2017-02-14 13:34

外交で解決する でもパヨクは理解できない

 パヨクは国防を「外交で解決しろ」と言います。
 防衛上極めて喫緊な問題が起きても、必ず「外交で~~!!」と言います。

 それではホントに外交で解決を図ったら、彼等はそれを評価するのでしょうか?

272

安倍首相はなぜ外交に熱心? - 池上 彰

Q 安倍首相はなぜ外交に熱心なのですか?

 安倍首相は年末の真珠湾訪問に始まり、年明けもオーストラリア、ベトナム、フィリピン、インドネシア、そしてアメリカやロシアにも訪問する予定とか。どうしてこんなに熱心に外遊をしているのですか?(30歳・女・会社員)

A 国内にライバルがいないからです。

 安倍晋三首相は、「地球儀を俯瞰する外交」を進めていると言っています。どんな外交なのか。外務省は、こう説明しています。

「日本にとって望ましい、安定しかつ予見可能性が高い国際環境を創出していくためには、外交努力をもって世界各国及び国際社会との信頼・協力関係を築き、国際社会の安定と繁栄の基盤を強化し、脅威の出現を未然に防ぐことが重要である。

 この観点から、安倍政権発足以降、日本政府は国際協調主義に基づく「積極的平和主義」の立場から、国際社会の平和、安定及び繁栄の確保に貢献する外交を地球儀を俯瞰する観点から展開してきた」(外務省『外交青書』2016)。

 何のことかわかりませんね。これを普通の言葉に翻訳すると、「外国といい関係をつくれば、日本の言い分を聞いてくれる国も増えるだろうし、その国がどんな方針を持っているかもわかるようになる。これは日本にとって利益になる。だから、まるで地球儀を上から見ているように、世界各地を飛び回る」ということです。

 以上は建前です。本音は「中国が脅威になってきたから、中国包囲網を築くために、中国の周辺の国やアメリカとの関係を強化しておこう」ということです。

 ここから先は、単なる憶測ですから、あまり真剣に読まないでくださいね。

 政府専用機で世界を飛び回るのは快適でしょうし、乗員全員が首相ひとりのために尽くしてくれる。権力志向の強い人にはたまらない快感だと思いますよ。

 もちろん海外を飛び回るということは日本を留守にすること。「安倍一強」と言われるほど、国内にライバルがいないからこそ、安心して海外に行けるのです。

 自宅に帰れば、母親が待っています。安倍首相が祖父の岸信介元首相のことを常に意識して行動しているのを見ると、子どもの頃から「偉大な祖父」の話を聞いてきたはずです。おそらく頭が上がらないのでしょう。“奔放な”活動をする昭恵夫人との間で気まずい思いをすることもあるかも知れませんが、海外に夫婦一緒で行けば、そんなこともないでしょう。

 おっと、これは余計な詮索ですね。こんなことまで言われなければならない。首相は孤独な仕事です。機上の間は、ひとりだけの時間も持てるはず。そっとしておいてあげましょう。

2017y02m14d_134136187

本音は「中国が脅威になってきたから、中国包囲網を築くために、中国の周辺の国やアメリカとの関係を強化しておこう」ということです。

 ええ、安倍総理の外交の目的は中国包囲網の形成、つまり対中国防衛です。

 なぜなら日本は今建国以来の危機にあります。

 中国が日本の領土を侵略すると明言しており、実際その為の行動をしているのです。

 しかも中国は軍事的に極めて強大で、大量の核ミサイルを持っているのです。

 こうした国から領土を狙われた事は、日本の建国以来初めてです。

 しかし残念ながら日本は未だに憲法上の制約から、攻撃型の兵器も持てないし、軍備の増強も簡単にはできません。

 だから外交でできる限りのことをするしかないのです。

278

 その為安倍総理は就任以来、必死の外交を続けてきました。  

 中国を取り巻くアジア諸国とは対中包囲網を作り、遠いアフリカや南米の国々とは友好関係を築き、中国の軍事行動を牽制する国際世論を作ろうとしているのです。

 また同盟国アメリカとはできる限り緊密な関係を誇示して、中国側に「尖閣諸島に手を出せばアメリカが出てくる」と言う心理的プレッシャーを掛けているのです。

 そして大変嬉しい事に、これは今の所結構成功しています。

 だから中国はどうしても尖閣上陸には踏み切れません。

279

 勿論いずれ日本の憲法を改正して、自主防衛をできるようにしなければなりませんが、それがいつになるかはわかりません。

 また例え憲法を改正して軍事費を増やしても、直ぐに優秀な兵器ができるわけでもなければ、その使用に熟達した軍人が生まれるわけでもありません。

 だから後何年か?何十年かの間は、中国に対抗する軍事力は持て無い事を前提に対中国防衛を考えるしかありません。

 この為、安倍総理はひたすら外交で頑張るしかないのです。

 防衛問題を外交で解決すると言うのは、つまりは現在安倍総理がやっている事なのです。

280

 しかしこの記事を読む限り、池上彰が日本の置かれた厳しい状況を理解しているとは思えません。

 池上彰は尖閣諸島の廻りを遊弋している中国公船の事を知らないのでしょうか? 

 それとも池上彰はあれは中国が嘘と冗談でやっていると思っているのでしょうか?

 池上彰には中国に尖閣諸島侵略を諦めさせ、中国公船を尖閣諸島の周りから追い払う方策があるのでしょうか?

 もし安倍総理が今のような外交を止めて、アジア諸国とも疎遠になり、日米関係も悪化したら、中国がどのような行動をとるか?予想できるのでしょうか?

 100万円ぐらい賭けても良いけど、彼はそんなことは全く何も考えていないと思いますよ。

 本当に池上等パヨクがこの状況を理解しているなら、そして本当に彼等が戦争を憎み、外交で対中防衛を果たす事を理想としているなら、安倍総理の外交は絶賛するでしょう。

 だってこの外交で10年程も中国の行動を阻止し続けて、その間に中国が衰退したり、分裂したりすれば、日本は戦争をしないまま尖閣諸島を守り抜いたことになります。

 しかも現在の中国経済の悪化や、猛烈に進む高齢化を見れば、中国の衰退や分裂の可能性は結構高いのです。

 つまり安倍総理は戦争を避けて、外交で領土を守り抜いた事になるのです。

 外交で防衛問題を解決するって、こういう事なのですから。

281

 しかし池上彰はそもそも現在に日本が置かれた危機的状況を全く理解できないし、その危機に対応するための外交も理解できないのです。

 まして外交によって国土を守るとはどう言う事かも理解できないのです。

 コイツラの脳内は「自分は成蹊より偏差値の高い大学を出ているので、安倍総理よりはカシコイはずだ。」「三流大学卒の世襲政治家なんか何でも良いから嘲笑すれば良い。」「権力者を愚弄するオレタチは勇敢で正義の味方」と言う考えだけで満杯なのです。

 だから日本の存亡に関わる重要な外交で活動する首相を、言うも恥ずかしレベルの人格攻撃のネタにできれば大満足なのです。

286

 ええ、安倍総理が三流大卒で世襲だと言うのは、その通りです。 だから入試では池上彰始めパヨク自称エリートには遠く及ばなかったでしょう。

 しかしコイツラが束になって掛かっても安倍総理に敵わないのはなぜでしょうか?

 それは安倍総理が日本の総理として責任を持って日本の防衛を考えているのに対して、コイツラパヨクはそのような責任感は一切無いからです。

 だから重要な国防や外交問題を、真剣に観察する意思はなく、何とか三流大学卒の政治家の足を引っ張るネタを探すばかりなのです。

 これでは何一つ学ぶ事はできなし、人から信頼されるわけもないのです。

289

 コイツラはタダ、政治家を嘲笑してそれによって「オレタチは安倍よりエライんだ!!」と踏ん反り返りたいだけなのです。

 そしてこれこそが反権力を標榜する言論人の全てではありませんか?

 他人を嘲笑して、自分が踏ん反り返りたいだけ。

 こんな視点で国際社会や国内問題を見ている人間が、ホントに国際社会や国内問題を理解できるわけはないでしょう?  

 だからこんな恥かしい記事を書けるんですよね。

 でも大丈夫です。 日本国民の半数以上は池上彰よりは遥かに賢いので、日米首脳会談も高く評価しているし、安倍総理の支持率も非常に高いのですから。

  1. 安倍
  2. TB(0)
  3. CM(14)

コメント

経済政策と防衛力強化に失敗した安倍総理

たしかに、安倍総理は外交でがんばっています。大いに評価できます。しかし、中国が核攻撃で威嚇してきた場合、米国でさえ頼りにならないでしょう。かっての台湾危機に際して、米国が介入するなら核による先制攻撃も辞さないと公言した中国軍高官がいました。結局、自分で守ることに全力を投入しなければならないのです。外交は副次的な意味しか持ちえません。

GDPが伸びれば税収が増えて、防衛費に回せる予算も増えます。しかし、消費税増税と公共投資の抑制などの緊縮財政によりGDPは伸びず、アベノミクスは失敗しました。
GDPが伸びなくても、国債発行により防衛予算を増額することは可能です。最近ですが、デフレ下では財政赤字は心配ないというシムズ理論が注目されています。防衛予算の増額により、人員増、弾薬のストック増、訓練予算増、ミサイルなどの正面装備の購入増、自衛艦の建造促進など、現行憲法下でやれることはたくさんあります。しかし、それを怠りました。左翼からの批判を恐れたのでしょう。GDP1%以内という防衛予算の縛りを打ち破る勇気に欠けていました。長期政権という欲に惑わされているのでしょうか。
  1. 2017-02-14 16:00
  2. URL
  3. stopchina #-
  4. 編集

Re: 経済政策と防衛力強化に失敗した安倍総理

> たしかに、安倍総理は外交でがんばっています。大いに評価できます。しかし、中国が核攻撃で威嚇してきた場合、米国でさえ頼りにならないでしょう。かっての台湾危機に際して、米国が介入するなら核による先制攻撃も辞さないと公言した中国軍高官がいました。結局、自分で守ることに全力を投入しなければならないのです。外交は副次的な意味しか持ちえません。
>
> GDPが伸びれば税収が増えて、防衛費に回せる予算も増えます。しかし、消費税増税と公共投資の抑制などの緊縮財政によりGDPは伸びず、アベノミクスは失敗しました。
> GDPが伸びなくても、国債発行により防衛予算を増額することは可能です。最近ですが、デフレ下では財政赤字は心配ないというシムズ理論が注目されています。防衛予算の増額により、人員増、弾薬のストック増、訓練予算増、ミサイルなどの正面装備の購入増、自衛艦の建造促進など、現行憲法下でやれることはたくさんあります。しかし、それを怠りました。左翼からの批判を恐れたのでしょう。GDP1%以内という防衛予算の縛りを打ち破る勇気に欠けていました。長期政権という欲に惑わされているのでしょうか。

 そもそも長期政権でなければ防衛力の拡張はできません。

 安倍さんが無理矢理、頑張って防衛費を増やしても、それで政権が破綻したら、次の政権は翌年からまた防衛費を減額します。
 それですべておじゃんです。

 防衛費を増やし憲法を改正し、自主防衛体制を作ると言うのは一年や二年ではできません。

 今後防衛費をGDPの2%まで増やし、自衛隊を増強すると言う目標を作ったら、最低でも5年はそれに向かった政策を続ける必要があります。
 
 それを考えずに短期的に勇ましい政策を取るような政権をワタシは支持しません。
  1. 2017-02-14 18:48
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

Re:Re: 経済政策と防衛力強化に失敗した安倍総理

>今後防衛費をGDPの2%まで増やし、自衛隊を増強すると言う目標を作ったら、最低でも5年はそれに向かった政策を続ける必要があります。

安倍政権発足からすでに4年経過していますが、政権発足直後に自衛隊増強の目標を作らなかったのでしょうか?中国の脅威は、すでに民主党政権時代から明瞭でしたが。
今のところ、2%に向けた動きなど露ほども感じられません。2017年度予算ではGDPの1%にさえ達していません。
  1. 2017-02-14 19:27
  2. URL
  3. stopchina #-
  4. 編集

Re:Re: 経済政策と防衛力強化に失敗した安倍総理(続)

書き忘れましたので追加いたします。
もし安倍政権が防衛費を1%以上に増額したら、左翼メディアは気が狂ったように批判すると予想されます。2017年度予算で、前年度から1000億円かそこら増額しただけで戦後最大と騒いでいましたから。
しかし、国民は愚かではありません。中国の脅威を十二分に感じていますから、左翼が「戦争法反対」とか「原発反対」とか「辺野古反対」とか騒いでも、安倍政権の支持率はほとんど下がりませんでした。下がったのは民進党の支持率です。
安倍総理が防衛費増額を今から決断して、例えば、取りあえずGDP1%を突破して6兆円にしたとしても、国民は支持すると思います。朝日、毎日、中日などは「軍靴の音が聞こえる」とか「軍拡競争はよくない」とか書くでしょうが、軍拡競争を始めたのは中国であることを(左翼を除く国民は)誰でも知っています。
安倍総理は国民を信頼し、勇気を持って、防衛費増額に踏み切っていただきたいと思います。
  1. 2017-02-14 19:51
  2. URL
  3. stopchina #-
  4. 編集

パヨクって品性無いですね

日米両首脳による共同声明に於ける尖閣諸島を含めた安全保障に関する発表等、安倍外交なかなか順調かと思います。しかし池上彰の批評って芸能レポーター並みですね。政治外交に口出しなどせずに、あの鼻持ちなら無い態度で、芸能ゴシップネタ専門でいけばいいと思います。
  1. 2017-02-14 23:56
  2. URL
  3. SNS初心者 #-
  4. 編集

バカな思考だったと・・・

昭和30年代以降から唱えられた「日中友好」「日中平和」多額のODA協力金など過ぎた昔はバラ色で空しい色です。
  1. 2017-02-15 07:22
  2. URL
  3. 相模 #-
  4. 編集

こんにちは。
え!外交努力で解決は左翼のキャッチフレーズじゃなかったのですか?
いざ安倍首相が外交をすると評価せずに批判する。
外交努力という言葉も所詮、反対の為の方便なのかな。
  1. 2017-02-15 08:44
  2. URL
  3. kazusa #-
  4. 編集

日本は今世界で一番安定している国家

自民党を特に支持してる訳ではありませんが、いま世界を見回しても日本の安倍首相、自民党が一番シュアな国家になって居るのではないでしょうか。

しかし、右足を出せば世界中で戦争を始めるのか?、左足を出せば、貧困、LGBTを踏みにじるのかと言われ、後ろに下がれば慰安婦に謝れ、韓国に土下座しろと騒ぐ人達って何なんでしょう。

先日、?TVで橋下元知事と左翼の論壇との対談を視ましたが、森とか言う監督は「戦争が怖い」と言うだけ、耄碌爺ですね。元知事が何をしたいのか言え!と言っても「戦争の恐れがある」だけしか頭が無いんですね。
私は、橋下元知事のファンに成りましたね。
元民主党社民党は日本の政治に不用、維新の会に第二党になって欲しいと思いましたね。出来れば橋下氏に任せたい気持ちも湧いてきました。
  1. 2017-02-15 09:14
  2. URL
  3. トラウマ #RWLNmTs6
  4. 編集

Re: Re:Re: 経済政策と防衛力強化に失敗した安倍総理

> >今後防衛費をGDPの2%まで増やし、自衛隊を増強すると言う目標を作ったら、最低でも5年はそれに向かった政策を続ける必要があります。
>
> 安倍政権発足からすでに4年経過していますが、政権発足直後に自衛隊増強の目標を作らなかったのでしょうか?中国の脅威は、すでに民主党政権時代から明瞭でしたが。
> 今のところ、2%に向けた動きなど露ほども感じられません。2017年度予算ではGDPの1%にさえ達していません。

 国防予算を増額しろと言う話が出てきたのは、ネットでさへこの一年ぐらいからです。
 
 政治が動くわけはないでしょう?
  1. 2017-02-15 13:59
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

Re: Re:Re: 経済政策と防衛力強化に失敗した安倍総理(続)

> 書き忘れましたので追加いたします。
> もし安倍政権が防衛費を1%以上に増額したら、左翼メディアは気が狂ったように批判すると予想されます。2017年度予算で、前年度から1000億円かそこら増額しただけで戦後最大と騒いでいましたから。
> しかし、国民は愚かではありません。中国の脅威を十二分に感じていますから、左翼が「戦争法反対」とか「原発反対」とか「辺野古反対」とか騒いでも、安倍政権の支持率はほとんど下がりませんでした。下がったのは民進党の支持率です。
> 安倍総理が防衛費増額を今から決断して、例えば、取りあえずGDP1%を突破して6兆円にしたとしても、国民は支持すると思います。朝日、毎日、中日などは「軍靴の音が聞こえる」とか「軍拡競争はよくない」とか書くでしょうが、軍拡競争を始めたのは中国であることを(左翼を除く国民は)誰でも知っています。
> 安倍総理は国民を信頼し、勇気を持って、防衛費増額に踏み切っていただきたいと思います。

 安倍総理がホントに戦後レジームから脱却政策を始められるのは、民進党を殲滅して、国会内に妄想平和主義で騒ぐ勢力がなくなってからでしょう。
 それまでは無理です。

 おそらく次の解散以降からがホントの勝負でしょう。
  1. 2017-02-15 14:01
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

Re: パヨクって品性無いですね

> 日米両首脳による共同声明に於ける尖閣諸島を含めた安全保障に関する発表等、安倍外交なかなか順調かと思います。しかし池上彰の批評って芸能レポーター並みですね。政治外交に口出しなどせずに、あの鼻持ちなら無い態度で、芸能ゴシップネタ専門でいけばいいと思います。

 そうです。 その方が彼に向いています。
  1. 2017-02-15 14:03
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

Re: バカな思考だったと・・・

> 昭和30年代以降から唱えられた「日中友好」「日中平和」多額のODA協力金など過ぎた昔はバラ色で空しい色です。
 
 ええ、あれは大失敗でした。
 でも済んだ事を悔やんでも仕方ありません。

 この失敗から学んで、同じ失敗をしないように努力するしかありません。
  1. 2017-02-15 14:04
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

Re: タイトルなし

> こんにちは。
> え!外交努力で解決は左翼のキャッチフレーズじゃなかったのですか?
> いざ安倍首相が外交をすると評価せずに批判する。
> 外交努力という言葉も所詮、反対の為の方便なのかな。

 ええ反対の為の方便でしかありません。
 だって「外交で~~」と言っている左翼が、それでは具体的にどんな外交をすれば良いかを提案した事はないでしょう?

 彼等は「外交で~~」と言うだけで、実際にどんな外交をしたら良いかなど考えた事もないのです。

 この池上の記事は、彼等が「外交」なんか欠片も理解していなかったことを証明しています。
  1. 2017-02-15 14:07
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

Re: 日本は今世界で一番安定している国家

> 自民党を特に支持してる訳ではありませんが、いま世界を見回しても日本の安倍首相、自民党が一番シュアな国家になって居るのではないでしょうか。
>
> しかし、右足を出せば世界中で戦争を始めるのか?、左足を出せば、貧困、LGBTを踏みにじるのかと言われ、後ろに下がれば慰安婦に謝れ、韓国に土下座しろと騒ぐ人達って何なんでしょう。
>
> 先日、?TVで橋下元知事と左翼の論壇との対談を視ましたが、森とか言う監督は「戦争が怖い」と言うだけ、耄碌爺ですね。元知事が何をしたいのか言え!と言っても「戦争の恐れがある」だけしか頭が無いんですね。
> 私は、橋下元知事のファンに成りましたね。
> 元民主党社民党は日本の政治に不用、維新の会に第二党になって欲しいと思いましたね。出来れば橋下氏に任せたい気持ちも湧いてきました。

 戦争の怖れはワタシもあると思っています。

 だって中国が尖閣諸島を侵略すると明言しており、実際に尖閣諸島を侵略するつもりで、連日公船を尖閣諸島近海に遊弋させているのです。

 そして中国は日本だけでなく周辺国全てと領土問題を起こして、紛争を繰り返しています。
 文字通りの侵略国家なのです。

 だから安倍総理としては、何とか中国に本格的な大戦争をさせないように抑え込みながら尖閣諸島は守ろうとしているのです。

 その為にアメリカとの同盟を緊密化しているのです。

 ところがパヨクはそういう現実的な戦争防止の方策が全く理解できないのです。

 代わりに只「戦争になる!!」「戦争になる!!」と喚くだけと言う痴呆的対応をしているのです。
 
 こういう痴呆左翼を産んだのは戦後教育だと思いますが、それにしても困ったモノです。
  1. 2017-02-15 14:20
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する