2017-08-03 13:11

平和主義者の不思議な沈黙 日米共同訓練

 自衛隊は米軍と共同訓練を続けています。
 海上自衛隊も航空自衛隊もです。

2017年6月1日19時53分 朝日新聞
 防衛省は1日、海上自衛隊の護衛艦2隻と航空自衛隊F15戦闘機部隊が、米海軍原子力空母「カールビンソン」と「ロナルド・レーガン」の2隻の空母艦隊と日本海で共同訓練を実施したと発表した。防衛省によると、自衛隊の部隊が2隻の米空母と同時に訓練したのは、記録を確認できる過去30年間で例がないという。軍事的挑発を続ける北朝鮮に日米の連携姿勢を示す狙いがある。

 日本側から参加したのは、海自の護衛艦「ひゅうが」京都府・舞鶴基地所属)と「あしがら」(長崎県佐世保基地所属)の2隻。空自からは小松基地石川県)所属のF15戦闘機6機。海自の護衛艦は米側の艦艇と通信訓練を、F15の部隊は空母艦載機のFA18戦闘攻撃機と模擬の空中戦を実施した。訓練は3日まで(空自の戦闘機部隊は2日まで)。

 カールビンソンは4月末に対馬海峡から日本海へ入り、朝鮮半島近海で韓国海軍と共同演習を実施。その後も周辺海域にとどまっていた。一方、米海軍横須賀基地神奈川県)を事実上の母港とするロナルド・レーガンは5月16日に同基地を出港。太平洋上で艦載機の発着艦訓練などを実施した後、日本海に入っていた。

LUQP7agcqehftu71501728537_1501728553.jpg 

北朝鮮ミサイル発射も踏まえ航空自衛隊が米空軍と共同訓練

7月30日12時25分 NHK

防衛大臣を兼務する岸田外務大臣は、記者団に対し、北朝鮮による今回の弾道ミサイルの発射も踏まえ、30日午前、九州西方から朝鮮半島沖にかけての空域で、航空自衛隊とアメリカ空軍による共同訓練を実施したことを明らかにしました。

防衛大臣を兼務する岸田外務大臣は、30日午前、防衛省に入り、おとといの北朝鮮による弾道ミサイル発射への対応などについて報告を受けました。このあと、岸田大臣は記者団に対し、30日午前、九州西方から朝鮮半島沖にかけての空域で航空自衛隊とアメリカ空軍による共同訓練を実施したことを明らかにしました。

そして、岸田大臣は、この訓練について、「
5月26日の日米首脳会談で確認した具体的な行動の一環だ」としたうえで、「おととい夜の北朝鮮によるミサイル発射を含む、厳しい安全保障環境の中で、日米同盟全体の抑止力と対処力を一層強化し、地域の安定化に向けたわが国の意思と高い能力を示すものだ」と述べました。

また、岸田大臣は、北朝鮮の動向について、引き続き、アメリカや韓国と連携しながら情報収集にあたっていく考えを示しました。

また航空自衛隊は、アメリカ軍の爆撃機がグアムから韓国に向かう際、九州周辺の空域で自衛隊の戦闘機と合流して共同訓練を行ったと発表しました。

航空自衛隊によりますと、アメリカ軍のB1爆撃機2機がグアムの基地から韓国方面に向かう際、九州周辺の空域で自衛隊のF2戦闘機2機と合流し、共同訓練を行ったということです。

航空自衛隊が公開した写真には、編隊を組んで飛行するB1爆撃機2機のすぐ横を、F2戦闘機が飛行する様子が写っています。

今回の訓練は、北朝鮮が28日夜、弾道ミサイルを発射したことに対応して行われたと見られます。

共同訓練は日本の防空識別圏の境界の手前で終わり、その後、B1爆撃機に韓国軍機が合流したということで、防衛省は今回の訓練について、「日米韓3か国の緊密な連携の一環として行われた」としています。

FfZtoKuqdvInlZL1501728944_1501728962.jpg 

 これについては7月31日の虎の門ニュースで青山繁治議員が解説しています。(40分ごろから)


 この動画では青山さんは防衛省から出た写真も見せています。 

 自衛艦あしがらとひゅうがが、米海軍最大最強の空母ドナルド・レーガンの空母打撃群と一緒に行動しており、その上空を自衛隊のF2戦闘機が飛んでいる写真でした。

 そして航空自衛隊の戦闘機は米軍の長距離爆撃機の護衛をしているのです。

 これを岸田外務大臣は「5月26日の日米首脳会談で確認した具体的な行動の一環だと言ったのですから、これはもう単なる訓練ではなく、米軍と北朝鮮が戦争になれば、自衛隊も米軍と共に行動する事を前提の訓練であることは明らかでしょう。

 ワタシはこれは大賛成です。 もし米軍と北朝鮮が戦争になれば、日本は一緒に戦うべきなのです。

 しかし大変不思議なのは、自称平和主義者の野党とマスコミの反応です。

 この訓練は別に秘密ではありません。 防衛相はちゃんと発表しているし、そして朝日新聞もNHKもちゃんと報道しているのです。

 ところがNHKも朝日新聞も只事実を報道するだけで、他の事は一切言いません。 そして報道も一回きりです。

 だからワタシも青山さんの話を聞くまで、全然気づきませんでした。

 ネットでもそれほど話題になっていません。

 テレビも新聞もそして野党も、カケとモリと自衛隊の日報漏洩騒動だけを騒ぎ続けています。

 自衛隊の日報が騒動になったのは、スーダンのPKO部隊の日報に自衛隊駐屯地近くで戦闘行為があったと書かれていたからです。

 戦闘行為が起きる所に自衛隊を送るのは許されない!!

 スーダンへのPKO部隊派遣を決定した民進党がこう言って騒いだので、マスコミが大騒ぎしたのです。

 しかしそもそもPKO は戦闘行為など危険な多すぎて民間人が行けない場所で活動するのが原則です。

 そしてもし自衛隊のPKO部隊が、ホントに戦闘行為に巻きまれても、或いは他国と一緒に武装勢力と戦闘する事になっても、他国では特に問題にならないでしょう。 むしろ戦闘を避けて自衛隊だけ逃げたら大問題になります。

 PKO部隊が戦闘行為に巻き込まれたとか、武装勢力と戦闘になったからと言って、それでその国が戦争を始めたとか、平和主義を放棄したなんて言う国は世界中の何処にもないでしょう。

 しかしいましもアメリカが北朝鮮に軍事行動を起こすかも知れないと言うときに、自衛隊の護衛艦が、朝鮮近海で米空母打撃群と一緒に訓練している、自衛隊の戦闘機が米爆撃機の護衛訓練をしているとなると、これはもう北朝鮮とアメリカが戦争になれば、自衛隊は米軍と一緒に戦うと信じるしかないのです。

 そして訓練だけでも北朝鮮に対しては猛烈な武力による威嚇をしている事になります。

 これはもうPKOの日報なんかとは全然レベルの違う話しで、日本は明らかに対北朝鮮戦争への参戦の意思を示しているのです。

 ところが大変不思議な事に、日報で大騒ぎしている反安倍野党も、反安倍メディアもこれに着いてはダンマリを決め込んでいるのです。

 彼等は何よりも反戦平和主義者で護憲派であることが売り物だったはずです。

 朝日新聞もNHKも自分が報道しているのだから、この事実は知らないわけはないのです。

 そして、野党の反安倍を焚きつけて自衛隊の日報問題で大騒ぎしているのです。

 そもそも彼等は昨年、安全保障法案の審議では、自衛隊が朝鮮半島有事に避難民を乗せた米軍の艦船や飛行機を護衛する事に対しても、大騒ぎで反対していました。

 共産党なんか自衛隊の艦船が避難民を救出に行くのさへ反対したのです。

 イヤ、爆撃機の警護や、空母打撃群に入るって、もうそのレベルじゃないから。

 難民船や難民機の護衛に大騒ぎした連中が、爆撃機や空母の護衛にはダンマリってホントに不思議です。

 そして替りに「日報が~~!!」「モリ・カケが~~!!」と騒いでいるのです。

 一体連中は何を考えているのでしょうか?

 連中はこの事態の意味を理解しているのでしょうか?

  ワタシは正直言って全くわかりません。

 安倍政権とすればこれはラッキーと思っているのでしょう。 だって日報やカケモリでは幾ら騒がれても、安倍政権の支持率が幾ばくか下がるだけです。

 そして対抗する野党が全て泡沫状態である以上、安倍政権の支持率低下はそれほど問題にならないのです。 

 しかし対北朝鮮戦で米軍と協力出来ないと言うのは、日米同盟にとっては致命的です。 そして日本の安全保障に致命的です。

 だから野党とマスゴミが幾らオカシナ印象操作で、安倍政権を叩いても、自衛隊と米軍とびj共同訓練に何も言わないでいていくれるなら、ホントにありがたい話しなのです。

 だったら好きなだけモリ・カケ・日報で騒がせて置いた方が得策ですね。 こちらに矛先が向かわないように時々燃料投下しても良いぐらいです。

 それでは反安倍に燃える自称平和主義のマスコミと野党は何を考えているのでしょうか?

 反安倍マスコミは自分が報道している重大ニュースの存在に気づいていないのでしょうか?

 そして反安倍野党はなぜ何も言わないのでしょうか?

 彼等もこの重大ニュースに気付いていないのでしょうか?

 マスコミは社としてこれを騒がないような圧力を掛けられているのでしょうか?

 ワタシはこれはわかりません。 但し反安倍で騒いでいる朝日新聞や東京新聞の記者達も、例えば菅官房長官に絡み続けて勇名を馳せたエボラ・イソコなども、この話には一切関心がないようです。

 他の記者達のツィート等でもこの話題は出ていないようです。

 だから彼女の知能程度から見ると、イソコはホントにこのニュースの存在自体知らない可能性が高いです。

 反安倍野党のダンマリも同様に、ホントにこのニュースの意味に気付いていない可能性もあります。 

 彼等の近視眼と短絡的思考能力と、そして救い難い程の軍事音痴からすると、このニュースの意味が理解できていない可能性も凄く高いです。

 尤も今の状況で、米軍の自衛隊への協力に反対すれば、国民の反感を買って結果として安倍政権の支持率を上げるだけと言う事を危惧して何も言わないのかもしれません。

 ワタシは実は彼等の真意が凄く知りたいのですが、しかし野党がホントにこのニュースとその意味に気付いていないなら、このまま未来永劫気づかないで欲しいと思っているので、野党に電話して聞くのは我慢しています。 

 ここで貼った虎の門ニュースで青山さんも言っていましたが、日本は6月2日に情報収集衛星=偵察衛星を打ち上げました。

 でもこれも打ち上げたと言う報道は出ても、宇宙の平和利用とか言っている護憲派野党も言っいた連中はダンマリでした。

 だから今後もドンドン性能を上げて数を増やして打ち上げれば良いでしょう。

 同様、今回の日米共同訓練だって、今後もドンドンレベルを上げて行けますよね?

 それにしても自称平和主義者の野党とマスコミは何で沈黙しているのでしょう?  

 彼等の反戦平和って一体何だったのでしょうか?

  1. 戦後民主主義
  2. TB(0)
  3. CM(11)

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. 2017-08-03 14:07
  2. #
  3. 編集

結局のところご都合主義の平和主義だからでしょう。
自衛隊を散々批判していたのに、自分の船がソマリア沖を航行する時は自衛隊に保護を要請したピースボートの様に。

小田実のベ平連が反戦平和と言いつつ、ベトナム戦争が終了し、ベトナムがカンボジアに侵攻した時は一言も発しなかったのも覚えています。

  1. 2017-08-03 15:05
  2. URL
  3. taigen #-
  4. 編集

>近視眼と短絡的思考能力と、そして救い難い程の軍事音痴

↑私は自分がこんなレベルなのでよくわからないのですが、多分今これで騒ぎ出すとほとんどの日本人に自分たちの企みがバレてしまうからじゃないかなと思いました。




「平和」っていうのが持つ権利があって当然の防衛力を日本から奪い「平和裏に何者かの侵略を赦すという意味なのだ」と気づかれるとやばいって思ってるんじゃないでしょうか。

「シェルターをつくるべき」だなんて与党側から出たら猛然と反論するのはその証拠だと思います。

「孫子の兵法」は知りませんが「気付いた時には全て終わっている」ようにしたいのでしょう。

そう言えば2,3日前の夜遅くなってヘリが何機も移動していましたが何関係あるのかな?
「ああこういう感じで軍事って進んでいくんだな」とぼんやり思いました。
  1. 2017-08-03 16:54
  2. URL
  3. 鳴子百合 #-
  4. 編集

日本の戦闘機が隣国までの航続距離が或るなら羽を切れとか、空中給油機はなんで必要なのかと言う自称平和主義者たちは、実は隣国の平和の忖度どころか軍事スパイだったことがネット時代になって暴露されるようになったから恥ずかしくて何も言えないのかも知れませんね。

ここで、文句を言ったら北朝鮮のミサイルとか原爆が飛んでくるのは認めるんだね!と、自称国民は本当の国民に見捨てられますからグーの根も出ないのでは。
なんたって彼らの武器は風評しかないものですから。
  1. 2017-08-03 18:54
  2. URL
  3. トラウマ #RWLNmTs6
  4. 編集

怖いのだと思う

日本以外のアジアの国は日本が本気になると
大変に怖いことを知っている。だから、シナ様の
NHKや真っ赤なウソの新聞などには詳しく報じるな
という指令が飛んでいるのだろう。そして野党、
日本国民が事実関係に目覚めて戦いを支持すると
野党の存在意義は全くなくなる。とくに、共産党は
全てが瓦解する可能性がある。在日の既得権益とて
吹っ飛んでしまうだろう。

そして、もう一つ、安倍首相もあまり喧伝したくない。
何故なら、これらの訓練によってナショナリズムが
湧き上がると外国人移民政策やTPPが吹き飛んでしまう。

与党も野党も触れたがらない。
これが原因ではないか。
  1. 2017-08-03 22:26
  2. URL
  3. ちび・むぎ・みみ・はな #-
  4. 編集

こんにちは。
何度も言っていますが彼らにとって戦闘行為は政局の為のフレーズなのです、自衛隊員の命なんかこれっぽちも思っていない、もし思っているのなら撃たれてからでしか反撃できない事とか一時的に見殺しにするポジティブリストとか批判するでしょう。
今回黙っているのは日本人にとって現実的な危機感があるので批判すればお花畑と批判が跳ね返ってくるからです。
そういったことが見え透いているから左翼は嫌われるのです。
  1. 2017-08-04 08:47
  2. URL
  3. kazusa #-
  4. 編集

Re: タイトルなし

> 結局のところご都合主義の平和主義だからでしょう。
> 自衛隊を散々批判していたのに、自分の船がソマリア沖を航行する時は自衛隊に保護を要請したピースボートの様に。
>
> 小田実のベ平連が反戦平和と言いつつ、ベトナム戦争が終了し、ベトナムがカンボジアに侵攻した時は一言も発しなかったのも覚えています。

 そうでしょうね。
  
 今、対北朝鮮防衛政策を批判したら、猛反発を食らのでダンマリを決め込むしかないのでしょう。

 しかし肝心の時に黙るなら彼等はそもそも何の為に反戦平和で騒いでいたのでしょうか?
  1. 2017-08-04 10:21
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

Re: タイトルなし

> >近視眼と短絡的思考能力と、そして救い難い程の軍事音痴
>
> ↑私は自分がこんなレベルなのでよくわからないのですが、多分今これで騒ぎ出すとほとんどの日本人に自分たちの企みがバレてしまうからじゃないかなと思いました。
>
 現在の状況で対北朝鮮防衛にイチャモンを点けると、猛反発を食らいますからね。
 
 しかしだったら去年の安全保障法案作成の時の大騒ぎは一体何だったんだろう?
>
> 「平和」っていうのが持つ権利があって当然の防衛力を日本から奪い「平和裏に何者かの侵略を赦すという意味なのだ」と気づかれるとやばいって思ってるんじゃないでしょうか。
>
> 「シェルターをつくるべき」だなんて与党側から出たら猛然と反論するのはその証拠だと思います。
>
> 「孫子の兵法」は知りませんが「気付いた時には全て終わっている」ようにしたいのでしょう。

 その意味ではもう国民は皆、連中の本性に気付き始めているのですよね。
>
> そう言えば2,3日前の夜遅くなってヘリが何機も移動していましたが何関係あるのかな?
> 「ああこういう感じで軍事って進んでいくんだな」とぼんやり思いました。

 なるほど、実はこちらでは全然ヘリを見かけなくなりました。 以前は毎日のように丘珠駐屯地のヘリが飛んでいたのですが、この頃それが全然飛んでいないのです。

 きっと本州の西の方に移動したのだと思います。

 隊員の方は暑くて大変でしょうが。
  1. 2017-08-04 10:26
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

Re: タイトルなし

> 日本の戦闘機が隣国までの航続距離が或るなら羽を切れとか、空中給油機はなんで必要なのかと言う自称平和主義者たちは、実は隣国の平和の忖度どころか軍事スパイだったことがネット時代になって暴露されるようになったから恥ずかしくて何も言えないのかも知れませんね。

 そうですね。 今反自衛隊で騒いだら、国民から猛反発を食らいますから。
 しかし肝心の時に黙るなら、日頃反戦平和を叫ぶ意味がないではありませんか?
>
> ここで、文句を言ったら北朝鮮のミサイルとか原爆が飛んでくるのは認めるんだね!と、自称国民は本当の国民に見捨てられますからグーの根も出ないのでは。
> なんたって彼らの武器は風評しかないものですから。

 思うに彼等は何でも良いから文句を言いたいだけだったのかもね。
  1. 2017-08-04 10:29
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

Re: 怖いのだと思う

> 日本以外のアジアの国は日本が本気になると
> 大変に怖いことを知っている。だから、シナ様の
> NHKや真っ赤なウソの新聞などには詳しく報じるな
> という指令が飛んでいるのだろう。そして野党、
> 日本国民が事実関係に目覚めて戦いを支持すると
> 野党の存在意義は全くなくなる。とくに、共産党は
> 全てが瓦解する可能性がある。在日の既得権益とて
> 吹っ飛んでしまうだろう。

 ここで黙っているとそもそも反戦平和の党としての存在意義がないのですけどね。

> そして、もう一つ、安倍首相もあまり喧伝したくない。
> 何故なら、これらの訓練によってナショナリズムが
> 湧き上がると外国人移民政策やTPPが吹き飛んでしまう。

 野党やマスコミが騒がない事は安倍総理の意思ではありません。 安倍総理の意思で騒ぐのを止めさせる事ができるならモリ・カケ騒動なんて起きていません。

> 与党も野党も触れたがらない。
> これが原因ではないか。

 野党は馬鹿で問題に気付かないor国民の反発を恐れてあえて触れない。

 与党は野党が騒がないでいてくれるなら、結構な話だから、黙って事を進め、日米防衛協力の水準を上げられる限り上げて、規制事実化する。
  1. 2017-08-04 10:34
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

Re: タイトルなし

> こんにちは。
> 何度も言っていますが彼らにとって戦闘行為は政局の為のフレーズなのです、自衛隊員の命なんかこれっぽちも思っていない、もし思っているのなら撃たれてからでしか反撃できない事とか一時的に見殺しにするポジティブリストとか批判するでしょう。
> 今回黙っているのは日本人にとって現実的な危機感があるので批判すればお花畑と批判が跳ね返ってくるからです。
> そういったことが見え透いているから左翼は嫌われるのです。

 マジに、スーダンへのPKO派遣を決めたのは民主党政権で、その頃からスーダンは十分危険だったのです。 それを無視して戦闘行為で騒ぐ時点で最低なんですよね。
  1. 2017-08-04 10:36
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する