2017-04-20 00:09

何となく思い出

 もう30年ぐらい前の話しですが、ワタシはその頃、英語コンプレックスを治したくて、英会話教室や英語喫茶に通っていました。

 英語喫茶と言うのは、その喫茶店内では英語しか使わない事にして、客同士で英会話の練習をしようと言う喫茶店です。 

084

 そこにいつも子供を連れてくる女性がいました。

 子供は彼女の甥、弟の息子で、小学校3年生でした。
 彼女の弟はアメリカへ留学後、アメリカで働いていてアメリカ人の女性と結婚しました。 それで生まれたのがこの子でした。

 しかし彼女によると弟夫婦は双方、自分のキャリアと人生で頭が一杯で、子供の世話をお互いに押し付け合っていました。

086

 そしていよいよ面倒になると、子供を祖父母の所へ送りつけてくるのです。

 つまり子供一人を飛行機に乗せて、成田に送るのです。 そうすると祖父母のどちらかが、札幌から成田まで子供を連れに行かなくてはなりません。

 それでも祖父母は孫可愛さに文句も言わずに、成田まで子供を連れに行き面倒を見てやり、そして息子夫婦がまた子供を引き取ると言ってくると、今度はまた成田まで子供を連れて行き飛行機に乗せてアメリカへ送り返していました。

101

 しかしこうやって親の都合で、日本とアメリカをキャッチボールされているうちに、子供の精神状態がオカシクなってきました。

 それで祖父母はもう完全に孫を引き取り、日本で孫を育てる決心をしたのです。
 
 そこでその子はもうアメリカへは帰らず、祖父母と、祖父母と同居している独身の伯母と一緒に暮らし、近くの小学校に通う事になったのです。

130

 伯母である女性によると、小学校の先生達は随分良くしてくれたそうです。 

 当時は、学級崩壊とか落ちこぼれとか、学校でイロイロな問題が起きていた頃なのでこれは意外でした。
 
 この子は日米をキャッチボールされて育ったので、日本語はそこそこできるけれど、日本語の読み書きは全くできなかったし、精神的ズタズタになっていた時期もあって、勉強は随分遅れていたそうです。

 けれども担任だけでなく数名の先生達がチームを組んで毎日交代で、自宅まで来てこの子の勉強を見てくれたそうです。

 それでほどなく普通に授業についていけるようになり、本人も喜んで学校へ行くのだそうです。

156

 タダ伯母から見て残念なのは、こうしてこの子が日本の生活に馴染むにつれて、ドンドン英語を忘れて行くことでした。 

 せっかく完璧にバイリンガルで育ったのに・・・・・。

 そこで彼女は何とか甥の英語力を維持してやろうと英語喫茶に連れてくるのでした。

 しかし本人は英語には全然未練がないようでした。

 だからせっかく英会話喫茶に来ても殆ど英語は使わず、他の客から英語を話すように勧められると「何で英語しゃべらなくちゃならないの? 僕は日本人なのに。」と言う始末です。

197

 それを聞くと何とも切ない気がしました。

 だってその子は完全な外人顔だったのです。
 
 混血児でも結構日本人に近い顔の子もいるけど、その子は子供のくせにやたらに鼻が高く、目が落ち窪み、BBC版のシャーロック・ホームズみたいな顔をしているのです。

 だからこれからこの顔で日本人をやっていくにはチョッと辛いだろうなあ・・・・・と思ってしまうのです。

201

 それでもこの子が、そんなことを言って頑張るのは、アメリカの両親との生活が余程辛い物だったのでしょう。

 だって普通に考えたら遠い我が子を遠い日本の祖父母の所の預けっぱなししては、将来子供はアメリカで暮らせなくなるかもしれないし、日本語の出来ない母親とは話もできなくなるかもしれないのです。

 それでも両親は特に文句も言わずに、と言うかこれ幸いとばかりに、祖父母に預けてしまったのです。

 こういう両親との生活が子供にとってどんなものだか・・・・・。

211

 夕べジャックさんのブログを読んでいたら、この子の事を思い出してしまったのです。

 同性婚合法化の背景にあるアメリカの家庭崩壊

 あれからもう30年程経ちますから、この子も今は40過ぎのオヤジになっていると思います。
 
 マジにシャーロック・ホームズ顔になってるんじゃないだろうか・・・・・。

 彼は今どこにいるのでしょうか?
 何処に居ても良いけれど、どうか幸せに暮らしていますよに・・・・・。
  1. 未分類
  2. TB(0)
  3. CM(10)

コメント

混血というものは面白いもので、まるっきり片方の特徴だけが出てる人がいますよね。私には宮沢りえや沢尻エリカが半分コーカソイドというのがわかりません。城田優という人はゲームキャラみたいな全くの白人顔なのに大河で真田幸村やっててオイふざけんなと思いましたが、シャーロック君もその手の偏見に悩まされるでしょうね。
ポリティカリーコレクト教徒がこの手の人たちを使ってサベツサベツ言い続けてたら遠い未来に、全ての人種を混ぜて均質化して同じような顔体型に作った子供を配る社会が実現するんじゃないかと。。
  1. 2017-04-20 02:01
  2. URL
  3. こきち #97nXsu5.
  4. 編集

 物質的には満たされても、愛情が足りなかったりなかったりする家庭の子供は辛いですよね。大人と違って逃げ場がないから、我慢するしかない。でもそのお子さんの祖父母や叔母さんや学校の先生方が、大事に育てようとしていたのは救いですね。

 日本で引き取られる前の家庭環境が、ノルウェー連続テロ事件の犯人の成育歴と少し似ている印象をうけます。犯人の母親は看護師で、父親は経済学者で外交官、そして両親は1歳の時に離婚してそれぞれ別の相手と再婚して両方の家を行ったり来たりで、居場所がなかったと本人は述べていたそうです。何となく、犯人だけ両方の家族から、エアー・ポケットに落ちてしまったみたいだと思いました。そしてそのお子さんは、両親がそろっていても家庭に居場所がなかったのだと思います。

 宗教も地域も民族も超えようとしたリベラル目指す世界市民とは、米国の崩壊した家庭の様子を読むと幸せではないみたいです。そういう意識高い輩の被害は、弱い子供にしわ寄せかくるのに、人権派を気取って結局はお金儲けをしている人たちは最悪だと思います。
  1. 2017-04-20 07:44
  2. URL
  3. 都民です。 #-
  4. 編集

Re: タイトルなし

> 混血というものは面白いもので、まるっきり片方の特徴だけが出てる人がいますよね。私には宮沢りえや沢尻エリカが半分コーカソイドというのがわかりません。城田優という人はゲームキャラみたいな全くの白人顔なのに大河で真田幸村やっててオイふざけんなと思いましたが、シャーロック君もその手の偏見に悩まされるでしょうね。

 容貌が違うと悪意はなくとも奇異の目で見られる事だけは避けられませんからね。
 それは気にしなければ良いと言えばそれまでですが、気にすれば辛いでしょう。

> ポリティカリーコレクト教徒がこの手の人たちを使ってサベツサベツ言い続けてたら遠い未来に、全ての人種を混ぜて均質化して同じような顔体型に作った子供を配る社会が実現するんじゃないかと。。

 ポリコレ教の理想社会を実現すると、全ての国も人間も完全に均一化して、彼等の言う「多様な価値を認める社会」とか「多文化共存」とかとは、真逆になります。
  1. 2017-04-20 13:35
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

Re: タイトルなし

>  物質的には満たされても、愛情が足りなかったりなかったりする家庭の子供は辛いですよね。大人と違って逃げ場がないから、我慢するしかない。でもそのお子さんの祖父母や叔母さんや学校の先生方が、大事に育てようとしていたのは救いですね。

 ええ、伯母さんも祖父母も随分可愛がっていたようです。
 だから何とか幸せに育ってほしかったです。
>
>  日本で引き取られる前の家庭環境が、ノルウェー連続テロ事件の犯人の成育歴と少し似ている印象をうけます。犯人の母親は看護師で、父親は経済学者で外交官、そして両親は1歳の時に離婚してそれぞれ別の相手と再婚して両方の家を行ったり来たりで、居場所がなかったと本人は述べていたそうです。何となく、犯人だけ両方の家族から、エアー・ポケットに落ちてしまったみたいだと思いました。そしてそのお子さんは、両親がそろっていても家庭に居場所がなかったのだと思います。

 両親がそれぞれ再婚すると再婚前の子供の居場所がなくなるのは、普通にあり得る話しですよね。 シンデレラとか昔話ではそういう子は継母に苛められるのです。

 これはきっと人権大国のインテリ家庭でも同じだったのでしょう。
>
>  宗教も地域も民族も超えようとしたリベラル目指す世界市民とは、米国の崩壊した家庭の様子を読むと幸せではないみたいです。そういう意識高い輩の被害は、弱い子供にしわ寄せかくるのに、人権派を気取って結局はお金儲けをしている人たちは最悪だと思います。

 思うにリベラルは個人主義が基本原理になりますが、しかしこれは成人して自立できる大人の権利を最大限守ると言う話しなのです。

 でも子供は個人主義ではダメなのです。
 子供は親の愛情を得られないとやっていけない存在なので、両親が共に自分の個人生活に耽溺して、子供への愛情を二の次にされちゃうとどうしようないのです。

 自分で自分の権利を主張する事もできないし、愛情って権利を主張したらえられるものでもないですし。

 それを思うと子供の養育って近代個人主義、合理主義の穴です。
  1. 2017-04-20 13:47
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

人間は言葉で物を考えるのですが、それをバイリンガルで行えるなどという人は殆ど例外です。
どんな人でも自我の確立期は一個の言葉で自我を作るのです。そのときにバイリンガル環境にあるというのははっきり言って不幸だと思います。時々言われるのですが、カナダの英仏両用語圏やベルギーの多用語圏、スイスなどでは大作家が出ないといいます。言葉というものは一カ国語のみで考えるものだからです。

つまりOSのようなものでよほどのPCでもない限り2つのOSを走らすことはできないのです。
この子もそういう無理をさせて人格が破綻したのですよ。

小生の知人にとんでもない英語使いがいます。とにかく英語も日本語も同じ程度で考えられると豪語してます。ところがこの御仁英語の時と日本語の時で性格が変わってしまう。とにかく英語のときはアグレッシブになり日本人ではなくなってしまうのです。この感覚で外資系でビジネスをやってましたが日本の会社に入って完全に機能不全を起こしました。とにかく合わない、としか言いようがない。これは帰国子女によく見られる問題ですが大人にだってあります。

この子供はそういう時期を日本語を選んだのですが正解だったでしょう。並程度の人間には完全なバイリンガルなんて無理なんです。日常会話程度でいいとか言うなr場特に問題はありませんが、日本の母親たちはバイリンガルというのはビジネスに通用するような能力を言外に求めています。これは不幸としか言えません。

心ある英語教師はみな言ってますが小学校英語なんてのは無駄の典型でしょうね。みな導入には懐疑的です。それよりも母国語、つまり日本語を徹底的に頭に叩き込んでくれといってます。森鴎外などという人は幼少期に漢籍まで叩き込まれた人ですが欧州諸語が殆ど問題なくわかったといいます。コツはラテン語を叩き込んだことらしいのですがあそこまでの語学力がったからできたことでしょう。こんな事不可能です普通の人には…

まだそれなら完全な日本語OSの上で英語使いを作ることを考えたほうがいい。しかも英語なんて半分以上は非英語圏の人間との会話でしょう。本当に馬鹿だなあとしか言えない気がします。


  1. 2017-04-20 16:03
  2. URL
  3. kazk #cPv2SIBE
  4. 編集

身近に国際結婚している人がいて、その人の子供は白人顔です。でも、ほとんど日本語しかできない普通の高校生ですね。
子供のうちは、外見が普通の日本人と違うことで、からかわれたりイジメられたりすることもあったかもしれません。でも結局は、本人の性格や人当たりだと思うんですよね。

2ちゃんねるや、まとめサイトで少し前に話題になったモデルの宮本エリアナは、黒人とのハーフだからネット民に叩かれたんじゃなくて、「自分の家庭環境の問題」を「社会の問題」にすり替えて、まるで在日コリアンのように反日的な言動を繰り返していたから叩かれたわけです。

元ミス・ユニバース日本代表宮本エリアナさん 「反日」レッテルとの戦い - ライブドアニュース
http://news.livedoor.com/article/detail/11747928/
【反日】宮本エリアナの過去のクラブ勤務&タバコ喫煙が発覚!革命を起こすなどの発言も!【画像有】2ch「嫌い」 : NEWSまとめもりー|2chまとめブログ
http://www.akb48matomemory.com/archives/1031593343.html

リオデジャネイロ五輪に出場した陸上のケンブリッジ飛鳥も黒人とのハーフですが、彼は日本への恨み言なんて言わないし、そもそも自分の生い立ちをペラペラしゃべったりしません。しかし、ネット上にあった情報だけ見ても、彼もまた、かなり複雑な環境で育ったことがわかります。

ケンブリッジ飛鳥の父はジャマイカ人で仕事や母や美人の妹などまとめ - 深夜の芸能ひそひそ話
http://xn--ick3b8eyct505c6fc.net/asuka_matome/
ケンブリッジ飛鳥の父が離婚で母と妹が父親の画像や写真を流出? | 最新情報ブログ2016
http://arashi1.wpblog.jp/news/3256

複雑な家庭環境で育ったために性格が歪んでしまって、大人になってからも人間関係をうまく築けない人のことは、気の毒だなーとは思います。
また、同じ強さのストレスを受けても感じ方には個人差があるでしょう。メンタルの強さも体の強さと同じように生まれつきの部分が大きいですから。
たぶん「自分の外見が日本人ではない」という事で疎外感を持つような人は、たとえ外見が100%日本人であっても、違う理由で疎外感を持つんじゃないかと思います。

ジャックさんのブログ記事は、いろいろと考えさせられますね。アメリカでは、少しでも子供が虐待されている疑いがあると、親からどんどん子供を取り上げて里子や養子に出すそうです。子供を虐待から守るためには仕方ないんでしょうが・・・。
タイトルを忘れてしまったんですが、虐待と間違われて子供を取り上げられてしまった母親を描いたハリウッド映画もありました。

また、同性カップルが養子を育てたり、白人の夫婦が外国から有色人種の子供を養子にしたりすることについては、私は以前から疑問に思っています。
  1. 2017-04-20 19:32
  2. URL
  3. かんぱち #vF6NeGQU
  4. 編集

Re: タイトルなし

> 人間は言葉で物を考えるのですが、それをバイリンガルで行えるなどという人は殆ど例外です。
> どんな人でも自我の確立期は一個の言葉で自我を作るのです。そのときにバイリンガル環境にあるというのははっきり言って不幸だと思います。時々言われるのですが、カナダの英仏両用語圏やベルギーの多用語圏、スイスなどでは大作家が出ないといいます。言葉というものは一カ国語のみで考えるものだからです。
>
> つまりOSのようなものでよほどのPCでもない限り2つのOSを走らすことはできないのです。
> この子もそういう無理をさせて人格が破綻したのですよ。
>
> 小生の知人にとんでもない英語使いがいます。とにかく英語も日本語も同じ程度で考えられると豪語してます。ところがこの御仁英語の時と日本語の時で性格が変わってしまう。とにかく英語のときはアグレッシブになり日本人ではなくなってしまうのです。この感覚で外資系でビジネスをやってましたが日本の会社に入って完全に機能不全を起こしました。とにかく合わない、としか言いようがない。これは帰国子女によく見られる問題ですが大人にだってあります。

 なるほどね。

 言葉が変わると性格も変わる。
 しかし言葉と言うのは、その言葉が生まれた文化も含めての表現ですから、本当に外国語を極めるとそうなるのでしょう。

 日本人的感覚を全部英語で表現するのは無理があると思いますし。

> この子供はそういう時期を日本語を選んだのですが正解だったでしょう。並程度の人間には完全なバイリンガルなんて無理なんです。日常会話程度でいいとか言うなr場特に問題はありませんが、日本の母親たちはバイリンガルというのはビジネスに通用するような能力を言外に求めています。これは不幸としか言えません。

 そりゃバイリンガルに成れるなら便利だろうとは思うのですけどね。
 しかしそうなる事でのデメリットも実はあるのでしょう。 でもそれは皆わかっていませんから。

> 心ある英語教師はみな言ってますが小学校英語なんてのは無駄の典型でしょうね。みな導入には懐疑的です。それよりも母国語、つまり日本語を徹底的に頭に叩き込んでくれといってます。森鴎外などという人は幼少期に漢籍まで叩き込まれた人ですが欧州諸語が殆ど問題なくわかったといいます。コツはラテン語を叩き込んだことらしいのですがあそこまでの語学力がったからできたことでしょう。こんな事不可能です普通の人には…
>
> まだそれなら完全な日本語OSの上で英語使いを作ることを考えたほうがいい。しかも英語なんて半分以上は非英語圏の人間との会話でしょう。本当に馬鹿だなあとしか言えない気がします。

 子供の時に外国に行くと、皆見事に外国語を覚えるから、子供のうちに外国語を教えれば良い、と安易に考えるのですよね。

 でもあれ子供にとっては凄く辛く厳しい事なのです。
 だってわけもわからないまま全く言葉の通じない世界に放り込まれるのですから。

 実は大人だって同様に、無理矢理外国へ放り出されたら結構言葉を覚える事はできるのです。
 
 昔フランス人の窃盗団を日本に引き込んだ男がいて、ソイツはフランス語を完璧にしゃべれたのです。

 で、その男がどうやってフランス語を覚えたかと言うと、フランスで悪い事をして数年フランスの刑務所にぶち込まれていたのです。
 そこで否応なしにフランス語を覚えたのです。

 本人は日本では「フランスの国立施設で勉強した」と言っていたそうです。
  1. 2017-04-20 19:44
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

Re: タイトルなし

> 身近に国際結婚している人がいて、その人の子供は白人顔です。でも、ほとんど日本語しかできない普通の高校生ですね。
> 子供のうちは、外見が普通の日本人と違うことで、からかわれたりイジメられたりすることもあったかもしれません。でも結局は、本人の性格や人当たりだと思うんですよね。

 差別と言っても所詮見かけだけの話ですからね。

> 2ちゃんねるや、まとめサイトで少し前に話題になったモデルの宮本エリアナは、黒人とのハーフだからネット民に叩かれたんじゃなくて、「自分の家庭環境の問題」を「社会の問題」にすり替えて、まるで在日コリアンのように反日的な言動を繰り返していたから叩かれたわけです。
>
> 元ミス・ユニバース日本代表宮本エリアナさん 「反日」レッテルとの戦い - ライブドアニュース
> http://news.livedoor.com/article/detail/11747928/
> 【反日】宮本エリアナの過去のクラブ勤務&タバコ喫煙が発覚!革命を起こすなどの発言も!【画像有】2ch「嫌い」 : NEWSまとめもりー|2chまとめブログ
> http://www.akb48matomemory.com/archives/1031593343.html
>
> リオデジャネイロ五輪に出場した陸上のケンブリッジ飛鳥も黒人とのハーフですが、彼は日本への恨み言なんて言わないし、そもそも自分の生い立ちをペラペラしゃべったりしません。しかし、ネット上にあった情報だけ見ても、彼もまた、かなり複雑な環境で育ったことがわかります。
>
> ケンブリッジ飛鳥の父はジャマイカ人で仕事や母や美人の妹などまとめ - 深夜の芸能ひそひそ話
> http://xn--ick3b8eyct505c6fc.net/asuka_matome/
> ケンブリッジ飛鳥の父が離婚で母と妹が父親の画像や写真を流出? | 最新情報ブログ2016
> http://arashi1.wpblog.jp/news/3256
>
> 複雑な家庭環境で育ったために性格が歪んでしまって、大人になってからも人間関係をうまく築けない人のことは、気の毒だなーとは思います。
> また、同じ強さのストレスを受けても感じ方には個人差があるでしょう。メンタルの強さも体の強さと同じように生まれつきの部分が大きいですから。
> たぶん「自分の外見が日本人ではない」という事で疎外感を持つような人は、たとえ外見が100%日本人であっても、違う理由で疎外感を持つんじゃないかと思います。

 人間が疎外感を持つ理由は様々ですからね。
 
> ジャックさんのブログ記事は、いろいろと考えさせられますね。アメリカでは、少しでも子供が虐待されている疑いがあると、親からどんどん子供を取り上げて里子や養子に出すそうです。子供を虐待から守るためには仕方ないんでしょうが・・・。
> タイトルを忘れてしまったんですが、虐待と間違われて子供を取り上げられてしまった母親を描いたハリウッド映画もありました。
>
> また、同性カップルが養子を育てたり、白人の夫婦が外国から有色人種の子供を養子にしたりすることについては、私は以前から疑問に思っています。

 ワタシも凄く違和感があります。

 これは自称リベラリスト達への根源的な疑問だけれど、彼等は人間が所詮は哺乳類だと言う事を受け入れられないのではないでしょうか?

 親子や性的な物から来る絆の根源は哺乳類としての限界を超えられないのに、彼等はそれを何とか無視しようとするのです。

 でもこれは無理があると思うのです。
  1. 2017-04-20 22:02
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

深刻さやスケールがまるで違いますが、件の子供と似たような体験をしてます。私事で恐縮ですが・・。
幼児(4~5歳)のころの話ですが、実は私も帰国子女で
中華圏の某国におりました。実家にある古いカセットテープには見事な中国語で歌を歌っている自身の音声が入っていたりします。今、聞くと自分とは思えませんが(笑)

>「何で英語しゃべらなくちゃならないの? 僕は日本人なのに。」

これすごくよくわかります。英語を中国語に置き換えると
まるきり幼児時代の私です。幼児ですから、はっきりとした考えや意思があったわけではありませんが、漠然とそんな風に考えて日本語しか喋らなくなりました。今思うと
もったいない限りですが。

そんな自身の体験から、私は英語は小学生から・・みたいな意見や制度改革には非常に疑問を感じますね。
子供は覚えるのも早いけど、忘れるのも早いってことをまるで考えてないし、覚えるのが早いっていっても単に周囲に染まりやすい・・というだけで本当に深いところを理解しているわけではないですし。

別に将来、英語圏に移民するわけでもないのにインターナショナルスクールだのアメリカンスクールだのに子供を入れる親は何考えてるのかなぁ?と思ったりもします。

外国語を学ぶって単に言葉を覚えるってだけではなくて
対象国の文化にある程度染まる、悪くいえばカブれること
だと思うのです。そうでなければ、決して「ペラペラ」の
レベルにはならないでしょう。

で、幼少期から英米文化に染まった子供や若者は良くも悪くも日本社会のあらゆる面に違和感を覚えるようになるのではないでしょうか?具体的な例をあげますと・・。

これまた、私事ですが、高校時代に私の高校には米国人の
留学生が来ていまして、日本語もうまく優秀な人でしたが、そんな彼でも学校に限らず、日本の組織につきものの
「先輩」「後輩」という人間関係はよくわからなかったようです。
幼少期から英米文化に「かぶれた」人間をつくる・・ということはそういう子供や若者を増やすってことでもあるわけで、そんな子供・若者を日本人の大人は受け入れる用意があるのかな?と思ったりもしますね。

まあ、「外国語が堪能=かっこいい、国際的」なんて素直に考えられる日本人は、ある意味恵まれた環境にいるんでしょうね。
そのうち、日本も本当に「国際化」して大都市には日本でありながら日本語が通じない、日本の風習が通じない地域が出現でもすれば、そんなに素直に能天気に考えていられるのかどうか?見ものでもありますね。
  1. 2017-04-21 11:13
  2. URL
  3. prijon #-
  4. 編集

Re: タイトルなし

> 深刻さやスケールがまるで違いますが、件の子供と似たような体験をしてます。私事で恐縮ですが・・。
> 幼児(4~5歳)のころの話ですが、実は私も帰国子女で
> 中華圏の某国におりました。実家にある古いカセットテープには見事な中国語で歌を歌っている自身の音声が入っていたりします。今、聞くと自分とは思えませんが(笑)
>
> >「何で英語しゃべらなくちゃならないの? 僕は日本人なのに。」
>
> これすごくよくわかります。英語を中国語に置き換えると
> まるきり幼児時代の私です。幼児ですから、はっきりとした考えや意思があったわけではありませんが、漠然とそんな風に考えて日本語しか喋らなくなりました。今思うと
> もったいない限りですが。
>
> そんな自身の体験から、私は英語は小学生から・・みたいな意見や制度改革には非常に疑問を感じますね。
> 子供は覚えるのも早いけど、忘れるのも早いってことをまるで考えてないし、覚えるのが早いっていっても単に周囲に染まりやすい・・というだけで本当に深いところを理解しているわけではないですし。
>
> 別に将来、英語圏に移民するわけでもないのにインターナショナルスクールだのアメリカンスクールだのに子供を入れる親は何考えてるのかなぁ?と思ったりもします。
>
> 外国語を学ぶって単に言葉を覚えるってだけではなくて
> 対象国の文化にある程度染まる、悪くいえばカブれること
> だと思うのです。そうでなければ、決して「ペラペラ」の
> レベルにはならないでしょう。
>
> で、幼少期から英米文化に染まった子供や若者は良くも悪くも日本社会のあらゆる面に違和感を覚えるようになるのではないでしょうか?具体的な例をあげますと・・。
>
> これまた、私事ですが、高校時代に私の高校には米国人の
> 留学生が来ていまして、日本語もうまく優秀な人でしたが、そんな彼でも学校に限らず、日本の組織につきものの
> 「先輩」「後輩」という人間関係はよくわからなかったようです。
> 幼少期から英米文化に「かぶれた」人間をつくる・・ということはそういう子供や若者を増やすってことでもあるわけで、そんな子供・若者を日本人の大人は受け入れる用意があるのかな?と思ったりもしますね。
>
> まあ、「外国語が堪能=かっこいい、国際的」なんて素直に考えられる日本人は、ある意味恵まれた環境にいるんでしょうね。
> そのうち、日本も本当に「国際化」して大都市には日本でありながら日本語が通じない、日本の風習が通じない地域が出現でもすれば、そんなに素直に能天気に考えていられるのかどうか?見ものでもありますね。

 なるほどね。
 
 言語ってその言語を使う文化そのモノですからね。

 ワタシは中学校で英語を習い始めた時、一人称がIだけ、二人称がyouだけなのに凄く違和感があったのです。 
 
 先輩後輩どころか、社長と平社員がIとyouだけで話すと言うのが、信じられなかったのです。

 こういう日本語の感覚は日本社会、日本文化と英米圏のそれとの違いでしょう。

 そう言う違いが言語に現れているのですが、それを理解しないで言葉だけ学んでも何処かちぐはぐになるのでしょうね。 
  1. 2017-04-21 11:45
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する