2017-05-18 12:36

目の保養 その2 スパルタ市民集会

 札幌は今が一番美しい季節です。

562
 
 気候も良いです。
 だから目の保養を兼ねての散歩の最高です。

565

 ところ目が潰れる原因になったツゥキディテスに描かれるペロポネソス戦争開戦の決議をしたスパルタの市民集会が面白いです。

571

 前にも書いたけれどスパルタと言うのは、スパルタ人が先住民を征服支配してできた国です。

570

 スパルタで参政権を持つのは、このスパルタ人だけです。 彼等は7歳から親元を離れて20歳まで戦士としての集団教育つまり集団教育を受けて育った人々です。

574

 この戦士=スパルタ市民なのです。
 戦後教育を受けた人間からすると、戦士集団であるスパルタ人=スパルタ市民と言うのは、違和感があるでしょう。

577

 しかし市民と言うのは、本来国家の為に戦う人であり、国家の為戦う事の対価として参政権を得ると言うのが、ギリシャ人の民主主義の根幹です。
 
 そしてこれこそ民主主義の根幹なのです。
 だから徴兵制は民主主義の根幹なのです。

584

 その意味ではスパルタ市民程、市民らしい市民はいないのです。
 だから開戦の決議のような重要な決議は、スパルタ市民全員による市民集会で決めるのです。

588

 この参政権を持つスパルタ市民は、約1万から1万5千人でした。 だから全員が集まって集会を開く事も可能なのでしょう。

586

 さてツゥキディテスの「戦史」では、この市民集会には、アテネの危険を煽って開戦を督促する同盟国コリント代表だけでなく、仮想敵国アテネも代表を送っているのです。

589
 
 そしてアテネの代表もまたスパルタ市民を前に演説します。

 アテネの代表は、第二次ペルシャ戦役の話を持ち出し、アテネが中心となってギリシャをペルシャの侵略から救った事をスパルタ市民達に思い起こさせて、このような戦争がギリシャ全体の利益にならない事を説くのです。

591

 またコリントの協定破りを非難するのです。 実はこの少し前にスパルタでペロポネソス同盟とデロス同盟の話し合いがあったのですが、この時ペリクレスが実の巧妙な政治取引で、アテネ側に約束を様々取り決めていたのです。

595

 このペリクレスと言う男は、軍人として才能は今一なのですが、ホントに見事な外交手腕の持ち主でした。
 彼は30年間事実上アテネの支配者だったのですが、その間ずうっと、実に巧妙にアテネの経済権益を増やし続けたのです。

607

 しかしこれはスパルタの市民集会ですから、スパルタ人も演説します。

613

 まずスパルタ王、アルキモダスが開戦反対の演説をします。 スパルタの経済力や戦力の限界を考えれば、このような戦争をする事はスパルタにとって危険であり、国益にもならないと言うのです。

616

 一方、エフォロスの一人も、コリントの演説を支持して、アテネの危険を説き、開戦賛成演説を行いました。

624
 
 エフォロスとはスパルタ市民から毎年5人選ばれる役職で、本来はスパルタの国体護持の為に社会を監督するのですが、事実上スパルタの行政を取り仕切っているのです。

636

 一方スパルタ王と言うのは、スパルタ軍が遠征する場合に指揮官をする以外の権限はないのです。

641

 そこで王が開戦反対、エフォロスの一人が開戦反対の演説をして、市民達がこの賛否を決める事になったのです。

651

 但しスパルタでは賛否は投票ではなく、市民が声を挙げてその声の大きさで決めます。

2017y05m18d_112311167

 しかしこの決議では、双方の意見の声の大きさに殆ど差がなかったので、会場を二つに分け、賛成派、反対派がそれぞれの場所に分かれる事になりました。

660

 これで賛成派と反対派を分けてみると、開戦賛成派が幾ばくか多い事がわかりました。

662

 そこでスパルタは開戦を決議したのです。

664

 この経緯を見ると、スパルタ市民達もペロポネソス戦争開戦には相当迷ったのでしょうね。

 だって直接スパルタ本土が危機に晒されているわけでもないし、またスパルタに直接利益になる戦争でもないのですから当然です。
 
2017y05m18d_112626762

 しかしそれでも一旦開戦を決議すれば、全員それに従って戦うのがスパルタ市民なのです。

679

 多数決で物事を決めたら、少数派は当然不満を持ちます。
 でも自分の気に入らない結果に決まれば、従わないと言うのでは民主主義は成り立たないのです。

685
 
 民主主義は自分達が物事を決める為の約束です。 約束を守る事の出来ない人間には民主主義は理解できないし運営不能です。
 だからギリシャ人は奴隷に民主主義は不可能と言いました。

687
 
 それにしても、本当に美しい日でした。

 神様素晴らしい日を有難う。

  1. 札幌の四季
  2. TB(0)
  3. CM(0)

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する