2016-06-06 13:47

憲法は個人が他人を差別する事は禁止していない ヘイトスピーチ規制法

 実は今法務省と人権擁護局に電話をしました。 
 
 そこでわかりましたが、憲法には個人が他人を差別する事を規定した条項はありません。

 差別の反対は平等ですが、しかし憲法で規定されている平等は、法の下の平等だけです。

日本国憲法14条
1、すべて国民は、法の下に平等であって、人種、信条、性別、社会的身分又は門地により、政治的、経済的又は社会的関係において、差別されない。

2、華族その他の貴族の制度は、これを認めない。

3、栄誉、勲章その他の栄典の授与は、いかなる特権も伴はない。栄典の授与は、現にこれを有し、又は将来これを受ける者の一代に限り、その効力を有する。

 憲法で保障する平等はこれが全てです。

448
 
 因みにここで平等を保障されているのは、日本国民だけです。
 外国人は関係ありません。

 日本は人種差別撤廃条約に加盟していますが、しかしこの人種差別撤廃条約が禁止しているのは、自国民の権利を人種や民族で差別する事だけです。 
 
 人種差別撤廃条約の1条2項にはこのように明記されています。

2 この条約は、締約国が市民と市民でない者との間に設ける区別、排除、制限又は優先については、適用しない。

 因みにここで言う「市民」というのは、自国の国籍を持つ人つまり国民の事です。
 民主主義の原則を勉強すればわかりますが、市民=国民です。

 外国人は永住者を含めて長期滞在者でも、市民ではなく只の住民です。

458

 つまり憲法上の差別禁止と言うのは、あくまで日本人の「法の下の平等」だけであり、個人が他人を差別する事を禁止できるものではないのです。 

 実際もし個人の他人に対する差別を禁止したら、思想宗教信条の自由が破綻します。

 例えば伝統宗教は皆聖典に女性差別が規定されています。
 だって男尊女卑が普通だった時代に成立したので仕方ありません。

 またイスラム教・キリスト教・ユダヤ教では同性愛も禁止しています。
 
 キリスト教など婚姻によらない性交渉を悪魔によるものとしたので、同性愛だけでなく非嫡出子まで明確に差別してきました。
 
 ヒンズー教のように身分差別が聖典の一部をなしている宗教もあります。

 また一神教の場合は、他の宗教を全否定する事が教理の基盤です。

 だから本当に個人の他人に対する差別を禁止するなら、こうした伝統宗教を全部禁止しなければなりません。

467

 実際、共産主義は完全平等社会の実現の為に、こうした宗教を全て禁止したのです。

 それでは共産主義なら平等原則を完成しているのでしょうか?
 違います。

 だって共産主義は、資本家を人民の膏血を搾る悪魔として差別しました。
 
 これは完全な社会的身分による差別ですから、「1、すべて国民は、法の下に平等であって、人種、信条、性別、社会的身分又は門地により、政治的、経済的又は社会的関係において、差別されない。」と言う憲法14条に反します。

 つまり人間が何等かの思想宗教信条を持つ限り、何等かの差別をしないではいられないのです。

 だって元来、人間が人間関係を持つと言う事は「好きな人」「尊敬する人」「大事な人」「気の合う人」とそうではない人達を差別する事ですから。

 そういう意味では「個人に他人を差別を禁止する」と言うのは、絶対的不可能なのです。

477

 ところでヘイトスピート規制法の正式名称は「「人種等を理由とする差別の撤廃のための施策の推進に関する法律案」だそうです。

 しかしこの法案が対照にしている「人種等を理由とする差別」と言うのは、個人や民間団体による差別です。

 だったらこの法が憲法上のどの条項を元に、個人や民間団体に対して「人種等を理由とする差別の撤廃」の撤廃を推進できるのでしょうか?

 前記のように、憲法には個人に対して他者を差別する事を禁止する条項はないのです。

 ワタシはこれを法務省と人権擁護局にシツコク聞いたのですが、結局この法案が憲法上のどのような規定によって成立しているのかは「わからない。」そうです。

480

 そしてこの法案は「人種等を理由とする差別撤廃を推進する」と言い名前なのに、中身は人種に関係ありません。 

 「本邦外出身者とその子孫」となっているのです。
 つまり外国人です。

 しかし自国民と外国人の間権利の差をつける事に関しては、人種差別撤廃条約でも認めているのですから、ヘイトスピーチ規制法の求める「差別撤廃」が意味不明になります。

 そして外国人の出入国管理権は、重要な国家主権です。
 実際外国人の出入国管理ができなければ、犯罪者やスパイが入り放題になり治安を守れないし、労働市場も守れないし、最悪人口侵略と言う事態も起きてしまいます。

490

 ところで日本は民主主義国家ですから、当然ですが国家主権は国民に帰します。 これが国民主権です。

 と言うことは国民には外国人の出入国管理に関する法や行政に対して発言権があると言う事です。

 つまり国民は危険だと思う外国人の排除や、それを可能にする法律の改正や、或いは制度改革を要求する権利と義務があるのです。

 これを否定する事は参政権の否定であり、民主主義の否定です。

 そして一般国民がこのような制度改革や法改正を望む場合、問題になる外国人の危険性を他の人々に広く訴えるしかありません。

 それがデモや集会です。

501

 実際、沖縄の基地反対派は米軍人の犯罪が起きる度に、それを元に米軍基地の危険性を煽ってきました。
 今回の米軍族による女性遺棄事件でも、沖縄県を上げて大変な騒ぎです。
 
 だったら在日コリアンなど他の外国人の犯罪についても、その危険性を問題にして特別永住許可のような制度の廃止を求める事に何の問題もないはずです。

 何しろ現在、日本の指定暴力団の幹部の殆どが在日コリアンと言う状況です。
 これらの職業犯罪者によって、どれほどの日本人が犠牲になってきたのか?

 在日コリアンの犯罪発生率の高さは、他の外国人を大きく引き離しているのです。
 しかも米軍と違うのは、彼等が日本の在住する事で、日本は何のメリットもない事です。

 それどころか在日コリアンから流れた資金や技術が北朝鮮の核・ミサイル開発に使われた可能性が高く、また日本人拉致にもかかわっているのですから、本当に危険な存在なのです。

 それなのにこれほど危険な存在でも、本国へ強制送還できないのは、特別永住許可などと言う異常な制度があるからです。

504

 米軍の犯罪が危険だから、米軍の排除を要求できると言うなら、在日コリアンの犯罪が危険だから、特別永住許可制度の廃止を要求できるはずです。

 しかしこの国民として当然の要求を弾圧しているのが、ヘイトスピーチ規制法です。
 
 だからこれは純然たる国民の言論弾圧であり、日本国民の人権侵害となる法律なのです。
 しかもこの法律が言う「差別禁止」の根拠は何処にもないのです。

 因みにこの法律を中心的になって成立させたのが、自民党の西田昌司参議院議員です。



 この話を聞いていて非常に違和感を感じます。
 確かに桜井誠等一部の人達の演説が、随分下品だとは思います。

 けれども在特会も他の団体も、「死ね、殺せ」などと言う脅迫的な言動は、2012年にデモを始めてから数回で止めています。 

 だからこの西田議員の発言を聞いていると、彼は現実のデモを全く見ていないし、また自分で調べる努力もしていないとしか思えないなのです。

 只有田ヨシフ議員やマスコミに乗せられて、「ヘイトスピーチ!!」「ヘイトスピーチ!!」と騒いでいるだけだと言う事が丸わかりです。

 勿論合法的なデモが有田議員等の率いる暴力集団に妨害されている状況については、一切考慮していません。

513

 また6月5日のデモの主催者からメールで街宣演説の文章を受け取りながら「お墨付きを与える事になるから、返事をしなかった」と言います。

 しかしこれは立法者として極めて不誠実な対応です。
 デモの主催者は少なくとも法を守る為に、あらかじめメールで街宣演説の草稿を送り、違法か合法かを問うたのです。

 立法責任者なら違法なら違法と言い、合法なら「お墨付き」を与える義務があるはずです。

 西田氏が個人的にこのデモをどう思っているかと言う問題ではありません。
 
 それとも西田議員は与党議員として、自分の嫌いなデモは弾圧して構わないと思っているのでしょうか?

518

 ワタシがこの人を知ったのは、自民党が野党だった頃です。
 国会で鋭い質問をして、民主党政権を追い込んでいました。

 それでワタシもこの人の国会動画を何度かエントリーで取り上げました。

 しかしその頃から頭の片隅に疑念を感じていました。

 この人、こうやって質問するのは上手いけれど、現実に政治家としての仕事はできるのだろうか?
 こんなに見事に質問をするのは、実は民主党議員達と同質人間で、人の揚げ足を取るのだけが能の人じゃないだろうか?

 そして実際自民党が政権を取ると、一辺に影が薄くなりました。

 今では有田ヨシフとすっかり仲良しになっているようです。
 ホントに有田等民主党議員と同質人間だったのですね。

  1. レイシスト
  2. TB(0)
  3. CM(43)

コメント

西だ議員はch桜から降りて欲しいですね。

川崎のデモが反日サヨクと在日によって中止になり、案の定サヨクが勝利宣言しているそうです。

しかし実際は、共産党トンスル党と在日チョンがグルっていう証拠が映像にバッチリ撮られてしまいました。
テレビでいくら偏向報道しようが、検索ワードを逆に紹介するハメになり、「何の事件だろう?」と思ってスマホからインターネット始めた一般人にも
真実が拡散される。
そのスパイラルに自らはまってます。
その証拠に、テレビが差別だネトウヨだと「行動する保守運動」を叩いても、
共産やトンスル党の支持率は上がるどころか下がるという現象を生んでいるのです。
  1. 2016-06-06 15:49
  2. URL
  3. Spring-moto #-
  4. 編集

西田議員は地元京都で私の選挙区ということで前回の選挙では投票したのですが・・・。
もうガッカリです。なにも信じられません。
仰るように野党としては
舌鋒鋭く、民主党を打ち負かすかのような
活躍がありました。当時は胸もすくように感じたのですが、「それだけ」の人だったのか、と
現実を受け入れざるを得ないような状況です。
ヘイトスピーチ対策法はただ
単に日本人の口をふさぐためのものであり
全体にとって公平なものとは到底言えず、
こんな偏った法律を主導して成立させるのに尽力したなんて、見損なってました。
自分の見る目の無さにも情けなく思っています。
これは罰則の無い理念法だから大丈夫、という意見もありましたが、今回のことで
立派に「言論弾圧」に役立っているとわかりました。
当初は「ヘイト」するかもしれない、と
いうだけで公園使用の許可が下りなかったんですよね。なんて恐ろしいことでしょう。まだ何もやってない、言ってないのに
「やるかもしれない」というだけで許可されないとは。
それで道路は警察が許可したんですよね。
なのに実力行使で阻止されやむなく
中止せざるを得なくなってしまって、
今後、この法律をたてにして
どんどん反日への講義はしにくくなりますね・・・。
  1. 2016-06-06 17:20
  2. URL
  3. ジゼル #flPMGraQ
  4. 編集

こんばんは。

規正法が出来たことで、再び一時的にマスコミがヘイトデモを取り上げる機会が増えました。

それらを見てまず思ったのか、「えげつないヘイトスピーチのデモがまだ結構あるのだな」ということでした。在特会との関係は不明です。私見では、在特会とは趣の違う団体かな、という印象ですが。

ただ、川崎の件はかなり憂慮しています。現行犯ではなく、「たぶんヘイトスピーチするだろ」という予防的措置で、違法に集まった反ヘイト連中のせいで、合法かつ正当な権利が曲げられたことは、深く議論するべきだしその価値があるだろうと思います。

ちょっと危ういですよ。
  1. 2016-06-06 19:43
  2. URL
  3. no-risu #-
  4. 編集

Re: タイトルなし

> 西だ議員はch桜から降りて欲しいですね。
>
> 川崎のデモが反日サヨクと在日によって中止になり、案の定サヨクが勝利宣言しているそうです。
>
> しかし実際は、共産党トンスル党と在日チョンがグルっていう証拠が映像にバッチリ撮られてしまいました。
> テレビでいくら偏向報道しようが、検索ワードを逆に紹介するハメになり、「何の事件だろう?」と思ってスマホからインターネット始めた一般人にも
> 真実が拡散される。
> そのスパイラルに自らはまってます。
> その証拠に、テレビが差別だネトウヨだと「行動する保守運動」を叩いても、
> 共産やトンスル党の支持率は上がるどころか下がるという現象を生んでいるのです。

 合法的なデモが暴力で粉砕されて、それを警察が黙って見ているって? 民主主義国家じゃないです。

 川崎のデモには凄い暴力が振るわれて、デモ参加者の女性に暴力集団側が「殺すぞ」などと言いながら取り囲み、デモ隊に合流できないような事態だったそうです。

 そして国会議員有田ヨシフが道路に座り込みです。
 完全に道路交通法違反です。

 そして有田ヨセフの宣伝車を恐喝に使おうした連中もいるようです。

 http://www.rokusaisha.com/wp/?p=13730

 西田議員はこういう人間の仲間になったのだから、どうしようもないです。
  1. 2016-06-06 20:25
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

Re: タイトルなし

> 西田議員は地元京都で私の選挙区ということで前回の選挙では投票したのですが・・・。
> もうガッカリです。なにも信じられません。
> 仰るように野党としては
> 舌鋒鋭く、民主党を打ち負かすかのような
> 活躍がありました。当時は胸もすくように感じたのですが、「それだけ」の人だったのか、と
> 現実を受け入れざるを得ないような状況です。

 残念ですがそのようです。
 逆に言えば日頃余りにきれいごとを言ってる人間はあまり信用してはイケナイと言う事でしょう。

> ヘイトスピーチ対策法はただ
> 単に日本人の口をふさぐためのものであり
> 全体にとって公平なものとは到底言えず、
> こんな偏った法律を主導して成立させるのに尽力したなんて、見損なってました。
> 自分の見る目の無さにも情けなく思っています。
> これは罰則の無い理念法だから大丈夫、という意見もありましたが、今回のことで
> 立派に「言論弾圧」に役立っているとわかりました。
> 当初は「ヘイト」するかもしれない、と
> いうだけで公園使用の許可が下りなかったんですよね。なんて恐ろしいことでしょう。まだ何もやってない、言ってないのに
> 「やるかもしれない」というだけで許可されないとは。
> それで道路は警察が許可したんですよね。
> なのに実力行使で阻止されやむなく
> 中止せざるを得なくなってしまって、
> 今後、この法律をたてにして
> どんどん反日への講義はしにくくなりますね・・・。

 本当にヘイトスピーチが許せない物なら、日本人に対するヘイトスピーチも規制するべきです。

 規制派は「人間の尊厳を損なうので、ヘイトスピーチは許せない。」と言うのですが、だったら日本人へのヘイトスピーチを規制しないと言う事は、日本人には人間の尊厳を認めていないと言う事になります。
  1. 2016-06-06 20:30
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

Re: こんばんは。

> 規正法が出来たことで、再び一時的にマスコミがヘイトデモを取り上げる機会が増えました。
>
> それらを見てまず思ったのか、「えげつないヘイトスピーチのデモがまだ結構あるのだな」ということでした。在特会との関係は不明です。私見では、在特会とは趣の違う団体かな、という印象ですが。
>
> ただ、川崎の件はかなり憂慮しています。現行犯ではなく、「たぶんヘイトスピーチするだろ」という予防的措置で、違法に集まった反ヘイト連中のせいで、合法かつ正当な権利が曲げられたことは、深く議論するべきだしその価値があるだろうと思います。
>
> ちょっと危ういですよ。

 まず在特会も他の団体も今は「朝鮮人殺せ」などと言うプラカードもスローガンも使っていません。
 2012年に新大久保で嫌韓デモが始まった時に「良い朝鮮人も悪い朝鮮人も皆殺せ」と言うプラカードを持った人物が二人いたのは動画で確認されていますが、以降この二人が参加した形跡はないようです。

 そして「殺せ、死ね」と言う類のスローガンやプラカードも2012年に嫌韓デモが始まって2ヶ月ぐらいで完全に使用を止めています。

 その後のデモで使われたのは、「竹島を返せ」「仏像を返せ」と言う類の物しかありません。

 しかしデモ妨害は続いています。

 在特会が主催すると「原発推進デモ」でも「差別反対」と喚きながら妨害しています。

 因みに6月5日には神奈川と渋谷でデモがありました。 神奈川については、出発後直ぐ妨害されて中止になったので、結局どんなスローガンやプラカードが出たのかさへわかりません。

 神奈川の主催者は上記のように、あらかじめ街宣演説の草稿を西田議員に送っています。 もし本当に問題になるような草稿なら送らないでしょう?

 そして渋谷のデモは反共産党デモです。

 そもそも在日コリアンには全然関係ないのです。 しかしデモ妨害は続きました。

 http://www.tokyo-sports.co.jp/nonsec/social/549502

 つまりヘイトスピーチなんかそもそも関係ないのです。
  1. 2016-06-06 20:47
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

私はPC無しガラケーのみの環境なので、デモの映像もTVでしか見られないのですが、
今回の川崎で市が許可を取り消したとのニュースで以前のデモの映像が流れたのですが違和感があったんですよね。
デモの外側から撮られたものですが声のバランスがちょっと…ヘイトにあたる言葉がはっきりと聞こえるんですが、カメラの近くから聞こえてるんです。
わざわざその声だけを大きく加工したんでしょうか。

このヘイトスピーチ規制法は憲法違反だと訴えたらどうなるんでしょうね?
  1. 2016-06-06 21:05
  2. URL
  3. 猫娘。 #-
  4. 編集

現場での一当事者の感覚としまして

よもぎねこ様

ご無沙汰しております。

当該デモに付きまして、詳細な権力側、反対側の策動がネット上で明らかにされておりますが、私のような一般人が状況に(参加した積もりなのですが)巻き込まれた状況をご報告します。
http://realkid.exblog.jp/

これは、国会議員(有田氏)が自分に反対するデモ・街頭活動を手下の勢力を動員して(ヘイトの名を借りて)圧殺した事例としても認識可能とご理解頂ければ幸いです。
  1. 2016-06-06 21:33
  2. URL
  3. Real-Kid #yEyr/84c
  4. 編集

ちょっと、ずれるかもしれませんが、最近の風潮として、多少強い調子の言葉を過剰に忌避する傾向がありますね。
特に若い世代。
プロ野球の試合の素人ブログなど見たりすると、スタンドで相手側球団へ「巨人を倒せ~」をやめるべきだとか、まじめに説いている人もいるんですよ。
「日本死ね」はよくて、「巨人を倒せ」がいけないってのが、よくわかりません。
ひいきの球団でも、三振ばっかりしてる選手がいたら、「いい加減にせえ!」とか野次られても仕方ないのに、これまたやめましょうとかね。
デモなんかも、どういう主張であれ、強い口調は若い層には控えた方が得策かもしれませんよ。
訴求力がなくなっちゃうかな?

それと、西田さんが野党時代の活躍を考えると、体質的に野党的なのかも。
そうはいっても、選挙は40点より41点を選ぶもの。
京都の選挙区で、西田さんと民主党系なら、西田さんに入れるべきでしょう。
  1. 2016-06-06 22:27
  2. URL
  3. 二郎 #-
  4. 編集

ちょっと、ずれるかもしれませんが、最近の風潮として、多少強い調子の言葉を過剰に忌避する傾向がありますね。
特に若い世代。
プロ野球の試合の素人ブログなど見たりすると、スタンドで相手側球団へ「巨人を倒せ~」をやめるべきだとか、まじめに説いている人もいるんですよ。
「日本しね」はよくて、「巨人を倒せ」がいけないってのが、よくわかりません。
ひいきの球団でも、三振ばっかりしてる選手がいたら、「いい加減にせえ!」とか野次られても仕方ないのに、これまたやめましょうとかね。
デモなんかも、どういう主張であれ、強い口調は若い層には控えた方が得策かもしれませんよ。
訴求力がなくなっちゃうかな?

それと、西田さんが野党時代の活躍を考えると、体質的に野党的なのかも。
そうはいっても、選挙は40点より41点を選ぶもの。
京都の選挙区で、西田さんと民主党系なら、西田さんに入れるべきでしょう。
  1. 2016-06-06 22:28
  2. URL
  3. 二郎 #-
  4. 編集

法治国家とは?

http://www.huffingtonpost.jp/2016/05/24/hate-speech-law_n_10117236.html

 上の記事によると、西田議員は本法成立時の会見で、以下のような発言をしたらしいですね。

>------引用ここから-------<
西田氏は、自治体や警察などが法の趣旨を踏まえた上で、ヘイトデモに「厳正に対処して、事実上封じ込める。そういう行政権を行使して頂きたい。訴訟になることも考えられるが、裁判の場で、ヘイトスピーチは許さないという趣旨のもとに、正しい判断をして頂ければ、行政がヘイトスピーチを封じ込める行為が違法とはならず、その結果ヘイトスピーチは事実上日本からはできなくなる」と期待した。
>------引用ここまで-------<

 しかし、今回の法律が理念法にとどまる(国民に何らの法的な権利義務も課さない)というのなら、西田議員の発言のような法運用はできないというのが正しいのです。
 行政法規においては、国民に不利益な公権力の行使には法律上の根拠が必要という原則(侵害留保の原則)があります。国民の権利を制限するか、義務を課すことが定められている法令がなければ国民にとって不利益な処分をすることはできないのです。
 西田議員は税理士(税理士は試験を受けずとも行政書士の登録をすることができます)のくせにその程度の知識もないのでしょうか?

 それとも、理念法だけでは根拠にならないから、不利益処分の根拠法規を理念法で拡大解釈するとでもいうのでしょうか。根拠法規の趣旨を逸脱して法令の目的外の事態に流用してもよいと考えるなら話は別ですが、行政法を解釈する人間の大半がそんな結論を支持するわけがないでしょう。

 そもそも、成立前から拡大解釈される恐れがあることは十分に指摘されていました。支持してる連中が法治国家として当然のことを平気で破っているからです。しかしそれでもなお法案を通してしまった上、立法者自身が拡大解釈を容認して事実上の規制法にしてもよいと言い切ったのです。こんなこと、法治国家で許されるのでしょうか?
  1. 2016-06-06 23:32
  2. URL
  3. 凍え馬 #-
  4. 編集

【正論】ダライ・ラマ14世「難民は最終的に祖国に帰り自分たちで国を再建すべき」が物議...左派紙が批判的に伝えるも、多数が賛同
http://www.honmotakeshi.com/archives/48784995.html

※在日の人達も軍事政権から民主政権になったはずなのだから、祖国再建の為に永住帰国すべきです。
  1. 2016-06-07 01:16
  2. URL
  3. taigen #-
  4. 編集

前にも西田さん、一体どうした?というようなことを書いたことがありましたが、ビディオレター聞いてももはや苦しい言い訳にしか聞こえませんでした。根本からわかってないようです。安倍政権が誕生するにあたって彼の一定の功績はあったとは思いますが、その割には政権の中には全く入れてもらえませんでしたよね。安倍さんはある程度この人の本質に気づいていたのかなと今更ながら思います。
私はその意味では完全に西田さんを見損なってました。

よもさんの法務省への電話、いつもながら頭が下がります。
  1. 2016-06-07 02:24
  2. URL
  3. boku #-
  4. 編集

言論規制法の怖さ

川崎でのデモは意見・思想の表明さえ許されなかったですね。

朝日新聞の記事では「ヘイトデモ中止」みたいな見出しが書かれていましたが、発言そのものが封じられたのだから、デモが「ヘイト」なのか判断しようがないのに、と心の中で突っ込んでしまいました。

西田議員だったか誰だったかが「罰則がないから大丈夫」みたいなことを言っていましたが、川崎の例に鑑みると、全然大丈夫ではありませんね。
  1. 2016-06-07 08:12
  2. URL
  3. くれない #-
  4. 編集

 自民党の長尾たかし議員によると、「今回の罰則のない何の規制も拘束力も持たないこの概念法が、野党から提出されていた人種差別撤廃施策推進法案の審議を回避し、将来的に人権擁護法案のような法案提出を阻むこととなること、更には、いわゆる司法取引や捜査上の通信傍受の合理化・効率化などを盛り込んだ刑事訴訟法改正案に共産党・社民党を除く野党が賛同するバーターになった。」と説明しています。

https://www.facebook.com/tnagao21/posts/1064085190352248

 ホロコースト否定禁止法および関連法やポリティカル・コレクトネスは、かえって欧米で酷い人権蹂躙を引き起こしています。だからこそ世界中からこんなバカげた法を廃絶しなくてはならないのに、それでもこの反ヘイト法を作ったのは米国の外圧に負けたのでしょうか?でも沖縄プロ市民から米国人への攻撃も規制されるそうで、それは確かに必要だと思いますが現行法で対応出来ないのか疑問です。

【「米軍出て行け」は×で「沖縄への中傷」は○? ヘイトスピーチ対策の与党法案】
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160424-00000003-okinawat-oki

 しかし在日韓国人の影響力の大きさを韓国人学校の問題で思い知りました。
 
 やながせ 裕文東京都議によると、『ここで妙な話が聞こえてきた。旧市ヶ谷商業高校跡地の近隣に100人規模の認可保育所ができるとの情報だ。・・・「韓国人学校」より「保育所」をつくれ!という世論に対しての配慮か。この短期間で保育所の設置を決めたとすれば、すさまじい努力である。・・・』だそうです。

 新宿区長も在日韓国人擁護のような発言をしだしました。この有様では在日韓国人は、”保護”されるような存在ではなく、逆にその辺の日本人よりはるかに”巨大な権力”を持っているのが分かりますので、今こそ”日本人保護法案”の作成を自民党に望みます。

【韓国人学校増設。舛添知事の驚くべき執念】
http://agora-web.jp/archives/2019241.html
  1. 2016-06-07 08:32
  2. URL
  3. 都民です。 #-
  4. 編集

Re: タイトルなし

> 私はPC無しガラケーのみの環境なので、デモの映像もTVでしか見られないのですが、
> 今回の川崎で市が許可を取り消したとのニュースで以前のデモの映像が流れたのですが違和感があったんですよね。
> デモの外側から撮られたものですが声のバランスがちょっと…ヘイトにあたる言葉がはっきりと聞こえるんですが、カメラの近くから聞こえてるんです。
> わざわざその声だけを大きく加工したんでしょうか。

 元来在特会も関連団体ももう「死ね」「殺せ」と言う類のプラカードもスローガンも使ってないはずです。
 あれは2012年に初めて数回で止めています。

 だからテレビで出たとしたら、明らかにテレビ局側が入れたのでしょう。

> このヘイトスピーチ規制法は憲法違反だと訴えたらどうなるんでしょうね?

 ワタシもこれは違憲だと思います。
 罰則のない理念法でも、言論の自由と思想の自由を脅かしますから。
  1. 2016-06-07 09:41
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

Re: 現場での一当事者の感覚としまして

> よもぎねこ様
>
> ご無沙汰しております。
>
> 当該デモに付きまして、詳細な権力側、反対側の策動がネット上で明らかにされておりますが、私のような一般人が状況に(参加した積もりなのですが)巻き込まれた状況をご報告します。
> http://realkid.exblog.jp/
>
> これは、国会議員(有田氏)が自分に反対するデモ・街頭活動を手下の勢力を動員して(ヘイトの名を借りて)圧殺した事例としても認識可能とご理解頂ければ幸いです。

 有難う御座います。
 川崎のデモの実態は気になっていました。

 ところで西田議員は川崎のデモを見学したような事を言っているのですが、前回のデモで実際に所謂ヘイトスピーチはあったのでしょうか?
  1. 2016-06-07 09:49
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

Re: タイトルなし

> ちょっと、ずれるかもしれませんが、最近の風潮として、多少強い調子の言葉を過剰に忌避する傾向がありますね。
> 特に若い世代。
> プロ野球の試合の素人ブログなど見たりすると、スタンドで相手側球団へ「巨人を倒せ~」をやめるべきだとか、まじめに説いている人もいるんですよ。
> 「日本死ね」はよくて、「巨人を倒せ」がいけないってのが、よくわかりません。
> ひいきの球団でも、三振ばっかりしてる選手がいたら、「いい加減にせえ!」とか野次られても仕方ないのに、これまたやめましょうとかね。
> デモなんかも、どういう主張であれ、強い口調は若い層には控えた方が得策かもしれませんよ。
> 訴求力がなくなっちゃうかな?

 なるほどそんな風潮があるんですね。
 しかしこれじゃ野球人気もなくなるわけです。

 スポーツってある意味全てを忘れて熱狂する事を楽しむのでしょう?
 これじゃ熱狂できないではありませんか?

> それと、西田さんが野党時代の活躍を考えると、体質的に野党的なのかも。
> そうはいっても、選挙は40点より41点を選ぶもの。
> 京都の選挙区で、西田さんと民主党系なら、西田さんに入れるべきでしょう。
 
 41点が欲しいのはわかりますが、単なる政治取引で言論の自由を捨てたのは、極めて愚かで悪質です。
  1. 2016-06-07 09:54
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

Re: タイトルなし

> ちょっと、ずれるかもしれませんが、最近の風潮として、多少強い調子の言葉を過剰に忌避する傾向がありますね。
> 特に若い世代。
> プロ野球の試合の素人ブログなど見たりすると、スタンドで相手側球団へ「巨人を倒せ~」をやめるべきだとか、まじめに説いている人もいるんですよ。
> 「日本しね」はよくて、「巨人を倒せ」がいけないってのが、よくわかりません。
> ひいきの球団でも、三振ばっかりしてる選手がいたら、「いい加減にせえ!」とか野次られても仕方ないのに、これまたやめましょうとかね。
> デモなんかも、どういう主張であれ、強い口調は若い層には控えた方が得策かもしれませんよ。
> 訴求力がなくなっちゃうかな?
>
> それと、西田さんが野党時代の活躍を考えると、体質的に野党的なのかも。
> そうはいっても、選挙は40点より41点を選ぶもの。
> 京都の選挙区で、西田さんと民主党系なら、西田さんに入れるべきでしょう。

 前回下さったコメントは、「死ね」の為に迷惑コメントに入ってしまったようです。
 
 もし今後理由不明で「投稿できません」になったら、「投稿できない」とコメント下さい。

 迷惑コメント欄に入っていますので、そこから出してお返事さしあげる事ができますから。
  1. 2016-06-07 09:58
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

Re: 法治国家とは?

> http://www.huffingtonpost.jp/2016/05/24/hate-speech-law_n_10117236.html
>
>  上の記事によると、西田議員は本法成立時の会見で、以下のような発言をしたらしいですね。
>
> >------引用ここから-------<
> 西田氏は、自治体や警察などが法の趣旨を踏まえた上で、ヘイトデモに「厳正に対処して、事実上封じ込める。そういう行政権を行使して頂きたい。訴訟になることも考えられるが、裁判の場で、ヘイトスピーチは許さないという趣旨のもとに、正しい判断をして頂ければ、行政がヘイトスピーチを封じ込める行為が違法とはならず、その結果ヘイトスピーチは事実上日本からはできなくなる」と期待した。
> >------引用ここまで-------<
>
>  しかし、今回の法律が理念法にとどまる(国民に何らの法的な権利義務も課さない)というのなら、西田議員の発言のような法運用はできないというのが正しいのです。
>  行政法規においては、国民に不利益な公権力の行使には法律上の根拠が必要という原則(侵害留保の原則)があります。国民の権利を制限するか、義務を課すことが定められている法令がなければ国民にとって不利益な処分をすることはできないのです。
>  西田議員は税理士(税理士は試験を受けずとも行政書士の登録をすることができます)のくせにその程度の知識もないのでしょうか?

 なるほどそういう事ですか?

 実はワタシもこの発言大変気になっていました。

 https://www.youtube.com/watch?v=Cr7vqo-rUyA

 そもそも西田議員の話を聞いていると、実際にデモを見ているとは全く思えないのです。 共産党や民進党と国会で話をして満足したわけです。

>  それとも、理念法だけでは根拠にならないから、不利益処分の根拠法規を理念法で拡大解釈するとでもいうのでしょうか。根拠法規の趣旨を逸脱して法令の目的外の事態に流用してもよいと考えるなら話は別ですが、行政法を解釈する人間の大半がそんな結論を支持するわけがないでしょう。

 理念法を拡大解釈してデモを禁止できるなら、もう理念法じゃなくて禁止法ですよね?
 これじゃ立派な言論封殺です。
>
>  そもそも、成立前から拡大解釈される恐れがあることは十分に指摘されていました。支持してる連中が法治国家として当然のことを平気で破っているからです。しかしそれでもなお法案を通してしまった上、立法者自身が拡大解釈を容認して事実上の規制法にしてもよいと言い切ったのです。こんなこと、法治国家で許されるのでしょうか?

 ワタシもこれホントにオカシイと思います。
  1. 2016-06-07 10:21
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

Re: タイトルなし

> 【正論】ダライ・ラマ14世「難民は最終的に祖国に帰り自分たちで国を再建すべき」が物議...左派紙が批判的に伝えるも、多数が賛同
> http://www.honmotakeshi.com/archives/48784995.html
>
> ※在日の人達も軍事政権から民主政権になったはずなのだから、祖国再建の為に永住帰国すべきです。

 ワタシもこのダライ・ラマの発言ほ当然だと思います。
 しかしなぜここでダライ・ラマがこれを言ったのかは不明ですが。
  1. 2016-06-07 10:29
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

確かこのことは小生以前もお話したことがあると思います。
これ当たり前の話なんで一般私人に差別をするななんて言ったら入学試験や入社試験は愚かビジネスが成立しません。だから14条の名宛人は国家であるというのは自明の理なんです。

他人を批判するというのは政治的、社会的に当然の行為であって学問の自由だってこの範疇です。理由があり内容に一定の正当性があればそれは当然に認められるわけです。だからこそパヨクの方々は安心してヤンキーゴーホームといえるので(これで在日米軍出て行けにはならないのはガキでも分かるでしょう)。

何が正義かは立場の数だけ正義はあるのですから当然分かりません。

ただ正義には基準があるかもしれない、と思います。

リベラリストを辞任する井上達夫氏は3つの基準をあげています。
「反転可能性」・・・・・立場が逆の場合なら受け入れられるか。
「ただ乗りの禁止」・・・いかなる立場であれコストを払わずに利益だけを取るのは問題。
「二重基準の禁止」・・・ダブルスタンダードを使った御都合主義は許さないこと。

これが正しいか否かは知りませんがこれを基準に考えるとどうか。

パヨクの行為なり、在日と言われる人人の生き方といいその主張が正当か否かは明白な気がします。そしてこれはおそらく新自由主義者と言われる人間たちが嫌われる理由も示してる気がします。
  1. 2016-06-07 10:44
  2. URL
  3. kazk #cPv2SIBE
  4. 編集

Re: タイトルなし

> 前にも西田さん、一体どうした?というようなことを書いたことがありましたが、ビディオレター聞いてももはや苦しい言い訳にしか聞こえませんでした。根本からわかってないようです。安倍政権が誕生するにあたって彼の一定の功績はあったとは思いますが、その割には政権の中には全く入れてもらえませんでしたよね。安倍さんはある程度この人の本質に気づいていたのかなと今更ながら思います。
> 私はその意味では完全に西田さんを見損なってました。

 ワタシも西田さんのこの発言は支離滅裂で、違和感があります。
 チャンネル桜での水島さんとの対話でも、全然言っている事がオカシイわけです。

 そしてこれを見ると政権に入れなくて大正解なのです。
 逆に考えると本人は、余りに明確に右派で売ってきたので、これを薄めないと政権に入れないと思ったのかもしれません。
 
 いずれにしても信用できない人です。
>
> よもさんの法務省への電話、いつもながら頭が下がります。

 ワタシは法学なんて全然知らないのです。 でも差別と言う問題について考えると、どうしても最後に行き当たるのは、「個人が他人を差別しない」事など不可能だと言う事です。

 道義的には差別をしない事が理想ですが、しかしそうすると同じ宗教や民族などの、何かの属性でよって繋がる仲間としての団結力のようなモノを全否定しなければならなくなります。

 差別を禁止すると言うのは一体何なのか?
 
 前々からずうっと疑問だったのです。

 因みにアメリカでは何と言うか殆ど漫画レベルの話が出ています。

>エール大学では、英文科の授業で勉強する文書のほとんどが白人男性による著書であることに抗議した黒人学生たちが、英文学でシェークスピアを教えるなと抗議文を提出した。
 http://biglizards.net/strawberryblog/archives/2016/06/post_1821.html#comments

 英文科の授業で勉強する文献の殆どが白人男性による著作だから黒人差別!!

 もうのけぞりますよね。
 だったら何の為に英文科に入ったのか?

 
  1. 2016-06-07 10:45
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

Re: 言論規制法の怖さ

> 川崎でのデモは意見・思想の表明さえ許されなかったですね。
>
> 朝日新聞の記事では「ヘイトデモ中止」みたいな見出しが書かれていましたが、発言そのものが封じられたのだから、デモが「ヘイト」なのか判断しようがないのに、と心の中で突っ込んでしまいました。
>
> 西田議員だったか誰だったかが「罰則がないから大丈夫」みたいなことを言っていましたが、川崎の例に鑑みると、全然大丈夫ではありませんね。

 渋谷のデモは反共産党デモだったのに、新聞は「ヘイトデモ」と報道して、妨害行為を正当化していました。
 
 これから「ヘイトデモ」と言う事にすれば、どんなデモでも妨害して暴力で粉砕できることになります。

 こうした状況を見れば、そもそも最初から大丈夫どころではないのです。
  1. 2016-06-07 10:51
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

Re: タイトルなし

>  自民党の長尾たかし議員によると、「今回の罰則のない何の規制も拘束力も持たないこの概念法が、野党から提出されていた人種差別撤廃施策推進法案の審議を回避し、将来的に人権擁護法案のような法案提出を阻むこととなること、更には、いわゆる司法取引や捜査上の通信傍受の合理化・効率化などを盛り込んだ刑事訴訟法改正案に共産党・社民党を除く野党が賛同するバーターになった。」と説明しています。
>
> https://www.facebook.com/tnagao21/posts/1064085190352248

 国会運営の取引で言論の自由を弾圧するのだか呆れます。
>
>  ホロコースト否定禁止法および関連法やポリティカル・コレクトネスは、かえって欧米で酷い人権蹂躙を引き起こしています。だからこそ世界中からこんなバカげた法を廃絶しなくてはならないのに、それでもこの反ヘイト法を作ったのは米国の外圧に負けたのでしょうか?でも沖縄プロ市民から米国人への攻撃も規制されるそうで、それは確かに必要だと思いますが現行法で対応出来ないのか疑問です。
>
> 【「米軍出て行け」は×で「沖縄への中傷」は○? ヘイトスピーチ対策の与党法案】
> http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160424-00000003-okinawat-oki
>
>  しかし在日韓国人の影響力の大きさを韓国人学校の問題で思い知りました。
>  
>  やながせ 裕文東京都議によると、『ここで妙な話が聞こえてきた。旧市ヶ谷商業高校跡地の近隣に100人規模の認可保育所ができるとの情報だ。・・・「韓国人学校」より「保育所」をつくれ!という世論に対しての配慮か。この短期間で保育所の設置を決めたとすれば、すさまじい努力である。・・・』だそうです。
>
>  新宿区長も在日韓国人擁護のような発言をしだしました。この有様では在日韓国人は、”保護”されるような存在ではなく、逆にその辺の日本人よりはるかに”巨大な権力”を持っているのが分かりますので、今こそ”日本人保護法案”の作成を自民党に望みます。
>
> 【韓国人学校増設。舛添知事の驚くべき執念】
> http://agora-web.jp/archives/2019241.html

 在日コリアンへの政治家の対応は何とも異様です。
 西岡力氏の著書など見ると、彼等は多額の違法献金をしているようですからね。
  1. 2016-06-07 11:14
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

Re: タイトルなし

> 確かこのことは小生以前もお話したことがあると思います。
> これ当たり前の話なんで一般私人に差別をするななんて言ったら入学試験や入社試験は愚かビジネスが成立しません。だから14条の名宛人は国家であるというのは自明の理なんです。

 だって「法の下の平等」と明記されています。 法は国家でなければ作れません。
>
> 他人を批判するというのは政治的、社会的に当然の行為であって学問の自由だってこの範疇です。理由があり内容に一定の正当性があればそれは当然に認められるわけです。だからこそパヨクの方々は安心してヤンキーゴーホームといえるので(これで在日米軍出て行けにはならないのはガキでも分かるでしょう)。

> 何が正義かは立場の数だけ正義はあるのですから当然分かりません。
>
> ただ正義には基準があるかもしれない、と思います。
>
> リベラリストを辞任する井上達夫氏は3つの基準をあげています。
> 「反転可能性」・・・・・立場が逆の場合なら受け入れられるか。
> 「ただ乗りの禁止」・・・いかなる立場であれコストを払わずに利益だけを取るのは問題。
> 「二重基準の禁止」・・・ダブルスタンダードを使った御都合主義は許さないこと。
>
> これが正しいか否かは知りませんがこれを基準に考えるとどうか。
>
> パヨクの行為なり、在日と言われる人人の生き方といいその主張が正当か否かは明白な気がします。そしてこれはおそらく新自由主義者と言われる人間たちが嫌われる理由も示してる気がします。

 パヨクの行為は実に単純明快で幼児的な自己中です。
 でもこの幼児的自己中って、韓国人そのモノなのです。

 そして自己中でパヨクと韓国人は馬が合うのでしょう。
  1. 2016-06-07 11:26
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

 私もch桜での西田議員のインタビューを見ましたが、とくに違和感は感じませんでした。言っていることは概ね次の二点で、明らかなヘイトスピーチはダメということと、デモや街宣活動を行う場合でもTPOを考えろということですね。例えば、(その実態に問題があるとしても)生徒達もいる朝鮮学校の授業中に学校周辺でデモを行う(裁判でも違法性が確定している)、あるいは特定の住民が集中する商店街や住宅地でのデモや街宣活動は、今後は許可されにくくなるのは已むを得ないでしょう。
 また、西田議員は、明らかにヘイトスピーチが行なわれた初期のデモの動画をyoutubeで見て立法事実(立法原因)ありと判断したようですが、まぁ、議員としては無理からぬ対応だと思います。いくら今はやっていないといっても、(成り済ましの可能性を含め)明らかなヘイトスピーチを行ない、証拠の動画も取られてしまっていることは、主催者側の失態と言わざるを得ず、これに政治が何の対応もしないという訳にもいかないでしょう。ザイニチやパヨクは、海外世論を巻き込んでこれを徹底的に利用してくるでしょうから。
 ただ、今回の川崎でのデモ妨害は遣り過ぎです。道路に寝そべって邪魔をするという行為は韓国では一般的な手法だそうですが、こういう駄々っ子のようなマネを日本に定着させてはいけません。主催者側は単に道交法違反というだけでなく、威力業務妨害罪(実質的には表現の自由に対する妨害)での告発を検討していると明言していますが、参加した国会議員や著名人を名指しで指摘するだけでなく、これに外国人が参加していないかどうかもチェックするべきでしょう。日本では、外国人の政治活動が制限されることは、最高裁で確定しているので。
 これはある意味で“戦い”ですから、今回手に入れた材料を有効に活用し、適切な反撃を期待したいところです。
 なお、コメント欄で引用されているブログで萎縮効果について触れられていましたが、これは微妙な問題で、日本ではある集団や民族について安易にグルーピングした言い方が日常的に行なわれていますが、これは国際的には「先天的な差別主義者」と誤解されかねないということは、かつて山本七平氏も指摘しており、今後は注意していく必要があるかもしれません。
  1. 2016-06-07 15:58
  2. URL
  3. 散歩道 #-
  4. 編集

>今回の米軍族による女性遺棄事件でも、沖縄県を上げて大変な騒ぎです。

この米軍人の不祥事が起きる度に鬼の首をとったごとく
騒ぎ立てる左派マスゴミの報道をみると、韓国メディアの
「反日」報道をあれこれ言えなくなるような気がしてきて
何かイヤな気分になるんですよね。

別に犯罪をやらかした米国人を庇い立てしようなんてつもりは全くないし、戦後の占領時代と再独立から間もない
50年代から60年代にかけて非常に横柄な米軍人もいた
ことは事実で、ジラード事件なんて酷い事件もありました。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B8%E3%83%A9%E3%83%BC%E3%83%89%E4%BA%8B%E4%BB%B6

しかし、左派メディアの騒ぎ方はおっしゃるとおりそれを元に米軍基地の危険性を煽り、基地反対運動を盛り上げよう・・という狙いが見え見えで辟易するのです。

米軍人の犯罪率は確かよもぎねこさんも以前、数字をあげて実証されていたように思いましたが、別に日本人一般のそれと大して変わりません。
その辺を無視して自らの反米イデオロギーの為に米国軍人がすべてレイパー、暴行魔であるかのように針小棒大に騒ぐ・・。

これがヘイトスピーチでなくて何なんですか?
いや、米国人は好きだ、米国人そのものへの非難じゃないなんて言い訳のように言っていましたが(TBSの番組中、基地反対運動家)、日本における存在自体が危険って
ことなら、おっしゃる通り朝鮮総連だって、資金や技術の北朝鮮への横流し、それどころか日本人拉致に関わっていた可能性も極めて高い危険な存在ですよね。

少なくとも彼らが主張する内容や活動は本当なのか?検証する必要は十分すぎるくらいあるし、それは単なるカルト団体、犯罪組織への捜査でが朝鮮人差別だとは思えません。

非が明らかになれば謝罪もするし、綱紀粛正などの措置を
とる米軍の方が遥かにマトモな存在である・・と考えるのは私だけではないと思いますが?

マスコミ自身の方針の問題もありますが一種の甘えもありますよね。
米国相手なら叩いたって別に何の跳ね返りもない、一方、朝鮮絡みに関して都合の悪い話をすれば、たちどころに猛烈な抗議活動(一頃ほどではないようではありますが)や外交問題になってしまう・・だから遠慮するみたいな。

どこかで見聞きした報道姿勢だな・・と思えば、ご隠居さんの「こりあうぉっちんぐ」などで散々見せられた韓国メディアの対日報道と対中報道の違いそっくりなんですよね、これ。

日帝が・・・を散々繰り返す韓国メディアも侵略の数なら
チョッパリより遥かに多く、長年属国とし、近代に入っても朝鮮戦争で散々朝鮮半島を荒らしまわった中国に対しては大人しいもんです。

幸か不幸か日本についてあまり知らない人が大多数の米国では日本メディアの「反米」ぶりについてはほとんど知られていないでしょうけど。

そのうち米国人のブロガーが「こりあうぉっちんぐ」ならぬ「ジャップうぉっちんぐ」なんてやりだして、朝日や毎日、東京の反米記事をネタにしたブログを開始したりして・・(笑)



  1. 2016-06-07 18:58
  2. URL
  3. prijon #-
  4. 編集

Re: Re: 現場での一当事者の感覚としまして

> ところで西田議員は川崎のデモを見学したような事を言っているのですが、前回のデモで実際に所謂ヘイトスピーチはあったのでしょうか?

返信をいただき有り難うございます。

前回(私が直接見聞したのは1/31からなのですが)でも、所謂ヘイト要素(脅迫的な内容、叩き出せ等の強制的な内容)は有りませんでした。

ただ、神奈川新聞にあるように、在日の来歴が出稼ぎや密航であること、「従軍慰安婦」が「追軍売春婦」であったこと、日韓断行と言った主張をヘイト認定していましたので、彼らにすれば、ヘイトなのでしょう。(私はプラカードで日本人差別廃止や非韓三原則を称揚する程度でした)

残念ながら、都内でのデモ(特に在特会ではなく新社会運動系)では、2014年頃までは「叩き出せ」等とは言っていた様に思います。

何れにしろ、川崎では、(しばき隊を含めて)朝鮮人が数百人規模で動員を掛けてきますので、そちらへの反発が主で、所謂「ヘイト」要素は無いはずです(全部は分かりませんが)。

今回の件は在特会が付け入れられた(私も在特会会員ですが)という厳しい意見も有りますが、あの民主党の暗黒時代において、個人が何かするとした時に、見つけ易い旗だったと思います。
  1. 2016-06-07 20:30
  2. URL
  3. Real-Kid #j3T/fhN6
  4. 編集

Re: タイトルなし

>  私もch桜での西田議員のインタビューを見ましたが、とくに違和感は感じませんでした。言っていることは概ね次の二点で、明らかなヘイトスピーチはダメということと、デモや街宣活動を行う場合でもTPOを考えろということですね。例えば、(その実態に問題があるとしても)生徒達もいる朝鮮学校の授業中に学校周辺でデモを行う(裁判でも違法性が確定している)、あるいは特定の住民が集中する商店街や住宅地でのデモや街宣活動は、今後は許可されにくくなるのは已むを得ないでしょう。
>  また、西田議員は、明らかにヘイトスピーチが行なわれた初期のデモの動画をyoutubeで見て立法事実(立法原因)ありと判断したようですが、まぁ、議員としては無理からぬ対応だと思います。いくら今はやっていないといっても、(成り済ましの可能性を含め)明らかなヘイトスピーチを行ない、証拠の動画も取られてしまっていることは、主催者側の失態と言わざるを得ず、これに政治が何の対応もしないという訳にもいかないでしょう。ザイニチやパヨクは、海外世論を巻き込んでこれを徹底的に利用してくるでしょうから。

 ワタシは非常に疑念を感じました。

 だってデモ隊側は、ヘイト発言は既に3年も前に止めているし、また朝鮮学校児童公園不法占拠抗議事件は有罪になっているのです。
 つまり既に済んだ話、あっても現行法で対応できた話しです。

 これで敢えて言論弾圧に繋がる法案を作る必要はないでしょう?

 結局西田議員は必要性の極めて薄い取引で言論弾圧に繋がる法案を作ったのです。

>  ただ、今回の川崎でのデモ妨害は遣り過ぎです。道路に寝そべって邪魔をするという行為は韓国では一般的な手法だそうですが、こういう駄々っ子のようなマネを日本に定着させてはいけません。主催者側は単に道交法違反というだけでなく、威力業務妨害罪(実質的には表現の自由に対する妨害)での告発を検討していると明言していますが、参加した国会議員や著名人を名指しで指摘するだけでなく、これに外国人が参加していないかどうかもチェックするべきでしょう。日本では、外国人の政治活動が制限されることは、最高裁で確定しているので。

 デモ隊への妨害は2012年、デモが始まった直後から続いています。
 
 しかも在特会側は必ず届出をして警察の指示に従ってデモをしてきたのです。 にも拘わらずデモ妨害を続けたのは、威力業妨害としか言えません。

 これを今まで放置しながら、合法的なデモだけを問題にすると言う姿勢には納得できません。 
 民主主義国家の対応ではありません。

>  これはある意味で“戦い”ですから、今回手に入れた材料を有効に活用し、適切な反撃を期待したいところです。
>  なお、コメント欄で引用されているブログで萎縮効果について触れられていましたが、これは微妙な問題で、日本ではある集団や民族について安易にグルーピングした言い方が日常的に行なわれていますが、これは国際的には「先天的な差別主義者」と誤解されかねないということは、かつて山本七平氏も指摘しており、今後は注意していく必要があるかもしれません。

 民族的にグルーピングするのが差別主義なら「日本人は先天的な差別主義者」などと言う発想はあり得なのですが?
 それこそ日本人を民族的にグルーピングして、しかもその理念を「先天的」と言う発想こそ差別そのモノでしょう?
  1. 2016-06-07 20:33
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

Re: タイトルなし

> >今回の米軍族による女性遺棄事件でも、沖縄県を上げて大変な騒ぎです。
>
> この米軍人の不祥事が起きる度に鬼の首をとったごとく
> 騒ぎ立てる左派マスゴミの報道をみると、韓国メディアの
> 「反日」報道をあれこれ言えなくなるような気がしてきて
> 何かイヤな気分になるんですよね。

 反米左翼って韓国の反日と同質です。 反米左翼を見ていると、コイツラの先祖は高麗や百済から来た帰化人?と思てしまいます。
>
> 別に犯罪をやらかした米国人を庇い立てしようなんてつもりは全くないし、戦後の占領時代と再独立から間もない
> 50年代から60年代にかけて非常に横柄な米軍人もいた
> ことは事実で、ジラード事件なんて酷い事件もありました。
>
> https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B8%E3%83%A9%E3%83%BC%E3%83%89%E4%BA%8B%E4%BB%B6
>
> しかし、左派メディアの騒ぎ方はおっしゃるとおりそれを元に米軍基地の危険性を煽り、基地反対運動を盛り上げよう・・という狙いが見え見えで辟易するのです。

 70年代ベトナム戦争中も米兵の犯罪は多かったそうです。
 
 でもそれは40年も前の話です。

 この27年間の在沖米兵の性犯罪って、赤旗によれば27件です。
 しかも強姦や強姦殺人のような悪質なモノばかりではなく、痴漢程度の物まで全部含めてです。
 
 これで執拗に米軍の犯罪を騒ぎ立てるって、悪質な人種差別、職業差別です。

> 米軍人の犯罪率は確かよもぎねこさんも以前、数字をあげて実証されていたように思いましたが、別に日本人一般のそれと大して変わりません。
> その辺を無視して自らの反米イデオロギーの為に米国軍人がすべてレイパー、暴行魔であるかのように針小棒大に騒ぐ・・。
>
> これがヘイトスピーチでなくて何なんですか?

 そうです非常に悪質なヘイトスピーチです。
 本来なら政府が一言たしなめるべきです。

 米軍の人口当たりの犯罪発生率は、日本人に3分の1です。 それを犯罪集団のように言い建てるような事は絶対に許せません。

> いや、米国人は好きだ、米国人そのものへの非難じゃないなんて言い訳のように言っていましたが(TBSの番組中、基地反対運動家)、日本における存在自体が危険って
> ことなら、おっしゃる通り朝鮮総連だって、資金や技術の北朝鮮への横流し、それどころか日本人拉致に関わっていた可能性も極めて高い危険な存在ですよね。
>
> 少なくとも彼らが主張する内容や活動は本当なのか?検証する必要は十分すぎるくらいあるし、それは単なるカルト団体、犯罪組織への捜査でが朝鮮人差別だとは思えません。
>
> 非が明らかになれば謝罪もするし、綱紀粛正などの措置を
> とる米軍の方が遥かにマトモな存在である・・と考えるのは私だけではないと思いますが?

 そうです。 過去には米軍の犯罪も多かったのですが、その後努力して犯罪を減らしました。 
 被害者にも誠実に対応してます。

 しかし朝鮮総連や民潭が過去の犯罪を謝罪した事がありますか?

> マスコミ自身の方針の問題もありますが一種の甘えもありますよね。
> 米国相手なら叩いたって別に何の跳ね返りもない、一方、朝鮮絡みに関して都合の悪い話をすれば、たちどころに猛烈な抗議活動(一頃ほどではないようではありますが)や外交問題になってしまう・・だから遠慮するみたいな。

 米軍は世界最強の軍隊ですが、マスコミが相手の場合は檻の中のライオンです。
 それに石をぶつけて喜んでいるのがマスコミです。
 
 これこそ非常に卑劣な行為です。

> どこかで見聞きした報道姿勢だな・・と思えば、ご隠居さんの「こりあうぉっちんぐ」などで散々見せられた韓国メディアの対日報道と対中報道の違いそっくりなんですよね、これ。
>
> 日帝が・・・を散々繰り返す韓国メディアも侵略の数なら
> チョッパリより遥かに多く、長年属国とし、近代に入っても朝鮮戦争で散々朝鮮半島を荒らしまわった中国に対しては大人しいもんです。
>
> 幸か不幸か日本についてあまり知らない人が大多数の米国では日本メディアの「反米」ぶりについてはほとんど知られていないでしょうけど。
>
> そのうち米国人のブロガーが「こりあうぉっちんぐ」ならぬ「ジャップうぉっちんぐ」なんてやりだして、朝日や毎日、東京の反米記事をネタにしたブログを開始したりして・・(笑)

 韓国の反米も酷いですから、それはないでしょう。

 でも反米マスコミって皆同様です。
 檻の中のライオンに石をぶつけて「オレはライオンをやっつけた!」と凱歌を上げるのです。

  1. 2016-06-07 20:50
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

Re: Re: Re: 現場での一当事者の感覚としまして

> > ところで西田議員は川崎のデモを見学したような事を言っているのですが、前回のデモで実際に所謂ヘイトスピーチはあったのでしょうか?
>
> 返信をいただき有り難うございます。
>
> 前回(私が直接見聞したのは1/31からなのですが)でも、所謂ヘイト要素(脅迫的な内容、叩き出せ等の強制的な内容)は有りませんでした。
>
> ただ、神奈川新聞にあるように、在日の来歴が出稼ぎや密航であること、「従軍慰安婦」が「追軍売春婦」であったこと、日韓断行と言った主張をヘイト認定していましたので、彼らにすれば、ヘイトなのでしょう。(私はプラカードで日本人差別廃止や非韓三原則を称揚する程度でした)
>
> 残念ながら、都内でのデモ(特に在特会ではなく新社会運動系)では、2014年頃までは「叩き出せ」等とは言っていた様に思います。
>
> 何れにしろ、川崎では、(しばき隊を含めて)朝鮮人が数百人規模で動員を掛けてきますので、そちらへの反発が主で、所謂「ヘイト」要素は無いはずです(全部は分かりませんが)。
>
> 今回の件は在特会が付け入れられた(私も在特会会員ですが)という厳しい意見も有りますが、あの民主党の暗黒時代において、個人が何かするとした時に、見つけ易い旗だったと思います。

 有難う御座います。

 ワタシは喘息が治らないので、昨年札幌で大嫌韓デモに出てから、デモに参加していないのですが、しかし少なくとも「殺せ」「死ね」の類は2012年中には全国的に止めていたと記憶しています。

 札幌の場合は昨年、桜井会長が参加した時も、そのような発言はありませんでした。

 在日コリアンが不法入国者であることや、慰安婦が売春婦だったのは事実ですから、これをヘイトスピーチと言われても困るのです。

 だからワタシも「ヘイトスピーチ騒動」は外部から仕組まれていると思います。
 問題はそれをあらかじめ阻止できなかった事でしょう。

 しかし逆に考えれば、現在在特会の影響力がそれだけ大きくなったと言う事ですから、これを利用する方法はあるはずです。
 だからそれを考えていくべきです。
  1. 2016-06-07 21:54
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

禁止法を制定するよりも恐ろしい事態。

> 理念法を拡大解釈してデモを禁止できるなら、もう理念法じゃなくて禁止法ですよね?

 私が申し上げたいことはもっと恐ろしいことです。理念法自体は禁止規定がないのでこれだけではデモを禁止できません。そこで、別の法律を持ってきて、そこに書かれている規制法令の要件を理念法を「使って」拡大解釈するのです。
 そうすると、理念法自体に禁止規定がなくても他の法律がヘイトスピーチ規制法に「変身」してしまうのです。現に川崎市がやったことはこれなのです。川崎市はヘイトスピーチとは全く関係のない「公園での集会許可(これ自体は公園の適正な利用のための規制)」の条件に「集会の内容にヘイトスピーチが含まれる恐れがないこと」というものを勝手に付け加えてしまったのです。

 こんなことが許されると、どんな法律でもヘイトスピーチ禁止法に変貌させることができます。理念法自体が拡大解釈される(ヘイトスピーチの範囲を拡げようとする)ことも問題ですが、理念法があれば他の法律を規制法にできるということになると、どの法律がヘイトスピーチ規制法になるかが予測できません。
 国会における議論もすっ飛ばして、なし崩し的に規制をしようとする姿勢は、法治国家で許されるものではありません。理念法を制定して、なし崩し的に規制法を制定してしまおうという魂胆かと思っていましたが、現実はその斜め上を行ってしまいました。はっきり言って予測が甘かったと言わざるを得ないでしょう。
  1. 2016-06-07 22:06
  2. URL
  3. 凍え馬 #-
  4. 編集

Re: 禁止法を制定するよりも恐ろしい事態。

> > 理念法を拡大解釈してデモを禁止できるなら、もう理念法じゃなくて禁止法ですよね?
>
>  私が申し上げたいことはもっと恐ろしいことです。理念法自体は禁止規定がないのでこれだけではデモを禁止できません。そこで、別の法律を持ってきて、そこに書かれている規制法令の要件を理念法を「使って」拡大解釈するのです。
>  そうすると、理念法自体に禁止規定がなくても他の法律がヘイトスピーチ規制法に「変身」してしまうのです。現に川崎市がやったことはこれなのです。川崎市はヘイトスピーチとは全く関係のない「公園での集会許可(これ自体は公園の適正な利用のための規制)」の条件に「集会の内容にヘイトスピーチが含まれる恐れがないこと」というものを勝手に付け加えてしまったのです。
>
>  こんなことが許されると、どんな法律でもヘイトスピーチ禁止法に変貌させることができます。理念法自体が拡大解釈される(ヘイトスピーチの範囲を拡げようとする)ことも問題ですが、理念法があれば他の法律を規制法にできるということになると、どの法律がヘイトスピーチ規制法になるかが予測できません。
>  国会における議論もすっ飛ばして、なし崩し的に規制をしようとする姿勢は、法治国家で許されるものではありません。理念法を制定して、なし崩し的に規制法を制定してしまおうという魂胆かと思っていましたが、現実はその斜め上を行ってしまいました。はっきり言って予測が甘かったと言わざるを得ないでしょう。

 それはその通りだと思います。

 西田議員が自分でそう言っています。

>西田氏は、自治体や警察などが法の趣旨を踏まえた上で、ヘイトデモに「厳正に対処して、事実上封じ込める。そういう行政権を行使して頂きたい。訴訟になることも考えられるが、裁判の場で、ヘイトスピーチは許さないという趣旨のもとに、正しい判断をして頂ければ、行政がヘイトスピーチを封じ込める行為が違法とはならず、その結果ヘイトスピーチは事実上日本からはできなくなる」と期待した。

>西田氏は「もしも禁止すると、禁止すべきものを定義した段階で、定義から外れる境界線を求めるようなヘイトスピーチが予想される。理念法にすることで全体の文脈の中でヘイトスピーチをとらえ、ダメだという形に持って行く。また、禁止規定を設けると、行政が何もしないことは違法状態の放置になるため、罰則をつけるべきかという議論になりかねない。それが逆に表現の自由を制約することになっていく」「禁止規定は、他の法律で同じようなことが作れるということになりかねない。それが戦前の治安維持法ではないけれど、そういうことに道を開くことになってもいけない」と懸念を示した。
 
http://www.huffingtonpost.jp/2016/05/24/hate-speech-law_n_10117236.html

 つまり明確な定義もないまま、何となくヘイトスピーチをしそうだと思えるデモや集会は完全に禁止すると言う言うのが、この法律の意図なのです。

 そうなるとヘイトスピーチの定義がないのですから、何でも拡大解釈して言論封殺ができるわけです。

 これは本物の言論弾圧です。

 今後非常に厄介な問題になるでしょう。
  1. 2016-06-07 22:36
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

>だってデモ隊側は、ヘイト発言は既に3年も前に止めているし、まただってデモ隊側は、ヘイト発言は既に3年も前に止めているし、また朝鮮学校児童公園不法占拠抗議事件は有罪になっているのです。
 つまり既に済んだ話、あっても現行法で対応できた話しです。

 仮に今は止めていても、当初やってしまった事実は消えません(だから、在特会は、公安の監視対象団体になっているのです)。また、まさに同じ論法で歴史的な過去の在日韓国・朝鮮人の犯罪行為などを問題にすることがある以上、自分達の方だけ済んだことだと主張することはできないでしょう。(なお、しばき隊については、大阪での暴行事件の際に全国7カ所をいっせい家宅捜索した例もあり、警察はその背後関係等について相当程度把握しているような気がします。)
 また、処罰されたといってもすべて事後的なものです。表現行為に対しては事前の『検閲』は許されませんが、影響力の重大性などに鑑み公共の福祉による「事前抑制」が認められる場合もあります。今回の法律は、間接的にそれを期待したものだと思われ、賛否はあるでしょうが、個人的にはとくに問題になる点は思い当たりません。いずれにしても当該法律は理念法に過ぎず、実際のボーダーラインは実践を通じて形成されていくことになるだろうと思っています。

>民族的にグルーピングするのが差別主義なら「日本人は先天的な差別主義者」などと言う発想はあり得なのですが?
 それこそ日本人を民族的にグルーピングして、しかもその理念を「先天的」と言う発想こそ差別そのモノでしょう?

 少し説明を追加すると、国内的には問題とされなくとも、とくに対外的な関係において、日本人はややもすると民族・宗教など集団をグルーピングした発言の危険性に無頓着で、悪意が無くとも無自覚に多用することから、上記のような印象を持たれる可能性があることを指摘したのが山本七平でした。
 現在は、インターネットによって情報が瞬時に世界中に拡散される時代です。国内的には問題にならなくとも、国際的に有らぬ誤解を受けないよう、とくに公の発言には、一般人であっても注意や工夫が必要な時代になったということであり、萎縮効果とは直接関係が無いことだと思っています。
  1. 2016-06-08 00:14
  2. URL
  3. 散歩道 #-
  4. 編集

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. 2016-06-08 11:56
  2. #
  3. 編集

Re: タイトルなし

> >だってデモ隊側は、ヘイト発言は既に3年も前に止めているし、まただってデモ隊側は、ヘイト発言は既に3年も前に止めているし、また朝鮮学校児童公園不法占拠抗議事件は有罪になっているのです。
>  つまり既に済んだ話、あっても現行法で対応できた話しです。
>
>  仮に今は止めていても、当初やってしまった事実は消えません(だから、在特会は、公安の監視対象団体になっているのです)。また、まさに同じ論法で歴史的な過去の在日韓国・朝鮮人の犯罪行為などを問題にすることがある以上、自分達の方だけ済んだことだと主張することはできないでしょう。(なお、しばき隊については、大阪での暴行事件の際に全国7カ所をいっせい家宅捜索した例もあり、警察はその背後関係等について相当程度把握しているような気がします。)
>  また、処罰されたといってもすべて事後的なものです。表現行為に対しては事前の『検閲』は許されませんが、影響力の重大性などに鑑み公共の福祉による「事前抑制」が認められる場合もあります。今回の法律は、間接的にそれを期待したものだと思われ、賛否はあるでしょうが、個人的にはとくに問題になる点は思い当たりません。いずれにしても当該法律は理念法に過ぎず、実際のボーダーラインは実践を通じて形成されていくことになるだろうと思っています。

 公安が在特会を調べるのは全然構いません。 何ならワタシとよもちゃんを尾行してくれると安心です。
 ワタシのブログは中国ではブロックされてみられないそうすし。

 しかし問題行動は現行法で対応できる、ヘイトスピーチは止めて久しいのに、何で言論弾圧の法案を作る必要があるのか?
 
 デモ参加者の方にも確認しましたが、西田議員が見たと言う川崎市桜本のデモでは「朝鮮人は不法入国した」「慰安婦は売春婦」など言っていますが、これは西田議員もチャンネル桜などで普通に言っている事で、事実です。

 このような発言をデモでするなと言うなら、完全な言論弾圧です。、

> >民族的にグルーピングするのが差別主義なら「日本人は先天的な差別主義者」などと言う発想はあり得なのですが?
>  それこそ日本人を民族的にグルーピングして、しかもその理念を「先天的」と言う発想こそ差別そのモノでしょう?
>
>  少し説明を追加すると、国内的には問題とされなくとも、とくに対外的な関係において、日本人はややもすると民族・宗教など集団をグルーピングした発言の危険性に無頓着で、悪意が無くとも無自覚に多用することから、上記のような印象を持たれる可能性があることを指摘したのが山本七平でした。
>  現在は、インターネットによって情報が瞬時に世界中に拡散される時代です。国内的には問題にならなくとも、国際的に有らぬ誤解を受けないよう、とくに公の発言には、一般人であっても注意や工夫が必要な時代になったということであり、萎縮効果とは直接関係が無いことだと思っています。

 有難う御座います。 所謂反差別を喚く人達の本質が良くわかる話です。

 民族・宗教の集団をグルーピングしてその民族の性質を安易にグルーピングすると、「先天的な差別主義者」と言われると言うのでしょう?

 つまりイスラム教徒の一部が強姦事件を犯したことで、「イスラム教徒は女性蔑視」などと言う事を、グルーピングと言うのでしょう?

 イスラム教徒による強姦事件が多発しても、それは一部の話で、全てのイスラム教徒が強姦事件を犯すわけではない。 だから一部の人間の犯罪で全てのイスラム教徒を評価するの事を「グルーピング」と言い、こうした形でのイスラム教徒への評価を「差別」と言うのでしょう? 

 だったら日本人の一部が、「朝鮮人は息をするように嘘を吐く」などと言ったり、ネットや著作で書いたりしたと言う事で、全ての日本人を「差別主義者」と断定するのは、グルーピングそのモノじゃないですか?
 
 だってグルーピングの発言をしているのは日本人の一部です。 1億3千万人全てがするわけではありせん。
 
 そもそも日本語の出来る外国人も、また外国語のできる日本人も極少数ですから、そういう少数者の発言や知見を通じてしか、日本人が他民族・他宗教に対してどのような発言をしているかは、知りようがないのです。

 その極少数者を通じての知見だけで「日本人は差別主義者」と決めるなら、それこそグルーピングそのモノではありませんか?

 しかも「先天的」と言うのです。

 民族差別や宗教差別のようなモノが、先天的なモノか後天的なモノかを、科学的に判別する方法ってあるのですか?
 遺伝する差別意識とそうでない差別意識に関する科学的な研究論文でもあるのですか?

 そんな判定は現代の科学技術でも絶対不可能では?

 それなのに安易に日本人の差別意識を、安易に「先天的」なモノと決める。

 これっても「黒人は遺伝的に知能が低い」とか「ユダヤ人は遺伝的に犯罪性が強い」などと同様でしょう?

 これならナチの人種科学の方がマシです。
 ナチの人種科学はインチキだったけれど、少なくとも彼等は科学的であろうと努力はしたのです。

 しかし一部の日本人の発言だけで「日本人は先天的な差別主義者」など言う連中は、その証明にナチの御用学者程の努力はしたのですか?

 差別主義者を非難しながら、差別をする!!
 
 ワタシは実はこれが今差別を騒いでいる連中の本質だと思います。

 つまり彼等は差別が悪いから差別を非難しているのではないのです。

 他者を非難したいがために差別を喚くのです。
  1. 2016-06-08 12:06
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

Re: タイトルなし

> 初めて投稿させて戴きます。
>
> 東日本大震災のあと、民主党とメディアの意味不明さからネットを検索し
> こちらのブログに辿り着きました。今では管理人様の文章だけでなく、
> 美しい札幌の自然(九州住まいなのでいつか旅行に行きたい)とよもちゃんの魅力に降参し日参しております。

 楽しんで頂けてうれしいです。 よもちゃん共々大感激です。

> ところで川崎デモ事件について、管理人様は以下のことをご存知の上で
> 情報収集されているのかもしれぬと思い、非表示で投稿しています。
>
> > 1月の国会の流れから、ヘイトスピーチ法がバーターとなりそうだったので、(ヘイト法が)骨抜きにしても、
> > なりふりかまわず押さえ込みに来るとよんでいた。であれば成立は会期末として対策をとったということである。
>
> > 「すみれの会」が保守裁判の支援に特化した意味は、ヘイト法が罰則規定のない理念法であるため、
> > 在日や反日勢力の抵抗は法的にかなり無理をしなければならないこと。
> > であれば組織と資金を確保すれば法的に対抗できるということであった。

 向こう側には日本弁護士会が付いているので、法的な対応はなかなか大変だと思います。
 しかし今後安易にデモをするのではなく、法的な対応を考えて行くしかありません。

> > そしてお客様はやってきた。有田をはじめオールスターである。ビデオも写真もばっちりである。五十六パパはご苦労さん。完璧だった。
> > さっと引いたのも予定通りだった。あとは法廷闘争だね。もう準備を始めているよ。
> (余命三年時事日記822 巷間アラカルト92)
> http://yh649490005.xsrv.jp/public_html/2016/06/07/822-%E5%B7%B7%E9%96%93%E3%82%A2%E3%83%A9%E3%82%AB%E3%83%AB%E3%83%8892/
>
> どうやら西田議員がヨシフの仲間になったふりして、罠に嵌めたようです。
>
>
>
>
> ちなみに官邸メールについて
> (719 新規官邸メールについて)
> http://yh649490005.xsrv.jp/public_html/2016/05/11/719-%E6%96%B0%E8%A6%8F%E5%AE%98%E9%82%B8%E3%83%A1%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%81%AB%E3%81%A4%E3%81%84%E3%81%A6/
> そのメールサイトはこちら
> (余命三年時事日記 ミラーサイト)
> https://quasi-stellar.appspot.com/kanteiForm.html

 西田氏の本心はわかりません。
 しかし幾ら西田氏が怪しくても、自民党に代わる政党はないので、単に怒りだけで行動しても仕方ないのはわかります。
  1. 2016-06-08 12:20
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

>しかし問題行動は現行法で対応できる、ヘイトスピーチは止めて久しいのに、何で言論弾圧の法案を作る必要があるのか?

 これを分解して分析すると、「問題行動は現行法で対応できる」→事前の対応ができないことは前述の通り、もっともどういう対応をすべきかは法律には一切書いていない。「ヘイトスピーチは止めて久しい」→侮辱罪・威力業務妨害罪・器物損壊罪、損害賠償が確定した後で止めてから僅か3年。共産党が直接的なテロ行為を関与してから何年になるでしょうか?「言論弾圧の法案」→具体的に今回の法律のどの部分が言論弾圧に該当するのですか?前述したように、私にはこの法案による間接的な影響は、デモを行なうTPOに関して行政側から常識の範囲内で制限が加えられることぐらいしか想像できません。
 ちなみに、川崎での事案は今回の法律でも止めることができなかった左翼らが、業を煮やして実力行使による違法行為を行なっただけで、今回の法律とは直接関係ありません。

 これは個人的にとくに重要視していることなのですが、他者を批判する基準と自分が行動する基準が一致していないと、中長期的には信用を失って活動できなくなるという点です。つまり、他者を批判するのと同じ基準で自分が批判された時に、これを素直に認めるのではなく、自分は別、自分は被害者だ弾圧だと言うだけでは周囲の支持は得られません。まさにこれは、ブーメラン政党や左翼・在日団体等が陥っている状況そのものでしょう。

>そもそも日本語の出来る外国人も、また外国語のできる日本人も極少数ですから、…
 まさに今までは『日本語の壁』によって守られてきたのですが、日本語ができる観光客だけではなく、ネットを見れば分かるように、少し前と比べても日本語を学んだ外国人が直接翻訳する事例が著しく増えてきているのが現状でしょう。単に翻訳者の問題にするだけでは済まない状況になりつつあると思います。
  1. 2016-06-08 17:06
  2. URL
  3. 散歩道 #-
  4. 編集

>民族差別や宗教差別のようなモノが、先天的なモノか後天的なモノかを、科学的に判別する方法ってあるのですか?
 ちょっと説明が舌足らずだったかもしれませんが、『先天的』というのは比喩です。具体的には、以下のようなことだと思います。
 多民族・多宗教国家はもちろん、異民族や他宗教と接する機会が多い海外では、歴史的に異民族や他宗教に否定的なレッテルを貼って対立を煽ったり、あげく戦争になった事例も少なくないため、こうした民族や宗教をグルーピングして断定する危険性についての自覚や配慮が、文化的に埋め込まれています。
 ところが、日本は歴史的にこうした経験に乏しく、文化的な制約が欠如していることも少なくありませんし、そのことについて、日本人自身が無自覚です。こうした点を比喩的に「先天的」と表現したのだろうと思います。
 ただ、国際的にも認められているように、日本人は非常に礼儀正しく、外国人に対して面と向かって否定的なことを言うことがほとんど無かったことから、今までは問題が表面化しませんでした。しかし、今後さらに外国人との接触が増え交流が深まっていけば、どうなるかは分かりません。
 民族や宗教でグルービングする場合でも、肯定的な内容の場合は問題になりにくいでしょう。これは海外でも同じだと思います。ただ、否定的な問題を取り上げる場合には、厳密さや前提ないし限定など、表現や思考に工夫や配慮が必要になると思います。
 たとえば、『イスラム教徒は女性蔑視』と言う場合、取り上げた行為または習慣が、コーランに基づく宗教的なものか、イスラム教を信仰する民族や部族の伝統なのかで異なってくるでしょう。
 前者の場合、宗教の内容そのものは合理的な論争の対象にはなりません(宗教や感情の問題は合理的な主張の根拠にならないという原則があるから)。問題になるのは世俗的なルールと抵触する場合であり、いわゆる政教分離に関する問題の一環としてだけです。
 後者の場合、一定の論争は可能でしょうが、この問題に関して「イスラム教徒は女性蔑視」と言ってしまえば、差別主義者と言われかねないということなのです。

 また、逆の例もあります。
 最近日本で、ホテルに聖書が置いてあることからの発想か、コーランとお祈り用のマットを置いておくサービスを始めたホテルがあるようで、イスラム圏のネットで、日本はイスラム教を受け入れてくれると評判になった事例があるようです。
 日本人的には些細なことでも、その結果どのような波及効果が生じるのか、単純に排斥することが困難な時代において、受け入れについても慎重さや冷徹さが必要になっていますが、日本にはその準備があるでしょうか?
  1. 2016-06-08 17:09
  2. URL
  3. 散歩道 #-
  4. 編集

Re: タイトルなし

> >しかし問題行動は現行法で対応できる、ヘイトスピーチは止めて久しいのに、何で言論弾圧の法案を作る必要があるのか?
>
>  これを分解して分析すると、「問題行動は現行法で対応できる」→事前の対応ができないことは前述の通り、もっともどういう対応をすべきかは法律には一切書いていない。「ヘイトスピーチは止めて久しい」→侮辱罪・威力業務妨害罪・器物損壊罪、損害賠償が確定した後で止めてから僅か3年。共産党が直接的なテロ行為を関与してから何年になるでしょうか?「言論弾圧の法案」→具体的に今回の法律のどの部分が言論弾圧に該当するのですか?前述したように、私にはこの法案による間接的な影響は、デモを行なうTPOに関して行政側から常識の範囲内で制限が加えられることぐらいしか想像できません。
>  ちなみに、川崎での事案は今回の法律でも止めることができなかった左翼らが、業を煮やして実力行使による違法行為を行なっただけで、今回の法律とは直接関係ありません。

 嫌韓デモが始まったのは2012年です。 その後2~3ヶ月内に、ヘイトスピーチと言われるようなプラカードもスローガンも使用を辞めました。
 
 2012年に始まって直ぐに止めた物を、「止めてから僅か3年」と言われても困ります。 正確には4年弱ですが、初めてから2~3ヶ月で自主的に辞めた事を、今更問題にする事自体極めて異常です。

 因みに西田議員が見学したと称する川崎市桜本でのデモでは「朝鮮人の不法入国」「慰安婦は売春婦」などと言っていましたが、これはチャンネル桜などでも普通に言っている事です。

 歴史上の事実をヘイトスピーチだと決めて、デモを弾圧するのですから、これはもう完全な言論弾圧を意図しているとしか言えないのです。

 更にブログ本文に書いたように、デモの主催者は街宣演説の草稿を西田議員に送って、ヘイトスピーチにならないように助言を求めました。 しかし西田議員はこれを拒否しました。

 因み6月5日のデモは川崎市が「ヘイトスピーチ規制法」を盾に公園の利用を拒否しています。 
 そして警察も左翼のデモ隊への暴行を阻止しませんでした。

 本来なら合法的なデモが暴力で妨害された場合は、警察は暴力側を排除する義務があるのです。 ところが今回はヘイトスピーチ規制法を盾に、警察は暴力を振るうに任せたのです。

 明らかにこの法案が言論の自由や表現の自由を侵害しているのです。 
>
>  これは個人的にとくに重要視していることなのですが、他者を批判する基準と自分が行動する基準が一致していないと、中長期的には信用を失って活動できなくなるという点です。つまり、他者を批判するのと同じ基準で自分が批判された時に、これを素直に認めるのではなく、自分は別、自分は被害者だ弾圧だと言うだけでは周囲の支持は得られません。まさにこれは、ブーメラン政党や左翼・在日団体等が陥っている状況そのものでしょう。

 だから根拠もなく合法的なデモを「ヘイトスピーチ」と言った西田議員等は信用を失いました。
>
> >そもそも日本語の出来る外国人も、また外国語のできる日本人も極少数ですから、…
>  まさに今までは『日本語の壁』によって守られてきたのですが、日本語ができる観光客だけではなく、ネットを見れば分かるように、少し前と比べても日本語を学んだ外国人が直接翻訳する事例が著しく増えてきているのが現状でしょう。単に翻訳者の問題にするだけでは済まない状況になりつつあると思います。

 一部の人が話、一分の人が理解できるだけの話で、日本人全体の特性を語るのは、貴方の言うグルーピングですが?
  1. 2016-06-08 20:26
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

Re: タイトルなし

> >民族差別や宗教差別のようなモノが、先天的なモノか後天的なモノかを、科学的に判別する方法ってあるのですか?
>  ちょっと説明が舌足らずだったかもしれませんが、『先天的』というのは比喩です。具体的には、以下のようなことだと思います。

 日本語で「先天的」と言えば生まれつきと言う以外の意味はありません。
 生まれつきかどうか極めて怪しい話を「先天的」などと表現するのは、比喩とは言えません。
 
 貴方ちゃんと日本語が話せるのですか?

>  多民族・多宗教国家はもちろん、異民族や他宗教と接する機会が多い海外では、歴史的に異民族や他宗教に否定的なレッテルを貼って対立を煽ったり、あげく戦争になった事例も少なくないため、こうした民族や宗教をグルーピングして断定する危険性についての自覚や配慮が、文化的に埋め込まれています。

 そんな事実はありません。
 普通に海外の文学を読めばわかりますが、他民族や他宗教の人達に対する、実にエゲツナイ罵詈・侮蔑語が幾らでも出てきます。

 多民族国家は皆、深刻な民族対立で、戦争や虐殺を繰り返してきたので、その憎悪や侮蔑が渦巻いているのです。

 こうした民族差別や憎悪が、表面的にせよ一応「悪い事」とされるようになったのは、1970年代以降です。
 それで政治家や自称文化人などは、こうした発言を控えてポリティカル・コレクトネスを守るようなりましたが、しかしそれが極めて欺瞞的偽善的であるから、一般国民の支持は得ていないのです。

>  ところが、日本は歴史的にこうした経験に乏しく、文化的な制約が欠如していることも少なくありませんし、そのことについて、日本人自身が無自覚です。こうした点を比喩的に「先天的」と表現したのだろうと思います。

 文化的歴史的理由に由来する習慣を「先天的」とは言いません。 
 
>  ただ、国際的にも認められているように、日本人は非常に礼儀正しく、外国人に対して面と向かって否定的なことを言うことがほとんど無かったことから、今までは問題が表面化しませんでした。しかし、今後さらに外国人との接触が増え交流が深まっていけば、どうなるかは分かりません。
>  民族や宗教でグルービングする場合でも、肯定的な内容の場合は問題になりにくいでしょう。これは海外でも同じだと思います。ただ、否定的な問題を取り上げる場合には、厳密さや前提ないし限定など、表現や思考に工夫や配慮が必要になると思います。

 そんなことをしていたら文明論や宗教論に関する議論や著作は不可能になります。

>  たとえば、『イスラム教徒は女性蔑視』と言う場合、取り上げた行為または習慣が、コーランに基づく宗教的なものか、イスラム教を信仰する民族や部族の伝統なのかで異なってくるでしょう。
>  前者の場合、宗教の内容そのものは合理的な論争の対象にはなりません(宗教や感情の問題は合理的な主張の根拠にならないという原則があるから)。問題になるのは世俗的なルールと抵触する場合であり、いわゆる政教分離に関する問題の一環としてだけです。
>  後者の場合、一定の論争は可能でしょうが、この問題に関して「イスラム教徒は女性蔑視」と言ってしまえば、差別主義者と言われかねないということなのです。

>  また、逆の例もあります。
>  最近日本で、ホテルに聖書が置いてあることからの発想か、コーランとお祈り用のマットを置いておくサービスを始めたホテルがあるようで、イスラム圏のネットで、日本はイスラム教を受け入れてくれると評判になった事例があるようです。
>  日本人的には些細なことでも、その結果どのような波及効果が生じるのか、単純に排斥することが困難な時代において、受け入れについても慎重さや冷徹さが必要になっていますが、日本にはその準備があるでしょうか?

 細かいどうでも良い話を延々とほじくって他国民を「先天的差別主義者!」と言うような人間こそ差別主義者です。

 こういう西田氏も貴方のこういう類の方からこそ、海外の差別主義者の評判を気にして、民主主義では最も重要な言論の自由を安易に弾圧するのではありませんか?


  1. 2016-06-08 20:41
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

Re: Re: タイトルなし

>共産党が直接的なテロ行為を関与してから何年になるでしょうか?

 在特会はテロなどしてません。 殺人もしていません。

 威力業務妨害と強要罪で有罪になっただけです。 しかも別に暴力で脅したなどと言う事でなく、ただ少しシツコク抗議をしただけです。

 現実的には実害など殆どない物でした。

 因みに京都朝鮮学校児童公園不法占拠抗議事件で問題になった児童公園は、実は西田議員の選挙事務所から500mぐらいの所にありました。
 この人は京都府議会議員だった事もあるそうですが、だったらこれまで京都市内の児童公園が半世紀朝鮮学校に不法占拠されたことに何をしてきたのでしょうね?

 政治家が何もしないから、一般市民が抗議に行って逮捕されると言う事態になるのです。

 少しは責任を感じて欲しいです。
  1. 2016-06-08 20:51
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する