2016-12-03 13:33

偏狭なリベラリズムは社会を分断する

 奥山真司氏の動画に「偏狭なリベラリズムがアメリカ社会を分断した。」と言うのがありました。



 反トランプ派は「トランプはアメリカ社会を分断した」と非難していますが、しかし実際にアメリカ社会を分断したのは偏狭はリベラリストだと言うのです。

 ワタシは全くその通りだと思います。

 リベラリストは差別反対を叫ぶのですが、しかし法の下の平等が保障されて、しかも一般国民が人種差別や性差別を悪い事と認識するようになった社会でなを差別反対を叫ぶ事は、実は社会の分断にしかなりません。

184
 
 ワタシがこれで思い出すのは「沖縄差別」です。

 沖縄タイムスと琉球新報、それに同調する朝日新聞や毎日新聞などの本土の大手メディアは、沖縄返還前後からひたすら「沖縄差別」を煽り始めました。

 ワタシはこの頃高校生だったのですが、朝日新聞の記事で「東京や大阪に出た沖縄県民が差別されている」と言う記事を読んだ記憶があります。

 読んだ時に凄く違和感がありました。
 
 なぜならワタシも沖縄が戦後アメリカの軍政下に置かれて、大変な苦労をさせられた事は知っていました。

 現実にはアメリカの軍政により沖縄の公衆衛生や生活水準が激的に向上したりしたので、「大変な苦労をさせられた」などと言うのはインチキですが。

 しかし当時、北海道の高校生としたら、新聞やテレビ、そして中学や高校の先生がそういうだからそうだろうと思っていたのです。

 でも沖縄県民は北海道民と同じ普通の日本人であるとも思っていたので、「沖縄県民が差別される」と言う記事は凄く違和感があったのです。

 そしてそもそも何を「差別」と言っているのかもわかりませんでした。

 でもその後も、現在に至るまで日本の自称リベラリスト=パヨク達は、必死に沖縄が差別されていると言っているのです。

188

 しかしこれは沖縄と本土の分断する事にしかなりません。

 だってそうでしょう?

 だって彼等が沖縄県民にやっていることは、沖縄戦は勿論、1903年の第一回大阪勧業博覧会や琉球処分まで蒸し返しては、「我々琉球人は、本土からこんなに酷い目に遭わされてきた!!」と言って本土へ反感と憎悪を煽る事です。

 一方、本土の人達に対しては「お前達は沖縄県民にこんなに酷い事をしてきたんだぞ!!」「お前達は沖縄県民を土人だと差別している差別主義者で悪人だ!!」と非難を繰り返す事です。
 
 こんな事をされたら、沖縄県民は本土への憎悪を掻きたてられるだろうし、沖縄県民以外の日本人にすれば「な、何でこんな事言われなきゃならいの? オレは沖縄県民はオレタチと同じ日本人だと信じて来たのに、違うのかい?」と思うだけです。

 これって当に沖縄を日本から分断するためのプロパガンダ以外の何物でもないでしょう?

 実際、沖縄差別を煽っている連中の中には、沖縄独立論者がいて、「沖縄は日本からこんなに差別されているんだから独立しよう!!」と言うのです。

191

 でもこれ他の反差別運動だって同じですよね?

 例えば在日コリアンで反差別を煽っているのは民潭や総連など、韓国や北朝鮮の国家機関や、それと連動する連中です。

 彼等は「在日は差別されているニダ!!」と在日コリアンの「恨」を煽る事で、彼等が日本に同化して日本人となる事を阻止して、韓国或いは北朝鮮の為に利用し続けたいのです。

 つまり何としても日本人と在日コリアンを分断しておきたいのです。 分断しておかないと民潭も総連も存在意義がなくなるし、これらのスポンサーである韓国や北朝鮮の役には立たないからです。 

193

 そしてこれはアメリカで黒人や女性やLGBTなどへの差別反対運動も同じでしょう?

 反差別を煽るリベラリスト達は、マイノリティの側には「オマイラは差別されている。 オマイラが幾ら努力しても、マジョリティはオマイラを一段下に見て、オマイラを同じ人間として扱う事なんか絶対にないぞ。」と彼等の被害者意識と、憎悪を吹き込みます。

 でも「差別している」と言われた側にすれば、こんな風に憎悪と被害者意識で対応されたら堪ったもんじゃないです。

 な、なんでオレがこんな事言われなくちゃならないの?
 オレは人種差別も女性差別もした事はないのに。

 でも反差別運動をしている側にすれば、そんなことを思うのがそもそも差別だと言うのです。
 
 何分にも差別には厳密な定義はないので、法務省に電話して「差別って何ですか?」と聞いても「差別された側が差別と思えば差別」なんて凄い答えが返ってくるぐらいです。

 だから差別した言われた側は、どんなに努力をしても差別した事にされてしまいます。

 これなら未来永劫、無限に反差別運動を続ける事ができます。

199

 挙句の果てに今回のトランプ当選には、こんな事を言う奴までできます。

>黒人のブラウンは、「何よりもどかしいのは、有色人種やトランスジェンダー、女性の命が実際に危険にさらされているということだ」と話す。「もしクリントンが大統領になったとしても、白人男性の命が危険にさらされることはない」(トランプ氏を支持した「物言わぬ多数派」の学生たち)

 い、命が危険にさらされるって?

 トランプやその支持者達が、女性や有色人種やトランスジェンダーを殺すなんて言ったんですか?

 そもそも他人を安易に殺人者扱いするってどうよ?
 それこそ差別じゃないのですか?

 でも当人は自分は黒人女性だから絶対的に被害者、だから白人男性は絶対的に加害者と信じ切っているのです。
 だから言うのです。

>「トランプの支持者たちから聞こえてくるのは、『私個人は人種差別主義者ではない』という言葉だ。それは、『人種差別主義者を積極的に支持していた』と言っているようなものだ」とブラウンは指摘する。「問題を無視することを選んだということは、驚くほど恵まれているからだ。私は女性として、有色人種の女性として、恐怖を感じている。困難な数年間になるだろう」

201

 ここまで行きついてしまった人間と一体どう対応すれば良いのでしょうか?

 でも差別反対の為に差別された側の被害者意識だけを煽り続けたら、こんな人間だって出てきます。

 そしてこんな人間が増えれば、社会は被害者対加害者として分断されるしかないのです。

 更にここまで来たら一方的に加害者として断罪されてきた側だって反撃するしかありません。

 だってこのまま放っておいたら、加害者とされた方は生きていけなくなります。

 これが今回のトランプ当選の原動力でしょう。

202

 しかしこうして一旦分断された社会を統一するのは大変でしょうね。 それこそ奥山さんが言うように大戦争でもするしかないかも?

 勿論リベラリストのやってきた反差別運動だって、法の下の平等が確保されず、多くの国民が人種差別や性差別を当然と考えたいた時代なら非常に有意義な活動でした。

 差別をなくすことで、全ての人種が国民として連帯する社会になるはずでした。

 でも法の下の平等が確保されて、圧倒的多数の国民が性差別や人種差別を悪い事と認識するようになった社会で、なを差別反対の運動を続けたら、話しは変わってくるのです。

203

 法の下の平等が保障されて、圧倒的多数の人間が差別は悪い事と考えるようになっても、全ての人間が平等になるわけではありません。

 だって民主主義社会は結果平等を保障はできないのです。 機会の平等や法の下の平等は保障しても、その機会を生かして成功するかしないかはその人次第です。

 これが民主主義社会の平等の限界です。

 でも民主主義社会ですから「アタシが大統領になれなかったのは、アタシが女だから。」と思うのは自由です。

 そして世の中には自分の能力や人望のない事を棚に上げて、自分の期待する評価が得られない事を、社会の責任にしたい人間は常に存在するのです。

 だから差別をネタにして未来永劫、差別反対運動を続ける事も可能です。 

207

 でもその場合は過去の差別を蒸し返しては、普通の感覚では差別と思えない事を次々と「差別」にして、差別する側を攻撃し続ける事になります。

 そうなると差別されている言うマイノリティ側と、差別したと言われる非難されるマジョリティ側の対立が、ドンドン対立して分断されるのです。

 アメリカのような多民族国家でこれをやると各民族毎に、自分達の民族集団に立て籠もって、他民族と国家に敵対する事になるしかありません。

 だから差別に反対する偏狭なリベラリズムは社会を分断する事になるのです。

209

 理想は達成されて尚理想に突き進むと理想じゃなくなるのです。

 健康の為にダイエットを始めて、健康体重まで減量した人が、その後もダイエットを続けたら健康を害するでしょう?

 現在のリベラルは差別反対の理想を追い続けてきました。

 それで法の下の平等が達成されて、国民の圧倒的多数が差別は悪い事と認識するようになっても尚執拗に差別反対と喚き続けているのです。

 現実の社会、民主主義社会で平等の限界を無視して際限もなく平等を追い続けたのです。
 
 挙句の果てに言論の自由など、社会を分断して、民主主義の根幹自体を破壊しようとしているのです。

 これが現在のリベラルの危機でしょう?
  1. レイシスト
  2. TB(0)
  3. CM(13)

コメント

リベラリストって、自分等が差別主義者と決めた相手には、何やってもよいって考えている節があります。これこそ差別主義だと思いますが、彼等は自分等を正義の味方だと思っているのでしょうねから、その自覚はないのでしょうね。
  1. 2016-12-04 00:02
  2. URL
  3. 雄の三毛猫 #-
  4. 編集

雄の三毛猫さんって

関係ないことでツボをつかれました。
雄の三毛猫さんって希少種!ですね(^^;)

よもぎねこ様、ごめんなさい🙇 下らないコメントで。
今、「アメリカが隠しておきたい日本の歴史」を読んでいます。その前は、「アメリカはなぜ日本を見下すのか」を読みました。
日本の政治もかなり問題だと思います。
それ以前にアメリカの戦勝国史観もたいがいですが。
  1. 2016-12-04 02:25
  2. URL
  3. あおねこ #-
  4. 編集

それならアイヌの同化政策を支持すべきなのに、差別したがっているのがサヨク。カネにもなるんでしょう。
  1. 2016-12-04 02:28
  2. URL
  3. ごじた #LkZag.iM
  4. 編集

 トランプ氏を支持した「物言わぬ多数派」の学生たちは、ポリコレ至上主義者たちが政治やマスコミや教育界を支配している中では徹底的に弱者ですね。アジア系に仲間外れにされても、黒人に授業妨害されても白人は受け入れなくてはいけないというのは、非常に理不尽な事でこれこそ差別です。

 この状況はかつての米国の奴隷制の逆で、有色人種やLGBTや白人でもヒラリー支持者たちが、トランプ支持者のような社会の底辺を這いずり回る貧乏人の負け犬どもをかつての黒人奴隷に見立てて、鞭を打とうが木に吊るそうがそれこそが正義だとKKKみたいなことをしていると思います。選挙中にヒラリー支持者がトランプ支持者のホームレスの黒人女性や白人の女子高生に暴力を振るったりする様子を観ているとトランプ支持者に肩入れしたくなりました。ですから「命の危険」というのは、トランプ支持者が感じているのだと思います。

 もうヒラリー支持者とトランプ支持者は、奥山さんやよもぎねこさんの仰るように分断されて敵国人のような関係に見えます。たしか一昨年の古森義久さんの記事だったと思いますが、長年ワシントンを取材していて民主党と共和党がまるで憎みあっている状態は初めてだ、今までは裏で話し合いが出来ていたのに今はまったくそれがないと書いておられました。

 お金持ちだけの町やキリスト教徒だけの町が米国中に点在していて、本当に物理的にも分断されているようです。リベラリストで黒人のオバマさんの任期中に、分断が行きつくところまで行ってしまったのは随分と皮肉な結果になりましたね。

>差別をネタにして未来永劫、差別反対運動を続ける事も可能です。

 わたしもリベラリストは、上記のように永遠に差別反対運動をして自分達の既得権益を守ることだと思います。だから我が国でも、サヨクがアイヌや沖縄や在日等々を永遠の被害者のままにして出来るだけ悲惨な状況に固定しておこうと日々努力していますね。

 でも日米欧でやり過ぎて、サイレントマジョリティー・ネトウヨにやり返されているリベラリストはこれから絶滅危惧種になると思われますか?その方が平和になると思いますが。

  1. 2016-12-04 10:27
  2. URL
  3. 都民です。 #-
  4. 編集

Re: タイトルなし

> リベラリストって、自分等が差別主義者と決めた相手には、何やってもよいって考えている節があります。これこそ差別主義だと思いますが、彼等は自分等を正義の味方だと思っているのでしょうねから、その自覚はないのでしょうね。

 そうなのです。
 自分は正義の味方、神の使途で、自分に異議を唱える人間は悪魔だと信じているようです。

 そして自分に異議を唱える人間は暴力で潰しても良いと信じているようです。

 しかも自分は「多様性」や「寛容」を重視していると信じているのです。

 これはもうイスラム過激派と同じで奇妙な一神教の狂信者としか思えません。
  1. 2016-12-04 12:23
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

Re: 雄の三毛猫さんって

> 関係ないことでツボをつかれました。
> 雄の三毛猫さんって希少種!ですね(^^;)
>
> よもぎねこ様、ごめんなさい🙇 下らないコメントで。
> 今、「アメリカが隠しておきたい日本の歴史」を読んでいます。その前は、「アメリカはなぜ日本を見下すのか」を読みました。
> 日本の政治もかなり問題だと思います。
> それ以前にアメリカの戦勝国史観もたいがいですが。

 いえいえ、有難いコメントです。

 どの国も自国の歴史は美しく描くのです。 特の子供達に教える場合は、子供達が自国を愛し誇りを持てるように粉飾するのです。

 でも知識人、エリートなら自国は誇るべきでも、それとは別に自国の歴史の問題も知っておくべきだと思います。
  1. 2016-12-04 12:27
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

Re: タイトルなし

> それならアイヌの同化政策を支持すべきなのに、差別したがっているのがサヨク。カネにもなるんでしょう。

 リベラリストは綺麗事の理想主義だけを追い続けて支離滅裂になっているのです。

 反差別と言う場合、本当に他の民族との差異を亡くすには、仰る通り同化政策をするしかないのです。

 しかし一方では「一方的に同化を強制されるのは差別だ。 民族の独自文化を守る権利がある」と言う意見もあるのです。

 で綺麗事から言えば後者が正しいのです。

 でも民族の独自文化を守れば、所得や大学進学率などに差が付くのは当然なのです。

 これについて前にエントリーしました。
 http://yomouni.blog.fc2.com/blog-entry-5613.html

 アイヌ人が明治初年のように貧しく差別されていた時代なら、差別をなくせとアイヌの文化を守れと言う話を療法掲げても問題は無かったと思います。

 しかし現在のようにアイヌの生活が他の道民と殆ど変らなくなり、そもそも誰がアイヌかの定義差へインチキな状態では、話の矛盾が丸出しなのです。

 でもリベラルはそういう現実を見ずに、昔のままの理想をゴリ押ししているのです。

 
  1. 2016-12-04 12:36
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

Re: タイトルなし

>  トランプ氏を支持した「物言わぬ多数派」の学生たちは、ポリコレ至上主義者たちが政治やマスコミや教育界を支配している中では徹底的に弱者ですね。アジア系に仲間外れにされても、黒人に授業妨害されても白人は受け入れなくてはいけないというのは、非常に理不尽な事でこれこそ差別です。

 そうなのです。
 今アメリカでは一番解雇しやすいのは白人男性だそうです。 他の人種や女性だと、能力のない事を理由に解雇しようとしても、「差別だ」とゴネられると非常に厄介だからです。
>
>  この状況はかつての米国の奴隷制の逆で、有色人種やLGBTや白人でもヒラリー支持者たちが、トランプ支持者のような社会の底辺を這いずり回る貧乏人の負け犬どもをかつての黒人奴隷に見立てて、鞭を打とうが木に吊るそうがそれこそが正義だとKKKみたいなことをしていると思います。選挙中にヒラリー支持者がトランプ支持者のホームレスの黒人女性や白人の女子高生に暴力を振るったりする様子を観ているとトランプ支持者に肩入れしたくなりました。ですから「命の危険」というのは、トランプ支持者が感じているのだと思います。

 実際、選挙戦の最中からトランプ支持者は反トランプ派の暴力に晒されていました。
 ところがアメリカのマスコミはこれをトランプの対応が悪いからだと書き続けたのです。
 
 酷い話です。

>  もうヒラリー支持者とトランプ支持者は、奥山さんやよもぎねこさんの仰るように分断されて敵国人のような関係に見えます。たしか一昨年の古森義久さんの記事だったと思いますが、長年ワシントンを取材していて民主党と共和党がまるで憎みあっている状態は初めてだ、今までは裏で話し合いが出来ていたのに今はまったくそれがないと書いておられました。
>
>  お金持ちだけの町やキリスト教徒だけの町が米国中に点在していて、本当に物理的にも分断されているようです。リベラリストで黒人のオバマさんの任期中に、分断が行きつくところまで行ってしまったのは随分と皮肉な結果になりましたね。

 ワタシは反差別運動は黒人が公民権を得た所で完全に止めるべきだったと思います。
 そうしないと後は社会を分断するだけですから。

 勿論黒人の地位向上にもつながりません。 黒人が差別を乗り越える為に努力をする代わりに、差別に甘えて社会に憎悪を煽るだけになりますから。

> >差別をネタにして未来永劫、差別反対運動を続ける事も可能です。
>
>  わたしもリベラリストは、上記のように永遠に差別反対運動をして自分達の既得権益を守ることだと思います。だから我が国でも、サヨクがアイヌや沖縄や在日等々を永遠の被害者のままにして出来るだけ悲惨な状況に固定しておこうと日々努力していますね。
>
>  でも日米欧でやり過ぎて、サイレントマジョリティー・ネトウヨにやり返されているリベラリストはこれから絶滅危惧種になると思われますか?その方が平和になると思いますが。

 差別反対運動をやっていた団体は公民権獲得など目的を果たした段階で解散するべきだったのです。

 しかし話は逆で運動中に巨大化した団体は、その後も存続の為に際限もない差別反対運動をやり続ける事になるのです。
 これは禁煙ファシズム何かと同じです。

 http://yomouni.blog.fc2.com/blog-entry-5423.html
  1. 2016-12-04 13:02
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

左翼やリベラルというよりアナーキスト(無政府主義者)

社会を分断して、国民の統合を邪魔しているのは、アメリカの場合は主にラティーノ(ヒスパニック)、ヨーロッパの場合は主にムスリム(イスラム教徒)、日本の場合は主に在日コリアンと、彼らの肩を持つそれぞれの国のパヨク達ですね。
共通しているのは、彼らの祖国は国民国家の体を成していないということです。

「ラティーノ(ヒスパニック)」という括りも「ムスリム(イスラム教徒)」と同じように人種じゃないですよね。中南米系というだけで、人種的には白人、黒人、先住民、混血といろいろいるわけですから。
今回の大統領選挙では、トランプ氏に投票したアジア系、アフリカ系、ヒスパニック系もたくさんいたし、「アメリカでも女性大統領が誕生してほしいけど、ヒラリーだけはイヤ」という女性もたくさんいました。

「女性や有色人種やLGBTならヒラリーに投票すべし」と言ってた人達は、自分の行動を生まれながらの属性によって決めろと言ってたわけで、これはとても前近代的で差別的で全体主義的な考え方です。
マイノリティであることから真に自由になりたいと思っている人にとって、こういう人達はかえって迷惑な存在だろうと思います。

沖縄保守派のブログを読むと、沖縄左翼にウンザリしているのがよく分かるし、静かに暮らしたいと思っているLGBTの人にとって、しばき隊や反日左翼政党といっしょに行動しているLGBT活動家は迷惑な存在でしょう。
実際、ツイッターで活動家を批判するツイートをしたLGBTの人に、しばき隊が脅迫めいた返信をしていたのを見たことがあります。
  1. 2016-12-04 22:45
  2. URL
  3. かんぱち #vF6NeGQU
  4. 編集

リベラリズムのスタートは本来、多様な価値観を認めよ、要は自分たちの価値観を認めろ、というものだったはずです。それはいささか問題が有るものだっとは言え、決して保守的な価値観とは違背しない部分で認めることが出来たものです。

同一国民の間で人種差別なんてのはない方がいいに決まってます。公民権運動はその意味では国家の統一を考え憲法的価値を重視するならば保守の側からだって起こっていい運動でした。現実にそれはうまくいきyuyuu様の話では人種し差別主義者の巣窟であるはずの南部で工場を作った日本人たちは大歓迎されたことでもわかります。まあテキサスあたりでは442部隊の行動で日系人に対する差別は一掃されていたはずですが…

問題はリベラルというものがそもそも持っていたものかいつしか変節したかは知りませんが連中はいつしか自己を客観視できなくなりました。その上自己を絶対善とみなすというとんでもない誤謬に陥ったのです。これは質の悪い宗教と一緒でとんでもないことになるわけです。自分たちの思想が絶対善なのだから妥協をするわけがない、自分達を客観視出来ないのだから反省をすることが出来ません。

そして弱者と言われる人々がこれに染まると碌な事がない。在日、部落、沖縄土人、ナマポ皆一緒です。彼等のたちが悪いの、はほんとうに弱者を愛しているならば自力で生きていけるように支援しなくてはいけないのに制度の奴隷として生きていけばいいだろうという態度を平気で取ることです。そしてその費用は自分達だけで持つならば勝手ですがそれはごとんど他人が持つという構図です。

これで社会の分断が起きねばその社会は病んでいると言わねばなりません。これがこれからの一番の問題でしょう。
  1. 2016-12-05 16:06
  2. URL
  3. kazk #cPv2SIBE
  4. 編集

リベラルから民主主義を守らなくてはならない時代

 リベラルは「マイノリティーは社会的に見捨てられてきたのだ、我々はマイノリティーの利益を代弁しているのだ」と主張してくるでしょうが、それゆえに多数派の利益を見捨てるならばそれを吸い上げる政治勢力が現れるのは当然のことなのです。EU離脱もトランプ旋風もそうやってリベラルが作り出した対立を逆手に取って支持を集めたということです。

 リベラル派は今や民主主義を破壊しようとしています。多数派の怒りを買った状態では、民主主義の土俵で勝つことは絶対にできませんからね。ただ真正面から民主主義の破壊を目論むわけにはいきませんから、「政治的正しさ」などという、突き詰めて考えれば何らの普遍的妥当性を持たない怪しげな基準を持ち出して言論空間を支配しようとしています。

 しかしながら、「リベラル派」から民主主義を守るなどという努力をする必要があるなど、どう考えても異常としか言いようがありません。今や「リベラル派」に存在価値など全くありません。
  1. 2016-12-06 00:33
  2. URL
  3. 凍え馬 #-
  4. 編集

Re: 左翼やリベラルというよりアナーキスト(無政府主義者)

> 社会を分断して、国民の統合を邪魔しているのは、アメリカの場合は主にラティーノ(ヒスパニック)、ヨーロッパの場合は主にムスリム(イスラム教徒)、日本の場合は主に在日コリアンと、彼らの肩を持つそれぞれの国のパヨク達ですね。
> 共通しているのは、彼らの祖国は国民国家の体を成していないということです。

 そうなのです。 自国をマトモに運営できない人達が、他国に来て騒いでいるのです。
 アメリカで騒いでいるヒスパニックの不法移民の話を読んでいると、何で中南米諸国が暴力と混乱ばかりでマトモにならないのか良くわかります。

> 「ラティーノ(ヒスパニック)」という括りも「ムスリム(イスラム教徒)」と同じように人種じゃないですよね。中南米系というだけで、人種的には白人、黒人、先住民、混血といろいろいるわけですから。
> 今回の大統領選挙では、トランプ氏に投票したアジア系、アフリカ系、ヒスパニック系もたくさんいたし、「アメリカでも女性大統領が誕生してほしいけど、ヒラリーだけはイヤ」という女性もたくさんいました。
>
> 「女性や有色人種やLGBTならヒラリーに投票すべし」と言ってた人達は、自分の行動を生まれながらの属性によって決めろと言ってたわけで、これはとても前近代的で差別的で全体主義的な考え方です。
> マイノリティであることから真に自由になりたいと思っている人にとって、こういう人達はかえって迷惑な存在だろうと思います。

 自称リベラリストの考えているのは人種差別や性差別を亡くすことじゃなくて、人を人種や性による集団に分けて、その集団同士で戦わせる事です。

> 沖縄保守派のブログを読むと、沖縄左翼にウンザリしているのがよく分かるし、静かに暮らしたいと思っているLGBTの人にとって、しばき隊や反日左翼政党といっしょに行動しているLGBT活動家は迷惑な存在でしょう。
> 実際、ツイッターで活動家を批判するツイートをしたLGBTの人に、しばき隊が脅迫めいた返信をしていたのを見たことがあります。

 だってこんな活動家に付き合うのは普通の人には面倒なだけですからね。

  1. 2016-12-06 11:24
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

Re: タイトルなし

> リベラリズムのスタートは本来、多様な価値観を認めよ、要は自分たちの価値観を認めろ、というものだったはずです。それはいささか問題が有るものだっとは言え、決して保守的な価値観とは違背しない部分で認めることが出来たものです。
>
> 同一国民の間で人種差別なんてのはない方がいいに決まってます。公民権運動はその意味では国家の統一を考え憲法的価値を重視するならば保守の側からだって起こっていい運動でした。現実にそれはうまくいきyuyuu様の話では人種し差別主義者の巣窟であるはずの南部で工場を作った日本人たちは大歓迎されたことでもわかります。まあテキサスあたりでは442部隊の行動で日系人に対する差別は一掃されていたはずですが…
>
> 問題はリベラルというものがそもそも持っていたものかいつしか変節したかは知りませんが連中はいつしか自己を客観視できなくなりました。その上自己を絶対善とみなすというとんでもない誤謬に陥ったのです。これは質の悪い宗教と一緒でとんでもないことになるわけです。自分たちの思想が絶対善なのだから妥協をするわけがない、自分達を客観視出来ないのだから反省をすることが出来ません。
>
> そして弱者と言われる人々がこれに染まると碌な事がない。在日、部落、沖縄土人、ナマポ皆一緒です。彼等のたちが悪いの、はほんとうに弱者を愛しているならば自力で生きていけるように支援しなくてはいけないのに制度の奴隷として生きていけばいいだろうという態度を平気で取ることです。そしてその費用は自分達だけで持つならば勝手ですがそれはごとんど他人が持つという構図です。
>
> これで社会の分断が起きねばその社会は病んでいると言わねばなりません。これがこれからの一番の問題でしょう。

 これについてアゴラにオモシロイ記事が出ていました。

 http://agora-web.jp/archives/2023004.html

>民主党支持のポリコレ識者や報道関係者は、人間を属性に基づいて区別して語る傾向を持っています。つまり、上記の事例を挙げるならば、人種、所得、学歴、などの分かりやすい属性ラベリングによって人間を区別した上で、それらの違いを再否定することによって自らの主張の正当性を得ようとしています。

>そして、ポリコレ・パーソンにとっては「自らの知性が見出した社会の構成員間にある違い」を無くすということが正義です。そして、その差異を無くすという考え方を受け入れるべきだ、という主張を通じて、自らが見出だした社会の分断の再統合を図ろうとします。具体的には、人種平等、格差是正、不法移民容認など、自らが人々の間に見出した違いを政府機能を使って埋めようとするわけです。

 つまりリベラルの正義は「差別をなくす」事にあるのですが、しかし差別をなくすことを正義として活動するためには、差別がないと困るのです。

 だから自分達で差別でない事まで差別にするのです。 この記事の著者が書いているようにマッチポンプ活動になるのです。


  1. 2016-12-06 12:40
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する