2016-11-13 14:38

国家は何の為にあるの? トランプ

 またWSJの論文を紹介します。 著者は前回と同じです。
 ペギー・ヌーナンです。 レーガン大統領の演説の草稿を書いた人です。

027


By PEGGY NOONAN
2016 年 2 月 29 日 09:02 JST

 米国では今、おかしなことが起きている。政治を生業にしている人々――中には頭脳明晰な人間もいるのだが――は共和党予備選挙について核となる事実を必死になって把握しようとしている。しかし一般の人々は経緯と現状をとっくに理解している。ジャーナリストや政治屋はマルコ・ルビオ、テッド・クルーズ、ジョン・ケーシック各候補の浮上の可能性について議論を続けているが、私の経験から言えば、政治とは関わりのない、道行く人は「誰が勝つか」、ちゃんと知っている。彼らの答えは「トランプ」だ。

 最近も友人のジミーとそんな話をした。レキシントンアベニュー沿いの店で靴を修理しているジミーは話の流れで、共和党の予備選はどうなるのかと聞いてきた。私が質問をはぐらかして誰が勝つと思うかと尋ねてみると、返ってきた答えは「トランプ」。ジミーは高齢で古いタイプのイタリア系米国人で、とても感じの良い人だ。しかし、私は彼の顔に、そんなことは分かっているだろうといういら立ちの表情がよぎったのを見逃さなかった。

 米国では今や、目の前の事実をありのままに見ることができるのは普通の人だけだ。

 いや、実際はしばらく前からそうだった。だからこそこうした状況が起きているのだ。

 なぜドナルド・トランプ氏が共和党の指名候補争いで最有力候補になったのだろう。私はこの問題を考え続けている。さまざまな答えはあろうが、私が注目しているのは「保護(protection)」という観点だ。このコラムでは何年も前から取り上げているテーマだが、私はこのテーマが西側全体に及ぶ政治的な原動力になりつつあると考えている。

 社会には「守られている人々(the protected)」と「守られていない人々(the unprotected)」がいる。守られている人々は政策を作り、守られていない人々はその政策に従って暮らしている。その守られていない人々が今、激しく抵抗し始めている。

 守られている人たちとは優秀な人々、安全を保障された人々、成功した人々のことだ。権力を手にしているか、権力を利用できる人々だ。彼らは世間の荒波にもまれることはない。もっとはっきり言えば、彼らは自分たちが作った世界から守られている。そう、政策は彼らが作っている。それは今に始まったことではない。

 彼らをエリートと呼びたいところだが、「守られている人々」としておこう。

 彼らは政府や政界、メディア業界の重要人物だ。安全な高級住宅地に住み、家族はうまくいっている。それなりに金もあり、子どもたちは良い学校に通う。こうした要素が彼らを孤立させている。緩衝地帯が与えられていると言ってもいいかもしれない。

 彼らは守られているがゆえに、何をしてもいいような気になって、どのような現実であってもそれを守られていない人たちに押し付けている。彼らは決定を行っても、自らがその決定に左右されることはほとんどない。

 米国と西欧で混乱を引き起こしている問題の1つが移民だ。目下、最大の関心事である移民は現実的かつ具体的な問題であると同時に、象徴的な問題でもある。象徴的というのは、この問題が政府と市民の距離を表しているからだ。

 この問題がトランプ氏を生み出した。

 英国はおそらく、移民問題を理由に欧州連合(EU)を離脱するだろう。実のところ、英国のEU離脱問題で移民は焦点の1つにすぎない。だが、欧州の難民危機のせいでひどく目立っている。守られている階級が守られていない人たちの安全を保障するような形で現実的な対応をできなかったせいもある。

 もしあなたが米国市民で守られていない側の人間――限られた資金しか持たず、権力を利用することもできない――なら、この20年の間に不法移民問題からいろいろと学んだことだろう。あなたは民主党が守ってくれないことも、共和党が助けてくれないことも分かっている。両党とも国境警備を強化しようとはしなかった。というのも、共和党は反自由主義とか人種差別主義というレッテルを貼られることを恐れ、目の前の有権者を失うことを恐れていたからだ。民主党は共和党を妨害する手段として利用するため、また、ヒスパニック系有権者を総取りするために移民問題を生かしておきたいと考えた。

 多くの米国人は労働市場への影響、経済コスト、犯罪、法の支配の崩壊をめぐる懸念などさまざまな形で不法移民に悩まされている。しかし、守られている人々にとっては何の問題もない。彼らにとっては、さらに安い賃金で働く労働者が増えるだけだ。

守られていない人々は体制――これも守られている人々を指す言葉だ――に対して義務も特別な義理も思い入れもないと考えるようになった。

 これもトランプ氏を後押しした。

 欧州でも、一般市民がEUを不正に金もうけをする組織――周囲から切り離されて働くエリート組織が私利を追求し、一般の人々を見下している――と受け止めるようになった。

 ドイツでは、昨年の大みそかに西部の都市ケルンの広場で起きた暴行事件をきっかけに、メルケル首相の自由主義的な難民政策に反対する世論が高まった。移民としてドイツにやってきたばかりとされる男たちに襲われたのは、守られている人々――EU高官や連邦議会議員の娘――ではなく、中流階級や労働者階級の女性、つまり守られていない人々だった。

 欧州と米国で起きているこうした政治状況を端的に表現すれば、守られていない人々による反乱である。恵まれている人々、恵まれているのは運が良かったからではなく優れているからだというような顔をしている人々に対して、多くを持たない人々が立ちあがった。

 問題はさまざまなところで起きている。米国の荒々しい文化を作るハリウッドでも、守られている人々はその悪影響から自分の子どもを守ろうとしている。問題のある学校を抱える地域では、守られている人々はチャータースクールや学校選択制など学校制度の自由化を進めて生徒に手を差し伸べるということはしない。米国で最も保守的な職業集団である教員組合を敵に回すことを恐れて、公立学校の混乱を放置している。その一方で、彼らの子どもたちは一流の私立学校に通う。

 悲惨なことだが、これが今、起きていることである。私たちは守られている人々に統治されながら、統治する側は守られていない国民をそれほど気にかけてはいないようだ。

 国家としてこんなやり方をいつまでも続けることはできない。

 賢明な政府であれば、指導者は一般の人々の生活や心配事も気を配る。昔の米国は多少なりともそうした国だった。上層部と下層部の間の距離はそれほど遠くなかった気がする。

 それが今では、上層部は「自力でがんばってくれ。規則通りにやればいいから」と言わんばかりの態度を取っている。

社会哲学者は社会の底辺に暮らす人々には道徳の再教育が必要だと常々主張しているが、道徳の再教育が必要なのはもしかしたら上層にいる人々なのかもしれない。

 守られている人々は現状がどれほど深刻か、そこで自分たちがどのような役割を果たしているかに気付いているのだろうか。私には分からない。

 (筆者のペギー・ヌーナン氏はWSJ週末版の定期的寄稿者。著作も多く、レーガン元大統領のスピーチライターを務めた経歴を持つ)

033

社会には「守られている人々(the protected)」と「守られていない人々(the unprotected)」がいる。守られている人々は政策を作り、守られていない人々はその政策に従って暮らしている。

 民主主義国家、国民国家と言うのは、国民が自分達の生命と財産を守る為に団結し、そして自分達の手で政治を行う国家だったはずです。

 だから国家には自国の貧しい人、弱い人を守る為にあるのです。
 国民も自分が弱い立場になったり、困窮したりしたときに国家に守ってもらうために、納税や兵役などの義務を果たして国家を守るのです。

 当然、民主主義国家のエリートにとって「守るべき人々」と言うのは、自国の弱い人々、貧しい人々です。

044

 でも現在の欧米先進国の所謂エリートの発言を聞いていると、どうやら自国が守るべき人々は、自国民ではなくなったようです。

 彼等にとって「守るべき人々」は、難民など自国民以外の人々が優先されるようになりました。

 何しろ現在の先進国では、知性と教養のある人間ならば、愛国心よりも人類愛を優先させなければなりません。

 だから自国の貧民よりも、もっと貧しい途上国の貧民や難民を救済するべきだと考えるようになったのです。

051

 確かに難民は悲惨です。
 難民でなくても途上国の人々の生活は、先進国の人々の感覚からすれば極貧で悲惨です。

 先進国の貧困層の収入でも、途上国では富裕層なのです。

 そこで先進国のエリート達は、自国民よりもこうした自国以外の人々の救済を優先しようと言うのです。

 ワタシは個人レベルでこれをやるのは悪い事だとは思いません。
 実はワタシも以前はペシャワール会の会員で、アフガニスタンでの医療活動に寄付をしていました。

 どうせなら小遣いを使うなら、似合いもしない服など買うより、誰かの命を助ける役に立てばと思ったのです。

061

 でも今の欧米のエリートのやっていることってどうなんでしょうか?

 自分の小遣いで途上国の貧しい人々や難民を助けるんじゃないのです。
 
 そういう人々をドンドン自国へ入れて、自国の予算で救済しようと言うのです。
 
 それで福祉予算がパンクしたり、労働市場が壊れて自国民の賃金が下がっても、それはもうどうでも良いようです。

 勿論治安が悪化して、自国民が犯罪の犠牲になるのも無問題です。

 難民様が犯罪に走るのは、偏狭な民族主義者が差別するからで、悪いのは難民様ではなく自国民なのですから。

063
 
 だってボクタチはエリートだよ。
 難民の人権は絶対に守らなくてはイケナイのだよ。
 だから低学歴で偏狭な馬鹿共が何を言おうと、難民の入国は拒否しないよ。
 難民の生活は国家が守らなくちゃならないんだよ。

071
 
 ??

 で、でも国家って元来国民の生活を守る為の物でしょう?
 何で外国人の生活を守る為の物になってるんですか?

 君達そんなに外国人を助けたかったら、自分の資産を使えば?

 君達が人類愛に燃えて、国家の枠組みを超えて難民を救済したいと言うならそれは立派なですよ。
 
 でも国家の枠組みを否定するなら、難民の救済に自国を使うと言う発想はオカシイでしょう?
 難民の救済も国家に関係なく、自分達の人類愛だけでやったら?

 国家を否定しながら難民の救済に国家を使い、その経済的、社会的負担を国民に押し付けるって身勝手も良い所でしょう?

079
 
 でもなぜか欧米のエリートの間では、国家は彼等が自分の慈善事業に自由に使える道具のようです。
 納税者である一般国民、先祖代々国家を作る為に努力してきた普通の国民の事は完全に頭から消えているようです。

 これって実は徳川綱吉の生類憐みの令と同じでしょう?
 
 「生類を憐れめ」「動物を愛護せよ」と言う主旨自体は別に悪い事ではありません。
 でも問題はその政策による負担を全部一般庶民に押し付けた事です。

 ところが現在民主主義国家であるはずの欧米先進国のエリート達が全く同じ事をやっているのです。

086

 徳川幕府と違って、民主主義国家ではエリートの持つ政治権力と言うのは、国民から国民を守る為に委ねられた物であるはずなのに、なぜか国民の為にそれを使わず国民とは一切関係のない「難民様」の為にそれを使っています。

 本当に民主主義国家なら、こんな状況がいつまでも放置されるわけはないじゃないでしょう?

 徳川幕府でさへ生類憐みの令は綱吉死去と共に直ぐに廃止したのですから。

 だから民主主義国家アメリカも、もう馬鹿馬鹿しい「マイノリティ憐みの令」は廃止する事に決めたんじゃないですか?

 そして「国家は国民を守る為にある。 だから国民は国家を守る。」と言う民主主義の原則に戻ろうとしているのではありませんか?

088

 トランプと言う人の能力や人格はわかりません。
 しかし少なくとも自国民を守ろうと言う意思だけは明確にしています。

 勿論自国民第一ですから、他国にとってはどうかはわかりません。
 
 しかし民主主義を共有する同盟国としては、そもそもアメリカがシッカリした国でいてくれないのが一番困るのです。

 それを考えればアメリカ国民の選択は悪い選択だったとは思えません。 
  1. レイシスト
  2. TB(1)
  3. CM(18)

コメント

生類哀れみの令

徳川綱吉の生類哀れみの令は殺伐とした世相を転換し
庶民を大事にするために発令した側面がある.
綱吉の前までは関ヶ原の記憶も生々しく,
武士が庶民を切り捨てることに忌避感は全くなかった.
そこで生き物を無闇に殺させないためにこの令が
出されたという説がある. そうでなければ, 元禄時代
は出現しなかったろう. 徳川綱吉と言う名君が存在してこそ
平和な江戸時代があり得たことを思うべきかと思う.
  1. 2016-11-13 17:30
  2. URL
  3. ちび・むぎ・みみ・はな #-
  4. 編集

これは酷いw

トランプ騒動が面白いのでツイッターばかり見てます。シン・ホネキングという在米日本人が「ポリコレは大脳新皮質で認識するもの。ポリコレ叩きをする人は判断を大脳辺縁系に委ねてる」とつぶやいて炎上。当該ツイートは削除したようですが延々とつくレスにそんなつもりじゃないと延々と釈明していました。何が悪いかわかってないみたいです。
また、トランプ治世で差別オッケーな世の中になると心配している人が「大学院生の時、大学で授業をしたが英語が下手だったにも関わらず良い評価をくれた。アメリカの優しさが失われるのは…」とのこと。その直前に別の留学生の方「中国人の先生の英語が分かりづらくて、他の学生に、あなたあの先生の言ってることわかる?!と聞かれた。聞き取りにくいと指摘するのは差別だから皆言えずに我慢してる」というのを読んでたので、、フム。優しさというか我慢されてたのかもよ?
指摘して先生の英語力が上がる、学生も質の良い授業を受ける方が、
差別呼ばわりされて成績下げられ孤立する恐怖からの我慢、結果全員の成績がイマイチ、先生はなにも気づかないよりずっと益があるのですがね。

在米日本人にもいろいろあって、「ポリコレ冷笑してる日本人ってなんなの?自分も差別されるようになるのに白人のつもり?アホなの」と怒ってる人と、「差別なんか前からされとるわアホかと」という真っ当な人がいますね。人間は本来清く美しいものじゃなく誰しも優越感や嫉妬を持っているので、結局心の底から平等を実現するのは無理で、綺麗事を並べてると空虚を見出してしまう。異人種間や異なる階層間の信頼や友情は後者が勝ち取ると思いますけどね。まあ前者は空虚さに一生気付かないんでしょうが。

絶対正しいと思ってる人には、絶対見えない世界があるんだなあと染み渡ります。同じ所にいるのにすれ違う。見ているものが違う。なんだかSFファンタジーみたいですね。

めいろまという有名ツイッタラーがブレグジット時に移民問題を実生活体験で解説してて(学校に英語のわからない生徒が増えすぎて授業が成り立たない等)非常に分かり易かったのでリツイートしたのですが、今回のトランプ当選にはなぜかブチ切れてて、田舎者のクソが!、差別され放題になるぞとか呪いのツイートをしてて、前と全然違うやんと驚いています。この人が叩かれるわけがわかった。
  1. 2016-11-14 02:16
  2. URL
  3. こきち #97nXsu5.
  4. 編集

ペギー・ヌーナン

ちゃんとした日本語版があったんだあ~。自分のブログで下手な翻訳載せる前によもぎねこさんのサイトをチェックすればよかった。(ははは)

保守派が人種差別をするというのはリベラル派の作り上げた妄想です。リベラルのほうがよっぽども人種差別がひどい。特に反リベラルな少数民族はより迫害されます。特に大学などではそうでしょう。

「黒人にも差別主義者はいる」といった東洋人学生が「人種差別者!」といって攻められた例もありますからね。
  1. 2016-11-14 04:30
  2. URL
  3. 苺畑カカシ #-
  4. 編集

こきちさん、

この件について、ツイッターはどのハッシュタグを探せばいいのでしょう?
  1. 2016-11-14 04:33
  2. URL
  3. 苺畑カカシ #-
  4. 編集

国家とは?

少なくとも、自国民を守るべきもの、偽装難民が流入していて、EUはもうすぐ崩壊するでしょう、いわゆるフリーライド、その国の福祉にただ乗り、日本ではいまだに頭の弱い人々がいるのが、頭が痛いです、自国民優先をお涙ちょうだいで、屁理屈を述べる、なんとも甘い話です、もっと寄越せ、しわ寄せは自国民に、思い切って送り返すべきでしょう、偽装難民には0DAでもくれてやればいいのです。

日本共産党員プロバガンダ工作員

http://otokogumdoronikazu0000000.blog.jp/

過激派崩れカルト偽仏教徒しばき隊

http://wwwjtheravadanetsatoutesuroushibuykusyogaisyaombudsman0000.dreamlog.jp/

過激派崩れ自称無所属本当は組織候補自治労上がり偽福祉の専門家

http://sesesekurokawashigeru.blog.jp/

頭のよろしくない三人です。
  1. 2016-11-14 08:11
  2. URL
  3. 政界ウォッチャー三十年 #WO.TtlzE
  4. 編集

 海外の「守られている人々」は、警備された高級住宅地に住み、公立学校の混乱を放置しているのに彼らの子どもたちは一流の私立学校に通うので民衆とは別の世界で愚民どもとは関わらないで生きていける、もしくは誘拐などを避けるためにその中で生きていくしかないようです。

 これでは同じ国民ではなく、ローマ市民のような「守られている人々」が奴隷階級のような「守られていない人々」に何を強いても痛みを感じないで好き放題できますね。

 リベラリストの理想の為か安い労働力確保の為か知りませんが、欧州に難民を流入させたせいでケルンや各地で女性が被害にあったのになかった事にしてもっと難民を受け入れようとするのは、まるでコロッセオで剣闘士をライオンと戦わせて楽しんだローマ市民と同じ残虐な行為だと思います。


 江崎さんが、大統領選はエスタブリッシュメント対ピープルだったことや米国保守がいかに戦ってきたかをお話されています。とても見ごたえがありました。安倍政権が、トランプさんと接触していたことも分りました。だから首脳会談をあんなに早く設定できたわけで、それを周くんが悔しがってトランプさんに否定されているのに電話会談したと報道させるという微笑ましいことをしています。

【江崎道朗の備忘録「フィリス・シュラーフリーさんトランプが勝ちましたよ!安倍総理も9月に側近に会っていた」小野義典】
https://www.youtube.com/watch?v=WRtMPWtaBQY
  1. 2016-11-14 08:14
  2. URL
  3. 都民です。 #-
  4. 編集

苺畑カカシさん

差し出がましいようですがこれだと思います。
https://twitter.com/honeking
https://twitter.com/may_roma

http://zanzo.jp/magazine/img07.gif
http://www.akira3132.info/Brains.html
http://www.akira3132.info/limbic_system.html

脳の機能を大脳新皮質=理性⇒高級
     大脳辺縁系=感情、本能⇒低級
と安易に考えているフシはうかがえますね。

  1. 2016-11-14 08:56
  2. URL
  3. taigen #-
  4. 編集

【不法移民、犯罪者をまず送還=壁はフェンスも利用-トランプ氏】
http://www.jiji.com/jc/article?k=2016111400019&g=int

 トランプさんが、犯罪者を強制送還すると発言しました。南北半島系の犯罪者を強制送還できない我が国は異常なのかと思っていましたが、米国でも同じでしかも人数が200~300万人ととても多いそうです。これが実現されれば、我が国でもきちんとした法執行がなされていくとような気がしますが、どうお考えになりますか?
  1. 2016-11-14 09:06
  2. URL
  3. 都民です。 #-
  4. 編集

かかしさん
読み流してしまったので見つけられなかったのですが、特にハッシュタグは付いていなかったと思います。
かろうじていいねしてたのから↓
辺縁系うんぬんは削除されてましたが、@ganbare-jinruiさんがスクショを貼ってナチズム手前だなとツイートしていました。
日系1世の@tappatanは共和党支持表明したらヒラリー支持者に嫌がらせを受けているようです。
(ついーと貼り付けたいのですがやり方がわかりません。。申し訳ない)
  1. 2016-11-14 09:57
  2. URL
  3. こきち #97nXsu5.
  4. 編集

Re: 生類哀れみの令

> 徳川綱吉の生類哀れみの令は殺伐とした世相を転換し
> 庶民を大事にするために発令した側面がある.
> 綱吉の前までは関ヶ原の記憶も生々しく,
> 武士が庶民を切り捨てることに忌避感は全くなかった.
> そこで生き物を無闇に殺させないためにこの令が
> 出されたという説がある. そうでなければ, 元禄時代
> は出現しなかったろう. 徳川綱吉と言う名君が存在してこそ
> 平和な江戸時代があり得たことを思うべきかと思う.

 なるほどそういう一面があったのですね。 
  1. 2016-11-14 11:07
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

Re: これは酷いw

> トランプ騒動が面白いのでツイッターばかり見てます。シン・ホネキングという在米日本人が「ポリコレは大脳新皮質で認識するもの。ポリコレ叩きをする人は判断を大脳辺縁系に委ねてる」とつぶやいて炎上。当該ツイートは削除したようですが延々とつくレスにそんなつもりじゃないと延々と釈明していました。何が悪いかわかってないみたいです。
> また、トランプ治世で差別オッケーな世の中になると心配している人が「大学院生の時、大学で授業をしたが英語が下手だったにも関わらず良い評価をくれた。アメリカの優しさが失われるのは…」とのこと。その直前に別の留学生の方「中国人の先生の英語が分かりづらくて、他の学生に、あなたあの先生の言ってることわかる?!と聞かれた。聞き取りにくいと指摘するのは差別だから皆言えずに我慢してる」というのを読んでたので、、フム。優しさというか我慢されてたのかもよ?
> 指摘して先生の英語力が上がる、学生も質の良い授業を受ける方が、
> 差別呼ばわりされて成績下げられ孤立する恐怖からの我慢、結果全員の成績がイマイチ、先生はなにも気づかないよりずっと益があるのですがね。

 ワタシは今の社会の問題は「差別」が異様に騒がれる事じゃないかと思います。
 
 本来人間は他人を平等には扱いません。 自分の基準で侮蔑したり尊敬したりとイロイロなランクに分けるのです。
 それは個人のそれぞれの勝手な基準でおこなうので、他人から見れば「不当」と言う事は幾らでもあるのです。
 「不当」に扱われたら「差別」なのです。

 でもそんなの仕方ないでしょう?
 本来、民主主義社会で保障できるのは「法の下の平等」であって、個人に対する平等ではないのです。

> 在米日本人にもいろいろあって、「ポリコレ冷笑してる日本人ってなんなの?自分も差別されるようになるのに白人のつもり?アホなの」と怒ってる人と、「差別なんか前からされとるわアホかと」という真っ当な人がいますね。人間は本来清く美しいものじゃなく誰しも優越感や嫉妬を持っているので、結局心の底から平等を実現するのは無理で、綺麗事を並べてると空虚を見出してしまう。異人種間や異なる階層間の信頼や友情は後者が勝ち取ると思いますけどね。まあ前者は空虚さに一生気付かないんでしょうが。

 差別にピリピリしている人達を見ていて思うんですけどね、そんなに差別がイヤならアメリカなんかに行かなきゃ良いのですよね。
 
 アメリカの自由と富って結局アメリカ白人が作ったモノでしょう?
 その富と自由を求めてアメリカに行くなら、それを造った人達の相応の敬意を持つべきだし、彼等が多少威張っても仕方ないでしょう。

 それがイヤなら日本に残って日本を良くするべきなのです。

> 絶対正しいと思ってる人には、絶対見えない世界があるんだなあと染み渡ります。同じ所にいるのにすれ違う。見ているものが違う。なんだかSFファンタジーみたいですね。

 結局自分を顧みないから自分が絶対正しい、ファンタジーに生きる事になるのでしょうね。

> めいろまという有名ツイッタラーがブレグジット時に移民問題を実生活体験で解説してて(学校に英語のわからない生徒が増えすぎて授業が成り立たない等)非常に分かり易かったのでリツイートしたのですが、今回のトランプ当選にはなぜかブチ切れてて、田舎者のクソが!、差別され放題になるぞとか呪いのツイートをしてて、前と全然違うやんと驚いています。この人が叩かれるわけがわかった。

 あらら、めいまろさん、不思議な人ですね。 自分が移民の立場のイギリスでは結構マトモな話をしているのに、関係ないアメリカではブチ切れるなんて。
  1. 2016-11-14 11:45
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

Re: ペギー・ヌーナン

> ちゃんとした日本語版があったんだあ~。自分のブログで下手な翻訳載せる前によもぎねこさんのサイトをチェックすればよかった。(ははは)

 ワタシはこれも池内恵のface bookで拾いました。
 池内恵はイスラム専門家なのですが、イスラム教の問題については非常にシビアですね。

 今は欧米では池内恵のようなイスラムの排他性や政治性を問題にすることは、学会でもタブー視されているそうです。
>
> 保守派が人種差別をするというのはリベラル派の作り上げた妄想です。リベラルのほうがよっぽども人種差別がひどい。特に反リベラルな少数民族はより迫害されます。特に大学などではそうでしょう。
>
> 「黒人にも差別主義者はいる」といった東洋人学生が「人種差別者!」といって攻められた例もありますからね。

 差別反対を喚く人達って、人は皆自分より遥かに酷い差別主義者だと思っているのですよね。
 だから自分の差別については全然自覚がないのです。

 そして所謂被差別的な立場の人間だと救いがないです。

 日本の在日コリアンで、コリアン以外の在日外国人から批判をされたときに「先住マイノリティへの敬意がない」と言って怒った奴がいます。

 「先住マイノリティだから敬意を払われるべき」って、人種差別以外の何ものでもないのですが、本人はそれを全く自覚していないのです。
 
 http://yomouni.blog.fc2.com/blog-entry-81.html

 
  1. 2016-11-14 11:53
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

Re: タイトルなし

> こきちさん、
>
> この件について、ツイッターはどのハッシュタグを探せばいいのでしょう?

 ここにやり取りのまとめが残っています。

 http://www.netnaviongae.appspot.com/e/8ei79
  1. 2016-11-14 11:56
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

Re: 国家とは?

> 少なくとも、自国民を守るべきもの、偽装難民が流入していて、EUはもうすぐ崩壊するでしょう、いわゆるフリーライド、その国の福祉にただ乗り、日本ではいまだに頭の弱い人々がいるのが、頭が痛いです、自国民優先をお涙ちょうだいで、屁理屈を述べる、なんとも甘い話です、もっと寄越せ、しわ寄せは自国民に、思い切って送り返すべきでしょう、偽装難民には0DAでもくれてやればいいのです。
>
> 日本共産党員プロバガンダ工作員
>
> http://otokogumdoronikazu0000000.blog.jp/
>
> 過激派崩れカルト偽仏教徒しばき隊
>
> http://wwwjtheravadanetsatoutesuroushibuykusyogaisyaombudsman0000.dreamlog.jp/
>
> 過激派崩れ自称無所属本当は組織候補自治労上がり偽福祉の専門家
>
> http://sesesekurokawashigeru.blog.jp/
>
> 頭のよろしくない三人です。

 偽装難民も少人数なら良いのですが、現在のように百万単位で押し寄せるとなると、綺麗事だけで済ませるのは無理でしょう。

  1. 2016-11-14 11:59
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

Re: タイトルなし

>  海外の「守られている人々」は、警備された高級住宅地に住み、公立学校の混乱を放置しているのに彼らの子どもたちは一流の私立学校に通うので民衆とは別の世界で愚民どもとは関わらないで生きていける、もしくは誘拐などを避けるためにその中で生きていくしかないようです。
>
>  これでは同じ国民ではなく、ローマ市民のような「守られている人々」が奴隷階級のような「守られていない人々」に何を強いても痛みを感じないで好き放題できますね。

>  リベラリストの理想の為か安い労働力確保の為か知りませんが、欧州に難民を流入させたせいでケルンや各地で女性が被害にあったのになかった事にしてもっと難民を受け入れようとするのは、まるでコロッセオで剣闘士をライオンと戦わせて楽しんだローマ市民と同じ残虐な行為だと思います。
>
>
 ここで紹介されているリリー・アレンが当にそれですね。

 http://ameblo.jp/evening--primrose/entry-12213789279.html

 自分は安全な所にいて、国家の負担で善行に耽り、批判されたら他人が悪いと言うのです。

>  江崎さんが、大統領選はエスタブリッシュメント対ピープルだったことや米国保守がいかに戦ってきたかをお話されています。とても見ごたえがありました。安倍政権が、トランプさんと接触していたことも分りました。だから首脳会談をあんなに早く設定できたわけで、それを周くんが悔しがってトランプさんに否定されているのに電話会談したと報道させるという微笑ましいことをしています。
>
> 【江崎道朗の備忘録「フィリス・シュラーフリーさんトランプが勝ちましたよ!安倍総理も9月に側近に会っていた」小野義典】
> https://www.youtube.com/watch?v=WRtMPWtaBQY

 安倍さんにはこれを梃に自主防衛路線へと本格的に舵を切って欲しいです。
  1. 2016-11-14 12:06
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

Re: タイトルなし

> 【不法移民、犯罪者をまず送還=壁はフェンスも利用-トランプ氏】
> http://www.jiji.com/jc/article?k=2016111400019&g=int
>
>  トランプさんが、犯罪者を強制送還すると発言しました。南北半島系の犯罪者を強制送還できない我が国は異常なのかと思っていましたが、米国でも同じでしかも人数が200~300万人ととても多いそうです。これが実現されれば、我が国でもきちんとした法執行がなされていくとような気がしますが、どうお考えになりますか?

 これ実行は大変でしょうね。 アメリカの不法滞在者って3000万人とも言われているのです。 
 でもこれから強制送還を原則に考える方向に向かった事は大きいです。

 日本も何とかしなくちゃ。

 
  1. 2016-11-14 12:15
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

taigenさん そうですこの方達です。シンホネ氏、「脳の野生的なとこで考えちゃうポリコレ否定派」って、ここまで言うのかとその選民思想に空恐ろしくなりました。
  1. 2016-11-14 13:26
  2. URL
  3. こきち #97nXsu5.
  4. 編集

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トランプ勝利はポリティカルコレクトネスへの挑戦だ!

アップデート:よもぎねこさんが、カカシが下記に紹介したペギー・ヌーナンの論文の公式日本語版と共に鋭い指摘を加えて紹介してくれているのでご参照のこと。 トランプの勝利が明らかになった火曜日の深夜から、あちこちの大学キャンパスやその近隣で若者らによるデモ行進や暴力行為や暴動まがいの騒動が起きている。彼らは民主主義によって決められた選挙結果が気に入らないらしい。彼らは文明社会の基本がまるで理解でき...
  1. 2016-11-14 04:19
  2. In the Strawberry Field