2017-06-04 11:28

差別の何が一番悪いか

 カカシさんの所で知ったのですが、アメリカで人種差別反対運動がまた奇妙な方向に向かっているようです。

 何と黒人学生達が大学で黒人と白人を分けろ!と言いだしたのです。

「人種別卒業式で多様性を祝う」なんじゃそれ?

 なんじゃそれ??

 マジに奇怪な話です。
 70年代の公民権運動で、黒人達が命懸けで求めたのが、黒人と白人を分離せず同じ土俵で戦える機会の保障でした。

 ところが大学を人種で分離するなんて、アパルトヘイトその物じゃないですか?

172

 しかしこれは100%ワタシの主観ですが、このアパルトヘイト学生達は、実は大学の講義に着いていけない落ちこぼれ学生達ではないでしょうか?
 
 これはリンク先のカカシさんの本文で説明されていますが、アメリカの大学は多様性の重視とかで、元来進学率の低かった黒人やヒスパニックを大変優遇しました。 つまり一定数の黒人やヒスパニックは絶対に入学試験に合格させることにして、入学試験に凄い高下駄を履かせたのです。

 それで割りを食ったのは元々進学率の高い東洋人の学生達です。

 その為東洋人の学生が100点満点を取る試験で黒人やヒスパニックは60点、70点と言う程の差があるのす。(これって東洋人差別じゃないの?)

218

 しかしねえ・・・・ワタシが中学生相手の学習塾講師をしていた経験から言えば、入試段階でこれだけ差って、中学生で言うなら学年でトップの子と、精々真ん中や真ん中よりやや上ぐらいの子の差です。

 一方アメリカの一流大学と言うのは元来、高校時代学年でトップクラスだった学生ばかりが集まるのですが、しかしそんな学生達でも必死の勉強地獄、うかうかしていると直ぐに落ちこぼれると言う世界です。

 こんなところにアファーマティブ・アクションだか何だか言って、秀才でもなくまたガリ勉をやった経験さへない学生達が入ればどんな目に遭うか?

 忽ち落ちこぼれるのは自明でしょう?

175

 特に理系で数学などの基礎学力が必要な学科では実に悲惨な事になるでしょう。
 
 また、前にカカシさんが

エール大学では、英文科の授業で勉強する文書のほとんどが白人男性による著書であることに抗議した黒人学生たちが、英文学でシェークスピアを教えるなと抗議文を提出した。

 と言う話しを書かれた時に、ワタシは思ったのです。
 
 ヒョットしてコイツラ講義についていけないのでは?
 英文学科に入っては見た物の、基礎的読解力が足りなくて、シェークスピアを読むどころではないのかも?

 基礎的な読解力のようなモノは、それこそ幼少時からの読書と、会話の積み重ねですから、20歳前後になると相当の差が着いていしまします。

 そしてその差は、いくら努力したって簡単には縮まりません。

2017y06m04d_114221436

 これでハーバード大学に居るのは辛いでしょう。
 だから

 オレの理解できない講義なんか打ち壊してやる!!
 オレのわからない講義をするのは人種差別だ!!

 日本で80年代小中学校で学級崩壊が問題になったのですが、しかしこの時教室で暴れまわり学級を崩壊させていたのは、落ちこぼれて授業についていけなくなった子供達でした。

184

 因みに日本の大学でも似たような話があります。

 戦後、沖縄が日本に返還されるまで、本土の国立大学では沖縄県民枠を作り、一般の入試とは別枠で沖縄出身者を入学させていました。

 それで一般入試なら絶対に入学できないようなレベルの学生達が、東大や京大に入っていたのです。

 彼等はそこで何をしたか?

 学生運動です。
 マトモに授業に出ないで学生運動に熱狂し続けたのです。

2017y06m04d_114357356

 どうせ成績が最悪なら、勉強が出来なくて落ちこぼれたと言うより、学生運動に熱中したからと言った方が見栄が良かろと思ったのかも知れません。

 それでも無事卒業はしたのでしょうね。 だって当時の大学教授達からすれば「基地負担で苦しむカワイソウな沖縄の学生達」に単位を出さない訳にはいかないでしょう。

 で、そうやって大学を出た人達が、今では沖縄の重鎮になって反米反日運動の先頭に立っているのです。

 これを思えば、アファーマティブ・アクションで入学したアメリカの黒人学生達が、人種差別反対運動に熱狂するのは当然だと思うのです。

 そして彼等が卒業後何をするかもおのずと想像できます。

185

 結局こんな風に「差別されてカワイソウ」と言って安易に優遇する事って、本人の為にも社会の為にもならないのです。

 ところで沖縄の学生が皆こんなダメ学生だったわけではありません。

 沖縄の看護学生は、素晴らしく優秀でした。 沖縄の看護師教育はタダ看護するだけでなく公衆衛生を指導できるように最高水準の教育を受けていました。
 
 沖縄の看護学校の教育は恐ろしくハードで、現在の沖縄の看護学校の5倍!!にも及ぶ実習と、厳しい座学を課されていました。
 
 この教育を受けた沖縄の看護学生達は、本土の看護学校に留学しても、またアメリカの看護大学に行っても優秀さで瞠目されたのです。

 但し沖縄返還後は本土の看護学校並みになってしまいました。

2017y06m04d_114547892

 これを考えたら差別を亡くす方法って簡単じゃないですか?
 
 アファーマティブ・アクションで下駄を履かせて大学に入学させる代わりに、黒人高校生の為にスパルタ式でビシバシ勉強させる高校を作って、基礎学力を徹底的に詰め込んでやれば良いのです。

 東洋系やユダヤ系の成績が良いのだって、つまりはこの両方にガリ勉で成績を上げて、良い大学に入って身を立てるのが理想の人生と信じ、一家総出でそれを応援すると言う文化があるからです。
 
 だったら黒人の高校生には家族に変わって公的機関や、NPOがガリ勉やらせたらよいのです。

 入試で下駄を履かせるのではなく、基礎学力を上げる支援をすれば良いのです。

191

 創造性は?

 勿論創造性は大事です。
 でも基礎学力があり、地道に知識を詰め込めば世の中の役に立つ仕事って沢山あるのです。

 医師なんてその典型でしょう?
 中堅技術者だってそうです。

 そうやって地道に勉強してきちんと大学を卒業し、そ来で学んだ知識を生かして働く人々が増えていくことが、黒人の社会的地位を上げ所得を増やす事になるのです。

 そすて差別を亡くす最短距離ではありませんか?

2017y06m04d_115233456

 差別の何が一番悪いのか?
 
 それは差別された側、差別されたと認識した人が、全ての不幸を差別の責任にして、自身を顧みたり、努力をしなくなったりすることです。

 挙句の果てに差別される事を仕事にする辛淑玉や李信恵のような人達が出てくる。
 こうしたプロ被差別民が出ると、差別をネタに強請タカリを働くより何もしなくなるのです。

2017y06m04d_115328440

 沖縄を見ていたら解ります。

 沖縄返還後、日本政府と本土の人々は沖縄は沖縄戦で悲惨な体験をして、その後もアメリカの統治になり、その上米軍基地を沢山負担させられてカワイソウ!!
 
 沖縄は差別されている。

 それを絶対批判出来ない空気を作ってしまいました。

 そうなると沖縄側もひたすら「差別されている」「本土の犠牲になった」をネタにして強請タカリをすることだけを考えるようになったのです。

277

 その強請タカリを主導しているのが、沖縄枠で本土の一流大学を出た連中や、アメリカの優遇でアメリカの大学へ留学した連中なのです。
 
 若い時代にこうして沖縄ネタで優遇される癖が着いてしまうと、一生それに期待して集り続けることになるのでしょう。

 こうなるともう救いがありません。

 しかし人種差別反対運動も、70年代の公民権運動から始まった崇高理念は腐り果てて、差別をネタに強請タカリを続けるビジネスと化したのでしょう。

 哀しいです。

  1. レイシスト
  2. TB(0)
  3. CM(13)

コメント

こんにちは。
このような行き過ぎた逆差別を行うからナンタラ活動と言うのは定着しないし嫌われ、その結果がトランプ大統領を生み出したのです。
有色人種だから、女性だからといって理由もなく門前払いすることは確かに良くないことでしょう、だからといって特別枠を設けることは形の上でそれらしく見せているだけで全く意味はなく解決策にはなりません。
差別という言葉を自分の努力や能力の無さを隠すための言い訳に使ったり政治利用するする輩はもっとたちが悪い。
  1. 2017-06-04 11:45
  2. URL
  3. kazusa #-
  4. 編集

Re: タイトルなし

> こんにちは。
> このような行き過ぎた逆差別を行うからナンタラ活動と言うのは定着しないし嫌われ、その結果がトランプ大統領を生み出したのです。
> 有色人種だから、女性だからといって理由もなく門前払いすることは確かに良くないことでしょう、だからといって特別枠を設けることは形の上でそれらしく見せているだけで全く意味はなく解決策にはなりません。
> 差別という言葉を自分の努力や能力の無さを隠すための言い訳に使ったり政治利用するする輩はもっとたちが悪い。

 ワタシもトランプ大統領を当選を一番アシストしたのは、反差別ファシスト達だと思います。 そもそも自由の国で「自分はトランプを応援する」と公言できるないのが異常でしょう?

 だから皆内心凄い危機感を持っていたのではないでしょうか?
 
 確かに人差別は悪いし、人を憎み嫌うのは悪徳です。

 しかし嫌いな者は嫌い、憎い物は憎いと個人生活でさへ言えない社会と言うのは、恐ろしい社会ではありませんか?
  1. 2017-06-04 12:26
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

この逆差別の行き着く先は?

一体何なのでしょうか。

最終的に 「白人はオレ達黒人とは違う車両に乗れ!」

なんて事には なって欲しく無いなぁ。
  1. 2017-06-04 13:32
  2. URL
  3. source-que #-
  4. 編集

更新が早いなあ…付いてけないわ。

ほんとうに目が悪いんですかあ? 小生なんぞは網膜剥離の手術の後遺症らしく回旋性斜視と黄斑前膜が出て長時間のネットサーフなぞやると右左の目の視点が合わなくなるんで難儀してんだが…弱視ならばオーバーグラスでも使えばと言うつもりだったんですがそれも無用ですか。

まあ、それにしてもこのサイトはサヨクの生態を研究するには最適ですねえ。
差別とテロは無関係であると喝破され、自分達の政治的目標のためには社会的規範をも改変し、自分達の言論以外は封殺するファシストであることを見抜かれ、あまつさえポリティカル・コレクトネスのもとで言論の自由と平等を阻害する人々であるということまで言ってしまう、メジャーの言論ならば完全にパヨク共がファビョること受けないです。

本当は一個一個言いたいことは有るんだけどこっちの能力が追いつかないんで今回の件だけ。

アファーマーティブアクション、AAにはじつは苦い歴史があるんです。公民権法とかが出来る前から、差別は良くないと思う人々は実質的な平等の確保はとにかく黒人たちに実力をつけさせなければいけない、ということで相当な努力を注いできたんです。
とにかくスパルタで教育をやり学力をつけさせることです。
ところがこれが本当に思うに任せない、個人がボランティアでやるならばともかく公的機関が税金をつぎ込むとなるとその妥当性が問われかねな位くらいだったらしい。そこでこれに反対する人々もそうでない人々もとにかく早く結果がほしいということで始めてしまったというものです。

大学入試の場合受験生にAAを希望するかどうか確認し希望者のみにAAを適用します。黒人学生でも一流大学を受ける連中のかなりは拒否します。合格後の取り扱いに差はないといいますが学力の差は歴然ですから、すぐに分かってしまう、実力のないまま社会に出ます。社会でもそれが解ってしまう、人種差別ではなく能力の問題で実質的な平等は確保されなくなる、アメリカ社会だって、そんな甘いものじゃない、能力が優れていれば使ってくれるのです。こうなるとAAは単に無能な学生を養ってるだけだろう、ということになる、賛成派も反対派もこうなると続かないだろうということまで予期してAAを始めたらしいのです。

ところが社会の大多数の人々には他人事ですから、差別の解消に良い?ならば続ければ?となってしまってるらしい。中には極少数ですがこれで恩恵をこうむってる層もいるらしく積極的な反対ができない。ということらしいのです。

世が悲惨なのはこれにとどまりません。こうして社会的上昇を果たしたはずの黒人層がその子供や孫のそれを享受させることが出来るかというと殆どそうではないらしいのです。スポーツ選手の子は普通の人よりは優れた素質を親から受けるのですがそれだけで一流になれるのではない、それと同じで子供は凡庸というのが普通なのです

よく、昔は人種のるつぼと言われたが本当は溶け合わぬサラダボウルだと言われますが、実態はもっと複雑で溶けあえるような実力がある連中はもう溶け合っているというのです。

こうなるとどうなるか、もうまともな社会的上昇だとか差別撤廃とかじゃあなくて、社会に自分達だけのコミュニティ作ってしまうということになるのでしょう。米国のようなある意味お節介な努力をしない欧州ならばすぐにそうなってます。社会がモザイク化し分断するに至るのです。

これはヒスパニックも同様、現実にスペイン語を公用語にしろという馬鹿な議論が起こるのです。社会の統合よりも自分達の生活を大事にするんだということです。アメリカの多数派もこういう連中を社会に統合したいですかね?

> 差別の何が一番悪いのか?
> 
> それは差別された側、差別されたと認識した人が、全ての不幸を差別の責任にして、自身を顧みたり、努力をしなくなったり
>することです。

まさにその通り。
そして黒人たちはまさにその道を歩んでるんです。そのうちアメリカで黒人たちだけのコミュニティを作ろうという運動が起きるでしょう。どんな社会ができるか見ものという気がします。
  1. 2017-06-04 19:40
  2. URL
  3. kazk #cPv2SIBE
  4. 編集

不正投稿だわ
復活しといてください。
お願いします。
  1. 2017-06-04 19:42
  2. URL
  3. kazk #cPv2SIBE
  4. 編集

エントリの趣旨とは少し違うかもしれませんが、日本でも、朝鮮高校出身者に大学受験資格が与えられていて、入試の外国語で「韓国語」が選択できるのって、一種のアファーマティブ・アクションじゃないでしょうか?
というか、パヨク学者が「日本にもアファーマティブ・アクションが必要だ」と言ってるのを動画かなにかで見た記憶があります。
テレビやネットニュースに登場する在日コリアンの大学教授を見ていても、彼らの知識や言説は、同じような肩書きの日本人と比較して???と思う事が多いです。
  1. 2017-06-04 23:34
  2. URL
  3. かんぱち #vF6NeGQU
  4. 編集

都市型の生活というのは必然的に差別を含む?

 「黒人を別に扱うようにしろ」とリベラルの側から言い出すとは中々おぞましい話ですが、最近のリベラルの論調を考察すると、行きつく先が差別主義だったり帝国主義だったりするのだからもはや救いようがないのだと思います。「文化盗用論」なんかいい例で、言い方こそリベラルっぽくなってますが、結局、「白人にとって異文化交流なんぞ邪道」という白人優越主義と同じ結論にしかなっていません。リベラルにとっては、それが実質的に見て差別の解消につながるかということよりも、反差別のように見えるかどうかの方が重要なのでしょう。

 そもそも都市部というのは差別が生まれやすい構造なのではないかと思うのです。都市というのは上層民から下層民まで幅広く生活しているわけですが、生活の水準によって居住エリアが分かれているわけでしょう?
 上層民と下層民の間にそもそも溝が生じやすい構造になっているのですから、そういう空間で生活している人間は自然と異なるエリアに住んでる人間を別のカテゴリの人間と認識しても仕方がないのではなかろうかと思います。欧州が移民を大量に入れてもエリートが現実から目をつぶっていられるのは、上層民と移民とでは居住エリアが分離されているからでしょう。
 だから、都市型リベラルが自然と差別をしても驚くことはありません。そもそも最初から生活そのものが既にそういう構造をしていますし、「差別反対」の言辞も、自らの差別を巧妙に糊塗するためのものも大量に含まれているのではないでしょうか。
  1. 2017-06-05 00:04
  2. URL
  3. 凍え馬 #-
  4. 編集

少数派を特別扱いすると

特別扱いされて一番損をするのは少数派生徒たちなんですよね。学校で学生運動したり、バカみたいな要求をしてくるのも、よもぎねこさんがおっしゃるように、勉強についていけない生徒たちの悲痛な助けを求める声なのですよ。

もし学校側がそれに気づいて勉強についていけない学生たちの勉学を助けてあげたら、落第も含めて、彼らもまともな大人になれるかもしれないのですが、学校側がわがまま生徒らに迎合ばかりするからどんどん悪化してしまう。

私はアメリカで大学生の時に分数の足し算が出来ない同級生に「算数」を教えたことがあります。なんでこんな人間が大学に居るんだ、と怒るとともに呆れました。
  1. 2017-06-05 08:42
  2. URL
  3. 苺畑カカシ #-
  4. 編集

Re: この逆差別の行き着く先は?

> 一体何なのでしょうか。
>
> 最終的に 「白人はオレ達黒人とは違う車両に乗れ!」
>
> なんて事には なって欲しく無いなぁ。

 マジにそちらに行きそうな気配ですね。
  1. 2017-06-05 10:17
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

Re: タイトルなし

> 更新が早いなあ…付いてけないわ。
>
> ほんとうに目が悪いんですかあ? 小生なんぞは網膜剥離の手術の後遺症らしく回旋性斜視と黄斑前膜が出て長時間のネットサーフなぞやると右左の目の視点が合わなくなるんで難儀してんだが…弱視ならばオーバーグラスでも使えばと言うつもりだったんですがそれも無用ですか。

 目が悪いって辛いですね。

 ワタシも目が悪くて、20代半ばから凄く辛い思いをしてきました。 ワタシの場合、左目だけ乱視と外斜視があって、左右の目の焦点を合わせるのが非常に辛く、激痛や眩暈に苦しむようになりました。

 50代半ばからは全く本が読めなくなり、非論困憊するようになりました。 

 二年前に奇跡が起きてまた本が読めるようになったのですが、しかし長時間は無理です。 ホントに辛いですね。
>
> まあ、それにしてもこのサイトはサヨクの生態を研究するには最適ですねえ。
> 差別とテロは無関係であると喝破され、自分達の政治的目標のためには社会的規範をも改変し、自分達の言論以外は封殺するファシストであることを見抜かれ、あまつさえポリティカル・コレクトネスのもとで言論の自由と平等を阻害する人々であるということまで言ってしまう、メジャーの言論ならば完全にパヨク共がファビョること受けないです。

 左翼と言うより人間全てが持つ問題を、左翼と言われる人々がデフォルメした形で表現しているのだと思います。

> 本当は一個一個言いたいことは有るんだけどこっちの能力が追いつかないんで今回の件だけ。
>
> アファーマーティブアクション、AAにはじつは苦い歴史があるんです。公民権法とかが出来る前から、差別は良くないと思う人々は実質的な平等の確保はとにかく黒人たちに実力をつけさせなければいけない、ということで相当な努力を注いできたんです。
> とにかくスパルタで教育をやり学力をつけさせることです。
> ところがこれが本当に思うに任せない、個人がボランティアでやるならばともかく公的機関が税金をつぎ込むとなるとその妥当性が問われかねな位くらいだったらしい。そこでこれに反対する人々もそうでない人々もとにかく早く結果がほしいということで始めてしまったというものです。
>
 ハーバードなどアメリカの一流大学って私立ですからね。 

> 大学入試の場合受験生にAAを希望するかどうか確認し希望者のみにAAを適用します。黒人学生でも一流大学を受ける連中のかなりは拒否します。合格後の取り扱いに差はないといいますが学力の差は歴然ですから、すぐに分かってしまう、実力のないまま社会に出ます。社会でもそれが解ってしまう、人種差別ではなく能力の問題で実質的な平等は確保されなくなる、アメリカ社会だって、そんな甘いものじゃない、能力が優れていれば使ってくれるのです。こうなるとAAは単に無能な学生を養ってるだけだろう、ということになる、賛成派も反対派もこうなると続かないだろうということまで予期してAAを始めたらしいのです。

 なるほどね。 
>
> ところが社会の大多数の人々には他人事ですから、差別の解消に良い?ならば続ければ?となってしまってるらしい。中には極少数ですがこれで恩恵をこうむってる層もいるらしく積極的な反対ができない。ということらしいのです。

 差別反対が絶対正義になってしまっているので、「差別を亡くす」と言うスローガンを付けると反対が難しくなるのでしょうね。

> 世が悲惨なのはこれにとどまりません。こうして社会的上昇を果たしたはずの黒人層がその子供や孫のそれを享受させることが出来るかというと殆どそうではないらしいのです。スポーツ選手の子は普通の人よりは優れた素質を親から受けるのですがそれだけで一流になれるのではない、それと同じで子供は凡庸というのが普通なのです

 親は非凡でも子供は凡庸、或いは不出来と言うのは全ての人種に普通にある事ですけどね。
 
> よく、昔は人種のるつぼと言われたが本当は溶け合わぬサラダボウルだと言われますが、実態はもっと複雑で溶けあえるような実力がある連中はもう溶け合っているというのです。
>
> こうなるとどうなるか、もうまともな社会的上昇だとか差別撤廃とかじゃあなくて、社会に自分達だけのコミュニティ作ってしまうということになるのでしょう。米国のようなある意味お節介な努力をしない欧州ならばすぐにそうなってます。社会がモザイク化し分断するに至るのです。
>
> これはヒスパニックも同様、現実にスペイン語を公用語にしろという馬鹿な議論が起こるのです。社会の統合よりも自分達の生活を大事にするんだということです。アメリカの多数派もこういう連中を社会に統合したいですかね?

 そうでしょうね。
 
 そもそもマイノリティが同化しない、社会に溶け込まないのは実はマイノリティ側が同化を拒否する、更には選民意識を持っていると言うのが原因でしょう。

 在日コリアンなど典型でしょう。

> > 差別の何が一番悪いのか?
> > 
> > それは差別された側、差別されたと認識した人が、全ての不幸を差別の責任にして、自身を顧みたり、努力をしなくなったり
> >することです。
>
> まさにその通り。
> そして黒人たちはまさにその道を歩んでるんです。そのうちアメリカで黒人たちだけのコミュニティを作ろうという運動が起きるでしょう。どんな社会ができるか見ものという気がします。

 凄く哀しい事だけれども、人種や民族によっては、欧米式に近代社会に適応できないのでは?と思います。
  1. 2017-06-05 10:36
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

Re: タイトルなし

> エントリの趣旨とは少し違うかもしれませんが、日本でも、朝鮮高校出身者に大学受験資格が与えられていて、入試の外国語で「韓国語」が選択できるのって、一種のアファーマティブ・アクションじゃないでしょうか?
> というか、パヨク学者が「日本にもアファーマティブ・アクションが必要だ」と言ってるのを動画かなにかで見た記憶があります。
> テレビやネットニュースに登場する在日コリアンの大学教授を見ていても、彼らの知識や言説は、同じような肩書きの日本人と比較して???と思う事が多いです。

 アファーマティブアクションと言うより在日特権です。
 韓国語の平均点は英語や、ドイツ語より高いのです。 本来なら平均点を同一にするように問題を作るべきなのに。

 また在日コリアン教授が多いのは、外国人教授がいる事が国際比較の大学ランクを上げるのに有利なので、外国人を取る大学が多いのですが、しかし日本語で授業の出来る外国人教授と言うと、在日コリアンぐらいしかいないのです。
  1. 2017-06-05 10:40
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

Re: 都市型の生活というのは必然的に差別を含む?

>  「黒人を別に扱うようにしろ」とリベラルの側から言い出すとは中々おぞましい話ですが、最近のリベラルの論調を考察すると、行きつく先が差別主義だったり帝国主義だったりするのだからもはや救いようがないのだと思います。「文化盗用論」なんかいい例で、言い方こそリベラルっぽくなってますが、結局、「白人にとって異文化交流なんぞ邪道」という白人優越主義と同じ結論にしかなっていません。リベラルにとっては、それが実質的に見て差別の解消につながるかということよりも、反差別のように見えるかどうかの方が重要なのでしょう。

 ワタシもそう思います。
 
 あの文化盗用と言うのは、ヨーロッパ系白人が非ヨーロッパの文化を使う場合にのみ言われるようです。

 しかしこれってつまり、ヨーロッパ文化は人類の普遍的な文化で、非ヨーロッパの文化は普遍性はなく、民族の固有文化でしかないと言う事ですから。
>
>  そもそも都市部というのは差別が生まれやすい構造なのではないかと思うのです。都市というのは上層民から下層民まで幅広く生活しているわけですが、生活の水準によって居住エリアが分かれているわけでしょう?
>  上層民と下層民の間にそもそも溝が生じやすい構造になっているのですから、そういう空間で生活している人間は自然と異なるエリアに住んでる人間を別のカテゴリの人間と認識しても仕方がないのではなかろうかと思います。欧州が移民を大量に入れてもエリートが現実から目をつぶっていられるのは、上層民と移民とでは居住エリアが分離されているからでしょう。民と、貧困層
>  だから、都市型リベラルが自然と差別をしても驚くことはありません。そもそも最初から生活そのものが既にそういう構造をしていますし、「差別反対」の言辞も、自らの差別を巧妙に糊塗するためのものも大量に含まれているのではないでしょうか。

 都市特有かどうかは別として、仰るように反差別と言われる政策には、自ら差別を巧妙に糊塗する為の物が大量に含まれているのは事実でしょう。
 
 ワタシは実は所謂エリートの差別意識は凄く強井のではないかと思います。 だから階級社会になっているのです。
 しかしだからこそ口では絶対的に差別反対を唱え続けるしかないのだ思うのです。
  1. 2017-06-05 10:52
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

Re: 少数派を特別扱いすると

> 特別扱いされて一番損をするのは少数派生徒たちなんですよね。学校で学生運動したり、バカみたいな要求をしてくるのも、よもぎねこさんがおっしゃるように、勉強についていけない生徒たちの悲痛な助けを求める声なのですよ。
>
> もし学校側がそれに気づいて勉強についていけない学生たちの勉学を助けてあげたら、落第も含めて、彼らもまともな大人になれるかもしれないのですが、学校側がわがまま生徒らに迎合ばかりするからどんどん悪化してしまう。

 沖縄出身者の学生運動もそうですが、大学にはこうした人々を利用したい勢力や、また「被差別者が勉強ができないなんて言うのは差別だ!!」と言う観念から絶対に現実を認めない人々が大勢いるのでしょう。
>
> 私はアメリカで大学生の時に分数の足し算が出来ない同級生に「算数」を教えたことがあります。なんでこんな人間が大学に居るんだ、と怒るとともに呆れました。

 おお、ヤッパリ。
 日本でも低ランク大学にはこの手の学生が結構いるようです。

 だからワタシは大学進学率を上げる事には賛成できないのです。 本来は中学高校の学力を上げるようにするべきなのです。
  1. 2017-06-05 10:56
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する