2017-02-06 21:02

有害外国人排除要求は国民の権利 ヘイトスピーチ

 法務省がヘイトスピーチについて地方自治体に指針を出したと言うニュースがありました。

 23都道府県にヘイト具体例 抑止へ法務省

 法務省がヘイトスピーチ対策法の基本的な解釈をまとめ、同法で許されないとした「不当な差別的言動」の具体例を、要望があった二十三都道府県の約七十自治体に提示したことが、同省への取材で分かった。「祖国へ帰れ」などのキーワードを例示。ヘイトスピーチ抑止に取り組む自治体の担当者は「参考になる」と評価している。

 対策法には差別的言動の明確な定義や禁止規定がなく、ヘイトスピーチが多発する川崎市や京都府、大阪市、神戸市、福岡県など十三自治体が判断基準や具体例を示すよう要望。憲法が保障する表現の自由を尊重する観点から、集会やデモでの公共施設使用を不許可とする判断は難しく、対応に苦慮する自治体のニーズに法務省が応えた形だ。

 法務省人権擁護局は「ヘイトスピーチは新しい人権問題。具体例を参考に実情を踏まえた対策を取ってほしい」とし、十三自治体以外にも要望を受けて提供している。

 具体例では「○○人は殺せ」といった脅迫的言動や、昆虫や動物に例える著しい侮辱、「町から出て行け」などの排除をあおる文言が当てはまるとした。さらに「○○人は日本を敵視している」などのように、差別的な主張の根拠を示す文言があったとしても、排斥の意図が明確であれば該当すると明示した。

 ヘイトスピーチを事前に規制する施策の策定を目指す川崎市の担当者は「参考にしたい」と話す。

 この問題に詳しい神原元(はじめ)弁護士は「法務省が示した具体例は、ヘイトスピーチの本質である『出て行け』といった排除をあおる言葉が差別だと明記している」と指摘。「対策法をより実践的に解釈している点で意義がある」と話している。

 法務省が具体例を公表せず自治体の要望で提供する対応にとどめていることについて、対策法に詳しい弁護士は「法律の抜け道を研究されることを防ぐためではないか」と推測している。

◆「ヘイトスピーチのない社会を」川崎の市民団体 条例制定を訴え

 在日コリアンらの排斥を掲げるヘイトスピーチに反対する川崎市を中心とする市民グループ「『ヘイトスピーチを許さない』かわさき市民ネットワーク」は四日、結成一周年記念集会を川崎区で開き、全国に先駆けた人種差別撤廃条例の制定を訴えた。二百七十人が参加した。

 神奈川県日韓親善協会連合会会長の斎藤文夫元参院議員は「市民一人一人が声を上げ、川崎からヘイトスピーチのない多文化共生の社会を」と宣言。ジャーナリスト安田浩一さんは「ヘイトデモは差別の対象となる当事者だけでなく地域を、社会を壊す。私たちには人と社会と地域を守り抜く義務がある」と講演し、条例制定の必要性を訴えた。

 ネットワークは昨年一月結成。昨年末に市人権施策推進協議会が福田紀彦市長へ提出した公共施設でのヘイトスピーチの事前規制を求める報告書を受け、市は今秋までに公共施設の利用制限に関するガイドラインを作成する。 (小形佳奈) 

116

 そもそもヘイトスピーチ規制は、言論の自由、表現の自由、そして思想信条宗教の自由を蹂躙する規制で、明らかに憲法違反なのですが、特に問題なのが「排斥の意図が明確であれば該当する」と言う発想です。

 なぜなら有害外国の排除要求は国民の権利です。

 国家は有害な外国人を排除して国民の安全を守る義務があるのです。

 そもそも国家と言うモノは、国民を外敵から守る為にできたのです。 外敵と言うのはつまり有害外国人です。

 その外敵が軍隊として押し寄せる事もあれば、不法移民のような形で入り込む事もあれば、また合法的に入国滞在しながら、国家を破壊する活動をしている場合もあります。

 しかしどのような場合であっても、主権国家であればこれを排除する権利があります。

122

 そして不法移民或いは、合法的に滞在しながら国家に有害な外国人の排除は、現在はを法務省がやっています。 法務省の出入国管理事務所が、犯罪者や不法滞在者などの有害外国人を摘発し、強制送還しているのです。

 ところで日本は民主主義国家ですから、このような法務省の仕事に国民として更なる要求をしたり、注文を付けたりする権利があります。

 法務省に有害外国人、例えば在日朝鮮人の排除を要求するのは、国土交通省に道路や橋の建設を要求するのと同様の国民の権利なのです。

 これを否定したら民主主義は成り立ちません。

123

 国民が有害外国人の排除を要求するのに、有害である証拠など必要ありません。 国民が有害だと思えば排除の要求はできます。

 国土交通省に道路や橋の建設を要求するのに、必要性の客観的な証明など必要ないのと同じです。

 個別外国人に犯罪や破壊活動の事実はなくても、例えば外国人労働者の増加で国内失業率が上がる、賃金が下がる、治安が悪化するなどは、外国人排除要求の立派な理由です。

 だから「排斥の意図が明確であれば(ヘイトスピーチ)該当する」として国民の言論を取り締まる事は許されません。

 その為ヘイトスピーチ規制法には、罰則を付ける事ができないのです。 もし罰則を付けたら明らかに憲法違反になります。

125

 だったら何のためにヘイトスピーチ規制法を作るのかと言えば、取りあえず法を作る事で国民にプレッシャーを与える為でしょう。

 それでもヘイトスピーチ規制法への抵触を避けて嫌韓デモ、外国人排除デモをする場合は、デモの要求先を有害外国人ではなく法務省、或いは日本政府にすれば良いのです。

 法務省は有害外国人在日コリアンを排除しろ!!

 日本政府は有害外国人朝鮮人から国民を守れ!!

 と言えば良いのです。

 これは国民の政府や政府機関に対する要求ですから、禁止できません。

127

 そして何よりも有害外国人の排除要求は国民の権利であり、有害外国人から国民の安全を守るのは国家の義務であることを、周知する事に務めるべきです。

 こんな日本国民の言論の自由を弾圧する悪法ができた最大の理由は、日本国民が有害外国人の排除要求が、自分達の権利であることへの自覚が薄すぎたからです。

 だからマスゴミの「在日コリアン、カワイソウ」キャンペーンにバカ政治家までがまんまと乗せられたのです。

129

 因みに今日、これについて法務省に電話で聞きましたが、電話に出た職員(法務省の人権擁護局は電話に出ても名前を名乗りません。 国民に対して極めて不誠実です。)は、このニュースのヘイトスピーチの指針が法務省から出たかどうかを答えませんでした。

 「新聞社に聞け」と言うのです。

 そこで人権擁護局(0570-003-110)に掛けた所、これは法務省が自治体に出した指針だと答えました。

134

 なぜ法務省がこんな奇妙な対応をするか?

 それはつまりこのヘイトスピーチ規制の憲法上の根拠が極めて曖昧なので突っ込まれたくない事、そしてヘイトスピーチについて明快な指針を出すと、それを避けた表現で有害外国人の排除を叫ばれた場合に対応できないからでしょう。

 しかしこれは法の在り方として無茶苦茶なのです。

 だって明確に何を禁止しているのかわからないような法律をどうやって守れば良いのでしょう?

 逆に言えば、どんな表現を禁止しているかを明確にしていない以上、ヘイトスピーチ認定されても、「自分はこれがヘイトスピーチとはわからなかったから違法行為の認識はない。」と言ってしまえばオシマイなのです。

 つまりこれはそもそも意味のない法律なのです。

136

 それでも外国人の要求で日本人の言論規制が行われようとしているのは大変な問題です。

 今後は断固としてこのような有害外国人を排除しましょう。 

 そうしなければ我々日本人の人権が脅かされます。

139 

 何度でも言います。

 有害外国人の排除要求は国民の権利です。

 この権利が護れなければ、国家主権も民主主義も守れません。


  1. レイシスト
  2. TB(1)
  3. CM(20)

コメント

職員が名前を名乗らない場合は、上司に代わってもらうか、行政監視委員会に電話すると言えば効きますよ。
  1. 2017-02-06 21:15
  2. URL
  3. 333 #-
  4. 編集

日本人が被害者です

仰る通りです。

また、川崎でのデモ等で、我々日本国民は外国人によっ
て、「この町から出ていけ」と言われ続けましたが、ま
あ、これは法務省的にはヘイトではないのでしょう。

この具体例だけでも、日本人差別の集大成のように思い
ます。

一体何処の国の「法務省」なのでしょうか。

今度、外国人に差別された、と駆け込んでみます。

引き続きのご健筆、知性の光の顕現をお祈り申し上げま
す。
  1. 2017-02-06 22:47
  2. URL
  3. real-kid #j3T/fhN6
  4. 編集

初めてコメントをさせて頂きます。
本当におっしゃる通りだと思います。
いつも鋭い論理的な内容に感心しておりました。
法務省の指針?の例を見て、本当に外国人に日本がのっとられてしまうのでは?!と怖くなっています。
子供達に“私達の国、日本”を残すために何か大人としてしなければならないのではないか、でもいったい何が出来るのだろう・・・
法務省や首相官邸にmailをしていますが、蟷螂の斧のような気がして、自分に問いかける日々を過ごしています。
  1. 2017-02-06 22:48
  2. URL
  3. mori32 #s4E8S/lA
  4. 編集

こんばんは!
国民の権利と国家の義務を日本人は全くと言っていいくらい忘れて暮らしています。
国会議員がそもそも意識が低すぎますし、そんな国会議員を選んでいるのが国民ですから結局は日本人が総じて目覚めていない、危機意識があまりにも低いということなのですね。
有害外国人と本気で戦ってくれる政府だったらいいんですけれど怖がって機嫌を取ることばかりしている腰抜けの人ばかり・・・
私のように力は微力でも、機会があるごとに行動するしか希望が持てません。
いつも、よもちゃんのキュートな顔に癒されています。
また、足の方,快癒されてよかったですね。
雪道は滑るので十分、お気を付けてくださいね。
  1. 2017-02-07 00:00
  2. URL
  3. オールドローズ #-
  4. 編集

当然の権利だと思います

当たり前なことを言って何で目くじらたてられるのでしょうか。誰が「ヘイトスピーチ」などと訳のわからないことを言い出したのでしょうか。差別だ排斥だとか言う前に、なぜ疎まれるのか(実害を被っていらっしゃる方々にとっては、控えめな表現ですが)考えたことはないのでしょうか。マナー云々などは、不愉快ですが、まだかわいい方かもしれません。しかし、身勝手で許し難い犯罪を犯しても、真実を報道すべきマスゴミまで、通名報道などと、国民を欺く始末です。「名無しの権兵衛さん」が以前おっしゃったように、「日本の治安、秩序、発展は歴史的に形成されてきた日本人の性質によって生み出されたもの・・・・」だと思います。それを守るのは日本人の権利であり、歴史を受け継いでいく者の義務でもあると思います。
  1. 2017-02-07 00:20
  2. URL
  3. SNS初心者 #-
  4. 編集

新たな特権の出来上がり、昔からのやり方です。
これからはTVドラマや映画の1シーンに出てくるやくざに町から出てけとかのシーンはカット、温泉や銭湯で入れ墨お断りとは言えなくなるのですね。
彼らの反日活動を後押しするようなものです。
  1. 2017-02-07 08:36
  2. URL
  3. kazusa #-
  4. 編集

Re: タイトルなし

> 職員が名前を名乗らない場合は、上司に代わってもらうか、行政監視委員会に電話すると言えば効きますよ。

 有難う御座います。 今度電話してみます。
 法務省は組織として名前を名乗るのを拒否しているようです。
  1. 2017-02-07 11:32
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

Re: 日本人が被害者です

> 仰る通りです。
>
> また、川崎でのデモ等で、我々日本国民は外国人によっ
> て、「この町から出ていけ」と言われ続けましたが、ま
> あ、これは法務省的にはヘイトではないのでしょう。
>
> この具体例だけでも、日本人差別の集大成のように思い
> ます。
>
> 一体何処の国の「法務省」なのでしょうか。
>
> 今度、外国人に差別された、と駆け込んでみます。
>
> 引き続きのご健筆、知性の光の顕現をお祈り申し上げま
> す。

 恐縮です。

 元来国家は自国民を守る為にあるのです。 だからこうした不当な言論弾圧には断固抗議するべきです。

 有害外国人の排除を法務省に要求するのは国民の権利です。

 だからもしデモや集会が問題にされたら、政治家への請願名を考えていきましょう。

 桜井誠の東京都知事選で分かったのですが、在特会はイザとなれば選挙ボランティアを大量に動員できます。
 これは政治家には大変な魅力ですから、こうした協力と引き換えに要求すれば、こうした請願を受け入れる政治家は出てきます。
 
  1. 2017-02-07 11:37
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

Re: タイトルなし

> 初めてコメントをさせて頂きます。
> 本当におっしゃる通りだと思います。
> いつも鋭い論理的な内容に感心しておりました。

 恐縮です。 お恥ずかしいです。

> 法務省の指針?の例を見て、本当に外国人に日本がのっとられてしまうのでは?!と怖くなっています。
> 子供達に“私達の国、日本”を残すために何か大人としてしなければならないのではないか、でもいったい何が出来るのだろう・・・
> 法務省や首相官邸にmailをしていますが、蟷螂の斧のような気がして、自分に問いかける日々を過ごしています。

 一通のメールでいきなり効果が出る事はありませんが、しかし青山繁治氏などに言わせると、官邸も省庁もメールはシッカリ読んでいるそうです。
 だからメールをすることは無駄ではありません。
 大変有意義です。

 ワタシは返事を聞きたいのですぐ電話しちゃうですが、しかし本来はメールの方が良いかも知れません。

 実は昨日法務省に電話をしたとき、交換が「今、電話が全部塞がっているので、少し待ってくれ」と言われました。 このニュースが出たのが土曜ですから、月曜になって抗議の電話が殺到したのだと思います。

 だから同様に抗議のメールも殺到してるでしょう。

 こうしてメールや電話をし続けて行けば、この悪法を施行不能に追い込めます。
 だから頑張っていきましょう。
  1. 2017-02-07 11:42
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

Re: タイトルなし

> こんばんは!
> 国民の権利と国家の義務を日本人は全くと言っていいくらい忘れて暮らしています。
> 国会議員がそもそも意識が低すぎますし、そんな国会議員を選んでいるのが国民ですから結局は日本人が総じて目覚めていない、危機意識があまりにも低いということなのですね。

 民主主義国家では国家の運命を決めるのは国民なのです。
 だから国民が危機を自覚しなければどうにもなりません。

> 有害外国人と本気で戦ってくれる政府だったらいいんですけれど怖がって機嫌を取ることばかりしている腰抜けの人ばかり・・・
> 私のように力は微力でも、機会があるごとに行動するしか希望が持てません。

 皆ができる事を少しずつやって行けば状況は変わります。
 例えば今回はアパホテルの件でも、日本政府は中国に譲歩していません。
 
 これだって一昔前なら全然違っていたでしょう?

 これは国民全体が変わってきたからです。
 だから希望を持って頑張り続けましょう。

> いつも、よもちゃんのキュートな顔に癒されています。
> また、足の方,快癒されてよかったですね。
> 雪道は滑るので十分、お気を付けてくださいね。

 有難う御座います。 今はもう人並みのスピードで歩けるようになり、完全に元通りの生活ができるようになりました。

 それからよもちゃんが凄く喜んでいます。
  1. 2017-02-07 11:46
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

Re: 当然の権利だと思います

> 当たり前なことを言って何で目くじらたてられるのでしょうか。誰が「ヘイトスピーチ」などと訳のわからないことを言い出したのでしょうか。差別だ排斥だとか言う前に、なぜ疎まれるのか(実害を被っていらっしゃる方々にとっては、控えめな表現ですが)考えたことはないのでしょうか。マナー云々などは、不愉快ですが、まだかわいい方かもしれません。しかし、身勝手で許し難い犯罪を犯しても、真実を報道すべきマスゴミまで、通名報道などと、国民を欺く始末です。「名無しの権兵衛さん」が以前おっしゃったように、「日本の治安、秩序、発展は歴史的に形成されてきた日本人の性質によって生み出されたもの・・・・」だと思います。それを守るのは日本人の権利であり、歴史を受け継いでいく者の義務でもあると思います。

 本来、言論の自由として守られる発言を封殺するために、ヘイトスピーチなどと言う奇妙な言葉を持ってきたのです。
 
 それにマスコミが飛びつき、馬鹿な政治家が便乗したのです。

 しかし普通に考えれば、有害外国人の排除は国家主権だし、実際法務省がその仕事をしているのです。
 だからそれに対して国民が「もっとやれ!」「あれも排除して欲しい」と要求するのは民主主義国家としては当然の話です。

 だからこんなコケオドシの法律は気にせず、冷静に対応しましょう。

 今後デモや集会で揉めそうになったら、有害外国人の排除要求を政府や法務省にすれば済む事ですから。

 
  1. 2017-02-07 12:01
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

Re: タイトルなし

> 新たな特権の出来上がり、昔からのやり方です。
> これからはTVドラマや映画の1シーンに出てくるやくざに町から出てけとかのシーンはカット、温泉や銭湯で入れ墨お断りとは言えなくなるのですね。
> 彼らの反日活動を後押しするようなものです。

 そうですね。 そのヤクザが在日コリアンだったら排除できなくなります。
 しかもヤクザには在日コリアンが非常に多いのです。
  1. 2017-02-07 12:20
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

これは問題でしょう。

私もこの法務省の指針とやらは、問題だと思います。ヘイトスピーチ法が如何に処罰のない法とはいえ、どうしても外国人優先の印象が否めません。また、「出て行け」とはよく使う言葉で、個々の状況でヘイトだと言うならまだしも、その言葉自体がダメだと言うのでは、やはり憲法の表現の自由に抵触するでしょう。これでは外国人が家に勝手に入ってきたら、「出て行け!」と言ってはいけない事にもなります。不審者に対して個人の家から出て行けと言えないとは、馬鹿げています。これでは家などの所有権の侵害にあたる可能性も出てきます。

その恐れのある指針を出す事が問題なので、こうなると、効果はともかく、法務省を監督する内閣にモノを言う必要があるでしょう。

実際、「出て行け!」という言葉に相応しい相手がいるのですよ。相手がその言葉に相応しいから、その言葉が出てくる訳です。

同じように考える方のために、参考までに官邸メールのアドレスを下に載せておきます。

https://www.kantei.go.jp/jp/forms/goiken_ssl.html
  1. 2017-02-07 12:58
  2. URL
  3. tna6310147 or ベヒモス #-
  4. 編集

外国人がアパホテルへのデモ

中国人の団体が新宿のアパホテルへデモしたそうですけど、アパホテルは民間企業ですよね、しかも外国人個人へ損害を全く与えていない。
民間企業の国内営業を外国人が集団でデモ?脅迫?、示威行為を許すのは警視庁として合法なんでしょうか?
アパホテルは警視庁に、脅迫を許可したと損害賠償請求は出来るのではないでしょうか?
  1. 2017-02-07 18:33
  2. URL
  3. トラウマ #RWLNmTs6
  4. 編集

Re: これは問題でしょう。

> 私もこの法務省の指針とやらは、問題だと思います。ヘイトスピーチ法が如何に処罰のない法とはいえ、どうしても外国人優先の印象が否めません。また、「出て行け」とはよく使う言葉で、個々の状況でヘイトだと言うならまだしも、その言葉自体がダメだと言うのでは、やはり憲法の表現の自由に抵触するでしょう。これでは外国人が家に勝手に入ってきたら、「出て行け!」と言ってはいけない事にもなります。不審者に対して個人の家から出て行けと言えないとは、馬鹿げています。これでは家などの所有権の侵害にあたる可能性も出てきます。
>
> その恐れのある指針を出す事が問題なので、こうなると、効果はともかく、法務省を監督する内閣にモノを言う必要があるでしょう。
>
> 実際、「出て行け!」という言葉に相応しい相手がいるのですよ。相手がその言葉に相応しいから、その言葉が出てくる訳です。
>
> 同じように考える方のために、参考までに官邸メールのアドレスを下に載せておきます。
>
> https://www.kantei.go.jp/jp/forms/goiken_ssl.html

 有難う御座います。 メールします。

 実際この東京新聞の記事が事実だと、国民は法務省にモノが言えない事になり、民主主義の否定です。
  1. 2017-02-07 19:03
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

Re: 外国人がアパホテルへのデモ

> 中国人の団体が新宿のアパホテルへデモしたそうですけど、アパホテルは民間企業ですよね、しかも外国人個人へ損害を全く与えていない。
> 民間企業の国内営業を外国人が集団でデモ?脅迫?、示威行為を許すのは警視庁として合法なんでしょうか?
> アパホテルは警視庁に、脅迫を許可したと損害賠償請求は出来るのではないでしょうか?

 民間企業相手でもデモは可能でしょう。
 例えば反フジテレビデモも可能なのですから。

 しかしそれで損害を与えたり営業の邪魔をしたりすれば、違法行為になるでしょう。
  1. 2017-02-07 19:07
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

西田昌司議員がヘイトスピーチ法の旗振り役であった事は皆さんご存知の事だと思います。
西田昌司議員が青山繫晴議員と議論した動画では、言論の自由の侵害になる可能性が有るから罰則は設けなかったと逃げをうっていましたが、こんなグレーな法律を作られた事自体が日本人にとって不幸であり、外国人の日本人に対するヘイトスピーチを禁じない相互主義に欠ける法律である事も問題です。
  1. 2017-02-08 00:05
  2. URL
  3. taigen #-
  4. 編集

Re: タイトルなし

> 西田昌司議員がヘイトスピーチ法の旗振り役であった事は皆さんご存知の事だと思います。
> 西田昌司議員が青山繫晴議員と議論した動画では、言論の自由の侵害になる可能性が有るから罰則は設けなかったと逃げをうっていましたが、こんなグレーな法律を作られた事自体が日本人にとって不幸であり、外国人の日本人に対するヘイトスピーチを禁じない相互主義に欠ける法律である事も問題です。

 こんな法律を作る事自体言論の自由の侵害です。
 しかも言論の自由を侵害されるのは日本人だけと言う法律です。

 何で自国で自国民が外国人から人権を侵害されなければならないのか?
 
 こんな馬鹿な話はありません。
  1. 2017-02-08 13:55
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

ずいぶんと都合のいい法律

 西田議員はヘイトスピーチを明確に定義すると定義を外れた発言を対象にできないから、あえて曖昧な部分を残したと言ってましたね。その結果、法務省がクロといえばクロになってしまっているのです。しかも法律は理念法なので制裁がなくて、裁判所の出番がないので、いくら行政に拡大解釈されても歯止めをかける手段がないのです。

 いくら法的に制裁がないとはいっても、こんな法律があるということ自体が心理的に圧力になるのです。しかもいくらでも拡大解釈ができて歯止めがきかないとなると、とんでもなく危険な法律ですね。人権派にとって都合の悪い発言を公にヘイトスピーチ認定できるわけですから、言論を抑え込みたい人間にとっては便利な法律ですね。言論というのはレッテル1つで潰せるものなのですから、刑罰とか損害賠償とかがなくても弾圧には十分なのです。
  1. 2017-02-12 00:32
  2. URL
  3. 凍え馬 #-
  4. 編集

Re: ずいぶんと都合のいい法律

>  西田議員はヘイトスピーチを明確に定義すると定義を外れた発言を対象にできないから、あえて曖昧な部分を残したと言ってましたね。その結果、法務省がクロといえばクロになってしまっているのです。しかも法律は理念法なので制裁がなくて、裁判所の出番がないので、いくら行政に拡大解釈されても歯止めをかける手段がないのです。

 そうです。 こんないい加減な法律だと、言論弾圧し邦題なのです。
>
>  いくら法的に制裁がないとはいっても、こんな法律があるということ自体が心理的に圧力になるのです。しかもいくらでも拡大解釈ができて歯止めがきかないとなると、とんでもなく危険な法律ですね。人権派にとって都合の悪い発言を公にヘイトスピーチ認定できるわけですから、言論を抑え込みたい人間にとっては便利な法律ですね。言論というのはレッテル1つで潰せるものなのですから、刑罰とか損害賠償とかがなくても弾圧には十分なのです。

 「悪法もまた法なり」として法は守るべきと言う善良な国民の尊法精神を逆手に取る悪質な言論弾圧です。
  1. 2017-02-12 11:34
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

強大過ぎる法務省の権限・機能は縮小されるべきだ

本稿、ヘイト法に係わる法務省の対応に不満を持たれている方向けに書いた。 維新政党新風の前代表だった鈴木信行は、ヘイト法をかく批判している。 ||||| ここから引用開始 ||||||||||||||||||||||||||||||||||| http://ameblo.jp/ishinsya/ 日本人だけ罰する逆差別ヘイトスピーチ法!法務省が具体例示す! 平成29年...
  1. 2017-02-13 06:04
  2. 祖 国 創 生