたと言う事実さへも否定しているのです。

 代わりに「自分達は強制連行された」と言う虚偽を振り回して日本人に謝罪を迫ったのです。

 そして彼等が中心となって朝鮮総連を作りひたすら反日活動を続け来たのです。
 彼らを受け入れたために、多数の日本人が拉致され、ミサイルや核の技術が北朝鮮に渡ったのです。

 本物の難民でさへ受け入れだって、日本に厄災にしかなりませんでした。

213

 朝鮮有事には当然多数の難民、そして難民を装った不法移民、更に前記のように難民を装った軍隊が押し寄せる事を想定するしかありません。

 だから麻生さんの「武装難民」への言及は絶対に必要です。

 本来なら今回の解散総選挙でも、論点になるべき話ではありませんか?
 
  1. 特亜
  2. TB(0)
  3. CM(12)

コメント

武器も怖いが病気も怖い

よもぎねこさんが仰る通りで、日本国内への難民の受け入れは絶対に阻止するべきだと思います。まあ、恐らくは開戦前に海上封鎖が行われ、開戦と同時に全ての港湾施設(空港含む)は閉鎖されると思いますし、衛星やレーダー等の監視の目を掻い潜って日本本土にまでたどり着く難民(もしくは偽装難民)は僅かな数に為るとは予想します。米軍の計画では済州島に大規模なキャンプを施設して、そちらに収容する計画のようですが、全て計画通りにはいかないでしょう。

それこそ韓国からならゴムボートのようなモノでもたどり着けてしまいますし、中国からなら黒潮に乗るだけで日本に向かう事が出来ます。私はどちらかと言えばこの中国からの難民を心配しています。

そして、武器も勿論怖いのですが、病気(感染症)の対策も考えておく必要が有ると思います。難民が罹患していなくとも小型の容器に何らかの生物兵器を携帯してくることさえ可能ですから(例えば天然痘や炭疽菌など)必ず日本本土で受け入れる前にどこかで隔離しておく必要があり防護服の準備なども怠りなく進めておく必要が有るとも考えます。

日本に数多ある無人島を利用するとか、コンテナ船のようなモノに一時収容して検疫が済むまでは隔離が必要でしょう。まあ、それ以前に法の問題として実際の有事の際にどのように自衛隊と海上保安庁、警察、予備自衛官の役割分担をするかも考えておかなければなりません。最も簡単な方法は内閣総理大臣が非常事態宣言を出し、憲法の停止を宣言して戒厳令下に置き、治安維持に努める事だとは思いますが、このマニュアルとか用意してあるんでしょうかねぇ?
  1. 2017-09-28 15:09
  2. URL
  3. エピ #-
  4. 編集

テロやゲリラで恐ろしいのは、老若男女誰でも可能だということです。紛争地帯では、ゲリラ組織が自我が固まっていないので洗脳しやすい子供を浚って兵士にしたてあげているので、自動小銃をもったガキがゴロゴロしているわけです。。
したがって難民が女子供だけでも全く油断ができず、寧ろ女子供を武装させてくる可能性が高いのです。
また朝鮮人や中国人は、白人や黒人ではないので、日本人との識別が、困難であることも留意するべきです。
大戦中、ドイツ軍は英語のわかる兵士に米軍の制服を着せ、攪乱工作を行いましたが、日本に紛れ込んだ武装難民が、自衛官や警官の制服を着用して、ゲリラ活動やテロ活動を行うこともありえます。
こうした事態をどのように防ぐか、どう対処したらいいのか議論するべきなのに、射殺という言葉尻だけ取り上げて騒いで、口を塞ぐのは単なる自慰行為に過ぎません。

2012マフィアと移民とテロ事情
https://keikosato.wordpress.com/2012/09/22/2012%e3%83%9e%e3%83%95%e3%82%a3%e3%82%a2%e3%81%a8%e7%a7%bb%e6%b0%91%e3%81%a8%e3%83%86%e3%83%ad%e4%ba%8b%e6%83%85/
イスラエルなどは不法移民の中にテロリストが紛れ込んでいて、現実に軍隊と戦闘状態になっているわけですから、同国はハイテク製の壁を国境に建設し、国内に入り込まないようにしているわけですが、結局は「疑わしきはいれず」を貫徹する以外になさそうです。例えレイシストと呼ばれてもです。
  1. 2017-09-29 01:01
  2. URL
  3. 名無しの権兵衛 #uctNWXwM
  4. 編集

エピ様

>そして、武器も勿論怖いのですが、病気(感染症)の対策も考えておく必要が有ると思います。

そうなのです。移民にしろ、難民にしろ感染症も脅威であり、実際医療機関は、難民が流入して感染症を持ちこんだら対応できる自信がないので、戦々恐々しているらしいのです。

難民の感染症に悩む欧州
https://www.trendswatcher.net/latest/geoplolitics/%E9%9B%A3%E6%B0%91%E3%81%AE%E6%84%9F%E6%9F%93%E7%97%87%E3%81%AB%E6%82%A9%E3%82%80%E6%AC%A7%E5%B7%9E/
ドイツで広まる感染症の背景に移民問題
https://www.trendswatcher.net/052017/geoplitics/%E3%83%89%E3%82%A4%E3%83%84%E3%81%A7%E5%BA%83%E3%81%BE%E3%82%8B%E6%84%9F%E6%9F%93%E7%97%87%E3%81%AE%E8%83%8C%E6%99%AF%E3%81%AB%E7%A7%BB%E6%B0%91%E5%95%8F%E9%A1%8C/

既に海外で実証されているのですから、わが国で想定しなくてはならないのですが、どうも動きが鈍い。最近エイズや梅毒の増加が確認されていますが、中国人などの流入も原因の一つと指摘されています。早急に対応を考える必要があります。
  1. 2017-09-29 01:31
  2. URL
  3. 名無しの権兵衛 #/zxeGGEA
  4. 編集

「武装難民」はどう考えても所謂難民、refugeeの定義には当て嵌まりませんね。その程度の人間、というより朝鮮人=中国人崩れ=敵の成り済まし共が大量にマスゴミに入っている事実に驚愕します。

全員駆除すべきです。朝鮮人=中国人崩れ=敵ですから。
  1. 2017-09-29 03:58
  2. URL
  3. #sSHoJftA
  4. 編集

エイズや梅毒を防ぐには・・・

名無しの権兵衛様

>既に海外で実証されているのですから、わが国で想定しなくてはならないのですが、どうも動きが鈍い。最近エイズや梅毒の増加が確認されていますが、中国人などの流入も原因の一つと指摘されています。早急に対応を考える必要があります

徹底した検査制度の導入と国民への周知しかないと思います。
まずは国民の義務である『教育・勤労・納税』に『健康』を加える。お金の係る事が増えて自治体は頭が痛いでしょうが、健康診断を無償化して健康診断に性感染症も加えて、定期的な検査を義務付けるしかないと思います。また、現状性病検査は一般の泌尿器科、産婦人科、レディース・クリニック等でも行われていますが、自覚症状の無い性病検査には保険の適応もされておらず、いわゆる性病検査を専門に行うクリニック等で行われている事が多数だとの統計も有ります。健康保険が適応できて気軽に検査できる体制を整える必要が有ると思います。

そして、エイズや梅毒、B型やC型肝炎等が多発している地域(国)からの入国の際は簡易な血液検査を入国審査で済ませられるような体制も有った方が良いかも知れません。※簡単な検査キットが実用化されていますので入管の体制さえ整えば僅かな時間で済むでしょう

そして最も必要なのは、性病が如何に恐ろしいモノであるかの周知ですね。政府がスポット的にTVCM等を流したり、ホーム・ページの作成をしたり、各学校での教育も重要だと思います。性の多様化・低年齢化に伴い、性病の低年齢化も進んでいるとの情報も有りますので、義務教育で行われる性教育の授業に性病に関する知識も盛り込んでおかないと、自覚症状が有っても自らどうしたらいいか分からず、重篤な病気であるとの自覚も無いまま感染が広がる可能性も高いので各自に知識を持って貰う事が重要になると思います。

性病の多くは適切な治療で完治しますし、完治しない肝炎などの病気も進行を抑える事は出来ます。またエイズ患者が無自覚の状態である事はその後の感染の事を考えると社会的な問題にもなりますので、知識の周知が最も重要になるのではないでしょうか・・・

そして、どんな病気もそうですが重篤な状態になれば成る程治療費がかさみます。高額医療費の補助等を自治体が行いますので、早期発見・早期治療が結果的に医療費の高騰を防ぎ、感染の拡大も防ぐ事になると思います。
  1. 2017-09-29 07:55
  2. URL
  3. エピ #-
  4. 編集

不正な投稿に入ってしまいました

よもぎねこ様お手数ですが、救い出して下さい
  1. 2017-09-29 07:59
  2. URL
  3. エピ #-
  4. 編集

Re: 武器も怖いが病気も怖い

> よもぎねこさんが仰る通りで、日本国内への難民の受け入れは絶対に阻止するべきだと思います。まあ、恐らくは開戦前に海上封鎖が行われ、開戦と同時に全ての港湾施設(空港含む)は閉鎖されると思いますし、衛星やレーダー等の監視の目を掻い潜って日本本土にまでたどり着く難民(もしくは偽装難民)は僅かな数に為るとは予想します。米軍の計画では済州島に大規模なキャンプを施設して、そちらに収容する計画のようですが、全て計画通りにはいかないでしょう。
>
> それこそ韓国からならゴムボートのようなモノでもたどり着けてしまいますし、中国からなら黒潮に乗るだけで日本に向かう事が出来ます。私はどちらかと言えばこの中国からの難民を心配しています。
>
> そして、武器も勿論怖いのですが、病気(感染症)の対策も考えておく必要が有ると思います。難民が罹患していなくとも小型の容器に何らかの生物兵器を携帯してくることさえ可能ですから(例えば天然痘や炭疽菌など)必ず日本本土で受け入れる前にどこかで隔離しておく必要があり防護服の準備なども怠りなく進めておく必要が有るとも考えます。
>
> 日本に数多ある無人島を利用するとか、コンテナ船のようなモノに一時収容して検疫が済むまでは隔離が必要でしょう。まあ、それ以前に法の問題として実際の有事の際にどのように自衛隊と海上保安庁、警察、予備自衛官の役割分担をするかも考えておかなければなりません。最も簡単な方法は内閣総理大臣が非常事態宣言を出し、憲法の停止を宣言して戒厳令下に置き、治安維持に努める事だとは思いますが、このマニュアルとか用意してあるんでしょうかねぇ?

 ワタシもそうするしかないと思っています。

 安易に歓迎すると、本物の難民ばかりか不法移民も大量に入り込み収拾がつかなくなります。 

 だから朝鮮半島からの難民は、戦時は収容所で安全は確保しても、戦争が終われば即刻朝鮮に戻すと言う方針を明確にするべきです。

 そうすれば取りあえず不法移民までは来ないでしょう。
  1. 2017-09-29 10:04
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

Re: タイトルなし

> テロやゲリラで恐ろしいのは、老若男女誰でも可能だということです。紛争地帯では、ゲリラ組織が自我が固まっていないので洗脳しやすい子供を浚って兵士にしたてあげているので、自動小銃をもったガキがゴロゴロしているわけです。。
> したがって難民が女子供だけでも全く油断ができず、寧ろ女子供を武装させてくる可能性が高いのです。
> また朝鮮人や中国人は、白人や黒人ではないので、日本人との識別が、困難であることも留意するべきです。
> 大戦中、ドイツ軍は英語のわかる兵士に米軍の制服を着せ、攪乱工作を行いましたが、日本に紛れ込んだ武装難民が、自衛官や警官の制服を着用して、ゲリラ活動やテロ活動を行うこともありえます。
> こうした事態をどのように防ぐか、どう対処したらいいのか議論するべきなのに、射殺という言葉尻だけ取り上げて騒いで、口を塞ぐのは単なる自慰行為に過ぎません。
>
> 2012マフィアと移民とテロ事情
> https://keikosato.wordpress.com/2012/09/22/2012%e3%83%9e%e3%83%95%e3%82%a3%e3%82%a2%e3%81%a8%e7%a7%bb%e6%b0%91%e3%81%a8%e3%83%86%e3%83%ad%e4%ba%8b%e6%83%85/
> イスラエルなどは不法移民の中にテロリストが紛れ込んでいて、現実に軍隊と戦闘状態になっているわけですから、同国はハイテク製の壁を国境に建設し、国内に入り込まないようにしているわけですが、結局は「疑わしきはいれず」を貫徹する以外になさそうです。例えレイシストと呼ばれてもです。

 そうですね。

 それに中国共産党はゲリラ戦で政権を取った国です。

 他国にゲリラ戦を仕掛ける事に何の躊躇いもないでしょう。
  1. 2017-09-29 10:27
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

Re: タイトルなし

> エピ様
>
> >そして、武器も勿論怖いのですが、病気(感染症)の対策も考えておく必要が有ると思います。
>
> そうなのです。移民にしろ、難民にしろ感染症も脅威であり、実際医療機関は、難民が流入して感染症を持ちこんだら対応できる自信がないので、戦々恐々しているらしいのです。
>
> 難民の感染症に悩む欧州
> https://www.trendswatcher.net/latest/geoplolitics/%E9%9B%A3%E6%B0%91%E3%81%AE%E6%84%9F%E6%9F%93%E7%97%87%E3%81%AB%E6%82%A9%E3%82%80%E6%AC%A7%E5%B7%9E/
> ドイツで広まる感染症の背景に移民問題
> https://www.trendswatcher.net/052017/geoplitics/%E3%83%89%E3%82%A4%E3%83%84%E3%81%A7%E5%BA%83%E3%81%BE%E3%82%8B%E6%84%9F%E6%9F%93%E7%97%87%E3%81%AE%E8%83%8C%E6%99%AF%E3%81%AB%E7%A7%BB%E6%B0%91%E5%95%8F%E9%A1%8C/
>
> 既に海外で実証されているのですから、わが国で想定しなくてはならないのですが、どうも動きが鈍い。最近エイズや梅毒の増加が確認されていますが、中国人などの流入も原因の一つと指摘されています。早急に対応を考える必要があります。

 これホントに怖いですね。

 この感染症について自称人権派はダンマリなんですよね。

 メキシコ国境との壁なんか、何が問題なのかわかりません。

 メキシコ国境から幾らでも不法入国できるなら、幾ら空港で観光客やビジネスマンをサーモグラフィーで見張っても、感染症入り放題ではないかと思うのですけどね。

 しかしなぜかこれ完全にタブー状態のようですね。
  1. 2017-09-29 10:41
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

Re: タイトルなし

> 「武装難民」はどう考えても所謂難民、refugeeの定義には当て嵌まりませんね。その程度の人間、というより朝鮮人=中国人崩れ=敵の成り済まし共が大量にマスゴミに入っている事実に驚愕します。
>
> 全員駆除すべきです。朝鮮人=中国人崩れ=敵ですから。

 そもそも難民の受け入れってそれ自体リスクなのです。 

 勿論人道的には受け入れるべきですが、しかしまず自国の安全を確保できる体制を作り、それが確保できる条件での受け入れ止めるべきです。
  1. 2017-09-29 10:44
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

塩野七生さんの「逆襲される文明」を読みました。

ここ数年のヨーロッパの為体をエッセイとしてまとめたものですが、ものの見方や発想がよもさんと同じですよね。小生も全く同感です。

これはおそらくは殆どが経済難民ですが、武装難民となればどうしようもない。
知り合いにミャンマーからの政治難民というのがいますが、在日20年以上、夫婦で子供も産まれ生活の本拠は完全に日本、もう国に帰ることも考えられない、と言います。

国は安定してきてもう問題はないだろうといいますと、今後のことはねえ…と口を濁します。至って大人しい人々であり、日本で少し学生運動をやったもが問題で国に戻れなくなったと言うだけですがこうなってしまいます。本音はもう戻りたくないのですよ。おそらくは帰化でしょう。個人的には良い人々だから反対はしませんが…

まあロヒンギャの問題を見てもアウンサンスーチーあたりだって何やらかすかわかったもんじゃないのですからそんなところかもしれませんが…

発展途上国の人々の気分なんてこんなものだということです。先進国で学んで国の発展に尽くしたいなんてのはおそらく薬にしたくてもないくらいでしょう。

逆に、少々貧しくとも国の将来を本当に憂い知識や技術を身に付けて国に貢献しようなんてのがいたならそれは立派としか言いようがないでしょう。明治の頃に日本の留学生と言うので今の発展途上国のそれのような甘ったれた連中はどれほどいたでしょうか。

この手の連中は半分以上腐ってるという感覚で見ていたほうがいいのでしょう。


  1. 2017-09-30 21:09
  2. URL
  3. kazk #cPv2SIBE
  4. 編集

Re: タイトルなし

> 塩野七生さんの「逆襲される文明」を読みました。
>
> ここ数年のヨーロッパの為体をエッセイとしてまとめたものですが、ものの見方や発想がよもさんと同じですよね。小生も全く同感です。

 面白そうですね。 図書館で探してみます。

> これはおそらくは殆どが経済難民ですが、武装難民となればどうしようもない。
> 知り合いにミャンマーからの政治難民というのがいますが、在日20年以上、夫婦で子供も産まれ生活の本拠は完全に日本、もう国に帰ることも考えられない、と言います。
>
> 国は安定してきてもう問題はないだろうといいますと、今後のことはねえ…と口を濁します。至って大人しい人々であり、日本で少し学生運動をやったもが問題で国に戻れなくなったと言うだけですがこうなってしまいます。本音はもう戻りたくないのですよ。おそらくは帰化でしょう。個人的には良い人々だから反対はしませんが…
>
> まあロヒンギャの問題を見てもアウンサンスーチーあたりだって何やらかすかわかったもんじゃないのですからそんなところかもしれませんが…
>
> 発展途上国の人々の気分なんてこんなものだということです。先進国で学んで国の発展に尽くしたいなんてのはおそらく薬にしたくてもないくらいでしょう。
>
> 逆に、少々貧しくとも国の将来を本当に憂い知識や技術を身に付けて国に貢献しようなんてのがいたならそれは立派としか言いようがないでしょう。明治の頃に日本の留学生と言うので今の発展途上国のそれのような甘ったれた連中はどれほどいたでしょうか。
>
> この手の連中は半分以上腐ってるという感覚で見ていたほうがいいのでしょう。

 ワタシはこの不法移民の横行、特に高等教育を受けた人達が流出するのは、人種差別が亡くなったからだと思っています。

 人種差別には立派な効用があったのです。

 人種差別のお蔭で日本は明治期に送った優秀な留学生を喪わずに済んだのです。

 http://yomouni.blog.fc2.com/blog-entry-5807.html
  1. 2017-10-01 11:31
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する