2016-07-19 14:09

アメリカの抑止力と義和団の国

 中国は全方位侵略恫喝外交をやっています。
 つまり周辺諸国全てに領土問題で喧嘩を売り、その上アメリカにまで喧嘩を売っているのです。

 常識的に考えると、これは大変下手糞な外交です。 本当に領土を欲しいなら、弱い国と孤立させてから、侵略して、一国、また一国と順番に領土を奪って行けば良いのです。
 勿論アメリカなど強大な国には、徹底的に媚び諂い、良好な関係を維持した上でです。

 ところが中国は近隣諸国に領土紛争を仕掛けるのと、ほぼ同時にアメリカに喧嘩を売っているのです。

424

 ワタシはこれを大変不思議に思っていました。

 しかしこの記事を読んでみると、その理由がわかりました。

 人民解放軍はもはや「一戦」を惜しまない!「南シナ海判決」を前に習近平が準備作戦命令

 特に後半に出てくる、中国現役将軍の軍内部に示した見解と言うのが面白いです。

 ここでこの将軍が質問に答える形で、言っている事に、中国の本音が見え隠れしているのではないかと思います。

2016y07m17d_123023067


将軍: 私は第18回共産党大会(2012年11月)前に、当時の指導者たちに、「釣魚島問題に対しては主動的であれ」と説いた。「(日中)中間線」を乗り越え、12海里内に入る頻度を上げ、どんどん「新たな現実」を更新させていく。

だからといって、釣魚島に上陸はしない。もし日本が上陸したらすぐに奪還する構えを見せるだけで十分だ。なぜならこちらが先に動けば、アメリカ軍が強硬に介入してくるからだ。

当面の目標は、この島が中日間で争議になっているということを、世界に認知させることだ。戦争するとしたら、釣魚島よりも台湾が先だ。中国は当面は軍拡を続け、日本の防衛能力を凌駕していけばよいのだ。

454

 つまりアメリカが出てくると困るから尖閣諸島には上陸しないと言うわけです。
 アメリカの抑止力は絶大なのです。

 しかし「中国は当面は軍拡を続け、日本の防衛能力を凌駕していけばよいのだ。」って?

 今の状態で自衛隊と中国が尖閣を巡って通常戦闘になったら、中国軍は一週間で惨敗すると言われています。
 それは中国側も理解していると言うわけです。

 でも「アメリカが介入するから、尖閣諸島上陸流はできない」と言うのです。

471


将軍: 政治と軍事分野に関しては、わが国はアメリカに対して、じっと我慢を続ける必要がある。そうして、アメリカ経済の没落の時を待つのだ。生産コストが高いアメリカでは、自ずと製造業が衰退していく。製造業が衰退していけば、国民の雇用が維持できなくなって経済力は落ちていく。その分、こちらが経済力を増してゆけばよいのだ。

だが、外交分野に関しては、どんどんアメリカ及び世界に攻勢をかけていく。なぜなら、外交問題で妥協すれば、国民が共産党に対する信頼を失い、共産党政権が転覆してしまうからだ。特に、台湾、釣魚島(尖閣諸島)、南シナ海については、「進む」という選択肢しかない。

中国とアメリカは、多くの分野で提携していけるが、台湾、釣魚島、南シナ海だけは別で、われわれは「退く」ことはできない。この3ヵ所は中国の核心的利益であり、アメリカの核心的利益ではない。アメリカにとってこの3ヵ所は、中国を抑え込む一手段にすぎないのだ。

もしこの3ヵ所でアメリカが軍を発動するなら、わが軍は迷わずアメリカと対決する。それが中国のボトムラインだ。

486

 ヤッパリこういうわけだったんですね。 
 今の所、アメリカには軍事的に勝てないから、軍事と政治ではアメリカと対決できない。

 しかし外交での強硬姿勢を止めると、中国共産党政権が持たないので、強硬姿勢を続けるしかないと言うのです。

 つまり中国の全方位恫喝侵略外交は、実は共産党の権威維持の為であって、外交本来の目的によるではないのです。

488


将軍: 国内外を問わず、最大のリスクは、すなわちアメリカだ。アメリカ軍は、予測がつかないことがある。ケリー国務長官とはまったく正反対のことを、カーター国防長官やハリス太平洋艦隊司令官が中国に言ってきたりする。ハリスは先日、「今晩にでも(対中)開戦の準備はできている」と発言した。

これはジョークではないのだ。アメリカが今回、南シナ海に派遣した空母の編成は、一般的な2隻の護衛艦、もしくは多くても4隻の護衛艦ではなくて、6隻も従えてきたのだ。さらに駆逐艦3隻に、潜水艦まで伴っている。本当に、いつでも戦争できる状態だ。

だがそれでも、有利なのはわが軍の方だ。なぜなら紛争地が、中国のお膝元だからだ。アメリカ軍の空母を沈没させるくらいのことはできる。

中米の軍事力を比較すると、2030年になっても、軍事技術の7割以上の領域で、やはりまだアメリカに、10年以上の遅れを取っていることだろう。われわれは背伸びをしてはいけない。

 だがそれでも、有利なのはわが軍の方だ。なぜなら紛争地が、中国のお膝元だからだ。アメリカ軍の空母を沈没させるくらいのことはできる。

500

 無理だと思うよ。
 自衛隊にも勝てないってわかっているのに、アメリカの空母を撃沈するなんて勇ましい事言ってもさ。

 そもそも中南シナ海は中国のお膝下って言うけど、そりゃアメリカより中国に近いけれど、アメリカ軍の機動力からしたら、そんな距離の差は何の意味もないよ。

 でもこうでも言わないと、軍内でも中国共産党の面子が保てないのでしょう?

505
 
 因みに質問7では、アメリカが尖閣諸島・南シナ海・台湾の3ヵ所について「この3ヵ所でアメリカが軍を発動するなら、わが軍は迷わずアメリカと対決する。それが中国のボトムラインだ。」なんて言ってるけど、自衛隊に勝てないのに、アメリカと対決してどうするの?

 それにしてもアメリカと言う国は、元来70年代に中国と国交を回復して以降、元来中国には極めて融和的な政策を取ってきたのです。
 
 それを「国内外を問わず、最大のリスクは、すなわちアメリカだ。」なんてアメリカに喧嘩を売るなんて?

 元来地理的に遠いので、アメリカとは領土紛争もないのです。
 また軍事的・経済的にアメリカに勝てるようになるのは、かなり先の話です。
 
 それなのになぜか必死にアメリカに喧嘩を売る。

515

 ワタシはこれは実は中国が、アメリカ以外でも現在紛争中の国々と本当に戦争をするわけにはいかないからだと思うのです。

 なぜなら戦争を仕掛けても勝てないどころか、惨敗する可能性が非常に高いからです。

 一番わかりやすいのは、尖閣諸島の場合です。

 尖閣諸島に上陸して自衛隊と戦闘になり、惨敗したら中国共産党政権は崩壊するでしょう。
 
 だから「アメリカが出てくるとやばいから、当分尖閣諸島には上陸できない。」と言うしかないのです。

522

 考えてみたら中国人民解放軍と言うのは弱軍です。 ベトナム懲罰なんて言ってベトナムに侵略戦争を仕掛けた時も、惨敗しています。

 あの頃は毛沢東が全盛時代だったら、ベトナムで惨敗しても、共産党政権の基盤が揺るぐ事は無かったのですが、今同様の惨敗をしたら無事では済まないでしょう。

 だからどんな国が相手でも、正面戦は絶対に避けたい、しかし外交では強硬姿勢を維持するしかない。
 
 この為にはアメリカと敵対する事で、「アメリカが~!! アメリカと戦争になったらヤバイから、戦争はしない。」と言い続けるしかないのです。
 アメリカが相手なら、人民も戦争できない事を納得してくれるからです。 

 と、言うかアメリカ以外に対しては「負けるから戦争するわけにいかない」とは言えないのです。 
 アメリカが出てこないと事が明白になったら、直ぐにも戦争を仕掛けない訳に行かないのです。

 その意味ではアメリカの抑止力と言うのは絶大です。
 アメリカがあるお蔭で中国は、取りあえず近隣諸国に戦争を仕掛けないで済んでいるのですから。

2016y07m19d_142253219

 しかしこんな事をいつまで続けられるのでしょうか?
 
 この記事の最初に書かれているのですが、今回の国際司法裁判所での敗訴で、中国人民は激昂しているようです。

 「これは現代版の義和団事件になるかもしれない」

 と危惧する知識人もいるそうです。
 
 そりゃそうでしょう?
 
 中国共産党はひたすら人民に中国と正義と中国の強大さを訴え、外交では強気のパフォーマンスを続けているのですから、いつまで経ってもそれが現実の世界で全然成果を出さなかったら、人民もいずれブチ切れるのです。

 共産党がアメリカを恐れて開戦しないなら、我々が勝手にやる!!

 と、ばかりに民衆が中国国内の外国資本の商店や工場を襲うと言う、現代版義和団事件が起きるのも時間の問題かも知れません。

2016y07m19d_142335162

 そして義和団事件を思い出せば、中国人の外国に対する敵意と言うのは、実は彼等が元来持っていた物だったと考えるべきでしょう。

 だってあの当時は中国には排外ナショナリズムのプロパガンダを大々的にやるような組織はなかったのです。 しかしそれでもああ言う事件が起きたのですから。

 日本もアメリカも70年代に中国と国交を正常化してからは、中国に莫大な援助をしてきました。

 国家の援助だけでなく、中国の貧しい人々を救うために自費で援助をしてきた民間人も沢山います。

 しかし結局中国人の本質は義和団であることは、全く変わらなかったのです。

 そして中国共産党が全方位恫喝侵略外交を行い、反日始め対外敵対プロパガンダをやるのも、こういう中国人民の支持を得る為でしょう。

529

 これを想うと中国共産党政権が、全方恫喝侵略外交を止めて、対外融和姿勢に転換する事は絶対不可能です。

 中国人民の根源的な対外姿勢は義和団なのですから。
 そのような人民に支持されていくには、今後も全方位恫喝侵略外交を続けて行くしかないのです。

 そうなると今後の展開は以下に二択しかありません。

 第二義和団事件が起きて国内が崩壊するのが先か?
 中国共産党政権が対外戦争に踏み切るのが先か?

539

 日本始め周辺諸国としては理想的なのは、前者の第二義和団事件の勃発です。
 
 これをやれば中国経済は壊滅します。 だって中国経済は外国から投資と外国への輸出に大きく依存しているのです。

 しかし第二義和団事件なんぞが起きたら、それが全部パ~~になります。
 そして中国国内が混乱して対外戦争どころではなくなります。

 それにアメリカとしたら、中国人民がアメリカ人やアメリカ企業に危害を加えたら、アメリカとしては中国政府に売ったアメリカ国債をチャラにできると言う嬉しいオマケもあります。

543
 
 だから日米と中国の周辺諸国はこれを目指して頑張るしかありません。
 
 その為には自国の防衛力の強化と、良好な対米関係の維持に努めるしかないのです。

 こうして中国の自滅を待つべきなのです。

  1. 特亜
  2. TB(0)
  3. CM(12)

コメント

原子力発電所

現在の処プラン止まりのようですが、レコード・チャイナによると南シナ海に原子力発電所を20基あまり浮かべる計画が有るそうです。

正攻法では勝てそうにないので、原子力発電所を抑止力にして何が何でも南シナ海を中国の領海にするつもりでしょう。中華人民共和国(以下チャイナ)国内でフロート型の発電所を建造して、南シナ海にひっぱて来られたら他国は干渉のしようが有りません。恐るべき計画です。

そろそろ世界各国はチャイナの危険性を十二分に理解し始めているでしょう。とっとと国連で問題提議の上経済制裁を行うべきだと思います。常任理事国の拒否権の行使を防ぐため(当事国のチャイナに拒否権は無い)早急にロシアを引き込む必要が有りますが、交渉の余地は有るのではないかと思います。

現在ロシアにはクリミア問題で経済制裁中ですが、プーチンが大統領の内なら経済制裁の解除と経済援助(主に日本から)を前提に交渉する価値が有ると考えます。もしこの問題でロシアが拒否権の行使に拘ったとしても、チャイナから核ミサイルの発射を確認次第(何処に向けた攻撃であっても)攻撃を開始するとプーチンからの発言が有るだけでも大きな抑止力になると思います。

其れから、ここ最近になって考え始めた事ですが、クリントン氏とトランプ氏がTPPに対して反対の表明をしているのは、TPPがチャイナにとって経済的に大きなマイナスと予想されるからではないかと考える様になってきました。
  1. 2016-07-19 16:02
  2. URL
  3. エピキュリアン #-
  4. 編集

こんばんわ

ご皇室の事です。
普段は清楚な女性の姿を国民に見せていらっしゃいますが、このような事実が存在する事は御存知ですか??
https://sites.google.com/site/kimitujyouhou/akishinonomiyamako41
https://sites.google.com/site/kimitujyouhou/04
https://sites.google.com/site/kimitujyouhou/26
  1. 2016-07-20 03:54
  2. URL
  3. #-
  4. 編集

義和神拳

第40話 義和団事件と北斗の拳 【CGS ねずさん】
https://www.youtube.com/watch?v=86wAFWWHpeo&index=41&list=PL6mu43UnNThB9E_MzFdjCyIbOWitkuQCd

疋田しぃ3 か月前
義和神拳を習得してても実物の鉛玉は意外と痛かったw

チャイニーズ・マフィア
http://leo.aichi-u.ac.jp/~kagamisemi/repo/tannge.html

※義和団のような団体がチャイニーズ・マフィア (黒社会)の源流とも言えます。
  1. 2016-07-20 04:49
  2. URL
  3. taigen #-
  4. 編集

 周辺諸国と戦争をしない為に、敢えて米国を挑発しているなんて凄い抑止力ですね。ただいつまでもこんなロシアンルーレットみたいな外交は続かないでしょうから、よもぎねこさんの仰るように我が国や周辺諸国は連携し防衛力を高めて自滅を待つ作戦を遂行するのが良いと思います。
  1. 2016-07-20 08:00
  2. URL
  3. 都民です。 #-
  4. 編集

Re: 原子力発電所

> 現在の処プラン止まりのようですが、レコード・チャイナによると南シナ海に原子力発電所を20基あまり浮かべる計画が有るそうです。
>
> 正攻法では勝てそうにないので、原子力発電所を抑止力にして何が何でも南シナ海を中国の領海にするつもりでしょう。中華人民共和国(以下チャイナ)国内でフロート型の発電所を建造して、南シナ海にひっぱて来られたら他国は干渉のしようが有りません。恐るべき計画です。

 中国として原発を作る事で、安定した電力を得ると共に、爆撃その他で中国の造った施設を壊しにくくするつもりでしょうね。
 
 この手の非正攻法での攻撃と言うのは、中国の最も得意とするところでしょう。 日本もそうだけれど欧米もこの中国式の非正攻法には随分振り回されていますよね。

> そろそろ世界各国はチャイナの危険性を十二分に理解し始めているでしょう。とっとと国連で問題提議の上経済制裁を行うべきだと思います。常任理事国の拒否権の行使を防ぐため(当事国のチャイナに拒否権は無い)早急にロシアを引き込む必要が有りますが、交渉の余地は有るのではないかと思います。
>
> 現在ロシアにはクリミア問題で経済制裁中ですが、プーチンが大統領の内なら経済制裁の解除と経済援助(主に日本から)を前提に交渉する価値が有ると考えます。もしこの問題でロシアが拒否権の行使に拘ったとしても、チャイナから核ミサイルの発射を確認次第(何処に向けた攻撃であっても)攻撃を開始するとプーチンからの発言が有るだけでも大きな抑止力になると思います。

 ロシアにとってヨーロッパ戦線と中国がどちらが大事かと言えば明らかにヨーロッパでしょう。
 だってロシアの人口が集中して経済文化の中心はヨーロッパ側です。

 クリミアやウクライナはこの対ヨーロッパ防衛の重要地点ですから、ロシアは簡単にはここを放棄しません。 

 しかしそれはEU諸国も同様です。 ロシアの脅威を払拭するためには、ここをロシアから離脱させたいのです。

 そういう事を考えると簡単にロシアへの経済制裁は止めないでしょう。

> 其れから、ここ最近になって考え始めた事ですが、クリントン氏とトランプ氏がTPPに対して反対の表明をしているのは、TPPがチャイナにとって経済的に大きなマイナスと予想されるからではないかと考える様になってきました。

 TPPはもう破綻でしょう。 クリントンなんか自分が国務長官だった頃に言い出したはずなのに、今になって反対です。
 アメリカが反対では意味がありません。
  1. 2016-07-20 11:35
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

Re: こんばんわ

> ご皇室の事です。
> 普段は清楚な女性の姿を国民に見せていらっしゃいますが、このような事実が存在する事は御存知ですか??
> https://sites.google.com/site/kimitujyouhou/akishinonomiyamako41
> https://sites.google.com/site/kimitujyouhou/04
> https://sites.google.com/site/kimitujyouhou/26

 全然知りません。 どうでも良いです。
  1. 2016-07-20 11:41
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

Re: 義和神拳

> 第40話 義和団事件と北斗の拳 【CGS ねずさん】
> https://www.youtube.com/watch?v=86wAFWWHpeo&index=41&list=PL6mu43UnNThB9E_MzFdjCyIbOWitkuQCd
>
> 疋田しぃ3 か月前
> 義和神拳を習得してても実物の鉛玉は意外と痛かったw
>
> チャイニーズ・マフィア
> http://leo.aichi-u.ac.jp/~kagamisemi/repo/tannge.html
>
> ※義和団のような団体がチャイニーズ・マフィア (黒社会)の源流とも言えます。

 なるほど興味深い話ですね。 有難う御座いました。
  1. 2016-07-20 11:48
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

Re: タイトルなし

>  周辺諸国と戦争をしない為に、敢えて米国を挑発しているなんて凄い抑止力ですね。ただいつまでもこんなロシアンルーレットみたいな外交は続かないでしょうから、よもぎねこさんの仰るように我が国や周辺諸国は連携し防衛力を高めて自滅を待つ作戦を遂行するのが良いと思います。

 ホントにロシアンルーレットだと思うんですよね。
 こんなチキンレースを延々とやり続けたら、いずれどこかで戦争になるんですよね。 だから非常に危険なんですけど、何とか戦争の前に自滅するように抑え込まなければならないのです。
  1. 2016-07-20 11:51
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

【ロシア軍戦闘機、シリアの米英軍基地を爆撃か、米WSJ報道】
・・・・・・WSJが米当局高官の話として伝えたところによると、これまで報じられていなかった6月16日と7月12日の空爆は、ロシアが米国に対しシリア領空内でより緊密に協力するよう圧力をかけるために実施したものだったという。・・・
http://www.afpbb.com/articles/-/3094951

 これは中国が見てますよね。米軍の抑止力は大丈夫でしょうか?
  1. 2016-07-24 07:57
  2. URL
  3. 都民です。 #-
  4. 編集

以前、元極左の方が書いたブログに、彼等(左翼)はアメリカが、東アジアの抑止力になっていることが許せないって書いてありました。このよもぎネコさんのブログを読むと、中国はアメリカさえいなければって思っているのではないかと感じます。

  1. 2016-07-24 21:37
  2. URL
  3. 雄の三毛猫 #-
  4. 編集

Re: タイトルなし

> 【ロシア軍戦闘機、シリアの米英軍基地を爆撃か、米WSJ報道】
> ・・・・・・WSJが米当局高官の話として伝えたところによると、これまで報じられていなかった6月16日と7月12日の空爆は、ロシアが米国に対しシリア領空内でより緊密に協力するよう圧力をかけるために実施したものだったという。・・・
> http://www.afpbb.com/articles/-/3094951
>
>  これは中国が見てますよね。米軍の抑止力は大丈夫でしょうか?

 ホントに奇怪ですね。 中東ってマジに訳が分かりません。  
 皆一体シリアをどうしようと言うんでしょうか?
  1. 2016-07-25 09:05
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

Re: タイトルなし

> 以前、元極左の方が書いたブログに、彼等(左翼)はアメリカが、東アジアの抑止力になっていることが許せないって書いてありました。このよもぎネコさんのブログを読むと、中国はアメリカさえいなければって思っているのではないかと感じます。

 アメリカさえいなければ、中国は東南アジアやモンゴルなど近隣諸国に本格的な侵略を仕掛けるでしょうね。
 
 ホントにそんなに強力な軍事力があるかどうかは別として、散々国内で煽った手前、戦争を仕掛けなければならない状況になっているのだと思います。

 だからアメリカは抑止力として絶対必要なのです。

 逆にアメリカの抑止力が許せないと言う人達は、戦争をしたくてしたくて堪らないのでしょう。
  1. 2016-07-25 09:20
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する