FC2ブログ

2017-09-27 13:26

人権活動家への違和感 知的障害者への不妊手術

 知的障害者に不妊や断種手術を強制する事は、現代の人権感覚から言えば勿論悪い事です。

 しかしそれだけで済む話しですか?

116

 「強制不妊手術に謝罪を」宮城の60代女性の親族ら国側と面談

 旧優生保護法に基づき、不妊手術を強制的に受けさせられた宮城県の60代女性の義姉ら被害者の支援者が26日、東京都内で厚生労働省職員と面談し、謝罪と補償を求めた。国側は「強制不妊手術は合法だった」などと説明し、協議は平行線だったという。
 1948年施行の旧優生保護法は「不良な子孫の出生防止」を目的に、本人の同意なしに不妊手術を行うことを認めていた。女性は15歳の頃、知的障害を理由に卵管を縛って妊娠できなくなる手術を受けさせられたという。
 国との協議は非公開。支援者によると、厚労省母子保健課の職員ら3人が出席した。義姉の佐藤路子さん(仮名)が、義妹の強制手術の根拠となった診断名「遺伝性精神薄弱」に疑問を呈した上で「なぜ手術を受けなければならなかったのか今も納得できない」と謝罪を求めたが、国側は「旧優生保護法に基づく強制不妊手術は合法で、不服申し立てもできた」と回答したという。
 協議後、佐藤さんは取材に「合法だったという言葉にはがっかりした。
何も解決しない」と述べた。
 旧優生保護法に基づく強制不妊手術を巡っては、宮城県内の70代女性が2015年、日弁連に人権救済を申し立てた。日弁連は今年2月、国に被害者への謝罪と補償を求める意見書を出した。
 優生保護統計などによると、旧優生保護法が96年に母体保護法に改正されるまで、本人の同意を得ない不妊手術は全国で約1万6500件。宮城県は約1400件で、北海道の約2500件に次いで全国2番目に多い。

123

 友達から聞いた話しを思い出しました。

 彼女は60年代に中部地方で紡績工場の女子寮の舎監をしていました。

 当時はまだ中部地方では紡績工場が多数ありました。 こういう工場で働く女工さんの多くは、中卒の少女でしたから、工場側の女子寮を作り、舎監を置くのです。

 このような工場では本当に単純な仕事も多かったので、軽度の知的障碍のある少女達も大勢働いていました。

 知的障碍があっても軽度なら、きちんと育てられた人は、自分で金銭管理もできるし、結婚して普通に家庭を作り、子供を育てる事も十分可能なのだそうです。

 当時は女性は結婚したら仕事を辞めるのが普通したから、舎監としたら、彼女達が結婚するまで無事に働き続けられるように守って行かなければなりません。

156

 ところがこうした知的障碍のある少女を目当てに、寄ってくる男達が沢山いるのです。

 知的障碍のある少女達は、男性に誘われる事の意味が理解できません。

 それで喫茶店でケーキを食べさせてもらうぐらいで、簡単に男性の言うままに性交渉に応じてしまうのです。

 だから男達は彼女達を狙うのです。

148

 勿論、女性が妊娠しても責任を取る意思などありません。 
 
 こうして妊娠した少女達を病院に連れて行き、中絶手術を請けさせるのは舎監の仕事でした。

 相手の男も悪いけど、当人だって妊娠の意味もわからないし、子供を育てる自覚もないのですから、他にどうしようもないのです。

 それでも哀しい事に、こんな男達とでも一度男性と関係を持った少女達は、その後はひたすら男性を求めるようになるのだそうです。

 知的障碍のある少女の中には、無邪気さと純真さが溢れて、本当に天使のように愛らしい子もいるのだそうです。

 でもそういういつの間にか天使が妊娠して、挙句に髪を振り乱して男を求めて狂乱するようになってしまうのだそうです。

154

 舎監をしていた友達自身がこの頃まだ20代だったので、こういうのを見ると凄いショックだったそうです。

 でもこれはわかります。

 今まで我が家で飼っていた猫たちが、最初の発情期を迎えた時は大変でした。
 
 ぬいぐるみのように愛らしいので、去勢や不妊手術を躊躇っていると、ある日突然別猫みたいに狂いだすのです。

 一度発情してしまうと、どんなに宥めても収まりません。 雄は発情期が終わるまで、雌猫の場合は妊娠するまで発情が止らないのです。

161

 人間だって理性のコントロールが緩めば同じでしょう。

 そしてこうなると誰も止めようがなくなるのだそうです。

 それで結局そういう少女は紡績会社を辞めて、暴力団などに騙されてソープなどに売られてしまう事になります。

 似たような話しは、知的障碍者の施設に務めていた知り合いからも聞いた事があります。

167

 それでこの記事の原告の支援者である佐藤さんに聞きたいのです。

 原告のご両親や貴方の夫は、原告の不妊手術をどう考えていらしたのですか?

 貴方の義妹が妊娠なさった場合、貴方はその子を引き取って育てる心算だったのでしょうか?

 それとも中絶を繰り返す事なった場合は、責任を持ってケアする覚悟があったのでしょうか?

176

 ところでワタシもこの原告女性と同年配ですが、もう妊娠はできません。 

 そういう年配になってから、過去の不妊手術に着いて告訴したのは何の為でしょうか?

合法だったという言葉にはがっかりした。何も解決しない

 普通に妊娠が不可能になってから過去の不妊手術に着いて告訴して何を解決したいのでしょうか?

155

 そして何より原告当人は今回の訴訟の意味を理解しているのでしょうか?

 この原告は60代で15歳で不妊手術を受けたそうですから、時期的にはワタシの友達が舎監の仕事をしていた頃でしょう。

 で、友達の話からすれば、この頃でも軽度の知的障害者には、不妊手術は強制されていません。

 だからこの原告の女性の知的障碍はかなり重度なのでしょう。

 訴訟の意味を理解できない人を、勝手に原告として訴訟を起こし、自分達の政治活動等に利用したのなら、それこそ知的障害者の人権侵害ではありませんか?

142

 ワタシは友達から前記を聞いたとき、ショックで暫く男性不信になりました。

 知的障碍があって自分を守る事が出来ない少女をそれと知りつつ自分の性欲を満たす為に利用すると言うのは、余りと言えば余りに卑劣ではありませんか?

 男性はここまでやるのか?

 しかし知的障碍のある女性を自分達の目的に利用している事では、この原告の支援者と弁護士一同も同じではありませんか?
  
  1. 差別ニダ!!
  2. TB(0)
  3. CM(24)

コメント

諍いの元は

いろいろ勉強に成ります。
戦後直後に「優生保護法」が成立とか言うので、え?!と思いwikiで読んだところ
「母体保護法」が本来の目的で、旧優生保護法と関連して成立しやすいと言う事情で、
必要性としては戦後混乱時の色々と事情があったようですね。
>不妊手術を強制的に受けさせられた宮城県の60代女性の義姉ら

この時は親は如何していたのでしょうね?拉致して手術したのでしょうかね?
でも、これら言ってたら国民である私の先祖親戚の破産も死亡も貧乏も人に騙された事も全て、国家に謝罪と賠償を請求してたら切りがないです。韓国化でしょうか。
  1. 2017-09-27 17:14
  2. URL
  3. トラウマ #RWLNmTs6
  4. 編集

よく似た記事を30年くらい前に読んだことがあります。知的障害のある女性が3度出産し、3人の子供を両親が育てているケースで、非常に性欲が強いという理由で卵巣を切除したことは妥当ではない人権侵害だと、人権活動家が医師を訴えていたのです。非常に性欲が強いとは証明できない認められないと、医師が敗訴していた記事だったような記憶があります。それともこれを載せてた新聞が朝日か毎日で、そう謳っていただけかもしれませんが。
これ以上子供が生まれたら老親に育児は酷です。施設に入れず自分たちで育てていた責任感の強い両親です。困り果てていたはずです。もののわからない娘が誰かに食い物にされ誰の子かわからない子を妊娠する。娘を大事に思ってこその処置だったのではないでしょうか。強制的に卵巣を切除する。確かに酷いことです。しかしどちらが人権を重んじてるかといえば、私には両親と医師だと思えます。活動家が娘が危ない目に遭わないようにずっと見張ってくれるとは思えませんしね。

個人の人権を突き詰めていけば、やはり何かが損なわれる。ポリティカルコレクトであからさまな差別は減っても、表現は萎縮しつまらなくなる。世の中の幸せの総量は決まってて、増えたりしないものなのかなと最近思います。
  1. 2017-09-27 20:15
  2. URL
  3. こきち #97nXsu5.
  4. 編集

不正な投稿になってしまいました。
  1. 2017-09-27 20:19
  2. URL
  3. こきち #97nXsu5.
  4. 編集

>知的障碍のある女性を自分達の目的に利用している事では、この原告の支援者と弁護士一同も同じではありませんか?

全く同感です。彼らは知的障碍者を自分達の不純な目的に利用しているのです。
違うのは、男性は後ろめたい気持ちでやっていま余すが、彼らは正義のためだと「壮大な勘違い」をしていることだけです。

人間はどこまで卑しくなれるか?ということです。
皮肉な言い方をすれば、こういう人種も一度味をシメて、知的障碍者を求めて狂乱してしまっているのではないでしょうか。

>挙句に髪を振り乱して男を求めて狂乱するようになってしまうのだそうです。
知的障碍のある人は、純粋であるから余計に理性で欲望を抑制することが出来ず、こうなるのでしょうか。あまりに不憫で、表す言葉がありません。

  1. 2017-09-27 22:50
  2. URL
  3. 道草人 #-
  4. 編集

マーケッチングが素晴らしい

人間の琴線をくすぐる涙涙の惨めなテーマ、慰安婦に劣らない涙の衝撃度、これを掘り出す弁護士は凄いポピュリズムマーケッティング能力ですね。流石、小説家とか文人が揃って居る左(誰でしょう?)なのですね。

所で、今回の選挙で民進党議員を一掃できるかと期待していたのですが、小池百合子はゾンビとして生き返らせて自分がコントロールするつもりなのでしょうか。
それとも、のるかそるか自民を脅迫しているのでしょうか。
こちらも政治力だけは凄いけど、行政能力はゼロの修羅の破壊者だったのだ、ゾンビと共産主義者は制御できるはずないでしょが。
  1. 2017-09-27 23:27
  2. URL
  3. トラウマ #RWLNmTs6
  4. 編集

>知的障碍のある女性を自分達の目的に利用している事では

3.11のあの時、放射脳たちは子供が一番心配で、子供が!子供が!と叫んでいたんですよね。放射脳たちはその子供に何をしました?、
・「私が大人になったら子供を産めるのですか?」と小学生の女の子にTVの前で話させましたよね。
・母親が「放射能!」と言えば鼻血をドバーと出すように子供を訓練しましたよね。
・晴れの日もカッパを着せてマスクをして、テープでふさいで幼稚園に通わせましたよね。
・毎日昆布を食べさせ、ヨウ素剤を飲ませ、目張りをした部屋に閉じ込めて病気にしましたよね。
何が、子供が!子供が!だ、自分が子供の虐待してるでしょうが。
  1. 2017-09-27 23:48
  2. URL
  3. トラウマ #RWLNmTs6
  4. 編集

補償金目当て?

≪もう妊娠はできません。
 そういう年配になってから、過去の不妊手術に着いて告訴したのは何の為でしょうか?

>合法だったという言葉にはがっかりした。何も解決しない

 普通に妊娠が不可能になってから過去の不妊手術に着いて告訴して何を解決したいのでしょうか?≫

ズバリ 補償金、お金目当てでしょう。
食い詰め弁護士が増え過ぎました。知的障碍者を出汁に最大のディープポケット、国から銭をせしめようとしているのでしょう。いろいろ味を占めましたから…。
嫌な世の中になりました。
  1. 2017-09-28 02:44
  2. URL
  3. かわた #qFCkdryo
  4. 編集

Re: 諍いの元は

> いろいろ勉強に成ります。
> 戦後直後に「優生保護法」が成立とか言うので、え?!と思いwikiで読んだところ
> 「母体保護法」が本来の目的で、旧優生保護法と関連して成立しやすいと言う事情で、
> 必要性としては戦後混乱時の色々と事情があったようですね。
> >不妊手術を強制的に受けさせられた宮城県の60代女性の義姉ら

 半世紀も前の話ですからね。

> この時は親は如何していたのでしょうね?拉致して手術したのでしょうかね?
> でも、これら言ってたら国民である私の先祖親戚の破産も死亡も貧乏も人に騙された事も全て、国家に謝罪と賠償を請求してたら切りがないです。韓国化でしょうか。

 これホントに奇妙です。

 原告が手術を受けたのは15歳の時ですから、親権者である両親の許可を得ているはずです。
 そしてこの原告の兄も当時の事情を知っているでしょう。

 裁判をやっている原告の義姉と言うは、この原告の兄と結婚した時、すでに原告は手術を受けた後だったのか?
 
 手術を受ける前なら、自分は反対したのでしょうか?

 いずれにせよ手術を受けた当時の事情を知っている原告の親族が殆ど他界した状態で、この裁判を始めたのではないでしょうか?

 と言うか、親族が全て他界するのを待ってこの裁判を始め他のではないかと思えてならないのです。
  1. 2017-09-28 10:47
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

Re: タイトルなし

> よく似た記事を30年くらい前に読んだことがあります。知的障害のある女性が3度出産し、3人の子供を両親が育てているケースで、非常に性欲が強いという理由で卵巣を切除したことは妥当ではない人権侵害だと、人権活動家が医師を訴えていたのです。非常に性欲が強いとは証明できない認められないと、医師が敗訴していた記事だったような記憶があります。それともこれを載せてた新聞が朝日か毎日で、そう謳っていただけかもしれませんが。
> これ以上子供が生まれたら老親に育児は酷です。施設に入れず自分たちで育てていた責任感の強い両親です。困り果てていたはずです。もののわからない娘が誰かに食い物にされ誰の子かわからない子を妊娠する。娘を大事に思ってこその処置だったのではないでしょうか。強制的に卵巣を切除する。確かに酷いことです。しかしどちらが人権を重んじてるかといえば、私には両親と医師だと思えます。活動家が娘が危ない目に遭わないようにずっと見張ってくれるとは思えませんしね。

 何とも無残な話ですね。
>
> 個人の人権を突き詰めていけば、やはり何かが損なわれる。ポリティカルコレクトであからさまな差別は減っても、表現は萎縮しつまらなくなる。世の中の幸せの総量は決まってて、増えたりしないものなのかなと最近思います。

 人権って全ての人間が等しく持つのですが、人間同志お互いの人権ってぶつかり合うのです。

 この話しだって、この知的障碍のある娘の人権と、生まれてくる子供の人権と、親の人権は整合しないのです。

 生まれてくる子供には、子供として親の愛情を受ける権利があるはずです。

 一方知的障碍があろうとも、性欲を満たす権利はあると言う人もいます。

 そうなるとどちらを優先するのか?

 そもそも近代以降の人権思想って、個人が君主や独裁者に対抗する為に生まれた物だから、個人対個人の人権がぶつかった時のことを考えていないし、それ以前に知的障害者のように自分の行為に責任の取れない人の存在も考えていないのです。

 自分の行為に責任を取れない人の人権を他の人同様100%認めてしまうと、その人が自由を行使した結果起きた問題を、他の人が後始末する事になるのです。

 所謂人権活動家は人権万能主義と言うか、とにかく人権を振り回すのですが、しかしそれほど人権が大切なら、その人権が整合しない場合はどうすかをまず考えるべきでしょう?
  1. 2017-09-28 11:06
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

Re: タイトルなし

> 不正な投稿になってしまいました。

 済みません。 迷惑コメントから出して返信をしておきました。
  1. 2017-09-28 11:08
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

Re: タイトルなし

> >知的障碍のある女性を自分達の目的に利用している事では、この原告の支援者と弁護士一同も同じではありませんか?
>
> 全く同感です。彼らは知的障碍者を自分達の不純な目的に利用しているのです。
> 違うのは、男性は後ろめたい気持ちでやっていま余すが、彼らは正義のためだと「壮大な勘違い」をしていることだけです。

 自分を正義と信じ切っている人間ってホントに始末が悪いです。
>
> 人間はどこまで卑しくなれるか?ということです。
> 皮肉な言い方をすれば、こういう人種も一度味をシメて、知的障碍者を求めて狂乱してしまっているのではないでしょうか。

 人権商売のネタになるなら、どんな相手でも追い回していますからね。
>
> >挙句に髪を振り乱して男を求めて狂乱するようになってしまうのだそうです。
> 知的障碍のある人は、純粋であるから余計に理性で欲望を抑制することが出来ず、こうなるのでしょうか。あまりに不憫で、表す言葉がありません。

 男の真意は理解できないので、純真に自分を愛してくれると信じてしまうのでしょう。 その愛情がそのまま性欲と一体化しているのですね。

 だからよけい無残です。

 そういう少女を性欲の処理に利用するって、余りに卑劣です。
  1. 2017-09-28 11:36
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

Re: マーケッチングが素晴らしい

> 人間の琴線をくすぐる涙涙の惨めなテーマ、慰安婦に劣らない涙の衝撃度、これを掘り出す弁護士は凄いポピュリズムマーケッティング能力ですね。流石、小説家とか文人が揃って居る左(誰でしょう?)なのですね。

 金になりそうなネタならどんな話でも食いつく人達ですから。
>
> 所で、今回の選挙で民進党議員を一掃できるかと期待していたのですが、小池百合子はゾンビとして生き返らせて自分がコントロールするつもりなのでしょうか。
> それとも、のるかそるか自民を脅迫しているのでしょうか。
> こちらも政治力だけは凄いけど、行政能力はゼロの修羅の破壊者だったのだ、ゾンビと共産主義者は制御できるはずないでしょが。

 マジに破壊力では小泉元総理以上になりそうです。
  1. 2017-09-28 11:38
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

Re: >知的障碍のある女性を自分達の目的に利用している事では

> 3.11のあの時、放射脳たちは子供が一番心配で、子供が!子供が!と叫んでいたんですよね。放射脳たちはその子供に何をしました?、
> ・「私が大人になったら子供を産めるのですか?」と小学生の女の子にTVの前で話させましたよね。
> ・母親が「放射能!」と言えば鼻血をドバーと出すように子供を訓練しましたよね。
> ・晴れの日もカッパを着せてマスクをして、テープでふさいで幼稚園に通わせましたよね。
> ・毎日昆布を食べさせ、ヨウ素剤を飲ませ、目張りをした部屋に閉じ込めて病気にしましたよね。
> 何が、子供が!子供が!だ、自分が子供の虐待してるでしょうが。

 ヨウ素を過剰に摂取すると、病気になるんですよね。

 貧困女子高生の話など典型ですが、子供を看板にして騒ぐと、批判がまず看板の子供に向けられるので、そのまま子供を盾にして自分達を守れるのです。
 
 だから子供を利用するんですよね。

 朝鮮学校なんかも典型です。

 朝鮮学校の補助金が欲しいなら親と教師が言えばよいのに、子供にやらせるのです。
 
 子供に乞食をさせるのと同じなんですけどね。
  1. 2017-09-28 11:44
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

女子寮の舎監の話は心当たりがあります

こんにちは、私は愛知県在住ですが、よもぎねこさんの友達の方が「中部地方で紡績工場の女子寮の舎監」をされていたとの事。私の伯父も当地方で職布工場をやっていましたので、女子寮の話はよく知っています。女子寮には近くの若い男が寄ってくるのも当然で、その結果できたカップルは結構沢山いまして、私の自宅の近所にも何人かがそのカップルです。(もういい歳ですが)
そんな事で子どもが出来たの如何のも日常茶飯事でした。大抵はそんな事があるとすぐ結婚しろという事になっていました。
こんな経験から、この問題の女性についてはこんな風だと思います。

問題の女性は避妊手術の前に間違いなく妊娠しています。知的障碍者という事なので多分妊娠に気が付かず、堕胎できないところまで行ってしまった、これも間違いないでしょう。そして出産ですが多分死産ではないかと思います。この当時はこんな望まれない妊娠出産は産婆さんが始末することは珍しくありません。せっかく生まれたけど残念ながら死産だった、そういえば他の人にはわかりませんから。こんな時、戸籍にどう書かれるかも知っていますが、まあそれは別の話。

こんな事で親がこのままではまた同じことが起ころと危惧し、避妊手術をさせたんだと思います。いくら知的障碍者と言えども、親が何にも云わないのに医者が患者を拉致して避妊してしまう、こんな事がありうるはずがありませんから。
そして多分事情を知っているお兄さんは最近亡くなったんではないでしょうか。

それにしても最近の悪徳弁護士の跳梁跋扈、本当に目に余ります。多分食い詰めているんでしょうね。良いことです。悪徳弁護士など早く始末すべき時が来ていると思いますから。
  1. 2017-09-28 19:03
  2. URL
  3. 短足おじさん二世 #-
  4. 編集

悪徳弁護士のことで最近知ったことです。


ペルー人妻子.
在留許可求め提訴へ 夫は強制送還 大阪
https://mainichi.jp/articles/20170814/k00/00m/040/110000c(記事を書いたのは在日です)

また、不法滞在者が子供を盾にゴネて居座ろうと提訴している記事ですが、このペルー人一家の代理人弁護士を検索してみたら、何年か前に中国人48人が生活保護を不正受給しようとした際、噛んでいた弁護士と同一人物だったのです。つまり、不法入国詐欺、福祉詐欺の片棒を担いでいたのです。北朝鮮への渡航歴もあり、在日朝鮮人とも色々かかわりがあるようで、相当怪しい人物です。心底たまげました。
人権を盾に、胡散臭い訴訟が起きた時、担当した弁護士が過去にどのような訴訟を扱っていたか、どのような排毛害あるか調べてみると、色々興味深い事実が出てくるかもしれません。
  1. 2017-09-29 01:16
  2. URL
  3. 名無しの権兵衛 #U6G0vJkA
  4. 編集

訂正です。

排毛害あるか→背景がある
に訂正をお願いします。失礼しました。
  1. 2017-09-29 01:19
  2. URL
  3. 名無しの権兵衛 #GGFzaKGY
  4. 編集

Re: 女子寮の舎監の話は心当たりがあります

> こんにちは、私は愛知県在住ですが、よもぎねこさんの友達の方が「中部地方で紡績工場の女子寮の舎監」をされていたとの事。私の伯父も当地方で職布工場をやっていましたので、女子寮の話はよく知っています。女子寮には近くの若い男が寄ってくるのも当然で、その結果できたカップルは結構沢山いまして、私の自宅の近所にも何人かがそのカップルです。(もういい歳ですが)
> そんな事で子どもが出来たの如何のも日常茶飯事でした。大抵はそんな事があるとすぐ結婚しろという事になっていました。

 結婚して幸せになれるなのなら、無問題ですよね。

> こんな経験から、この問題の女性についてはこんな風だと思います。
>
> 問題の女性は避妊手術の前に間違いなく妊娠しています。知的障碍者という事なので多分妊娠に気が付かず、堕胎できないところまで行ってしまった、これも間違いないでしょう。そして出産ですが多分死産ではないかと思います。この当時はこんな望まれない妊娠出産は産婆さんが始末することは珍しくありません。せっかく生まれたけど残念ながら死産だった、そういえば他の人にはわかりませんから。こんな時、戸籍にどう書かれるかも知っていますが、まあそれは別の話。
>
> こんな事で親がこのままではまた同じことが起ころと危惧し、避妊手術をさせたんだと思います。いくら知的障碍者と言えども、親が何にも云わないのに医者が患者を拉致して避妊してしまう、こんな事がありうるはずがありませんから。
> そして多分事情を知っているお兄さんは最近亡くなったんではないでしょうか。

 そうでしょうね。
 中絶手術か出産の後、ついでに不妊手術をしたと言う事でしょうね。
 
 どの道、事情を知る人達が完全に居なくなった状況での、告訴なんて実に怪しいのです。
>
> それにしても最近の悪徳弁護士の跳梁跋扈、本当に目に余ります。多分食い詰めているんでしょうね。良いことです。悪徳弁護士など早く始末すべき時が来ていると思いますから。

 弁護士を増やし過ぎたのも一因とは思います。 しかしこういうのは最低です。
  1. 2017-09-29 10:18
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

Re: タイトルなし

> 悪徳弁護士のことで最近知ったことです。
>
>
> ペルー人妻子.
> 在留許可求め提訴へ 夫は強制送還 大阪
> https://mainichi.jp/articles/20170814/k00/00m/040/110000c(記事を書いたのは在日です)
>
> また、不法滞在者が子供を盾にゴネて居座ろうと提訴している記事ですが、このペルー人一家の代理人弁護士を検索してみたら、何年か前に中国人48人が生活保護を不正受給しようとした際、噛んでいた弁護士と同一人物だったのです。つまり、不法入国詐欺、福祉詐欺の片棒を担いでいたのです。北朝鮮への渡航歴もあり、在日朝鮮人とも色々かかわりがあるようで、相当怪しい人物です。心底たまげました。
> 人権を盾に、胡散臭い訴訟が起きた時、担当した弁護士が過去にどのような訴訟を扱っていたか、どのような排毛害あるか調べてみると、色々興味深い事実が出てくるかもしれません。

 この手の人権詐欺専業の弁護士がいるのですね。

 因みに記事を書いた記者も日本人じゃないですね。

 他国に外国人の不法滞在を認めろと言うのですから、勝手な話です。
  1. 2017-09-29 10:32
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

よもさん、佐藤さんと支援者てのは別人でしょう。

この義姉というのが曲者で、この女性の兄と後から結婚した御仁だろうと思います。
そして、支援者のパヨクの市民活動家か弁護士の入れ知恵で国と面談したと読むのが正しいのでしょう。

おそらくこの女性の兄や親は昔何もしなかった人々だと思います。

もし、まともな肉親ならこんな話になる前にとうに手を打ってるはずです。要はこの知恵遅れの子を捨てたのですよ。それを今の時代になれば金蔓になると気がついたのでしょう。

何も解決しない、彼等が面談してもそれは一緒でしょう。

提訴すればいいんじゃないですか、そうすればお金が取れるかもしれない。
これで不十分ながら解決かもしれません。まあ、本当ならば提訴すれば記録が残りますから本当は不名誉なことなんですが、優しい新聞は書かないでしょうしよもさんのような人は少ないから平気でしょうか。

まあ人非人の所業でしょう。
  1. 2017-09-30 20:51
  2. URL
  3. kazk #cPv2SIBE
  4. 編集

Re: タイトルなし

> よもさん、佐藤さんと支援者てのは別人でしょう。
>
> この義姉というのが曲者で、この女性の兄と後から結婚した御仁だろうと思います。
> そして、支援者のパヨクの市民活動家か弁護士の入れ知恵で国と面談したと読むのが正しいのでしょう。
>
> おそらくこの女性の兄や親は昔何もしなかった人々だと思います。
>
> もし、まともな肉親ならこんな話になる前にとうに手を打ってるはずです。要はこの知恵遅れの子を捨てたのですよ。それを今の時代になれば金蔓になると気がついたのでしょう。
>
> 何も解決しない、彼等が面談してもそれは一緒でしょう。
>
> 提訴すればいいんじゃないですか、そうすればお金が取れるかもしれない。
> これで不十分ながら解決かもしれません。まあ、本当ならば提訴すれば記録が残りますから本当は不名誉なことなんですが、優しい新聞は書かないでしょうしよもさんのような人は少ないから平気でしょうか。
>
> まあ人非人の所業でしょう。

 この女性が不妊手術をされたのは半世紀も前の話なので、事情を知る人達の殆どは他界したのでしょう。

 だから今頃になって騒ぐのですよね?

 慰安婦詐欺と同じです。
  1. 2017-10-01 11:20
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

優生保護法の報道について

こんばんは、はじめまして、いきなりですみませんが質問があります、軽度の方なら結婚も子育ても可能と書いていますが、それは60年代当時の話なのですか?もしそうだとすればマスコミの報道はかなり大袈裟に報道されている事になりますね!いかにもその当時は結婚や出産ができないような報道ですからね。
  1. 2018-07-10 23:20
  2. URL
  3. 日本人 #-
  4. 編集

Re: 優生保護法の報道について

> こんばんは、はじめまして、いきなりですみませんが質問があります、軽度の方なら結婚も子育ても可能と書いていますが、それは60年代当時の話なのですか?もしそうだとすればマスコミの報道はかなり大袈裟に報道されている事になりますね!いかにもその当時は結婚や出産ができないような報道ですからね。

 そうです。 ワタシがこの話を聞いた友達は60年代当時でも、知的障碍者でも軽度なら結婚して子供を育てて普通に生活していたそうです。

 この優生保護法による不妊手術に関する報道には違和感があります。

 まず知的障碍者の性の問題には一切触れていません。

 それ以上にこれは少なくとも親権者の合意が必要な手術でした。 

 そして何で今頃騒ぎだしたのか?

 今、弁護士会が告訴しようとか騒いでいる件は、親権者も施術した医師もまた行政の関係者も、全て死亡するなどして当時の状況の把握が不可能になっている件です。
 
 そして当人の言い分も極めて曖昧です。

 これで一方的に行政側だけを非難するのはおかしくないですか?
  1. 2018-07-11 09:53
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

続・優生保護法の報道について

ご回答ありがとうございます。 やはり偏りのある報道ですよね。さらに言えばこの法律を積極的に推進し成立させたのは加藤シズエを中心とした旧社会党やGHQなのになぜかこの所だけは余り報道されていません。恐らくこの法律を作ったのは人権人権と高々と言っている左翼が作った事実は隠したいのでしょう!
  1. 2018-07-11 18:09
  2. URL
  3. 日本人 #-
  4. 編集

Re: 続・優生保護法の報道について

> ご回答ありがとうございます。 やはり偏りのある報道ですよね。さらに言えばこの法律を積極的に推進し成立させたのは加藤シズエを中心とした旧社会党やGHQなのになぜかこの所だけは余り報道されていません。恐らくこの法律を作ったのは人権人権と高々と言っている左翼が作った事実は隠したいのでしょう!
 
 今これで騒いでいるのは日弁連ですからね。
 要するにこれをネタに国から賠償金をせしめようというのでしょう?

 そして日弁連と親密な左翼にすれば、仲間がこの法律を作ったというのは都合が悪いんでしょうね。

 それにしてもこれを作ったのが旧社会党やGHQとは知りませんでした。 でも考えてみれば知的障碍者が、意味もわからないまま性交渉して子供を産めば、生まれた子も、周りの人も不幸にしかならないのですから、不妊手術を受けてもらおうというのは、現実的な対応です。

 女性の立場から中絶の自由化を推進しいたグループが、この優生保護法を推進するのも当然でしょうね。
  1. 2018-07-12 10:41
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する