2016-08-20 23:01

サマータイム

 8月になってからよもちゃんは、毎日毎日、お外に出てばかりで、殆ど家に居つきませんでした。

 いつまで経てっても帰らないので、心配になって探しに行くと、大抵はウチのお庭やお隣の玄関など、直ぐ近くにいました。

 そんな所にいるんだったら、何で家に帰らないのでしょうか?


 よもさん~~!! よもさん~~!!

005

 ああ、煩いわねえ・・・・・。

 よもさん~~!!

2016y08m20d_220400282

 チョッと、そんなに騒いじゃ近所迷惑よ。

 よ、よもさん!! そんな所で何しているの? 
 朝お出かけしていつまで経っても帰らないから、わたしは凄く心配したのよ?

2016y08m20d_220432128

 何が心配なのよ? わたしはここでお昼寝していただけよ。 
 自分の家の庭でお昼寝しているのに、何が心配なのよ?

 だってよもさんの姿が見えないんだから・・・・・。
 それより何でそんなところでお昼寝するのよ?
 家で寝れば良いじゃないの?

009

 だって家の中は暑いんだもの。 
 ウチは冷房もないのよ。

 何言ってるのよ?
 暑いったって、ウチは今まで28℃を超えた事はないのよ!!
 これって東京の一流企業のオフィスの温度よ。

2016y08m20d_220453154

 28℃なんて耐えられないわよ。 ワタシは毛皮なのよ。
 
 そ、そんなこと言っても去年の夏は、こんなにお外ばかり出なかったでしょう?
 去年は今年より暑かったのに。

2016y08m20d_220527287
 
 そうよ。 だって去年は猛暑で、家の中よりお外が暑かったのよ。 でも今年は去年に比べて涼しいから、家の中よりお外が涼しいのよ。
 だからワタシはここでお昼寝する事にしたのよ。
 わかったら煩いから邪魔しないで!!

 わ、わかったわ。 だったらそこで大人しくお昼寝しているのよ。
 遠くに行っちゃダメよ。

2016y08m20d_220623692

 いかないわよ。
 とにかくお昼寝の邪魔だからあっちへ行って!!


 わたしは仕方がないので、よもちゃんをそのままにして家に入りました。
 家の中だってそんなに暑いわけじゃなく、扇風機があれば十二分に涼しいのです。

 でもよもちゃんはこの後も、なかなか帰ってきませんでした。
 だからわたしはまた心配になって、よもちゃんを探しに行きました。


 よもさ~~ん!! よもさ~~ん!!

015

 煩いわねえ・・・・・、また来たの?

 ああ、よかった。 いつまでそこにいるのよ?

015

 お昼寝が終わって涼しくなるまで。

 だってもう朝から、ずうっとそこにいるのよ?

016

 だって朝からずうっと暑いんだもの。

 ホントにそんな暑がる程、暑いの?

2016y08m20d_220840182

 暑いのよ。
 お外の涼しい風が気持ち良いって、今の内だけでしょう?

 ええ、まあ・・・・・。

2016y08m20d_220911291

 あと半月もしたら、お外の風は肌寒くなって、お外でお昼寝できるのは、風のない特別穏やかな日だけになるのよ。
 短い夏の日は夏としてできる限り楽しむべきなのよ。

 それはそうだけれど・・・・・。

2016y08m20d_220936199

Summertime,
And the livin' is easy
Fish are jumpin'
And the cotton is high
Your daddy's rich
And your mamma's good lookin'
So hush little baby
Don't you cry




 よもちゃんがサマータイムを楽しむ邪魔をしてはイケナイと思ったので、わたしは仕方なく退散しました。

 でもその後もよもさんはなかなか帰ってきませんでした。

 だからまた探しにでたのです。


 よもさ~~ん!! よもさ~~ん!!

2016y08m20d_221000148

 イヤだ、また来たわ。
 
 ああ、よかった。 ここにいたのね。
 もういい加減に帰りましょうよ。

2016y08m20d_221000148

 帰るって? ここウチのお庭じゃない?
 ウチのお庭にいると言う事は、ウチの敷地にいるわけで、家にいるのと同じよ。
 自分の家にいて帰る事はできないわよ。
 死んだ人間を殺す事が出来ないのと同じだわ。

 だってお庭と家の中は違うわ。
 そうやってお外にばかりいると心配なのよ。

2016y08m20d_221050022

 だったらワタシのサマータイムはどうなるの?
 イージーなライフを満喫できる、貴重な季節なのに・・・・・。

 よもさんのライフは、年中イージーじゃない?
 わたしはよもさんが忙しく働いているのは見た事がないけど?

2016y08m20d_221110938

 働いてるわよ!!
 この前、スズメを二羽獲ってきたでしょう?
 あれ早朝から、待ち伏せして大変だったのよ!!


 ええ、そうなんです。 
 数日前ですが、よもちゃんは二日続けてスズメを獲ってきたのです。 そして家の中で食べました。

 わたしは血が凍る思いでしたが、恐ろしくて何もできませんでした。

 でもよもちゃんは大満足のようでした。

 毎日高級猫缶を好き放題食べられるようにしてやっているのに、何でスズメなんか獲るでしょうね?

 でも毎日好き放題遊び歩いて、スズメを獲って、猫缶を沢山食べて、そしてお庭でお昼寝する。

 これがよもちゃんのサマータイムなのです。

 因みにウィンタータイムだと、お昼寝する場所が、ストーブの前に変わるだけだから、「the livin' is easy」であることは同じだと思うんですけどね。

  1. 猫の生活
  2. TB(0)
  3. CM(9)

コメント

久しぶりのよもちゃんネタですね。
よもちゃんもスズメを見ると、ハンターの血がさわぐのでしょうね。あと、よもちゃんにとってスズメは、高級猫カンの後のデザートだと思っているのかもしれませんね。
  1. 2016-08-21 00:00
  2. URL
  3. 雄の三毛猫 #-
  4. 編集

ボギーとベス

ガーシュウィンのサマータイムは1934年~1935年にかけてオペラ『ボギーとベス』の中の1曲として作曲され、多産な作曲家として知られるガーシュウィンの曲の中でもとりわけ有名な曲ですね。私は中学生の頃吹奏楽部に在籍していましたので、夏になるとキューバ序曲(Cuban Overture)を汗水たらして練習していた事を思い出します。原曲は弦楽パートが有りますが、ブラスバンドでやるときは当楽器をサキソフォン等に置き換えてやります。ファゴットやコントラ・ファゴットのパートはチューバを増やして代行していたので、原曲とは少し違ったアフロ・キューバン風味の強い演奏だったと覚えが有ります。

処でサマータイムのタイトルを見て夏時間導入についてのエントリだとばかり思っていましたが、久々のよもさんの登場でした。よもさんは大和撫子ではなさそうですが、日本猫として稀にみる美猫ですね。

ヨーロッパで生活していた頃は夏時間が有るのが当たり前でしたので、日本も導入すれば少しは省エネにもなりそうなものなのにと常日頃考えています。マイナス面とされているコンピューターを使った各種システムの影響も他国でやれている事が日本で出来ない理由は無いし、どうしても其れを厭うなら、時計の針を進めるのではなく、各種公共機関の時間割りを1時間早めれば良いだけとも思います。夏時間を最初に提唱したベンジャミン・フランクリンの考えもそのようなものだったと考えます。

あまり知られていないようですが、日本でも1948年~1951年の間サマータイムを実施しています。サンフランシスコ講和条約の締結後、占領が終了するのに合わせて夏時間法も終了しています。
  1. 2016-08-21 01:03
  2. URL
  3. エピキュリアン #-
  4. 編集

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. 2016-08-21 10:32
  2. #
  3. 編集

Re: タイトルなし

> 久しぶりのよもちゃんネタですね。
> よもちゃんもスズメを見ると、ハンターの血がさわぐのでしょうね。あと、よもちゃんにとってスズメは、高級猫カンの後のデザートだと思っているのかもしれませんね。

 どうもそのようです。 デザートと言うか、美味しいオヤツと思っているのは間違いない事で、スズメを獲った時は凄く嬉しそうです。

 だからワタシもスズメを取り上げて捨てる事ができないのです。
  1. 2016-08-21 11:07
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

Re: ボギーとベス

> ガーシュウィンのサマータイムは1934年~1935年にかけてオペラ『ボギーとベス』の中の1曲として作曲され、多産な作曲家として知られるガーシュウィンの曲の中でもとりわけ有名な曲ですね。私は中学生の頃吹奏楽部に在籍していましたので、夏になるとキューバ序曲(Cuban Overture)を汗水たらして練習していた事を思い出します。原曲は弦楽パートが有りますが、ブラスバンドでやるときは当楽器をサキソフォン等に置き換えてやります。ファゴットやコントラ・ファゴットのパートはチューバを増やして代行していたので、原曲とは少し違ったアフロ・キューバン風味の強い演奏だったと覚えが有ります。

 炎熱の中でキューバ序曲の練習って、夏そのモノですね。  
 熱中症になりそうだけれど。
>
> 処でサマータイムのタイトルを見て夏時間導入についてのエントリだとばかり思っていましたが、久々のよもさんの登場でした。よもさんは大和撫子ではなさそうですが、日本猫として稀にみる美猫ですね。

 有難う御座います。 
 よもちゃんが大喜びしています。
 
> ヨーロッパで生活していた頃は夏時間が有るのが当たり前でしたので、日本も導入すれば少しは省エネにもなりそうなものなのにと常日頃考えています。マイナス面とされているコンピューターを使った各種システムの影響も他国でやれている事が日本で出来ない理由は無いし、どうしても其れを厭うなら、時計の針を進めるのではなく、各種公共機関の時間割りを1時間早めれば良いだけとも思います。夏時間を最初に提唱したベンジャミン・フランクリンの考えもそのようなものだったと考えます。
>
> あまり知られていないようですが、日本でも1948年~1951年の間サマータイムを実施しています。サンフランシスコ講和条約の締結後、占領が終了するのに合わせて夏時間法も終了しています。

 この話は母から聞いた事があります。
 しかし母に言わせると、暑くて眠れないのに、サマータイムで早く起こされるのは、結構苦痛だったそうです。

 当時は冷房もなく、早朝の涼しい時間こそぐっすり眠りたいと言うのは、わからなくありません。
  1. 2016-08-21 11:14
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

Re: タイトルなし

> よもぎねこさん、こんにちは。
> izaのころからいつも拝見させていただいています。専らロム専門で、今回で二度目の書き込みです。

 有難う御座います。 楽しんで頂けてうれしいです。
>
> すてきなサマータイムの紹介、ありがとうございました。
> 10代のころからジャニスジョプリンのものは聴いていたのですが、こちらのほうは初めてです。「サマータイム」の出生についていてはまったく知りませんでした。

 サマータイムは元々オペラの中の曲ですから、アリアなんですね。
 このオペラ「ボギーとベス」って何とも意味深長な物語です。

 https://www.youtube.com/watch?v=fO2114PmTl4
  1. 2016-08-21 11:45
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. 2016-08-21 16:24
  2. #
  3. 編集

狩りの理由

> 毎日高級猫缶を好き放題食べられるようにしてやっているのに、何でスズメなんか獲るでしょうね?

猫はタンパク質の消費を止められません。つまり体に貯めておけないのです。特に生命維持に必要な何種類かのタンパク質は、人間や犬なら野菜からでも取って体に貯蔵できるのですが、猫は動物の肉からしか取れず、しかもその吸収が効率的に出来ないのです。

そしてちょっとちょっと前まではキャットフードにその必要なタンパク質が入っていなかったり少なかったので、飼い猫と言えども狩りをしないと健康が維持できなかったのです。

これが猫が、人に飼われても、依然として狩りの本能を捨てられない理由だと考えられます。生肉は一番消化がいいらしいのです。猫は水もあまり飲みませんが、もともと狩った獲物の肉や骨から水分を取っていたらしいです。

現在のキャットフードにはそういう必要な栄養は入っているようですが、狩りの本能を捨てるほどの時間が経っていないのでしょう。そういう進化(?)を遂げるには、数世代が立たないと難しいのではないでしょうか?

だからハンター・よもは、今日も狩りに出掛けるのでしょう。
  1. 2016-08-21 19:01
  2. URL
  3. tna6310147 or ベヒモス #-
  4. 編集

Re: 狩りの理由

> > 毎日高級猫缶を好き放題食べられるようにしてやっているのに、何でスズメなんか獲るでしょうね?
>
> 猫はタンパク質の消費を止められません。つまり体に貯めておけないのです。特に生命維持に必要な何種類かのタンパク質は、人間や犬なら野菜からでも取って体に貯蔵できるのですが、猫は動物の肉からしか取れず、しかもその吸収が効率的に出来ないのです。
>
> そしてちょっとちょっと前まではキャットフードにその必要なタンパク質が入っていなかったり少なかったので、飼い猫と言えども狩りをしないと健康が維持できなかったのです。
>
> これが猫が、人に飼われても、依然として狩りの本能を捨てられない理由だと考えられます。生肉は一番消化がいいらしいのです。猫は水もあまり飲みませんが、もともと狩った獲物の肉や骨から水分を取っていたらしいです。
>
> 現在のキャットフードにはそういう必要な栄養は入っているようですが、狩りの本能を捨てるほどの時間が経っていないのでしょう。そういう進化(?)を遂げるには、数世代が立たないと難しいのではないでしょうか?
>
> だからハンター・よもは、今日も狩りに出掛けるのでしょう。

 おお、そういうわけですか・・・・・。

 しかし何とかやめてほしいんですけどね。

 よもちゃんが食べ残した羽や足を見ると、背筋が冷たくなります。
 
 
  1. 2016-08-21 20:55
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する