2017-06-06 12:19

テロの原因は思想 イスラム

 先日のロンドンのテロに関するメイ首相の演説について、池内恵がface bookで非常に意味深長な事を書いていました。

 現実に向き合わされる時。

 6月3日土曜日夜のロンドン橋テロを受けて、翌朝のメイ首相の演説の全文。

グローバル・ジハードのメカニズムを簡潔に明確に述べている。

マンチェスターの事件とも、相互のつながりはない。犯人たちは同じイデオロギーを信じており、模倣して事件を起こす。

「この思想が実践されればこうなりますよ」ということを研究してきたんだが、ここまで現実になるとともに、それが誰の目にも明らかにされてしまうと、不思議な気分である。

 

 そしてこれにフォーサイトに寄稿した記事を読むとこの意味がわかります。


 ロンドン橋テロに対するメイ首相の演説:グローバル・ジハードは組織ではなく思想


151


 メイ首相は6月3日のロンドンのテロについて翌朝の演説で、この6月3日のテロも含む一連のテロがそれぞれ全く関連のない個人により起こされた物である事、そしてそういう個人をテロへと追い込むのは「イデオロギー」であると認めたのです。


 さらにメイ首相はこの「イデオロギー」は、イギリスの価値観とは相いれない物であると言っているのです。


 ではその「イデオロギー」とは?

 

 勿論イスラム教です。


155

 

 池内恵はイスラム研究者として、イスラム教の教理や歴史から、現在起きているテロの原因はイスラム教の教理そのモノであると、前々から言ってきたのです。


 ところがこれは「政治的正しさ」に反するとして絶対に受け入れなかったのです。

 

 しかし頻発する個人テロによって、もう組織を追う事でテロを防止するのは不可能と考えざるを得なくなったのです。

 

 そしてテロリスト達に共通するのは「イデオロギー」だけと認めるしかなくなったのです。


 だからメイ首相も遂に、「政治的正しさ」を捨てて、テロの原因は思想=イスラムと認めざるを得なくなったのです。


156


 エッ?


 何を今更!!

 だってテロリスト達は、テロをやる度にイスラムの為のジハードであると宣言しているじゃない。

 

 これじゃ、別に東大のイスラム研究者でなくても、テロリスト達がイスラム教によってテロをやったとわかるよ。


 だから欧米の庶民で、イスラム教なんか殆ど知らない人でも、イスラム教によるテロだと思っている人は沢山いるでしょう。


161


 でもね、今まで欧米では絶対のこれを言ってはいけなかったのです。


 これには勿論、池内恵がこの記事で述べているような理由もあります。


>従来は、この「思想のみによって」テロが引き起こされうるということについて、警察当局は懐疑的であったように思われる。もしそのような実態を認識していても、そう認めてしまうと、指揮命令系統や資金、武器の供与など、組織のつながりを突き止めることで責任主体を明らかにする近代的な法執行機関の手段を奪われてしまいかねない。しかし存在しない組織を追いかけていれば、捜査のリソースも無駄になり、事件を防げず、解明も滞る。


 そうですね。

 そもそも今まではテロが起きるのは、アルカイダとかISのような過激派組織があるからだと言って、その組織を潰す事でテロを亡くそうとしてきたのです。


 でも組織に属さない、個人テロの頻発で、組織潰しでのテロ撲滅は不可能だと認めざるを得なくなったのです。


169


 しかしもっと深刻な理由があります。

 

 テロの原因が「イデオロギー=イスラム教」と言う事になると、全てのイスラム教徒及びイスラム諸国を潜在的な敵と宣言する事になってしまうのです。


 一方、イギリス始め欧州諸国は、戦後大量のイスラム移民を受け入れました。

 

 受け入れた以上は欧州原住民は、何とか彼等と折り合って行かなくてはならないのです。


170

 

 だからこの移民受け入れの決断をした欧州諸国の支配層は、多文化共存とか多様な価値観を認めろとか寛容とか言う言葉を駆使して、被支配層を指導し、イスラム移民と融合させようとしてきたのです。


 彼等としては自分達がこのような美しい理念を掲げて努力する以上、イスラム移民側もこれに感激して、欧州式の価値観を受け入れ、欧州社会に同化していくだろうと信じていたのです。


 だからイスラム教徒によるテロが起きても、絶対にイスラム教が悪いとは言わず「差別をするからテロが起きる」とか、「少数のテロリストがいるからと言って、イスラム教徒全てを危険視するような事があってはならない」と言い続けたのです。


 そうやって必死に現実を見ない・見せない努力をしてきたのです。


175


 アタシが悪いの。

 アタシが我慢すれば、あの人だってわかってくれる。 

 アタシが努力すれば、あの人も変わってくれる。


 まるで暴力亭主の暴行に苦しみながら、しかし離婚して自立する根性のない妻のような対応で、イスラム移民と折り合おうとし続けたのです。


 つまりこれが「政治的正しさ」の本質なのです。


 そしてその為にこそ、イギリス政府はこれまでイスラム教の持つこうした問題を指摘する人々を「イスラムフォビア」とか「レイシスト」とか「ヘイトスピーチ」とかレッテルを貼って弾圧してきたのです。


184

 

 しかしテロの頻発で遂に「現実に向き合わされる時。」が来てしまったのです。


 そこでメイ首相はこの現実を認め、非常に婉曲な表現ではありますが、テロはイスラム教が本質的に持つ問題であること、そしてこれはイギリスの価値観とは相いれないと宣言せざるを得なくなたったのです。


 けれどもこれはこれで大変な問題を起こします。


 だってこれはつまり、イスラム教は、イギリスの価値観とは相いれない。 イスラム教徒は潜在的にテロリストであり、イギリスの敵であると、宣言したのと同じですから。


186


 ナスタチウムさんが上手く表現していらっしゃいます。


過激なイスラム教徒は、自分でテロをしたいと思っている。

穏健なイスラム教徒は、過激なイスラム教徒がテロをしてくれたらいいと思っている。


 ぶっちゃけその通り!!

 

 でもそれ言っちゃおしめいよ。


 これを言ってしまったら、今後国内に大量に抱え込んだイスラム移民とどう折り合って行けば良いのでしょうか?


2017y06m06d_122557677


 これを認めてしまうと、イスラム教徒側が変わってくれない限り、イギリス原住民と折り合う事は不可能だと認めた事になるのです。


 しかもイスラム教徒側に変わる意思がないのは、今までの経過で明らかです。


 こうなるとこれはそのまま、イスラム教への宣戦布告になってしまいます。


2017y06m06d_122635013


 イヤ、本当はイギリス側から戦争を仕掛けたわけではないのですよ。


 だってイスラム教とキリスト教はイスラム教が成立した7世紀からずうっと宗教戦争状態だったのです。

 

 そして19世紀末にイスラム世界の殆どがキリスト教側の植民地として征服支配される状態になったのです。


 ここでキリスト教側は自分達の勝利で宗教戦争は終わったと思ったのです。


2017y06m06d_123945211


 でもイスラム側はそうは思っていなかったのです。

 彼等はレパントの海戦の頃と全く変わらない意識で、宗教戦争を続けていたのです。


 そして植民地にされたイスラム諸国が独立して力を付ける一方、キリスト教側の国々の国力が衰亡し始めたから、攻勢に出ようとしているのです。


 で、漸くキリスト教側が事態に気付いて、防戦を宣言しただけなのです。


 けれども侵略者に防戦を宣言したのですから、これ即ち戦争なのです。


2017y06m06d_124116746 

 結局欧州は自分達が侵略者を歓迎した挙句、防衛戦争を戦う事になってしまったのです。


 移民を受け入れると、こういう事になるのですね。


 日本としてこうした状況を冷静に見て、この宗教戦争に巻き込まれない事。

 

 そして日本が欧州の轍を踏まないようにしていくしかありません。


 

  1. イスラム
  2. TB(0)
  3. CM(19)

コメント

注意深く

メイ首相は注意深く「イスラム過激思想」と表現している.
イスラム教が本質であるとするなら, キリスト教もその
聖典の重要部分を放棄しなければならないだろう.
  1. 2017-06-06 12:53
  2. URL
  3. ちび・むぎ・みみ・はな #-
  4. 編集

Re: 注意深く

> メイ首相は注意深く「イスラム過激思想」と表現している.
> イスラム教が本質であるとするなら, キリスト教もその
> 聖典の重要部分を放棄しなければならないだろう.

 違います。

 イスラム教ではイスラム教のキリスト教やユダヤ教徒に対する優越、多神教徒の殺害奨励などが、コーランに明記されています。
 
 イスラム教は教祖ムハンマドが、自身で軍隊を率いてメッカを征服したところから始まった宗教なので、こうした異教徒への征服支配が教理=神の言葉として明文化されているのです。

 しかしキリスト教の聖書では、こうした異教徒への制服戦争など明文化されていません。
 教祖キリストが刑死したぐらいですから、キリスト教は成立後300年余、政治的な力は持たなかったのです。

 だからキリスト教では「カエサルの物はカエサルに」とつまり皇帝権力と宗教の領域を峻別する理念もまたあったのです。 

 十字軍などは純然たるその時の法皇始め当時の宗教者が持っていた理念であって、キリスト教の理念とは別と考える事が可能なのです。
 
 しかしイスラムにはそれがありません。 だからイスラム教を信仰する限りジハードが着いてくるのです。
  1. 2017-06-06 13:56
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

日本も既に同じ轍踏んでます

過激なイスラム教徒と穏健派イスラムを韓国人と言い換えれば、そのまま日本で起きていることに該当します。
過去、様々な犯罪が日本でもみ消されてきたことも。

元在日朝鮮人氏のブログで、慰安婦問題が真っ赤な嘘だと知っている韓国の年配者が、「それで日本を悪者にできるなら結構なことだ」と言ったという記事がありました。

身近にも、善良に暮らし多文化共生などと言いながら、その身内が反日活動してるのを隠している在日がいたり・・

改めてそういう信用できない集団に選挙権など、絶対付与してはならないと思います。
  1. 2017-06-06 16:44
  2. URL
  3. あおねこ #-
  4. 編集

かわいそうな人が善人とはかぎらない

>そして19世紀末にイスラム世界の殆どがキリスト教側の植民地として征服支配される状態になったのです。ここでキリスト教側は自分達の勝利で宗教戦争は終わったと思ったのです。
>そして植民地にされたイスラム諸国が独立して力を付ける一方、キリスト教側の国々の国力が衰亡し始めたから、攻勢に出ようとしているのです。

これ、日本に対する中国や韓国の態度と同じですね。日本が圧倒的な力の差を持っていた頃は、笑顔で「友好、友好」と言ってたのに、自分たちに力がついてきたら牙を剥いたのとそっくりです。
自分たちは道徳的に優れているので、劣っている者に対しては何をしてもよいと、本気で思っているのでしょう。
  1. 2017-06-06 19:26
  2. URL
  3. かんぱち #vF6NeGQU
  4. 編集

池田恵でなくて池内恵ですね。
  1. 2017-06-06 22:46
  2. URL
  3. noname #-
  4. 編集

つまらないことですが

池田恵さんではなく、池内恵さんですね。

冒頭で池田恵と書かれた後、一度は池内恵と正しく書いておられるのに、再び池田恵が登場していますよ。
  1. 2017-06-07 01:06
  2. URL
  3. #-
  4. 編集

先日、サッカーで乱闘騒ぎがあったが、テレビでは張本氏が「日本人も挑発したから悪い」と言っていた。
ロンドンイスラム
市長は「怖がるな」と言ったそうだが、つまり彼らの言い分は暴力を振るわれたオマイラが悪い、ということだ。
皆さまおっしゃる通り、日本もイギリスと同じ立場にあるが、問題は背景にある人権とか平等とかのイデオロギーでないか。
つまり、西欧文明側のポリティカルコレクトなんたらがもう一つの敵だ。
自身の中に敵が居て、そこにイスラムが付け込んできている。
トロイの木馬作戦みたいなもので、木馬を引き入れた味方が本当の敵かもしれない。
面白いことに、イスラムと同じように、このポリコレ軍団も国際的に広がっており、かつ組織的にみえるが、よくわからない。
日本もイギリスも内と外に敵がいるのだから、こりゃ負けそうだが、どっかでちゃぶ台返しみたいなことが起きるんじゃないか。
ま、分かりませんが、とりあえず、メイさんには頑張ってほしいですね。


  1. 2017-06-07 06:21
  2. URL
  3. ごじた #LkZag.iM
  4. 編集

 メイ首相の演説は、イスラム教の教義の中にある過激思想がテロの原因であり、英国は今まで寛容過ぎたと認めて、その上で我々は真の「統一された」王国でなければならないと語りかけるという、この難しい問題の本質に正面から向き合う素晴らしい内容でした。ポリコレ至上主義者たちが、安倍さんやトランプさんほどではないですが、メイ首相を攻撃している理由が良く分ります。本当に彼らにとって都合の悪い首相なのだと思います。

 英国はメイ首相のもとで粛々と闘うでしょうが、ドイツなど他の欧州諸国はまだ政治家が問題を直視していない状態ですから、国民は空想的な多文化共生を続けるしかないですね。どうも我が国のマスコミが偏向している以上にドイツのマスコミは酷い状態みたいで、ここが変わらないと世論形成が上手くいかないと思います。なにしろ、SNSについての監視体制が、ホロコーストを根拠にますます厳しくなっていてほぼ監視社会になっていて気の毒な位です。

 池内さんも書いておられますが、問題を認識してもイスラム教の過激思想に対する有効な策がいまある訳ではないようです。これからこの宗教戦争は、前からよぼぎねこさんが仰るように長く続いてしまうのでしょうね。

 しかもいまは、フィリピンにまでISの活動が拡がり大変な問題になっています。東南アジアはイスラム教徒が多いですから、これからはアジアにもテロが起きるでしょうから、各国で連携して取り締まりをして頂きたいと思います。だから、野党はテロ等準備罪を廃案にしようなんて、だれに頼まれているのかと色々と疑念が湧いてきます。本当にいい加減にして欲しいです。
  1. 2017-06-07 07:48
  2. URL
  3. 都民です。 #-
  4. 編集

Re: 日本も既に同じ轍踏んでます

> 過激なイスラム教徒と穏健派イスラムを韓国人と言い換えれば、そのまま日本で起きていることに該当します。
> 過去、様々な犯罪が日本でもみ消されてきたことも。
>
> 元在日朝鮮人氏のブログで、慰安婦問題が真っ赤な嘘だと知っている韓国の年配者が、「それで日本を悪者にできるなら結構なことだ」と言ったという記事がありました。
>
> 身近にも、善良に暮らし多文化共生などと言いながら、その身内が反日活動してるのを隠している在日がいたり・・
>
> 改めてそういう信用できない集団に選挙権など、絶対付与してはならないと思います。

 在日コリアンとイスラム移民でわかるのは、難民や移民を受け入れても、感謝されない、それどころか恨まれ憎まれると言う事ですね。

 出身国より遥かに豊で安全で自由な生活を保障しても、延々と恨み言を言い続ける移民や難民がいるのです。
 
 ワタシは結局こうした移民や難民は文明社会に適応できない人々だと思うのです。
  1. 2017-06-07 11:03
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

Re: かわいそうな人が善人とはかぎらない

> >そして19世紀末にイスラム世界の殆どがキリスト教側の植民地として征服支配される状態になったのです。ここでキリスト教側は自分達の勝利で宗教戦争は終わったと思ったのです。
> >そして植民地にされたイスラム諸国が独立して力を付ける一方、キリスト教側の国々の国力が衰亡し始めたから、攻勢に出ようとしているのです。
>
> これ、日本に対する中国や韓国の態度と同じですね。日本が圧倒的な力の差を持っていた頃は、笑顔で「友好、友好」と言ってたのに、自分たちに力がついてきたら牙を剥いたのとそっくりです。
> 自分たちは道徳的に優れているので、劣っている者に対しては何をしてもよいと、本気で思っているのでしょう。

 そうです。
 本気で思っているのです。

 尤も相手の本心を見抜かず、自分の善行に酔っている方だって悪いのです。
 
 国際社会では馬鹿は悪と同義でしょう?


  1. 2017-06-07 11:35
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

メイ首相はとってもおしゃれでなおかつTPOも外さないファッションは女性のリーダーとしての良いお手本だと思います。
男性と同等以上の職責を担いながらもおしゃれをすることは彼女にとって一種の息抜きになっているのかもしれませんね。

しかし首にかかるあのおもたげな鎖!トレンドではあっても彼女の今の立場を表しているようで残酷な印象です。。

メイ首相はついに誰もが思っていても口に出来なかったことを表明したのですね。
私はこのことが非常に後世重大な意味をもってくるのではないかとおもいます。国家を預かる最高責任者として彼女は欧州のなかで一歩先に出たのだということです。
非常に覚悟のいることです。
腰抜けマクロンにはとてもできないことでしょう。

アングロサクソンだって「外から来た人々」ですがそれだけに「わが王国」を守るためには女王陛下の元団結することができるかもしれないですね。

男が踏み出せない一歩を敢然と超えなおかつ美しさにもこだわる彼女こそフェミニストが目指すべきところだと思います。(だからこそアホフェミのバカバカしさが一層際立つともいえるでしょうけど)

なんかほめすぎちゃったかしら。。
  1. 2017-06-07 11:36
  2. URL
  3. 鳴子百合 #-
  4. 編集

Re: タイトルなし

> 池田恵でなくて池内恵ですね。

 すみません。 訂正します。
 ご指摘ありがとうございました。
  1. 2017-06-07 11:36
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

Re: つまらないことですが

> 池田恵さんではなく、池内恵さんですね。
>
> 冒頭で池田恵と書かれた後、一度は池内恵と正しく書いておられるのに、再び池田恵が登場していますよ。

 すみません、訂正します。

 何で間違えちゃったのか自分でもわかりません。 池内さんの話しはこれまでも何度も書いているのに・・・・・。

  1. 2017-06-07 11:40
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

Re: タイトルなし

> 先日、サッカーで乱闘騒ぎがあったが、テレビでは張本氏が「日本人も挑発したから悪い」と言っていた。
> ロンドンイスラム
> 市長は「怖がるな」と言ったそうだが、つまり彼らの言い分は暴力を振るわれたオマイラが悪い、ということだ。

 そうなんですよね。
 朝鮮人もイスラムも絶対自分達が反省する事はないのですよね。 

 そして怖ろしく暴力的なのです。

> 皆さまおっしゃる通り、日本もイギリスと同じ立場にあるが、問題は背景にある人権とか平等とかのイデオロギーでないか。
> つまり、西欧文明側のポリティカルコレクトなんたらがもう一つの敵だ。
> 自身の中に敵が居て、そこにイスラムが付け込んできている。
> トロイの木馬作戦みたいなもので、木馬を引き入れた味方が本当の敵かもしれない。
> 面白いことに、イスラムと同じように、このポリコレ軍団も国際的に広がっており、かつ組織的にみえるが、よくわからない。
> 日本もイギリスも内と外に敵がいるのだから、こりゃ負けそうだが、どっかでちゃぶ台返しみたいなことが起きるんじゃないか。
> ま、分かりませんが、とりあえず、メイさんには頑張ってほしいですね。

 ワタシはこのポリコレ軍団は、共産主義者だと思っています。

 ポリコレはあらゆる差別に反対するのですが、しかしあらゆる差別を許さない思想と言うのはつまり共産主義だけなのです。
 伝統宗教はイスラムも含めて女性差別等、昔からの差別がありますから。

 共産主義は経済的平等を追及して暴力革命を起こして、破綻しました。

 しかし彼等は今も諦めず、経済的平等の代わりに人種平等とか男女平等とかを煽って、まだ革命を続ける気なのでしょう。

 そしてその為に大量の移民を入れて国内に分化衝突を作り、国内をカオス状態にして、全ての文化を破壊して、共産主義政権を作る気だと思うのです。
  1. 2017-06-07 11:47
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

Re: タイトルなし

>  メイ首相の演説は、イスラム教の教義の中にある過激思想がテロの原因であり、英国は今まで寛容過ぎたと認めて、その上で我々は真の「統一された」王国でなければならないと語りかけるという、この難しい問題の本質に正面から向き合う素晴らしい内容でした。ポリコレ至上主義者たちが、安倍さんやトランプさんほどではないですが、メイ首相を攻撃している理由が良く分ります。本当に彼らにとって都合の悪い首相なのだと思います。

 なるほど。
 こうなるとホントにこれまでのポリコレ路線の大転換ですね。
>
>  英国はメイ首相のもとで粛々と闘うでしょうが、ドイツなど他の欧州諸国はまだ政治家が問題を直視していない状態ですから、国民は空想的な多文化共生を続けるしかないですね。どうも我が国のマスコミが偏向している以上にドイツのマスコミは酷い状態みたいで、ここが変わらないと世論形成が上手くいかないと思います。なにしろ、SNSについての監視体制が、ホロコーストを根拠にますます厳しくなっていてほぼ監視社会になっていて気の毒な位です。

 欧州は難しです。 だってEUである限り、ヨーロッパ内の国々の文化衝突があります。
 だから単純にポリコレを止めると、ヨーロッパ諸国間の差別が表出する可能性が高いのです。
>
>  池内さんも書いておられますが、問題を認識してもイスラム教の過激思想に対する有効な策がいまある訳ではないようです。これからこの宗教戦争は、前からよぼぎねこさんが仰るように長く続いてしまうのでしょうね。
 
 宗教意識のようなモノは簡単に変わるわけではないので、最低でも百年単位の変化と言う事になります。
 だから今後どれだけ混乱が続くか、非常に恐ろしいです。

>  しかもいまは、フィリピンにまでISの活動が拡がり大変な問題になっています。東南アジアはイスラム教徒が多いですから、これからはアジアにもテロが起きるでしょうから、各国で連携して取り締まりをして頂きたいと思います。だから、野党はテロ等準備罪を廃案にしようなんて、だれに頼まれているのかと色々と疑念が湧いてきます。本当にいい加減にして欲しいです。

 ホントに野党のやっている事は殆ど狂気です。
  1. 2017-06-07 11:55
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

Re: タイトルなし

> メイ首相はとってもおしゃれでなおかつTPOも外さないファッションは女性のリーダーとしての良いお手本だと思います。
> 男性と同等以上の職責を担いながらもおしゃれをすることは彼女にとって一種の息抜きになっているのかもしれませんね。
>
> しかし首にかかるあのおもたげな鎖!トレンドではあっても彼女の今の立場を表しているようで残酷な印象です。。
>
> メイ首相はついに誰もが思っていても口に出来なかったことを表明したのですね。
> 私はこのことが非常に後世重大な意味をもってくるのではないかとおもいます。国家を預かる最高責任者として彼女は欧州のなかで一歩先に出たのだということです。
> 非常に覚悟のいることです。
> 腰抜けマクロンにはとてもできないことでしょう。

 ある意味こういう事をやるのが女の度胸でしょう。
 サッチャー首相もそうですが、このメイさんも度胸があるのですよね。

> アングロサクソンだって「外から来た人々」ですがそれだけに「わが王国」を守るためには女王陛下の元団結することができるかもしれないですね。
>
> 男が踏み出せない一歩を敢然と超えなおかつ美しさにもこだわる彼女こそフェミニストが目指すべきところだと思います。(だからこそアホフェミのバカバカしさが一層際立つともいえるでしょうけど)
>
> なんかほめすぎちゃったかしら。。

 イエイエ、ワタシもそう思います。
  1. 2017-06-07 11:57
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

自国の価値観を守る=国を守る

>英国は今まで寛容過ぎたと認めて、その上で我々は真の「統一された」王国でなければならない

メイ首相は、このままではイギリスという連合王国が、文字どおり「解体される」という危機感を持っているのかもしれません。
労働党のブレア政権時代に「イギリスを連邦国家にするのか?」というくらい地方分権を進めたために、スコットランドが独立しそうになっちゃいましたからね。ブレア政権の政策を調べると、日本の民主党政権も真っ青になるくらいの売国政策、イギリス解体政策をやってるんですよ。

国民投票でEU離脱が決まった時も、離脱反対派が多かったスコットランドでは「イギリスから独立して、スコットランドだけでEUに加盟しよう」という動きがありました。
アイルランド・南欧・東欧などの小国が、EUに加盟することで実力以上の経済力を持てたことがあったので、まだまだ幻想を抱いてしまう人がいるのでしょう。

メイ首相の立派なところは、もともとは彼女もEU離脱反対派だったのに、国民投票で離脱が決まったら、イギリスのためにEUと喧嘩する覚悟を決めたことですね。
すでに大陸ヨーロッパ諸国は、イギリスを「EUを抜けようとすると、こんな酷い目に遭うんだよ」という見せしめにしようと、嫌がらせを始めているし、イギリス国内にも「もう一度、国民投票をやってくれれば、今度こそは離脱反対派が勝つのに。」という声があるようです。

しかし、保守政治家のメイ首相としては、イギリスがEUに屈服したように見えるような事は、絶対にしないということでしょう。
  1. 2017-06-07 22:12
  2. URL
  3. かんぱち #vF6NeGQU
  4. 編集

テロリスト大坂正明の老後

大坂正明容疑者(67)の思想って何でしょうね。
3.11以後のネットでの膨大で系統的な放射能のデマを視てましたが、決して片手間では無い職業の様に手間暇をかけた作品が多かったのですけど、この様な人間が24時間365日専従でやっていたのでしょうね、それなら納得がいきます。
大坂政明は病気にでもなったから捕まって警察病院で看護を受けて安泰な老後を過ごしたいのでしょうね、年金国保無いだろしね。
重信房子もガンになって日本に帰って老後保障、日本で手厚い看護治療を受けてるのだよね。
公園とか河原でブルーシートで包まって震えて死ぬホームレスの方が予ほど気骨があるよ、恥をしれ重信房子、大坂政明。
  1. 2017-06-08 07:24
  2. URL
  3. トラウマ #RWLNmTs6
  4. 編集

Re: テロリスト大坂正明の老後

> 大坂正明容疑者(67)の思想って何でしょうね。
> 3.11以後のネットでの膨大で系統的な放射能のデマを視てましたが、決して片手間では無い職業の様に手間暇をかけた作品が多かったのですけど、この様な人間が24時間365日専従でやっていたのでしょうね、それなら納得がいきます。
> 大坂政明は病気にでもなったから捕まって警察病院で看護を受けて安泰な老後を過ごしたいのでしょうね、年金国保無いだろしね。
> 重信房子もガンになって日本に帰って老後保障、日本で手厚い看護治療を受けてるのだよね。
> 公園とか河原でブルーシートで包まって震えて死ぬホームレスの方が予ほど気骨があるよ、恥をしれ重信房子、大坂政明。

 ホームレスも国費で治療を受けますけどね。

 それにしても反原発などの怪しいサイトを作っているのは、大阪正明のような連中かも知れませんね。
 他にできる事はないのだし。
  1. 2017-06-08 10:07
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する