2017-05-13 12:31

八重桜とツゥキディテス

 今朝起きた時からどうも頭がクラクラしました。
 ツゥキディテスのせいです。

068

 夕べ寝る前にツゥキディテスの「戦史」を読みました。
 「戦史」はペロポネソス戦争の顛末を同時代人として、書いた物です。

092

 だから起源前400年前頃に書かれたのです。
 ツゥキディテスもこの戦争でアテネ軍を率いて、出陣した経験があるのです。

103

 しかし市民集会で託された使命は果たせず、帰国後に20年間の国外追放と言う罰を受けました。
 その意味ではアテネの民主主義の暗黒面を自身で体験した人です。

116
 
 それにしても読んでいると非常に明晰で冷徹で、そして克明です。
 だから到底そんな古代の記述とは思えません。

118

 「今次大戦では・・・・」などと言う記述を読むと一瞬「第二次大戦?」と錯覚するほどです。

 ワタシは「平家物語」が好きなのですが、しかしあの情緒的な描写とは全く違います。

121

 「戦史」の中には多数の演説が掲載されているのですが、これは当時のギリシャ諸国の多くが、程度や形式の差はあっても直接民主制で、重要事項は市民集会で決めたからです。

175

 直接民主制ですから、何かを提案する時は、大勢の人の前で提案事項の理由を演説で説明し、聴衆を説得するのです。
 これだとコネや忖度は一切期待できないので、とにかく論理的な説明をするしかないのです。

179

 なるほどこれがギリシャ哲学にも通じる・・・・プラトンの論理的な会話の根源はこれだろう・・・・などと思うのです。

 そういう事は自分でツゥキディテスを読んで初めて納得する事です。

190
 
 しかし問題はこれが岩波文庫だと言う事です。
 だって探したら全文の訳本は岩波文庫しかなかったのです。

 そして岩波文庫は字が小さいのです。

192

 ワタシも昔は随分岩波文庫を読みました。 
 ワタシは本が読めなくなったら自殺しようと思う程の読書お宅だったのです。

212

 しかし30代から目が悪くなり始め、50代の終わりには完全に読書ができなくなりました。

2017y05m12d_223804505

 それでも自殺しなかったのは、その頃ネットができたからです。
 パソコンの字は本より遥かに大きく読みやすいのです。

228

 ところが三年ほど前に奇跡が起きて、また本が読めるようになりました。

250

 それで塩野七生さんの「ギリシャ人の物語」もⅠ,Ⅱ共に読む事ができたのですが、そうするとツゥキディテスも読みたくなったのです。

280

 しかしやはり岩波文庫の小さな字はキツイです。  
 どうも体調が悪いと思っていたら、いつも寝る前に「戦史」を読んだ後に、翌朝体調を崩すのです。

294

 三年前また本が読めるようになってからも、文庫本だけは避けていたのですが、ヤッパリダメでした。

2017y05m12d_224423169
 
 でも「戦史」の続きはどうしても読みたいので、体調がどうなろうとも読み続ける心算です。
 その為に長期戦覚悟で図書館から借りずに、自分で買ったのだから。

319

 しかし辛いな・・・・・。

325

 ところで昨日は午後から晴れたので、また農試公園に行きました。
 八重桜が咲き始めていました。

380

 しかし今日はまた曇天でしかも強風です。
 その上ツゥキディテスのお蔭で体調不良です。

2017y05m12d_225458335

 だから在特会のお花見はパスするしかありません。

  1. 札幌の四季
  2. TB(0)
  3. CM(6)

コメント

https://ja.wikipedia.org/wiki/フレネルレンズ

※フレネルレンズをお勧めします。平板状で虫眼鏡より携帯に便利です。
  1. 2017-05-13 12:55
  2. URL
  3. taigen #-
  4. 編集

父は拡大コピーしてましたね

ちょっと調べてみたら歴史はKindle版が出てますが、戦史は出てませんね、私の父は80代に入り老眼と白内障が進み細かい字が読めなくなり、スキャナーで入力、印刷して読んでましたね、そこまでしてとも思いましたが、おかげでパソコンの使い方をマスターしてくれましたので、今では感謝して居りますが、何しろ視力の低下というのは辛いものですね、まあ、その内デバイスから脳に直接情報が送れるようになるでしょうから、それまでの御不自由かと思います。
ちなみにブックスキャナーは色々と商品化されているようです。

https://www.amazon.co.jp/s/ref=nb_sb_noss?__mk_ja_JP=%E3%82%AB%E3%82%BF%E3%82%AB%E3%83%8A&url=search-alias%3Daps&field-keywords=%E3%83%96%E3%83%83%E3%82%AF%E3%82%B9%E3%82%AD%E3%83%A3%E3%83%8A%E3%83%BC
  1. 2017-05-13 14:27
  2. URL
  3. エピキュリアン #-
  4. 編集

Re: タイトルなし

> https://ja.wikipedia.org/wiki/フレネルレンズ
>
> ※フレネルレンズをお勧めします。平板状で虫眼鏡より携帯に便利です。

 有難う御座います。 
 ワタシの目が悪いのは、目の焦点を合わせる事が出来ない所から来てるので、レンズではダメなのです。
  1. 2017-05-13 21:33
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

Re: 父は拡大コピーしてましたね

> ちょっと調べてみたら歴史はKindle版が出てますが、戦史は出てませんね、私の父は80代に入り老眼と白内障が進み細かい字が読めなくなり、スキャナーで入力、印刷して読んでましたね、そこまでしてとも思いましたが、おかげでパソコンの使い方をマスターしてくれましたので、今では感謝して居りますが、何しろ視力の低下というのは辛いものですね、まあ、その内デバイスから脳に直接情報が送れるようになるでしょうから、それまでの御不自由かと思います。
> ちなみにブックスキャナーは色々と商品化されているようです。
>
> https://www.amazon.co.jp/s/ref=nb_sb_noss?__mk_ja_JP=%E3%82%AB%E3%82%BF%E3%82%AB%E3%83%8A&url=search-alias%3Daps&field-keywords=%E3%83%96%E3%83%83%E3%82%AF%E3%82%B9%E3%82%AD%E3%83%A3%E3%83%8A%E3%83%BC
 
 有難う御座います。
 
 考えてみます。
  1. 2017-05-13 21:34
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

私も老眼になってから随分と本を読むのが億劫になりました。

子供の頃から本好きで初めて図書館に入った時はアラビアンナイトに出てくる「宝の洞窟」かと思ったものでした。

昔から本を読むのは寝床と決まっていたので眼鏡のつるが枕にあたって焦点がずれてしまうのです。

若いころは忙しくて「年取ったら好きな本が思いっきり読める」と思っていたのに暇になったら読めなくなるなんて皮肉なものですね。


  1. 2017-05-14 20:00
  2. URL
  3. 鳴子百合 #-
  4. 編集

Re: タイトルなし

> 私も老眼になってから随分と本を読むのが億劫になりました。
>
> 子供の頃から本好きで初めて図書館に入った時はアラビアンナイトに出てくる「宝の洞窟」かと思ったものでした。
>
> 昔から本を読むのは寝床と決まっていたので眼鏡のつるが枕にあたって焦点がずれてしまうのです。
>
> 若いころは忙しくて「年取ったら好きな本が思いっきり読める」と思っていたのに暇になったら読めなくなるなんて皮肉なものですね。

 ホントに神様も意地悪ですよね。

 ワタシは特に左目が悪くて辛いのです。

 新しい左目を貰えるなら全財産捨てても良いと思うのですが、残念ながらそれでも貰えないようです。
  1. 2017-05-14 20:18
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する