2016-11-05 14:23

多様性って何?

 この数年来、やたらに多様性とか多文化共生とか言う言葉が溢れるようになりました。

 これについて国民的議論があったわけではありませんが、しかしどう言うわけだか自称リベラルメディアではそれが絶対善になっています。
 
 例えばこの記事なんか典型です。

094

モーリー・ロバートソンが提言。移民受け入れの議論すら避ける日本にもっと「多様性」を!

 週刊プレイボーイ』本誌で「モーリー・ロバートソンの挑発的ニッポン革命計画」を連載中の国際ジャーナリスト、モーリー・ロバートソンが移民受け入れの議論すら避ける日本に、なぜ「多様性」が大事なのかを語る。

* * *

Diversity=多様性。このコラムで幾度となくこの言葉を用い、その重要性を語ってきました。

近年、ヨーロッパでは移民の流入などで社会の多様性が急速に進み、その反動として各国で極右政党が台頭。イギリスはEU離脱という結果に至りました。アメリカでも人種、男女、LGBTなどあらゆる面で多様化が進むことに嫌悪感を示す人々が、ドナルド・トランプという希代のポピュリストを支持。以前紹介した「Alt-right(オルトライト)」のような新たな極右運動も生まれています。

こうした状況を日本から見て、「多様化なんてするもんじゃない」「やはり移民なんか受け入れないほうがいい」などと、したり顔で語る人々がいます。しかし、僕は何度でも言いたい。多様性を受け入れないばかりか、そのための議論すらない社会に未来はありません。
現在の欧米の混乱は、社会がさらに多様に、さらに一歩前に進むための過渡期ーー僕はそう見ています。

欧米諸国には多様化の長い歴史があります。アングロ圏のイギリスやアメリカを例にとれば、まず英語という言語自体、サクソン語やゲルマン語をはじめ、いろいろな言語が交じり合って成立しており、語法やボキャブラリーに一貫性がない。さらに、植民地時代以降は社会がより複雑化。本土と植民地、本国人と移民、支配者と奴隷、人種対立…それらが年月を経るうちに全部ごちゃ混ぜになっていきました。

異なるバックグラウンドを持つ人々が混在する社会では、必然的に「論理」で整合性を出すことに重点が置かれ、あらゆる分野で闊達(かったつ)に議論が行なわれ、いずれ“異なる価値観の視点”が社会に組み込まれます。今の欧米の混沌(カオス)も、こうした歴史の延長線上にあるものでしょう。

ちなみに、感覚的な話になり恐縮ですが、議論においてより「なんでもあり」なのはイギリス。女王陛下をコメディでいじってもOK。一方、アメリカでは近年、社会の進歩の過程で生まれたポリティカル・コレクトネス(政治的正しさ)が大きくなりすぎ、その不満をトランプがうまく突いているといえます。いずれにしても、大前提として「タブーに突っ込む議論が奨励される」という方向性は同じです。

それに対し、日本は(使い古された表現ですが)「不都合な真実」を言ってはいけない社会です。一般人同士の会話でも、お互いへの敬意や“憚(はばか)り”によって自然とブレーキがかかる。これは、実は東アジアの漢字圏の国ーー日本、中国、韓国に共通しています。

日本はアジアの中では欧米化された国で、皆さんの中には「中韓より欧米に近い」と考えている人も少なくないでしょう。しかし、こと社会の多様性のレベル、議論の透明性という面では、民主主義のない中国や、しばしばナショナリズムが論理を超えてしまう韓国に非常に近いと僕は思うのです(認めたくない人も多いでしょうが)。

多様性がなく、「みんな同じことを考えている」ことが前提となる社会ーーそこでは進歩的な人の声は潰され、多くの人が空気を読んで面倒な議論を避けるようになります。それでも日本人は多様化を否定し続けるのでしょうか。僕はこのことを問い続けたいと思っています。

●Morley Robertson(モーリー・ロバートソン)
1963年生まれ、米ニューヨーク出身。国際ジャーナリスト、ミュージシャン、ラジオDJなど多方面で活躍。フジテレビ系報道番組『ユアタイム~あなたの時間~』(月~金曜深夜)にニュースコンシェルジュとしてレギュラー出演中!! ほかにレギュラーは『NEWSザップ!』(BSスカパー!)、『モーリー・ロバートソン チャンネル』(ニコ生)、『MorleyRobertson Show』(block.fm)など

095

 しかし多様性って何ですか?

 例えばLGBT、こういう人達は元々いました。 狩猟採集の生活をする民族でも、こうした人々がいる事は知られているのですから、そもそも原始時代からいたと考えるしかないのです。

 でも欧米では近年まで同性愛に刑事罰を科してきました。 アメリカなどまだ同性愛に刑事罰を科す州が残っているのです。

 しかし日本では歴史的にこうした個人の性的嗜好に刑事罰を科すなどと言う事はありませんでした。

099

 だから欧米でやっているような同性愛の権利獲得運動は全く低調です。 
 同性愛者のカップルが養子縁組をして、自分達の関係を公的に保護する事も随分昔から行われていたので、同性婚容認の要求も強くないです。

 勿論同性愛を理由に公職を追われるなどと言う事は一切ありません。

 例えば三島由紀夫が同性愛だった事は、デビュー当時から知られていたのですが、しかしそれでも彼の国粋主義の政治活動に対して何の障害にもなっていません。 

 つまりLGBTについて言えば日本は欧米諸国より遥かに寛大で、モーリス氏の良い方にすれば、多様性を認めて来たのです。

102
 
 逆に言えば今欧米でLGBTの権利が声高に叫ばれているのは、実はこれまでの迫害に対する反動です。
 
 しかし迫害の無かった国に、迫害の反動があるはずもないのです。

 そもそも元々いた人がいると言う事が何で「多様性」に数えられるのか大変奇妙なのですが、これはつまり欧米ではこれらの人々の存在をタブー視してきたからでしょう。

106

 少し脱線するけど、アジアやアフリカ諸国での、LGBTの権利についての欧米人に感覚は実に奇妙な物です。

 実は欧米のような厳しいLGBT迫害の歴史を持つ国は、アジアやアフリカでは例外的なのです。 ところが欧米の自称リベラリスト達は、「我々人権重視の欧米でもこれまでLGBTを迫害してきたのだから、未開のアジア・アフリカはもっと迫害してきただろう」と信じているのです。

 そこでアジア・アフリカ諸国で同性愛の権利擁護の運動が起きないと、「多様性を認めない!!」と非難するのです。
 
 これこそ典型的な人種的偏見そのモノですけどね。 
 そして多様性を認めるどころか、自分達の物差しでしか他の文化を理解する意思がない事の証明です。

107

 モーリー氏は「欧米世界は元来多様性に満ちており、よってタブーとされる言論はない」と書いているのですが、しかしLGBTの存在などまさにタブーそのモノだったのです。

 そして現在、このタブーがポリティカルコレクトネスと呼ばれる物に変わっています。 つまり今までの迫害の反動で、同性愛などに批判的なことを言ったり、有色人種や女性を批判したりすることが全てタブーになっているのです。

 これはつまりは「多様性」を煽りまくった結果でしょう。

116

 生活習慣や宗教意識の違う異民族が大量に入り込めば、当然文化摩擦が起きるのです。

 この文化摩擦回避の為に現在欧米の自称知識人がとっている方法は、とにかく「多様性の尊重」と言う名目で移民への批判を封殺して、ひたすら自分達原住民の側が遠慮すると言う対応です。

 その為にキリスト教の伝統のある国で「メリークリスマス」と言ってはイケナイとか、「天にまします我らの父よ」と言う祈りが女性差別と非難されるとか、深刻を通り越して滑稽な状況になっているのです。

 自国で自国の伝統宗教の行事も祝えない、祈りの言葉まで封鎖される。

 これが多様性を追求した結果です。

128

 なるほど日本では皇室に対する批判はタブーです。 一方イギリスでは王室批判はやりたい放題です。

 しかしイギリスの王室も、日本の皇室も現実の政治権力は持たない存在です。 また立場上、皇室、王室の人達は自由な言論もできない状況です。

 そういう相手に対して、野放図に言いたい放題言えると言う事にそれほどの意味があるのでしょうか?

 王室を徹底的に罵倒できることで、イギリス人はどれほどの利益を得ているのでしょうか?

134

 それよりイスラム教徒を批判できない事の方が余程深刻ではありませんか?


 自分の家の近所で狼藉を尽くす外国人への批判がタブーなのと、政治権力など一切ない王室や皇室の批判がタブーになのと、どちらが実害が大きく、深刻か?
 自明ではありませんか?

145

 それでも欧米の知識人達がこのポリティカルコレクトネスと言う名のタブー、言論弾圧を続けざるを得ないのは、もしこれを止めて自由に移民への批判をさせたら、一般国民の不満が爆発して収拾不能になると言う不安からではないでしょうか?

 そして強硬な移民排斥論が起きて、これまで移民歓迎を煽り続けた自分達が立場を喪うと怖れているからではないでしょうか?

169

 ヨーロッパの先進国は60~70年代、経済絶好調の時代に労働力不足を理由に、イスラム圏から大量の移民を入れました。

 このように安易に外国人を受け入れるのは、元々これらの国々が奴隷制度を利用してきたことから来るのでしょう。
 
 けれどもその後経済が悪化して失業率が上がっても、その移民達を送り返す事はできなくなりました。

 そしてその後失業率が高止まりしても、ドンドン移民が入り込む状況です。

 特に若者の失業率などこの数十年、日本の就職氷河期よりも高い状況です。

178
 
 移民達の失業率は更に高いのですが、しかしそれでも高福祉国家の失業者でいる方が、祖国の勤労者でいるよりリッチな生活をできるのだから絶対に帰りません。
 
 そして人間の適応力には限界があるので、中世レベルの国から来た人達は、数世代欧米に暮らしても、近代社会には適応できません。

 法治主義が国家の根幹である欧米諸国で、宗教を法に優先する発想のまま頑張り続ける事になります。

 これは単なる文化摩擦と言うより遥かに深刻な問題です。

 こうした移民達の存在は明らかに、受入国にとって大変な負担になるばかりか、社会不安の重大要因になっています。

185

 こんな状況で何で移民を入れるのか?
 本来の労働政策から言えば完全に狂っているしか言えません。

 しかし低賃金労働者は多ければ多い程、賃金は下がるのですから、これで利益を得る人達がいる事も確かなのです。

 何よりもこれまでに入り込んだ移民を追い出す事が出来ない以上、移民に関する問題を公言する事は、結局これまでの政策の失敗を認める事になってしまいます。

 かくなる上は自分達の失敗を糊塗するためにも、ひたすらそれを正当化するしかないのです。

 その正当化の為の魔法の呪文が「多様性」ではありませんか?

191

 近代民主主義国家において、法より宗教を重視して、公然と法に逆らう人々が大量に入り込み、強固なコミュニティを作っていることなど、大変な問題です。
 
 しかしそれを正当化するためには「多様性を認めよう!」と言えば済むのです。

 多様性ってナンデモアリーノですから、どんなに深刻な問題だって多様性の一言で誤魔化せるのです。

 そしてそれに疑念を持つ人達には「レイシスト!!」と罵倒すれば良いのです。

 これが多様性の本質ではありませんか?
 
 結果生まれたのがポリティカルコレクトネスと言う名の言論弾圧です。

198
 
 ワタシは何でも言いたい放題言う方なので、この手の言論のタブーは大嫌いなのですが、しかし残念だけれど、どんな社会にも言ってはいけない不都合な真実と言う物はあります。

 真実は真実でも、それを言う事によって社会の調和や信頼が壊れてしまう。
 或いは社会の相互不信を煽ってしまう。

 そういう事は言わないように心掛けるのが、どんな社会でも善良な市民なのです。

 そして欧米は自分で社会の調和や信頼を打ち壊す人間達を大量に受け入れた挙句に、自分達が何も言えなくなったのです。

202 
 けれども幸い日本はこのような欧米諸国の失敗を見てきました。
 だから同じ轍を踏む必要はありません。

 因みに地球レベルで言えば、日本のように外国人を受け入れず独自の文化を守る国があってこそ多様性が保たれます。

 モーリス氏の言に従っていたら、結局世界中の国は移民を受け入れてどこもかしこのアメリカみたいになってしまいます。

 アメリカはアメリカで立派な国だとは思います。

 しかし世界中はアメリカになったら、地球の多様性なんかゼロになるではありませんか?

 多様性のない社会に未来がないなら、多様性のない地球に未来がないではありませんか?

 オマケ

EUの崩壊とローマ帝国の崩壊過程の類似性(=難民問題)|TSJ / 奥山真司の「アメ通LIVE!」


 大事なことを書き忘れていました。

現在の欧米の混乱は、社会がさらに多様に、さらに一歩前に進むための過渡期ーー僕はそう見ています。

 そうですね。
 ワタシも欧米の混乱は過渡期故の混乱だと思います。

 ゲルマン人の侵入によるローマ帝国の滅亡も、人口が激減するほどの殺し合いだった宗教戦争だって過渡期でした。

 このまま大量の移民を受け入れ続けた欧米がどうなるか?

 イスラムvsキリスト教の宗教戦争の戦場になるのか?
 或いはもっとなし崩しに秩序崩壊するのか?

 いずれにせよその混乱の果てに新しいヨーロッパや新しいアメリカが生まれる事でしょう。

 それが何百年後になるのかはわかりませんが。
 しかし日本はそんなことに巻き込まれるのはゴメンです。

 寛容で善良な欧米知識人の皆様は、是非新しい世界の構築に向けて頑張ってください。
  1. レイシスト
  2. TB(0)
  3. CM(34)

コメント

日本人のルーツ多様性は世界でも珍しい?長崎の重要性とは?
http://yositeru.hateblo.jp/entry/20130522/p1

※モーリー・ロバートソンは日本人のDNAが世界で類を見ないほど多様な事を知らないんでしょうね。
日本列島には古代から多くの渡来人が入って来たのは間違いありません。しかし、良きものをもたらし共存できる人々なら良いですが、悪しきものをもたらし共存できない人々を拒否したいというのは自然な感情です。
日本人は漢字、仏教などの文化は受け入れましたが、宦官、纏足などの悪習は受け入れていません。
  1. 2016-11-05 16:39
  2. URL
  3. taigen #-
  4. 編集

このロバートソンというおっさんは、左翼メディア御用達ですよね。
タブーなき議論を封じているのは誰か?
多くの場合、メディアでしょう。
ヘイトスピーチを問題化し、法制化を推進してきたのもメディアですが、そもそも何を問題として、在特会などがデモをしているかなど、全く掘り下げない。
はじめからレッテル張りに終始するのが進歩的なんでしょうかね?

原発や低レベルの放射能が本当に危険か?
全球温暖化なんてのは本当なのか?
温暖化しているとしても、人為的な原因なのか?
人為的な温暖化だとしても、主犯は炭酸ガスなのか?
核兵器は国連常任理事国しか公然とは持てぬのか?

他にもいくらでも上げられる、不都合な真実を取り上げないのは大手メディア。
ロバートソンという男は、優秀な白人種がやってることにならいなさいというような、いやらしい、非常に古い思考の持ち主に見えますな。
  1. 2016-11-05 20:18
  2. URL
  3. 二郎 #-
  4. 編集

それでも日本の左翼リベラル派の中ではマシなほう

かつて「のりこえなっと」「岩上安身IWJ」など、ニコニコ生放送にチャンネルを持っていた左翼言論人の多くが、反対意見のコメントにまともな反論をできずに「このネトウヨが!」みたいな捨て台詞を吐いて去っていったのに比べると、モーリー氏は今も放送を続けてるし、反対意見もちゃんと聞くので、マシなほうだと思います。
それに「のりこえねっと」などは、出演者が口を滑らせた動画はどんどん削除していますが、モーリー氏は過去の自分の発言を動画に残しています。

モーリー・ロバートソン チャンネル@YouTube
https://www.youtube.com/channel/UC0_ZXOHTaFGkvpxrsMT3sog/videos
※画面上に流れるコメントもそのままいっしょにUPしているので、ネット民の反応もわかります

彼は、日本で広がる嫌韓を「レイシズム」と斬って捨てるようなことはしていません。また、原発についての回では、反原発派が主張の根拠にしている英語の論文を自分で調べて「まともな人は相手にしないトンデモ論ばかり」ということを明らかにしていました。

個人的には、モーリー・ロバートソン氏と宮崎哲弥氏の2人だけは、リベラル派言論人の中でも好きですね。テレビに出演しているリベラル派の多くが、ネットではドン引きするような極左的・反社会的発言をしているのとは逆で、2人はラジオやネットでは保守的なことも言いますし。まあ、そもそもマスゴミの「真ん中」が左に偏りすぎてるんですよね。
  1. 2016-11-05 21:27
  2. URL
  3. かんぱち #vF6NeGQU
  4. 編集

サヨクは気楽な立場なのでしょう。

 サヨクからすれば、多様性の正の部分だけを享受できると勘違いしているのでしょう。しかし物事には正負の両方があるものですから、多様性には負の部分ももちろんあるのです。

 問題は、サヨクは多様性の負の部分を他人に押し付けていることです。移民によって犯罪が増えても、エリートからすればその被害には遭わないのですから他人事なのでしょう。しかも負の部分と向き合うことに不満を述べた人間には「ファシスト」「レイシスト」「極右」と罵倒をしておけばいいのですから、これほど楽な立ち位置はないのでしょう。
  1. 2016-11-05 22:08
  2. URL
  3. 凍え馬 #-
  4. 編集

欧州で同性愛者が火あぶりになっていた頃、日本では同性愛者のためのエロ本が売られ、同性愛者のための「吉原」もありました。やりたい人は、そういう場所へ行ってやればいい、嫌いな人は寄り付かない、お互いに余計な干渉をしないですみ分けることで共存してきたのが日本という国でした。
同性愛者が精神病院や留置場に放り込まれたのはそんなに昔ではありません(フランスでは、1980年代までオカマは警察に捕まったそうです)。その反動として、今や同性愛者を生理的に受け付けない人達が、差別主義者の烙印を押されていますが、同性愛者が火あぶりになっていたのと方向性が違うだけで同じことです。
私の父の知人であるオカマーバーの女将さん(男性ですが)は、「私達のようなのを気持ち悪いと思うのは、アレルギーのようなものだから差別とは違うし、そうした人達を責める気もない。危害を加えてこなければ十分。うちの店には来たい人だけ来ればいい」とおっしゃっていましたが、その通りだと思います。
こうした歴史的、文化的背景を知らない欧米人が、自分達を基準にして、日本のLGBTの状況を遅れているだの、進んでいるだの論評しても的外れに終わり、結局空回りしてしまうのです。

だから多様性云々という論調の文を呼んでも、欧米人の考えることが一番正しいのだから、遅れた日本人も真似しなさいと暗にいっているようにしか思えないのですよね。彼らは認めたくないでしょうが、常に自分達が正しく、進歩的で優れていて、普遍的、絶対的で他の非欧米人は従って当然という意識にどっぷり浸っているのですよ。だから、「日本は死刑を存置している唯一の先進国」などという。あくまで自分達が先進的であり、唯一の標準になっているのです。

  1. 2016-11-05 23:36
  2. URL
  3. 名無しの権兵衛 #O/x0NSdM
  4. 編集

欧米のいう多様性の歴史で何が起きてきたのでしょう?異民族、異教徒、異端者に対する否定、排除、虐殺の歴史であり、例を挙げればインディアンに対して文明化という文化破壊を行い、戦後の日本でGHQが民主化というこれまた文化破壊、歴史抹殺を行いました。欧米こそ最も多様性を否定してきたのではありませんか?そして、その反動からか、異質な民族、宗教、文化を混ぜることが絶対的に正しく、好結果しかもたらさないという考えに盲目に取りつかれているのが、多様性という名のカルト信者であるような気がします。
国それぞれには、その国が長い歴史によって培ってきた国柄というものがあります。アメリカはアメリカの国柄があるように日本には日本の国柄があります。それは、他の国も同様です。すべての国が、ごったまぜ状態になれば、結局は全ての国が無個性で特色のないということになります。これが、多様性を尊重した世界なのでしょうか?
私は、全ての国が、国柄を守り、そのままの形でいてほしいと思っています。それこそ多様性の尊重だと思っています。
多様性の尊重=混ぜること=国柄の否定=無個性化は、究極の多様性の否定でしかないからです。
そして、移民政策による多様性の正の部分を説いても、現在のEUの状況を見れば、もはや何の説得力を持たないと思います。治安の悪化、社会秩序の崩壊、財政の破綻、伝統文化の破壊、政治の混乱。フランスやスイスのように刑務所の半分以上が移民で占め、警察すら入れないNO GO ZONE地域があちこちにでき、自衛のために銃を購入したり、移民を受け入れていない東欧に逃げる人が増加する。これは、混乱などという生易しい状況といえないでしょう。
伝えられることから考えれば、到底楽観的な考えには行きつかないと思うのですが、こうした多様性の信仰者は、先のベルリン特電でも触れていたように、見たいものしか見ない、信じたいものしか信じないのですから、目の前にどれほど悲惨な現実が展開しても、自らの考えを変えることはないと思います。
いずれにせよ、我々日本人には関係のないことですから、我々は独自の文化と伝統を守りながら、日本という国をそのままの形で次世代に引き渡していくことに専念すればよいだけです。
くれぐれも余計な手出しをして火傷を負わないようにしなければなりません。
  1. 2016-11-06 01:08
  2. URL
  3. 名無しの権兵衛 #t7yAQjB.
  4. 編集

名無しの権兵衛さんのコメントにオカマバーの話が出てきましたが、新宿のオカマバーは楽しかった。話は面白いし、ホルモン注射のためか肌は柔らかくスベスベ、手を握られると思わずドキドキするほどでした。

ぼく自身はまったくのノーマルなのにその手の男性から声をかけられたことも何度かあります。水戸・上野・大阪駅etc、イランでホモのストーカーに追い回されたときはめちゃくちゃ怖かった。

日本は千年以上前から稚児文化がありますし、女性のカップルもたまに見かけます。朝の通勤通学時間帯の電車では女子高校生どうしが見つめ合っていたりしていることもありますが、だれも気にしません。

東南アジアではタイはオカマもオナベも当たり前、デパートの化粧品売り場にはオカマが必ずいます。ミャンマーのヤンゴンもオカマが多い。仏教国は寛容なのかと思いきや、キリスト教国のフィリピンも歓楽街にはオカマが多数います。イスラム圏のマレーシアですら首都のクアラルンプールでは周りの白い目を気にすることなく男性同士が手を繋いでラブラブで歩いても平気です。

日本や東南アジアは「性的多様性」にかんしては欧米諸国よりもよほど寛容ではないでしょうか。
  1. 2016-11-06 01:47
  2. URL
  3. gai-yaang #-
  4. 編集

初めまして

歴史を見ると、
ヨーロッパはイスラム圏からの侵略との戦いですね。
それが今や、どうぞどうぞと中東勢力を招いている。かつては侵略から守る堅固な高い城塞を張り巡らせ、中東勢力から国を守った。
そう…「 守る 」
基本、異民族とは食うか食われるかの対象なのですよね。
この、基本を押さえておかないと、国は滅びます。
今のヨーロッパのように大量の異民族を手招き受け入れれば、国民が逆転するのは明らかです。
少子化のヨーロッパ人と、多産の中東勢…
何十年も待たずに結果は逆転でしょう。
ヨーロッパのあちこちで、オセロゲームの如く白が黒にひっくり返るのが現実です。
経済的利益を謀った結果が、国の喪失とは、喜悲劇か?
日本とて、隣国から既に不法移民族が何十万人も住んでいる状態を、知らないのでしょうかね。
また、日本の某大学は殆ど中国人で、某県のとある町のマンションは殆ど中国人とか。
日本は既に「移民」受け入れ中ではないですか?
国の指導者の「愛国の質」が問われる問題でしょう。
  1. 2016-11-06 03:08
  2. URL
  3. 渓子 #-
  4. 編集

モーリーは面白いので好きですが、確かに日本の女性差別などを語る時は、そうかなあ?とふに落ちないこともありますね。ただモーリーチャンネルに出てくるゲストは殆ど、著書を読んでみたくなる人たちです。あと左翼言論人たちをおちょくり倒してます。地上波タブーに触れないように上手く泳いで報ステに出る、白い木村草太さんになる、とか言ってます。

もう欧米に合わせるのはそろそろ限界…と思います。日本は同調圧力が酷い生きづらい国、それに比べて欧米はと出羽守は言いますが、欧米のポリコレ圧力は日本人にとっては地獄レベルです。違和感がきついのは児童ポルノ問題。キチフェミが欧米をかさにきてアニメ絵に喰らいついてる様を観察してると吐きそうになります。(私は萌え絵は大嫌いですが) 日本人は綺麗より可愛い好きの嗜好があり、欧米人から見たら日本人の十代、二十代は子供に見える故の誤解もあるでしょう。そんなもんをいちいち間に受ける方が阿呆です。欧米に褒められなくていいからほっといて欲しい。。だいたい女子高生を性的に消費する表現が悪!っておかしくないですか?大抵噛みつかれてる女子高生表現は性的じゃないし(勝部元気というバカは東京五輪PR画像の体操選手に制服を着せた〜!売春のアイコンを世界に晒した〜〜!!と件の選手に非常に失礼なことを騒いでました)、性的だとしても日本では結婚は16歳から、欧米では若年の結婚をタブー視してますがティーンの妊娠は日本以上に当たり前でしょう?生物として十分成熟してる年齢だけど、社会的存在として確立してないというだけですよ。。
で、日本は淫らな児童ポルノ国と国連人権なんちゃらにご注進、慰安婦像のモデルは13歳だそうですよ。募集要項は17歳以上でパクユハ氏の調べでは平均年齢は二十代なのに、像も映画も全部ローティーン少女。繋がる…左翼と朝鮮が…。そして欧米が乗っかる。全く世界はえげつないです。
  1. 2016-11-06 03:13
  2. URL
  3. こきち #97nXsu5.
  4. 編集

多様性なる魔法とファシスト

多様性と言いながら、俺の言う事は受け入れろ!お前の話は聞かない、まさにファシストです、俺様の世界、まあジャイアニズムでしょう、言い分ならば多種多様なのに、片一方の意見のみとは奇々怪々、魔法の言葉ですが、中身はファシストにすぎません、押し付けファシストにnoを!

http://otokogumdoronikazu0000000.blog.jp/


http://wwwjtheravadanetsatoutesuroushibuykusyogaisyaombudsman0000.dreamlog.jp/

http://sesesekurokawashigeru.blog.jp/
  1. 2016-11-06 05:38
  2. URL
  3. 政界ウォッチャー三十年 #WO.TtlzE
  4. 編集

退院おめでとうございます

まだまだ不便なこともあるかと思いますが、ひとまずは退院おめでとうございます。
この手の「意識高い系」の人達のに共通しているのは、少女のような潔癖さですね。本物の少女、とりわけ美少女で一桁の年齢なら許されるものですが、成人の言うことじゃありません。
女なら若く美しければパーでも引く手あまたですが、おっさんではね。
こういう人を見ると、この人は自分の老後について真面目に考えたことがないのだろうか、と思ってしまいます。
  1. 2016-11-06 08:28
  2. URL
  3. 考えるもやし #-
  4. 編集

>法治主義が国家の根幹である欧米諸国で、宗教を法に優先する発想のまま頑張り続ける事になります。

イギリスなんかでは、イスラム移民たちが自分たちの居住区をイスラム法で統治しているらしいです。
彼らはシャリアパトロールと称して、酔っぱらいやミニスカートの女性に退去を求めたりします。
(YOUTUBEに動画が上がっています)

多様性に寛容だった結果が、当の多様性自身を殺しているのが今のヨーロッパです。

でも、日本のマスコミはこのことをまったく報じないのです。
スウェーデンなど、昔の治安の良さはどこへやら、今は「(移民による)レイプ国家」と言われているのに。
  1. 2016-11-06 09:11
  2. URL
  3. kurenai #-
  4. 編集

>法治主義が国家の根幹である欧米諸国で、宗教を法に優先する発想のまま頑張り続ける事になります。

イギリスなんかでは、イスラム移民たちが自分たちの居住区をイスラム法で統治しているらしいです。
彼らはシャリアパトロールと称して、酔っぱらいやミニスカートの女性に退去を求めたりします。
(YOUTUBEに動画が上がっています)

多様性に寛容だった結果が、当の多様性自身を殺しているのが今のヨーロッパです。

でも、日本のマスコミはこのことをまったく報じないのです。
スウェーデンなど、昔の治安の良さはどこへやら、今は「(移民による)れいぷ国家」(※)と言われているのに。

※「レ●プ」とカタカナで書いたら、「不正な投稿」とみなされたので、ひらがなに変えました。
  1. 2016-11-06 09:14
  2. URL
  3. kurenai #-
  4. 編集

Re: タイトルなし

> 日本人のルーツ多様性は世界でも珍しい?長崎の重要性とは?
> http://yositeru.hateblo.jp/entry/20130522/p1
>
> ※モーリー・ロバートソンは日本人のDNAが世界で類を見ないほど多様な事を知らないんでしょうね。
> 日本列島には古代から多くの渡来人が入って来たのは間違いありません。しかし、良きものをもたらし共存できる人々なら良いですが、悪しきものをもたらし共存できない人々を拒否したいというのは自然な感情です。
> 日本人は漢字、仏教などの文化は受け入れましたが、宦官、纏足などの悪習は受け入れていません。

 良い物はドンドン取り入れるし、学ぶけれど、よからぬものは拒否する。
 これって人間が生きる基本姿勢ですよね?

 今多様性とか言っている人達は、良い物も悪い物も何でも入れろと言うのです。
 でもこれオカシイです。
  1. 2016-11-06 13:46
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

Re: タイトルなし

> このロバートソンというおっさんは、左翼メディア御用達ですよね。
> タブーなき議論を封じているのは誰か?
> 多くの場合、メディアでしょう。
> ヘイトスピーチを問題化し、法制化を推進してきたのもメディアですが、そもそも何を問題として、在特会などがデモをしているかなど、全く掘り下げない。
> はじめからレッテル張りに終始するのが進歩的なんでしょうかね?
>
> 原発や低レベルの放射能が本当に危険か?
> 全球温暖化なんてのは本当なのか?
> 温暖化しているとしても、人為的な原因なのか?
> 人為的な温暖化だとしても、主犯は炭酸ガスなのか?
> 核兵器は国連常任理事国しか公然とは持てぬのか?
>
> 他にもいくらでも上げられる、不都合な真実を取り上げないのは大手メディア。
> ロバートソンという男は、優秀な白人種がやってることにならいなさいというような、いやらしい、非常に古い思考の持ち主に見えますな。

 ワタシはこの人は殆ど知らないので、他の問題に何と言っているかは知りません。

 しかしこの「多様性」に関する発言は、今の欧米リベラルの基本姿勢だと思って取り上げました。

 欧米リベラルって、人種差別反対を看板にしながら、実は欧米リベラルの主張こそが絶対で、有色人種はそれに従うべきと信じているのが痛いです。
  1. 2016-11-06 13:50
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

Re: それでも日本の左翼リベラル派の中ではマシなほう

> かつて「のりこえなっと」「岩上安身IWJ」など、ニコニコ生放送にチャンネルを持っていた左翼言論人の多くが、反対意見のコメントにまともな反論をできずに「このネトウヨが!」みたいな捨て台詞を吐いて去っていったのに比べると、モーリー氏は今も放送を続けてるし、反対意見もちゃんと聞くので、マシなほうだと思います。
> それに「のりこえねっと」などは、出演者が口を滑らせた動画はどんどん削除していますが、モーリー氏は過去の自分の発言を動画に残しています。
>
> モーリー・ロバートソン チャンネル@YouTube
> https://www.youtube.com/channel/UC0_ZXOHTaFGkvpxrsMT3sog/videos
> ※画面上に流れるコメントもそのままいっしょにUPしているので、ネット民の反応もわかります
>
> 彼は、日本で広がる嫌韓を「レイシズム」と斬って捨てるようなことはしていません。また、原発についての回では、反原発派が主張の根拠にしている英語の論文を自分で調べて「まともな人は相手にしないトンデモ論ばかり」ということを明らかにしていました。
>
> 個人的には、モーリー・ロバートソン氏と宮崎哲弥氏の2人だけは、リベラル派言論人の中でも好きですね。テレビに出演しているリベラル派の多くが、ネットではドン引きするような極左的・反社会的発言をしているのとは逆で、2人はラジオやネットでは保守的なことも言いますし。まあ、そもそもマスゴミの「真ん中」が左に偏りすぎてるんですよね。

 なるほどね。

 実はワタシはこの人あまりよく知りません。

 しかし今回の多様性に関する話は、欧米リベラルの代表的意見だと思い取り上げました。

 つまり多様性であることが自己目的化しているのに、しかし本当に何の為の多様性を煽っているのかは、自身理解していないと言う奇妙な意見なです。

 要するに人種差別が絶対悪になったので、移民のように本来労働市場や福祉の安定の問題まで、マトモな議論ができなくなっているのでしょうね。

 ワタシは西欧知識人はもう少し賢いと思っていたのですが、今の欧米リベラリストを見ていると、そうでもないんじゃないかと思うようになりました。
  1. 2016-11-06 13:54
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

Re: サヨクは気楽な立場なのでしょう。

>  サヨクからすれば、多様性の正の部分だけを享受できると勘違いしているのでしょう。しかし物事には正負の両方があるものですから、多様性には負の部分ももちろんあるのです。

 そもそも多様性なんて極めてあやふやな言葉を錦の御旗にする点で、凄く胡散臭いのです。
>
>  問題は、サヨクは多様性の負の部分を他人に押し付けていることです。移民によって犯罪が増えても、エリートからすればその被害には遭わないのですから他人事なのでしょう。しかも負の部分と向き合うことに不満を述べた人間には「ファシスト」「レイシスト」「極右」と罵倒をしておけばいいのですから、これほど楽な立ち位置はないのでしょう。
 
 現実にはそれだけの話でしょう。
 要するに意味不明の綺麗事だけ言って、自分は善人でいたいと言うだけなのです。
  1. 2016-11-06 13:56
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

Re: タイトルなし

> 欧州で同性愛者が火あぶりになっていた頃、日本では同性愛者のためのエロ本が売られ、同性愛者のための「吉原」もありました。やりたい人は、そういう場所へ行ってやればいい、嫌いな人は寄り付かない、お互いに余計な干渉をしないですみ分けることで共存してきたのが日本という国でした。

 個人の性的嗜好にまで口出しするって、日本人の感覚じゃないのですよね。
 良く西欧は個人主義だと言うけれど、ワタシは実は彼等は全然個人主義じゃないと思います。 トコトン他人に干渉したいのです。

 でもそれをやって宗教戦争のような殺し合いになったので、もう絶対個人には干渉しない事にしようと決めたのです。

 酒が大好きで、酒で失敗した人間が、絶対禁酒を決めているような状態なのです。
 禁酒はできても酒好きの本性は治らないのですよね。

> 同性愛者が精神病院や留置場に放り込まれたのはそんなに昔ではありません(フランスでは、1980年代までオカマは警察に捕まったそうです)。その反動として、今や同性愛者を生理的に受け付けない人達が、差別主義者の烙印を押されていますが、同性愛者が火あぶりになっていたのと方向性が違うだけで同じことです。

 全くその通りです。

> 私の父の知人であるオカマーバーの女将さん(男性ですが)は、「私達のようなのを気持ち悪いと思うのは、アレルギーのようなものだから差別とは違うし、そうした人達を責める気もない。危害を加えてこなければ十分。うちの店には来たい人だけ来ればいい」とおっしゃっていましたが、その通りだと思います。
> こうした歴史的、文化的背景を知らない欧米人が、自分達を基準にして、日本のLGBTの状況を遅れているだの、進んでいるだの論評しても的外れに終わり、結局空回りしてしまうのです。
>
> だから多様性云々という論調の文を呼んでも、欧米人の考えることが一番正しいのだから、遅れた日本人も真似しなさいと暗にいっているようにしか思えないのですよね。彼らは認めたくないでしょうが、常に自分達が正しく、進歩的で優れていて、普遍的、絶対的で他の非欧米人は従って当然という意識にどっぷり浸っているのですよ。だから、「日本は死刑を存置している唯一の先進国」などという。あくまで自分達が先進的であり、唯一の標準になっているのです。

 全くその通りなんですよね。

 人種差別反対、多様性を認めるが、西欧のリベラリストの一枚看板ですが、しかしそれって結局西欧リベラリズムが絶対正し苦一番進歩的な思想で、有色人種はそれに従えと言う人種差別であり、一元的絶対的思想で多様性には程遠いのです。
 
 でもそれを理解できないのが西欧のリベラリストの限界です。
  1. 2016-11-06 14:03
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

Re: タイトルなし

> 欧米のいう多様性の歴史で何が起きてきたのでしょう?異民族、異教徒、異端者に対する否定、排除、虐殺の歴史であり、例を挙げればインディアンに対して文明化という文化破壊を行い、戦後の日本でGHQが民主化というこれまた文化破壊、歴史抹殺を行いました。欧米こそ最も多様性を否定してきたのではありませんか?そして、その反動からか、異質な民族、宗教、文化を混ぜることが絶対的に正しく、好結果しかもたらさないという考えに盲目に取りつかれているのが、多様性という名のカルト信者であるような気がします。

 ワタシはこれはキリスト教と言う一神教の弊害だと思うのですけどね。
 一神教って他者を否定する事でしか成立しないのです。

> 国それぞれには、その国が長い歴史によって培ってきた国柄というものがあります。アメリカはアメリカの国柄があるように日本には日本の国柄があります。それは、他の国も同様です。すべての国が、ごったまぜ状態になれば、結局は全ての国が無個性で特色のないということになります。これが、多様性を尊重した世界なのでしょうか?

 そうです。 だからイスラム原理主義国でも社会主義国でも、こちらに侵略戦争を仕掛けない限り放置で良いと思うんですけどね。

> 私は、全ての国が、国柄を守り、そのままの形でいてほしいと思っています。それこそ多様性の尊重だと思っています。
> 多様性の尊重=混ぜること=国柄の否定=無個性化は、究極の多様性の否定でしかないからです。
> そして、移民政策による多様性の正の部分を説いても、現在のEUの状況を見れば、もはや何の説得力を持たないと思います。治安の悪化、社会秩序の崩壊、財政の破綻、伝統文化の破壊、政治の混乱。フランスやスイスのように刑務所の半分以上が移民で占め、警察すら入れないNO GO ZONE地域があちこちにでき、自衛のために銃を購入したり、移民を受け入れていない東欧に逃げる人が増加する。これは、混乱などという生易しい状況といえないでしょう。
> 伝えられることから考えれば、到底楽観的な考えには行きつかないと思うのですが、こうした多様性の信仰者は、先のベルリン特電でも触れていたように、見たいものしか見ない、信じたいものしか信じないのですから、目の前にどれほど悲惨な現実が展開しても、自らの考えを変えることはないと思います。
> いずれにせよ、我々日本人には関係のないことですから、我々は独自の文化と伝統を守りながら、日本という国をそのままの形で次世代に引き渡していくことに専念すればよいだけです。
> くれぐれも余計な手出しをして火傷を負わないようにしなければなりません。

 多様性を尊重するリベラリスト達の意見に従うと、結局世界中どこもアメリカみたいな移民国になり、伝統宗教も何もなくなるのです。

 これじゃ多様性ゼロの世界になってしまいます。

 こんな馬鹿な話には付き合い切れません。
  1. 2016-11-06 14:09
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

Re: タイトルなし

> 名無しの権兵衛さんのコメントにオカマバーの話が出てきましたが、新宿のオカマバーは楽しかった。話は面白いし、ホルモン注射のためか肌は柔らかくスベスベ、手を握られると思わずドキドキするほどでした。
>
> ぼく自身はまったくのノーマルなのにその手の男性から声をかけられたことも何度かあります。水戸・上野・大阪駅etc、イランでホモのストーカーに追い回されたときはめちゃくちゃ怖かった。

 ハハハ、ワタシも一度だけオカマバーに行った事があります。 会話とショーが機智横溢で楽しかったです。
>
> 日本は千年以上前から稚児文化がありますし、女性のカップルもたまに見かけます。朝の通勤通学時間帯の電車では女子高校生どうしが見つめ合っていたりしていることもありますが、だれも気にしません。

 戦前は男女別学だったので、今以上に同性愛が盛んだったそうです。
 同性愛を罪悪視するって、むしろ戦後の方が強いです。

> 東南アジアではタイはオカマもオナベも当たり前、デパートの化粧品売り場にはオカマが必ずいます。ミャンマーのヤンゴンもオカマが多い。仏教国は寛容なのかと思いきや、キリスト教国のフィリピンも歓楽街にはオカマが多数います。イスラム圏のマレーシアですら首都のクアラルンプールでは周りの白い目を気にすることなく男性同士が手を繋いでラブラブで歩いても平気です。
>
> 日本や東南アジアは「性的多様性」にかんしては欧米諸国よりもよほど寛容ではないでしょうか。

 と言うか欧米格別不寛容なのです。

 近年まで欧米の同性愛者が、迫害を逃れてイスラム圏や東南アジアに行ったそうですから。
  1. 2016-11-06 14:14
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

Re: 初めまして

> 歴史を見ると、
> ヨーロッパはイスラム圏からの侵略との戦いですね。
> それが今や、どうぞどうぞと中東勢力を招いている。かつては侵略から守る堅固な高い城塞を張り巡らせ、中東勢力から国を守った。
> そう…「 守る 」
> 基本、異民族とは食うか食われるかの対象なのですよね。
> この、基本を押さえておかないと、国は滅びます。
> 今のヨーロッパのように大量の異民族を手招き受け入れれば、国民が逆転するのは明らかです。
> 少子化のヨーロッパ人と、多産の中東勢…
> 何十年も待たずに結果は逆転でしょう。
> ヨーロッパのあちこちで、オセロゲームの如く白が黒にひっくり返るのが現実です。
> 経済的利益を謀った結果が、国の喪失とは、喜悲劇か?

 イスラム教と言う宗教の本質からすると、大量に彼等を受け入れた場合、今後実に厄介なことになるでしょうね。
 喜劇で済めばよいけれど、そうはならないでしょう。

> 日本とて、隣国から既に不法移民族が何十万人も住んでいる状態を、知らないのでしょうかね。
> また、日本の某大学は殆ど中国人で、某県のとある町のマンションは殆ど中国人とか。
> 日本は既に「移民」受け入れ中ではないですか?
> 国の指導者の「愛国の質」が問われる問題でしょう。

 日本は欧米の轍を踏まないように対応するしかないですね。
 移民の問題の危険性を発信するしかないです。
  1. 2016-11-06 14:17
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

Re: タイトルなし

> モーリーは面白いので好きですが、確かに日本の女性差別などを語る時は、そうかなあ?とふに落ちないこともありますね。ただモーリーチャンネルに出てくるゲストは殆ど、著書を読んでみたくなる人たちです。あと左翼言論人たちをおちょくり倒してます。地上波タブーに触れないように上手く泳いで報ステに出る、白い木村草太さんになる、とか言ってます。

 そうなんですか。 それは知りませんでした。
>
> もう欧米に合わせるのはそろそろ限界…と思います。日本は同調圧力が酷い生きづらい国、それに比べて欧米はと出羽守は言いますが、欧米のポリコレ圧力は日本人にとっては地獄レベルです。違和感がきついのは児童ポルノ問題。キチフェミが欧米をかさにきてアニメ絵に喰らいついてる様を観察してると吐きそうになります。(私は萌え絵は大嫌いですが) 日本人は綺麗より可愛い好きの嗜好があり、欧米人から見たら日本人の十代、二十代は子供に見える故の誤解もあるでしょう。そんなもんをいちいち間に受ける方が阿呆です。欧米に褒められなくていいからほっといて欲しい。。だいたい女子高生を性的に消費する表現が悪!っておかしくないですか?大抵噛みつかれてる女子高生表現は性的じゃないし(勝部元気というバカは東京五輪PR画像の体操選手に制服を着せた〜!売春のアイコンを世界に晒した〜〜!!と件の選手に非常に失礼なことを騒いでました)、性的だとしても日本では結婚は16歳から、欧米では若年の結婚をタブー視してますがティーンの妊娠は日本以上に当たり前でしょう?生物として十分成熟してる年齢だけど、社会的存在として確立してないというだけですよ。。
> で、日本は淫らな児童ポルノ国と国連人権なんちゃらにご注進、慰安婦像のモデルは13歳だそうですよ。募集要項は17歳以上でパクユハ氏の調べでは平均年齢は二十代なのに、像も映画も全部ローティーン少女。繋がる…左翼と朝鮮が…。そして欧米が乗っかる。全く世界はえげつないです。

 児童ポルノの話は、気持ち悪いですね。
 
 人類史上、何処の地域でも近年まで女性は初潮があれば結婚可能とされてきました。 実際子供も産めるのだし、生理的に問題はないのです。

 それなのに女子高生を性的興味の対照するなと言うのは、凄く無理があるんですよね。
 
 こういう事を暴力的禁止し続けるのが可能かどうか?
 凄く違和感があります。
  1. 2016-11-06 14:24
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

Re: 多様性なる魔法とファシスト

> 多様性と言いながら、俺の言う事は受け入れろ!お前の話は聞かない、まさにファシストです、俺様の世界、まあジャイアニズムでしょう、言い分ならば多種多様なのに、片一方の意見のみとは奇々怪々、魔法の言葉ですが、中身はファシストにすぎません、押し付けファシストにnoを!
>
> http://otokogumdoronikazu0000000.blog.jp/
>
>
> http://wwwjtheravadanetsatoutesuroushibuykusyogaisyaombudsman0000.dreamlog.jp/
>
> http://sesesekurokawashigeru.blog.jp/

 多様性を振り回す連中は、自分達の気に入らない意見には絶対的に不寛容ですからね。
 多様性が大事なら、ナチだって児童ポルノだって認めるべきなんですけどね。
  1. 2016-11-06 14:26
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

Re: 退院おめでとうございます

> まだまだ不便なこともあるかと思いますが、ひとまずは退院おめでとうございます。

 有難う御座います。 何とか少しずつ元の生活に戻っています。

> この手の「意識高い系」の人達のに共通しているのは、少女のような潔癖さですね。本物の少女、とりわけ美少女で一桁の年齢なら許されるものですが、成人の言うことじゃありません。
> 女なら若く美しければパーでも引く手あまたですが、おっさんではね。
> こういう人を見ると、この人は自分の老後について真面目に考えたことがないのだろうか、と思ってしまいます。

 センチメンタルな綺麗事が大好きなので、結局少女趣味にしかならないのですよね。
  1. 2016-11-06 14:32
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

Re: タイトルなし

> >法治主義が国家の根幹である欧米諸国で、宗教を法に優先する発想のまま頑張り続ける事になります。
>
> イギリスなんかでは、イスラム移民たちが自分たちの居住区をイスラム法で統治しているらしいです。
> 彼らはシャリアパトロールと称して、酔っぱらいやミニスカートの女性に退去を求めたりします。
> (YOUTUBEに動画が上がっています)
>
> 多様性に寛容だった結果が、当の多様性自身を殺しているのが今のヨーロッパです。

 笑えるのは多様性大好きなリベラリスト達が、イスラム教徒の不寛容には、徹底して寛容なのに、法治主義を守れ、女性の権利を守れと言う本来の民主主義には徹底的に不寛容なことです。

 これじゃイスラム原理主義者がやりたい放題になるのは当然でしょう。
>
> でも、日本のマスコミはこのことをまったく報じないのです。
> スウェーデンなど、昔の治安の良さはどこへやら、今は「(移民による)れいぷ国家」(※)と言われているのに。
>
> ※「レ●プ」とカタカナで書いたら、「不正な投稿」とみなされたので、ひらがなに変えました。

 あらら、この「不正な投稿」ってわけがわからないないんですよね。 強姦なら全然無問題なのに。

 でもこういうナンセンスな言葉狩りの発想は、左翼とよく似ていますね。
  1. 2016-11-06 14:36
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

 リベラリストの唱える多様性は彼らの教義であり、レイシストの愚民ども(*ネトウヨ)はリベラリズムという一神教をひたすら信じてその教えにひれ伏せ、というたぐいのカルトだと思います。お布施を強要されそうで、関わり合いになりたくない雰囲気がします。

 ジョン・ロックの「自然権」という考えの自由主義と、現在の共産主義もどきのリベラリズムは違うものになってしまい。もともとの思想は良いものなのに、変質してまるで全体主義のように成り果ててしまったのは残念です。

 なにしろリベラリストは、強制的に移民難民を受け入れさせて民族そのものを消し去り、のっぺらぼうのような世界市民を大量生産しようとしているみたいです。下記の記事の「・・・100~200年経つと『純日本人』って本当に少なくなると思うんですよ。・・・」というような発言は、民族浄化に繋がる可能性があるのに、多文化共生と唱えれば素晴らしいことのように讃えられるのは歪んだ社会だと思います。

【人種問題の「革命起こしたい」 ミス・ユニバース宮本さんの決意】
http://www.afpbb.com/articles/-/3049289?pid=0

 我が国では、何か問題が起こった時に角を立てないように婉曲的な表現を好みます。これは大事な文化です。それを相手の気持ちを察する文化を持たない欧米のように、身も蓋もない言い方をして相手を無残に叩きのめしなさいなどと高飛車に言われる義理はありません。もしや欧米の文化が正しく、我が国や他のアジアやアフリカなどの文化は下等なものだと見下しているのではでいでしょうか。

 『ベルリン特電』で見たいものだけ見るというカエサルの言葉について書いておられましたが、リベラリストこそまさに欧米が優越した世界という仮想現実をみているのだと思います。そしてサヨクにありがちな欧米かぶれのリベラリストは、その教義を信心すれば白人の特権階級と同等になれると勘違いして愚民どもへの布教に日夜務めているように見えます。

 わたしは多様性というのは、金子みすゞの『 私と小鳥と鈴と』にある「・・・鈴と、小鳥と、それから私、みんなちがって、みんないい。」という、大袈裟な表現ではない何気ない言葉の数々が多様性の本質を表しているようですんなり受け入れられます。

 オマケに付けて頂いた奥山真司さんの動画は、とても面白いですね。そしていまの我が国の防衛にとって、とても大事な事を仰っていると思います。
  1. 2016-11-07 09:06
  2. URL
  3. 都民です。 #-
  4. 編集

Re: タイトルなし

>  リベラリストの唱える多様性は彼らの教義であり、レイシストの愚民ども(*ネトウヨ)はリベラリズムという一神教をひたすら信じてその教えにひれ伏せ、というたぐいのカルトだと思います。お布施を強要されそうで、関わり合いになりたくない雰囲気がします。

 そうなんですよね。 その点イスラム教徒とよく似ているのです。
>
>  ジョン・ロックの「自然権」という考えの自由主義と、現在の共産主義もどきのリベラリズムは違うものになってしまい。もともとの思想は良いものなのに、変質してまるで全体主義のように成り果ててしまったのは残念です。

 どんな思想も宗教も時間が経つと腐るんですよね。
>
>  なにしろリベラリストは、強制的に移民難民を受け入れさせて民族そのものを消し去り、のっぺらぼうのような世界市民を大量生産しようとしているみたいです。下記の記事の「・・・100~200年経つと『純日本人』って本当に少なくなると思うんですよ。・・・」というような発言は、民族浄化に繋がる可能性があるのに、多文化共生と唱えれば素晴らしいことのように讃えられるのは歪んだ社会だと思います。
>
> 【人種問題の「革命起こしたい」 ミス・ユニバース宮本さんの決意】
> http://www.afpbb.com/articles/-/3049289?pid=0

 そうなんですよね。 何で純粋日本人がいたらダメなのか?
 
 全部混血になるんだったらそれこそ多様性の否定じゃないですか?

>  我が国では、何か問題が起こった時に角を立てないように婉曲的な表現を好みます。これは大事な文化です。それを相手の気持ちを察する文化を持たない欧米のように、身も蓋もない言い方をして相手を無残に叩きのめしなさいなどと高飛車に言われる義理はありません。もしや欧米の文化が正しく、我が国や他のアジアやアフリカなどの文化は下等なものだと見下しているのではでいでしょうか。

 そうでしょうね。 欧米のリベラリストの傲慢さを見れば、それ以外にはないと思います。

>  『ベルリン特電』で見たいものだけ見るというカエサルの言葉について書いておられましたが、リベラリストこそまさに欧米が優越した世界という仮想現実をみているのだと思います。そしてサヨクにありがちな欧米かぶれのリベラリストは、その教義を信心すれば白人の特権階級と同等になれると勘違いして愚民どもへの布教に日夜務めているように見えます。

 そうですね。 日本の自称リベラリスト達は二言目には「欧米では」と言うのですよね。 何とか欧米先進国に認められたくて必死なのです。
 欧米に迎合して日本を叩いていれば白人に慣れると信じているのでしょうね。

>  わたしは多様性というのは、金子みすゞの『 私と小鳥と鈴と』にある「・・・鈴と、小鳥と、それから私、みんなちがって、みんないい。」という、大袈裟な表現ではない何気ない言葉の数々が多様性の本質を表しているようですんなり受け入れられます。
>
>  オマケに付けて頂いた奥山真司さんの動画は、とても面白いですね。そしていまの我が国の防衛にとって、とても大事な事を仰っていると思います。

 奥山さんの動画はいつも面白いです。 
  1. 2016-11-07 12:29
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

本当に余計なお世話だねえ・・・

連中は自分達が倫理的に最も進歩してるとでも思いたいんじゃないだろうか、と思います。

自分達が,隠してきたがどうしようも無くなってきたことを、進歩的な自分達はこうやって克服してんだから世界は見習うべきだとでも言うんでしょう。これだけなら馬鹿じゃあないの?と言って笑ってればいいんですが自国のことを何にも知らない進歩的な人々というのがいて物事をおかしくします。

こういうものは、どうしたって個人の考えが優先するものだから、これも他人に対して強制するものじゃあないんでしょう。ましてや矯正なんて出来ません。だから、社会において住み分けるしか無いんですよね。それが外面的な社会生活に現れない限り問題にする必要はないということです。

渋谷区が変な条例を作りましたが、あんなことそっちの方面の人々は養子縁組という方法でとうに実現していました。

そういう伝統というか裏の文化を知らない馬鹿がいて困るわけです。

小生の母の実家は茨城の農家でしたが戦前は大麻を相当に栽培してました。もちろん危ない用途ではなく伝統的な繊維製品を作るための当たり前の商品作物でした。それが戦後禁止され一時は本当に困った、と言ってました。

もちろん大麻が危ないものだなどということは知りません。戦前だって大麻取締法はありましたし刑法でも犯罪でした。それでもそんな犯罪が大量にあったなどという歴史はありません。GHQが禁止して日本人は知ったとしか言えないのです。

なくてもなんとかなるし神道とかの利用は特別な栽培許可を得て出来たようですから問題はなかったのに、自分達は進歩的と称する基地外共が医療大麻とやらの解禁を主張してくるという始末、厚労省はそのようなものはない、と言って某女優たちが外国産の大麻所持で捕まるという馬鹿がありました。

何とも言えぬ不思議な光景です。

愚かな進歩派という連中が社会をおかしくしてるとしか言えません。

自由という言葉を知らない人々は自由を観念できませんが、だからといって自由を享受していないわけではないんです。
世の進歩的な人々と言うのは害悪が圧倒的に多い人々という気がしてなりません。
まあ、物を知らぬから進歩的知識人とやらになれるのでしょう。便利なものです。
  1. 2016-11-08 00:16
  2. URL
  3. kazk #cPv2SIBE
  4. 編集

Re: 本当に余計なお世話だねえ・・・

> 連中は自分達が倫理的に最も進歩してるとでも思いたいんじゃないだろうか、と思います。
>
> 自分達が,隠してきたがどうしようも無くなってきたことを、進歩的な自分達はこうやって克服してんだから世界は見習うべきだとでも言うんでしょう。これだけなら馬鹿じゃあないの?と言って笑ってればいいんですが自国のことを何にも知らない進歩的な人々というのがいて物事をおかしくします。
>
> こういうものは、どうしたって個人の考えが優先するものだから、これも他人に対して強制するものじゃあないんでしょう。ましてや矯正なんて出来ません。だから、社会において住み分けるしか無いんですよね。それが外面的な社会生活に現れない限り問題にする必要はないということです。
>
> 渋谷区が変な条例を作りましたが、あんなことそっちの方面の人々は養子縁組という方法でとうに実現していました。
>
> そういう伝統というか裏の文化を知らない馬鹿がいて困るわけです。
>
> 小生の母の実家は茨城の農家でしたが戦前は大麻を相当に栽培してました。もちろん危ない用途ではなく伝統的な繊維製品を作るための当たり前の商品作物でした。それが戦後禁止され一時は本当に困った、と言ってました。
>
> もちろん大麻が危ないものだなどということは知りません。戦前だって大麻取締法はありましたし刑法でも犯罪でした。それでもそんな犯罪が大量にあったなどという歴史はありません。GHQが禁止して日本人は知ったとしか言えないのです。
>
> なくてもなんとかなるし神道とかの利用は特別な栽培許可を得て出来たようですから問題はなかったのに、自分達は進歩的と称する基地外共が医療大麻とやらの解禁を主張してくるという始末、厚労省はそのようなものはない、と言って某女優たちが外国産の大麻所持で捕まるという馬鹿がありました。
>
> 何とも言えぬ不思議な光景です。
>
> 愚かな進歩派という連中が社会をおかしくしてるとしか言えません。
>
> 自由という言葉を知らない人々は自由を観念できませんが、だからといって自由を享受していないわけではないんです。
> 世の進歩的な人々と言うのは害悪が圧倒的に多い人々という気がしてなりません。
> まあ、物を知らぬから進歩的知識人とやらになれるのでしょう。便利なものです。

 西欧人が努力してリッパな文化と高度な民主主義国家を作ったことは心から尊敬するし、学ぶべき物は学びます。

 しかしそれを押し付けられてもね。

 ましてLGBTの人権云々なんて、アル中を克服した人が踏ん反り返って、アル中なんかなったことも無い人に向かって、「酒を止めろ」と言ってるような話ですからね。

 アンタが努力してアル中を克服したのは尊敬するよ。
 でもワタシはアル中なんかなりそうないから、時々お酒を楽しむよ。

 そんな話です。
  1. 2016-11-08 14:13
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

多様性と言う呪文

結局は、俺を認めろ!
意外は認めない!

そんな連中の人権って何?

ヤクザ市議自治労上がり自称無所属本当は組織候補偽福祉の専門家

http://sesesekurokawashigeru.blog.jp/

カルト偽仏教徒しばき隊

http://wwwjtheravadanetsatoutesuroushibuykusyogaisyaombudsman0000.dreamlog.jp/

同和ヤクザ非弁屋男組

http://otokogumdoronikazu0000000.blog.jp/
  1. 2016-11-09 07:25
  2. URL
  3. 政界ウォッチャー三十年 #OaCs.7ms
  4. 編集

Re: 多様性と言う呪文

> 結局は、俺を認めろ!
> 意外は認めない!
>
> そんな連中の人権って何?
>
> ヤクザ市議自治労上がり自称無所属本当は組織候補偽福祉の専門家
>
> http://sesesekurokawashigeru.blog.jp/
>
> カルト偽仏教徒しばき隊
>
> http://wwwjtheravadanetsatoutesuroushibuykusyogaisyaombudsman0000.dreamlog.jp/
>
> 同和ヤクザ非弁屋男組
>
> http://otokogumdoronikazu0000000.blog.jp/

 人権を振り回す人達って、自分に都合の良い人権を極大化して、他の人の人権を圧迫するのです。
  1. 2016-11-09 11:59
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

https://www.youtube.com/watch?v=c7selqapcc8&t=1071s
この動画は、10年前に放映された「移民漂流」というドキュメンタリーで移民を主題した内容になっています。
実際に移民をした人達、これから移民しようとする人達、移民を考えている人達、実際に移民を受け入れた国を同時進行で追跡して撮影するというもので、大変興味深いものでした。
例えばドイツは、高度人材の移民を受け入れたら、ドイツ人の高度人材がはじき出されたり、低賃金移民の流入のためドイツ人が失職してしまい、海外に職を求めざるおえなくなっている状況が伝えられています。
高度人材移民に反対するドイツ人医師や失業者の移民反対のデモや海外へ働きに出るドイツ人のための就職説明会の様子や移民流入の為に経営していた会社が潰れてしまったドイツ人のインタビューなどもあります。
番組内で「ドイツを出ていくドイツ人の数は、年間15万人を突破」との説明がありましたが、番組放映から10年経過した今年に15万人の10倍の150万人のドイツ人がドイツを去ったわけです。
犯罪やテロが横行する以前から、労働市場の混乱によってドイツ人の海外流出が続いていたわけですが、10年もの間、この状況に対して効果的な対応策を出さないばかりか、状況を更に悪化させる政策を取り続ける事に対して、正面から批判が殆ど出ていないというのは不可解です。
川口マーン恵美氏によると、さすがに昨年の大量難民の受け入れについては、教育現場の混乱や労働市場の破壊につながるとの声はあったのですが、かき消されてしまったそうです。
ドイツに限らず、移民を受け入れた国では、移民や移民政策に批判的な事を言えば、差別主義者の烙印押され、社会的に抹殺される「空気」のようなものが存在することは、多くの人々が指摘していることですし、むしろ多様性の尊重の下に正常な議論が事実上不可能な状況になっているために、移民政策に対して建設的な議論ができなくなっていることが、移民反対政党(極右とか大衆迎合の政党と呼称されていますが間違いだと思います)の支持拡大という形になって現れているのではないでしょうか?
つまりモーリー氏のいう「不都合な真実の言えない社会」こそが、現在の状況を生み出した大きな要因だと思えるのです。
  1. 2016-11-09 15:33
  2. URL
  3. 名無しの権兵衛 #2wUmgoOo
  4. 編集

Re: タイトルなし

> https://www.youtube.com/watch?v=c7selqapcc8&t=1071s
> この動画は、10年前に放映された「移民漂流」というドキュメンタリーで移民を主題した内容になっています。
> 実際に移民をした人達、これから移民しようとする人達、移民を考えている人達、実際に移民を受け入れた国を同時進行で追跡して撮影するというもので、大変興味深いものでした。

 ワタシはこれ放映時に見た記憶があります。 
 ドイツは外国人労働者を1960年代から受け入れていて、日本人の炭鉱夫も「研修生」の名目でドイツに行きました。

 http://yomouni.blog.fc2.com/blog-entry-5524.html


> 例えばドイツは、高度人材の移民を受け入れたら、ドイツ人の高度人材がはじき出されたり、低賃金移民の流入のためドイツ人が失職してしまい、海外に職を求めざるおえなくなっている状況が伝えられています。
> 高度人材移民に反対するドイツ人医師や失業者の移民反対のデモや海外へ働きに出るドイツ人のための就職説明会の様子や移民流入の為に経営していた会社が潰れてしまったドイツ人のインタビューなどもあります。
> 番組内で「ドイツを出ていくドイツ人の数は、年間15万人を突破」との説明がありましたが、番組放映から10年経過した今年に15万人の10倍の150万人のドイツ人がドイツを去ったわけです。

 高度人材も単純労働者も同じです。 結局労働市場が供給過多になれば、賃金が下がるのです。
 
> 犯罪やテロが横行する以前から、労働市場の混乱によってドイツ人の海外流出が続いていたわけですが、10年もの間、この状況に対して効果的な対応策を出さないばかりか、状況を更に悪化させる政策を取り続ける事に対して、正面から批判が殆ど出ていないというのは不可解です。

 結局ドイツ人の為のドイツではなく、ドイツの産業界のドイツなんでしょうね。

> 川口マーン恵美氏によると、さすがに昨年の大量難民の受け入れについては、教育現場の混乱や労働市場の破壊につながるとの声はあったのですが、かき消されてしまったそうです。
> ドイツに限らず、移民を受け入れた国では、移民や移民政策に批判的な事を言えば、差別主義者の烙印押され、社会的に抹殺される「空気」のようなものが存在することは、多くの人々が指摘していることですし、むしろ多様性の尊重の下に正常な議論が事実上不可能な状況になっているために、移民政策に対して建設的な議論ができなくなっていることが、移民反対政党(極右とか大衆迎合の政党と呼称されていますが間違いだと思います)の支持拡大という形になって現れているのではないでしょうか?
> つまりモーリー氏のいう「不都合な真実の言えない社会」こそが、現在の状況を生み出した大きな要因だと思えるのです。

 全くその通りだと思います。
  1. 2016-11-10 11:48
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

Re: タイトルなし

> >法治主義が国家の根幹である欧米諸国で、宗教を法に優先する発想のまま頑張り続ける事になります。
>
> イギリスなんかでは、イスラム移民たちが自分たちの居住区をイスラム法で統治しているらしいです。
> 彼らはシャリアパトロールと称して、酔っぱらいやミニスカートの女性に退去を求めたりします。
> (YOUTUBEに動画が上がっています)
>
> 多様性に寛容だった結果が、当の多様性自身を殺しているのが今のヨーロッパです。
>
> でも、日本のマスコミはこのことをまったく報じないのです。
> スウェーデンなど、昔の治安の良さはどこへやら、今は「(移民による)レイプ国家」と言われているのに。

 寛容とか多様性をスローガンにする時には、多様性や寛容を認めない人達、それ以前に法に従う意思のない人達をどうするかを考えておくべきだったのです。

 しかし欧米の自称リベラリストはこうした人々の存在について議論する事を「差別」として封殺しています。
 
 でもこれからこの問題は深刻化するでしょうね。
  1. 2016-12-06 11:16
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する