2016-08-22 14:38

反LGBT差別と護憲派の神様 白人崇拝

 少し前ですが2チャンネルで、一橋大学法科大学院生の自殺についてのスレが乱立していました。

同性愛を暴露されて転落死した一橋大院生の追悼集会「本当のことが知りたい」それぞれの思い 

 この男子学生はゲイで、同級生で友人だった学生に恋愛感情を持ち、それを打ち明けたのですが、相手はゲイでなかったのでそれを拒否しました。

 そしてその後、相手の学生が彼がゲイであることを、同級の友人達に明かしました。

 この学生はそれ以降精神不安定になり、最後に自殺してしまいました。
 
 それで自殺した学生の遺族が、相手の学生と一橋大学を相手に、謝罪と賠償を求めて訴訟を起こしました。

112

 これはゲイを理由にした【いじめ】の構造だと言うのです。

 法科大学院生と言えば、学生とは言え一人前の大人です。
 しかも数年内に弁護士や検事として法を司る事になっている人達です。

 だったら【いじめ】られ場合は、自分で相応の対応をすれば良いでしょう?
 
 それを小学生並みに「息子が自殺した。 学校が悪い!!」と言う親の感覚は理解不能です。

 それでもこれが騒ぎになったのは、このような話をネタにして反LGBT差別を煽りたい連中がいるからでしょう。

115
 
 そういう連中の立場が、例えばこの記事です。


 つまり「日本はLGBT差別が酷いので、この一橋大学生の自殺騒動にマスコミは冷淡だ。 それに比べてアメリカでは政治家や実業家までが、ゲイのカミングアウトをして、ゲイ差別の解消に努めている。 日本は人権後進国だ!! 」と言いうのです。

 しかしワタシはこれは根源的な事実誤認だと思います。

 アメリカで近年反同性愛差別の運動が活発化しているのは確かですが、しかしそれは元々アメリカでは実に熾烈同性愛差別が存在したからです。

134

 アメリカは元来キリスト教の国ですが、キリスト教では元来婚姻によるもの以外の性交渉は「悪魔によるもの」とされました。

 それで例えば非嫡出子は「悪魔の子」と言われて、父親の公的身分の相続権がない、或いは公証人などの名誉ある職業には着けないなど、明確に差別されていました。

 しかし同性愛への禁忌は更に厳しく、近代までキリスト教国の多くが刑事罰を課していました。 

 オスカー・ワイルドやポール・ヴェルレーヌなどが、男色罪で投獄されたことは有名です。

158

 しかしもっと呆れるのは、1955年にイギリスが天才数学者アラン・チューリングに同性愛治療の為のホルモン投与を強制した挙句に自殺に追い込んだ事です。

 彼はコンピューターサイエンスの創始者で、現在のコンピューターの理論的基礎は彼の考えたチューリング・マシンです。

 何より彼は第二次大戦中はドイツ軍暗号エニグマの解読に成功し、戦後はソ連軍の暗号解読に従事していたのです。

 この非常時に!!
 暗号解読なんて他の人間ができる事じゃないんだから、オカマだとかそんなことをウダウダ言ってる場合かよ?

 でも当時のイギリス人にとっては、ソ連軍の暗号解読よりチューリング個人のオカマの方が大問題だったようです。

167

 国防に関わる死活的重要人物でも同性愛者なら自殺に追い込むぐらいですから、そんな特別な位置にいない普通の同性愛者は命だって危うい状態でした。

 実際、街の与太者が集団で同性愛者に暴行するなんて事は普通にありました。
 そして被害者が警察に駆け込んでも、警察も問題にしない。
 それどころか警官が同性愛者に暴行する事さへ珍しくなかったのです。

 これはもう差別と言うより迫害と言った方が良いレベルです。

 なるほどこれだけ厳し差別をされたら、欧米の反同性愛差別運動が過激であるのは当然でしょう。

177
 
 しかし世界的に見れば、このような厳しい同性愛者への差別は、極めて例外的です。

 イスラム教でも一応同性愛は罪になっているのですが、しかし近年イスラム原理主義が台頭するまでは、むしろ同性愛には極めて寛大でした。

 むしろ男女隔離が厳しい分、未婚の人達が同性愛で性欲を満たす事が習慣化しいていたのです。

 またタイなど仏教圏でも、同性愛は特に忌避されていません。 と言うか僧侶は女犯を厳禁されているので、稚児との同性愛は認められていたのです。

 だから一般人の同性愛にもさしたる抵抗はありません。

 これは日本も同様でした。

182

 日本では歴史的に、同性愛に刑事罰を課した事はありませんし、また世間的に忌避された歴史もありません。

 有名人が同性愛者であるとわかったからと言って、それで何か問題になったこともありません。

 典型が三島由紀夫です。
 彼には「禁色」などと言う、同性愛者の乱交を描いたモノなどあって、彼が同性愛者であることはデビュー当初から知られていたのです。

 でも彼が「盾の会」なんてモノを作って、右翼活動した時にそれを問題にした人がいますか?

 現在反LGBT差別を煽っている日本の自称リベラリストや自称人権派にとっては、三島に賛同するような右翼など反人権そのモノだったはずですが?


180

 今回の一橋大学生自殺事件をLGBTの差別事件として煽りたい人達は「ゲイなど性的マイノリティー(LGBT)に対する差別意識が根強く残る日本で起きた悲劇である。」と言うのですが、しかしそれでは日本では一体どういう差別意識があるのでしょうか?

 勿論個人的に同性愛者など性的マイノリティーが嫌いな人はいます。
 しかしこれはそれこそ個人の性的嗜好だから、どうしようもありません。

 この自殺した学生は、恋愛感情を打ち明けた相手から「生理的に受け付けない。」と言われたそうです。
 
 同性愛の嗜好のない人にすれば、そりゃ絶対に受け付けないでしょう?

 でもそれならどこかの女子学生がこの自殺した学生に恋愛感情を告白しても、彼は「生理的に受け付けない」のではありませんか?(だから同性愛者なんですよね?)

 性的な嗜好は極めて生理的でしかも繊細で強烈ですから、嫌いな相手は絶対に生理的に受け付けないし、それどころか「気持ち悪い」のです。

 でも人間のこうした生理的な感情を「差別禁止」などと言う名目で抑圧できる訳はないのです。
 そんなことをしたら闇黒社会になってしまいます。

186

 ところがアメリカでは、どうもこれを無理矢理抑圧しようとしているようなのです。

 それはつまり前述のようにアメリカ始め欧米の同性愛差別が余りに厳しく、その反動として過激化の結果でしょう。
 
 差別と言うより迫害と言うべき状況なので、迫害される側も暴力的にならざるを得ないのです。

 その意味ではアメリカの同性愛者には同情します。

 しかしこれはそうした迫害どころか、差別さへない日本やその他の国々には全く関係のない事です。

187

 ところが実に困った事ですが、欧米が、特にアメリカが、自国だけでなく世界中に、欧米式のLGBT差別禁止を強制しようとしているのです。
 
 こうした自国の価値観や倫理を他国に強制すると言うのは、欧米の病気ですね。 特にアメリカはこの重症です。

 民主主義、女性解放、反捕鯨、そして反LGBT差別、皆同じやり方です。
 実に単純にステレオタイプに、自国式の正義を強制するのです。

 しかしねえ・・・・・、前述のようにそもそも欧米以外では、同性愛者への迫害どころか、差別もなかったのです。

195

 ところがこれが実にアメリカ的なのですが、彼等は勝手に自分達が同性愛差別をしてきたからには、アメリカより遅れた他の国々は、アメリカより遥かに厳しい同性愛者への迫害があったに違いないと思い込んでいるのです。

 そこでそうした差別や迫害の殆どなかった国々に対して、LGBT差別禁止を伝道する使命に燃え、「同性愛差別禁止の法律がないのはケシカラン!!」と抗議するのです。

 何と迷惑な!!

196

 多少の教養があれば欧米程厳しい同性愛差別禁止をした地域は、この地球上のどこにもない事はわかるはずなんですけどね。
 
 でもこれは常々思うのですが、何処の国でも所謂人権派知識人って実は凄く教養がなくて、自分の執着する人権問題に関係のない事は、一切知らないようなのです。
 
 だから井原西鶴の「男色大鑑」や三島由紀夫の「禁色」の英訳やフランス語訳が出ていても、彼等はそんなモノは知らないのでしょう。

 勿論イスラム文学に多数出てくる同性愛の描写だって知るわけもないのです。

 先進国であるアメリカで同性愛者が迫害されたのだから、無知蒙昧なアジアやアフリカではもっと深刻な迫害があったに違いない!!
 我々は断固をこれを止めさせなければならない。
 それが白人の使命である!!

 もう馬鹿馬鹿しい限りです。

200
 
 でもね、もっと馬鹿馬鹿しいのは、日本人の中にもこれを信じちゃう人達がいる事です。

 日本の自称人権派、自称リベラリスト達です。
 前出で紹介した記事をみればわかるように、彼等はこのアメリカ様の認識を何の疑いも無く受け入れているのです。


 それじゃこの記事を書いた人は、日本でどんな差別があるのか言えるのでしょうか?

204

 日本のゲイはカミングアウトしない?
 
 何でカミングアウトする必要があるの?
 そもそも自分の性的嗜好を他人に言いふらすのって、変態のすることでしょう?

 別に同性愛じゃなくても、自分がどんな人間を性的に好むかなんて話は親しい友人などと、性的な問題について話す機会でもない限り、言わないのが普通じゃないですか?

 例えば会社の上司が「自分は異性愛者なので女性が好きです。」などとカミングアウトしたら、女子社員全員から白眼視される事請け合いでしょう?
 下手をしたらセクハラで訴えられるかも?

 アメリカで有名人のカミングアウトが相次ぐのは、同性愛者達が自分達の存在を社会に示し、そして自分達はこれまで良きアメリカ人として社会に貢献したのだから、迫害を止めて欲しいと言いたいからではありませんか?

 そうした必要がないなら、個人が性的な嗜好を不特定多数の人間に公開する意味はないのです。

207

 しかしアメリカの反LGBT差別に同調する人権派日本人からすれば、こうした事実は関係ありません。

 彼等にすればとにかく先進国アメリカの人権活動に追随したいのです。

 ついて行きます何処までも白人様の言う通り。

 これが日本の自称リベラリスト、自称人権派の本心ではないでしょうか?
 
 彼等は要するに何でもアメリカの通りにしたいのです。 そしてアメリカの基準で、日本を非難する事で、名誉白人の地位を得ようとしているのです。

 この反LGBT差別運動はその典型です。
 アメリカで反差別運動に追随したいばかりに、日本にありもしない差別を、存在する事にして、その差別禁止を煽るのですから。

212

 この白人信仰は、滑稽にして悲惨です。

 実際、自殺した一橋大学の学生がそうでしょう?
 
 同性愛者への差別なんかない日本で、何で彼が同性愛者であることをバラされたことで自殺したのか?

 結局この学生は自称人権派の言う架空の同性愛差別を信じていたからでしょう?

 架空の差別に苦しんで自殺!!

 気の毒と言うか滑稽と言うか?
 
 君、マトモな人に相談したらよかったのに・・・・・。
 そうしたら君が愛したノンケの落し方だって教えて貰えたのに。

227

 因みに日本の自称人権派・自称リベラリストは同時に護憲派でもあります。 
 
 そして護憲派にとっては、日本国憲法は「バイブルのように変えてはならない」のです。
 そのバイブルを書いたのはアメリカでした。

 その意味でも彼等は心底白人崇拝者、白人様の奴隷でいたい人達なのです。

234
 
 だったら何で反米か?
 
 だって奴隷って主人を憎むモノなんですよ。
 友人や唯の雇い主なら、嫌な奴なら縁を切れば良いので、特に憎む必要なないけれど、奴隷は主人の所有財産でしかないので、憎むしかないんですよ。

  1. 差別ニダ!!
  2. TB(0)
  3. CM(28)

コメント

この事件と言うか訴訟は、初めて知りましたが、不謹慎かもしれませんが、滑稽ですねえ。
遺族をたきつけた人権屋弁護士がいるのでしょうが、自殺した男性は、遺族に恥の上塗りをされてるような気もします。
しかし、24-5歳くらいの成人の研究機関である大学院が、こういうことで訴訟対象になるってのは、無茶苦茶ですな(笑)

管理人様の白人至上主義への視点はさすがです。
こういう嗜好への寛容度に限らず、ノーベル賞、世界遺産、五輪等々。
料簡が狭いと言われちまうかもしれませんが、白人が発明した権威(ビジネス)を、何でそこまでありがたがりますかねえ?
富士山が世界遺産になって、白人のルールで管理しなきゃいけないようになるのは、どうなの?
そんなものに認定されなくたって、富士山は毎日美しい。
やつらが商売がうまいっちゃそれまでですけどね。
  1. 2016-08-22 15:10
  2. URL
  3. 二郎 #-
  4. 編集

こういう人たちはオリンピック報道で日本のメダルが!日本選手の活躍が!と騒いでるのが気に触るみたいで、「日本人選手が負けた途端その競技を報道しない。スポーツへの敬意がない」「メダルを獲った人たちがすごいんであって日本人がすごいんじゃないから」とか呟いていて、すかさず欧米在住の方たちから「フランスなんか絶対フランス選手でてない競技放送しないし、相手選手の名前すら憶えてないよ。日本人頑張ってますねー中国人疲れてきましたねーとか」などとつっこまれています。
「子供のコンテンツに大人が夢中になるなんて日本だけ!」とか馬鹿にしてた日本人たちはポケモンGO騒ぎに頭の中をどう整理してるんでしょうか。
結局私の理想の欧米を頭の中で作り上げちゃって、詳しく知ろうとせず、こんなの日本だけ!この島国め!と遅れた日本叩きの道具にしてるだけなんでしょうね。。(kの国の方たちみたい)

日本の同調圧力ガー が代表的ですが、最近なかなかの欧米人の同調圧も漏れ聞こえてきて、水着はほぼ裸でなければ!という価値観が怖いです。私も大きな帽子に上下びっちりガードしたブルキニと同じようなの着た日本人マダムにはやりすぎ感を感じはしますが、ヨーロッパではワンピース水着すら白眼視されるらしいです。肌を見せたくない女性を脱がせるってどんなセクハラ?焼きたくないし裸を見せたくないけど泳ぎたい女性の人権はどこに。自由とは何?
  1. 2016-08-22 19:12
  2. URL
  3. こきち #97nXsu5.
  4. 編集

Re: タイトルなし

> この事件と言うか訴訟は、初めて知りましたが、不謹慎かもしれませんが、滑稽ですねえ。
> 遺族をたきつけた人権屋弁護士がいるのでしょうが、自殺した男性は、遺族に恥の上塗りをされてるような気もします。
> しかし、24-5歳くらいの成人の研究機関である大学院が、こういうことで訴訟対象になるってのは、無茶苦茶ですな(笑)

 父親も弁護士なんですけどねw
>
> 管理人様の白人至上主義への視点はさすがです。
> こういう嗜好への寛容度に限らず、ノーベル賞、世界遺産、五輪等々。

 これ前回のエントリーでこじたさんが同様の事を言っておられました。

> 料簡が狭いと言われちまうかもしれませんが、白人が発明した権威(ビジネス)を、何でそこまでありがたがりますかねえ?
> 富士山が世界遺産になって、白人のルールで管理しなきゃいけないようになるのは、どうなの?
> そんなものに認定されなくたって、富士山は毎日美しい。
> やつらが商売がうまいっちゃそれまでですけどね。

 まあ世界遺産の認定を貰うと観光客誘致に便利と言う事でしょうが、しかしそれ以外には馬鹿馬鹿しいだけですけどね。
  1. 2016-08-22 20:02
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

Re: タイトルなし

> こういう人たちはオリンピック報道で日本のメダルが!日本選手の活躍が!と騒いでるのが気に触るみたいで、「日本人選手が負けた途端その競技を報道しない。スポーツへの敬意がない」「メダルを獲った人たちがすごいんであって日本人がすごいんじゃないから」とか呟いていて、すかさず欧米在住の方たちから「フランスなんか絶対フランス選手でてない競技放送しないし、相手選手の名前すら憶えてないよ。日本人頑張ってますねー中国人疲れてきましたねーとか」などとつっこまれています。
> 「子供のコンテンツに大人が夢中になるなんて日本だけ!」とか馬鹿にしてた日本人たちはポケモンGO騒ぎに頭の中をどう整理してるんでしょうか。
> 結局私の理想の欧米を頭の中で作り上げちゃって、詳しく知ろうとせず、こんなの日本だけ!この島国め!と遅れた日本叩きの道具にしてるだけなんでしょうね。。(kの国の方たちみたい)

 こういう人は古代から世界中にいるんですよ。

 自国が嫌いで、自分が勝手にイメージする外国を礼賛するのです。 そしてそれを知性と教養の印だと信じているのです。
 
 これ病気ですから、現実がどうあろうとも治りません。
>
> 日本の同調圧力ガー が代表的ですが、最近なかなかの欧米人の同調圧も漏れ聞こえてきて、水着はほぼ裸でなければ!という価値観が怖いです。私も大きな帽子に上下びっちりガードしたブルキニと同じようなの着た日本人マダムにはやりすぎ感を感じはしますが、ヨーロッパではワンピース水着すら白眼視されるらしいです。肌を見せたくない女性を脱がせるってどんなセクハラ?焼きたくないし裸を見せたくないけど泳ぎたい女性の人権はどこに。自由とは何?

 あのブルキニ禁止は実に奇妙ですね。
 イスラム教徒でなくても、日焼けが苦手な人には、便利だと思うのですけどね。

 でも今頃になって欧州でもイスラムに対する危機感が出て来たのでしょう。 もう遅すぎる気もするんですが。 

 だからこそその危機感があんなオカシナ形で表れているのだと思います。
  1. 2016-08-22 20:09
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

イスラム教が同性愛に寛容だったのはだいぶ昔。近代国家成立前から宗教上の禁忌は表面化されていた。ダンシングボーイもエジプト他アラブイスラーム諸国では廃れ、現在はアフガニスタンの一部にバジャバジがあるくらい。日本人男性が中東の男にナンパされるのは婚前交渉の禁止故だが、これはダブスタを使い分けているから。もちろん、このダブスタを嫌う者も多い。
日本が同性愛を禁じる時期はあった。文明開化による西欧思想の流入に伴って設置された鶏姦罪。まあ、刑務所を除けばザル法だったけれども、ボアソナードが助言したことで旧刑法への存続は免れたようだ。
「欧米以外は同性愛者に対する差別が殆どなかった」と断ずるのはどういった根拠か?あなたの教養がどれほどかは知らんが、刑事事件である死亡、暴行事件に限定しても東アジア~東南~南~中央~西アジア、アフリカ諸国で起きている。日本では新木場での死亡事件が、今日のニュースではトルコのトランスジェンダー活動家が焼死体として見つかったそうだ。同性愛宣伝禁止法のあるロシアは死亡事件、暴行、プライドパレードでの流血事件はユーチューブで数千回も再生されているほど有名。
  1. 2016-08-22 21:35
  2. URL
  3. 名もなき者 #-
  4. 編集

同性愛=性的嗜好、性,癖の一部で、異性愛とパラレルにカミングアウトを論ずるあたりから、あなたの同性愛に対する認識が垣間見れる。異性愛の「普通」と同性愛の「普通」。互いが相手をわかりあえることは不可能だが、あなたの考えは異性愛中心の見方。
同性愛嫌悪については生理的機能に由来すると思うが、私は相当程度は社会構造でどうにかなると思う。テレビでオネェタレントが出演するが、多くの人は同性愛者は遠い国のどこかおかしい人たち、町の中にいると実感している者は少ない。知らない。実態がわからない。想像して論じる。しかし、嫌悪感があるゆえ邪推し、それが偏見となり、差別につながる。一橋事件の掲示板を読めば、ゲイへの偏見にまみれたコメントが多いのはわかる。だからこそ自民の理解促進は的を射ている。
  1. 2016-08-22 21:38
  2. URL
  3. 名もなき者 #-
  4. 編集

イスラム社会は表向き厳しそうに見えますが、同性愛は結構多いそうです。仕事柄、多くのイスラム教圏、キリスト教圏、アジア圏、アフリカ圏の人達に聞きましたが、驚くほどゆるいです。奴隷制があったころは美少年がその目的で売買されてましたし、現代でも宗教的に女性のガードが固い地域は、どうしても男に走るらしい。中東は男も美形が多いしね。彼らが実際に迫害を受けるかというと、こっそりやっている分には見て見ぬふりをしてくれるようです。しかしゲイ・ライツとか言い出して活動し始めると、どの国でも迫害を受けるようですね。宗教的に相いれないので、そこらへんは察しろよといったところでしょうか。しかし欧米のゲイ・ライツ活動に感化された人達は市民権を得ることに血道をあげるんですよね。他人の内心まで管理したいのでしょう。そういう押し付けは一般人の嫌悪感を増幅させる効果しかないと思うのですが。アメリカで同性間の性行為に及んでいるところをルームメイトに隠し撮りされ、ネットで拡散されて自殺した学生がいましたが、向こうのいじめは確かに半端ないし、その点の白人の潔癖さは異常ですね。アジアやアフリカと違って、欧米のキリスト教的発想は内心まで踏み込みすぎると思うし、それだからこそ管理人さんがおっしゃる通り、ゲイ・ライツ活動家もそこまで踏み込むのでしょう。しかしここまで要求すると、妥協点は見いだせないですよね。
  1. 2016-08-22 22:25
  2. URL
  3. *** #-
  4. 編集

「自己責任」という言葉のもう一つの側面

 そもそも元の話に限って言いますと、ゲイをカミングアウトされてからそれを暴露するまで2か月の期間があるのですよ。2か月の間黙っていたということの理由は何なのでしょうか?

 それに、自分がゲイであることは秘密にしていてくれと何の理由もなく一方的に責任を負わせるというのは、いかがなものなのでしょうか。責任を負わせるためには、それで責任を負うということを十分に理解したうえで背負うという覚悟がなければいけないはずでしょうに。

 「自己責任」という言葉は自分の選択によって不利益を受けた人を切り捨てるときによく用いられますが、一方で、他人の選択の自由について責任を負うべきではないという意味合いもあります。他人に対して自分の選択の責任を負わせるには、それ相応の理由が必要なはずですが、どうもこのような基本的なことすら理解しようとしない連中が多すぎるのではないでしょうか。
  1. 2016-08-22 23:08
  2. URL
  3. 凍え馬 #-
  4. 編集

上記を読んで思い出したんですが、若いころ東京から関西に転勤になって、同和団体とぶつかってしまい、取り囲まれたんだが、
その時一番驚いたのは「同和を知らないことが一番の差別だ」と言われたこと。
同性愛なんてよく知らないが、それと同じで知らないこと自体が差別に当たる、ということを言いたいんじゃないか。
童話の時は東京に住んでいたから周りにそんなの居ないし、大体東京は地方のるつぼだから誰が同和かなんて関心もない。
そうすると、東京の人は皆差別になるが、知らない方が差別だ、というのはどうも理解不能だった。
同性愛もにわとり罪とか大いに勉強して差別を認識しないといけないものなのかもしれない。
勉強しないと、「えー、気持ちわりー」とか、「あいつ変だから気を付けろ」なんて言ってしまうから同和と同じに強制的に学習しないとダメなのでしょう。

さて、当時私も同和関係を一生懸命勉強したが、その結果考えたのは、結局南極要するに「俺の言うことを聞け」ということじゃないのか、と。
同和も同性愛も元ネタは人権でしょう。
人権は権利で、権利とは人をこっちの思い通りに動かせる力のことだから、「俺の言うことを聞け」ということなんですね。
だが、相手が余太郎さんだと権利を認識してくれなくて、暖簾に腕押しになってしまい、困るんで勉強させたがる。
人権を振り回すような人、つまり、西欧基準、西欧信仰の人は日本人に勉強を強制したり指導したがるんだが、これが迷惑でこまるんだよね。
そう言えば、安倍麻生財務省が指導するネオリベ経済学とかいうガラクタ経済学は、迷惑どころか人が死んでいる。
「我々は大衆の前衛である」とか勝手に決め込む人たちもいるが、なんで教えたがり、指導したかるんだろうか。
西欧白人信仰のあまり日本人を見ると、自分が白人になった気分になって、奴隷に接するように指図したくなるのかな。
教えたがりの元祖、宣教師が沢山ヨーロッパから出かけて行ったが、その結果地上の楽園のような国がどこぞに生まれたか。
宣教師を排除した江戸時代の方がよっぽど地上の楽園だったりしてね。
そんな宣教師の真似されても困りますよ。
自分が苦労して勉強したことに価値を持たせたい、という気持ちは分かるが、余太郎さんにとっては迷惑だし、余太郎さんの方が幸せだ。
リベラルなんて「女が好きだ」と言えばセクハラで、「男が好きだ」といえば称賛する。
こちとら余太郎さんだから目白黒だが、白人と同じ理性がおありになるというリベラル様を奴隷頭として崇める気にはなりにくい。
西欧文明を勉強するのは大いに結構だし、信仰してもそりゃ自由ですが、夏目漱石、西田哲学(よう知らん)、ふぁびあん(キリスト教から転向した人)のように自分だけで葛藤しているんだったら、
尊敬してこちらから話も聞きたくなりますよ。それが人情てーもんじゃないですか。


  1. 2016-08-23 07:09
  2. URL
  3. ごじた #LkZag.iM
  4. 編集

自殺は誰のせいでもない

死者に鞭打ちたくありませんが、
自殺した学生さん、
エキセントリックすぎませんか?

同性愛者だということをバラされたといっても、
もともとは自分から打ち明けたことだし。
それに25歳にもなっているのだから
学校を休むなり、ほかに転校するなり、
それなりの対処法はあったと思うのです。

バラした方の学生さんは、責められませんね。
同性に告白されると、
普通の人は、恐怖すら感じるらしいですから。
  1. 2016-08-23 07:37
  2. URL
  3. kurenai #-
  4. 編集

 この亡くなった学生と何の面識もないLGBT団体は、告白されてつい他の友人に話してしまった学生を追い詰めて、万が一の事があったら参加者全員責任をとれるんでしょうか。デリケートな問題なのだから、配慮が必要だと思います。

 この集会を組織した一橋大学大学院の青木さんは、香山リカさんと対談した本を出版したり、「安全保障関連法案に反対する一橋大学有志の会」に賛同したり、アイヌ問題に取り組んだりと様々な活動をされている方のようです。サヨクが関わる案件を見ると、いつもいつも同じ名前が見受けられて本業もあるでしょうにかなり忙しい生活を送っているのが分かりました。

 よもぎねこさんが別の記事で書いておられましたが、LGBTは深刻でデリケートな問題だから、気遣われることに傷つくということがあり、良かれと思っての行動でもNGOや政府が介入するとかえって当事者を苦しめてしまう可能性が大きいと思います。
  1. 2016-08-23 07:50
  2. URL
  3. 都民です。 #-
  4. 編集

Re: タイトルなし

> イスラム教が同性愛に寛容だったのはだいぶ昔。近代国家成立前から宗教上の禁忌は表面化されていた。ダンシングボーイもエジプト他アラブイスラーム諸国では廃れ、現在はアフガニスタンの一部にバジャバジがあるくらい。日本人男性が中東の男にナンパされるのは婚前交渉の禁止故だが、これはダブスタを使い分けているから。もちろん、このダブスタを嫌う者も多い。
> 日本が同性愛を禁じる時期はあった。文明開化による西欧思想の流入に伴って設置された鶏姦罪。まあ、刑務所を除けばザル法だったけれども、ボアソナードが助言したことで旧刑法への存続は免れたようだ。
> 「欧米以外は同性愛者に対する差別が殆どなかった」と断ずるのはどういった根拠か?あなたの教養がどれほどかは知らんが、刑事事件である死亡、暴行事件に限定しても東アジア~東南~南~中央~西アジア、アフリカ諸国で起きている。日本では新木場での死亡事件が、今日のニュースではトルコのトランスジェンダー活動家が焼死体として見つかったそうだ。同性愛宣伝禁止法のあるロシアは死亡事件、暴行、プライドパレードでの流血事件はユーチューブで数千回も再生されているほど有名。

 ここで挙げた事件って、近年イスラム原理主義が台頭してからでしょう?

 それに新木場での死亡事件の死亡事件って別にゲイへの憎悪殺人と言うより、不良グループによる強盗でしょう?
  1. 2016-08-23 11:47
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

Re: タイトルなし

> 同性愛=性的嗜好、性,癖の一部で、異性愛とパラレルにカミングアウトを論ずるあたりから、あなたの同性愛に対する認識が垣間見れる。異性愛の「普通」と同性愛の「普通」。互いが相手をわかりあえることは不可能だが、あなたの考えは異性愛中心の見方。

 性的嗜好のカミングアウトは同性愛でも異性愛でも、またSMや下着マニアなどでも同じでしょう?
 何で同性愛だけ特別視する必要があるんですか?

> 同性愛嫌悪については生理的機能に由来すると思うが、私は相当程度は社会構造でどうにかなると思う。テレビでオネェタレントが出演するが、多くの人は同性愛者は遠い国のどこかおかしい人たち、町の中にいると実感している者は少ない。知らない。実態がわからない。想像して論じる。しかし、嫌悪感があるゆえ邪推し、それが偏見となり、差別につながる。一橋事件の掲示板を読めば、ゲイへの偏見にまみれたコメントが多いのはわかる。だからこそ自民の理解促進は的を射ている。

 性的嗜好は他人に公言して回るモノではありませんん。 だから同性愛者でなくても、そういう物は表にでません。 そして他人の性的嗜好なんか知る義務はありません。

 また自分の感覚で違和感のある性的嗜好には、誰でも嫌悪感を持つし、そういう嗜好を持つ人とは関わり合いたくありません。
 それって当然でしょう?

 それを差別と言われても困ります。

 そもそもゲイへの偏見って何ですか?
 ゲイの活動家の気に入らない意見を全て偏見って言ってるだけじゃないですか?
  1. 2016-08-23 11:55
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

Re: タイトルなし

> イスラム社会は表向き厳しそうに見えますが、同性愛は結構多いそうです。仕事柄、多くのイスラム教圏、キリスト教圏、アジア圏、アフリカ圏の人達に聞きましたが、驚くほどゆるいです。奴隷制があったころは美少年がその目的で売買されてましたし、現代でも宗教的に女性のガードが固い地域は、どうしても男に走るらしい。中東は男も美形が多いしね。彼らが実際に迫害を受けるかというと、こっそりやっている分には見て見ぬふりをしてくれるようです。しかしゲイ・ライツとか言い出して活動し始めると、どの国でも迫害を受けるようですね。宗教的に相いれないので、そこらへんは察しろよといったところでしょうか。しかし欧米のゲイ・ライツ活動に感化された人達は市民権を得ることに血道をあげるんですよね。他人の内心まで管理したいのでしょう。そういう押し付けは一般人の嫌悪感を増幅させる効果しかないと思うのですが。アメリカで同性間の性行為に及んでいるところをルームメイトに隠し撮りされ、ネットで拡散されて自殺した学生がいましたが、向こうのいじめは確かに半端ないし、その点の白人の潔癖さは異常ですね。アジアやアフリカと違って、欧米のキリスト教的発想は内心まで踏み込みすぎると思うし、それだからこそ管理人さんがおっしゃる通り、ゲイ・ライツ活動家もそこまで踏み込むのでしょう。しかしここまで要求すると、妥協点は見いだせないですよね。

 そうなんですよね。

 西洋人、特に北欧系は良くも悪くも、凄く潔癖で生真面目なのです。 だから自分が正しいと思った事はホントに一生懸命やるのです。

 それで彼等の国は豊で立派な国になるのです。

 でもこういう性格だから、自分の正しいと思った事は、無理矢理他人に押し付けるし、不正であると思った人間をそのまま放置しておくことはできないのです。
  
 西洋人って元来個人主義じゃないですね。 それどころか究極のお節介です。
 自分に関係のない他人が、誰とどんな性交渉をしても、実害がないんだから、放っておけば?

 日本人や中国人はそう思って放っておくのですが、しかし西洋人はそれができないんですね。

 アメリカなどのゲイの迫害問題も、それに対する反同性愛差別側も、実は双方こうした西洋人の生真面目なしかしそれ故非常独善的な性格によるのです。

 だからこれって多分、血みどろの戦いになります。

 ワタシはこれはもうこのまま当分血みどろの戦いを続け挙句に、他人の性的嗜好に口出ししてはイケナイ、と言うルールを理念として確立するしかおさまらないと思うんですけどね。

 
  1. 2016-08-23 12:20
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

Re: 「自己責任」という言葉のもう一つの側面

>  そもそも元の話に限って言いますと、ゲイをカミングアウトされてからそれを暴露するまで2か月の期間があるのですよ。2か月の間黙っていたということの理由は何なのでしょうか?

 ネットで出ていた情報では、この期間に回りが何となくこの間系を知るようになったみたいです。
 この学生のいたクラスは25人しかいないので、その中の人間関係に異変があれば、暫くしたら皆ある程度それを知る事になるのは当然でしょう。

>  それに、自分がゲイであることは秘密にしていてくれと何の理由もなく一方的に責任を負わせるというのは、いかがなものなのでしょうか。責任を負わせるためには、それで責任を負うということを十分に理解したうえで背負うという覚悟がなければいけないはずでしょうに。

 ええ、元来告白された学生には守秘義務なんかないのです。
 恋愛を告白されたら、友人に相談するって、普通でしょう?

>  「自己責任」という言葉は自分の選択によって不利益を受けた人を切り捨てるときによく用いられますが、一方で、他人の選択の自由について責任を負うべきではないという意味合いもあります。他人に対して自分の選択の責任を負わせるには、それ相応の理由が必要なはずですが、どうもこのような基本的なことすら理解しようとしない連中が多すぎるのではないでしょうか。

 これで騒いでいる連中は全く理解していないでしょうね。
  1. 2016-08-23 12:26
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

Re: タイトルなし

> 上記を読んで思い出したんですが、若いころ東京から関西に転勤になって、同和団体とぶつかってしまい、取り囲まれたんだが、
> その時一番驚いたのは「同和を知らないことが一番の差別だ」と言われたこと。
> 同性愛なんてよく知らないが、それと同じで知らないこと自体が差別に当たる、ということを言いたいんじゃないか。
> 童話の時は東京に住んでいたから周りにそんなの居ないし、大体東京は地方のるつぼだから誰が同和かなんて関心もない。
> そうすると、東京の人は皆差別になるが、知らない方が差別だ、というのはどうも理解不能だった。
> 同性愛もにわとり罪とか大いに勉強して差別を認識しないといけないものなのかもしれない。
> 勉強しないと、「えー、気持ちわりー」とか、「あいつ変だから気を付けろ」なんて言ってしまうから同和と同じに強制的に学習しないとダメなのでしょう。
>
> さて、当時私も同和関係を一生懸命勉強したが、その結果考えたのは、結局南極要するに「俺の言うことを聞け」ということじゃないのか、と。
> 同和も同性愛も元ネタは人権でしょう。
> 人権は権利で、権利とは人をこっちの思い通りに動かせる力のことだから、「俺の言うことを聞け」ということなんですね。
> だが、相手が余太郎さんだと権利を認識してくれなくて、暖簾に腕押しになってしまい、困るんで勉強させたがる。
> 人権を振り回すような人、つまり、西欧基準、西欧信仰の人は日本人に勉強を強制したり指導したがるんだが、これが迷惑でこまるんだよね。
> そう言えば、安倍麻生財務省が指導するネオリベ経済学とかいうガラクタ経済学は、迷惑どころか人が死んでいる。
> 「我々は大衆の前衛である」とか勝手に決め込む人たちもいるが、なんで教えたがり、指導したかるんだろうか。
> 西欧白人信仰のあまり日本人を見ると、自分が白人になった気分になって、奴隷に接するように指図したくなるのかな。
> 教えたがりの元祖、宣教師が沢山ヨーロッパから出かけて行ったが、その結果地上の楽園のような国がどこぞに生まれたか。
> 宣教師を排除した江戸時代の方がよっぽど地上の楽園だったりしてね。
> そんな宣教師の真似されても困りますよ。
> 自分が苦労して勉強したことに価値を持たせたい、という気持ちは分かるが、余太郎さんにとっては迷惑だし、余太郎さんの方が幸せだ。
> リベラルなんて「女が好きだ」と言えばセクハラで、「男が好きだ」といえば称賛する。
> こちとら余太郎さんだから目白黒だが、白人と同じ理性がおありになるというリベラル様を奴隷頭として崇める気にはなりにくい。
> 西欧文明を勉強するのは大いに結構だし、信仰してもそりゃ自由ですが、夏目漱石、西田哲学(よう知らん)、ふぁびあん(キリスト教から転向した人)のように自分だけで葛藤しているんだったら、
> 尊敬してこちらから話も聞きたくなりますよ。それが人情てーもんじゃないですか。

 現在の反LGBT差別反対運動は明らかに第二の同和団体を目指しているようです。 因みに現在この活動をしているのは、かの有名な西早稲田のキリスト教団体と同じ住所を共有しているそうですから。

 だから差別がある事にして、公金を強請ろうと言う話のようです。

 因みに日本のゲイの殆どは、彼等を相手にしていないそうです。
  1. 2016-08-23 12:36
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

Re: 自殺は誰のせいでもない

> 死者に鞭打ちたくありませんが、
> 自殺した学生さん、
> エキセントリックすぎませんか?

 自殺の原因自体、ホントにゲイの問題だけだったのかも不明ですからね。
>
> 同性愛者だということをバラされたといっても、
> もともとは自分から打ち明けたことだし。
> それに25歳にもなっているのだから
> 学校を休むなり、ほかに転校するなり、
> それなりの対処法はあったと思うのです。

 常識的にはその通りなのです。 実家も裕福のようだし、司法試験の受験なんか浪人は普通だから一二年休学しても無問題だと思うんですけどね。

> バラした方の学生さんは、責められませんね。
> 同性に告白されると、
> 普通の人は、恐怖すら感じるらしいですから。

 女性の立場から言えば、男性でも自分の好みでない場合は、恐怖を感じる、非常に困ると言う事は普通にありますからね。
  1. 2016-08-23 12:40
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

Re: タイトルなし

>  この亡くなった学生と何の面識もないLGBT団体は、告白されてつい他の友人に話してしまった学生を追い詰めて、万が一の事があったら参加者全員責任をとれるんでしょうか。デリケートな問題なのだから、配慮が必要だと思います。
 
 そんな配慮をするような連中なら、こんな訴訟はやらないでしょう。
>
>  この集会を組織した一橋大学大学院の青木さんは、香山リカさんと対談した本を出版したり、「安全保障関連法案に反対する一橋大学有志の会」に賛同したり、アイヌ問題に取り組んだりと様々な活動をされている方のようです。サヨクが関わる案件を見ると、いつもいつも同じ名前が見受けられて本業もあるでしょうにかなり忙しい生活を送っているのが分かりました。

 おおやっぱりその系の人間だったんですね。

>  よもぎねこさんが別の記事で書いておられましたが、LGBTは深刻でデリケートな問題だから、気遣われることに傷つくということがあり、良かれと思っての行動でもNGOや政府が介入するとかえって当事者を苦しめてしまう可能性が大きいと思います。

 政府はともかくこの手のNGOは騒ぎのネタを作るのが目的ですからね。
  1. 2016-08-23 12:42
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

法曹界

報道からは自殺した青年の個人的な背景が解らないので、私の個人的な印象にすぎませんが。この青年が法学院で学び、法曹界に入る事を目指していなければ自殺にまで至らなかったではないかと思います。

法曹界は他業種と比べると非常に人数の少ない村社会です。2015年度全国の日弁連入会者は3万6千人あまりで、弁護士業務をする為には必ず弁護士会に入会しなければなりません。同じ様な村社会と云われる医師会は29万6千人ですから、いかに少ないかお解り頂けるでしょう。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%BC%81%E8%AD%B7%E5%A3%AB%E4%BC%9A
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%97%A5%E6%9C%AC%E5%BC%81%E8%AD%B7%E5%A3%AB%E9%80%A3%E5%90%88%E4%BC%9A

http://www.nichibenren.or.jp/library/ja/jfba_info/statistics/data/white_paper/2015/1-1-1_danjo_nenrei_suii_2015.pdf#search='%E5%BC%81%E8%AD%B7%E5%A3%AB+%E4%BA%BA%E6%95%B0'

http://www.garbagenews.net/archives/2013192.html



他国に比べ日本の弁護士会は大きな自治を得、力も持っています。小さな社会なので噂が広がるのも早いでしょう。噂が広がれば藁に隠れる事も難しいのではないでしょうか。自殺した青年も同じような事を考えたのかも知れません。弁護士では無く検事を目指していたならなおの事だと思います。

さて、余談ですが島由紀夫氏は同性愛者ではありません。バイ・セクシャリストです。結婚もされたしお子さんもいらっしゃいます。歴史的に日本人が衆道や稚児に寛容なのは古代ギリシャ等と同じ理由では無いでしょうか。いずれ結婚して子孫を残してくれるなら若いうちは疑似恋愛的に認めていただけの様な気がします。また封建制と云うのは身分制度を厳しく縛っていますので、身分違いの恋愛をして問題を起こされるより衆道や稚児の方がましとの考え方も有ったように思います。そしてこの考え方はヒンズー教徒やイスラム教徒も共有しているのではないかと思います。いずれは結婚して子孫を残す事が重要ですので、純粋なホモ・セクシャルでは無くバイ・セクシャルが容認されていたのではないでしょうか。また社会からはみ出した存在にも寛容で有ったように思います。このはみ出した存在はヨーロッパ文明でもピエロやクラウンやジェスター、あるいは芸術家たちが体現していろようにも思います。

とは云え、何でも突き詰めて極端になってしまうキリスト教文明、その中でもプロテスタント的な考え方は危険だと思いますし、それに追従するかのような日本の白人主情主義も危険だと思います。何にしても疑ってかかる事は重要で、逆にそこから寛容が生まれるのかも知れません。

何故なら人間は神ではなく完璧な人間など存在しないからです。完璧な制度と云う物も作り出せません。より良い制度を作る努力を続ける事、その為には地べたをはい回りながら苦しむしかないのではないでしょうか。キリスト教徒の皆様や無宗教の方々にもその事を思い出して頂きたいものです。

最後に、民主主義についてですが、最近になり幾つかの本を読んで最も高度な民主主義を完成せさせていたのはアメリカ・インディアンだったのではないかと思い始めています。彼らはすべての事を合議制で決め、王という概念も土地を所有するといった概念も持ちませんでした。部族ごとにですが福祉の概念を持ち弱者や高齢者を扶養し、差別も無く多人種を受け入れ、また貴重な資源を共有し守る事さえやっていたのだと知りました。

そして17世紀アメリカに移住してきた白人達はこの高度な社会を理解する事が出来ませんでした。そして200年以上に渡りインディアンに差別、迫害、だまし討ち、詐欺、虐殺をくわえ、計画的に伝染病をはやらせる事さしました。

アメリカ合衆国には今なお根深い人種差別が有るといわれています。遅れている社会を形成してきたのは誰なんでしょうね。
  1. 2016-08-23 16:12
  2. URL
  3. エピキュリアン #-
  4. 編集

貧困な憲法学の人権観

この問題は現代の社会の日本の目に見えぬ断絶を表してるものと思います。

かつて日本では男色などというのはおおっぴらには言わぬまでも、皆が知りまあ大目に見ていたことだったと思います。そうであればよもさんの言うとおり迫害などはなかったわけです。これは歴史的に見てもそうでしたし特に問題はなかったはずです。

ところがそういう問題には名前がつきません。人権の侵害がないんだから問題にされないのです。そしてそういう世界は社会の一隅にしかすぎませんから特定の人だけで維持されてきたわけです。ところが戦後、阿呆なアメリカナイズのおかげでそういうものが白眼視されるに至ったのだと思ってます。区分けはおそらく70年前後だったんじゃあないでしょうか。

この頃、戦後生まれの第一世代が25歳位、伝統というものと隔絶された世代が誕生したのだと思ってます。この頃に戦前を知る人々が皆定年となりました。そして阿呆な日教組という団体が、一番力を持ってたのもこの頃だったと思います。おそらく同性愛というものが悪いこと、というか白眼視され始めるのはこの頃からだったと思うのです。キリスト教国だけでなく社会主義国でも同性愛は犯罪です。国の発展に寄与しないと思われてるからです。

ただその頃だって、そして今だって、その手の業界誌はありましたし皆んなそんなものだと思っていたのです。問題にならないのだからナントカ権と言わなかっただけです。そこに阿呆な憲法学者が実態を見ずに権利性がなんたらとやったのです。こういう人権のインフレ化が進むのが80年代だったと思います。そしてみんが言わなくなったらその世界の承継ができなくなっていたというところでしょうか。

思えば三島はいい時代に死んだとも言えるでしょう。

そして人権屋共は本来はないはずの権利侵害を問題にするわけです。今回、問題になったのは一橋大学の法科大学院だとか…もう論評する気にもなりませんあの手の学校に行く人達がどちらを選ぶのか知りませんが、おそらく「人権侵害がーーー」と叫ぶ口でしょう。そうであるならば法律屋の端くれならば断固戦うべきだったのでしょう。

このアウティングした奴も馬鹿です。こんな事言えば人権侵害で訴えられるに決まってるという頭はなかったんでしょうか。間違えても弁護屋には向かないでしょう(アタリマエのことですがまともな連中じゃないから弁護士とは言いません)。

この辺りはよもさんの言うとおりまさにアメリカ大好きの憲法屋共の暗躍です。この人達、アメリカ大好きのくせしてやってることは反米という倒錯しきった人々です。考えようによっちゃあとんでもない変態です。アメリカもこういう基地害どもを変態にして日本に送り返してくれたんだからザマアありません。

LGBTの権利を叫ぶやつぁ馬鹿でしょう。騒がなければ皆どうでもいいと思ってたことです。日本人は他人に迷惑をかけなければそのあたりの個人の性癖に文句をつけないのは今も昔も同じです。それを禁止する思想が泣かたんだから…騒げば騒ぐほど白眼視が進みます。権利主張しなければいけないほどの問題なんだあとなるわけです。少数派がこんな事望んでるわけじゃあないはずです。

部落問題と同じだという意見がありましたが。一面では正解でしょう。部落問題は伝統的な稼業と居住地が問題だっただけでそれを外してしまえば雲散霧消します。全国に部落問題がない地域、殆ど問題のない地域はゴマンとありました。だからそういう地域が広がれば差別は歴史の彼方に消えたはずです。それを消したくない人がいるんですよねえ。同和利権という言葉があることが全てですが、よもさんの言うとおりLGBT利権にでもなるんでしょうか。下らない世界です。

大学の時、民法学で異端と言われていた教授がいましたが、その言葉は真実だと思ってます。

「権利が多い社会なんてのは不幸な社会なんです。当たり前にできたことができなくなってるから権利性が問題になる。ましてや憲法を暮らしに生かそうなんて社会はとんでもない嫌な社会になるに決まってます。当たり前にできたことが皆できなくなってるに相違ないからです。人権屋さんが元気な社会は不幸な社会だということです。そんな社会にしちゃあいけないんです。」

この問題もおそらくは人権屋共がめちゃくちゃにした世界なんでしょう。




  1. 2016-08-23 22:18
  2. URL
  3. kazk #-
  4. 編集

よもさん、不正投稿に引っかかりました。多分そっちにははいってると思うんで復活させてください。
  1. 2016-08-23 22:21
  2. URL
  3. kazk #-
  4. 編集

以前、日本の同性愛文化の歴史について何かの本で読んだことがあるのですが、日本で同性愛者が日陰者のように扱われるようになったのは、明治時代に入って、政府が西洋人から、日本の同性愛文化に対して激しい非難にさらされるようになったからだというのです。つまり「同性愛を認める日本は野蛮で遅れた国だから、文明国になれ」というわけです。後押しをしたのは、留学経験のある極度に西洋かぶれした日本人だったというのです。お決まりのように「西洋では」を連発する出羽守様ですね。
不平等条約撤廃を最大の外交課題に掲げていた明治政府は、この手の非難には敏感で、例えば混浴風呂も西洋人からの非難を理由に禁止されました。
何のことはありません。自分達の文化や価値観を至上のものとする西洋白人が、上から目線で遅れた国を文明化しようとし、それの尻馬に乗って説教したがる日本人という現代に通じる構図が、明治時代に存在していたわけです。
この時明治政府は、肛門性交を違法する法律を制定したのですが、数年で撤廃されてしまったそうです。禁止したって、隠れてやれば取り締まりようがありませんからね。
結局の所同性愛を法律で禁止することはありませんでしたが、同性愛者に対する負の意識が日本人に植えつけられ、現代に至っているようです。
時代と共に価値観は変わります。かつて日本の混浴をはげしく非難していた西洋白人は今やヌーディストビーチや混浴サウナにうつつを抜かし、同性愛者を迫害していた反動からかわかりませんが、今や同性婚を認めない人や同性愛者を生理的に受け付けない人を悪魔の化身であるかのように責める状況すらあります。
彼らが、価値観をどのように変えようと自由ですが、そのたびに押し付けを迫られたら、実際に押し付けられる側にとっては迷惑どころの話ではないのです。
結局の所、白人は自分達が一番優秀な人種だという意識を捨てることができないのかもしれません。

  1. 2016-08-23 22:38
  2. URL
  3. 名無しの権兵衛 #iLnynDfk
  4. 編集

Re: 法曹界

> 報道からは自殺した青年の個人的な背景が解らないので、私の個人的な印象にすぎませんが。この青年が法学院で学び、法曹界に入る事を目指していなければ自殺にまで至らなかったではないかと思います。
>
> 法曹界は他業種と比べると非常に人数の少ない村社会です。2015年度全国の日弁連入会者は3万6千人あまりで、弁護士業務をする為には必ず弁護士会に入会しなければなりません。同じ様な村社会と云われる医師会は29万6千人ですから、いかに少ないかお解り頂けるでしょう。
> https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%BC%81%E8%AD%B7%E5%A3%AB%E4%BC%9A
> https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%97%A5%E6%9C%AC%E5%BC%81%E8%AD%B7%E5%A3%AB%E9%80%A3%E5%90%88%E4%BC%9A
>
> http://www.nichibenren.or.jp/library/ja/jfba_info/statistics/data/white_paper/2015/1-1-1_danjo_nenrei_suii_2015.pdf#search='%E5%BC%81%E8%AD%B7%E5%A3%AB+%E4%BA%BA%E6%95%B0'
>
> http://www.garbagenews.net/archives/2013192.html

> 他国に比べ日本の弁護士会は大きな自治を得、力も持っています。小さな社会なので噂が広がるのも早いでしょう。噂が広がれば藁に隠れる事も難しいのではないでしょうか。自殺した青年も同じような事を考えたのかも知れません。弁護士では無く検事を目指していたならなおの事だと思います。

 日本の法曹界の閉鎖性は非常に問題だと思います。
 
 しかし同性愛者だと困ると言う事はないでしょう?

 そもそも日弁連もLGBTの差別反対を喚いているし、この自殺した学生の訴訟を引き受けている弁護士も実も同性愛者で、同性愛者差別反対の旗振りをやっているのです。

 自殺なんかせずに弁護士になって同性愛差別旗振りに加われば良いんですよね。

> さて、余談ですが島由紀夫氏は同性愛者ではありません。バイ・セクシャリストです。結婚もされたしお子さんもいらっしゃいます。歴史的に日本人が衆道や稚児に寛容なのは古代ギリシャ等と同じ理由では無いでしょうか。いずれ結婚して子孫を残してくれるなら若いうちは疑似恋愛的に認めていただけの様な気がします。また封建制と云うのは身分制度を厳しく縛っていますので、身分違いの恋愛をして問題を起こされるより衆道や稚児の方がましとの考え方も有ったように思います。そしてこの考え方はヒンズー教徒やイスラム教徒も共有しているのではないかと思います。いずれは結婚して子孫を残す事が重要ですので、純粋なホモ・セクシャルでは無くバイ・セクシャルが容認されていたのではないでしょうか。また社会からはみ出した存在にも寛容で有ったように思います。このはみ出した存在はヨーロッパ文明でもピエロやクラウンやジェスター、あるいは芸術家たちが体現していろようにも思います。

 同性愛者の定義が曖昧なのです。

 絶対に異性と性交渉できない人もいますが、しかし同性の方が好きでも異性との結婚も可能と言う人だって、沢山いるようです。
 また本来異性が好きだけれど、同性との性交渉だって十分楽しめると言う人も多数いるようです。
 
 因みに性同一障碍でも結婚して子供を作った人もいます。

 このあたり凄く個人差が大きいようです。

 しかし同性愛差別反対を喚く人達は、どうもこのあたりの話しを全部ネグレクトして、同性愛者は全部同性としか絶対性交渉できないように喧伝しています。
 
 そうしないと不幸なマイノリティを演じられないですからね。
 
> とは云え、何でも突き詰めて極端になってしまうキリスト教文明、その中でもプロテスタント的な考え方は危険だと思いますし、それに追従するかのような日本の白人主情主義も危険だと思います。何にしても疑ってかかる事は重要で、逆にそこから寛容が生まれるのかも知れません。
>
> 何故なら人間は神ではなく完璧な人間など存在しないからです。完璧な制度と云う物も作り出せません。より良い制度を作る努力を続ける事、その為には地べたをはい回りながら苦しむしかないのではないでしょうか。キリスト教徒の皆様や無宗教の方々にもその事を思い出して頂きたいものです。

 全くその通りだと思います。 元来寛容って自分が不完全であると言う謙虚さが根源のはずです。

 でも現在パヨクの振り回す寛容はどうも違います。
 下民共を憐れむべきと言う傲慢さが根源なのです。

 だから寛容と言う名の不寛容になるのです。
>
>
> 最後に、民主主義についてですが、最近になり幾つかの本を読んで最も高度な民主主義を完成せさせていたのはアメリカ・インディアンだったのではないかと思い始めています。彼らはすべての事を合議制で決め、王という概念も土地を所有するといった概念も持ちませんでした。部族ごとにですが福祉の概念を持ち弱者や高齢者を扶養し、差別も無く多人種を受け入れ、また貴重な資源を共有し守る事さえやっていたのだと知りました。
>
> そして17世紀アメリカに移住してきた白人達はこの高度な社会を理解する事が出来ませんでした。そして200年以上に渡りインディアンに差別、迫害、だまし討ち、詐欺、虐殺をくわえ、計画的に伝染病をはやらせる事さしました。
>
> アメリカ合衆国には今なお根深い人種差別が有るといわれています。遅れている社会を形成してきたのは誰なんでしょうね。

 おお、アメリカインディアンがそれほど高度な社会を作っているとは知りませんでした。
 本来なら大いに学ぶべき文化を持っていたのですね。

 こうした人達を絶滅に追い込もうとしたのは、実に罪深い事です。
  1. 2016-08-24 09:12
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

Re: 貧困な憲法学の人権観

> この問題は現代の社会の日本の目に見えぬ断絶を表してるものと思います。
>
> かつて日本では男色などというのはおおっぴらには言わぬまでも、皆が知りまあ大目に見ていたことだったと思います。そうであればよもさんの言うとおり迫害などはなかったわけです。これは歴史的に見てもそうでしたし特に問題はなかったはずです。
>
> ところがそういう問題には名前がつきません。人権の侵害がないんだから問題にされないのです。そしてそういう世界は社会の一隅にしかすぎませんから特定の人だけで維持されてきたわけです。ところが戦後、阿呆なアメリカナイズのおかげでそういうものが白眼視されるに至ったのだと思ってます。区分けはおそらく70年前後だったんじゃあないでしょうか。

 日本で同性愛が罪悪視されるようになったのは、明治維新後西欧文化が入ってからです。

 でも白眼視程度の話です。

 戦前は学校も男女共学ではなく、男女隔離が厳しかったせいか、学生など普通に同性愛をしていたようです。 性交渉にまで至るわけではないのですが、男子学生なら愛らしい下級生に、女子学生なら凛々しい上級生に憧れるなど、普通だったようです。

 そういう事実を無視して、日本で西欧のように同性愛が迫害されたと騒いでいるのが、現在の反LGBT差別団体です。 
>
> この頃、戦後生まれの第一世代が25歳位、伝統というものと隔絶された世代が誕生したのだと思ってます。この頃に戦前を知る人々が皆定年となりました。そして阿呆な日教組という団体が、一番力を持ってたのもこの頃だったと思います。おそらく同性愛というものが悪いこと、というか白眼視され始めるのはこの頃からだったと思うのです。キリスト教国だけでなく社会主義国でも同性愛は犯罪です。国の発展に寄与しないと思われてるからです。
>
> ただその頃だって、そして今だって、その手の業界誌はありましたし皆んなそんなものだと思っていたのです。問題にならないのだからナントカ権と言わなかっただけです。そこに阿呆な憲法学者が実態を見ずに権利性がなんたらとやったのです。こういう人権のインフレ化が進むのが80年代だったと思います。そしてみんが言わなくなったらその世界の承継ができなくなっていたというところでしょうか。
 
> 思えば三島はいい時代に死んだとも言えるでしょう。

 仰るように人権インフレなのです。
 
 本来人権って専制国家による個人の財産権や自由権の侵害を守る為に造られた概念でしょう?

 でも民主主義が確立した先進国では、それはなくなったし、女性や黒人なども法の下の平等は完全に確保されました。

 だから今度は個人の他人に対する平等や、結果平等を求めるようになっているのです。
 
 また外国人とかLGBTとか新しいネタを探しているのです。
>
> そして人権屋共は本来はないはずの権利侵害を問題にするわけです。今回、問題になったのは一橋大学の法科大学院だとか…もう論評する気にもなりませんあの手の学校に行く人達がどちらを選ぶのか知りませんが、おそらく「人権侵害がーーー」と叫ぶ口でしょう。そうであるならば法律屋の端くれならば断固戦うべきだったのでしょう。
>
> このアウティングした奴も馬鹿です。こんな事言えば人権侵害で訴えられるに決まってるという頭はなかったんでしょうか。間違えても弁護屋には向かないでしょう(アタリマエのことですがまともな連中じゃないから弁護士とは言いません)。

 確かに馬鹿だけれど、しかしこの法科大学院のクラスは25人しかいないそうです。
 そういう中で同性愛なんて話は、自然にばれちゃうのですけどね。

 問題の学生は告白されてから2ヶ月以上してから「オマエがゲイだって事隠しきれなくなった」とメールしたのです。 
 隠しきれなくなるのは当然でしょうね。

> この辺りはよもさんの言うとおりまさにアメリカ大好きの憲法屋共の暗躍です。この人達、アメリカ大好きのくせしてやってることは反米という倒錯しきった人々です。考えようによっちゃあとんでもない変態です。アメリカもこういう基地害どもを変態にして日本に送り返してくれたんだからザマアありません。

 だから奴隷なんですよ。
 アメリカへの愛の奴隷です。
>
> LGBTの権利を叫ぶやつぁ馬鹿でしょう。騒がなければ皆どうでもいいと思ってたことです。日本人は他人に迷惑をかけなければそのあたりの個人の性癖に文句をつけないのは今も昔も同じです。それを禁止する思想が泣かたんだから…騒げば騒ぐほど白眼視が進みます。権利主張しなければいけないほどの問題なんだあとなるわけです。少数派がこんな事望んでるわけじゃあないはずです。
>
> 部落問題と同じだという意見がありましたが。一面では正解でしょう。部落問題は伝統的な稼業と居住地が問題だっただけでそれを外してしまえば雲散霧消します。全国に部落問題がない地域、殆ど問題のない地域はゴマンとありました。だからそういう地域が広がれば差別は歴史の彼方に消えたはずです。それを消したくない人がいるんですよねえ。同和利権という言葉があることが全てですが、よもさんの言うとおりLGBT利権にでもなるんでしょうか。下らない世界です。
>
> 大学の時、民法学で異端と言われていた教授がいましたが、その言葉は真実だと思ってます。
>
> 「権利が多い社会なんてのは不幸な社会なんです。当たり前にできたことができなくなってるから権利性が問題になる。ましてや憲法を暮らしに生かそうなんて社会はとんでもない嫌な社会になるに決まってます。当たり前にできたことが皆できなくなってるに相違ないからです。人権屋さんが元気な社会は不幸な社会だということです。そんな社会にしちゃあいけないんです。」
>
> この問題もおそらくは人権屋共がめちゃくちゃにした世界なんでしょう。

 全くその通りです。
  1. 2016-08-24 09:29
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

Re: タイトルなし

> 以前、日本の同性愛文化の歴史について何かの本で読んだことがあるのですが、日本で同性愛者が日陰者のように扱われるようになったのは、明治時代に入って、政府が西洋人から、日本の同性愛文化に対して激しい非難にさらされるようになったからだというのです。つまり「同性愛を認める日本は野蛮で遅れた国だから、文明国になれ」というわけです。後押しをしたのは、留学経験のある極度に西洋かぶれした日本人だったというのです。お決まりのように「西洋では」を連発する出羽守様ですね。
> 不平等条約撤廃を最大の外交課題に掲げていた明治政府は、この手の非難には敏感で、例えば混浴風呂も西洋人からの非難を理由に禁止されました。
> 何のことはありません。自分達の文化や価値観を至上のものとする西洋白人が、上から目線で遅れた国を文明化しようとし、それの尻馬に乗って説教したがる日本人という現代に通じる構図が、明治時代に存在していたわけです。
> この時明治政府は、肛門性交を違法する法律を制定したのですが、数年で撤廃されてしまったそうです。禁止したって、隠れてやれば取り締まりようがありませんからね。
> 結局の所同性愛を法律で禁止することはありませんでしたが、同性愛者に対する負の意識が日本人に植えつけられ、現代に至っているようです。

 なるほど良くわかりました。

 確かに明治以前は同性愛に対してきわめておおらかなのです。

> 時代と共に価値観は変わります。かつて日本の混浴をはげしく非難していた西洋白人は今やヌーディストビーチや混浴サウナにうつつを抜かし、同性愛者を迫害していた反動からかわかりませんが、今や同性婚を認めない人や同性愛者を生理的に受け付けない人を悪魔の化身であるかのように責める状況すらあります。

 そうなんですよね、
 
 これってカソリックが散々プロテスタントを迫害した後、プロテスタントが権力を持つと今度はカソリックを迫害するのと、全く同じパターンなのです。

> 彼らが、価値観をどのように変えようと自由ですが、そのたびに押し付けを迫られたら、実際に押し付けられる側にとっては迷惑どころの話ではないのです。
> 結局の所、白人は自分達が一番優秀な人種だという意識を捨てることができないのかもしれません。

 マジに困った人達です。

 善意に見ると白人至上主義と言うだけでなく、只非常に生真面目で単純な人達と言うだけかもしれないのですけどね。
  1. 2016-08-24 09:42
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

政府通知の撤回及び適正な補助金交付を求める会長声明

LGBT差別関連ではありませんが、

今度は神奈川県弁護士会です。

http://www.kanaben.or.jp/profile/gaiyou/statement/2016/post-254.html

前回の日本弁護士会 会長声明と内容はほぼ同じです。弁護士法の改正も必要ですね。少なくとも外部の監査機関が必要だと思います。
  1. 2016-08-24 14:16
  2. URL
  3. エピキュリアン #-
  4. 編集

Re: 政府通知の撤回及び適正な補助金交付を求める会長声明

> LGBT差別関連ではありませんが、
>
> 今度は神奈川県弁護士会です。
>
> http://www.kanaben.or.jp/profile/gaiyou/statement/2016/post-254.html
>
> 前回の日本弁護士会 会長声明と内容はほぼ同じです。弁護士法の改正も必要ですね。少なくとも外部の監査機関が必要だと思います。

 日本弁護士会のやっていることって全部オカシイです。
 
 ホントに弁護士法を変えるしかないです。
  1. 2016-08-24 19:16
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. 2016-08-24 22:17
  2. #
  3. 編集

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する