2017-04-10 12:27

試験艦あすか見学

 昨日は室蘭港へ海上自衛隊の試験艦あすかを見学に行きました。

008

 素晴らしい快晴で、室蘭へ行く道々、雪を頂いた山々が神々しく輝くのが見えました。

009

 そして眼下には室蘭の街が見えます。

016

 あすかの公開は1時からでしたが、ワタシ達が到着した1時4分にはもう沢山の人があすかに乗っていました。

022

 あすかは試験艦です。

025

 軍オタでもないワタシには外見が他の護衛艦とどう違うのかわかりません。

026

 しかしウィキで見ると、戦う事を目的とする船ではなく、海上自衛隊の装備品の性能試験を専門にする船です。

028

 つまり非常に優れたレーダーやソナーなどを装備して、自衛隊で採用予定の艦船のステルス性能や、魚雷の性能試験などを行う為の船なのです。

033

 ミサイル防衛システムの実験観測などもこの船の仕事だそうです。

039

 この船は1995年から就役ですが、試験艦と言うのは自衛隊ではこれ一隻だそうです。

040

 装備が高度化するとこうした専門の船が必要になるのですね。

046

 乗船後、艦橋の操舵室に向かって進むのですが、凄い高さです。

051

 階段は梯子のように急で恐ろしく、船が揺れたらどんな有様か想像するだけで身の毛がよだちます。

062

 それでも何とか操舵室にたどり着きました。

064

 操舵室の中は暖かくてホッとします。

083

 快晴で気温だって10℃弱だったのですが、風が冷たくて、凍える程寒かったのです。

085

 艦橋から海を見下ろすと、彼方に羊蹄山が聳えていました。

100

 海面を見ていると波が船尾に向かて流れて行き、船が進んでいるようで頭がクラクラします。

106

 こんなに寒くて強風なのに、見学者は大入り満員で、操舵室は押し競饅頭でした。

132

 それで操舵室を出て今度は船尾へ向かいます。

133

 船尾の彼方には室蘭の名所白鳥大橋が見えます。

  1. 札幌の四季
  2. TB(0)
  3. CM(2)

コメント

訂正します練習艦ではなく試験艦でした

試験艦自体は、古くからあります、軍事技術は日進月歩ですから、艦内は狭いが合理的みたいです。
潜水艦はもっと狭い中秘密理にひたすら侵略者を警戒しています。

今、自衛隊以外に海上保安庁や水産庁の漁業取締船まで、沖縄に張り付いているようで、頭のおかしいパヨクを早く滅ぼしたいです。

緊張感漂う今に防人の皆さま方には頭が下がります。

でも寒い中お疲れ様でした。


http://otokogumdoronikazu0000000.blog.jp/

http://wwwjtheravadanetsatoutesuroushibuykusyogaisyaombudsman0000.dreamlog.jp/

http://sesesekurokawashigeru.blog.jp/
  1. 2017-04-10 14:33
  2. URL
  3. 永田町の雀 #HurUS3vk
  4. 編集

Re: 訂正します練習艦ではなく試験艦でした

> 試験艦自体は、古くからあります、軍事技術は日進月歩ですから、艦内は狭いが合理的みたいです。
> 潜水艦はもっと狭い中秘密理にひたすら侵略者を警戒しています。
>
> 今、自衛隊以外に海上保安庁や水産庁の漁業取締船まで、沖縄に張り付いているようで、頭のおかしいパヨクを早く滅ぼしたいです。
>
> 緊張感漂う今に防人の皆さま方には頭が下がります。
>
> でも寒い中お疲れ様でした。
>
>
> http://otokogumdoronikazu0000000.blog.jp/
>
> http://wwwjtheravadanetsatoutesuroushibuykusyogaisyaombudsman0000.dreamlog.jp/
>
> http://sesesekurokawashigeru.blog.jp/

 今は陸自も西日本中心の配備になっていますね。 北海道の師団はドンドン人員を削減して、西日本に移動させています。

 情報が出ないので国民はノンビリしていますが、実は結構大変な状況でしょう。
  1. 2017-04-11 10:27
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する