2017-06-21 14:30

言論弾圧はマスコミと国民が始める

 昔、まだテレビを見ていた頃、NHKの朝ドラなどで第二次大戦が舞台になる場面になると、必ず主人公や主人公の廻りの人間が、警察から思想や言論の問題で注意されたり逮捕されたりする場面が出てきました。

 中には随分インチキなシチュエーションもあるのですが、NHKドラマで大戦中を描く場合には、これを出すのが決まりのようでした。

 それは戦後世代の脳内には「軍国主義政権やファシズム政権は言論弾圧や思想弾圧をする」と言う事が刷りこまれているからでしょう。

221

 ワタシも戦後世代だし、戦後教育しか受けていないので、言論弾圧・思想弾圧は全体主義政権や独裁政権が行う物だとばかり信じてきました。

 しかし在特会の合法的なデモへの暴力的妨害し、百田尚樹氏の講演中止に追い込む連中や、それを礼賛するマスコミを見ているとそれは違うのではないかと思うようになりました。

 勿論、全体主義政権や独裁政権だって言論弾圧や思想弾圧を行います。 中国共産党政権が典型です。

 しかし民主主義国家でも言論弾圧や思想弾圧をしたくて堪らない人間達が居て、国民を扇動してそれをやらせるのです。

 民主主義国家で言論弾圧や思想弾圧を扇動するのは、一般国民でマスコミがそれを扇動するのです。

2017y06m21d_143622727

 実際、ヘイトスピーチ規制法制定に向かう過程などを見ればそうとしか言えません。

 桜井誠の言動は下品で、在特会の会員であるワタシも嫌いでした。 しかし日本国憲法の主旨から言っても個別の条文でも、「下品」なんて主観的な理由でデモや集会での言論を禁止する事はできないはずです。
 
 イヤ、在特会のデモが許されないのは、下品だからじゃないニダ!!
 ウリの人格否定し、ウリの心を殺すような事を言うからニダ!!
 ウリの人権侵害だからニダ!!

227

 そうですか?
 しかし「人格否定」「心を殺す」なんて「下品」「上品」以上に客観性のない話しです。

 民主主義国家と言うのは言論の自由、表現の自由が保障されています。 だから皆、自分の主義主張に反する人々を批判したり、否定したりするのです。

 例えば70年代には、自治体が行う成人式に出席しようとした自衛隊員の乗ったバスを、労働組合が大騒ぎして追い返すと言うような事がありました。

 これがどれだけ若い自衛隊員の心を傷つけ、人格を否定した事か・・・・・。

 そして最近では石嶺香織宮古市議会議員が、繰り返し自衛隊員を強姦魔扱いするツィート行っています。

235

 しかし日本は民主主義国家なので、こうした言動が許されてきたのです。

 自衛隊員の人格をここまで否定しても良い物なら、在日コリアンの人格を否定する事だって全然無問題のはずでしょう?

 民主主義国家での言論の自由とは、自分は他人の悪口を好き放題言える代わりに、他人が自分の悪口を言うのも我慢しなければならないと言う事なのです。

 しかしながら日本のマスコミの多くは、自衛隊員への誹謗中傷は一切問題にしないばかりか、明らかに捏造や虚偽の報道をする事も「言論の自由」「報道の自由」と言い張ってきました。

 にも拘らず在特会が在日コリアンを非難するデモや集会を行うと、これを大問題と言い出しました。
 
 そして在特会の合法的なデモを暴力で妨害する人間達を、絶賛し、更に在日コリアン批判を禁止する法律の制定を要求し始めたのです。

 これは明らかに彼等が思想弾圧・言論弾圧を要求していると言う事です。

2017y06m21d_144256151

 なるほどね、民主主義国家が民主主義を喪い全体主義になるのは、こうしたマスコミとそれに扇動される愚かな国民がいるからなのだとわかりました。

 これがもっと良くわかるのは韓国です。

 例えばこんな記事が出ていました。

 公営放送の「フェイク映像」で加速する、韓国の反日感情

2017y06m21d_144419835

 凄いね。

 尤も韓国の公共放送が反日感情を煽る為にフェイクニュースを流すのは毎度のことです。 「日帝の呪いの杭」なんて報道は、ネットのお笑いのネタでした。

 韓国人の反日感情は昔からでしょう。 
 しかし韓国ではマスコミはひたすらそれを煽る事で、国民に媚び、更にはそれがまた反日感情を扇動すると言う事を昔から繰り返して来たのです。

 そしてそれは民主化後改善されるよりも、益々酷くなったのです。 民主化以前は経済的・軍事的利益に反する程の反日言動は、政府が止めたのですが、しかし民主化でその歯止めがなくなりました。

284

 その為韓国の反日報道はエスカレートする一方です。

 それこそ手を変え品を変え次から次へと反日のネタを作って、反日を煽っているのです。 だって同じネタだと国民が飽きちゃいますから。

 そしてその結果、反日が国是になってしまい、それに反する思想や言論を行う人達が弾圧される事になります。

 「帝国の慰安婦」の著者朴祐河氏や「親日派の弁明」の著者金 完燮氏が、名誉棄損で検察から告訴されて有罪になり、著書が出版禁止になってしまうなど、本来民主主義国家ではあり得ない話しです。

2017y06m21d_144837106

 しかし韓国では民主化後もこの手の話が頻発しているのです。

 政府の政治的目的ではなく、国民感情に媚びた言論弾圧、国民感情を煽る言論弾圧が普通に行われるようになったのです。

 そしてこの民主主義国家としてあるまじき言論弾圧を、マスコミが礼賛しているのです。
 
 と言うより、マスコミが反日感情に水を差す人々を徹底的に糾弾し、国民がそれに扇動されて騒ぐので、政治家がこれに便乗し、検察側がこれに従って告訴し、裁判所もまた有罪を出さずにはいられなくなると言う状況なのです。

339

 つまりマスコミの扇動し、それに乗せられた国民が、政治や司法に圧力を掛けて、言論弾圧・思想弾圧を実行しているのです。

 結果韓国では行政・外交・防衛から全ての理性が消滅し、感情が全てになり、政治が幼児の我儘になってしまいました。

 そしてこのような言論弾圧・思想弾圧の行き着く先は、際限もない反日とエスカレートとそれを実際の政策として実現してくれる政権の成立です。

 政府主導による言論弾圧・思想弾圧が始まるのはこれからでしょう。

 今後この政府が国民の期待に応えて国家による反反日思想・言論の取り締まりを行うようになり、そして今度はそれを梃に反政府言論や思想の統制を始めるでしょう。

 これで民主主義国家がファシズム国家に変わるのです。
 
 おお、自分の目で民主主義国家がファシズム国家に変わる過程を見られるとは思いませんでした。 
 長生きはするもんだw

340

 しかし日本もマスコミもこれが羨ましくて羨ましくて、仕方がないのでしょう。

 実際朴槿恵大統領弾劾に至る過程は、見事にマスコミの扇動の効果ですが、朝日新聞等自称リベラルメディアはそれに対する羨望を隠しませんでした。

 そういう意味でも彼等は韓国が大好きで、韓国は憧れの国なのです。

 そしてこうしたマスコミやそれに扇動された連中による言論弾圧を放置すると日本だって韓国のようにならないと言う保障はないのです。

350

 実際、日本が第二次大戦に至る過程を思い出せばわかります。
 あの頃ひたすら主戦論を扇動したのは、朝日新聞や毎日新聞などのマスコミなのです。

 当時の一般国民には、新聞やラジオを除いて海外情勢を知る方法はなく、マスコミは扇動し放題でした。

 そしてその扇動の結果戦争になれば、政府も言論統制や思想統制をやらざるを得ません。 連合国側だってやっているのですから。

 その最後の最後の状況だけを問題にして「政府が言論弾圧をして戦争を主導した」と言うフェイク史観を流し続けて来たのが、当の朝日新聞や毎日新聞など戦前の主戦派新聞なのです。

356

 言論の自由、思想の自由は、民主主義の根幹です。

 しかしそれは国民がそれを守ると言う固い意志を持たないと守れないのです。
 
 その固い意志とはつまり「自分にとって最も許せない思想・言論」の自由を認める事です。
 
 そして法の公正な施行を求める事です。

  1. マスゴミ
  2. TB(0)
  3. CM(15)

コメント

戦中の英語追放?

「エンジンの音ごうごうと隼はゆく」

唱和19年公開の「加藤隼戦闘隊」、もちろん陸軍全面協力の宣伝映です。で実在の加藤戦隊の隊歌がそのまま映画の主題歌ですが、「エンジン」は英語では?

映画の中にも英語追放を揶揄するようなシーンがあるそうです。
http://ameblo.jp/zipang-analyzing/entry-11536665386.html

イギリス亜流の日本海軍はいわずもがなです。

英語追放を煽っていたのは誰なのかよくわかりますね。
  1. 2017-06-21 21:21
  2. URL
  3. 野田 #-
  4. 編集

>言論の自由、思想の自由は、・・・
>それは国民がそれを守ると言う固い意志を持たないと守れない
という指摘はよくわかります。

言論の自由等の弾圧は、国民自身が行なっていく例が多く、その片棒を担ぐのはマスコミである、ということも、その通りです。民主主義というものは、内部から腐っていくのでしょうか?

私は法学部出身ですが、民主主義の片輪を担う「事後法の禁止」とか「推定無罪」などの原則を、サヨクの連中はいとも簡単に無視することに、憤りを感じます。

サヨクは、自分の考えに益になるかどうかで判断しているに過ぎず、民主主義を守る気持ちなどないのではないか、そもそも民主主義を理解していないと感じます。
  1. 2017-06-21 23:16
  2. URL
  3. 道草人 #-
  4. 編集

夢見る人

中指精神科医の講演が取り止めになったそうですね。ちゃんと読んでないので詳細は知りませんが、ネトウヨの仕業なのでしょうか。サヨさんたちは大騒ぎです。中止に動いた人たちはざまみろと喜んでるでしょうが、保守派の多くが封殺はよくない、マジキチの言論を聞く権利もあるのだと、意見は様々。百田氏の時はサヨさんたちはレイシストに言論の自由はない!ヘイトは言論ではないから弾圧に当たらない!とたくさんいるはずなのに全部一緒で気持ち悪いほど似通ってました。よろしくないと表明した意見は私のツイのタイムラインにはひとつしか見当たらなかったです。あの人たち同じ人格を共有する巨大な意識集合体なのかしら?別人に見えてるけど実は一つの生物なの?と私が韓国人に対して感じる感想が出て来ました。韓国人って極端に民族主義で、不平等が基本秩序というリベラルとは真逆の価値観世界なんだけど、ただしいはひとつ!善はひとつ!という思い込みの激しさ押しつけがましさがリベラル()と同じなんですねー。
右翼左翼では分けられない、リアリストとドリーマーの闘いだといった門田隆将氏の言葉を噛み締めています。
  1. 2017-06-22 00:22
  2. URL
  3. こきち #97nXsu5.
  4. 編集

マインドコントロールのやり方は簡単。洗脳を解く方法もついでに暴露する
http://yagi-coach.com/mindset/mindcontrol-yarikata/

※実は言論の封殺つまり、自由意志を制限してしまう事はマインドコントロールや洗脳のファーストステップ(第一歩)なのです。
普段から「自己否定感の強い人」は、洗脳にかかりやすい人
これは非常に留意しておかなければならないことです。
  1. 2017-06-22 02:07
  2. URL
  3. taigen #-
  4. 編集

Re: 戦中の英語追放?

> 「エンジンの音ごうごうと隼はゆく」
>
> 唱和19年公開の「加藤隼戦闘隊」、もちろん陸軍全面協力の宣伝映です。で実在の加藤戦隊の隊歌がそのまま映画の主題歌ですが、「エンジン」は英語では?
>
> 映画の中にも英語追放を揶揄するようなシーンがあるそうです。
> http://ameblo.jp/zipang-analyzing/entry-11536665386.html
>
> イギリス亜流の日本海軍はいわずもがなです。
>
> 英語追放を煽っていたのは誰なのかよくわかりますね。

 そうなのです。 

 因みにこの時代にひたすら軍国主義を煽り、言論弾圧に励んだ連中が、戦後反戦平和を煽り、同じく言論弾圧をしているのです。
  1. 2017-06-22 11:37
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

Re: タイトルなし

> >言論の自由、思想の自由は、・・・
> >それは国民がそれを守ると言う固い意志を持たないと守れない
> という指摘はよくわかります。
>
> 言論の自由等の弾圧は、国民自身が行なっていく例が多く、その片棒を担ぐのはマスコミである、ということも、その通りです。民主主義というものは、内部から腐っていくのでしょうか?

 そうです。 
 ソクラテスは「民主制は僭主制に至る」と言いました。

 僭主制ってつまり独裁です。
 民主制が行きつくと、結局独裁制になるのです。 
>
> 私は法学部出身ですが、民主主義の片輪を担う「事後法の禁止」とか「推定無罪」などの原則を、サヨクの連中はいとも簡単に無視することに、憤りを感じます。
>
> サヨクは、自分の考えに益になるかどうかで判断しているに過ぎず、民主主義を守る気持ちなどないのではないか、そもそも民主主義を理解していないと感じます。

 左翼って独善が全てです。
 だから自分に都合の悪い話しは絶対に理解できないのだと思います。
  1. 2017-06-22 11:40
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

我が国の場合、明治以降の戦争に、政府が積極的に開戦を企図したことはありませんね。
強いて言えば、日清戦争が(政府の一部という意味では)、ややあてはまるか。
また、「鬼畜米英」というスローガンも、開戦序盤はなかなか容易には根づかなかったんじゃないかなと。
1941年の米英開戦の20年ほど前まで、日英同盟が結ばれており、双方とも有形無形のメリットを享受していたわけですからねえ。
毀誉褒貶の欧州諸邦なら切り換えは常でしょうが、我が国は今でもそこまでドライに頭が切り替われるのか?

開戦扇動はメディアの責任大。
「鬼畜米英」の浸透は、大戦序盤はだいぶ怪しいというのが、持論ですね。
  1. 2017-06-22 11:40
  2. URL
  3. 二郎 #-
  4. 編集

Re: 夢見る人

> 中指精神科医の講演が取り止めになったそうですね。ちゃんと読んでないので詳細は知りませんが、ネトウヨの仕業なのでしょうか。サヨさんたちは大騒ぎです。中止に動いた人たちはざまみろと喜んでるでしょうが、保守派の多くが封殺はよくない、マジキチの言論を聞く権利もあるのだと、意見は様々。百田氏の時はサヨさんたちはレイシストに言論の自由はない!ヘイトは言論ではないから弾圧に当たらない!とたくさんいるはずなのに全部一緒で気持ち悪いほど似通ってました。よろしくないと表明した意見は私のツイのタイムラインにはひとつしか見当たらなかったです。あの人たち同じ人格を共有する巨大な意識集合体なのかしら?別人に見えてるけど実は一つの生物なの?と私が韓国人に対して感じる感想が出て来ました。韓国人って極端に民族主義で、不平等が基本秩序というリベラルとは真逆の価値観世界なんだけど、ただしいはひとつ!善はひとつ!という思い込みの激しさ押しつけがましさがリベラル()と同じなんですねー。
> 右翼左翼では分けられない、リアリストとドリーマーの闘いだといった門田隆将氏の言葉を噛み締めています。

 主催者への抗議電話やメールが相次いだようです。

 脅迫があったかどうかはわかりません。

 しかし香山リカのツィートを見ると、自分達がやったことをやり返されたら大騒ぎです。

 ワタシ個人の感想としては、主催者への抗議は構わないと思います。 特に香山リカの講演は社会福祉協議会と言う公益団体で、国費が使われています。

 だから国費で反社会的で暴力的活動をする人間の講演をするのは問題だと抗議するのは当然でしょう。

 但し脅迫があれば大問題です。
  1. 2017-06-22 12:00
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

Re: タイトルなし

> マインドコントロールのやり方は簡単。洗脳を解く方法もついでに暴露する
> http://yagi-coach.com/mindset/mindcontrol-yarikata/
>
> ※実は言論の封殺つまり、自由意志を制限してしまう事はマインドコントロールや洗脳のファーストステップ(第一歩)なのです。
> 普段から「自己否定感の強い人」は、洗脳にかかりやすい人
> これは非常に留意しておかなければならないことです。

 なるほどそうですか。
  1. 2017-06-22 12:01
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

Re: タイトルなし

> 我が国の場合、明治以降の戦争に、政府が積極的に開戦を企図したことはありませんね。
> 強いて言えば、日清戦争が(政府の一部という意味では)、ややあてはまるか。
> また、「鬼畜米英」というスローガンも、開戦序盤はなかなか容易には根づかなかったんじゃないかなと。
> 1941年の米英開戦の20年ほど前まで、日英同盟が結ばれており、双方とも有形無形のメリットを享受していたわけですからねえ。
> 毀誉褒貶の欧州諸邦なら切り換えは常でしょうが、我が国は今でもそこまでドライに頭が切り替われるのか?
>
> 開戦扇動はメディアの責任大。
> 「鬼畜米英」の浸透は、大戦序盤はだいぶ怪しいというのが、持論ですね。

 マジに日露開戦など朝日新聞とそれに扇動された国民が散々煽ったのです。
 
 朝日新聞は日露戦争を煽る事で発行部数を伸ばし大新聞になったのです。

 ところがこうした事実を一切反省しないのです。
  1. 2017-06-22 12:03
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

ツボにはまる

>ひたすら主戦論を扇動したのは、朝日新聞や毎日新聞など・・・

論点がずれて恐縮ですが、昔(30年くらい前)駅前で放置自転車をなくせと叫んでいた老人に出会いました。

この人は町内会(?)の役目でこの場にいた人のようですが、演説の口調が軍人か労働組合員が怒鳴るような「注意」の仕方でした。その目は一点をにらみ何かを確信しているような態度でした。

老人は放置自転車が悪であることを通行人に自覚させたかったのです。その主張は恰も正義であるように、上から滑り落ちる水の様に我々に降り注ぎました。
ツボに嵌ると正義の聖水がほとばしる。
日本人はこういうタイプが割といるのだろうなあ、と思ったものです。

今も昔もマスコミや「識者」は何かのツボに嵌って正義?をほとばしらせているように思えます。
正義は一つなんだから!! 二つも三つもあるわけないだろ?これが正しいのだ!!
  1. 2017-06-22 18:59
  2. URL
  3. 相模 #-
  4. 編集

Re: ツボにはまる

> >ひたすら主戦論を扇動したのは、朝日新聞や毎日新聞など・・・
>
> 論点がずれて恐縮ですが、昔(30年くらい前)駅前で放置自転車をなくせと叫んでいた老人に出会いました。
>
> この人は町内会(?)の役目でこの場にいた人のようですが、演説の口調が軍人か労働組合員が怒鳴るような「注意」の仕方でした。その目は一点をにらみ何かを確信しているような態度でした。
>
> 老人は放置自転車が悪であることを通行人に自覚させたかったのです。その主張は恰も正義であるように、上から滑り落ちる水の様に我々に降り注ぎました。
> ツボに嵌ると正義の聖水がほとばしる。
> 日本人はこういうタイプが割といるのだろうなあ、と思ったものです。
>
> 今も昔もマスコミや「識者」は何かのツボに嵌って正義?をほとばしらせているように思えます。
> 正義は一つなんだから!! 二つも三つもあるわけないだろ?これが正しいのだ!!

 ワタシはこれを書いていて、なぜか大昔読んだベトナム戦争を取材したジャーナリストを思い出しました。
 名前も本の題名も忘れちゃったのだけれど、一応善人だとは思うのですが、ひたすらベトナムの悲劇にはまり込んでいたのです。

 こういう善人は怖いですね。

 ナチの突撃隊なんてこの手の善人ばかり集まっていたのでしょうね。
  1. 2017-06-23 10:16
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

もり蕎麦の次はかけ蕎麦、やはりザル蕎麦かな

ちょっと面白い話しがあったのでご紹介します。

自民党は「モリ(森友学園)の次はカケ(加計学園)だが民進党自体がザルなので大丈夫」と安心しきっている!

詳しくは倉山氏の記事を
https://nikkan-spa.jp/1346720?page=2
  1. 2017-06-23 11:12
  2. URL
  3. ウンチク斎 #-
  4. 編集

Re: もり蕎麦の次はかけ蕎麦、やはりザル蕎麦かな

> ちょっと面白い話しがあったのでご紹介します。
>
> 自民党は「モリ(森友学園)の次はカケ(加計学園)だが民進党自体がザルなので大丈夫」と安心しきっている!
>
> 詳しくは倉山氏の記事を
> https://nikkan-spa.jp/1346720?page=2

 倉山氏の記事はともかく、これは結局印象操作以上の事は絶対にできない話しですからね。 
 
 唯し経済状況が悪いと印象操作だけでも内閣は潰れますから。 第一次安倍政権がそうでした。
  1. 2017-06-23 12:59
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

民主主義というものは

人権を完全に保障する手段なんかなじゃない、ということをいい加減に知るべきです。

事後法の禁止や推定無罪などというものは歴史の流れの中で人権保障の手段として構築した概念でしかありません。そして多数派であっても事案によっては少数意見に転落することもありうるのだから少数派の利益にもなるというわけで多数派もその有用性を認め覇王概念として定着したものです。

だから多数派絶対の民主主義というものは容易にファシズムに転化します。多数派の利益のみを考え少数派の利益を無視することは簡単だからです。それでも民主主義は民主主義でしょう。

今のマスゴミ人たちは自分達は多数派であると認識してるんでしょう。だから自分達のやってることは正義だと考えてるんじゃなかろうかと思います。小生などは捻くれ者ですから立場の数だけ正義なんてあると思ってます。最後は何らかの方法で政策や法律を決定しなければなりません。国家間に置いて正義が衝突すれば最後は戦争です。ここに至るまでの手段は多くありますが最後の手段が担保されなければ真の国益保護はできないでしょう。

国内問題ではどうか。それは相手方の理解と相手方への説得により合意の形成を図るしか本来はないはずです。しかし多数派を辞任する人々は往々にして反対意見の封殺にかかります。マスゴミの手段はもう我々が見てる通り、嘘と報道しない自由というやつです。自分の正義は絶対なんだから自分の行為は皆許されるのだというのが連中の論理です。

自軍たちの論理に従わないのは世界の進歩についていけない遅れた人々なだから、そういう意見は無視していいというわけです。これも形を変えたファシズムです。

イデオロギーというのは正義の体系です。一つのイデオロギーに固まった人々はそのイデオロギーを守るためには何でもします。暴力も振るうし嘘も平然と垂れ流します。今のマスゴミ人士がやってることそのまんまです。

バカヒの論調はグンクツの音が聞こえるということのようですがこれは大丈夫でしょう。戦前は馬鹿費が散々煽ってくれたんですが今は違うでしょう。

彼あの中にいたスパイが日本の行く末をおかしくしました。バカヒの連中は他国の第五列だと思ってるのが正解だということが歴史の教訓です。
  1. 2017-06-23 20:03
  2. URL
  3. kazk #cPv2SIBE
  4. 編集

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する