2017-01-31 13:01

トランプ節 

 この前、ネットでトランプ大統領の就任演説の関西弁訳と言うのを、拾いました。

 トランプ大統領就任演説 関西弁 全訳

 いや~~!!
 感動したわ!!

026

 ウチは英語ダメ子やさかい、英語の原文は全然わからヘン。
 そんでNHKとかの日本語訳を見ても、なんかピンとけえへん。

 そもそも、前々からこの人が何でこんなに嫌われるか?
 逆にこの人が何でこんなに人気があるんか?

 この人のべつにそんな無茶苦茶言うてはるわけやないんよ。
 そやけどそれはつまり、そんなすごい事も言うてへんのよ。

 あのメキシコ国境との壁かて、イスラム諸国からの移民や難民の入国制限かて、実はオバマはんもヒラリー・クリントンはんも賛成してはったんよ。

 そやのに何でこの人が言うとあんな騒ぎなるんやろ?
 なんかようわからヘンかったけど、この関西弁演説の訳を読んでたら妙に納得したわ。

052

 この人の言葉関西弁と同じで、完全な口語やねん。

 口語言うのは、目の前の相手と話する時の言葉やねん。
 
 目の前の相手やから、お互いに何を言い合うかようわかっとんねん。
 
 そやけどその話に入っとらんかった他人からすると、ようわからんへん事も一杯あるわな。

 そやからトランプはんの演説は翻訳に苦労するんやて。

 小学生英語だけど訳せない…トランプ節に泣かされる世界の翻訳者たち その理由とは?

054

 そらそうやろ。
 河内のオッサンが皆で盛り上がってるの、英語に訳せ言われたら英文学の大先生でも往生するがな。

 あんなもん、河内のオッサンを知らん人が聞いたら、下品で暴力的でびっくりするがな。
 河内のオッサンは別に暴力なんか降るわヘンけど、「どたまかちわったる!!」「ワレのあたまは河内太鼓や、なんぼ叩いてもだんない。」とか、キツイ冗談言いよんねん。

 それをマトモに取って、「人の頭を太鼓のように叩くなんて人権侵害です。」なんぞと怒ってどないすんねん。

2017y01m31d_230800868
 
 それ以上に、インテリの人にとっての言葉は口語やないねん。

 あの人らの言葉は本や新聞に書くもんやねん。
 そやから本や新聞で読んで綺麗に整った言葉がええ言葉ややねん。

 そやのにトランプはんはそういう言葉使う気あらへん。

 文字通り「言葉が通じん。」言う奴や。

 インテリの人らにしてみたら、自分等と通じん言葉で押し通す奴が、えらい人気で喝采されたらそら腹が立つやろ。

 オマケにそういうインテリの人ら、トランプはんの眼中にないねん。

065

 ついでに言うと、トランプはんをマスコミがエライ憎む理由はもう一つあるねん。

 この人、実は大統領選挙中、一回もテレビCMしてはれへんねん。

 全部ネットで済ませてしもうた。

 ヒラリー・クリトンはんは、ごっつい金集めて、それを無茶苦茶テレビCMにつぎ込んでんねん。

 CNNとかテレビ局側から見たらどっちを応援するか自明やろ?

 こんなんで大統領選挙に勝たれたら、今後大統領選挙だけでのうて、他の広告かて出す人おらんようになるで。

 そやから何としてもトランプは潰したいねん。

063

 それにしてもこんなトランプはんと一番話が通じる日本人って誰やろ?

 ウチは藤井聡先生やと思うけど。
 
 藤井先生は関西弁で英語の達者やし、プロレスも大好きや。
 
 安倍総理がトランプはんに合う時は、藤井先生もつれてったらどうやろ?
 
  1. ポピュリスト
  2. TB(0)
  3. CM(2)

コメント

河内のおっさんの唄

よもぎねこは~ん、全くそのとおりでおます。

じつはあ~、私もトランプ演説の関西弁訳を何日か前に読んだのですが、その時、私もトランプ弁は言ってみたら河内のおっさん弁だよなあ、と思ったのです。それで大昔に流行った「河内のおっさんの唄」を思い出してしまいました。よもぎねこさんは多分若すぎて知らないでしょうけどね。
https://youtu.be/1_w7qLwhFog

トランプさんて、元々大富豪の息子で子供の頃から金持ちの御曹司として育った割りには性格も言葉使いもすっごく庶民的なんです。だから、普通の労働者層の有権者も「おれたちのひとり」「普通の男」というイメージを持っている。

トランプによる女性蔑視のような言葉使いも、普通の男なら誰でも本気ではないが、他の男たちを感心させるためにああいう自慢話くらいはしたことがあるという気持ちがあるから、別にいいじゃねえか。ってことになる。

いつもは庶民の味方と称している民主党は実はエリートの集まり。ハリウッドだってエリート意識丸出しでトランプの下品さを叩いたから、これがかえって逆効果になったのだと、今思えばトランプ人気も理解できます。
  1. 2017-02-01 06:14
  2. URL
  3. 苺畑カカシ #-
  4. 編集

Re: 河内のおっさんの唄

> よもぎねこは~ん、全くそのとおりでおます。

 おお、そうだったのですか!!
 カカシさんにそう言っていただけると大安心です。
>
> じつはあ~、私もトランプ演説の関西弁訳を何日か前に読んだのですが、その時、私もトランプ弁は言ってみたら河内のおっさん弁だよなあ、と思ったのです。それで大昔に流行った「河内のおっさんの唄」を思い出してしまいました。よもぎねこさんは多分若すぎて知らないでしょうけどね。
> https://youtu.be/1_w7qLwhFog

 ワタシは1954年うまれだから多分カカシさんよりかなり年上です。

 因みにワタシは実は大阪の河内生まれで小学校低学年まで河内で過ごしました。
 だからその頃は、周りの大人は皆リアル河内のオッサン、オバハンだったのです。
>
> トランプさんて、元々大富豪の息子で子供の頃から金持ちの御曹司として育った割りには性格も言葉使いもすっごく庶民的なんです。だから、普通の労働者層の有権者も「おれたちのひとり」「普通の男」というイメージを持っている。
> トランプによる女性蔑視のような言葉使いも、普通の男なら誰でも本気ではないが、他の男たちを感心させるためにああいう自慢話くらいはしたことがあるという気持ちがあるから、別にいいじゃねえか。ってことになる。

 つまり河内のオッサン同志で「オナゴなんか押し一つや。 いてこましてもたら、どうにでもなるでえ。」なんて言って盛り上がっていたのです。

 それをリベラルメディアが「女性の人格を無視して、強姦を是認する発言。」と怒り狂っているわけですよね?

 でもこれを攻撃されたら、トランプだけでなくて、こういう話で盛り上がる河内のオッサンや、なんだかんだ言って、そういう亭主を大事にしているオバハン全部を攻撃する事になるわけですよね?

 そこで河内のオッサン、オバハンは「なに言うてんねん。 アイツラ冗談もわからへん。 あたまオカシイんちゃうか?」と言う事になるわけです。

> いつもは庶民の味方と称している民主党は実はエリートの集まり。ハリウッドだってエリート意識丸出しでトランプの下品さを叩いたから、これがかえって逆効果になったのだと、今思えばトランプ人気も理解できます。

 そう言えばオバマ大統領の演説はリベラルマスコミに絶賛されていましたね。 日本でも随分CDが出ていました。
 彼こそトランプとは文字通り白と黒程違った人間だったのです。
  1. 2017-02-01 11:48
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する