2016-11-24 20:01

蓮舫の馬鹿さ加減

 蓮舫と言う人は馬鹿だとは思っていましたが、ホントに救い難く馬鹿でした。

私は選挙戦を通じた、トランプ氏の物言いには大きな懸念を抱いてきました。自由、民主主義、基本的人権の尊重、法の下の平等…日米関係の基本理念がもしかしたら揺らぐのではないか。トランプ氏がお話になられた、宗教、民族、性差、特定の国を挙げて『レッテル張り』をする非難と批判の応酬。私は、この方が大統領になられて日米関係の共通理念が共有できるか非常に心配したんです。総理はお感じになりませんでした。

 うわぁ~~~!!!
 マジにこれホントに国会で安倍総理に言ったのですね。

 凄いですね。
 国会で言ったと言う事は、つまりこれはアメリカ大使館も民進党代表の公式発言として今後ちゃんと記録しておいてくれるでしょう。

157

 蓮舫がトランプ氏をどう思うかは勝手です。 しかしトランプ氏は次期大統領であり、今後は彼と日米関係を守って行かなくてはならないのです。

 そういう人と会った後で「アイツは信用できない」なんて言って良いのでしょうか?

 これって首脳会談とかそういうレベルでなくて、人付き合いの最低限のマナーでしょう?

 初対面の人と会って重要な話をした後で、その人の事を第三者に悪しざまに言うとか、内密の話との約束なのにその話の内容を他人にペラペラしゃべるとか、そういう事をしたらどうなるか?

 当の相手との関係が壊れるだけでなく、その経緯をみていた全ての人から信用されなくなります。

 こんな事は子供でもわかるでしょう?

2016y11m24d_201539064

 因みに小泉総理は金正日と会談しましたが、その後で金正日に関して何か言いましたか?

 言いませんよね。 あれはホントに頭の切れた独裁者で拉致実行犯でしたが、しかし首脳同士として会談した以上、ホントに戦争をする気でない限りは社交辞令は守るのです。

 でも勿論蓮舫にも、民進党議員にもこれはわからないのでしょう。

2016y11m24d_201608167

 だって蓮舫はオカラを「ホントにつまらない男」、自分の夫を「ペット以下」と公言しているのです。

 ええ、ワタシだってオカラはホントにつまらない男だと思います。 しかし蓮舫はそのオカラに散々世話になったんじゃないですか?

 蓮舫の夫がどんな人間か知りませんが、しかし夫を人権を蹂躙していいのですか?(蓮舫の猫の写真を見る限り、絶対虐待されているとしか思えません。 それ以下って事は・・・・・)
 
 しかしこんな事を平気で言える女ですから、アメリカの次期大統領を悪しざまに言うぐらい朝飯前でしょう?

168

 それでトランプ次期大統領とアメリカ人がどう思うか?
 
 勿論そんなことに頭の廻る蓮舫ではありません。

 そして民進党議員だって誰一人これに頭は回らないのです。 だから蓮舫が党首になれたんですよね?

 それにしてもホントにこれ国会で質問するなんて・・・・・・。
 余程、政権取りたくないんでしょうね?
 
 てかもう・・・・政治以前のレベルで終わっていますよね。
  1. 民進党
  2. TB(0)
  3. CM(8)

コメント

【スクープ最前線】トランプ氏が中国制圧決意、「通貨・貿易戦争」辞さず 安倍首相初会談の核心
http://www.zakzak.co.jp/society/foreign/news/20161124/frn1611241130002-n1.htm

※これも未確認情報ですので、どこまで信じていいのか分かりませんが、ひょっとしたら蓮舫がヒステリックになっている原因の一つなのかもしれません。
  1. 2016-11-25 09:52
  2. URL
  3. taigen #-
  4. 編集

Re: タイトルなし

> 【スクープ最前線】トランプ氏が中国制圧決意、「通貨・貿易戦争」辞さず 安倍首相初会談の核心
> http://www.zakzak.co.jp/society/foreign/news/20161124/frn1611241130002-n1.htm
>
> ※これも未確認情報ですので、どこまで信じていいのか分かりませんが、ひょっとしたら蓮舫がヒステリックになっている原因の一つなのかもしれません。

 トランプ氏が選挙期間中に言った事は色々矛盾するので、何がホントかはよくわかりません。
 でも軍拡はやるでしょうから、そんなに中国に甘くないでしょう。
  1. 2016-11-25 10:03
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

izaから引っ越しされてから久しぶりに読みました。病院通いをなさっているようですが、ご自愛下さい。  これ、国会中継で見ていました。もう、笑うしかありません。とりあえず、蓮舫は次の選挙で2位になって下さい。

  1. 2016-11-25 12:38
  2. URL
  3. まるでだめなおっさん #KBrXZG/c
  4. 編集

Re: タイトルなし

> izaから引っ越しされてから久しぶりに読みました。病院通いをなさっているようですが、ご自愛下さい。  これ、国会中継で見ていました。もう、笑うしかありません。とりあえず、蓮舫は次の選挙で2位になって下さい。

 有難う御座います。
 大分良くなりました。

 ホントに蓮舫も民進党もドンドンダメになりますね。
  1. 2016-11-25 16:21
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

価値観が違う

>人付き合いの最低限のマナー
野党とかサヨクとかリベラルとかの人の、決定的な欠点はこれでしょう。
マナーというより、人間的な欠陥でしょう。
約束を守るとか、ウソは言わないとか、礼儀は尽くすとか、そういうことに、全く価値をおいていないのです。

よもぎねこさんが、何回か指摘されていますが、
・過去の自分の発言に、平気で矛盾したことを言う。
(鳩山がその典型)
・正義を言うときは、何を言ってもいいという倫理観。
(電力を無駄に使っていても、原発反対を言っていい)
・会談内容は一方的に明かしていい。
(岡田・メルケル会談)
人間としての価値観が、根源的に違うのです
  1. 2016-11-25 17:37
  2. URL
  3. 道草人 #-
  4. 編集

リベラル派もはや建て直しすら難しい

http://gendai.ismedia.jp/articles/-/50290

 蓮舫の態度はまさにこれそのものでしょう。ドイツのリベラルは未だにトランプに対して社交辞令の一つも言えないみたいなのですが、政治というのは建前も重要なものなのですから、反対者に対しては礼儀作法の一つも立ててはならぬという態度はいかがなものなのかと思います。

 選挙に負けてもなおリベラルは自省しようという気配がありません。未だに反対派に向かって攻撃を続けていますが、それで支持が広がるはずがないということはどう考えても当然のことです。それでも反対派を罵倒し続けるのは、そうしないとリベラルという派閥自体が存続できないからではないかと思われます。

 彼らは自分たちの中にリベラル懐疑論が出るのを恐れているのです。だから、支持が広がらないということが分かっているかどうかに関係なく反対派を罵倒しなければ自らの立場が危ういと思っているのです。だからリベラルは崩壊します。立て直そうとしたら裏切り者扱いになってしまうのですから。
  1. 2016-11-26 00:06
  2. URL
  3. 凍え馬 #-
  4. 編集

Re: 価値観が違う

> >人付き合いの最低限のマナー
> 野党とかサヨクとかリベラルとかの人の、決定的な欠点はこれでしょう。
> マナーというより、人間的な欠陥でしょう。
> 約束を守るとか、ウソは言わないとか、礼儀は尽くすとか、そういうことに、全く価値をおいていないのです。
>
> よもぎねこさんが、何回か指摘されていますが、
> ・過去の自分の発言に、平気で矛盾したことを言う。
> (鳩山がその典型)
> ・正義を言うときは、何を言ってもいいという倫理観。
> (電力を無駄に使っていても、原発反対を言っていい)
> ・会談内容は一方的に明かしていい。
> (岡田・メルケル会談)
> 人間としての価値観が、根源的に違うのです

 価値観と言うか、民進党の連中は自分達の政治的目的・政治的正義で頭がパンパンで、人間としての最低限の常識もルールも吹っ飛んようですね。

 とにかく自民党と安倍政権を批判できれば、もうなんでも良いと思っているようです。
  1. 2016-11-26 12:58
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

Re: リベラル派もはや建て直しすら難しい

> http://gendai.ismedia.jp/articles/-/50290

 オモシロイですね。 
 
 日本のアメリカ大統領選挙報道も酷かったけど、ドイツやフランスはそれ以上のようでした。 なるほどこういう事情だったのですね。
 しかし政治家がそれに乗って、内政の都合で外交をしちゃダメでしょう?
>
>  蓮舫の態度はまさにこれそのものでしょう。ドイツのリベラルは未だにトランプに対して社交辞令の一つも言えないみたいなのですが、政治というのは建前も重要なものなのですから、反対者に対しては礼儀作法の一つも立ててはならぬという態度はいかがなものなのかと思います。
>
>  選挙に負けてもなおリベラルは自省しようという気配がありません。未だに反対派に向かって攻撃を続けていますが、それで支持が広がるはずがないということはどう考えても当然のことです。それでも反対派を罵倒し続けるのは、そうしないとリベラルという派閥自体が存続できないからではないかと思われます。
>
>  彼らは自分たちの中にリベラル懐疑論が出るのを恐れているのです。だから、支持が広がらないということが分かっているかどうかに関係なく反対派を罵倒しなければ自らの立場が危ういと思っているのです。だからリベラルは崩壊します。立て直そうとしたら裏切り者扱いになってしまうのですから。

 リベラルって結局現行の体制に抗議する事で存在感を示すのです。 でも自分達が体制側になってしまうと、存在不能になります。

 今、欧米や日本で起きているのはそれでしょう?
  1. 2016-11-26 13:40
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する