2016-12-08 14:33

「日本死ね」は護憲派の本心

  流行語大賞「日本死ね」は多くの日本国民に不評でしたが、しかし今も必死になってこの言葉を擁護している人達がいます。

 ネットでこの「日本死ね」擁護派を拾ってみるとわかりますが、見事に全員「護憲派」です。

 この護憲派の「日本死ね」擁護の論理の典型はリテラのつのる剛士氏への批判に書かれたこの一文でしょう。

049

 (つのる剛士が)機動隊員やトランプの差別発言にはこれだけ理解を示しながら、なぜ「日本死ね」となると一転して、「汚い言葉」「日本人として恥ずかしい」となるのか。これは明らかに、つるのが権力者や為政者はマイノリティに暴言を吐く自由があるが、国民が日本という国家に対し「死ね」と批判するなんて許せない、と考えているからだろう。

 そして、本サイトがつるののことを危険だと指摘したのは、まさにこの思考に対してだった。なぜなら、自分の国に対して「死ね」と言うことのできる自由こそ、私たちがもっとも守らなければならないものだからだ。

「日本死ね」を長谷川豊の「人工透析患者を殺せ」発言と同じだなどとぬかしていたバカがいるが、まったくちがう。社会的弱者やマイノリティ、特定の人種・民族に対して「死ね」などという発言をすることは、その生存権すらも脅かすヘイトスピーチであり、絶対に許されないが、圧倒的な力をもつ国家に対して激しい批判をするのは当然の行為だ。むしろ、こうした激烈な批判こそが国民の権利と生活を守り、民主主義を機能させることにつながる。

050

 つまりリテラにとって、「日本」とは権力であって日本国民の事ではないのです。

 そしてリテラにとって、民主主義とは権力に逆らう事なのです。

 「日本死ね」と言うのは権力への反抗の言葉だから、無問題と言うのです。

 しかし護憲派がこれを言うのは奇妙な話です。

 だって彼等が護りたいと言う日本国憲法を見ればわかりますが、日本国憲法は民主主義の憲法です。

 だから「日本」の主権者は国民です。 従って「日本」と言うのはこの国民と国土を指すのであって、権力者や政府を指すわけではありません。

 「日本死ね」と言う言葉に多くの国民が不快感を感じたのは当にその為です。

 つまり「日本死ね」と言われたときに、多くの国民は憲法通りに解釈して、主権者である自分達と自分達の国土に対して「死ね」と言われたと感じたのです。

 だから大変不快だったのです。

056

 逆言うとリテラの記述を見ればわかるように、護憲派は実は自分達を「主権の存する日本国民」とは思っていないのです。

 また国民が選んだ政権とは常に敵対しなければならないと信じているのです。

 護憲派を名乗る人達は、なぜこんな珍妙な発想をするのでしょうか?

 それは実は所謂護憲派が護りたいのは、実は憲法9条とこれに関わる前文の一部だけで、他の憲法の条文には全く関心がないからです。

 そしてこの憲法9条と前文の一部「日本国民は、恒久の平和を念願し、人間相互の関係を支配する崇高な理想を深く自覚するのであつて、平和を愛する諸国民の公正と信義に信頼して、われらの安全と生存を保持しようと決意した。」こそは、主権在民と言う民主主義の原則に完全に反しているのです。

062

 だってそうでしょう?

 主権在民の原則は、元来全て国民が一人前の大人としての良識を持ち、自国の政治外交について正常な判断力を持つ事を前提にしているのです。

 それなのになぜそう言う一人前の大人が「われらの安全と生存の保持」を自分の意思で守る事ができず、「平和を愛する諸国民の公正と信義」何かを宛てにしなければならないのですか?

 自分の生命と安全は自分で守る。

 これが一人前の大人の原則です。

 ところが日本国憲法の前文では、日本人は日本の安全と生存は他国への信頼を宛てにするとして、挙句の果てにその安全と生存に絶対必要な軍備の保持を憲法9条で放棄させているのです。

 そして主権国家として当然の権利である交戦権も放棄しています。

 再度言いますが、日本国憲法では主権者は国民です。 その国民に交戦権と言う重要な権利を放棄させているのです。

067

 民主主義国家の憲法であるはずの日本国憲法にこのように、反民主的な条文が入り込んだ理由は簡単です。

 この憲法を作ったのはGHQであって、日本国民ではないからです。

 GHQが日本統治の都合の為に作ったのが日本国憲法だからです。

 連合国は日本に無差別都市爆撃や原爆投下と言う非人道行為により勝利しました。

 このような非人道行為の結果得た勝利を元に日本を統治するのですから、日本国民が連合国に逆らえないようにしなければならなかったのです。

 だから憲法9条で日本人から交戦権と軍備を奪ったのです。

072

 日本の所謂護憲派と言う人々は、実は自分達を日本人ではなくGHQの側に置いているのです。

 つまりGHQと同様、日本を悪の国、日本人を凶悪な軍国主義者として自分達が抑圧支配しなければならないと考えているのです。

 だから彼等は護憲派と言うけれど、実は憲法9条以外の条文には興味はありません。

 実際、彼等はヘイトスピーチ規制のような言論弾圧を要求しています。 憲法では言論の自由や表現の自由は保障されているはずだし、しかもこれらはなしの民主主義などあり得ないのに。

 また日本の法律は日本国憲法で定められた手続きで作られた物であり、民主主義は法治主義であるにも拘らず、彼等は法を尊重する意思がありません。

 沖縄の反基地活動など見れば明らかですが、実に堂々と違法行為を行っています。

 何より笑えるのは自らを「護憲派」と名乗る事です。

 しかし日本国憲法と言うのは改憲できる事が96条で定められているのですから、改憲に反対する事を持って「護憲派」と言うのはオカシイのです。

 民主主義国家の憲法と言うのは、国民が定めるモノなので、国民の意思で変えるのが当然なのです。

 それをバイブルやコーランのように変更不能と考える事は、極めて反民主的な発想です。

074

 このように自称「護憲派」の言動を見て行けばわかりますが、彼等は実は日本国憲法の定める民主主義の根幹そのモノには絶対反対なのです。

 にも拘らず彼等が自らを護憲派と名乗り民主主義を振り回すのは、結局彼等自身が主権者である日本国民の側ではなく、憲法を押し付けたGHQと自己同一視しているからでしょう。

 つまり日本人を虐殺し占領統治した側と自己同一視しているのです。

077

 ワタシはこの護憲派と言われる人々の言動をずうっと不可解に思ってきました。

 何で彼等は慰安婦強制連行や南京大虐殺のような話に飛びつくのでしょうか?

 例えば日弁連がこれに執着しているのですが、しかし弁護士として強姦事件の弁護をしたとき、検察側があの慰安婦証言のような証言とりあげたら、弁護士としてどう対応する気なのでしょうか?

 被害者の証言を疑ってはならないとして、そのまま被告有罪を認めるのですか?

 しかし日本を悪い国と思いたいと言う情熱は、弁護士としての職業知識も理念も吹き飛ばすのです。 

082

 でも今回彼等が「日本死ね」に喝采しているのを見てわかりました。

 今回の「日本死ね」に対しての護憲派の喝采と、日本に対する悪意と憎悪を叫びを見ていると、背筋が冷たくなりました。

 と同時に彼等の魂の叫びと言うか、心の奥底にある物が噴出しているのを感じました。

 ここまで熱狂的に日本への悪意と憎悪を剥き出しにされると、他に説明のしようがありません。

 彼等は日本を死なせたくて堪らないのです。

 もしも自分もまた日本人であり、日本国の一員だと言う発想があれば、いかに理屈をつけようとも「日本死ね」などと言われたら自分や自分が死ねと言われると受け取って恐怖するはずです。

 しかし彼等は喝采するのです。

 彼等は連合国がしたように都市無差別爆撃や原爆投下で日本人を殺したくてたまらないのです。

 だからGHQと自己同一視して、憲法9条を守ろうとするのです。

084

 「日本死ね」って護憲派の本心なのです。

 彼等の魂の叫びなのです。

 そして戦後民主主義の本質なのです。

  1. 戦後民主主義
  2. TB(0)
  3. CM(12)

コメント

仰る通り、護憲派の人達の本音は、「日本死ね」なのでしょう。G*Qの日本国民に対する教育は、大したもので、護憲派の人達は、自分たちがG*Qの申し子であること、当時の親米主義者であったこなど理解していないか忘れているのでしょう。

普通の国民、社会人であれば、自分の属する国家や社会が自分たちを守る義務があり、国民もそれに期待するのが普通です。護憲派の人達は、自分の所属する日本という国家を壊滅させることに希望と期待を感じているのでしょう。そして、日本国家が壊滅すれば、「平和を愛する諸国民」が日本の政治を善導してくれるとでもいうのでしょう。G*Qは戦後処理をやり過ぎました。というより、護憲派はG*Qの申し子というより、いまは、某隣国主導のコミン**ルムの優等生になっているのでしょう。
  1. 2016-12-08 19:31
  2. URL
  3. 酔っ払い爺さん #-
  4. 編集

このブログのコメントには、厳しいチェックがかかっていますね。大して規制されるようなコメントでもないのに、「不正なコメント」扱いにされてしまいました。また、チェックにかからないよう注意しながら、改めてコメントします。残念ですが。
  1. 2016-12-08 19:37
  2. URL
  3. 酔っ払い爺さん #-
  4. 編集

 サヨクにとっての力の源泉は米国のニューディーラーという神が与え給うたわけで、その経典である平和憲法を守る為には憲法改正論者は異端者として弾圧することが正義だという感じがします。

 結局 平和や人権やその他のお題目は、マスコミや法曹界や教育界等々に巣食うサヨクの既得利権を守りたいというエゴでしかないと思います。敗戦後に立派な方々がGHQによって公職追放されて、その空席に実力で劣るのに横滑りして居座ったのがサヨクです。GHQ様様ですね。

 マスコミや特に法曹界は、在日韓国人の犯罪者の人権だけが大事で被害者はどうでもよいという態度でした。なにしろ米国人や台湾人や、ご主人様の一人である中国人でさえ出身国や本名を詳しく報道するのに、韓国となると全力で報道しない自由を駆使し、人権屋の弁護士や活動家が我も我もと出てきて擁護してしまいます。こういうことも、壮大な「日本、〇ね!」計画の一環だと思います。

 リテラというサイトを初めて見ましたが、かなり左に傾斜していて題名を見ているだけで内容が想像できるくらいです。この視点で見ると、世の中はネトウヨだらけの悪夢のような世界のようで、とにかく自分達の言うことを聞かない総理はじめ底辺を這いずり回る庶民に至るまですべての愚かな者どもを踏みつぶしてやりたいというような暴力的な雰囲気を感じて怖いくらいです。

 やっぱりサヨクの本質はマルクスの共産党宣言の序文にある、「共産主義者は、これまでのすべての社会秩序の暴力的転覆によってのみ、自分の目的が達せられることを、公然と宣言する。」という暴力肯定なのでしょうか?

https://ja.wikipedia.org/wiki/共産党宣言


  1. 2016-12-09 08:54
  2. URL
  3. 都民です。 #-
  4. 編集

こんにちは。
まさに自分たちこそ絶対正義!
愚民が選んだ政権は認めない、忌み嫌う存在である。
本来の日本国民である我々が認めない政権は○ネ
ということなのでしょうね。
どこかの大学で軍事研究は認めないとか報道がありましたが多様性とか自由とかはどこに行ったのでしょうかね?
  1. 2016-12-09 09:01
  2. URL
  3. kazusa #-
  4. 編集

Re: タイトルなし

> 仰る通り、護憲派の人達の本音は、「日本死ね」なのでしょう。G*Qの日本国民に対する教育は、大したもので、護憲派の人達は、自分たちがG*Qの申し子であること、当時の親米主義者であったこなど理解していないか忘れているのでしょう。

 親米と言うより、親権力でしょうね。
 そして日本人への憎悪でしょうね。

> 普通の国民、社会人であれば、自分の属する国家や社会が自分たちを守る義務があり、国民もそれに期待するのが普通です。護憲派の人達は、自分の所属する日本という国家を壊滅させることに希望と期待を感じているのでしょう。そして、日本国家が壊滅すれば、「平和を愛する諸国民」が日本の政治を善導してくれるとでもいうのでしょう。G*Qは戦後処理をやり過ぎました。というより、護憲派はG*Qの申し子というより、いまは、某隣国主導のコミン**ルムの優等生になっているのでしょう。

 勿論憲法9条はGHQの遺産です。
 
 しかしワタシは今の護憲派はGHQの直系ではないと思います。 シールズなどあの知能でGHQの存在自体知っているかどうかもわかりません。

 でもどの国にも自国に対する憎悪を持つ人間は必ず何割かいるのです。 そして権勢欲の化け物みたいな人間がいるのです。
 そういう人間は自国を死なせたいのです。

 今回の米大統領選やEU離脱の報道を見ていたら、欧米にもこのコミンテルンの仲間のような連中が大量にいるのだと思いました。
  1. 2016-12-09 10:07
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

Re: タイトルなし

> このブログのコメントには、厳しいチェックがかかっていますね。大して規制されるようなコメントでもないのに、「不正なコメント」扱いにされてしまいました。また、チェックにかからないよう注意しながら、改めてコメントします。残念ですが。

 すみません。 このFC2ブログのコメント欄はNGワードを入れると、直ぐコメント拒否になるのです。
 でもコメントはこちらの迷惑コメント欄に入っているので、仰って下されば復活させることができます。
 
 これについては前回説明しました。

 http://yomouni.blog.fc2.com/blog-entry-5714.html
  1. 2016-12-09 10:10
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

Re: タイトルなし

>  サヨクにとっての力の源泉は米国のニューディーラーという神が与え給うたわけで、その経典である平和憲法を守る為には憲法改正論者は異端者として弾圧することが正義だという感じがします。
>
>  結局 平和や人権やその他のお題目は、マスコミや法曹界や教育界等々に巣食うサヨクの既得利権を守りたいというエゴでしかないと思います。敗戦後に立派な方々がGHQによって公職追放されて、その空席に実力で劣るのに横滑りして居座ったのがサヨクです。GHQ様様ですね。

 戦後左翼にとってGHQは神です。 GHQのお蔭で自分達は神の使途になれたのですから。
>
>  マスコミや特に法曹界は、在日韓国人の犯罪者の人権だけが大事で被害者はどうでもよいという態度でした。なにしろ米国人や台湾人や、ご主人様の一人である中国人でさえ出身国や本名を詳しく報道するのに、韓国となると全力で報道しない自由を駆使し、人権屋の弁護士や活動家が我も我もと出てきて擁護してしまいます。こういうことも、壮大な「日本、〇ね!」計画の一環だと思います。

 「日本死ね」は左翼にとって正義ですから。

>  リテラというサイトを初めて見ましたが、かなり左に傾斜していて題名を見ているだけで内容が想像できるくらいです。この視点で見ると、世の中はネトウヨだらけの悪夢のような世界のようで、とにかく自分達の言うことを聞かない総理はじめ底辺を這いずり回る庶民に至るまですべての愚かな者どもを踏みつぶしてやりたいというような暴力的な雰囲気を感じて怖いくらいです。
>
>  やっぱりサヨクの本質はマルクスの共産党宣言の序文にある、「共産主義者は、これまでのすべての社会秩序の暴力的転覆によってのみ、自分の目的が達せられることを、公然と宣言する。」という暴力肯定なのでしょうか?
>
> https://ja.wikipedia.org/wiki/共産党宣言

 完全に暴力肯定でしょう。
 だって今までだって散々暴力事件を起こしています。
 
  1. 2016-12-09 10:30
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

Re: タイトルなし

> こんにちは。
> まさに自分たちこそ絶対正義!
> 愚民が選んだ政権は認めない、忌み嫌う存在である。
> 本来の日本国民である我々が認めない政権は○ネ
> ということなのでしょうね。
> どこかの大学で軍事研究は認めないとか報道がありましたが多様性とか自由とかはどこに行ったのでしょうかね?

 左翼の「多様性」って自分達の意見だけが通る「多様性」ですからね。

 それにしても軍事は歴史や社会変革の原動力です。
 それなのに軍事研究を無視してどうやって歴史や社会を理解するのでしょうね。

 こういう姿勢は、中世の神学者と同じです。
  1. 2016-12-09 10:33
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

頭のねじが飛んだ人達

何時もながらの鋭い論考、仰る通りだと思います。

多くの日本人が不快だと感じるこの流行語大賞を評価する鳥越俊太郎氏の発言を韓国と読み替えた人の文章がこちら、

「この『韓国死ね』は確かにショッキングな言葉ですけども、こういう言葉を敢えて使わざるを得ない程、日本への反日問題、そして慰安婦像の世界設置の問題等が深刻な状況になっている」

「それに対して韓国の政治や自治体の行政府ですね、何も手を打ってこなかったという事があって、それに対するイチ日本人の怒りの言葉が『死ね』という表現になったと。
だから『死ね』という言葉だけに引っかかってしまっちゃ全体を見誤ってしまう」

こういう発言を聞くと彼らは即座にヘイトスピーチだと認定するのですけどね。

こういう事を指摘されないと自らの発言の不当さを理解できない連中がマスコミ界に跋扈しています。

そもそも自分の子供が保育園に入れなかったと言って「日本死ね」と考える思考回路がおかしいと感じるのが普通の感覚でしょう。

これを民進党の山尾志桜里議員が、恰も瑕疵の無い正当な発言であるかのように国会で扱って馬鹿を晒しただけなのにね。
  1. 2016-12-09 11:09
  2. URL
  3. 団塊ノンポリ #-
  4. 編集

頭のねじが飛んだ人達

不正な投稿と判断されました。
  1. 2016-12-09 11:10
  2. URL
  3. 団塊ノンポリ #-
  4. 編集

Re: 頭のねじが飛んだ人達

> 何時もながらの鋭い論考、仰る通りだと思います。
>
> 多くの日本人が不快だと感じるこの流行語大賞を評価する鳥越俊太郎氏の発言を韓国と読み替えた人の文章がこちら、
>
> 「この『韓国死ね』は確かにショッキングな言葉ですけども、こういう言葉を敢えて使わざるを得ない程、日本への反日問題、そして慰安婦像の世界設置の問題等が深刻な状況になっている」
>
> 「それに対して韓国の政治や自治体の行政府ですね、何も手を打ってこなかったという事があって、それに対するイチ日本人の怒りの言葉が『死ね』という表現になったと。
> だから『死ね』という言葉だけに引っかかってしまっちゃ全体を見誤ってしまう」
>
> こういう発言を聞くと彼らは即座にヘイトスピーチだと認定するのですけどね。
>
> こういう事を指摘されないと自らの発言の不当さを理解できない連中がマスコミ界に跋扈しています。

 指摘しても理解できないと思いますよ。

> そもそも自分の子供が保育園に入れなかったと言って「日本死ね」と考える思考回路がおかしいと感じるのが普通の感覚でしょう。

 護憲派って「日本死ね」と言うのが、心からの願望なので、何があっても「日本死ね」と思うのでしょう。
 雨が降ったら「日本死ね」、バスに乗り遅れたら「日本死ね」、便秘になったら「日本死ね」なのですよ。

> これを民進党の山尾志桜里議員が、恰も瑕疵の無い正当な発言であるかのように国会で扱って馬鹿を晒しただけなのにね。

 これで民進党の本性が明らかになりましけどね。
  1. 2016-12-09 13:12
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

Re: 頭のねじが飛んだ人達

> 不正な投稿と判断されました。

 わかりました。 迷惑コメント欄から出しておきます。
  1. 2016-12-09 13:13
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する