2017-06-09 23:01

辻褄が合わない 手塚治虫と在日コリアンの漫画

 手塚治虫が在日朝鮮人を主人公にした漫画を描いていたそうです。

 手塚治虫が描いた「在日」

 ワタシはこれは読んだ事がないので、このリンク先の依るしかないのですが、しかしこれ凄く違和感があるのです。

 ワタシが在特会の会員で、在日コリアンに好意を持っていないと言うのは事実ですが、しかしそもそも話しの辻褄が全然合わないとしか思えないのです。

287

 この主人公は在日コリアンですが、帰化しており、それを隠して日本の大企業の重役になっています。
 
 まずこれが不思議です。
 大企業でなくても、一定規模の会社に就職するには、戸籍謄本を提出を求められます。 特に昔は絶対必要でした。

 戸籍謄本には、帰化した事実が明記されています。(蓮舫は戸籍謄本を公表できないw)
 だから朝鮮人だったことを隠して大企業に就職する事など不可能です。

 それとも彼はシン・ガンスのように日本人の戸籍を乗っ取ったのでしょうか?

304

 またこの主人公は「第二次世界大戦中、日本軍により岐阜県瑞浪の戸狩山に強制連行され、地下壕(ながい窖)を掘らされていた」とのことです。

 つまり日本で生まれ育ったのではなく、朝鮮で生まれほぼ成人してから日本に来たのです。

 こういう人は日本語の発音で独特の朝鮮なまりがあって、簡単に朝鮮人だとわかってしまいます。
 こういう人達が日本人を装うのは絶対不可能です。

316

 今は在日コリアンの一世は殆どが80代以上の高齢者です。 しかしこの漫画が出版された1970年代には、こうした強い朝鮮なまりの発音をする現役世代在日コリアンの一世が大勢いました。

 手塚治虫だってこういう在日一世の人達には、会った事はあるでしょうに。
 
 それなのに手塚治虫は、「朝鮮人であることを完全に隠して、日本の大企業の重役になった」などと言う設定を不自然だと思わなかったのでしょうか?

310

 ストーリーも無茶苦茶です。

 主人公の娘が北朝鮮からの不法入国者の青年と一緒に、トラックにはねられて死んでしまいます。

 しかし警察に身元確認を求められた主人公は自分が朝鮮人であることを知られたくないばかりに、「友人の娘さんです。」と言ってしまいます。

 こ、こんな事で警察を誤魔化せるのでしょうか?
 
 「友人の娘さん」と言えば当然警察はその友人を探しますよね?
 だって人が一人死んでいるのです。
 身元確認をしない訳に行かないでしょう?

 こんな口から出まかせで誤魔化せるわけがないでしょう?

317

 またこれに反発した息子は、父親の反対を押し切って朝鮮学校に行くと言う事になっています。 でも朝鮮学校の授業料って凄い高額なのです。

 息子は一体どこから授業料を工面したのでしょうか?

 こんな風に突っ込んでるときりがないのです。
 
 よくもまあこれだけ荒唐無稽な話しを・・・・・。
 
2017y06m09d_232047630

 ワタシは1954年生まれなので、手塚治虫の鉄腕アトムが初めてテレビ放映された頃、子供としてそれを楽しみました。
 
 鉄腕アトムならどんなに荒唐無稽な話が出てきても構いません。 だって「空想」科学漫画ですから。

 しかし現実の社会を舞台にしているなら、こんなに出鱈目なご都合主義とつぎはぎで「在日コリアンの差別は不当!」と言われても、まずその話の出鱈目振りが目に着いて、ドンドン白けてしまいます。

 でも在日コリアン絡みの話って皆この類です。 言っている事は全く辻褄が合わないのですが、しかしとにかく「差別されてカワイソウ」と言う結論を出すのです。

326

 ワタシが子供の頃は、実際在日コリアンへの露骨な嫌悪や差別がありました。 ワタシはその頃はそれを「酷い」と思っていました。

 そのワタシ自身が在日コリアンへ嫌悪と侮蔑を感じるようになったのは、実は30過ぎてからです。

 ワタシは30過ぎになって難病と診断されて、体調管理の為にも勤務時間の短い学習塾の講師になりました。

 学習塾の講師と言うのは、夜の仕事なので、午前中はひまです。 朝寝をした後、9~10時過ぎぐらいまでノンビリとテレビを見るのが日課になりました。

335

 ところでその時間にNHKを見ると、やたらに在日コリアンに関する特集が多いのです。

 しかし彼等の話は全然辻褄が合わないのです。 一番不可解なのが「強制連行」の話です。

 だって奴隷狩りのように狩られて日本に連れてこられて、差別に苦しむと言いながら何で帰国しないのでしょうか?

 排除の思想でも何でもありません。 だって故郷には大切な家族がいるのです。 自由になれば何が何でも家族の元に帰りたいと思うはずではありませんか?

 しかしNHKの特集はこうした根源的な疑問には一切突っ込まず、辻褄の合わない強制連行の話を繰り返し放映するのです。

350

 一方、非常に不愉快なのは、戦後に不法入国をした連中です。 不法入国は犯罪です。

 ところが彼等はその犯罪行為への反省はなく、「差別された」と日本と日本人を恨むのです。
 
 マルハンの社長などが典型です。
 
 苦労して大学を出たのに朝鮮人だから教師になれなかった。 差別だ!!

 馬鹿!!
 オマエは犯罪者だ!!
 何処の世界に犯罪者を教師にする国があるか?

340

 こういう番組を見ていて、ワタシはだんだん在日コリアンに嫌悪と不信と侮蔑を抱くようになりました。

 因みに呉智英と言う人は手塚治虫の創造姿勢を「すべての価値観への不信」と評したのだそうです。
 
 ワタシは子供の時から、手塚漫画は結構読んでいますが、しかし全然そうは思えません。
 
 だって全ての価値観への不信を持つほど冷徹なら、「強制連行」なんて信用できるわけないでしょう?

402

 ワタシはこの「強制連行」が喧伝されてから、在日コリアンと在日差別されてカワイソウを煽るマスコミを一切信用できなくなったのです。

 だって話しの辻褄が合わないんだもの!!

 朝鮮半島の総人口が2500万人だった時代に、240~840万人もの人間を、奴隷狩りのように狩って、日本へ連行した!!

 そんなことをしながら戦後一切問題になって来なかった!!

 こんな荒唐無稽な話を信じられるわけはないでしょう?

347

 こんな話しを信じたのは、要するにその時代の空気に乗ったからではありませんか?(強制連行の空気

 こういう空気に乗りやすい事が、売れっ子になる理由でもあるのでしょう。 しかしそれはまた「全ての価値観を疑う」どころか、「流行の価値観は何も考えずに信じる」事でもあるのです。

 実際、手塚治虫の漫画って、当時の反体制絶対正義の価値観で貫かれているのです。

 だから彼は大人気だったのではありませんか?

2017y06m09d_231837408

 しかしワタシはへそ曲がりなので、こういう感覚にはついていけませんでした。

 辻褄の合わない事は合わないとしか思えないからです。 でもこれじゃ漫画やアニメを楽しめませんよね?

 ワザワザこんなエントリーをしたのも、とにかくこういう辻褄の合わない話しを見ると気持ちが悪いので、どうしてもその辻褄の合わない事を説明したくなるからです。

 だからワタシは実は漫画もアニメも小学生で卒業しました。
 テレビドラマも好きじゃないです。

 こういう性質は損かもしれませんが・・・・・。
 
  1. 古本
  2. TB(0)
  3. CM(18)

コメント

当時は、手塚治虫に限らず、多くの日本人が彼のような思想だったということだと思います。近年、ネットの普及により真実を知り、右に転向する人が増えましたが、彼らは元々反日左翼だったのではなく、左よりのノンポリでした。だから真実を知ることで転向できたのです。手塚治虫はどうだったのでしょうね。仮に現在の健在だったならば、転向したでしょうか?わかりません。

ところで、よもぎねこさんは皇室に興味はありませんか?保守系ブロガーの間では退位特措法のことが話題になっています。よもぎねこさんは皇室の記事を書いたことがないですよね。
  1. 2017-06-10 05:03
  2. URL
  3. 竹槍 #-
  4. 編集

ある光景

おはようございます。

よもぎねこさんの在日コリアンに対して持っておられるご意見、本当に素直な日本人の感覚だと思います。「正しい」とか「右より」とかではなくごくまっとうに「そこに行き着くしか無い」結論のようにおもうのです。

私はよもぎねこさんより幾分年下ですがほぼ同じ年代です。手塚治虫もリボンの騎士や鉄腕アトムは好きだったけど「ゼロマン」のころからなんだかイヤになりました。

だって理屈っぽいんですもの。。なんだか「漫画だと思ってバカにするな!」という気持ちが見えてくるような気がしたのです。
頭でっかちの作風でしたからこんな作品も書いていたかもしれないなと思います。

子供の頃の在日の人とのエピソードを一つ。

私の両親はジェーン台風で被災し市営住宅に入っていました。
その域外に在日の一家が暮らしていました。
空き地にバラックのような家を立てて豚を飼っていたのです。
おそらく不法占拠のようなものだったんでしょう。
数人の兄妹がおりその長女は気の強いことで小学校で有名でした。

私の父は小学校教員だったこともあって「絶対に朝鮮人だとか言ってはいけない」と厳しく教えられていましたし、教え子である在日の子たちも他の日本人の子どもたちと同様に家に招き、「金さんは勉強がよくできる、賢い子だ」なんてほめておりました。

つまり私の中に差別感情はなくこのことは父にとても感謝しています。

そんなある年のクリスマス。
市営住宅の子供会はクリスマス会をすることになりました。
もちろんその在日一家の子どもたちも参加していました。

たくさんのお菓子をもらった帰り道、私の方をドンと叩いたのはあの気の強い長女です。
「これ返しとく」そういってグリコのキャラメルを差し出しました。
どうやら私が落としたらしいのです。
「うちの兄ちゃんが当たりくじを集めてるから中を開けて見たけどキャラメルは食べてないから!」と言って私に握らせました。
「返したよ!」

ものすごい剣幕で言われて「・・・はい」と返事するのが精一杯でした。


在日コリアンと聞くとこの光景が蘇ります。
もう50年も前のことなのに。。。

朝からくだらない話でごめんなさい!
  1. 2017-06-10 09:29
  2. URL
  3. 鳴子百合 #-
  4. 編集

軍艦島(端島)が世界遺産に登録されて有名になったとたん、韓国から強制連行だ強制労働だのと言い出したのにはすごく違和感が有りました。
端島の住民だった日本人はまだ健在ですし、証言もしています。

おそらく慰安婦の場合と同じ構図で、(慰安婦問題の時の福島瑞穂の様に)日本側から自称人権派の活動家が韓国側に御注進に及んだのでしょう。

ちばてつやさんの「あしたのジョー」やビッグ錠さんの「包丁人味平」は大好きだったんですが、彼らが最近「テロ等準備罪」に反対だと意見を出し、その理由が「表現の自由が失われる」だというのを見て「なんじゃそりゃー」と思いました。
「テロ等準備罪」と「表現の自由」がどうつながるのか聞いてみたいものです。
  1. 2017-06-10 11:20
  2. URL
  3. taigen #-
  4. 編集

Re: タイトルなし

> 当時は、手塚治虫に限らず、多くの日本人が彼のような思想だったということだと思います。近年、ネットの普及により真実を知り、右に転向する人が増えましたが、彼らは元々反日左翼だったのではなく、左よりのノンポリでした。だから真実を知ることで転向できたのです。手塚治虫はどうだったのでしょうね。仮に現在の健在だったならば、転向したでしょうか?わかりません。

 どうでしょうかねえ・・・・・。 あの世代は一番GHQの影響を受けた世代ですから。
>
> ところで、よもぎねこさんは皇室に興味はありませんか?保守系ブロガーの間では退位特措法のことが話題になっています。よもぎねこさんは皇室の記事を書いたことがないですよね。

 興味云々と言う程の知識がないのです。
  1. 2017-06-10 11:35
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

Re: ある光景

> おはようございます。
>
> よもぎねこさんの在日コリアンに対して持っておられるご意見、本当に素直な日本人の感覚だと思います。「正しい」とか「右より」とかではなくごくまっとうに「そこに行き着くしか無い」結論のようにおもうのです。
>
> 私はよもぎねこさんより幾分年下ですがほぼ同じ年代です。手塚治虫もリボンの騎士や鉄腕アトムは好きだったけど「ゼロマン」のころからなんだかイヤになりました。
>
> だって理屈っぽいんですもの。。なんだか「漫画だと思ってバカにするな!」という気持ちが見えてくるような気がしたのです。
> 頭でっかちの作風でしたからこんな作品も書いていたかもしれないなと思います。

 ワタシも手塚治虫の正義感と言うか理念先行は凄く鼻について、今一好きじゃなかったです。

> 子供の頃の在日の人とのエピソードを一つ。
>
> 私の両親はジェーン台風で被災し市営住宅に入っていました。
> その域外に在日の一家が暮らしていました。
> 空き地にバラックのような家を立てて豚を飼っていたのです。
> おそらく不法占拠のようなものだったんでしょう。
> 数人の兄妹がおりその長女は気の強いことで小学校で有名でした。
>
> 私の父は小学校教員だったこともあって「絶対に朝鮮人だとか言ってはいけない」と厳しく教えられていましたし、教え子である在日の子たちも他の日本人の子どもたちと同様に家に招き、「金さんは勉強がよくできる、賢い子だ」なんてほめておりました。
>
> つまり私の中に差別感情はなくこのことは父にとても感謝しています。
>
> そんなある年のクリスマス。
> 市営住宅の子供会はクリスマス会をすることになりました。
> もちろんその在日一家の子どもたちも参加していました。
>
> たくさんのお菓子をもらった帰り道、私の方をドンと叩いたのはあの気の強い長女です。
> 「これ返しとく」そういってグリコのキャラメルを差し出しました。
> どうやら私が落としたらしいのです。
> 「うちの兄ちゃんが当たりくじを集めてるから中を開けて見たけどキャラメルは食べてないから!」と言って私に握らせました。
> 「返したよ!」
>
> ものすごい剣幕で言われて「・・・はい」と返事するのが精一杯でした。
>
>
> 在日コリアンと聞くとこの光景が蘇ります。
> もう50年も前のことなのに。。。
>
> 朝からくだらない話でごめんなさい!

 いいえ、とても興味深い話しでした。 
 
 結局幾らさ別をするなと言われても、こういう事実の積み重ねで嫌われて侮蔑されていくのですよね。

 現実にこういう事を繰り返す人間を好きになったり、尊敬したりできるわけはないのです。
  1. 2017-06-10 11:45
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

Re: タイトルなし

> 軍艦島(端島)が世界遺産に登録されて有名になったとたん、韓国から強制連行だ強制労働だのと言い出したのにはすごく違和感が有りました。
> 端島の住民だった日本人はまだ健在ですし、証言もしています。
>
> おそらく慰安婦の場合と同じ構図で、(慰安婦問題の時の福島瑞穂の様に)日本側から自称人権派の活動家が韓国側に御注進に及んだのでしょう。
>
> ちばてつやさんの「あしたのジョー」やビッグ錠さんの「包丁人味平」は大好きだったんですが、彼らが最近「テロ等準備罪」に反対だと意見を出し、その理由が「表現の自由が失われる」だというのを見て「なんじゃそりゃー」と思いました。
> 「テロ等準備罪」と「表現の自由」がどうつながるのか聞いてみたいものです。

 表現の自由に反対ならヘイトスピーチ規制法にこそ反対するべきなのですけどね。
  1. 2017-06-10 11:48
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

朝鮮人とヤクザ

子供の頃、大人から朝鮮人の悪辣な行為や行動をきかされたり、映画で見たりしていましたが、国内で彼らと仕事をしたときに、仕事上の付き合いでしかないせいなのか、特に意識することはありませんでした。

意識が変わったのは、国外に出て、命令口調の日本語でスリッパをとらせた朝鮮人を見たり、キャディを殴る朝鮮人とか、日本の一万円だと言って一万ウオンを渡して無知な女の子を騙した朝鮮人のことを知ったからでしょうか。

ところで、サンフランシスコ条約が発行する1952年4月28日まで、戦後の日本に治外法権が存在したことはご存知かと思います。進駐軍と三国人に、日本の警察は手出しができず、無力でした。

この時、不逞外国人や朝鮮人の横暴に立ち向かったのが、ヤクザと呼ばれる人々です。稲川組や所謂銀座警察と呼ばれた人たちが、地域に秩序を齎したのは事実です。

いまでは暴力団と一括りにされおり、驚いたことに、野党やマスメディアは、テロ等準備罪反対の主張の中で、テロリストたちをインテリ集団とでも考えているのか、暴力団と一緒にするな、と言っていますが。
  1. 2017-06-10 12:41
  2. URL
  3. chengguang #DibDBv7k
  4. 編集

手塚治虫は、ヒューマニストと呼ばれると怒ったそうです。「くさいんだよ、ヒューマニズムは」「手塚ヒューマニズムと呼ばれると耳をふさぎたくなる」「自分は金が儲かるからヒューマニストのふりをしているだけ」「モラルに塗り固められた善人には反発を感じる」「本音をさらけ出して、ドロドロしたものを描きたい」と言っているのですよね。
つまり手塚治虫にとって、ヒューマニズムは営業上の看板、商売道具に過ぎなかったらしいのです。
漫画家は、売れてなんぼですから、本音を隠して商売上描きたくもないものを編集部からの要請で描かなければならないのは、ジレンマだったでしょう。
本音全開で描けば、世間一般で言われている手塚治虫作品とは別物が読めたかもしれません。

藤子・F・不二雄も、ドラえもんやオバQの作者とは思えない程、暗い話を数多く描いており、そうした話の方が筆が乗ったらしいのです。
自分は暗くて重い話の方が好きですが、明るく楽しい話の方が、商売的には有利なのは事実です。そうした状況で、「商売上描かなければならないもの」と「自分の本音で描きたいもの」が一致しないことへの不満は、漫画家というか、作家や映画監督などが持っているものだと思います。
  1. 2017-06-10 13:11
  2. URL
  3. 名無しの権兵衛 #yxBLcR7c
  4. 編集

大御所のこの手の漫画

厄介なんですよね。
無意識の内に洗脳されてしまう。
「日本人は朝鮮人を差別してきた。」と言うイメージが頭の片隅に残り、朝鮮人に対してしなくていい「配慮」を無意識にしてしまう。
・・・のでは?
こちらを訪問する方々にそんな心配は無用でしょうが。

しかし、ホント突っ込みどころ満載の漫画ですねw

>久はやがて日本人の不良とのケンカ(というよりも凄絶なリンチ)により、半死半生の重態に陥る。

いやいやいやw
朝鮮学校が近くにある高校出身者の話では、朝鮮人の方から理由もなく喧嘩を吹っかけてくる、しかも集団で、なのでやられないように気が抜けなかったと聞きましたw

嗚呼、そう言えば、直木賞受賞作『GO』の中にも日本人高校生の朝鮮学校生に対するあり得ない対応が描かれていた。
電車通学するチマチョゴリ姿の朝鮮学校生に恋をした日本人高校生が告白しようと女の前に行くのだが、照れて中々言い出せない。
(詳細は忘れたが)何故かナイフを取り出して女を脅す?強い自分を誇示する為?兎に角ナイフを出した為怯える女。
(そりゃそうだろう。)
その様子をたまたま目撃した朝鮮人の男子学生(朝鮮学校に通っていたかどうかは忘れた)が、止めに入り弾みで日本人高校生が朝鮮人高校生を殺してしまうというあり得ない展開。

あれ読んだ時も違和感しかなかった。(遠い目)
私の感覚では日本人高校生はそもそもチマチョゴリ着てる女には怖くて逆に近づかない。
差別とかじゃなくて私達世代って、朝鮮人=気性の荒い人。のイメージだったから。
そのイメージを必死に変えたのが2002年W杯後の韓流ゴリ押しから・・・

韓流ゴリ押しとその後のK-POPゴリ押しにウンザリで、やっとゴリ押しが下火になった。やれやれと思っていたら、韓国のTHAAD配備に激怒した習近平が中国から韓流を締め出した為、また日本にゴリ押しし始めてる。

大御所のあり得ない差別ストーリーと言い、捏造韓流ブームと言い、こんな事されて嫌にならない民族なんて存在しないと思う。







  1. 2017-06-10 22:11
  2. URL
  3. 桜咲く #-
  4. 編集

本物か?

手塚治虫は生涯夢を追い続けた漫画家だ。
睡眠時間も削って求めるテーマを描き続けた。
そのような作家が自身の追い求めるテーマではない
ものを書くだろうか。
当時漫画家を目指すもので手塚治虫のタッチを
真似なかった者は殆どいない。
この漫画が手塚治虫の目指すテーマのどこに位置するのか
明らかにしない限りは
手塚治虫風に良く書かれた漫画だが
彼のものではないとしか言いようがない。
漫画の神様であっても、我々凡人であっても
自分が求めるものでないものを作り出すのは難しい。
  1. 2017-06-10 22:44
  2. URL
  3. ちび・むぎ・みみ・はな #-
  4. 編集

Re: 朝鮮人とヤクザ

> 子供の頃、大人から朝鮮人の悪辣な行為や行動をきかされたり、映画で見たりしていましたが、国内で彼らと仕事をしたときに、仕事上の付き合いでしかないせいなのか、特に意識することはありませんでした。
>
> 意識が変わったのは、国外に出て、命令口調の日本語でスリッパをとらせた朝鮮人を見たり、キャディを殴る朝鮮人とか、日本の一万円だと言って一万ウオンを渡して無知な女の子を騙した朝鮮人のことを知ったからでしょうか。
>
> ところで、サンフランシスコ条約が発行する1952年4月28日まで、戦後の日本に治外法権が存在したことはご存知かと思います。進駐軍と三国人に、日本の警察は手出しができず、無力でした。
>
> この時、不逞外国人や朝鮮人の横暴に立ち向かったのが、ヤクザと呼ばれる人々です。稲川組や所謂銀座警察と呼ばれた人たちが、地域に秩序を齎したのは事実です。
>
> いまでは暴力団と一括りにされおり、驚いたことに、野党やマスメディアは、テロ等準備罪反対の主張の中で、テロリストたちをインテリ集団とでも考えているのか、暴力団と一緒にするな、と言っていますが。

 思えば戦中派世代、戦時中に成人していた世代が朝鮮人を嫌うのは、終戦直後の朝鮮人の所業を知っていたからでした。

 ネットで嫌われるようになったのは、2002年のワールドカップでの韓国チームのプレートと、韓国人観客のマナーの悪さが知れてからです。

 結局、差別でも偏見でもなく嫌われる理由があって嫌われているだけ、侮蔑される理由があって侮蔑されているだけなのです。
  1. 2017-06-11 11:25
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

Re: タイトルなし

> 手塚治虫は、ヒューマニストと呼ばれると怒ったそうです。「くさいんだよ、ヒューマニズムは」「手塚ヒューマニズムと呼ばれると耳をふさぎたくなる」「自分は金が儲かるからヒューマニストのふりをしているだけ」「モラルに塗り固められた善人には反発を感じる」「本音をさらけ出して、ドロドロしたものを描きたい」と言っているのですよね。
> つまり手塚治虫にとって、ヒューマニズムは営業上の看板、商売道具に過ぎなかったらしいのです。
> 漫画家は、売れてなんぼですから、本音を隠して商売上描きたくもないものを編集部からの要請で描かなければならないのは、ジレンマだったでしょう。
> 本音全開で描けば、世間一般で言われている手塚治虫作品とは別物が読めたかもしれません。

 なるほどね。 そういう風に腹を括って描いているのなら、あの嘘臭いヒューマニズムになるわけです。
 ワタシはあれどうも鼻についてイヤだだったんですよ。
>
> 藤子・F・不二雄も、ドラえもんやオバQの作者とは思えない程、暗い話を数多く描いており、そうした話の方が筆が乗ったらしいのです。
> 自分は暗くて重い話の方が好きですが、明るく楽しい話の方が、商売的には有利なのは事実です。そうした状況で、「商売上描かなければならないもの」と「自分の本音で描きたいもの」が一致しないことへの不満は、漫画家というか、作家や映画監督などが持っているものだと思います。

 そうれはどんな商売にもあるでしょうね。

  1. 2017-06-11 11:28
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

Re: 大御所のこの手の漫画

> 厄介なんですよね。
> 無意識の内に洗脳されてしまう。
> 「日本人は朝鮮人を差別してきた。」と言うイメージが頭の片隅に残り、朝鮮人に対してしなくていい「配慮」を無意識にしてしまう。
> ・・・のでは?
> こちらを訪問する方々にそんな心配は無用でしょうが。
>
> しかし、ホント突っ込みどころ満載の漫画ですねw
>
> >久はやがて日本人の不良とのケンカ(というよりも凄絶なリンチ)により、半死半生の重態に陥る。
>
> いやいやいやw
> 朝鮮学校が近くにある高校出身者の話では、朝鮮人の方から理由もなく喧嘩を吹っかけてくる、しかも集団で、なのでやられないように気が抜けなかったと聞きましたw
>
> 嗚呼、そう言えば、直木賞受賞作『GO』の中にも日本人高校生の朝鮮学校生に対するあり得ない対応が描かれていた。
> 電車通学するチマチョゴリ姿の朝鮮学校生に恋をした日本人高校生が告白しようと女の前に行くのだが、照れて中々言い出せない。
> (詳細は忘れたが)何故かナイフを取り出して女を脅す?強い自分を誇示する為?兎に角ナイフを出した為怯える女。
> (そりゃそうだろう。)
> その様子をたまたま目撃した朝鮮人の男子学生(朝鮮学校に通っていたかどうかは忘れた)が、止めに入り弾みで日本人高校生が朝鮮人高校生を殺してしまうというあり得ない展開。
>
> あれ読んだ時も違和感しかなかった。(遠い目)
> 私の感覚では日本人高校生はそもそもチマチョゴリ着てる女には怖くて逆に近づかない。
> 差別とかじゃなくて私達世代って、朝鮮人=気性の荒い人。のイメージだったから。
> そのイメージを必死に変えたのが2002年W杯後の韓流ゴリ押しから・・・
>
> 韓流ゴリ押しとその後のK-POPゴリ押しにウンザリで、やっとゴリ押しが下火になった。やれやれと思っていたら、韓国のTHAAD配備に激怒した習近平が中国から韓流を締め出した為、また日本にゴリ押しし始めてる。
>
> 大御所のあり得ない差別ストーリーと言い、捏造韓流ブームと言い、こんな事されて嫌にならない民族なんて存在しないと思う。

 この手の「反差別」の話って、設定が完全に狂っていて、多少事情を知っている人からすれば「??」、全く知らない人が見ても何だか嘘くさく気持ちの悪い話しだけでできているのですよね。

 だから幾らゴリ押ししても結局何の説得力もないのです。

 ワタシも朝鮮学校の暴行の話って知って驚きましたよ。 故三笠宮殿下が朝鮮学校の生徒は学習院の生徒を目の敵にして襲ってきたと言うのです。

 で宮様も襲われそうになったそうです。

 これで朝鮮学校生徒側が一方的に暴力を受けるなんて設定はあり得ないでしょう?
  1. 2017-06-11 11:38
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

Re: 本物か?

> 手塚治虫は生涯夢を追い続けた漫画家だ。
> 睡眠時間も削って求めるテーマを描き続けた。
> そのような作家が自身の追い求めるテーマではない
> ものを書くだろうか。
> 当時漫画家を目指すもので手塚治虫のタッチを
> 真似なかった者は殆どいない。
> この漫画が手塚治虫の目指すテーマのどこに位置するのか
> 明らかにしない限りは
> 手塚治虫風に良く書かれた漫画だが
> 彼のものではないとしか言いようがない。
> 漫画の神様であっても、我々凡人であっても
> 自分が求めるものでないものを作り出すのは難しい。

 少なくとも虫プロダクションから出ている漫画です。

 因みに手塚治虫の漫画って理念から言えば、60~70年代の主流となった反戦平和・反体制絶対正義しかないですよ。
  1. 2017-06-11 11:41
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

中国語と平行して朝鮮語の勉強も始めました。
朝鮮語のテキストは3冊ほど買いましたが、全部まとめて500円以内で済みました。
韓流マダムたちが挫折して手放したのか、中古でCD付き教材が格安で出回っているからです。
しかし、勉強は途中でストップしました。
中国語は台湾人との交流に役立つので有用ですが、朝鮮語を学んだところで世界的に見て話者は半島人しかおらず、
毎日毎日、半島とその仲間たちが起こす事件が学習意欲を削ぐのです。
軽蔑する民族の言語を学ぶのはモチベーションの維持が難しいのです。
  1. 2017-06-11 12:04
  2. URL
  3. Spring-moto #-
  4. 編集

Re: タイトルなし

> 中国語と平行して朝鮮語の勉強も始めました。
> 朝鮮語のテキストは3冊ほど買いましたが、全部まとめて500円以内で済みました。
> 韓流マダムたちが挫折して手放したのか、中古でCD付き教材が格安で出回っているからです。
> しかし、勉強は途中でストップしました。
> 中国語は台湾人との交流に役立つので有用ですが、朝鮮語を学んだところで世界的に見て話者は半島人しかおらず、
> 毎日毎日、半島とその仲間たちが起こす事件が学習意欲を削ぐのです。
> 軽蔑する民族の言語を学ぶのはモチベーションの維持が難しいのです。

 そうでしょうね。 それに言葉を学んでもその言葉で楽しめる文学や映画などが余りに貧弱では、言葉を学ぶ事も苦行にしかなりません。
  1. 2017-06-11 12:58
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

みんなもう憶えていないかねえ。

手塚治虫氏は、かつてよく赤旗に寄稿し選挙の時などはその支援を隠さなかったかなり強固な共産党の支持者です。昔から党員だったのではないかということは噂されていました。氏のその業績に比べて国が報いていないのもそれが影響してるのだと言われています。(例えば国民栄誉賞)

この問題も共産党的価値観とでも見れば簡単です。もちろん手塚が生きていた頃は今のように韓国との中は良かったわけではありませんがそこは北というものがあります。反政府的価値観というものは共産党にとっては有り難いものでそのあたりはほいほいと書いたんだろうと思います。もちろんガチガチの主義者というものならばブッダなどは書かないでしょうから、そういうものだったと言うつもりはありませんが、仕事と割り切れば結構いろんなことやった人です。

そのあたりを考えると逆に抵抗はなかったでしょう。そしてこの漫画は1970年ですから手塚が相当油の乗ってる頃で、相当な連載を抱えていた頃です。真面目な考証とか何とかやっていなかったことは確実です。後このマンガで北をよく書きすぎといいますが1971年から73年位の時期というのは国連の一人あたりのGDP推定でも北のほうが良かったくらいに時期です。1970年は小生が小6の頃ですが、組合の活動家が小5の担任でしたがその時は韓国の悲惨な状況をということで「ユンボギの日記」なんて本を読んでくれたものです。その話がそう大きな違和感がなかった頃と考えていいわけです。そう考えるとやったことも大きな枠の中ではありうるかなと思います。

東京が都知事に美濃部亮吉がなったのは1967年、これが12年間くらい続きます。因みに共産党の衆院の議席数は1979年の39が最高ですが、まあそういう時代だったということです。もう40年くらい前の時代ですがいわゆる「団塊」が社会の20代から30代くらいの一番のボリューム層を占めていた時期です。小生は日本社会が確実に変質した時期と思ってますが、その影響は2世代60年くらい続くはずです。

日本が浮ついていた変な時代だったという気分です。最近70年代に殺人を犯した中核派の活動家が逮捕された、というニュースが有りましたが団塊馬鹿の中にはあれを擁護するという連中がいまだにいます。いかに馬鹿な時代だったかがわかると思います。1970年ころくらいはマスゴミの反政府姿勢なんて今のようなものではない、もっと露骨なものでした。ところが当時社会の中堅以上を担ってた世代は戦前の本質を知る連中だったので特に大きな問題は生じませんでした。ところが団塊馬鹿どもがこれを担う時期になってまた馬鹿を始めてるというのが小生の感想です。ところが社会の高度情報化が間に合い、社会のボリューム層がマスゴミを信じなくなりました。マスゴミが力を持てない時代が来たことで瓦解が始まったということです。

いずれにしろ当時の空気を知ればフーンという程度の感想でしかありません。札幌の空気と当時の東京の空気はそれなりに違ったものだったと思います。70年代と80年代の20年ていうのは政治的には何の意味もなかった時代だなあと思います。韓国はこの20年間に経済のテイクオフに成功しました。冷戦構造を考えると致し方なかったかとも思いますが馬鹿なことやってしまったなあという反省はあっていいかもしれません。


  1. 2017-06-11 18:08
  2. URL
  3. kazk #cPv2SIBE
  4. 編集

Re: タイトルなし

> みんなもう憶えていないかねえ。
>
> 手塚治虫氏は、かつてよく赤旗に寄稿し選挙の時などはその支援を隠さなかったかなり強固な共産党の支持者です。昔から党員だったのではないかということは噂されていました。氏のその業績に比べて国が報いていないのもそれが影響してるのだと言われています。(例えば国民栄誉賞)
>
> この問題も共産党的価値観とでも見れば簡単です。もちろん手塚が生きていた頃は今のように韓国との中は良かったわけではありませんがそこは北というものがあります。反政府的価値観というものは共産党にとっては有り難いものでそのあたりはほいほいと書いたんだろうと思います。もちろんガチガチの主義者というものならばブッダなどは書かないでしょうから、そういうものだったと言うつもりはありませんが、仕事と割り切れば結構いろんなことやった人です。
>
> そのあたりを考えると逆に抵抗はなかったでしょう。そしてこの漫画は1970年ですから手塚が相当油の乗ってる頃で、相当な連載を抱えていた頃です。真面目な考証とか何とかやっていなかったことは確実です。後このマンガで北をよく書きすぎといいますが1971年から73年位の時期というのは国連の一人あたりのGDP推定でも北のほうが良かったくらいに時期です。1970年は小生が小6の頃ですが、組合の活動家が小5の担任でしたがその時は韓国の悲惨な状況をということで「ユンボギの日記」なんて本を読んでくれたものです。その話がそう大きな違和感がなかった頃と考えていいわけです。そう考えるとやったことも大きな枠の中ではありうるかなと思います。
>
> 東京が都知事に美濃部亮吉がなったのは1967年、これが12年間くらい続きます。因みに共産党の衆院の議席数は1979年の39が最高ですが、まあそういう時代だったということです。もう40年くらい前の時代ですがいわゆる「団塊」が社会の20代から30代くらいの一番のボリューム層を占めていた時期です。小生は日本社会が確実に変質した時期と思ってますが、その影響は2世代60年くらい続くはずです。
>
> 日本が浮ついていた変な時代だったという気分です。最近70年代に殺人を犯した中核派の活動家が逮捕された、というニュースが有りましたが団塊馬鹿の中にはあれを擁護するという連中がいまだにいます。いかに馬鹿な時代だったかがわかると思います。1970年ころくらいはマスゴミの反政府姿勢なんて今のようなものではない、もっと露骨なものでした。ところが当時社会の中堅以上を担ってた世代は戦前の本質を知る連中だったので特に大きな問題は生じませんでした。ところが団塊馬鹿どもがこれを担う時期になってまた馬鹿を始めてるというのが小生の感想です。ところが社会の高度情報化が間に合い、社会のボリューム層がマスゴミを信じなくなりました。マスゴミが力を持てない時代が来たことで瓦解が始まったということです。
>
> いずれにしろ当時の空気を知ればフーンという程度の感想でしかありません。札幌の空気と当時の東京の空気はそれなりに違ったものだったと思います。70年代と80年代の20年ていうのは政治的には何の意味もなかった時代だなあと思います。韓国はこの20年間に経済のテイクオフに成功しました。冷戦構造を考えると致し方なかったかとも思いますが馬鹿なことやってしまったなあという反省はあっていいかもしれません。

 70年代の空気を思い出せば、共産党員であっても、何の問題もなかったし、反体制は絶対正義でした。

 ワタシの記憶では手塚治虫って当にこの空気を代表する漫画家でした。
 漫画家の中にはホントに純然たるノンポリの人達も少なくなかったし、戦争漫画を描いていた人も多いのですが、手塚治虫は戦争漫画なんて描いていませんしね。

 70年代って先進国にとっては大変良い時代で、欧米でも「貧者の贈り物」と言われた途上国から貿易黒字が極大化しており、高福祉社会を楽しんでいた時代です。

 そういう時代だと逆に人間は、恵まれた状況に有難味を感じるよりも、更なる要求に駆られて不満を感じるのでしょう。
  1. 2017-06-12 09:58
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する