2017-03-17 13:34

児童ポルノ漫画とBBCの馬鹿女

 児童ポルノについて根源的な疑問ですが、二次元の児童ポルノが子供の性的虐待を誘発すると言う根拠はあるのでしょうか?

 少し前ですが、BBCが日本の二次元児童ポルノを特集し、女性リポーターが「日本人は子供を性的に搾取しても良いと思っているのではないか。」と熱く主張したそうです。

2017y03m17d_130004101.jpg 

 彼女は「漫画だけでは物足りなくなる人が出てくるかもしれません。」と言ってます。
 
 それではそういう人はどの程度出てくるのでしょうか?
 逆に児童ポルノ漫画を禁止すれば、子供への性的虐待が減ると言う根拠は何処にあるのでしょうか?

 児童ポルノに限らずポルノには、性欲を掻きたてる、誘発すると言う面はあります。
 
 しかし性的なパートナーの居ない人が、ポルノを使って性欲を掻きたててそれで自慰を行って、性欲をコントロールしていると言う面もあるのではありませんか?

 実際、日本とイギリスの子供の性的虐待の件数を比べると、イギリスの方が遥かに多いのです。 

097

イギリスにおける性的虐待件数(15歳までの児童) 

 2011年度 2万1,493件 
 2012年度 2万3,000件 
 2013年度 3万1,000件 
 2014年度 4万7,008件 

日本における性的虐待件数(18歳までの児童) 

 2011年度 1,460件 
 2012年度 1,449件 
 2013年度 1,582件 
 2014年度 1,520件 

135

  イギリスは日本に比べて二次元も含めて児童ポルノに対する規制が遥かに厳しいのです。 それなのにイギリスの方が遥かに子供の性的虐待が多いのです。
 
 これは

 児童ポルノ漫画が自由に手に入る日本の小児性愛者は、児童ポルノ漫画を使って性欲を解消してしまい、実際の犯罪には及ばない。
 しかし児童ポルノ漫画さへも完全に禁止されているイギリスの小児性愛者は、性欲の解消法がない為、現実の児童への性犯罪に走る。

 と説明できるのではありませんか?

145

 欧米では近年まで同性愛が犯罪・病理とされてきました。 それで同性愛者に刑事罰を課したり、ホルモン療法などの治療を強制したしりました。
 
 天才数学者アラン・チューリングをそれで自殺に追い込みました。

 しかしそれでも同性愛はなくなりませんでした。 
 
 なぜ同性愛者が生まれるのかはわかっていませんが、現在では単に病気だとか犯罪とか言って済ませる事はできない物であることがわかってきました。

 それで今では欧米でも同性愛を合法化し、同性愛者の人権を守るようになりました。

 小児性愛は意思決定権のない子供を相手にすることから、同性愛のように合法化はできません。

 しかし小児性愛者も同性愛同様、その不道徳性を咎めるだけで、また治療や刑事罰だけで、この世から消せるものではないでしょう?

148

 であるならば児童ポルノ漫画で、彼等が性欲をコントロールしてくれるなら、理想的ではありませんか?

 彼等が自分の性的嗜好が、絶対に現実世界で満足してはならない物であることを納得した上で、児童ポルノ漫画で性欲を解消して、子供への性犯罪に走る事を防ぐ事ができるなら、子供達にとっても彼等にとっても救いではありませんか?

 だって「進撃の巨人」のアニメでどんなに巨人が暴れまわっても犠牲者は一切でないのと同様、児童ポルノ漫画でもそれで実際に性的虐待される子供は一人もいないのですから。

 それでも「児童ポルノ漫画を禁止しよう」と言う声が上がるのは、小児性愛者以外の人間にとって、児童ポルノ漫画はあまり不快で不道徳と感じられるからでしょう?

 要するに「オレが気持ち悪いから止めろ!!」と言うだけなのです。

 でもこれは実は同性愛者でない人間にとって、同性愛が気持ち悪くて不快だから、「同性愛を禁止しろ!!」と言ったのと同じでしょう?

158

 イヤ、勿論小児性愛は実際に不道徳なんですよ。

 でも「不道徳だから止めろ!!」と言うだけでそれを防げるなら強姦事件なんて物は、そもそも起きないのです。

 だから本当に児童への性犯罪を防ごうとするなら、児童ポルノ漫画が児童への性犯罪を誘発するか抑制するかを、まず科学的に検証するべきではありあませんか?
 
 検証した結果、犯罪を誘発するとわかれば勿論禁止するべきです。

 しかし検証した結果、犯罪を抑制する効果があるなら、子供達を性犯罪から守る手段、そして性犯罪への誘惑から小児性愛者を守る手段としても活用するべきではありませんか?

 少なくもこのBBCの馬鹿女みたいにヒステリックで感情的な対応は避けるべきです。

167

追伸

 現在、イギリスでは児童ポルノでない普通のポルノについては、殆ど規制がないようです。

 で、非常に不思議なのですが、児童ポルノ以外のポルノは性犯罪を誘発しないのでしょうか?

 ポルノが性犯罪を誘発するであれば、児童ポルノだけではなく、ポルノ全てを禁止するべきではありませんか?

 だって成人女性なら性犯罪の被害に遭っても構わないわけじゃないでしょう?

 それなのに児童ポルノについては二次元まで禁止しろ!!と言い、それ以外なら無修正実写も規制しないと言うのは、論理性も整合性もありません。


  1. 未分類
  2. TB(0)
  3. CM(15)

コメント

ダブル・スタンダード

欧米のリベラル・メディアはみんなそうですが、BBCは特に小児性愛者への攻撃が激しい気がしますね。LGBTに対して寛容なのとは、あまりに対照的です。
欧米のリベラル・メディアが小児性愛者を激しく攻撃する理由の1つは、キリスト教聖職者による子供への性的虐待事件が後を絶たないからでしょう。BBCは昔からこの問題を追及しています。

でも、小児性愛者を攻撃するだけで、具体的な解決策を全く示さない報道姿勢には、私も昔から違和感を持っていました。「小児性愛者など去勢してしまえ」とでも言うなら、まだ主張に一貫性があるんですが、彼らはそういう事は言いません。ズルイですよね。

海外では、テレビでの性描写や暴力描写を厳しく規制している国が多いですが、テレビや漫画の性描写や暴力描写と、実際の性犯罪や暴力犯罪について、因果関係などの科学的なデータを採っている国は、おそらく無いんじゃないでしょうか?少なくとも私は聞いたことがありません。
3つ前のエントリとも関係しますが、テレビで喫煙シーンを流すことを禁止している国も多いですね。たしか韓国もそうだったと思います。

逆説的ですが、日本の漫画やアニメに性描写や暴力描写の規制がほとんどないのは、現実世界での性犯罪や暴力犯罪の発生率が、日本は世界最低レベルだからです。
現代では大きな声じゃ言えませんが、こういう国民性・民族気質って、遺伝的・先天的なものだと思いますね。日本人は先天的に温厚なオタク気質で、性犯罪が多いどこかの半島民族は、先天的に憤怒調節障碍の火病気質なんだと思います。

そういったことから、日本のアニメが外国で放送される時は、バトルシーンがカットされたり、差し替えられたりすることが多いそうです。前に読んだアニメの記事に「ポケモンのバトルシーンも北米では差し替えている」と書いてあって驚いたことがあります。
  1. 2017-03-17 22:38
  2. URL
  3. かんぱち #vF6NeGQU
  4. 編集

そもそも

>小児性愛は意思決定権のない子供を相手にすることから

そもそも、子供に宗教教育(一神教をいう)を行う事それ自体が虐待であると、リチャード・ドーキンス「神は妄想である」では説いております。
教養と社会経験のある大人が奇蹟とか神の存在を信じ込まされるのは拷問、洗脳によるもので、自ら信仰に入るのは病気(不幸)によるので、それを判断できない子供に刷り込むのは犯罪ですよね。
大人になるにつれ社会で知識経験を積み上げて来て脳内に見事な不連続点が生じるのですから、人によっては越えられない恐怖ですよね。
私は「キリスト教聖職者」は神と奇蹟は存在すると、そして「救いは在る」とホントに信じているのか、もし信じていないのに聖職者には成れるのか、を知りたいのです。
余計な事ですが、私は「レオン」のマチルダとキアヌリーブスの「コンスタンチン」が大好きです。
追伸
貴方の風景写真がとても好きです。自然と光の中に溶け込む貴方の生と存在の喜びを感じます。
  1. 2017-03-18 00:02
  2. URL
  3. トラウマ #RWLNmTs6
  4. 編集

Re: ダブル・スタンダード

> 欧米のリベラル・メディアはみんなそうですが、BBCは特に小児性愛者への攻撃が激しい気がしますね。LGBTに対して寛容なのとは、あまりに対照的です。
> 欧米のリベラル・メディアが小児性愛者を激しく攻撃する理由の1つは、キリスト教聖職者による子供への性的虐待事件が後を絶たないからでしょう。BBCは昔からこの問題を追及しています。
>
> でも、小児性愛者を攻撃するだけで、具体的な解決策を全く示さない報道姿勢には、私も昔から違和感を持っていました。「小児性愛者など去勢してしまえ」とでも言うなら、まだ主張に一貫性があるんですが、彼らはそういう事は言いません。ズルイですよね。
>
> 海外では、テレビでの性描写や暴力描写を厳しく規制している国が多いですが、テレビや漫画の性描写や暴力描写と、実際の性犯罪や暴力犯罪について、因果関係などの科学的なデータを採っている国は、おそらく無いんじゃないでしょうか?少なくとも私は聞いたことがありません。
> 3つ前のエントリとも関係しますが、テレビで喫煙シーンを流すことを禁止している国も多いですね。たしか韓国もそうだったと思います。
>
> 逆説的ですが、日本の漫画やアニメに性描写や暴力描写の規制がほとんどないのは、現実世界での性犯罪や暴力犯罪の発生率が、日本は世界最低レベルだからです。
> 現代では大きな声じゃ言えませんが、こういう国民性・民族気質って、遺伝的・先天的なものだと思いますね。日本人は先天的に温厚なオタク気質で、性犯罪が多いどこかの半島民族は、先天的に憤怒調節障碍の火病気質なんだと思います。
>
> そういったことから、日本のアニメが外国で放送される時は、バトルシーンがカットされたり、差し替えられたりすることが多いそうです。前に読んだアニメの記事に「ポケモンのバトルシーンも北米では差し替えている」と書いてあって驚いたことがあります。

 ワタシも欧米の小児性愛に対する感覚には非常に違和感があります。

 子供を相手の性犯罪が非常に悪い事であるのは全く同感ですが、しかしそれにしては欧州諸国の子供相手への性犯罪の量刑が異様に軽くて、頭がクラクラするほどです。

 少女を集団強姦しても、犯人が難民だったりすると殆ど罪にも問われずそのまま釈放されていたりするのです。
 勿論実名も顔写真も公表されません。
 また強制送還にもなりません。

 これでは国家と司法の側に自国の子供達を性犯罪から守る意思がないとしか思えません。

 一方このBBCの馬鹿女の例のように、児童ポルノ漫画のように被害者のいない物にまで執拗な攻撃を加えます。

 一体彼等は何の為に児童の性的虐待や搾取を問題にしているのでしょうか?

 
  1. 2017-03-18 12:13
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

Re: そもそも

> >小児性愛は意思決定権のない子供を相手にすることから
>
> そもそも、子供に宗教教育(一神教をいう)を行う事それ自体が虐待であると、リチャード・ドーキンス「神は妄想である」では説いております。
> 教養と社会経験のある大人が奇蹟とか神の存在を信じ込まされるのは拷問、洗脳によるもので、自ら信仰に入るのは病気(不幸)によるので、それを判断できない子供に刷り込むのは犯罪ですよね。
> 大人になるにつれ社会で知識経験を積み上げて来て脳内に見事な不連続点が生じるのですから、人によっては越えられない恐怖ですよね。
> 私は「キリスト教聖職者」は神と奇蹟は存在すると、そして「救いは在る」とホントに信じているのか、もし信じていないのに聖職者には成れるのか、を知りたいのです。

 一神教は人工宗教でしかも、他の宗教を否定する事で成立するのですから、問題が多いのですよね。

> 余計な事ですが、私は「レオン」のマチルダとキアヌリーブスの「コンスタンチン」が大好きです。
> 追伸
> 貴方の風景写真がとても好きです。自然と光の中に溶け込む貴方の生と存在の喜びを感じます。

 有難う御座います。
  1. 2017-03-18 12:32
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

BBCの馬鹿女を弁護する気はないのですが

個人的な雑感として一読ください。まず日本人という存在は非常に特殊です。日本人以外からの理解が非常に難しいのです。極東の島国に1億人以上が生活していて、ほぼ単一民族。経済活動や技術力に優れ、マナーとモラルを弁えていながら、キリスト教文化圏に属していない。ヨーロッパの人達は自分たちが世界を導いてきたと無意識で考えていますから、日本という存在を理解できないし、無意識で排除しようとする傾向にあります。

大抵のヨーロッパの国々の歴史の教科書では、日本は極東と云う地理的な条件の為明治維新までは(蒸気船の普及まで)未開の地であり、独自な文化を持つが、文明的には遅れた途上国であったと記されています。そこから僅か数十年で、ロシアを破り、清を破り、極東アジアの覇権を唱え連合国が協力してその戦争に勝ち、法制度を整え支配下に置く事には成功はしたが、その後僅かな期間で経済大国となり、工業製品その他を輸出し続けた事から、大きな貿易摩擦を引き起こし、西側ヨーロッパやアメリカ合衆国に多くの失業者をもたらしたとも考えられています。アメリカに次ぐ経済大国と云う地位こそチャイナに譲りはしましたが、その発言力は大きく。放置してしまえば何をしでかすか解らない存在だと、無意識で考えれているのではないでしょうか?

そして、70年代から日本は世界各国に文化の輸出も行っています。漫画やアニメという形で世界中に広まっています。70年代。80年代には各国のTV局が何となく子供向けの番組だし、安かったから、取り敢えず吹き替えだけして流していただけだと想像します。しかし、何時の間にやらドラゴンボールやドラえもん、セーラームーンやポケモンといった日本初のコンテンツは世界中で受け入れられ、知らぬ者などいないのです。アニメ以外にもゲームや漫画。その他のメディアミックスで展開されています。何時の間にかなくてはならない物になっていたのです。

70年代、80年代に子供時代を過ごし、日本発のコンテンツだと意識する事無く夢中で見ていたアニメが日本で制作されたもので、気が付くとアレもコレも日本の物になっていたのです。ちょっと怖くないですか?BBCの馬鹿女が陥っているのは花粉症ににたような症状かも知れません。アレルギーをおこす必要は無いのに、危険な物だと思い込み攻撃せざるを得ないと考えているのだと、思います。日本ならいくら攻撃しても安全だし、日本を天敵だと思っている国の企業は喜ぶし、一石三丁だと考えているかも知れません。

実は似たような状況は100年以上前にも有りました。ジャポニズムです。文化的な熟爛期にあった当時のヨーロッパにも細々とですが日本のコンテンツは入ってきていました。清やオランダを通して輸入された陶器や蒔絵や螺鈿等と云った手工業品とそれが包まれていた浮世絵です。当時の芸術家たちのパトロン達はこれに飛びつき、日本が明治維新を迎え開国すると、あっという間に多くの物を輸入するようになり。日本ブームを起こし、印象派の絵画や工芸品に多大な影響を与え、アール・デコへと結実していったのです。

多くの日本人は意識などしていませんが、世界の文化に大きな影響を与えているのです。

寸時、中座します。
  1. 2017-03-18 13:00
  2. URL
  3. エピキュリアン #-
  4. 編集

スペイン人の男に言わせれば、女の裸はそんなにセクシャルに感じない。服を着ている方がセクシャルに感じる。その理由は、スペインの浜辺ではヌードで歩いている女性が多く、それを見慣れているからだそうで、むしろ隠されている方が、妄想を煽るのだとか、、、。

その観点から考えてみると、メディアに関しては、イギリスは非常に暴力シーンやセックスシーンの子供向け露出に厳格なので、子供の時にそうゆう環境で育って大人になり、日本のような子供の頃から暴力やセックスの漫画やアニメの状況を見ると、過度に反応するのでは、、、と、漠然と思っています。

これとは対照的、服装なんかでは、全然日本より露出しているんですけどね。出身民族のバックグラウンドにもよるんですけど、白人系は春が近づくと露出度が上がります。若い女性はいいんですが(⬅︎良くない?)、中年以降は肌がシミだらけで、正直、気持ちが悪くなるような『ヒョウ柄』の肌の人なんかもいて、思わず、服を着てほしいと思う時もありました。

あと、向こうの子供は、日本人とは比べものにならないくらい、元気(=乱暴)です(笑)。学校の先生は苦労しますよ。しかも体罰はダメですから、どう躾をしていいのやら、、、。地域・地区にもよりますが、反抗度がとんでもないんで、教室の秩序を維持するのは並大抵の事ではありません。それがDNAなのか文化なのか分かりませんが、確かに日本の子供達と同じだけの暴力やセックスシーンを見せられたら、もう、学級崩壊や学校崩壊にどころか、町崩壊とか市崩壊になるかもしれない、、、と、大人達が子供達を恐れている気がします。

あと、イギリスに限らず、ヨーロッパの日本理解など、誤解の塊でしかありません。しかも誤解している認識もなければ、誤解があるかもしれないと思うつもりもないんです。興味がないんです。アニメ程度が浸透したとて、それで日本理解が進むわけではないのです。
  1. 2017-03-18 14:00
  2. URL
  3. tna6310147 or ベヒモス #-
  4. 編集

BBCの馬鹿女の目的は?

さて、このレポートの馬鹿女の目的は何でしょう?先ほども言ったように、日本ならいくら攻撃しても我が身に火の粉が降りかかる事は有りません。狂信的な宗教団体に命を狙われる心配等無いのですから、何の心配もなく攻撃できます。そして、日本を文化的に貶めたい勢力がいるのも事実です。中国共産党は切実に願っていますし、お隣の国は感情的にそうでしょう。日本企業により不利益を被っていると考えている企業も多いかと思います。個人的には中国共産党のプロパガンダの一環ではないかと思います。昨年から今年にかけて南京事件に注目を集めたい共産党政府が何らかの形で関わっているのではないでしょうか?

そして、私はこの馬鹿女は確信犯であると信じて疑いません。何故なら彼女はBBCの記者であり、それなりの文化的な素養を身に着けているからです。彼女はこのレポートの中で”法律をつくる事は簡単たが、頭の中のスイッチを切る事は出来ません”と、言っています。単なる傲慢な考えとも受け取れますが、頭の中で考える事を法律で否定する事は出来ないと知っているのです。法に対する基礎的な知識は勿論ですが、おそらく、シュール・レアリズム文学に対しての素養も有るでしょう。法で幾ら裁こうとしても、頭の中は個人の自由で有る事はシュール・レアリズムの基本的な考えであり、その活動家たちが尊敬したサドの思想の根底だからです。そして、神は死んだ事も理解しているでしょう。よって、この馬鹿女は何らかの目的を持って、ジャパン・ディスカウントをやっているのです。

個人的には無視するだけで良いと思います。国連あたりで問題になったら、日本国内の性犯罪の発生率や、その内訳としての外国人の犯罪率等を提示するだけで、彼らは何の反証も出来ないでしょう。何しろ日本国内の性犯罪においては外国人の割合が以上に高いのです。

しかしながら、現在日本は文化的なコンテンツの発信に於いて、既に重要な位置をしめていますので、何らかの対策を迫られるかもしれません。例えばインターネット・コンテンツに等は、閲覧する相手の年齢認証を厳しくするとか、特定の国でしか閲覧できなくするとかでしょうか。程度に応じてアダルト・サイトで有る事を明確に表示する事は必要かも知れません。
  1. 2017-03-18 14:12
  2. URL
  3. エピキュリアン #-
  4. 編集

あの番組を視聴してレポートした方のツイートを読んだだけなのですが、彼らロリマンガは実在の被害者がいないとか、ロリマンガがあった方が性犯罪が少ない可能性とか、そういう科学的解釈を全く必要としないんでしょうね。ダメなものはダメ!極東の黄色人男キメェェ〜うぎゃー‼︎やはり非キリスト教徒は遅れた野蛮人‼︎という企画がやりたいだけでしょbbc。。という感想です。
JKビジネス批判もあったようで、それについては実在の少女が被害?にあってるわけですが、そもそもポルノ産業の対象になる年齢を何歳に設定すべきか、実際の女性と規制の間にズレがあるような気もします。16〜18歳の少女は本当に性的に子供なのか?中卒がメインの国、または時代なら大人扱いされますよね。
街中に溢れる目の大きなアニメキャラを映して、子供を性的に〜という批判は、お前らがアニメ絵を見慣れてないだけやん…と壮大な勘違いに脱力します。

実は私、あの手のアニメ絵は大嫌いで、JKお散歩とか勘弁、ロリどころかエロ漫画全体をキモすぎと思っています。彼女と変わらない価値観を持っていますけど、勝手にやってろとしか思いません。女性も男性を都合よく消費してますし。

よもぎねこさん、えきのみちか騒動はご存知ですか?ちょっと面白かったですよ。
  1. 2017-03-18 20:31
  2. URL
  3. こきち #97nXsu5.
  4. 編集

Re: BBCの馬鹿女を弁護する気はないのですが

> 個人的な雑感として一読ください。まず日本人という存在は非常に特殊です。日本人以外からの理解が非常に難しいのです。極東の島国に1億人以上が生活していて、ほぼ単一民族。経済活動や技術力に優れ、マナーとモラルを弁えていながら、キリスト教文化圏に属していない。ヨーロッパの人達は自分たちが世界を導いてきたと無意識で考えていますから、日本という存在を理解できないし、無意識で排除しようとする傾向にあります。
>
> 大抵のヨーロッパの国々の歴史の教科書では、日本は極東と云う地理的な条件の為明治維新までは(蒸気船の普及まで)未開の地であり、独自な文化を持つが、文明的には遅れた途上国であったと記されています。そこから僅か数十年で、ロシアを破り、清を破り、極東アジアの覇権を唱え連合国が協力してその戦争に勝ち、法制度を整え支配下に置く事には成功はしたが、その後僅かな期間で経済大国となり、工業製品その他を輸出し続けた事から、大きな貿易摩擦を引き起こし、西側ヨーロッパやアメリカ合衆国に多くの失業者をもたらしたとも考えられています。アメリカに次ぐ経済大国と云う地位こそチャイナに譲りはしましたが、その発言力は大きく。放置してしまえば何をしでかすか解らない存在だと、無意識で考えれているのではないでしょうか?
>
> そして、70年代から日本は世界各国に文化の輸出も行っています。漫画やアニメという形で世界中に広まっています。70年代。80年代には各国のTV局が何となく子供向けの番組だし、安かったから、取り敢えず吹き替えだけして流していただけだと想像します。しかし、何時の間にやらドラゴンボールやドラえもん、セーラームーンやポケモンといった日本初のコンテンツは世界中で受け入れられ、知らぬ者などいないのです。アニメ以外にもゲームや漫画。その他のメディアミックスで展開されています。何時の間にかなくてはならない物になっていたのです。
>
> 70年代、80年代に子供時代を過ごし、日本発のコンテンツだと意識する事無く夢中で見ていたアニメが日本で制作されたもので、気が付くとアレもコレも日本の物になっていたのです。ちょっと怖くないですか?BBCの馬鹿女が陥っているのは花粉症ににたような症状かも知れません。アレルギーをおこす必要は無いのに、危険な物だと思い込み攻撃せざるを得ないと考えているのだと、思います。日本ならいくら攻撃しても安全だし、日本を天敵だと思っている国の企業は喜ぶし、一石三丁だと考えているかも知れません。
>
> 実は似たような状況は100年以上前にも有りました。ジャポニズムです。文化的な熟爛期にあった当時のヨーロッパにも細々とですが日本のコンテンツは入ってきていました。清やオランダを通して輸入された陶器や蒔絵や螺鈿等と云った手工業品とそれが包まれていた浮世絵です。当時の芸術家たちのパトロン達はこれに飛びつき、日本が明治維新を迎え開国すると、あっという間に多くの物を輸入するようになり。日本ブームを起こし、印象派の絵画や工芸品に多大な影響を与え、アール・デコへと結実していったのです。
>
> 多くの日本人は意識などしていませんが、世界の文化に大きな影響を与えているのです。
>
> 寸時、中座します。

 そうですね、欧米人はそもそも日本文化や日本史はそれほど知らないでしょう?

 精々一般日本人が中東史や東南アジア史を知る程度にしか知らないのでは?
  1. 2017-03-18 21:14
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

Re: BBCの馬鹿女の目的は?

> さて、このレポートの馬鹿女の目的は何でしょう?先ほども言ったように、日本ならいくら攻撃しても我が身に火の粉が降りかかる事は有りません。狂信的な宗教団体に命を狙われる心配等無いのですから、何の心配もなく攻撃できます。そして、日本を文化的に貶めたい勢力がいるのも事実です。中国共産党は切実に願っていますし、お隣の国は感情的にそうでしょう。日本企業により不利益を被っていると考えている企業も多いかと思います。個人的には中国共産党のプロパガンダの一環ではないかと思います。昨年から今年にかけて南京事件に注目を集めたい共産党政府が何らかの形で関わっているのではないでしょうか?
>
> そして、私はこの馬鹿女は確信犯であると信じて疑いません。何故なら彼女はBBCの記者であり、それなりの文化的な素養を身に着けているからです。彼女はこのレポートの中で”法律をつくる事は簡単たが、頭の中のスイッチを切る事は出来ません”と、言っています。単なる傲慢な考えとも受け取れますが、頭の中で考える事を法律で否定する事は出来ないと知っているのです。法に対する基礎的な知識は勿論ですが、おそらく、シュール・レアリズム文学に対しての素養も有るでしょう。法で幾ら裁こうとしても、頭の中は個人の自由で有る事はシュール・レアリズムの基本的な考えであり、その活動家たちが尊敬したサドの思想の根底だからです。そして、神は死んだ事も理解しているでしょう。よって、この馬鹿女は何らかの目的を持って、ジャパン・ディスカウントをやっているのです。
>
> 個人的には無視するだけで良いと思います。国連あたりで問題になったら、日本国内の性犯罪の発生率や、その内訳としての外国人の犯罪率等を提示するだけで、彼らは何の反証も出来ないでしょう。何しろ日本国内の性犯罪においては外国人の割合が以上に高いのです。
>
> しかしながら、現在日本は文化的なコンテンツの発信に於いて、既に重要な位置をしめていますので、何らかの対策を迫られるかもしれません。例えばインターネット・コンテンツに等は、閲覧する相手の年齢認証を厳しくするとか、特定の国でしか閲覧できなくするとかでしょうか。程度に応じてアダルト・サイトで有る事を明確に表示する事は必要かも知れません。

 日本なら幾ら攻撃しても火の粉がかからないから攻撃すると言うのはその通りだと思います。 これは日本のメディアが欧米先進国を攻撃するのと全く同じですよね?

 欧米先進国も日本も民主主義国家ですから、幾ら攻撃しても「報道の自由」を尊重してくれるのです。

 一方イスラム教徒や特亜など怖くて攻撃できないので、絶対攻撃しないのです。
 
 こういう姿勢は非常に言論を歪めています。

 そしてこのBBCの馬鹿女はそれを承知で意図的日本攻撃をしていると言うのも、その通りでしょう。
  1. 2017-03-18 21:18
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

Re: タイトルなし

> あの番組を視聴してレポートした方のツイートを読んだだけなのですが、彼らロリマンガは実在の被害者がいないとか、ロリマンガがあった方が性犯罪が少ない可能性とか、そういう科学的解釈を全く必要としないんでしょうね。ダメなものはダメ!極東の黄色人男キメェェ〜うぎゃー‼︎やはり非キリスト教徒は遅れた野蛮人‼︎という企画がやりたいだけでしょbbc。。という感想です。
> JKビジネス批判もあったようで、それについては実在の少女が被害?にあってるわけですが、そもそもポルノ産業の対象になる年齢を何歳に設定すべきか、実際の女性と規制の間にズレがあるような気もします。16〜18歳の少女は本当に性的に子供なのか?中卒がメインの国、または時代なら大人扱いされますよね。
> 街中に溢れる目の大きなアニメキャラを映して、子供を性的に〜という批判は、お前らがアニメ絵を見慣れてないだけやん…と壮大な勘違いに脱力します。
>
> 実は私、あの手のアニメ絵は大嫌いで、JKお散歩とか勘弁、ロリどころかエロ漫画全体をキモすぎと思っています。彼女と変わらない価値観を持っていますけど、勝手にやってろとしか思いません。女性も男性を都合よく消費してますし。
>
> よもぎねこさん、えきのみちか騒動はご存知ですか?ちょっと面白かったですよ。

 マジにコイツラ見ていると、人種差別意識ギンギラギンですからね。

 でもエピィキュリアンさんのコメントでも書いて下さいましたが、イスラム教徒や特亜は批判するとどんな目に遭わされるかわからないので怖くて批判できないのですが、日本ならその心配はないので、好き放題言えるとから言うと言うのは本音でしょうね。
 
 しかも日本の場合はリッチな先進国なので幾ら悪く言っても人種差別と言われなくて済むと言うメリットもあります。

 因みにワタシも小児性愛は許せないと思いますが、思春期を超えた少年・少女を性的に幼児と同様と認識して法的対応するのには違和感があります。

 だって肉体的には完全に性的に成熟しており、自身の性欲もあり、自分の意思で行動できる年齢ですから。 そして一昔前なら一人前の男或いは女として結婚もし、子供も産んでいました。

 そういう状態の人間を完全な子供として保護すると言うのは無理があります。
  1. 2017-03-18 21:28
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

Re: タイトルなし

> スペイン人の男に言わせれば、女の裸はそんなにセクシャルに感じない。服を着ている方がセクシャルに感じる。その理由は、スペインの浜辺ではヌードで歩いている女性が多く、それを見慣れているからだそうで、むしろ隠されている方が、妄想を煽るのだとか、、、。
>
> その観点から考えてみると、メディアに関しては、イギリスは非常に暴力シーンやセックスシーンの子供向け露出に厳格なので、子供の時にそうゆう環境で育って大人になり、日本のような子供の頃から暴力やセックスの漫画やアニメの状況を見ると、過度に反応するのでは、、、と、漠然と思っています。
>
> これとは対照的、服装なんかでは、全然日本より露出しているんですけどね。出身民族のバックグラウンドにもよるんですけど、白人系は春が近づくと露出度が上がります。若い女性はいいんですが(⬅︎良くない?)、中年以降は肌がシミだらけで、正直、気持ちが悪くなるような『ヒョウ柄』の肌の人なんかもいて、思わず、服を着てほしいと思う時もありました。
>
> あと、向こうの子供は、日本人とは比べものにならないくらい、元気(=乱暴)です(笑)。学校の先生は苦労しますよ。しかも体罰はダメですから、どう躾をしていいのやら、、、。地域・地区にもよりますが、反抗度がとんでもないんで、教室の秩序を維持するのは並大抵の事ではありません。それがDNAなのか文化なのか分かりませんが、確かに日本の子供達と同じだけの暴力やセックスシーンを見せられたら、もう、学級崩壊や学校崩壊にどころか、町崩壊とか市崩壊になるかもしれない、、、と、大人達が子供達を恐れている気がします。
>
> あと、イギリスに限らず、ヨーロッパの日本理解など、誤解の塊でしかありません。しかも誤解している認識もなければ、誤解があるかもしれないと思うつもりもないんです。興味がないんです。アニメ程度が浸透したとて、それで日本理解が進むわけではないのです。

 なるほどね。

 民族的な感覚の違いは色々あるんでしょうね。

 そして昔と違って気楽に行き来できることから、理解できていなくても理解した気分のなってしまったりして、余計な誤解を生んでいると思います。

 
  1. 2017-03-18 21:33
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

「性」に対する価値観が違う?

 もしかすると、欧米では性の問題はデリケートなものでありながら一方で公共の範囲に入る問題だと考えるのではないでしょうか。日本では性の問題はプライベートな側面が大きいために、同性愛とかも原則として内々にしてれば大した問題ではなかった(戦国武将の衆道などが有名ですが)ようですが、欧米ではパブリックな側面が大きいために同性愛が許されるかどうかが社会が決める問題になっていたのではないかと思います。
 小児性愛(ロリコン?)も同じことで、議論の前提として内心の問題だとは思ってないのでしょう。もっとも、欧米では当の児童本人が自らの性的な写真を撮ることも児童ポルノ禁止法違反で検挙されているらしいので、児童の保護なんていうのは本当な二の次なのかもしれませんが。

 これも価値観の違いだと言ってしまえばそれまででしょうが、それを理解せずにあーだこーだ文句をつけてくるのであれば、そんなの知るかと一蹴するか、性に対する価値観が根底から違うのだということをきちんと発信すべきでしょう。
  1. 2017-03-19 11:22
  2. URL
  3. 凍え馬 #-
  4. 編集

Re: 「性」に対する価値観が違う?

>  もしかすると、欧米では性の問題はデリケートなものでありながら一方で公共の範囲に入る問題だと考えるのではないでしょうか。日本では性の問題はプライベートな側面が大きいために、同性愛とかも原則として内々にしてれば大した問題ではなかった(戦国武将の衆道などが有名ですが)ようですが、欧米ではパブリックな側面が大きいために同性愛が許されるかどうかが社会が決める問題になっていたのではないかと思います。
>  小児性愛(ロリコン?)も同じことで、議論の前提として内心の問題だとは思ってないのでしょう。もっとも、欧米では当の児童本人が自らの性的な写真を撮ることも児童ポルノ禁止法違反で検挙されているらしいので、児童の保護なんていうのは本当な二の次なのかもしれませんが。
>
>  これも価値観の違いだと言ってしまえばそれまででしょうが、それを理解せずにあーだこーだ文句をつけてくるのであれば、そんなの知るかと一蹴するか、性に対する価値観が根底から違うのだということをきちんと発信すべきでしょう。

 欧米人ってそもそも個人主義じゃないですね。
 徹底的に他人に干渉しますね。

 欧米の個人主義って、他人に干渉しすぎて血みどろの殺し合いになった宗教戦争の結果、これ以上他人の内面に干渉し合っていたら最後の一人まで殺し合う事になると言う事を悟り、それで理念として法として個人主義になったのです。

 本性はトコトン他人に干渉するのです。

 だから仰るように性の問題でも公的問題として個人の性生活に干渉するのでしょうね。

 そう考えれば、小児性愛をトコトン非難しながら、小児への性犯罪への処罰は一種異様に軽い事も理解できます。
  1. 2017-03-19 13:11
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

欧米の終焉

馬鹿でアジア人(一部は馬鹿)を見下した、欧米の終焉でしょう。

ロウソクは消える前に、無用に光ろうとする。

お前ら終わっているのに、気がつかない、見たくない、欧米は世界の中心、かつて日本國が、英国東洋艦隊を、瞬殺した時もう終わったのに、馬鹿な欧米マスゴミは、そのうち焼き討ちでしょう

  1. 2017-03-26 06:53
  2. URL
  3. 永田町の雀 #aDfVZt02
  4. 編集

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する