2017-01-31 19:26

モンスターの育て方 慰安婦と福岡殺人教師

 先日、「でっちあげ 福岡殺人教師事件の真相」と言う本を読みました。
 
 これは2003年、福岡市の小学校でベテラン男性教師が、生徒の一人に物凄い体罰を繰り返し、生徒が強度のPTSDになったとして、全国のマスコミが「史上最悪の殺人教師」と報道して、大騒ぎになった事件です。

 福岡市「教師によるいじめ」事件

 ところが被害生徒の両親が福岡市と加害教師相手に5800万円の損害賠償を求めて提訴した事で、裁判所で事実認定が始まると、この体罰もPTSDも全く事実無根だと言う事がドンドンばれて行ったのです。

 つまりこの話は全部、自称被害生徒の両親によるデッチアゲ、完全な虚言だったのです。

070

 しかしこの「殺人教師」のデッチアゲの過程が、慰安婦強制連行捏造騒動とそっくりなのです。

 つまりどちらも同じ役者がそろっているのです。

韓国=執拗に虚言を繰りかえし、エスカレートさせるスーパーモンスターペアレンツ。

河野洋平と外務省=取りあえずその場を収める為だけに、安易にモンスターの言い分を肯定する校長と福岡市教育委員会。

朝日新聞とマスコミは慰安婦問題でも福岡殺人教師事件でも、ひたすらモンスターの言い分を増幅して報道。

人権派弁護士、福岡殺人教師事件ではモンスターペアレンツ側に福岡市子供の人権委員会委員長の弁護士始め550人もの大弁護団がついた。

 ウィキの福岡市「教師によるいじめ」事件の所にこの事件の時系列が書かれています。

075

 4年生の一学期が始まって間もなく、担任教師が初めての家庭訪問をしてから3週間程してから、生徒の一人の両親が、子供が大変な体罰を受けたと校長に訴えてきました。

 家庭本問の折に子供曽祖父がアメリカ人だと教師に話したところ、教師は「血が穢れている」と言って、子供の耳がちぎれて化膿したり、鼻血で服が血だらけになるような体罰を繰り返すようになったと言うのです。

 これに対して校長と教頭は、事実を一切確認する事なく、体罰はあったこととして教師に謝罪を命じました。

 更に子供達に体罰を見たことがあるか?と言う調査をしました。 但しこのアンケートではどの教師が誰に体罰をしたのかを聞いていません。 だから子供達からすれば、小学校へ入って以来体罰と思えるモノを見ていれば「イエス」と答えるしかないのです。

085

 つまりこれはモンスターに媚びて彼等を納得させるために、体罰があったことを証明するためのアンケートでした。

 まるで河野談話!! 

 それでも学校側のこの最初の謝罪はまだ何とか理解できます。
 取りあえず謝ってとにかく事を収めたいと言うのはわからないではありませんし、普通のモンスターペアレンツなら、これで収まったのでしょう。

 しかしこの両親は韓国のようなスーパーモンスターでした。

 彼等は謝罪を受けたり要求が通ったりする度に、むしろ益々教師と学校への憎しみを募らせて、要求をエスカレートさせるのです。

086

 校長がこの両親の言い分を聞いて、担任に監視役を付けると、両親は「担任が監視役隙を見て息子を殴った。」と言って、担任を外す事を要求します。

 そこで校長が担任を外し、教師は職員室で雑用をするだけになり、休み時間は絶対に廊下にも出られないようにすると、両親は子供が教師の姿を見て、恐怖で嘔吐したと言うので、結局教師は停職6か月の処分を受けて、学校には来られなくなりました。

 とろが両親は子供が教師の車を見て怯えたと言い出し、更にPTSDを発症したとして、子供を精神病院の閉鎖病棟に入院させ、福岡市とこの教師を告訴するのです。

 それにしてももしホントなら凄い話ではありませんか?
 だからこれに朝日新聞が飛びつきます。
 
 そして朝日新聞の報道を皮きりに、全国のマスコミが大挙して便乗し、この教師は「史上最悪の殺人教師」と報道されるのです。

087

 しかし何とも奇妙な話です。

 ホントに服が血だらけになったり、耳が切れて化膿するような凄い体罰を毎日繰り返していたのなら、他の子供達だってそれを見て大変なショックを受けるだろうし、何よりもそんなことが一回でもあれば、親はその時に抗議するでしょう? それに何よりも病院に連れて行くでしょう?

 けれどそのような形跡は全くなく、親が抗議をしたのはそれが三週間も繰り返された後です。

088

 また裁判が始まり、福岡市側の弁護士がこの子共のPTSDの診断書を詳細に調べると、これが何とも奇妙な物でした。

 この子は実に186日も精神病院の閉鎖病棟に入院していたのですが、しかしその間に106日も外泊しています。 しかも病院にいる間は良く食べ、よく寝て、看護婦や他の患者に散々悪さをして、テレビや漫画を楽しむと言う、元気な悪ガキの日常なのです。

 でも自宅へ帰ると教師の事を思い出して恐怖が甦り嘔吐や下痢をしながら錯乱すると言うのです。
 だったら自宅に返しちゃダメでしょう?

 結局裁判所はこのPTSDは誤診と判断しました。

2017y01m31d_200220567

 そして戸籍を調べると、生徒の曽祖父がアメリカ人と言う話は、全く事実無根であることがわかりました。

 実はこの生徒の母親はこの体罰騒動以前から周りの人達にも、自分の祖父はアメリカ人で自分は帰国子女、夫もアメリカ留学しており、その留学中に知り合ったと言っていました。
 
 しかし戸籍を調べると彼女の親族にはアメリカ人はおらず、そもそも渡米した事実も確認できませんでした。 そして夫のアメリカ留学も全くの嘘でした。

 それなのにこの夫婦は「子供がアメリカ人を血を引いている事で教師に虐待された」と言い続けたのです。

 一体何の為にこんな事を!!

091
 
 それにしても呆れるのが、この夫婦の弁護を引き受けた弁護士です。 実はこの弁護士は福岡市子供の人権委員会の委員長なのです。

 そして「普通の大人が原告である子共の味方だと知らせる為」と称して550人もの弁護士の名前を集めて大弁護団を作ったのです。 これは何と福岡県弁護士会の弁護士の3分の1に相当する人数でした。

 つまりこの弁護士は大真面目なのです。

 しかし彼の書いた訴状は母親の言い分そのままで、PTSDの診断書を証拠として提出したのも彼です。

 母親の言い分そのままの訴状では、激しい体罰で「服が血だらけになった」とか「耳が切れて化膿した」とか書いてあっても、それが通院記録も診断書もなく、冷静に読めば読むほど違和感が疑念が湧いてくるばかりです。

 そして福岡市側の弁護士がPTSDに疑問を呈した事は前記の通りです。

2017y01m31d_200309792

 それではこの原告側の弁護士は自分で訴状を書くとき、またPTSDの診断書を提出した時に、疑問は持たなかったのでしょうか?

 報酬目当てで好い加減な弁護をしたと言うならわかります。
 しかし彼はこの訴訟で、弁護士仲間550人もの名前を借りたのです。

 それなのにこんなお粗末な訴訟をしては、敗訴後自分の立場がなくなるではありませんか?
 だから彼は心底、自分の書いた訴状も、またPTSDの診断書も疑っていないのです。

 つまり弁護士と言う職業にも拘らず、自分の正義の前には、常識的な疑念や合理的発想は消滅してしまったのです。
 
 そこで何とかその正義を実現しようとして弁護士仲間550人の名前を集めてしまったのです。

105

 ワタシがこの弁護士を見て思い出したのは、植村隆の大弁護団です。
 そしてブロゴスの玩具、猪野弁護士です。

 ワタシは弁護士と言うのは、職業柄常に人間の嘘や出鱈目と対決させられるので、否応なしにシニカルになり、冷静に現実的に物事を考えるようになるのだろう・・・・と、思っていました。

 しかしある種の弁護士達は違うのですね。
 弁護士としてどんなに日々、人間の嘘や出鱈目に直面させられても、そんな現実に一切関係なく、自分の夢見る正義の中に生き続けるのです。

 彼等にすると自分が一旦正義と決めた事は絶対正義で、法も科学的知見も一切関係ないのです。

 だから彼等はどんな判決がでようとも怯む事なく、自分の正義を追い続けるのです。

093

 一方スーパーモンスターもまた自分の妄想の中で生きているのです。

 彼等は妄想から他人に謝罪を要求して、謝罪を受けると、彼等の脳内では妄想が事実になります。 そこで更なる妄想を産んで更なる謝罪を要求するのです。

 この福岡殺人教師事件の原告が何の為にこんな嘘を吐き続けて、遂には裁判にまで持ち込んだのかはわかりません。
 
 金の為でしょうか?
 しかしもしホントに金目当てなら、「自分の祖父はアメリカ人」などと戸籍を調べたら直ぐに嘘とわかるような話を持ち出すのは奇妙です。
 
 ワタシはこの手のモンスターは、自分の嘘を本気で信じており、自分が大変不幸な被害者だと思う事が彼等の生甲斐だと思うのです。
 
 だからその嘘を他人に認められる事で満足する代わりに、嘘を増幅させてしまうのだとしか思えないのです。

094

 これでは彼等の要求を呑んだり謝罪をすることは、彼等の妄想を益々増大させるだけなのです。

 こうしたモンスターに妥協する事こそが、モンスターを育てる事になるのです。

 このモンスターの国家版が韓国です。

 実際慰安婦問題以降、韓国の日本への被害妄想はドンドン増大して、労務者の強制連行、旭日旗騒動、東海、わさびテロと際限も無く広がってきました。

 彼等の妄想の本質は、自分達は非常に優秀な民族で、世界で最も尊敬されて、高い地位と権力と富を与えられるべきだと言う事でしょう。

 ところが現実にそうはならないので、日本から被害を受けていると言う妄想が生まれるのです。

 そこで日本がこの妄想に妥協して謝罪すると、妄想の一部が現実に認められた事になりますから、更なる妄想が膨らむのです。

104

 それでもこうしたモンスターの要求を呑み続ける人間は、最初はモンスターと揉めたくないから、その後は今までと対応を変える事は、これまでの自分の対応が間違っていた事を認める事になるからと、言う完全な保身の権化です。

 このように役者が揃うと、モンスターの妄想がドンドン育って、現実を圧倒するのです。

 福岡殺人教師事件は裁判と言う場を得た事で、ようやくこのモンスターを倒す事ができました。
 しかし慰安婦問題について日韓関係で裁判はありません。

 だから韓国はまだまだモンスターとして成長を続けます。

107

【外信コラム】韓国人がやったことに韓国自身が焦る…独り相撲で自縄自縛に陥った韓国




  1. 古本
  2. TB(0)
  3. CM(26)

コメント

ちょっと記事の趣旨からズレますが。

死んだ祖父が言ってました。
明治時代からずっと、弁護士は三百代言、新聞屋は羽織着たヤクザと呼ばれてた、と。

自分も社会に出て働くようになると、
ほとんどの弁護士は依頼者からお金を取るのが仕事と
いうのがよくわかりました。

訴訟に勝つか負けるかは事実とは関係なく、
いかに緻密な戦略を立てて、それを立証するかだけ。
だから刑事で無罪判決でも、被告が無実とは限らない。

ドブ板踏みを厭わず、社会正義のためになんていう奇特な人には
遭ったこともないし、居たとしても経験値も低く、
何の力もないでしょう。

いつのまにか、弁護士と新聞屋の実態が粉飾されてますね。
  1. 2017-01-31 23:00
  2. URL
  3. まかろん #uaIRrcRw
  4. 編集

貴重な情報ありがとうございます。
私が知らなかっただけかもしれませんが。
本当に恐ろしい事件ですネ。

この母親のような人間に、いじめ防止や人権という近代の価値観が悪用されていることに、憤りを感じます。社会が優しくなるのも問題です。

よもぎねこさんがよく指摘される「京都教育大事件」や痴漢冤罪事件など、世の中にはこの種の人間の餌食にされる危険があります。
こういうことを知ることが出来るのはネットのおかげです。

  1. 2017-01-31 23:42
  2. URL
  3. 道草人 #-
  4. 編集

何処も同じで、事実は隠してシャットアウト、事実とは関係なく攻める。

読ませていただきました、有難うござい舞す。

・原告代理人も、裁判の争点は原告の尊属に外国人がいるか否かではなく、児童がいじめを受けた際に自身を混血と考えていたどうかであると主張していた[wiki]

1.血が穢れていると苛められた、と訴える。
2.祖先に米人がいると言っていたが嘘で、実は純粋の日本人だった。
 ・それはプライバシーだから立ち入らないでくれ。
3.自分が混血と考えていたのだから、苛めは成立する。
  虐めは悪いだろ、違うか?、
理屈が凄いですね。どこでも使えますね、人権弁護士定石でしょうか。
  1. 2017-02-01 08:37
  2. URL
  3. トラウマ #RWLNmTs6
  4. 編集

こんにちは。
子は親の鏡、他の児童に暴力をふるう児童にしてこの親ありですね。
私の小学生の孫も金銭を要求されお年玉預金がなくなったことがあります。
その加害者児童を担任の先生が周りの生徒のいない場所に連れ出し叱ったところ、その子のバカ親が何を血迷うたかうちの子が叱られた、ショックで学校に行きたくないと言っている、教育委員会に訴えてやると校長先生に怒鳴り込んだそうです(ご丁寧に私の娘に謝りに来た時に謝罪どころか言い訳と学校への対応の武勇伝を披露、批判したそうです-唖然)
その後、学校も腰が引けうやむやになり、今でも元気に私の孫はいじめられています。
児童同士の加害者、被害者の関係では加害者の人権とやらで守られますが
先生-生徒では生徒の人権が一方的に優先され先生の人権は守られないようです。
私の小さい頃の先生は怖い存在で多少の体罰は当たり前、先生に殴られたと母親に言えば、何を悪いことしたんだと更に怒られる始末、それでPTSDになった覚えもなく物事の善悪を覚え、道徳心を養ったものです。
権利と建前で教育された子供が今のモンスターペアレンツになり、そのモンスターペアレンツに育てられた子供たちがどんな親になるのか、末恐ろしいです。
  1. 2017-02-01 08:44
  2. URL
  3. kazusa #-
  4. 編集

謝罪要求、苛めの認定、担任を辞めさせること

>彼等は妄想から他人に謝罪を要求して、謝罪を受けると、彼等の脳内では妄想が事実になります。

私は、この「謝罪の要求」「虐めの認定」これらが金銭目的の他には、何の意味が在るのだろうと怪訝に思っていました。私の場合は、謝られても、認定されても気も晴れず何の役にも立たないのです、恨みを晴らすなら目には目を歯には歯をで痛めつけなければ気が晴れませんから。
成程、理解できない筈だ、きっぱり否定しないといけないのですね。
  1. 2017-02-01 09:21
  2. URL
  3. トラウマ #RWLNmTs6
  4. 編集

この手の輩は自分の思い通りにならなくなると、殺人を犯す可能性もあるので本来なら村八分されるべき存在です。韓国を見ればわかる話です。物事を大きくしてしまうのは学校や教育委員会の不甲斐なさですね

組織の構造を見直す必要と学校側もある程度力を持たせる必要もあると思います
  1. 2017-02-01 09:31
  2. URL
  3. ライヒタングル #-
  4. 編集

やたらに謝るのは日本人の悪い癖

日本では、ここはともかく頭を下げておけば丸く収まるという考えがありますが、それは同じ文化を持った日本人同士の普通の礼儀としてでだけしか通用しません。これが法律上のことになると、やたらな謝罪は罪を認めたことになり、後でやっかいなことになります。身に覚えがないことは絶対に謝っては行けない、これが法律上の常識です。

「つうかあ」という同じ文化が通用しない他国や他国人とのつきあいでは、安易な謝罪は命取りです。これは韓国との交渉で日本は嫌と言うほど味合わされたましたよね。

私もアメリカに来た頃に、この日本式謝罪がどれだけ通用しないかを痛感させられました。すぐ謝るので、あのコはドジばかり踏んでると思われたからです。今は無論そんなことはしませんが。

ところでこの可哀そうな教師さんはどうなったのですか?はっきり言って私がこの教師さんだったら学校側と両親を相手どって訴訟を起すところですが。
  1. 2017-02-01 10:58
  2. URL
  3. 苺畑カカシ #-
  4. 編集

 この裁判に、550人もの大弁護団が付いたというのが気になります。こけおどしの為に人数を多くしたのでしょうが、弁護士会が何かを狙ってやったようにも感じます。

 この事件はかなり大きく報道されたので私も覚えています。でも、教師の方が冤罪だったというのは知りませんでした。メデイア・スクラムを組まれて一方的に報道しておいて、その後の経過を伝えないのは酷い話ですね。

 それにしても、嘘をついてこんな大事件にしてしまった両親はどういう人で、何か意図があったのかハッキリしていないようですね。ただ、こういう嘘をついて、子供を使ってでも注目されたい人はたまに報道で見かけます。あの福田和子被告も、自分のついた嘘を信じていたのか周囲に対して上手に演技していたようで、何となく似ているような気がします。
  1. 2017-02-01 11:18
  2. URL
  3. 都民です。 #-
  4. 編集

Re: タイトルなし

> ちょっと記事の趣旨からズレますが。
>
> 死んだ祖父が言ってました。
> 明治時代からずっと、弁護士は三百代言、新聞屋は羽織着たヤクザと呼ばれてた、と。
>
> 自分も社会に出て働くようになると、
> ほとんどの弁護士は依頼者からお金を取るのが仕事と
> いうのがよくわかりました。
>
> 訴訟に勝つか負けるかは事実とは関係なく、
> いかに緻密な戦略を立てて、それを立証するかだけ。
> だから刑事で無罪判決でも、被告が無実とは限らない。
>
> ドブ板踏みを厭わず、社会正義のためになんていう奇特な人には
> 遭ったこともないし、居たとしても経験値も低く、
> 何の力もないでしょう。
>
> いつのまにか、弁護士と新聞屋の実態が粉飾されてますね。

 それは全くその通りです。 
 
 そういう連中だからこそやたらの社会正義を押し立てるのでしょう。
  1. 2017-02-01 11:32
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

Re: タイトルなし

> 貴重な情報ありがとうございます。
> 私が知らなかっただけかもしれませんが。
> 本当に恐ろしい事件ですネ。
>
> この母親のような人間に、いじめ防止や人権という近代の価値観が悪用されていることに、憤りを感じます。社会が優しくなるのも問題です。
>
> よもぎねこさんがよく指摘される「京都教育大事件」や痴漢冤罪事件など、世の中にはこの種の人間の餌食にされる危険があります。
> こういうことを知ることが出来るのはネットのおかげです。

 安易に正義を振り回す報道には要注意と言う事でしょうね。


  1. 2017-02-01 11:36
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

Re: 何処も同じで、事実は隠してシャットアウト、事実とは関係なく攻める。

> 読ませていただきました、有難うござい舞す。
>
> ・原告代理人も、裁判の争点は原告の尊属に外国人がいるか否かではなく、児童がいじめを受けた際に自身を混血と考えていたどうかであると主張していた[wiki]
>
> 1.血が穢れていると苛められた、と訴える。
> 2.祖先に米人がいると言っていたが嘘で、実は純粋の日本人だった。
>  ・それはプライバシーだから立ち入らないでくれ。
> 3.自分が混血と考えていたのだから、苛めは成立する。
>   虐めは悪いだろ、違うか?、
> 理屈が凄いですね。どこでも使えますね、人権弁護士定石でしょうか。

 このあたりの理屈の曲芸が、慰安婦強制連行捏造発覚後の左翼と同じですね。
 あれに賛同する弁護士達も、同様の理屈の曲芸を延々と続けているのです。
  1. 2017-02-01 12:07
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

Re: タイトルなし

> こんにちは。
> 子は親の鏡、他の児童に暴力をふるう児童にしてこの親ありですね。
> 私の小学生の孫も金銭を要求されお年玉預金がなくなったことがあります。
> その加害者児童を担任の先生が周りの生徒のいない場所に連れ出し叱ったところ、その子のバカ親が何を血迷うたかうちの子が叱られた、ショックで学校に行きたくないと言っている、教育委員会に訴えてやると校長先生に怒鳴り込んだそうです(ご丁寧に私の娘に謝りに来た時に謝罪どころか言い訳と学校への対応の武勇伝を披露、批判したそうです-唖然)
> その後、学校も腰が引けうやむやになり、今でも元気に私の孫はいじめられています。
> 児童同士の加害者、被害者の関係では加害者の人権とやらで守られますが
> 先生-生徒では生徒の人権が一方的に優先され先生の人権は守られないようです。
> 私の小さい頃の先生は怖い存在で多少の体罰は当たり前、先生に殴られたと母親に言えば、何を悪いことしたんだと更に怒られる始末、それでPTSDになった覚えもなく物事の善悪を覚え、道徳心を養ったものです。
> 権利と建前で教育された子供が今のモンスターペアレンツになり、そのモンスターペアレンツに育てられた子供たちがどんな親になるのか、末恐ろしいです。

 子供同士の苛めみたいなモノは、大人からは中身が見えにくいのです。
 だから騒いだもの勝ちと言う面があるのでしょうね。

 そしてこの福岡の事件でもこんな揉めた最大の理由の一つは、教師に権威がなくなって、父兄に対してやたらに低姿勢で妥協的なのです。

 そうなると子供同士で苛め合うような場合、教師はどちらに着くかわからなくなります。

 こういう状態だと苛めの防止は不可能でしょう。
  1. 2017-02-01 12:11
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

日教組は何をしていたんでしょうね

ごぶさたしています。仔猫が大きくなり、遊びも激しくなりました。昨晩も3時間近く寝かしてもらえませんでした。

すごい事件があったんですね。私も、かかしさんと同じように、この先生のことが気になります。

韓国人もそうですが、こういう親は「生物的正しさ」を欠いた人、頭のおかしな人なんでしょうから、まともに取り合ったらとんでもないことになるという、見本のような事件です。

日教組は何をしていたんでしょうね。「この先生も訴えるべき」とかかしさんもおっしゃっていますが、本来なら日教組が大弁護団を組んで訴えなくちゃいけないと思うのです。こういうケースで、労働組合が労働者を守ってやらなくてどうする、と思うのです。

でも、何もしないんでしょうね。なにしろ日教組は、労働者を守るよりも反日活動に精を出す「組合的正しさ」に欠けた組織ですからね。日教組はいらないと、心の底から感じます。
  1. 2017-02-01 12:13
  2. URL
  3. Kamosuke #-
  4. 編集

Re: 謝罪要求、苛めの認定、担任を辞めさせること

> >彼等は妄想から他人に謝罪を要求して、謝罪を受けると、彼等の脳内では妄想が事実になります。
>
> 私は、この「謝罪の要求」「虐めの認定」これらが金銭目的の他には、何の意味が在るのだろうと怪訝に思っていました。私の場合は、謝られても、認定されても気も晴れず何の役にも立たないのです、恨みを晴らすなら目には目を歯には歯をで痛めつけなければ気が晴れませんから。
> 成程、理解できない筈だ、きっぱり否定しないといけないのですね。

 このモンスターペアレンツはこの教師を懲戒免職に追い込みたかったようです。 彼等の脳内では、教師が子供を虐待したり、重度のPTSDにした事になっているので、当然でしょう。

 で、学校や教育委員会側が、彼等の妥協して、彼等の言い分を聞くことで、自分達の妄想が真実であったと納得して、更に妄想をステップアップさせるのです。

 もしこれが現実の虐待や現実の体罰であれば、学校や教育委員会がその現実を認めてその防止を確約すればそれでオシマイでしょう。
 でも元々が妄想だから増幅するのです。

 このあたりが韓国の日本への対応と全く同じなのです。

 
  1. 2017-02-01 12:16
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

Re: タイトルなし

> この手の輩は自分の思い通りにならなくなると、殺人を犯す可能性もあるので本来なら村八分されるべき存在です。韓国を見ればわかる話です。物事を大きくしてしまうのは学校や教育委員会の不甲斐なさですね
>
> 組織の構造を見直す必要と学校側もある程度力を持たせる必要もあると思います

 これは権限の有無と言うより、学校側の対応、特に校長の対応が最悪だったのだと思います。

 最初に謝罪したのは仕方ないとしても、何度か謝罪してそれでもドンドン異常な要求をしてくるのを見たら、これがモンスターで謝罪などで穏便な収拾は期待できない事がわかるはずです。

 しかし所が裁判に至るまで、教育委員会も校長もこの対応を続けたのです。

 これはつまり途中で対応を変えると、今までの自分達の対応が間違っていた事を認めなければならいからでしょう。
 そしてそうなると問題の教師への人権侵害を認める事にもなります。

 だから延々とモンスターに妥協し続ける。

 これも河野洋平や外務省と同じなのです。
  1. 2017-02-01 12:21
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

Re: やたらに謝るのは日本人の悪い癖

> 日本では、ここはともかく頭を下げておけば丸く収まるという考えがありますが、それは同じ文化を持った日本人同士の普通の礼儀としてでだけしか通用しません。これが法律上のことになると、やたらな謝罪は罪を認めたことになり、後でやっかいなことになります。身に覚えがないことは絶対に謝っては行けない、これが法律上の常識です。

> 「つうかあ」という同じ文化が通用しない他国や他国人とのつきあいでは、安易な謝罪は命取りです。これは韓国との交渉で日本は嫌と言うほど味合わされたましたよね。
>
> 私もアメリカに来た頃に、この日本式謝罪がどれだけ通用しないかを痛感させられました。すぐ謝るので、あのコはドジばかり踏んでると思われたからです。今は無論そんなことはしませんが。

 そうなのです。 
 日本人同志であればかなりのモンスターでも、取りあえず謝罪したら事は収まる場合が多いので、謝罪してしまうのです。
 
 でもこれは外国人相手には絶対やってはダメなのです。

 そんなことは前々から言われているのに、でもイザとなるとやっちゃうのですよね。
 
 しかも外交交渉のプロのはずの外務相がやってしまうのです。 国内と国外の使い分けは難しと言う事でしょうか?
>
> ところでこの可哀そうな教師さんはどうなったのですか?はっきり言って私がこの教師さんだったら学校側と両親を相手どって訴訟を起すところですが。

 この教師は裁判の結審前に、停職が解かれて職場に戻りました。 裁判中にこの両親がトンデモないモンスターで、言っている事が全部嘘と言うのが、知れ渡ったからです。

 でも彼は学校や両親に損害賠償等は請求していないようです。

 この人は元々温厚を絵に描いたような人で、だからこそ体罰などあり得ないわけですが、逆にモンスターもまた校長も彼のそういう人柄に付け込んだのでしょう。

 つまりモンスターは彼に襲い掛かり、校長は彼をスケープゴートして自分の保身を図ったのです。

  1. 2017-02-01 12:28
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

Re: タイトルなし

>  この裁判に、550人もの大弁護団が付いたというのが気になります。こけおどしの為に人数を多くしたのでしょうが、弁護士会が何かを狙ってやったようにも感じます。

 そうかもしれません。 実はこの弁護士今は懲戒請求を出されています。
>
>  この事件はかなり大きく報道されたので私も覚えています。でも、教師の方が冤罪だったというのは知りませんでした。メデイア・スクラムを組まれて一方的に報道しておいて、その後の経過を伝えないのは酷い話ですね。

 ワタシもこの教師の「苛め」報道は覚えています。 そして問題の両親の「アメリカ人の祖父」云々が全部嘘だったと言う話までは知っていました。
>
>  それにしても、嘘をついてこんな大事件にしてしまった両親はどういう人で、何か意図があったのかハッキリしていないようですね。ただ、こういう嘘をついて、子供を使ってでも注目されたい人はたまに報道で見かけます。あの福田和子被告も、自分のついた嘘を信じていたのか周囲に対して上手に演技していたようで、何となく似ているような気がします。

 これがホントに不思議なのです。

 只の金銭目的とは思えないのです。  

 しかし彼等はどうも自分の嘘を本気で信じている節があり、しかもその嘘が非常にリアルだから、彼等に直接取材した新聞記者は皆直ぐに彼等の信じ切ってしまったようです。

 逆にテレビ局のワイドショーなどは、番組を作る都合で、教師の評判を聞こうと他の子供達や父兄の取材を始めた所で、もうこれは嘘と見抜いたようです。

 所謂虚言壁を持つ人って、皆自分の嘘を信じる傾向があって、自分の中では嘘を吐いていると言う感覚はないのだそうです。

 だから嘘と言われると完全に自分が被害者になってしまうのです。

 このあたりも完全に韓国人と同じなのですが。
  1. 2017-02-01 12:37
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

Re: 日教組は何をしていたんでしょうね

> ごぶさたしています。仔猫が大きくなり、遊びも激しくなりました。昨晩も3時間近く寝かしてもらえませんでした。

 おお、大変ですね。 でも可愛いから仕方ないですね。
>
> すごい事件があったんですね。私も、かかしさんと同じように、この先生のことが気になります。

 裁判の結審前に停職が解けて現職に復帰しています。
 
 しかし教育委員会や校長から謝罪や賠償は受けていないようです。
>
> 韓国人もそうですが、こういう親は「生物的正しさ」を欠いた人、頭のおかしな人なんでしょうから、まともに取り合ったらとんでもないことになるという、見本のような事件です。
>
> 日教組は何をしていたんでしょうね。「この先生も訴えるべき」とかかしさんもおっしゃっていますが、本来なら日教組が大弁護団を組んで訴えなくちゃいけないと思うのです。こういうケースで、労働組合が労働者を守ってやらなくてどうする、と思うのです。
>
> でも、何もしないんでしょうね。なにしろ日教組は、労働者を守るよりも反日活動に精を出す「組合的正しさ」に欠けた組織ですからね。日教組はいらないと、心の底から感じます。

 ここが非常に不可解なのですが、この教師がマスコミと校長や教育委員会から停職等の厳しい処分を受けている間、他の教師や教職員組合が彼を救おうとした話は一切出ていません。
 
 この小学校は一学年3クラスの小さな学校だし、問題の生徒は4年生でしたから、この子を受け持った経験のある教師もいたはずです。
 そしてこのモンスター夫婦の評判が良くない事は皆知っていたのです。

 ところが他の教師は、誰一人同僚の為に弁護をしないのです。

 これではこの教師の立場ドンドン悪くなるのは当然でしょう。

 


  1. 2017-02-01 12:57
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

これから、前の記事も読ませて頂きます

「古本」の記事、拝見すればいつも、知らなかった事柄に出会え、感謝致します。         いつから、こういう人間が大手を振って罷り通るようなことをしたり、またそれを、見逃してしまう(さらには酷いことに、それを囃し立てる)ようになって来たのでしょうか。一昔前まで、我が身の利益の為に嘘をつく者や、他人を貶める者は、衆人の軽蔑の対象でしかなかったと思うのですが。穿った見方かどうかはわかりませんが、道徳教育をないがしろにしてきたツケが回って来たのではとも思います。今はどうなっているのでしょうか。「三つ子の魂百まで」という諺もあります。正しい教育の実現に力を注いで頂きたいものです。      泥棒を正当化するゴキ・・に道徳を望む白もありませんが。
  1. 2017-02-01 17:35
  2. URL
  3. SNS初心者 #-
  4. 編集

Re: これから、前の記事も読ませて頂きます

> 「古本」の記事、拝見すればいつも、知らなかった事柄に出会え、感謝致します。         いつから、こういう人間が大手を振って罷り通るようなことをしたり、またそれを、見逃してしまう(さらには酷いことに、それを囃し立てる)ようになって来たのでしょうか。一昔前まで、我が身の利益の為に嘘をつく者や、他人を貶める者は、衆人の軽蔑の対象でしかなかったと思うのですが。穿った見方かどうかはわかりませんが、道徳教育をないがしろにしてきたツケが回って来たのではとも思います。今はどうなっているのでしょうか。「三つ子の魂百まで」という諺もあります。正しい教育の実現に力を注いで頂きたいものです。      泥棒を正当化するゴキ・・に道徳を望む白もありませんが。

 恐縮です。
 
 古本のファイルには、ワタシが読んだ本の感想その他を書いています。
 ジャンルは文字通りナンデモアリーノです。

 それから道徳教育はどこまで意味があるのかは不明です。 人間は綺麗な事を教えたらその通りなるとは限りませんから。
  1. 2017-02-01 20:04
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

過去の記事を読むことも含め、これからの記事を楽しみに、自分なりの言葉で、この場にお邪魔したいと思います。
  1. 2017-02-01 20:45
  2. URL
  3. SNS初心者 #-
  4. 編集

Re: やたらに謝るのは日本人の悪い癖

関連して思い出すことがあります。
水泳の富田選手の「カメラ窃盗事件」です。

記憶にまだ新しい方が多いと思いますが、私は報道を見ていて、あれは冤罪だと思いました。
富田選手が、言葉の通じない韓国で疑いをかけられ認めなければ日本に帰れないと言われて、水連の付き添い幹部も監視カメラにお前が映っているとかいう状況で、みんなと帰りたい一心から、初めに認めて謝ってしまたことが御多分に漏れず大間違いでした。

水連以下、マスコミも、日本の恥とばかりに非難囂々、所属会社も即刻彼を首にしてしまって、われ関せずでした。

裁判では、最後まで彼がカメラとを盗るところが映っているという映像は出てこず、しかし有罪となって上告もせず結審してしまいました。
(カメラと言ってもレンズを外したドンガラだけだから、知らない人にはゴミかガラクタに見えるでしょう。彼が不気味な連中が自分のバックをいじっていてゴミを入れられた、関わりたくないのでそっと立ち去った。ゴミは後で捨てればいいと思った、というのは私には理解できます。)

絶望的な状況でも、最後まで争えば応援者も出てきたでしょうに!

今彼はどうしているんでしょうか。注意してみていますが、私には未だ追跡の記事は見つけられません。
何方かご存じであれば教えてください。
  1. 2017-02-02 09:56
  2. URL
  3. かわた #qFCkdryo
  4. 編集

こういう話みてると、日本人の面倒臭がりな性分と雑な対応が、訴える側に付け入る隙を与え、問題を拗れさせてしまう原因になってしまってると思うんです。
もう少し緻密さを持って貰えないものでしょうか。国民にも問題はあるんでしょうけど…。
アメリカなんかを見ていると、冷静で客観的、緻密だなと感じます。あんな大国なのに。中国を見ていても感じます。
日本は近視眼的で、早く物事を収める事だけを考えてしまいがちなせいで、間違いを犯しやすいのでは。自分自身も含め、何でもなあなあで収める気質は良くないのだなと。
  1. 2017-02-02 18:07
  2. URL
  3. #-
  4. 編集

Re: タイトルなし

> 過去の記事を読むことも含め、これからの記事を楽しみに、自分なりの言葉で、この場にお邪魔したいと思います。

 楽しんで頂けたら嬉しいです。

 コメントをお待ちしています。 過去記事でも気になった事があったらコメント下さい。
  1. 2017-02-02 18:53
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

Re: Re: やたらに謝るのは日本人の悪い癖

> 関連して思い出すことがあります。
> 水泳の富田選手の「カメラ窃盗事件」です。
>
> 記憶にまだ新しい方が多いと思いますが、私は報道を見ていて、あれは冤罪だと思いました。
> 富田選手が、言葉の通じない韓国で疑いをかけられ認めなければ日本に帰れないと言われて、水連の付き添い幹部も監視カメラにお前が映っているとかいう状況で、みんなと帰りたい一心から、初めに認めて謝ってしまたことが御多分に漏れず大間違いでした。
>
> 水連以下、マスコミも、日本の恥とばかりに非難囂々、所属会社も即刻彼を首にしてしまって、われ関せずでした。
>
> 裁判では、最後まで彼がカメラとを盗るところが映っているという映像は出てこず、しかし有罪となって上告もせず結審してしまいました。
> (カメラと言ってもレンズを外したドンガラだけだから、知らない人にはゴミかガラクタに見えるでしょう。彼が不気味な連中が自分のバックをいじっていてゴミを入れられた、関わりたくないのでそっと立ち去った。ゴミは後で捨てればいいと思った、というのは私には理解できます。)
>
> 絶望的な状況でも、最後まで争えば応援者も出てきたでしょうに!
>
> 今彼はどうしているんでしょうか。注意してみていますが、私には未だ追跡の記事は見つけられません。
> 何方かご存じであれば教えてください。

 あれは何とも気分の悪い事件でした。
 
 しかしああして本人が謝ってしまうと、ホントに救済が難しくなるのです。
 そして始末が悪いのは、富田選手の廻りの日本人水泳関係者です。 若い選手なのですから、皆で絶対守らなければならないのに、実に安易に選手をスケープゴートしていました。

 この事件の校長と福岡市教育委員会、それに教師達と同じです。

 この事件では父兄もこの教師の弁護に立たなかったのですが、でも父兄は子供から話しを聞くだけで、参観日以外の授業は見ていないのです。

 だから校長と教師達が「体罰をした」と言えば、父兄としては何も言えないのです。

 こういう事を考えると、安易な謝罪をすると簡単にこうした冤罪に嵌められるのです。 慰安婦はその国家版ですが、しかし個人レベルなら非常に多いのでしょう。
  1. 2017-02-02 19:13
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

Re: タイトルなし

> こういう話みてると、日本人の面倒臭がりな性分と雑な対応が、訴える側に付け入る隙を与え、問題を拗れさせてしまう原因になってしまってると思うんです。

 面倒臭がりとか雑とか言う問題ではありません。

 余程のモンスターでない場合は、日本人同志なら事実に関係なく、取りあえず謝罪をすれば済む場合が非常に多いのです。
 
 逆に一言謝罪しない事で、感情が拗れて後々面倒になる事も多いのです。

 だから日本人は普通に謝罪をするのです。

> もう少し緻密さを持って貰えないものでしょうか。国民にも問題はあるんでしょうけど…。
> アメリカなんかを見ていると、冷静で客観的、緻密だなと感じます。あんな大国なのに。中国を見ていても感じます。
> 日本は近視眼的で、早く物事を収める事だけを考えてしまいがちなせいで、間違いを犯しやすいのでは。自分自身も含め、何でもなあなあで収める気質は良くないのだなと。

 中国人や欧米人が簡単に謝罪しないのは、一旦謝罪すると謝罪した方が悪い事にされて、際限もなく賠償を要求されるので社寺罪は最後まで避けるのです。

 本当はこんな文化が良いとは思えません。
  1. 2017-02-02 19:18
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する