2017-05-19 21:19

北海道神宮と白鵬

 昨日から突然夏日になりました。

246

 久しぶりに北海道神宮に行くと、すっかり緑が濃くなっていました。

258

 花見も終わり、ウィークーデーなのでこの前の人出は嘘のようでした。

2017y05m19d_202402481

 それでも参拝客は結構いるし、中国人や台湾人の観光客も結構います。
 308

 北海道神宮は明治にできた神宮なのですが、道内には古い神社仏閣はないので、北海道観光に来た外国人観光客が皆ここに来るのです。

307

 神門の脇で白鵬のポスターがお出迎えです。
 先日、神社本庁のポスターのモデルが中国人だとパヨクが騒いでいました。

290

 しかしそもそも神道はそういう事余り気にしないのでしょうね。
 白鵬の宗教はきっとラマ教だと思うのですが、彼も気にせず神社のポスターに出ているのです。

2017y05m19d_202702837

 因みにこのポスターは「お神札のある暮らしを始めませんか」と言うお神札のCMで、制作は北海道神社庁となっています。

323

 しかし同じ外国人力士でも大砂嵐なら絶対に神社のポスターに出られないでしょう。
 それ以上に相撲の神技としての面を、イスラム原理主義者達が問題にしたら、命に係わると思います。

 モンゴル人やポリネシア系やメラネシア系のアメリカ人みたいに宗教におおらかな民族は世界的に少数派です。

 力士本人は幾ら相撲界のルールを守る気でも、自国で騒ぎを起こす心算の連中はどうにもなりません。

 相撲協会はそういう事は考えているのでしょうか?

380

 シマリス様にお会いしたくて、シマリス様の木の所へ行ってみました。

379

 おお、いました。
 でも葉が深く茂り、光が弱くなっていたため、良い写真は撮れませんでした。

2017y05m19d_203449956

 それに日も傾いてきました。

2017y05m19d_203635970

 神宮の八重桜は終わりかけていました。

2017y05m19d_203603468

 最後の花が夕日に輝くのが何とも切ないです。

2017y05m19d_203718537

 今年は余りに寒く、花の咲き方が例年と違うので、お気に入りの花を幾つも見逃してしまいました。

2017y05m19d_203805389

 見逃した花々を来年見る事はできるのでしょうか?

450

 神宮を出るともう日暮れの気配でした。

2017y05m19d_204053455

 帰り道、発寒川沿いの公園を抜けました。

2017y05m19d_204153415

 これからは林檎の花が咲くはずです。

487

 イヤ、咲いていました。

2017y05m19d_204447157

 林檎の花が終わると花の季節は終わりです。

  1. 札幌の四季
  2. TB(0)
  3. CM(11)

コメント

日本人は寛大、日本の神様も寛大

日本の神様は参拝に来る人々には分け隔てなさいません。ご利益が有るかどうかは信心次第なのでしょうが、そこに差別は無いのです。何処で生まれようと思想信条の違いが有ろうとも全てを受け入れるおおらかさをお持ちなのです。
信心を疑ったり、試したり、試練を与えたり、選別されたりはなさいません。神々は全てを見通し細部に、あらゆるものに宿るのです。
時には気まぐれで、神話の中では争ったり、嫉妬をお見せになられる事も御座いますが、最後には笑顔で和解なさいます。
仏は与え神は祟ると申しますが、祟りや穢れ、畏れにはそれぞれ理由があっての事、また、その理由が無くなれば怒りを鎮めてご利益を与えて下さいます。
私は神も仏も信仰を持たぬ不信心モノですが、畏れの感情と敬いと感謝の気持ちだけは忘れぬように致しています。宗教にそれ以上のものが必要だとも考えておりません。太平楽な一人の日本人ですね。
  1. 2017-05-20 01:05
  2. URL
  3. エピキュリアン #-
  4. 編集

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. 2017-05-20 02:52
  2. #
  3. 編集

 巫女さんが楚々として素敵ですね。それに、白鵬さんもお着物がよく似あっていらっしゃいます。

 ところで、チベット仏教と神道についてちょっと調べたら、ダライ・ラマ法王が2014年4月7日に、出羽三山神社と竹駒神社が主催された「東日本大震災神道祈りの会 」で講演をなさっていました。他の宗教とも交流されているので、寛容なのかもしれませんね。
  1. 2017-05-20 09:18
  2. URL
  3. 都民です。 #-
  4. 編集

シマリスさんを見せていただきうれしいです。

「シマリスの樹」というのはそこがお気入りに場所なんでしょうか?


ギリシア神話と日本の神話には同じような話があって驚いた記憶があります。(無くなった妻を黄泉の国に探しに行く話)
シルクロードを伝わって流れてきたのかなと子供の頃は思っていましたけどどうでしょうね。

  1. 2017-05-20 09:47
  2. URL
  3. 鳴子百合 #-
  4. 編集

モンゴル帝国は自分に逆らう者には残虐な殺戮を行いましたが、自分に服従する者には寛容で信教の自由も交易の自由も認められていました。
現代日本を悩ませる支那、朝鮮も欧州諸国を悩ませるイスラム圏も内に含み従わせる事が出来たのは、寛容とその背後に有る力の裏付けが有ったからです。
「太陽政策」などというきれいごとは本当は通用しません。
  1. 2017-05-20 09:52
  2. URL
  3. taigen #-
  4. 編集

新緑の素晴らしい季節になってきましたね。
都内のちょっとした公園でも、深く濃く厚い緑がそこら中で見られます。

白鵬はラマ教徒でしょうね。
ただ、15歳で来日してますし、近々日本へ帰化するのでしょうから、そこまで信心が深いとも思えませんし、帰化後もラマ教との距離は変わらず、帰郷すれば、今まで通りにふるまえるのでしょう。
モンゴル人からすると、その辺よりも、日本人妻を娶ったことの方が、気に入らないようですよ。

大砂嵐についてはどうでしょう。
エジプトで原理主義的勢力がどのくらい力を持ってるかわかりませんが、大砂嵐自身は靖国神社をはじめとした、神社への奉納相撲などにも当然参加してます。
所属の部屋は10名ほどの力士しかいない部屋で、大砂嵐以外は関取がおりませんので、豚肉を避けるような食事が供されているでしょうが、酒は飲んでるんじゃないかな。
ちゃんこなどは、そもそも鶏肉を使うことが多いですしね。
大砂嵐はカイロ大学で会計学を学び、中退して角界入り。
エジプト語、フランス語、英語、日本語を話せるという力士ですので、彼自身も原理主義とは相当距離がありそうに思えます。
エジプトに帰郷すると、もの凄い歓迎ぶりでしたよ。
  1. 2017-05-20 11:07
  2. URL
  3. 二郎 #-
  4. 編集

Re: 日本人は寛大、日本の神様も寛大

> 日本の神様は参拝に来る人々には分け隔てなさいません。ご利益が有るかどうかは信心次第なのでしょうが、そこに差別は無いのです。何処で生まれようと思想信条の違いが有ろうとも全てを受け入れるおおらかさをお持ちなのです。
> 信心を疑ったり、試したり、試練を与えたり、選別されたりはなさいません。神々は全てを見通し細部に、あらゆるものに宿るのです。
> 時には気まぐれで、神話の中では争ったり、嫉妬をお見せになられる事も御座いますが、最後には笑顔で和解なさいます。
> 仏は与え神は祟ると申しますが、祟りや穢れ、畏れにはそれぞれ理由があっての事、また、その理由が無くなれば怒りを鎮めてご利益を与えて下さいます。
> 私は神も仏も信仰を持たぬ不信心モノですが、畏れの感情と敬いと感謝の気持ちだけは忘れぬように致しています。宗教にそれ以上のものが必要だとも考えておりません。太平楽な一人の日本人ですね。

 日本の神道はアニミズムだと言います。

 世界でアニミズム信仰をちゃんと守っているのは、日本人と狩猟採集の生活を続けている人達ぐらいです。

 一神教など人工宗教の方が文明的と言う人もいるそうですが、あの宗教戦争のおぞましさを見ると、ワタシはアニミズムの原始的な宗教の方がずっといいと思います。
  1. 2017-05-21 22:25
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

Re: タイトルなし

>  巫女さんが楚々として素敵ですね。それに、白鵬さんもお着物がよく似あっていらっしゃいます。
>
>  ところで、チベット仏教と神道についてちょっと調べたら、ダライ・ラマ法王が2014年4月7日に、出羽三山神社と竹駒神社が主催された「東日本大震災神道祈りの会 」で講演をなさっていました。他の宗教とも交流されているので、寛容なのかもしれませんね。

 チベット仏教=マニ教は一神教のような排他性や攻撃性はないのでしょうね。
  1. 2017-05-21 22:27
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

Re: タイトルなし

> シマリスさんを見せていただきうれしいです。
>
> 「シマリスの樹」というのはそこがお気入りに場所なんでしょうか?

 ここに行くと殆どいつもシマリス様かエゾリス様に会えるのです。
 神宮の境内に出てくる事もあるのですけどね。
>
> ギリシア神話と日本の神話には同じような話があって驚いた記憶があります。(無くなった妻を黄泉の国に探しに行く話)
> シルクロードを伝わって流れてきたのかなと子供の頃は思っていましたけどどうでしょうね。

 そうなのですよね。
 ギリシャ神話と共通する話がいろいろあるのです。
  1. 2017-05-21 22:30
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

Re: タイトルなし

> モンゴル帝国は自分に逆らう者には残虐な殺戮を行いましたが、自分に服従する者には寛容で信教の自由も交易の自由も認められていました。
> 現代日本を悩ませる支那、朝鮮も欧州諸国を悩ませるイスラム圏も内に含み従わせる事が出来たのは、寛容とその背後に有る力の裏付けが有ったからです。
> 「太陽政策」などというきれいごとは本当は通用しません。

 その通りだと思います。
  1. 2017-05-21 22:31
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

Re: タイトルなし

> 新緑の素晴らしい季節になってきましたね。
> 都内のちょっとした公園でも、深く濃く厚い緑がそこら中で見られます。
>
> 白鵬はラマ教徒でしょうね。
> ただ、15歳で来日してますし、近々日本へ帰化するのでしょうから、そこまで信心が深いとも思えませんし、帰化後もラマ教との距離は変わらず、帰郷すれば、今まで通りにふるまえるのでしょう。
> モンゴル人からすると、その辺よりも、日本人妻を娶ったことの方が、気に入らないようですよ。

 彼の父親はモンゴルの英雄だそうですから、モンゴルでの立ち位置も難しいのでしょうね。
>
> 大砂嵐についてはどうでしょう。
> エジプトで原理主義的勢力がどのくらい力を持ってるかわかりませんが、大砂嵐自身は靖国神社をはじめとした、神社への奉納相撲などにも当然参加してます。
> 所属の部屋は10名ほどの力士しかいない部屋で、大砂嵐以外は関取がおりませんので、豚肉を避けるような食事が供されているでしょうが、酒は飲んでるんじゃないかな。
> ちゃんこなどは、そもそも鶏肉を使うことが多いですしね。
> 大砂嵐はカイロ大学で会計学を学び、中退して角界入り。
> エジプト語、フランス語、英語、日本語を話せるという力士ですので、彼自身も原理主義とは相当距離がありそうに思えます。
> エジプトに帰郷すると、もの凄い歓迎ぶりでしたよ。

 なるほど開明派のインテリ力士なのですね。

 しかし今のエジプトのイスラム原理主義化は深刻です。 コプト教会の襲撃が続いています。
 コプト教はエジプトがイスラム化して以降もエジプトでイスラム教と共存してきたのに、この十年来コプト教徒やコプト教会への襲撃が深刻化しているのです。

 だから大砂嵐が神社への奉納相撲に参加した事など、もし原理主義者が問題化し始めたら、大変な事になるでしょうね。
  1. 2017-05-21 22:37
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する