2016-06-05 11:43

大衆文化は若者の占有物? 韓流

 韓国人が韓流についてこんなことを書いていました。

これは、とても大事なことである。今まで若者たちの占有物と思われていた大衆文化が中年層まで広がり裾野が広がったし、特に韓流ファンは年齢から言っても自分が望むものをすぐに買える購買力を持っていた。

 中高年女性に韓流ドラマが売れるまで、大衆文化は若者の占有物だったと思っているようです。
 
 何とも不思議な発想です。

205

 日本では万葉集の時代から、大衆文化を楽しんできました。

 天皇から農民まで全ての階級、全ての世代の人達が、事ある毎に短歌や長歌を謳い、歌垣のような行事を楽しんできました。

 国歌君が代は平安時代の流行歌「今様」です。

 鎌倉時代になると琵琶法師が平家物語を謳いながら放浪しました。
 
 能や狂言も大衆芸能として始まりました。
 観阿弥や世阿弥は室町時代の超人気スターで、その超人気スターを将軍が贔屓にしたのです。

239
 
 江戸時代になるともう大衆文化と言えるモノが、文学や芸能を超えて全てのジャンルに広がります。

 歌舞伎や浄瑠璃などの芸能から、俳句などの文学は勿論ですが、更に美術や自然科学も大衆娯楽になってきます。

 朝顔の変わり花を作るような園芸品種の改良と言う高度な園芸技術を町人達が競い合います。
 浮世絵は町人達が長屋の障子の破れ目に貼って楽しみました。

 和算だって完全に大衆文化で、農民や町人のうちで数学の好きな人達が、余暇として楽しんだのです。

 日本の伝統文化として受け継がれている物の多くは、実は殆どが大衆文化から生まれているのです。

 大衆文化でないのは、蹴鞠、流鏑馬など宮中文化、武家文化だったものぐらいでしょう。
 尤も今は蹴鞠も流鏑馬も一般大衆が楽しんでいます。

 万葉時代から現代まで次々と生まれて、そして受け継がれた数々の大衆文化が「若者の占有物」であるはずがないでしょう?

242

 これは西洋でもある程度言えるでしょう。
 例えばオペラなんか元来完全な大衆文化です。

 だからアル・カポネは夜毎シカゴ歌劇場でヴェルディやロッシーニのオペラを楽しみました。 そして酔ってご機嫌になると、自分のアリアを歌ったそうです。

 だって彼はイタリア系で、イタリア語も完全にできたのです。 だから彼にとってオペラは、黒人にとってのジャズのようなモノだったのです。

253

 だから大衆文化が「若者の占有物」と言う発想は理解不能です。

 逆にこうした一文を読んでいると、朝鮮文化の貧弱さ、そして大衆文化と言えるモノを生み出すどころではなかった朝鮮の貧しさが見えてきます。
 
 おそらくこの記事を書いた韓国人にとって、大衆文化と言うのはこの数十年間に流行したポップ音楽や、アイドルが出演するドラマや映画ぐらいしか思い浮かばないのでしょう。

 そしてそういう物を楽しむのは若者の間だけだと言う事でしょう。 

269

 しかしこれでは韓流文化は大変根が浅いと言うより、殆ど切り花のようなモノですから、直ぐに萎れるのも当然でしょう。

 そして韓国文化人の浅薄さも結局こうした韓国文化故でしょう。
 こんな文化を背景する文化人では、厚く豊な思考など期待できるわけもないのです。

  1. 特亜
  2. TB(0)
  3. CM(6)

コメント

韓国人の文章を読んでると、文化に対する考え方がなにかおかしいんですよね。「朝鮮通信使に江戸の市民が文化を教えてくれ!と群がった」とか「私たちの服の方が(着物より)もっと綺麗で美しいのに」とか、「日本の文化は全てウリナラが起源なので日本のものより優れている」とか。起源が優れてるなら本当の源流の中国様をもっと崇めて差し上げたらいいと思いますが、それはスルーですしね。優れている!劣っている!オリジナル以外は文化にあらず!
文化って真似がなければ生じようがないものなんですが。文化に対する思い込みが恐ろしく狭いです。

韓流ももっとさり気なく売り込めば普通に浸透したと思うんです。日本の芸能人に物足りなを感じてた層の需要にはまったのですから。なのに何故か彼らは加減というものを知らず、韓国人男性は優しくて逞しくて、それに比べて日本人は冷たくて体格も貧相でと、必ず日本貶しをセットで押してくるという実にマヌケなやり方をせずにいられない業のようなものなんですね。。左翼日本人とそっくり。ただ、お金を出してた韓国政府がそこまで細かく指示を出してたとは思えないので、やはり実際に番組を作る側に、在日のスタッフがたくさんいるのでしょうねえ。日本育ちのくせに日本人のメンタリティを知らなすぎです。

最近はkポップの学校を作って留学生を受け入れるんだとか。。聞いてる方が恥ずかしくなるのは何故。
  1. 2016-06-05 16:08
  2. URL
  3. こきち #97nXsu5.
  4. 編集

戦後初めて元に戻ったのです。

大衆文化というものが若者と大人との間に乖離ががあったというのは事実ですが、それは我が国の特殊事情だったと思います。戦前1937年の文化などを調べてみると、洋画や洋楽など平気で入ってきてますし当時の米英と比べてもそんなにタイムラグがありません。

ところが戦後1960年前後くらいまで一部を除いてこの手の輸入というものは結構制限されていました。おそらくは外貨の制限だったと思ってます。変わったのは60年前後だったでしょうか洋楽が怒涛のように入ってきて同時にプレスリーやビートルズのような一部の大人が理解できないものが突然入ってきたのです。事情はおそらく半島でも一緒だったんでしょうが、これが乖離というものの原因だったのでしょう。

しかし半世紀たったらどうでしょうか。世になべて新しきもの無し、であります。結局今のガキがやってることも60代が半世紀前にやってたことも同じなのです。先日、知り合いの親父が孫にギターを取られたと言って怒ってました。まあ、教えてのはお前だろうと仲間に言われていましたが、結局殆ど同じものを見聞きするようになったのです。

本当にそのへんの差は無くなって来てると言うのが分かります。若者が保守化してるとか何とかいいますが、今の50代と20代でそんなに感性が変わってるのだろうかということをは本当に感じます。おそらく60代以降の一部が本当にズレてるんだろう、という気がしてなりません。

問題はそいつらがマスゴミやメディアの頂点にいるということでしょう。戦後の掃除がようやく終わろうとしてるのです。新しい古いというのは何時の世もあるでしょうがズレているというものはなくなっていくだろうと思います。
  1. 2016-06-05 18:05
  2. URL
  3. kazk #cPv2SIBE
  4. 編集

 最初は何となく懐かしいような素朴なドラマが新鮮でしたが、だんだんと「(みんな同じ顔に見えるけど・・・)美男美女の愛憎劇を観るのだ~!」や「ほらほらほら、世界に誇る絢爛豪華な歴史ドラマ凄いでしょう?」という押しつけがましいアピールを感じすぐに観なくなりました。

 でも街頭インタヴューで韓国について聞かれた女性が、「韓流を応援すれば日韓関係が良くなると思って韓国語も勉強しました。でもいまは、それは違ったと思ってます。」と言っていました。この女性のように、日本が韓国を併合したことでずっと恨まれるのを何とかしたいと、努力して韓流を好きになって韓国面を知り騙された気持ちになった人は多いようです。それにあのブームは広告代理店が造った紛い物だそうです。そういうのって長続きしないですよね。
  1. 2016-06-05 23:05
  2. URL
  3. 都民です。 #-
  4. 編集

Re: タイトルなし

> 韓国人の文章を読んでると、文化に対する考え方がなにかおかしいんですよね。「朝鮮通信使に江戸の市民が文化を教えてくれ!と群がった」とか「私たちの服の方が(着物より)もっと綺麗で美しいのに」とか、「日本の文化は全てウリナラが起源なので日本のものより優れている」とか。起源が優れてるなら本当の源流の中国様をもっと崇めて差し上げたらいいと思いますが、それはスルーですしね。優れている!劣っている!オリジナル以外は文化にあらず!
> 文化って真似がなければ生じようがないものなんですが。文化に対する思い込みが恐ろしく狭いです。
>
> 韓流ももっとさり気なく売り込めば普通に浸透したと思うんです。日本の芸能人に物足りなを感じてた層の需要にはまったのですから。なのに何故か彼らは加減というものを知らず、韓国人男性は優しくて逞しくて、それに比べて日本人は冷たくて体格も貧相でと、必ず日本貶しをセットで押してくるという実にマヌケなやり方をせずにいられない業のようなものなんですね。。左翼日本人とそっくり。ただ、お金を出してた韓国政府がそこまで細かく指示を出してたとは思えないので、やはり実際に番組を作る側に、在日のスタッフがたくさんいるのでしょうねえ。日本育ちのくせに日本人のメンタリティを知らなすぎです。
>
> 最近はkポップの学校を作って留学生を受け入れるんだとか。。聞いてる方が恥ずかしくなるのは何故。

 ワタシは実は外国文学や外国の事を書いた本が好きで、パキスタンとかモンゴルとかセネガルとか、余り馴染みのない国の小説や本を見つけると、良く読んでいました。

 当然韓国の本も見つければ読んでみたのですが、1~2ページでギブアップしました。 まるで狂乱絶唱しているような感じで到底読んでいられない。

 それで朝鮮の小説岳だけは殆ど読んでいません。

 「文化に関する考え方がオカシイ」と仰るように、何か意味不明の競争心を燃やしているのでしょうね。

 人がノンビリと編み物を楽しんでいたら、突然「自分の方が上手い!! 上手い事を認めろ!」と喚きだすような異様さです。

 あらそう? 貴方の方が編み物上手いの?
 だったらそれで良いわ。
 ワタシはワタシのセーターや帽子を編むだけだから、貴方はそんなに上手いなら、手芸誌のコンクールにでも応募したら?

 そう言っても必死にシツコク、「ウリはオマイよりうまいニダ!!」と喚き続けるような、そんな感じなんですよね。

 ホントにキムチ悪いです。
  1. 2016-06-06 10:19
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

Re: 戦後初めて元に戻ったのです。

> 大衆文化というものが若者と大人との間に乖離ががあったというのは事実ですが、それは我が国の特殊事情だったと思います。戦前1937年の文化などを調べてみると、洋画や洋楽など平気で入ってきてますし当時の米英と比べてもそんなにタイムラグがありません。
>
> ところが戦後1960年前後くらいまで一部を除いてこの手の輸入というものは結構制限されていました。おそらくは外貨の制限だったと思ってます。変わったのは60年前後だったでしょうか洋楽が怒涛のように入ってきて同時にプレスリーやビートルズのような一部の大人が理解できないものが突然入ってきたのです。事情はおそらく半島でも一緒だったんでしょうが、これが乖離というものの原因だったのでしょう。
>
> しかし半世紀たったらどうでしょうか。世になべて新しきもの無し、であります。結局今のガキがやってることも60代が半世紀前にやってたことも同じなのです。先日、知り合いの親父が孫にギターを取られたと言って怒ってました。まあ、教えてのはお前だろうと仲間に言われていましたが、結局殆ど同じものを見聞きするようになったのです。
>
> 本当にそのへんの差は無くなって来てると言うのが分かります。若者が保守化してるとか何とかいいますが、今の50代と20代でそんなに感性が変わってるのだろうかということをは本当に感じます。おそらく60代以降の一部が本当にズレてるんだろう、という気がしてなりません。
>
> 問題はそいつらがマスゴミやメディアの頂点にいるということでしょう。戦後の掃除がようやく終わろうとしてるのです。新しい古いというのは何時の世もあるでしょうがズレているというものはなくなっていくだろうと思います。

 ロック音楽など初めて出た時は、欧米でも年配者には拒否感や反発があったのでは?

 でも新しい物が出た時はどんなものでも、若者はすぐに飛びつくけど、年配の人はなかなかなじめず拒否感が出るのですよね。

 今若者と年配者の乖離がないのは、一つにはロックのように画期的に新しい物が出ていないからでは?
  1. 2016-06-06 10:24
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

Re: タイトルなし

>  最初は何となく懐かしいような素朴なドラマが新鮮でしたが、だんだんと「(みんな同じ顔に見えるけど・・・)美男美女の愛憎劇を観るのだ~!」や「ほらほらほら、世界に誇る絢爛豪華な歴史ドラマ凄いでしょう?」という押しつけがましいアピールを感じすぐに観なくなりました。
>
>  でも街頭インタヴューで韓国について聞かれた女性が、「韓流を応援すれば日韓関係が良くなると思って韓国語も勉強しました。でもいまは、それは違ったと思ってます。」と言っていました。この女性のように、日本が韓国を併合したことでずっと恨まれるのを何とかしたいと、努力して韓流を好きになって韓国面を知り騙された気持ちになった人は多いようです。それにあのブームは広告代理店が造った紛い物だそうです。そういうのって長続きしないですよね。

 なるほど随分「良心的」な人もいたのですね。

 ワタシはそもそもドラマを見ないので、韓流ドラマも見ていないのですが、しかし話を聞くと典型的なソープドラマなのですね
。 しかも日本のソープドラマの焼き直しなのです。

 これって所謂インテリ層が嫌う番組です。
 
 ところが朝日や毎日の高学歴記者が、礼賛していたので、凄い違和感がありました。

 君達ああいうソープドラマ好きだったの?

 元ネタになった日本のソープドラマを君達好きだった?

 韓国に関わる話は、皆この嘘臭いマンセー報道が出てきて、益々不愉快になりますね。
 
  1. 2016-06-06 10:30
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する