2017-06-03 13:08

理性を取り戻せ 人種差別反対とポリティカルコレクトネス

 先日、インディ500と言う自動車レースで日本人が優勝したところ、アメリカ人の記者が「日本人が優勝するのは不愉快」ツィートして勤め先を解雇された上、吊し上げに遭う言う騒動がありました。

 「日本人が勝ったのは不快」佐藤琢磨のインディ500優勝を罵倒した記者、解雇される

 この記者は勤め先を解雇されて吊し上げに遭ってから様々言い訳したようですが、しかしこの言い訳を見てもこの記者が、レイシストでありそれを何とか誤魔化そうとしているとしか思えません。

 だから何?

103

 ワタシは日本人ですから、日本人が差別されるのは不愉快です。

 また日系アメリカ人、例えばアメリカへの愛国心では他のアメリカ人に劣らない人々が、過去の日本の戦争で敵視されるなど全く不当だと思います。 

 何しろアメリカは第二次大戦直後にドイツ系のアイゼンハワーを大統領にしたのですから、日系人だけを敵視するのは完全な人種差別としか言えないのです。

104

 しかし一方で思うのです。

 不愉快=uncomfortable、と言うのは純然たる個人の感情です。
 
 愉快・不愉快、好き・嫌いなどと言う感情にまで社会全体が圧力をかけて吊し上げる、職を追うと言うのは、本来の民主主義社会のあるべき姿なのでしょうか?

 そもそもスポーツの大会で、自国選手が好成績を挙げれば、どの国でも皆大喜びするのです。 だったら自分の嫌いな国の人間が優勝したら「不愉快」になるのは当然ではありませんか?

 それを大変な大罪のように糾弾して、挙句に職を奪うって、人権侵害ではありませんか?

146

 ワタシは1954年生まれなので、1970年代にアメリカで公民権運動が始まった頃の事を鮮明に覚えています。

 その頃までアメリカの人種差別は非常に厳しく、公民権にまで差別があった・・・・つまり法の下の平等と言う民主主義国家の国民とした当然与えられるべき権利も、黒人には与えられていなかったのです。

 因みに日本のマスコミはこの頃になって初めて、こうしたアメリカの人種差別に着いて報道し始めました。(それまでは殆ど報道してなかった)

2017y06m03d_135657786

 しかし公民権運動は成功し、実に驚くほど短期間に人種差別はなくなって行きました。

 ワタシは第一次湾岸戦争の頃、テレビに出てくるパウエル参謀本部議長を見た時、本当に驚きました。

 だってこの人の年齢から推定すると、公民権運動成功直後に軍隊に入って、そのまま順調に出世したとしか思えないのです。

 公民権運動以前は、アメリカでは黒人と白人が同じ部隊に入る事も、まして白人が黒人の部下になる事などあり得なかったのに・・・・・。

 だからワタシはこうしたアメリカの人種差別克服への努力と成果を心から尊敬しました。

2017y06m03d_135818048

 けれどもその後、段々違和感を感じるようになりました。
 
 つまりこの公民権運動で人種差別反対が絶対正義、何物にも優越する正義になってしったのです。

 そして人種差別反対の要求が、公民権のような公的な権利だけでは済まず、個人の内面にまで踏み込むようになったのです。

 つまりこのインディ500での日本人優勝に「不愉快」と言う個人の感情までも、「人種差別だから絶対に許さない!! 解雇だ!!」と言う事になってしまったのです。

2017y06m03d_135848874
 
 ええ、ワタシだって日本人ですからこの記者から差別されたら不愉快ですよ。

 しかしそれだけでしょう?

 もしコイツがホテルや飲食店の従業員で、ワタシが日本人だからと言う理由で無礼を働いたり、定められたサービスを拒否したのなら、ワタシは怒って、店長を呼んで「コイツをクビにしろ!!」と言います。

 けれども取りあえずワタシにはちゃんとサービスをしたうえで、仲間内やツィッターで「日本のサルにサービスするのは不愉快だ」と言っていただけなら、それで解雇を要求する権利は無いと思います。

202

 だって本来民主主義国家が保障する平等権と言うのは、自国民についてのみの「法の下の平等」だけです。

 法の下の平等ですから、公民権や行政サービスで、人種や性別などで差別する事は絶対に許されません。

 しかし個人がその個人生活で他人を平等に扱う事を強制しているわけではないし、まして個人が他人を全て平等に愛し尊敬する事など強制できるわけもないのです。

207

 だってもしも個人に他人を平等に扱い、他人を差別する事を禁止したら、例えばイスラム教のような宗教は全面禁止するしかないでしょう。

 なぜならあの宗教はイスラム教徒の他の宗教の教徒への絶対優越をコーランに明記しています。 それどころか「多神教徒は見つけ次第殺せ」と言うヘイトスピーチまで明記されているのです。

 更に奴隷制度も容認しています。

 また女性の証言能力は男性の半分などと明確な女性差別規定もあります。

208

 勿論こうした女性差別規定は、イスラム教だけでなくキリスト教にも仏教にも儒教にもあります。

 そもそも男女平等と言うのが、20世紀半ば以降、欧米と日本など一部先進国でだけ確立した概念なのです。

 だから伝統宗教や倫理哲学の規定では、殆ど皆男尊女卑なのです。

 本当に個人に他人への差別を禁止するなら、こうした伝統宗教や倫理哲学も皆禁止するしかありません。

2017y06m03d_140150133

 こんな事できますか?
 こんな事をする社会が民主主義社会と言えますか?

 実際こんな事をしたら、民主主義のもう一つの原則、思想・信条・宗教の自由を打ち壊すじゃないですか?

 だから本来の民主主義社会であれば、人種差別反対はあくまで法の下の平等にとどめるべきではありませんか?

 個人の感情・感性にまで踏み込み、他人を「レイシスト!!」と吊し上げる事など自制するべきではありませんか?

239

 ところが今のアメリカを見ていると、アメリカだけではなく欧州も、そして怖ろしい事に日本も自制するどころではないのです。

 人種差別反対の絶対正義を掲げる人達は、個人に対して平等を強制するばかりか、結果平等を要求するようになりました。

 つまり法の下の平等で保障されるのは機会の平等だけなのですが、彼等はそれでは済まず社会的に不利な事は全て差別の責任として、それを公的な手段で是正する事を要求するようになったのです。

 例えば「黒人の大学進学率が低いのは差別のせいだから、大学入学試験で優遇しろ!!」などと言う類です。

2017y06m03d_140424773

 エッ?
 差別されると大学進学率が下がるの?
 
 日系人やユダヤ人だって滅茶苦茶差別されたけど、大学進学率は凄く高いでしょう?
 アングロ・サクソンより高い!!

 更に要求は際限もなく増大し、「英文学で白人男性の作品ばかり取り上げるのは差別だ!」と言う学生達まで出て来たのです。


 おお、これだと自然科学や工学はもっと不味いです。 だって学部学生が学ぶような自然科学や工学の理論は、殆ど皆20世紀初頭までに白人男性が作った物です。

253

 こんな事を言って騒ぎだしたら、もう現在のアメリカ文化と社会、そして日本も含めた先進国の文化と社会を全否定するしかなくなるのです。

 これではもう近代文明の否定としか言えません。
 
 おお、そうだ!!
 近代文明ってそもそも白人男性が作った物ですね。

 コペルニクスやガリレオ・ガリレイから始まった近代自然科学も、ルソーやヴォルテールなどから始まる近代啓蒙思想も全部白人男性が作ったのです。

 だから否定しろ!!
 否定しないければ人種差別だ!!

 こんな連中が一体何の為に大学行くのか? 
 それが不思議です。

2017y06m03d_142224765

 ところが大変驚いた事に、自称リベラリスト達はこうした狂態を全面的に支援しているのです。

 あれも差別、これも差別として差別の範囲と種類をドンドン増やしていったのです。

 そして彼等は自らこうした狂態と文化破壊運動を支援するために自らを束縛する事を奨励しました。

 つまりポリティカルコレクトネスなる概念を確立して、それを政治家と言論界に強制したのです。

2017y06m03d_142420820

 ワタシは英語ダメ子なのですが、しかしそれでもこの程度の言葉なら直訳できます。

 ポリティカルコレクトネス=政治的正しさ

 ??

 ワタシはこの言葉を見た時、腰が抜けそうになりました。

 政治的に何が正しくて、何が間違っているか?
 
 これを個人がその良心の自由に基づいて判断できるのが民主主義国家と言う物でしょう?

 ところがアメリカでは(欧州でも)、何処の誰が決めたかわからないポリティカルコレクトネスが君臨し、政治家や言論人がこれに反するとその社会的生命が断たれると言う状況になっていったのです。

2017y06m03d_142456138

 冷戦時代、共産圏では「党の方針」「共産主義」に合わない事を言った人間は粛清されました。
 
 しかしワタシは今、欧米で猛威を振るうポリティカルコレクトネスに比べたら「党の方針」「共産主義」の方がマシだと思うのです。

 だってこれはまず方針を出す本体が明確であり、そして共産圏ではこの言論弾圧は合法・つまり法でその弾圧の規定を定められているのです。

 ところが現在の欧米のポリティカルコレクトネスは、一体何処の誰が何を根拠に決めたのかわかりません。 しかし明確に言論弾圧をやっているのです。

 これは本当に気持ちの悪い事です。

069

 ワタシは人種差別は悪い事だと思います。 
 
 そしてアメリカが人種差別を克服し、短期間でパウエル参謀本部議長のような人々を生み出した事は素晴らしいと思います。

 しかしその後の展開は余りと言えば余りに不気味です。

 何でこんな事になったのか?

 それは人種差別を憎む余り、個人の道徳の問題と法による規制、公に禁止するべきことと、個人が自身の良心や自制心で抑制するべきことの区別をしないまま、唯もう人種差別禁止に驀進した結果ではないでしょうか?

076

 本来の民主主義国家なら個人が道徳として慎むべきことと、法によって禁止し処罰する事は、峻別されます。

 そして自由を重視する国家の場合は、法により個人の内面を縛る事は極力避けるべきなのです。

 ところが人種差別、そして差別と名の着いた物については、この自制が全く働かなくなってしまったのです。

 だから人種差別が悪いとなったら法と道徳の区別もなく、個人と公の区別もなく、「人種差別をした」と断定された人達を片っ端から吊し上げると言う事なったのです。

 こんな事は好い加減に止めるべきです。

2017y06m03d_143931582

 近代国家は個人の心情・内面のに関わる宗教・倫理道徳の領域と、法や社会で規制するべき公的な領域を完全に分ける事で成立しました。

 つまり個人の内面や私生活の自由は完全に保障した上で、社会生活、国家秩序に関わる問題は法により秩序を守る事にしたのです。
 
 国家は人の心に入り込まない。

 これが血みどろの宗教戦争の結果得られた近代国家の英知であり理性なのです。

 人種差別反対、全ての差別反対にトチ狂う人々はこれを考え直すべきではありませんか?

 こんな狂気から好い加減に立ち直り、理性を取り戻すべきではありませんか?

  1. レイシスト
  2. TB(0)
  3. CM(2)

コメント

内心の自由は大切

「インディ500優勝を罵倒した記者」について、
私は「ザマー見ろ」としか感じませんでしたが、よもぎねこさんの説明を読むと、確かにそうですネ。
度の過ぎた攻撃の方が危険です。

いじめの問題もそうですが、暴力をふるったり公的な扱いを差別したりすることはいじめだと思いますが、個人的に倫理的に嫌いだから付き合わないことまで、いじめだ差別だと攻撃されそうな感じです。

>道徳として慎むべきことと、法によって禁止し処罰する事は、峻別されます。
その通りだと思います。
パウエル参謀本部議長
短期間で人種差別を克服した、とも言えるでしょうが、
軍隊の中では、意外に早くから人種を克服していた、とも言えるような感じがします。
実力主義の世界ですから。

>ポリティカルコレクトネスに比べたら「党の方針」「共産主義」の方がマシだと思うのです。
なるほど、出所不明のポリ・コレより、「党の方針」の方が正々堂々としています。

ところで、終わりの方にあるワンちゃんの写真、
ご隠居サマのところの、亡きロンちゃんに似ています。
ひょっとして?
  1. 2017-06-04 10:49
  2. URL
  3. 道草人 #-
  4. 編集

Re: 内心の自由は大切

> 「インディ500優勝を罵倒した記者」について、
> 私は「ザマー見ろ」としか感じませんでしたが、よもぎねこさんの説明を読むと、確かにそうですネ。
> 度の過ぎた攻撃の方が危険です。
>
> いじめの問題もそうですが、暴力をふるったり公的な扱いを差別したりすることはいじめだと思いますが、個人的に倫理的に嫌いだから付き合わないことまで、いじめだ差別だと攻撃されそうな感じです。

 そうなのです。

 個人に対して人種差別が悪いと言うのは、あくまで一般道徳なのです。
 これは例えば愛情のない性交渉は悪いと言うのと同じような話なのです。 愛情のない性交渉は一般的には不道徳とされます。

 しかし「自分は快楽の為だけに性交渉を楽しむ。セックスに愛情なんかいらない」と公言する人を、解雇したり吊し上げたりして良いのでしょうか?

 ところが人種差別に関してはこの集団リンチが普通に行われているのです。
>
> >道徳として慎むべきことと、法によって禁止し処罰する事は、峻別されます。
> その通りだと思います。
> パウエル参謀本部議長
> 短期間で人種差別を克服した、とも言えるでしょうが、
> 軍隊の中では、意外に早くから人種を克服していた、とも言えるような感じがします。
> 実力主義の世界ですから。

 軍隊って究極の公的機関で、兵士個人の生活にまで公的権力が入り込むのです。 

 つまり兵舎での生活で同宿舎を選べませんから。
 
 だから法的に人種差別が禁止されたら、兵舎も黒人白人一緒になります。 こうした事が軍隊で人種差別が一番早く亡くなる理由でしょう。

 しかしそれはまた自由がない故に人種差別反対を強制される事でもあるのです。
 
> >ポリティカルコレクトネスに比べたら「党の方針」「共産主義」の方がマシだと思うのです。
> なるほど、出所不明のポリ・コレより、「党の方針」の方が正々堂々としています。

 少なくとも出所が解る方が気持ち悪くないです。

> ところで、終わりの方にあるワンちゃんの写真、
> ご隠居サマのところの、亡きロンちゃんに似ています。
> ひょっとして?

 ロン君ではありません。

 散歩中に会った近所の子です。
  1. 2017-06-04 12:21
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する