2016-11-01 13:18

高学歴左翼弁護士の思考法と国家意識 蓮舫

 ブロゴスの玩具、ブロゴスを代表する知識人、猪野亨弁護士が、蓮舫の二重国籍問題について、記事を書いています。

 蓮舫氏は戸籍を公開すべきではない 安倍氏の戸籍を示せは、「15円50銭と言ってみろ」と同じ 日本の民主主義の劣化の象徴だ

 蓮舫氏の二重国籍国籍問題 未だに執拗に言い続けているのは極右の人たち

 ブロゴスは右左色々な人の記事が掲載されるし、また掲載された記事の殆どに対して読者がコメントできるので、ワタシは毎日のように見ています。

 その中でも、この猪野亨弁護士は毎回高学歴左翼の典型的思考法を披瀝してくれるので、大変重宝な人です。

043

 で、蓮舫二重国籍問題でも期待にたがわぬ素晴らしい記事を書いて下しました。

 まずいずれの記事についても、蓮舫の二重国籍問題に関して法的な説明は一切ありません。 
 
 蓮舫の二重国籍は違法なのか?
 それとも適法なのか?

 低学歴ネトウヨ達でさへ、台湾の国籍法や、台湾代表部の官報まで調べて、法と証拠に基づいて蓮舫の二重国籍を論じているのです。

 しかし北大法学部卒で本物の弁護士である猪野亨氏は、法も証拠もガン無視を決め込んでいます。

044

 それどころか「蓮舫氏は戸籍を公開すべきではない 安倍氏の戸籍を示せは、「15円50銭と言ってみろ」と同じ 日本の民主主義の劣化の象徴だ」など、「蓮舫は証拠を出すな!!」と言っているのです。

 プロの弁護士先生が、証拠を出せば簡単に無罪を証明できる証拠を、「出すな!!」と強弁するところを見れば、これはもう証拠は絶対に出せない。 つまり蓮舫は有罪だと公言しているようなモノです。

 実際この「蓮舫氏は戸籍を公開すべきではない 安倍氏の戸籍を示せは、「15円50銭と言ってみろ」と同じ 日本の民主主義の劣化の象徴だ」記事が掲載された直後に、蓮舫は実は27年間も国籍選択宣言をしていなかったこと、つまり27年間も違法状態にあったことが明確になりました。
 
 なるほど立派な弁護士と言うのは、被告人に不利な証拠は隠蔽するべく頑張るのですね。

045

 そして先日の市民団体による蓮舫告訴では、この市民団体が極右であると文句を言っているだけで、この告訴に対して蓮舫が違法か適法と言う話は一切していません。

 この市民団体「愛国女性のつどい花時計」は、我が在特会との仲良しなので、猪野弁護士が極右と言いたいのは理解できます。

 しかし本来猪野弁護士の大好きな日本国憲法では「法の下の平等」を保障しています。

第十四条
  1. すべて国民は、法の下に平等であって、人種、信条、性別、社会的身分又は門地により、政治的、経済的又は社会的関係において、差別されない。

 だから政治家の違法行為に関する告発は、信条に関係なく、つまり極右だってする権利があるのです。

 猪野弁護士は世論調査の結果を盾に、国民は蓮舫の二重国籍を問題にしていないと言うのですが、しかしこれは法治主義の否定です。

 世論が支持する政治家なら、違法行為も告発するべきではないと言うのなら、完全なファシズムです。

 法治主義国家と言うのは、政治権力も法に従う国家なのですから。 

050

 そして問題は告発された国籍法と公職選挙法に関して、蓮舫が有罪か無罪かです。

 本来弁護士なら法と証拠によってこれを論じて欲しいのですが、しかし残念ながら猪野弁護士は、それができないようです。
 
 これってつまり法と証拠では弁護不能=蓮舫有罪間違いなし、と言う事でしょう。
 
 そして猪野弁護士は、法と証拠に関して何も言えない代わりに、蓮舫の母親は日本人だから日本人などと強弁し、極右が蓮舫を攻撃するのは、蓮舫が純血の日本人でないからだと言うのです。

 しかしこれは奇妙です。
 蓮舫の父親が台湾人であるのは、蓮舫が参議院議員になった時から知られていた事です。

 この時、誰も蓮舫の血統を問題にしていません。
 
 問題になったのは、蓮舫が二重国籍である疑惑が出たからです。

055

 国籍は家畜の血統書じゃないです。
 元来民主主義国家では、血統や身分を問題にしない代わり、個人の意思を重視するのです。

 だから国籍の選択に必要なのは、母親が日本人であるなどと言う事ではなく、蓮舫が正しく日本国籍を選択し、台湾国籍離脱する手続きを取ったかどうかなのです。

 しかし蓮舫は自分自身の華人の血統に拘り、正規の国籍選択手続きも、また台湾籍離脱手続きも、これを問題にされるまで意図的に避けていました。

 つまり蓮舫自身に、日本人になる意思がなかったと言う事です。

058

 けれども猪野弁護士等蓮舫を擁護する左翼の人達は、蓮舫の母親が日本人だから蓮舫は日本人だと言い張るのです。

 国籍を血統と考えているのは、極右ではありません。
 実は左翼です。

061

 実際、左翼の人達は例えば同様に国籍を家畜の血統書のように考えている在日コリアン達に対して批判的なことを一切言いません。

 その一方で、石平氏のように、正規の手続きを全うして日本に帰化した人を「中国人!」と罵ったりしています。

 極右の人達は、石平氏や金美齢氏のように、全く日本人の血を引かない人でも、正規の手続きを踏んで帰化して、日本に対する愛国心を持つ人達は、完全に日本人として受け入れているのですが、しかし左翼の人々はそうではないのです。

 因みに在特会にも、実は祖父が在日コリアンから帰化した人がいると言われていますが、しかし会員は誰も問題にしていません。
 
 しかしそれをしきりに論うのは、なぜか左翼の人達です。

 つまり左翼の人達にとってこそ、血統=国籍なのでしょう。

068

 それにしても高学歴左翼が何でこんな家畜的国籍意識を持つのか?

 それはつまり彼等が国家と言う物を、肯定的に考えられないからでしょう。 
 
 この猪野弁護士が典型ですが、彼は何か国家に関する話が出る度に、「ヒトラーが!!」「天皇が!!」と第二次大戦の敗戦に関して、国民が国家の犠牲になったことを持ち出します。

 実際国家が国民を犠牲にしたことは、歴史上何度もあります。

072

 しかしこれは人間が集団を作って助け合う時に、必ず起きる話なのです。

 人間は一人では弱いので、集団を作って助け合います。 その最小の集団は家族や友人同士であり、最大の集団が国家です。

 助け合いと言うのは、助けられる時は利益を得られるのですが、助ける時は犠牲を要求されるのです。

 例えば今回ワタシは自転車で転んで骨折して、二ヶ月入院しました。 その間、妹がよもちゃんの面倒を見てくれました。 よもちゃんは自己犠牲など一切考えないタイプなので、その分妹は散々な思いをしたようです。

 姉妹の助け合いは、今回はワタシとよもちゃんにとっては、絶対的利益でしたが、妹は一人で一方的な犠牲を強いられて散々な目に遭いました。

 だったら家族と言う物は完全に否定するべきなのでしょうか?

076

 国家だって同じです。 国家は人間が作ったものですから、当然間違った判断もするのです。 その場合国民が犠牲を強いられる事になります。

 しかしそれでも国家があるお蔭で、左翼の大好きな社会福祉や、国家による教育制度なども成り立つのです。

 そして国家は絶対必要な物であるから、それを全て国民がその主権を持つ事で運営しようと言うのが民主主義です。

 国家を運営するためにあるのが民主主義であって、民主主義の為に国家があるのではありません。

 ところが左翼の国家観と言うは、実に奇妙で、国家に際限も無く福祉を要求するのに、なぜか国家に対して非常な敵意を抱き、国家に反抗する事を絶対善としているのです。

 これでは民主主義だって正しく理解できるわけもないし、また主権者としての資格、つまり国籍の意味だって理解できないのです。

077

 そこでどんな話でも、国家意識の出る話になると「ヒトラーが!!」「天皇が!!」と言う意味不明の狂乱をすると共に、肝心の問題については無知蒙昧の感情論だけを振り回す事になるのです。

 蓮舫は母親が日本人だから日本人だあ~~!!!

 そりゃ感情論から言えば、そういう血筋みたいなモノにしがみつくのは仕方ないでしょう。
 でもアナタ高学歴で弁護士なんでしょう?

 だったら少しは論理的に話をしたら?

 でも猪野弁護士のような高学歴左翼にはそれはできません。 そもそも彼等には論理的に考えると言う事ができません。
 
 彼等は何よりも国家の話が出たら、「ヒトラーが!!」「天皇が!!」と、第二次大戦中の悲劇を引っ張り出して喚かなければならないのです。
 
 それが彼等がそれまでの教育で学んだ全てなのです。

 司法試験の為の勉強とかは、別腹と言うか?別頭と言うか?
 彼等が日常物事を考え判断するために役立てる事はありません。

 司法に関わる仕事をしていても、法治主義も、法と言う物の意味さへ考える事もなく、とにかく国家に対して反抗すれば自分は良心的知識人と信じていられるのですから、楽ちんですね。

078

 でも今回の蓮舫に関する記事については、猪野弁護士に感謝しています。
 
 つまりこれで弁護士として蓮舫弁護は不能だと言う事を、証明してくれたのですから。

 それではお礼に一曲。



オマケ
 

【更新】蓮舫代表はまだ台湾国籍を離脱していない

 
  1. パヨクの世界
  2. TB(0)
  3. CM(22)

コメント

ホントに不思議ですよねー

猪野弁護士のブログたまに読みますが、主さんのお書きの通りですね。
わかりやすいと言えばそうなんですが、どの様な思考回路をしているのかとっても不思議です。
  1. 2016-11-01 20:41
  2. URL
  3. ど真ん中 #-
  4. 編集

メディアがちくちくと左翼を攻撃する
http://blog.goo.ne.jp/jpakiyo/e/88efee20ba2abf0222981a5aa3356a07#comment-list

既存メディアがネット言論にすりよりはじめているというのは知りませんでした。
やはりトラブル続きで電通の力が弱まっているのでしょうか?
  1. 2016-11-02 00:22
  2. URL
  3. taigen #-
  4. 編集

 この歌、とても良いです♪特に歌詞が最高ですね!

 ところでクラーク先生で有名な大学ご出身の弁護士さんは、法律家としての根本である「法の下の平等」をいまだ知り得ずというのは恥ずかしいことだと思います。でも確かに、自意識過剰の選民思想で真っ赤っかのサヨクだと「平等」なんてものは愚民どもには関わり合いがないものだと無意識に思っていそうです。

 ふと思うに、極右・ヒトラー・レイシストと連呼すれば論破できると考えられる、その素直さが羨ましいような気がします。そんなに世の中が単純だったら、どれだけ生きるのが楽だろうと思います。

 それにしても、自己紹介で「ネトウヨ」と名のれるのは、数学・英語・我が国と諸外国の歴史・地に足の着いた経済等々について一級の資格もしくはそのレベルの知識を持つ者だけに許される称号です。赤い弁護士さんは、そんなことも知らないとは嘆かわしい限りです。

 恐らく世界中のサヨクは、毎日どこかで「ヒトラー、ヒトラー!!!」と叫びながら一般人に因縁をつけているはずです。だから今年公開された「帰って来たヒトラー」という驚いたことにあのドイツでこの映画を創らせた原動力は、極右ではなくヒトラー大好きなサヨクなのだと思います。

https://ja.wikipedia.org/wiki/帰ってきたヒトラー

>実際、左翼の人達は例えば同様に国籍を家畜の血統書のように考えている在日コリアン達に対して批判的なことを一切言いません。

 最近は大和民族という言葉はタブ―にされている様なのに、在日だけが血筋を大事にすることが褒められるなんて私たち(ラモスさん・石平さん・呉善花さん・金美麗さん帰化させた方々も)への差別です。これは「法の下の平等」に反しますね。
  1. 2016-11-02 07:48
  2. URL
  3. 都民です。 #-
  4. 編集

こんにちは。
>左翼の人達にとってこそ、血統=国籍なのでしょう

いえ、違うと思います、その場限りの方便です。左翼界隈の人が使う子供、平和、人権、差別、ジュゴンの類ですね。
わかっていての皮肉だと思いますが。
  1. 2016-11-02 08:14
  2. URL
  3. kazusa #-
  4. 編集

蓮舫問題の本質は、二重国籍であったことよりも、彼女が嘘をつき続けているところにあるのですが・・・・・。
猪野亨弁護士には、それが分からないみたいですね。

司法試験は、観念の遊戯が得意な人間が通ってしまうことがあります。
猪野亨弁護士もそのタイプなのでしょう。

それはそうと、入院2か月は大変でしたね。
私も自転車でこけたことがあるので、ひとごととは思えませんでした。
  1. 2016-11-02 08:27
  2. URL
  3. kurenai #-
  4. 編集

Re: ホントに不思議ですよねー

> 猪野弁護士のブログたまに読みますが、主さんのお書きの通りですね。
> わかりやすいと言えばそうなんですが、どの様な思考回路をしているのかとっても不思議です。

 思考回路などと言いう物は無いのだと思います。

 何でも自分の感覚に合わない物に対しては、条件反射的に「ヒトラーが!!」「天皇が!!」と喚くのです。
 そしてその際、法や証拠に基づいての思考などと言う物は、全く働かないのです。
  1. 2016-11-02 13:37
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

Re: タイトルなし

> メディアがちくちくと左翼を攻撃する
> http://blog.goo.ne.jp/jpakiyo/e/88efee20ba2abf0222981a5aa3356a07#comment-list
>
> 既存メディアがネット言論にすりよりはじめているというのは知りませんでした。
> やはりトラブル続きで電通の力が弱まっているのでしょうか?

 電通以前にテレビや新聞の力が弱まったのでしょう。

 そもそもネタをネットに頼るような報道も増えましたから。
  1. 2016-11-02 13:38
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

Re: タイトルなし

>  この歌、とても良いです♪特に歌詞が最高ですね!

 ホントに見事です。
>
>  ところでクラーク先生で有名な大学ご出身の弁護士さんは、法律家としての根本である「法の下の平等」をいまだ知り得ずというのは恥ずかしいことだと思います。でも確かに、自意識過剰の選民思想で真っ赤っかのサヨクだと「平等」なんてものは愚民どもには関わり合いがないものだと無意識に思っていそうです。

 大真面目にそう信じていると思います。

>  ふと思うに、極右・ヒトラー・レイシストと連呼すれば論破できると考えられる、その素直さが羨ましいような気がします。そんなに世の中が単純だったら、どれだけ生きるのが楽だろうと思います。

 ハハハ、ホントに気楽でしょうね。

>  それにしても、自己紹介で「ネトウヨ」と名のれるのは、数学・英語・我が国と諸外国の歴史・地に足の着いた経済等々について一級の資格もしくはそのレベルの知識を持つ者だけに許される称号です。赤い弁護士さんは、そんなことも知らないとは嘆かわしい限りです。

 現実を見ないのはパヨクの証です。

>  恐らく世界中のサヨクは、毎日どこかで「ヒトラー、ヒトラー!!!」と叫びながら一般人に因縁をつけているはずです。だから今年公開された「帰って来たヒトラー」という驚いたことにあのドイツでこの映画を創らせた原動力は、極右ではなくヒトラー大好きなサヨクなのだと思います。
>
> https://ja.wikipedia.org/wiki/帰ってきたヒトラー

 そうだこれ見たいです。

> >実際、左翼の人達は例えば同様に国籍を家畜の血統書のように考えている在日コリアン達に対して批判的なことを一切言いません。
>
>  最近は大和民族という言葉はタブ―にされている様なのに、在日だけが血筋を大事にすることが褒められるなんて私たち(ラモスさん・石平さん・呉善花さん・金美麗さん帰化させた方々も)への差別です。これは「法の下の平等」に反しますね。

 パヨクって本来身分差別大好きです。
 自分達が愚民を支配するべきと言うのが、パヨクの本性ですから。
  1. 2016-11-02 13:43
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

Re: タイトルなし

> こんにちは。
> >左翼の人達にとってこそ、血統=国籍なのでしょう
>
> いえ、違うと思います、その場限りの方便です。左翼界隈の人が使う子供、平和、人権、差別、ジュゴンの類ですね。
> わかっていての皮肉だと思いますが。

 そうですね。
 根源的に嘘吐きな人々ですから、全てが自分の都合で決まるのです。
  1. 2016-11-02 13:46
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

Re: タイトルなし

> 蓮舫問題の本質は、二重国籍であったことよりも、彼女が嘘をつき続けているところにあるのですが・・・・・。
> 猪野亨弁護士には、それが分からないみたいですね。

 自分が支持する政党の政治家なら嘘吐きでも無問題と言うのが、猪野先生等パヨクのスタンスですから。

> 司法試験は、観念の遊戯が得意な人間が通ってしまうことがあります。
> 猪野亨弁護士もそのタイプなのでしょう。

 でもこの記事の論理組立のお粗末さを見ると、観念の遊戯なんて高度な事が出来る人には思えません。

> それはそうと、入院2か月は大変でしたね。
> 私も自転車でこけたことがあるので、ひとごととは思えませんでした。
 
 有難う御座います。
 
 ワタシは病院で上げ善据え膳の楽ちんな日々でしたが、大変だったのはよもちゃんの世話をする羽目になった妹で、猛獣と化したよもちゃん相手に散々な日々だったようです。
  1. 2016-11-02 13:49
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

神学論争

こんにちは。

そして退院おめでとうございます。とはいえ、退院してからが本当は大変なんですけどね。ともかく、体を動かすことです。

さて、

>でも猪野弁護士のような高学歴左翼にはそれはできません。 そもそも彼等には論理的に考えると言う事ができません。


いや、彼らは「論理的に考えている」つもりですよ。ただし、彼らのTwitterを見ますとね「神学論争」ですけどね(笑)

これが、世俗から離れた学者?出家?の立場なら構いません。しかし、仮にも「実務家」としての顔も持つのが「弁護業」でありましょう。そんな実務家が、神学論争にて「是非」を判断しているのですから、ある意味「恐ろしい」と思わずにはおられませんがね。
  1. 2016-11-02 16:11
  2. URL
  3. 裏の桜 #-
  4. 編集

Re: 神学論争

> こんにちは。
>
> そして退院おめでとうございます。とはいえ、退院してからが本当は大変なんですけどね。ともかく、体を動かすことです。
>
> さて、
>
> >でも猪野弁護士のような高学歴左翼にはそれはできません。 そもそも彼等には論理的に考えると言う事ができません。
>
>
> いや、彼らは「論理的に考えている」つもりですよ。ただし、彼らのTwitterを見ますとね「神学論争」ですけどね(笑)
>
> これが、世俗から離れた学者?出家?の立場なら構いません。しかし、仮にも「実務家」としての顔も持つのが「弁護業」でありましょう。そんな実務家が、神学論争にて「是非」を判断しているのですから、ある意味「恐ろしい」と思わずにはおられませんがね。

 ハハハ、日本悪い教と言うカルトの神学ですからね。
 そしてカルト信者にとっては、この神学こそ真理なのです。
  
 狂信者の考えには一般人は付き合いきれませんが、しかし狂信者には自分を疑うと言う発想はないので、永遠に平行線です。
  1. 2016-11-02 19:28
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

こんばんは。

猪野亨と田中竜作。ブロゴスの良心、2枚看板ですね。

ところで、ブロゴスのコメントにnekoyomogiさんの名を見ますが、あれはよもぎねこさんと何か関係ある方なんでしょうか?。

ともあれ、退院おめでとうございます。安心しました。
  1. 2016-11-02 20:27
  2. URL
  3. no-risu #-
  4. 編集

日本ではかつては高学歴者には一定の信頼があったと思います。

有識者という人々は立場の違いはあっても物事のあり方を共に考え落ちどころを探そうとしていたのだと思います。弁護士なども同様、社会正義の実現が基本なのだから犯罪行為を行って弁護するなどということはしないものだと皆思ってたはずです。

弁護士法もそのことを規定しています。
第一条  弁護士は、基本的人権を擁護し、社会正義を実現することを使命とする。
2  弁護士は、前項の使命に基き、誠実にその職務を行い、社会秩序の維持及び法律制度の改善に努力しなければならない。

社会正義の実現ということがその存在意義なんです。
だから違法の状態を放置したり、あまつさえ犯罪に加担するということはその存在意義の点で問題です。
しかし今の弁護士たちは結局金稼ぎの徒に堕してると言わざるおえません。

自分の依頼人ならともかく法的観点から見て問題がある人物を擁護するというのは弁護士法の精神に違背するものでしょう。こういう連中は当たり前のようにポジショントークをします。これほど醜いものはないのですが本当に昔はここまで露骨なことは言わなかったと思います。

以前、sonoraoneさんがブログで健筆を振るってた頃、立場にかかわらずポジショントークを一切しないことに感銘を受けました。昔ある経済人がある審議会で自分の会社にとって不利益となるような法令の改正に賛成して驚いたことがあります。

自社の利益と社会全体の利益は別なものだし今度はそういう方法で儲ければよろしい。何言ってもそれが一番最初に分かってるんだから問題はないんだと明言していたことを思い出します。国民全体の教養走りませんがこの手の高学歴者の品性は本当に落ちたものだと思います。
  1. 2016-11-02 21:08
  2. URL
  3. kazk #cPv2SIBE
  4. 編集

弁護士様は、神聖にして犯すべからず。

まあ、猪野弁護士のブログはたまに、見ますが何かしら歪なのは否めません。
是々非々ですが、他の隣接法律業務を行う士業を扱き下ろしたり、弁護士はそんなに偉いの?
なんだか、弁護士がいればすべて解決って(笑)
追記
管理人様たいへんでしたね、私も何年前かに倒れて後遺症が残っていますが、まあなんとかリハビリで復活しました。
残念ながら、一部神経の麻痺は治りませんが、人生なんて言いますと偉そうで申し訳ありませんが、山のように病持ちですので、闘病はした事がありません、病気は受け入れ付き合うものかと思います。
偉そうで申し訳ありませんでした。

日本共産党員プロバガンダ工作員

http://otokogumdoronikazu0000000.blog.jp/

宗教ヤクザカルト偽仏教徒しばき隊

http://wwwjtheravadanetsatoutesuroushibuykusyogaisyaombudsman0000.dreamlog.jp/

ヤクザ市議自治労上がり自称無所属本当は組織候補偽福祉の専門家

http://sesesekurokawashigeru.blog.jp/
  1. 2016-11-03 00:15
  2. URL
  3. 政界ウォッチャー三十年 #WO.TtlzE
  4. 編集

Re: こんばんは。

> 猪野亨と田中竜作。ブロゴスの良心、2枚看板ですね。
>
> ところで、ブロゴスのコメントにnekoyomogiさんの名を見ますが、あれはよもぎねこさんと何か関係ある方なんでしょうか?。
>
> ともあれ、退院おめでとうございます。安心しました。

 nekoyomogiはワタシです。 入院中ipadを使っていたのですが、なぜかツィッターのログインができなくなったので、face bookに新しいアカウントを作り、登録しました。
  1. 2016-11-03 11:02
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

Re: タイトルなし

> 日本ではかつては高学歴者には一定の信頼があったと思います。
>
> 有識者という人々は立場の違いはあっても物事のあり方を共に考え落ちどころを探そうとしていたのだと思います。弁護士なども同様、社会正義の実現が基本なのだから犯罪行為を行った弁護するなどということはしないものだと皆思ってたはずです。
>
> 弁護士法もそのことを規定しています。
> 第一条  弁護士は、基本的人権を擁護し、社会正義を実現することを使命とする。
> 2  弁護士は、前項の使命に基き、誠実にその職務を行い、社会秩序の維持及び法律制度の改善に努力しなければならない。
>
> 社会正義の実現ということがその存在意義なんです。
> だから違法の状態を放置したり、あまつさえ犯罪に加担するということはその存在意義の点で問題です。
> しかし今の弁護士たちは結局金稼ぎの徒に堕してると言わざるおえません。

 金稼ぎはしたかが無いと思いますが、問題は日弁連自ら奇妙な政治活動に狂奔している事です。
 証拠もない違法行為でもない慰安婦強制連行を捏造して、国家に賠償させようなんて、弁護士の仕事として理解不能です。
>
> 自分の依頼人ならともかく法的観点から見て問題がある人物を擁護するというのは弁護士法の精神に違背するものでしょう。こういう連中は当たり前のようにポジショントークをします。これほど醜いものはないのですが本当に昔はここまで露骨なことは言わなかったと思います。
>
> 以前、sonoraoneさんがブログで健筆を振るってた頃、立場にかかわらずポジショントークを一切しないことに感銘を受けました。昔ある経済人がある審議会で自分の会社にとって不利益となるような法令の開成に賛成して驚いたことがあります。
>
> 自社の利益と社会全体の利益は別なものだし今度はそういう方法で儲ければよろしい。何言ってもそれが一番最初に分かってるんだから問題はないんだと明言していたことを思い出します。国民全体の教養走りませんがこの手の高学歴者の品性は本当に落ちたものだと思います。

 民主党政権で高学歴者の中身がばれて、一気に信頼が亡くなりましたね。

 
  1. 2016-11-03 11:10
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

Re: 弁護士様は、神聖にして犯すべからず。

> まあ、猪野弁護士のブログはたまに、見ますが何かしら歪なのは否めません。
> 是々非々ですが、他の隣接法律業務を行う士業を扱き下ろしたり、弁護士はそんなに偉いの?
> なんだか、弁護士がいればすべて解決って(笑)

 弁護士の能力によりけりでしょう。
 猪野弁護士では、いない方がマシです。

> 追記
> 管理人様たいへんでしたね、私も何年前かに倒れて後遺症が残っていますが、まあなんとかリハビリで復活しました。
> 残念ながら、一部神経の麻痺は治りませんが、人生なんて言いますと偉そうで申し訳ありませんが、山のように病持ちですので、闘病はした事がありません、病気は受け入れ付き合うものかと思います。
> 偉そうで申し訳ありませんでした。

 そうですね。 焦っても仕方ないです。 骨が完全にくっつくまでは、ノンビリとやるつもりです。
>
> 日本共産党員プロバガンダ工作員
>
> http://otokogumdoronikazu0000000.blog.jp/
>
> 宗教ヤクザカルト偽仏教徒しばき隊
>
> http://wwwjtheravadanetsatoutesuroushibuykusyogaisyaombudsman0000.dreamlog.jp/
>
> ヤクザ市議自治労上がり自称無所属本当は組織候補偽福祉の専門家
>
> http://sesesekurokawashigeru.blog.jp/

 
  1. 2016-11-03 11:16
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

猪野亨氏は,なぜ某政党を支持することを明らかにせず,政権批判に躍起になっているのでしょうか。

正直,ブログの内容というか言葉遣いも稚拙だし,感情論としては理解できなくもないけど,説得的な論理展開ができなければ,誰にも支持されないというのに。
  1. 2017-06-01 12:28
  2. URL
  3. イヌ #-
  4. 編集

Re: タイトルなし

> 猪野亨氏は,なぜ某政党を支持することを明らかにせず,政権批判に躍起になっているのでしょうか。
>
> 正直,ブログの内容というか言葉遣いも稚拙だし,感情論としては理解できなくもないけど,説得的な論理展開ができなければ,誰にも支持されないというのに。

 この猪野弁護士と言うのはワタシの「ブログ本文でも書いたように典型的な高学歴パヨクの思考法を示してくれるので非常に便利です。

 ワタシはその意味では彼のファンなのです。
  1. 2017-06-01 14:02
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

> 猪野亨氏は,なぜ某政党を支持することを明らかにせず,政権批判に躍起になっているのでしょうか。

思想や信条の保持を、国家権力に対して明らかにしない自由が日本国民には保障されています。
国家権力から聞かれても拒否できるのに、見ず知らずの人方問われて明らかにする意味がないからでしょうね。

政権批判に躍起となるのは簡単なことです。
国家は国民の生命自由及び幸福追求に関する権利を守るために、
人工的に作られた法的統治団体です。
人工物ですから、現実の統治担当者である政権を批判することでのみ統治できるのです。そのための手段である表現の自由も保障されていますからね。
  1. 2017-09-16 11:56
  2. URL
  3. 東大平行線 #-
  4. 編集

Re: タイトルなし

> > 猪野亨氏は,なぜ某政党を支持することを明らかにせず,政権批判に躍起になっているのでしょうか。
>
> 思想や信条の保持を、国家権力に対して明らかにしない自由が日本国民には保障されています。
> 国家権力から聞かれても拒否できるのに、見ず知らずの人方問われて明らかにする意味がないからでしょうね。
>
> 政権批判に躍起となるのは簡単なことです。
> 国家は国民の生命自由及び幸福追求に関する権利を守るために、
> 人工的に作られた法的統治団体です。
> 人工物ですから、現実の統治担当者である政権を批判することでのみ統治できるのです。そのための手段である表現の自由も保障されていますからね。

 つまり権利の濫用ですね。

 与えられた権利はトコトン濫用する。
 それがオレタチ高学歴教養人のステータスだ!!

 と言うわけですね。
 
 しかし中学校で習ったでしょう?

 民主主義国家での権力って、国民が選び作った物なのです。

 つまり自分達で建てた家のようなモノです。

 自分が建てた家をひたすら批判しないとそこで暮らせないなんて馬鹿な話しはありません。

 勿論問題があれば批判し、改築するべきなのですが、批判の為の批判で無意味に改築するのでは、生活できません。

 でもそれを誤解してリフォーム詐欺みたいなことをやっているのが、高学歴左翼知識人では?

 http://yomouni.blog.fc2.com/blog-entry-4665.html
  1. 2017-09-16 13:42
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する