2016-05-26 14:32

多様な価値観を守る事と原爆投下謝罪要求

 オリバー・ストーン監督等、アメリカのリベラリスト達がオバマ大統領に原爆投下を謝罪しろと言っているそうです。

 このアメリカの世論の変遷については、ベヒモスさんがエントリーしていらっしゃる通りだと思います。

 アメリカの移ろいゆく心のあり方

 そしてベヒモスさんが仰るように、アメリカが原爆投下をどう受け止めるかは、アメリカ人が決める事で、日本人が口を出すような話ではないと思います。

 だって第二次大戦に関する問題はサンフランシスコ講和条約で完全にけりがついているのですから。

317

 それにしてもオリバー・ストーンのような所謂良心派リベラルストって厄介ですね。
 
 彼等は心から善意でやっているのかもしれませんが、しかし結局戦争を起こしてきたのは、こうした善意のゴリ押しだと言う事を理解しているのでしょうか?

 戦争は国家と国家の正義がぶつかって起きるのです。
 双方が最後まで正義を貫けば、どちらかの国民が完全に死に絶えるまで戦うしかありません。

 しかしそれはやっていられないから、適当な所で正義を引っ込めて講和するのです。

 そしてその後平和を守る為には、講和の為に締結した条約を守り、双方がもう相手に対してこれ以上自分の正義を押し付けない事です。

 また戦争中に行った事に関しては、二度と蒸し返さない事です。

 日本とアメリカが戦後70年間良好な関係を維持できたのも、これを実行してきたからでしょう?

357

 でもこれは別に戦争だけでなく、夫婦喧嘩や兄弟喧嘩でも同じでしょう?

 せっかく和解しても「アンタ、あの時アタシを殴ったわね!」などと蒸し返したら、それで和解はパ~になるのです。

 なるほど夫婦喧嘩でも暴力は良くないのと同様、戦争でもルールがあり、原爆投下はルール違反です。

 しかしそれもこれも全部含めての講和が、サンフランシスコ講和条約でしょう?
 今更この話を蒸し返して意味があるのですか?

363

 勿論「原爆投下を謝罪しろ」と言っている人達は、「原爆のような大量虐殺兵器の使用は、人類の正義に反する絶対悪だから謝罪するべきなのだ。」と言うのでしょう。

 でもそういう正義のゴリ押しをする姿勢は、実は「共産主義が絶対悪!」「イスラム原理主義は絶対悪!!」として、戦争を煽ってきた人達と全く同じではありませんか?

 既に条約で決着のついた問題をどうとらえるかは、あくまで個人の良心の在り方、個人の価値感によるのです。

 それを自分達が規定した倫理から「絶対悪」として謝罪を求めると言う姿勢は、実は自分達の価値感を押し付けであり、他者の価値感を否定する話しです。

2016y05m26d_143811286

 日本には田母神さんのように、第二次大戦を日本の正義による戦争と考えている人達が、今でも沢山います。 故人ですがワタシの父もそうでした。

 だったらアメリカに原爆投下を正義と思う人間が居ても全然不思議ではないのです。 そしてアメリカ人の多くは勿論第二次大戦はファシズムと戦った正義の戦争と信じているのです。

 でも日米双方に第二次大戦への評価や原爆への評価が違えば、日米は良好な関係を持てないのでしょうか?

 そんなことはありません。

 田母神さん当人だって、自衛隊幹部として米軍の軍人達と親しく付き合ってきたし、日米同盟の重要さを常に強調してきたのです。

367

 だって日米で共通の価値感と言うのは、民主主義です。

 つまり国家が個人に対して特定の歴史認識を強制しない、自由に歴史を学び自分の価値感で解釈できる権利を尊重しようと言う事で、共通しているのです。

 その価値感を守る意思さへあれば、第二次大戦への評価なんかには関係なく、田母神さんと米軍人も仲良くできるのです。

 人間は一人一人違った価値感を持っているのです。 しかし全部が全部違うわけでもない。 だから共通して守れる部分は助け合って守り、違う部分には敢えて干渉しない。

 これが人間関係の基本ではありませんか?

374
 
 しかし「原爆投下は絶対悪だから謝罪しろ」と言う発想は、実はこういう多様な価値観を認める発想とは真逆なのです。
 
 原爆投下が絶対悪なら、慰安婦は? 東京大空襲は? 真珠湾攻撃は?
 日米双方で、ドンドン蒸し返してきりがないでしょう?

 行きつく果ては「田母神史観を抹殺しろ!!」「原爆投下を肯定する奴は、絶対に許すな!!」と言う正義のゴリ押し合戦です。

 つまり双方相手側の精神の自由を全て奪い、自分に服従させることを目指す事になるのです。
 これでは最後にはジェノサイトになるでしょう。

376

 民主主義国家では言論の自由が守られます。
 でもそれは「私は君の意見には反対だ。 でも君にはそれを言う権利がある。」として、自分が自由に発言する権利と同様、他人もまた自由に発言する権利を認める事で成り立つのです。

 精神の自由、思想宗教信条の自由だって同様でしょう?
 例えばワタシは共産主義が大嫌いですが、しかし志位和夫には共産主義を信奉する権利は守られるべきだと思います。

 民主主義国家では自分の権利同様、他人の権利、自分の大嫌いな他人の権利を尊重する事で、全て国民が自分の権利を守れるのではありませんか?

 そうした社会を守ろうと言う発想からすれば、既に何十年も前に条約で決着した問題を、「自分達の正義に反するから国家元首が謝罪しろ」と言う発想は極めて異常です。

 だったらオリバー・ストーンは、原爆を投下を正義だと思う人達の意思は蔑にする気なんですか?

 アメリカ大統領と言うのは、オリバー・ストーンやその仲間のリベラリストだけではなく、原爆投下を正義と信じている人々の大統領でもあるのですから。

380

 人間は一人一人、違った正義、違った価値感を持っているので、歴史観だって一人一人違うのです。

 そういう一人一人の違いを尊重する社会であることが、民主主義社会の素晴らしさではないのですか?

 日本とアメリカはそういう社会を守る為に、同盟を組み、そして戦後70年間それを守る事に成功してきたのではありませんか?

 だからオリバー・ストーン氏の正義は、オリバー・ストーン氏が個人で守れば良いのです。

396

 ワタシは実は今、オリバー・ストーン等リベラリストには非常な不審を抱いています。

 彼等は「多様な価値観の尊重」とか「人権」「反差別」を振り回すのが大好きなのですが、しかし彼等は結局、自分達への反対意見を尊重する意思がないのが、明白だからです。

 本当に多様な価値観や人権を尊重する意思があるなら、自分達の反対意見を持つ人の価値感や人権だって尊重するでしょう?

 でも彼等はそうではありません。
 自分達の意見に反対する人達には、「差別主義者」「レイシスト」などと言うレッテルを貼って、社会的抹殺を図っているのです。

398

 そもそも個人の人権を尊重すると言うなら、自分が生まれる前に国家が行った戦争犯罪で「謝罪する」などと言う発想は完全に狂っているのです。

 だってこの世の誰が自分の生まれる前の話に責任が持てるのです?

 先祖の罪で子孫に謝罪を求めるなんて、封建時代の話でしょう?

 こうした封建的は発想に抗議するのがリベラリストの信条だったのではありませんか?
 
 こんな馬鹿な謝罪要求ができるなら、日本はモンゴルの首相と元寇の謝罪を要求できます。 勿論韓国大統領の責任も問えます。
 だって元寇には高句麗も協力しているのですから。

 そしてキリスト教徒はイスラエルの首相に、キリスト処刑に対する謝罪を要求できます。

 でもこんな事をしたら、彼等リベラリストは「ナチスだ!!」「反ユダヤだ!!」と言って狂乱するんじゃないですか?

399

 しかし原爆投下謝罪要求をしているような連中は、自分が生まれる前に起きた国家の問題に、自分達が個人として反省し、謝罪する事を、良心的な人間の証明だと思っているのです。

 国家の犯罪を個人が謝罪しなければならない。

 国家の犯罪に個人が罪悪感を持ち反省しなければならない。

 しかも自分が生まれる前の国家は犯罪についても、個人は背金を感じ罪悪感を持つべきである。
 
 それが正義だ!!
 
 自分が生まれる前の原爆投下に関して罪悪感を持ち、反省する自分はなんて良心的で善良なんだ!!

 イヤ!!
 それ全然、善良じゃないから!!

 そういう発想って究極の国家主義、全体主義だから!!

 個人の正義と国家は一体化するべき!!

 そういう発想だからこうした謝罪と言う要求になるんだよ。

400

 彼等は本当は何者なのでしょうか?

 因みに日本で原爆投下を今でも騒ぎ続けるいる連中って、北朝鮮や中国の手先や共産主義者ですよ。
  1. 戦後民主主義
  2. TB(0)
  3. CM(31)

コメント

そういえばオリバーストーンの奥さん韓国人なんですね。
  1. 2016-05-26 19:34
  2. URL
  3. こきち #97nXsu5.
  4. 編集

Re: タイトルなし

> そういえばオリバーストーンの奥さん韓国人なんですね。

 おお、なんと物好きな!!
  1. 2016-05-26 20:42
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

その前の奥さんは、中国人で子供もいますよ。よほど中韓と波長が合うのでしょう。
  1. 2016-05-26 22:13
  2. URL
  3. Cherry Blossoms #-
  4. 編集

そういえば原爆はこれ以上戦争による犠牲者を出さない為に必要だったと米国側はおっしゃってますが、戦地はアジア地域で米国本土は関係ないんですよね。
原爆は単に庶民を犠牲にして新兵器の威力を見る為の実験だった。
それだけです。
  1. 2016-05-26 23:01
  2. URL
  3. 猫娘。 #-
  4. 編集

こんにちは。
謝罪には大きく分けて2つの意味があります。
一つ目は目的としての謝罪。
二つ目は結果としての謝罪。
前者は被害者側(戦争に加害者も被害者もないのですが便宜上被害者、加害者と表現させていただきます)の観点で
・心の整理をするため。
・留飲を下げるため。
・相手に対して優位に立つため(政治利用、やくざの恐喝)
加害者の観点では
・許しを請い(ふりをする)これ以上の追及を逃れるため。
・世間体のため。
後者は加害者側の反省や被害者の痛みを感じ取った結果の行動です、追悼も同じです。
日本人のほとんどが目的としての謝罪を求めていません。
結果としての謝罪は日本側や第三者が求めるものでもありません。
謝罪というレベルの低い議論でアメリカ側が謝罪ではないと言わしめたことは残念です・
相手の内心を引き出さずに追悼を行えば被害者側にはそれで十分なのですが追悼には謝罪は含まれていないと公言されただけで被害者側が受ける追悼の意義は半減したと感じます。
  1. 2016-05-27 08:50
  2. URL
  3. kazusa #-
  4. 編集

 オリバー監督はよく日本の番組にでて、原爆投下は誤りで米軍の辺野古移設は間違っている、そして日本は中国や韓国に謝罪せよと繰り返し主張しています。もともとは保守的な考えだったそうですが、アメリカン大学のピーター・カズニック教授と出会い事実を教えられ(洗脳?)180度意見が変わったそうです。このカズにック教授は、ユダヤ系米国人で親族がホロコーストの被害者で、60~70年代に反戦運動の活動をしていたそうです。

 お二人の話を聞くと日本人からしてもっともな部分もありますが、何故か中国や韓国は被害者としてしか見ていないようです。不思議ですね。そのうち中国語や韓国語のプラカードと並んで英語で「打倒、米帝&日帝!」と国会前でデモを始めそうな気がします。
 
 下記のオバマ大統領や沖縄への公開書簡に、マサチューセッツ工科大学のノーム・チョムスキー名誉教授の名前もありますが有名な社会主義者です。記事や著作を少し読むと、確かに社会主義者そのものというのが分かります。ただ日本のサヨクと違ってインテリな左翼です。

 去年の「米国の歴史学者187人の声明」もそうですが、反日・サヨクは大勢で声明を出すのが好きですね。そう言えば日本国内でもよく大勢で訴訟しているから、こういうとにかく大勢で意味不明な事をするのが好きなのがサヨクの体質なのかもしれません。

【沖縄・辺野古移設問題に、オリバー・ストーン監督、チョムスキーさんら反対声明】
http://www.huffingtonpost.jp/2014/01/08/okinawa-henoko_n_4559609.html

【オリバー・ストーン監督ら「被爆者と面会を」 公開書簡】
http://www.asahi.com/articles/photo/AS20160521001746.html
  1. 2016-05-27 09:03
  2. URL
  3. 都民です。 #-
  4. 編集

Re: タイトルなし

> その前の奥さんは、中国人で子供もいますよ。よほど中韓と波長が合うのでしょう。

 ハハハ、中韓としては意図的にこういう人を取り込んでいるのかも?
  1. 2016-05-27 10:00
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

Re: タイトルなし

> そういえば原爆はこれ以上戦争による犠牲者を出さない為に必要だったと米国側はおっしゃってますが、戦地はアジア地域で米国本土は関係ないんですよね。
> 原爆は単に庶民を犠牲にして新兵器の威力を見る為の実験だった。
> それだけです。

 原爆投下はソ連への牽制でしょう。

 ルーズベルトがヤルタ会議で、ソ連参戦を即してそのご褒美に満州の権益始め大変領土と権益を約束しました。
 だからソ連は終戦間際に参戦して、アッと言う間に樺太始め北方領土を奪いました。

 で、これで北海道に来たらどうなるでしょうか?

 日本が北海道を奪われるだけじゃ済みません。
 
 釧路や室蘭がソ連のモノになれば、ソ連艦隊は年中自由に太平洋に出る事ができるのです。 これは冷戦の開始を想定していたアメリカ側にとって大変な脅威です。

 ルーズベルトの死後、大統領になったトルーマンはこのルーズベルトのソ連へのご褒美を知ってのけぞったのではありませんか?

 親ソ派でもなかったトルーマンにすれば、これは絶対阻止するしかないのです。

 その為には日本を一刻も早く降伏させて、戦争を終結させてソ連侵攻の口実を潰す。
 そしてソ連に対して軍事的な優位を示して、日本侵略の意思を挫く。

 この目的にピッタリだったのが原爆投下です。

 ソ連の意思を知っていたら日本も早く降伏するべきだったのです。 しかし軍部にも志位正二のような共産主義者がいたし、それ以上に無条件降伏を突きつけられた事で、ためらいを続けました。

 これを吹き飛ばしたのが原爆投下でした。
  1. 2016-05-27 10:14
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

Re: タイトルなし

> こんにちは。
> 謝罪には大きく分けて2つの意味があります。
> 一つ目は目的としての謝罪。
> 二つ目は結果としての謝罪。
> 前者は被害者側(戦争に加害者も被害者もないのですが便宜上被害者、加害者と表現させていただきます)の観点で
> ・心の整理をするため。
> ・留飲を下げるため。
> ・相手に対して優位に立つため(政治利用、やくざの恐喝)
> 加害者の観点では
> ・許しを請い(ふりをする)これ以上の追及を逃れるため。
> ・世間体のため。
> 後者は加害者側の反省や被害者の痛みを感じ取った結果の行動です、追悼も同じです。
> 日本人のほとんどが目的としての謝罪を求めていません。
> 結果としての謝罪は日本側や第三者が求めるものでもありません。
> 謝罪というレベルの低い議論でアメリカ側が謝罪ではないと言わしめたことは残念です・
> 相手の内心を引き出さずに追悼を行えば被害者側にはそれで十分なのですが追悼には謝罪は含まれていないと公言されただけで被害者側が受ける追悼の意義は半減したと感じます。

 今回の広島訪問自体、日本側が望んだ事ではなく、オバマ個人の極めて政治的な意図があったようです。

 日本の「被害者なりすまし」を許すな
 http://business.nikkeibp.co.jp/atcl/report/15/226331/052300049/

 謝罪にはいろいろな意味があるでしょうが、しかし国家や国家元首は国益を守る為に行動するのが原則だし、また国家の話になれば国民だって国益を中心に議論するのが原則です。

 そう言うモノに真摯な反省とか心の痛みとかを期待しても無理です。
  1. 2016-05-27 10:20
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

Re: タイトルなし

>  オリバー監督はよく日本の番組にでて、原爆投下は誤りで米軍の辺野古移設は間違っている、そして日本は中国や韓国に謝罪せよと繰り返し主張しています。もともとは保守的な考えだったそうですが、アメリカン大学のピーター・カズニック教授と出会い事実を教えられ(洗脳?)180度意見が変わったそうです。このカズにック教授は、ユダヤ系米国人で親族がホロコーストの被害者で、60~70年代に反戦運動の活動をしていたそうです。
>
>  お二人の話を聞くと日本人からしてもっともな部分もありますが、何故か中国や韓国は被害者としてしか見ていないようです。不思議ですね。そのうち中国語や韓国語のプラカードと並んで英語で「打倒、米帝&日帝!」と国会前でデモを始めそうな気がします。
>  
>  下記のオバマ大統領や沖縄への公開書簡に、マサチューセッツ工科大学のノーム・チョムスキー名誉教授の名前もありますが有名な社会主義者です。記事や著作を少し読むと、確かに社会主義者そのものというのが分かります。ただ日本のサヨクと違ってインテリな左翼です。
>
>  去年の「米国の歴史学者187人の声明」もそうですが、反日・サヨクは大勢で声明を出すのが好きですね。そう言えば日本国内でもよく大勢で訴訟しているから、こういうとにかく大勢で意味不明な事をするのが好きなのがサヨクの体質なのかもしれません。
>
> 【沖縄・辺野古移設問題に、オリバー・ストーン監督、チョムスキーさんら反対声明】
> http://www.huffingtonpost.jp/2014/01/08/okinawa-henoko_n_4559609.html
>
> 【オリバー・ストーン監督ら「被爆者と面会を」 公開書簡】
> http://www.asahi.com/articles/photo/AS20160521001746.html

 こういう元保守の有名人と言うのは、左翼からすれば一番狙い目のプロパガンダのターゲットでしょう。
 元々左翼の人は敢えて狙う必要はないし、そもそもそういう人の影響力は左翼にしかありません。

 しかし元保守だと保守にも影響力が持てると考えるのです。

 だから政治家でも保守を狙って籠絡しているんじゃないですか?
  1. 2016-05-27 10:42
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

細かい事を言うようですが、モンゴル帝国に協力して日本に攻めて来たのは高句麗ではなく高麗です。高句麗の後継者と自称(成りすまし?)として出来た国です。

小室直樹さんの「数学を使わない数学の講義」に興味深いエピソードが紹介されていました。
米国のジョンソン大統領にはお気に入りの牧師がいて、お祈りする際には、しょっちゅう、その牧師を呼んでいた。それで、ある時大統領がその牧師と一緒にお祈りをしていたのだが、たまたまその牧師の祈りの言葉が低く、聞き取りにくかったので、「もう少し声を高めてくれ。」と言った。その時に牧師は何と応じたかというと、"I am not praying for you."つまり「私は別にあなたの為に祈っているのではない。」と答えたわけだ。キリスト教においてお祈りは、内面における神との対決なのだから、当然、大統領であろうが誰であろうが他人とは関係がない。
もちろん、その牧師にしても、相手は大統領なのだから、外面的行動において、いろいろと便宜をはかるのはやぶさかではない。しかし、祈りは神との対決で、自分の内面だけの事なのだから、大統領の指図だって受けないぞ、ということなのである。
そして、ジョンソン大統領のほうも"I am sorry."と一言いっただけでおしまいだった。

※心の中、自分の内面だけには、なんびとたりとも口出しはさせない。
これこそが思想信条の自由の原点でしょう。

日本人が嫌いな面従腹背は世の常なのです。
  1. 2016-05-27 14:25
  2. URL
  3. taigen #-
  4. 編集

Re: タイトルなし

> 細かい事を言うようですが、モンゴル帝国に協力して日本に攻めて来たのは高句麗ではなく高麗です。高句麗の後継者と自称(成りすまし?)として出来た国です。

 済みません、訂正します。
>
> 小室直樹さんの「数学を使わない数学の講義」に興味深いエピソードが紹介されていました。
> 米国のジョンソン大統領にはお気に入りの牧師がいて、お祈りする際には、しょっちゅう、その牧師を呼んでいた。それで、ある時大統領がその牧師と一緒にお祈りをしていたのだが、たまたまその牧師の祈りの言葉が低く、聞き取りにくかったので、「もう少し声を高めてくれ。」と言った。その時に牧師は何と応じたかというと、"I am not praying for you."つまり「私は別にあなたの為に祈っているのではない。」と答えたわけだ。キリスト教においてお祈りは、内面における神との対決なのだから、当然、大統領であろうが誰であろうが他人とは関係がない。
> もちろん、その牧師にしても、相手は大統領なのだから、外面的行動において、いろいろと便宜をはかるのはやぶさかではない。しかし、祈りは神との対決で、自分の内面だけの事なのだから、大統領の指図だって受けないぞ、ということなのである。
> そして、ジョンソン大統領のほうも"I am sorry."と一言いっただけでおしまいだった。
>
> ※心の中、自分の内面だけには、なんびとたりとも口出しはさせない。
> これこそが思想信条の自由の原点でしょう。
>
> 日本人が嫌いな面従腹背は世の常なのです。

 人の心の中には、国家権力は勿論、親兄弟や恋人や配偶者でも、勝手に踏み込んではイケナイのです。

 人の心の中は見えないので、他者が勝手に踏み込んでそれを何としようとすると、その人の人格を破壊しかねないのです。

 精神の自由、思想信条の自由って、ヨーロッパが血みどろの宗教戦争をやって、その重要性を証明した事なのです。

 だからこれは本当に大事にするべきです。
  1. 2016-05-27 20:49
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

 歴史認識の齟齬を一つたりとも許さないというのは、リベラルの金科玉条なのかもしれません。下の記事によれば、日本でも山口二郎とかいう大学教授が、「安倍政権が自民党右派及びその背後の右翼の無知、偏見を的確に批判し、日本政府の公式見解に反することを厳しく処断することができるかどうかが問われる」とツイッターで発言したということですが、これがリベラルの本性でしょう。

http://www.sankei.com/politics/news/151229/plt1512290028-n1.html
  1. 2016-05-28 11:55
  2. URL
  3. 凍え馬 #-
  4. 編集

本来、「歴史認識の違い」とは、同じ事実をどのように捉えるかの違いであって、「慰安婦の強制連行はあった。なかった。」などという、事実関係で争うことじゃないんですよね。

日本人の多くは、慰安婦問題を知るまでは、歴史について事実関係を争うなんて考えたこともなかったでしょう。日本人的感覚なら、それは「歴史への冒涜」ですから。
  1. 2016-05-28 14:18
  2. URL
  3. かんぱち #vF6NeGQU
  4. 編集

アメリカ軍兵士たちはかつて自国に核兵器のモルモットにされていた
http://youpouch.com/2012/02/23/56183/

広島・長崎原爆で奇形児が少なかった訳=カラクリ
http://blog.livedoor.jp/tacodayo/archives/5822795.html
トルーマン大統領は原爆の惨状についての報道を一切禁止し、被爆治療を徹底的に妨害した。
そして被爆者を「治療」せず「実験動物」のように観察する組織「ABCC」
(原爆障害調査委員会と訳されたアメリカ軍施設)を広島・長崎に設置した。

※千歩譲って米国の主張する様に原爆投下に正当性が有ったとしても、日本人及び自国民もモルモットにした罪は消えません。

特亜諸国の様にみっともなく「謝罪と賠償請求」することは考えるべきではないですが、米国人に歴史的事実を認識してもらう事には意義が有ると思います。
その事実を見てどう思うかは、それこそ彼らの心の中の問題で立ち入れませんが。
  1. 2016-05-28 18:32
  2. URL
  3. taigen #-
  4. 編集

Re: タイトルなし

>  歴史認識の齟齬を一つたりとも許さないというのは、リベラルの金科玉条なのかもしれません。下の記事によれば、日本でも山口二郎とかいう大学教授が、「安倍政権が自民党右派及びその背後の右翼の無知、偏見を的確に批判し、日本政府の公式見解に反することを厳しく処断することができるかどうかが問われる」とツイッターで発言したということですが、これがリベラルの本性でしょう。
>
> http://www.sankei.com/politics/news/151229/plt1512290028-n1.html

 ハハハ

>「日本の右派が韓国女性を誹謗中傷することも、不可逆解決に反する」

 こんな事を平気で言うのですから、政府と民間人の立場の違いも理解できないのでしょうね。

 これじゃ中学生以下です。

 こんな人間達だからこそ安易に絶対正義を振りまわすのでしょう。
  1. 2016-05-28 19:28
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

Re: タイトルなし

> 本来、「歴史認識の違い」とは、同じ事実をどのように捉えるかの違いであって、「慰安婦の強制連行はあった。なかった。」などという、事実関係で争うことじゃないんですよね。
>
> 日本人の多くは、慰安婦問題を知るまでは、歴史について事実関係を争うなんて考えたこともなかったでしょう。日本人的感覚なら、それは「歴史への冒涜」ですから。

 元来民主主義国家では歴史なんて、個人の学問や趣味の話ですからね。

 だから慰安婦強制連行があったか?なかったか?なんてのも本来その範疇です。

 でも中国や韓国では歴史は政治そのモノなんですね。
 そもそも中国も韓国も条約を守るとか、法を守るとか言う発想がないので、歴史と言うのが国際秩序で重要になるのかもしれません。

 しかし日本は中国や韓国とは違う世界にいるので、そんな馬鹿な話には付き合い切れないのです。
  1. 2016-05-28 19:33
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

Re: タイトルなし

> アメリカ軍兵士たちはかつて自国に核兵器のモルモットにされていた
> http://youpouch.com/2012/02/23/56183/
>
> 広島・長崎原爆で奇形児が少なかった訳=カラクリ
> http://blog.livedoor.jp/tacodayo/archives/5822795.html
> トルーマン大統領は原爆の惨状についての報道を一切禁止し、被爆治療を徹底的に妨害した。
> そして被爆者を「治療」せず「実験動物」のように観察する組織「ABCC」
> (原爆障害調査委員会と訳されたアメリカ軍施設)を広島・長崎に設置した。
>
> ※千歩譲って米国の主張する様に原爆投下に正当性が有ったとしても、日本人及び自国民もモルモットにした罪は消えません。
>
> 特亜諸国の様にみっともなく「謝罪と賠償請求」することは考えるべきではないですが、米国人に歴史的事実を認識してもらう事には意義が有ると思います。
> その事実を見てどう思うかは、それこそ彼らの心の中の問題で立ち入れませんが。

 何を持って原爆投下の正当性や不当性を問うのかわかりません。

 しかしなんで民主主義国家ではそれは個人の内面の問題でしょう?

 第二次大戦の問題は、サンフランシスコ講和条約で完全に解決しているのです。 だから原爆投下でも慰安婦でも、それをどう受け取るかは完全に個人の自由です。

 因みにワタシは現在のアメリカ人が原爆投下を反省する必要はないと思います。

 だって彼等が生まれる前の話です。 人間は誰も生まれる前の事に何か責任を負えません。

 ワタシは国家は大切だと思いますが、しかし「個人に生まれる前の国家の問題にまで、責任を感じ反省しろ」と言うのは、国家主義、全体主義の極致です。

 だからアメリカ人で原爆に興味のある人は、それに学べば良いし、興味が無ければそれでよいです。

 しかし過去の歴史的事実をどう評価しようと、条約は尊重し、友好関係は維持するべきだと思います。

 
  1. 2016-05-28 19:41
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

>何を持って原爆投下の正当性や不当性を問うのかわかりません。

※色々な要素が有るから簡単に正邪を判断するのは難しいという事は有りますが、よもぎねこさんは
>原爆投下はソ連への牽制でしょう。

 ルーズベルトがヤルタ会議で、ソ連参戦を即してそのご褒美に満州の権益始め大変領土と権益を約束しました。
 だからソ連は終戦間際に参戦して、アッと言う間に樺太始め北方領土を奪いました。

 で、これで北海道に来たらどうなるでしょうか?

 日本が北海道を奪われるだけじゃ済みません。
 
 釧路や室蘭がソ連のモノになれば、ソ連艦隊は年中自由に太平洋に出る事ができるのです。 これは冷戦の開始を想定していたアメリカ側にとって大変な脅威です。

 ルーズベルトの死後、大統領になったトルーマンはこのルーズベルトのソ連へのご褒美を知ってのけぞったのではありませんか?

 親ソ派でもなかったトルーマンにすれば、これは絶対阻止するしかないのです。

 その為には日本を一刻も早く降伏させて、戦争を終結させてソ連侵攻の口実を潰す。
 そしてソ連に対して軍事的な優位を示して、日本侵略の意思を挫く。

 この目的にピッタリだったのが原爆投下です。

 ソ連の意思を知っていたら日本も早く降伏するべきだったのです。 しかし軍部にも志位正二のような共産主義者がいたし、それ以上に無条件降伏を突きつけられた事で、ためらいを続けました。

 これを吹き飛ばしたのが原爆投下でした。

というのが正当性の論拠と主張されていたのではないですか?

そういう事情が有ったにせよ、ABCCもソ連の参戦も日本が降伏した後になされた事なので不公正な事であったと批判するのは自然な事ではないですか?
戦争ではあってもルールはあるべきで(https://ja.wikipedia.org/wiki/戦時国際法 現状でもこれが有るのですが)強者、勝者が結局好き勝手にするという状況は改善せねばなりません。
私は米国人に子々孫々まで謝罪し続けろなんて言っていません。
人の内面に強引に入り込んでくる全体主義の極致が洗脳でしょう。
ソ連、中共、北朝鮮などの共産圏やナチスドイツの洗脳が有名ですが、韓国の反日教育もそうでしょうし、GHQのウォーギルトインフォメーションプログラムもそうです。(米国はMKウルトラ計画なども行っていました)
私は米国人を洗脳しろなどと言っている訳ではなく、お互い(韓国などが主張する様な根拠の無いものでなく)事実を提示し、お互いそれを認識しあい、公正なる妥協点を見出す努力は今後も必要でしょう?
  1. 2016-05-29 00:57
  2. URL
  3. taigen #-
  4. 編集

Re: タイトルなし

> >何を持って原爆投下の正当性や不当性を問うのかわかりません。
>
> ※色々な要素が有るから簡単に正邪を判断するのは難しいという事は有りますが、よもぎねこさんは
> >原爆投下はソ連への牽制でしょう。
>
>  ルーズベルトがヤルタ会議で、ソ連参戦を即してそのご褒美に満州の権益始め大変領土と権益を約束しました。
>  だからソ連は終戦間際に参戦して、アッと言う間に樺太始め北方領土を奪いました。
>
>  で、これで北海道に来たらどうなるでしょうか?
>
>  日本が北海道を奪われるだけじゃ済みません。
>  
>  釧路や室蘭がソ連のモノになれば、ソ連艦隊は年中自由に太平洋に出る事ができるのです。 これは冷戦の開始を想定していたアメリカ側にとって大変な脅威です。
>
>  ルーズベルトの死後、大統領になったトルーマンはこのルーズベルトのソ連へのご褒美を知ってのけぞったのではありませんか?
>
>  親ソ派でもなかったトルーマンにすれば、これは絶対阻止するしかないのです。
>
>  その為には日本を一刻も早く降伏させて、戦争を終結させてソ連侵攻の口実を潰す。
>  そしてソ連に対して軍事的な優位を示して、日本侵略の意思を挫く。
>
>  この目的にピッタリだったのが原爆投下です。
>
>  ソ連の意思を知っていたら日本も早く降伏するべきだったのです。 しかし軍部にも志位正二のような共産主義者がいたし、それ以上に無条件降伏を突きつけられた事で、ためらいを続けました。
>
>  これを吹き飛ばしたのが原爆投下でした。
>
> というのが正当性の論拠と主張されていたのではないですか?
>
> そういう事情が有ったにせよ、ABCCもソ連の参戦も日本が降伏した後になされた事なので不公正な事であったと批判するのは自然な事ではないですか?
> 戦争ではあってもルールはあるべきで(https://ja.wikipedia.org/wiki/戦時国際法 現状でもこれが有るのですが)強者、勝者が結局好き勝手にするという状況は改善せねばなりません。
> 私は米国人に子々孫々まで謝罪し続けろなんて言っていません。
> 人の内面に強引に入り込んでくる全体主義の極致が洗脳でしょう。
> ソ連、中共、北朝鮮などの共産圏やナチスドイツの洗脳が有名ですが、韓国の反日教育もそうでしょうし、GHQのウォーギルトインフォメーションプログラムもそうです。(米国はMKウルトラ計画なども行っていました)
> 私は米国人を洗脳しろなどと言っている訳ではなく、お互い(韓国などが主張する様な根拠の無いものでなく)事実を提示し、お互いそれを認識しあい、公正なる妥協点を見出す努力は今後も必要でしょう?

 第二次大戦に関するルーズベルトとその取り巻きの対応には、非常に深い闇があります。 一般アメリカ国民にもその意図を知らせずに戦争に巻き込んでいったと思われます。

 そういう事を「悪」と言えばその通りです。
 
 しかしそれも含めて済んだ話です。

 サンフランシスコ講和条約ではこれも含めて「解決」しているのです。

 だかられを掘り返して「謝罪」を要求するのはナンセンスです。 

 ルーズベルトの陰謀やそれ続く対日工作に関しては、アメリカ人が興味を持ってそれを学び、理解する人が出ればそれでよいでしょう。
 もし興味が無くてもそれまでです。

 日本は完全に独立したのですから、ワーギルト・インフォメーション・プログラムからの脱却や憲法改正は日本人の仕事です。
  1. 2016-05-29 09:04
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

>日本は完全に独立したのですから、ワーギルト・インフォメーション・プログラムからの脱却や憲法改正は日本人の仕事です。

※これは勿論仰られるとうりなのですが、実際に行っていくには大変な努力が必要なのです。
脱・洗脳史講座
http://home.att.ne.jp/blue/gendai-shi/

歴史に学ぶ意義は同じ失敗を繰り返さない事です。
第二次世界大戦における日本の失敗は集約すれば結局負けた事です。

終戦1ヵ月前に日本に宣戦布告し"戦勝国"になったイタリア
http://online.sbcr.jp/2015/07/004083.html
※日本は何故イタリアのように上手く(ずるく?)立ち回れなかったのか?
第12週1話真珠湾攻撃〜世紀の奇襲大成功!...のハズだった【CGS倉山満】
https://www.youtube.com/watch?v=1HDH4QpznSc
倉山満が言っている様にわざわざハワイへ遠征するよりフィリピンで待ち受ける方がよかったのではないか?

済んだ話だから全て水に流せ、で歴史を忘却すれば同じ失敗をする可能性が有ります。
  1. 2016-05-29 12:36
  2. URL
  3. taigen #-
  4. 編集

Re: タイトルなし

> >日本は完全に独立したのですから、ワーギルト・インフォメーション・プログラムからの脱却や憲法改正は日本人の仕事です。
>
> ※これは勿論仰られるとうりなのですが、実際に行っていくには大変な努力が必要なのです。
> 脱・洗脳史講座
> http://home.att.ne.jp/blue/gendai-shi/
>
> 歴史に学ぶ意義は同じ失敗を繰り返さない事です。
> 第二次世界大戦における日本の失敗は集約すれば結局負けた事です。
>
> 終戦1ヵ月前に日本に宣戦布告し"戦勝国"になったイタリア
> http://online.sbcr.jp/2015/07/004083.html
> ※日本は何故イタリアのように上手く(ずるく?)立ち回れなかったのか?
> 第12週1話真珠湾攻撃〜世紀の奇襲大成功!...のハズだった【CGS倉山満】
> https://www.youtube.com/watch?v=1HDH4QpznSc
> 倉山満が言っている様にわざわざハワイへ遠征するよりフィリピンで待ち受ける方がよかったのではないか?
>
> 済んだ話だから全て水に流せ、で歴史を忘却すれば同じ失敗をする可能性が有ります。

 すんだ話、条約で解決した話は水に流すべきです。

 水に流さないと冷静に歴史的事実も学べません。

 第二次大戦については、ルーズベルトとその仲間達、また日本側の共産主義者達の策動がありました。 彼等が世界を戦争に追い込んだのです。

 しかしこうした事実も、唯憤るのでは、本当の意味で歴史は学べません。 だって我々が学ぶべきは、「何でこんな策動に乗ってしまったのか?」「なぜこの策動を見抜くことができなかったのか?」と言う事なのです。

 それは善悪などから一歩引いた冷静な視線を確保して初めてできる事です。

 例えば「ルーズベルトは真珠湾攻撃を知っていた」説など、確かにアメリカ悪説ではあります。 しかしこれって恥ずかしくないですか?

 だって日本は暗号を読まれている事も知らずに「大戦果!」とはしゃいでいたのです。 これじゃ勝てるわけないのです。
 
 相手が暗号を読んでいた事も知らないで奇襲作戦なんて!

 ルーズベルトがそこまで戦争をしたいなら、日本の常識的な外交努力なんぞ無駄になるのは当然です。 しかし日本側はこうしたアメリカの真意を見抜く事はできませんでした。

 そして日本側にも戦争を煽る連中がいて、これをコントロールしようと言う良識派が負けたのだからどうしようもありません。

 我々が学ぶべきは、こうした事実じゃないですか?

 こういう事は相手に謝罪を求めるような姿勢では、学べないのです。

 第二次大戦の悲劇から学ぶべきは、日米のどちらが悪いかなんかではなく、外交は悪意で動く事を前提に、それに対応するにはどうするかと言う話ではありませか?
  1. 2016-05-30 11:52
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

誤解が有るように思います。
私は謝罪を求めよなどとは言っていません。

>第二次大戦の悲劇から学ぶべきは、日米のどちらが悪いかなんかではなく、外交は悪意で動く事を前提に、それに対応するにはどうするかと言う話ではありませか?

※善悪等ではなく、トランプのアメリカズファーストの様に国益を最優先に考える政治家や外交官が必要ですね。

https://ja.wikipedia.org/wiki/戦時国際法
第二次世界大戦の時には戦時国際法は既に有りましたが、米国はそれを破っています。
ソ連も日ソ中立条約を破り日本に侵攻してきました。
国内における法の規制と違い、国際法などというものはあっさり破られてきたではありませんか。
http://www.mofa.go.jp/mofaj/gaiko/treaty/pdfs/A-S40-237.pdf
日韓基本条約も韓国にしれーっと無視されているのが現状でしょう。

一応、国際司法裁判所というものは有りますが、訴えられた側が受けて立たない限り開廷できないという不十分な状態です。
いかなる国も公平、公正に裁けるルールを作れるように努力すべきではないですか?

手始めに敵国条項を削除しないなら、国連への分担金を凍結すると主張していいと思います。(まあ、大体国連そのものが不公平な国際機関ですが)
  1. 2016-05-30 14:29
  2. URL
  3. taigen #-
  4. 編集

ドイツのニュース見てたら、左翼政党の演説が。「左翼の野党が右翼の野党に負けるなどあってはならないことです!彼らは人種差別主義者です!!我々は民主主義をーー!!」と手を振り上げて大変興奮していました。気持ち悪かったです。自分の話に乗ってこないノンポリの知り合いに「だってレイシストなんですよ?!」と力説するも効果がないことに「この人たちを取り込むにはどうしたもんか」と悩んでいる香山リカみたいでした。数年前なら彼らは余裕綽々に落ち着いた物腰で知的なふりして演説していたのだろうなと思います。

彼らの敵は れいしすと ではなく生活を守りたい普通の人たちが大多数ということから理解しないと始まらないのですが、自らを美しい心の高等人類と狂信していらっしゃるから無理なんでしょうね。この選民意識はどこから来るんでしょうね?

お花畑時代の自分を振り返ってみました。親に差別いくない人類皆平等というしつけをされたことはないです。小学校低学年の時に、近所に越してきたガラの悪い母親の子供と遊んではいけないと注意された時子供ながら、そんなこと言うなんておとなはきたない!と感じた記憶があります。学校の道徳教育なのか?なにかのアニメの影響なのか?よくわかりません。もともと誰にでも人間に備わってる良心のようなものなのかもしれませんね。

良心が肥大して絶対正義になり異論のあるものを軽蔑し罵倒し排斥するのならいっそ多様な価値観を〜とか言わないで欲しいのですが。看板に偽りありですよ。左翼の世界観は高等なウリたち、愚民、レイシストで成り立っているようでとても単純と感じます。近頃愚民がいうことを聞かないので、多くの良い大学の教授の文章がもう愚民への差別意識丸出しで目も当てられない惨事です。そんなに化けの皮を自ら剥がさなくても。優秀な頭脳がこんな毒電波に無防備に晒される日本のエリートが心配です。

アメリカのカトリックの性的虐待を暴く正義のメディアの映画が評判ですね。その勇気と功績は素晴らしいです。よく医療ドラマで教授たちの権力闘争が描かれますよね。そういうのも実際たくさんあるのでしょう。けどもう飽きました。今まで描かれなかった分野があるのではないでしょうか。右派が学業より思想で不利益を被るという理不尽とか、巨大メディアが殺す可哀想な権力者などを描いたらなかなかスリリングな問題作が出来ると思うんですよねえ。ズートピアがちょこっと一石を投じましたけどね。
  1. 2016-05-30 14:30
  2. URL
  3. こきち #97nXsu5.
  4. 編集

不正な投稿になってしまいました。ー
  1. 2016-05-30 14:34
  2. URL
  3. こきち #97nXsu5.
  4. 編集

米国に対して、原爆投下について謝罪を要求するなんて、愚の骨頂です。
日本と連合国側(一部の国を除く)との間では、先の大戦に関する問題は
サンフランシスコ講和条約締結で解決済み、外交の世界ではもう存在し手いません。
それなのに、日本が公式に謝罪要求なんぞをすれば、南鮮や支那の集り行為にお墨付きを与える事になります。

ただ、米国が「原爆を使用したことによって、百万人の米兵、日本人命を救った。」という詭弁を未だにいっている事には腹が立ちますね。

まだ、あの戦争に勝つ為には原爆使用が必要だったのだと、いう方がよっぽど
正直だと思いますし、日本軍の強さを物語ることにもなります。

同じく非戦闘員を狙った焼夷弾による都市への大空襲については、百万人云々のような弁明をしていないから、米国自身が、拙いことを遣ってしまったと心の底では、後悔しているのでしょう

謝罪なんか要らないから、日本の核武装に賛成し、邪魔をしないでて欲しいですね。
日本を狙う支那と対峙しなければならないのは、日本なのですから、核武装すれば、支那は少なくとも軍事的な圧両をけけることを辞めるでしょう。
  1. 2016-05-30 19:19
  2. URL
  3. #EBUSheBA
  4. 編集

Re: タイトルなし

> 誤解が有るように思います。
> 私は謝罪を求めよなどとは言っていません。
>
> >第二次大戦の悲劇から学ぶべきは、日米のどちらが悪いかなんかではなく、外交は悪意で動く事を前提に、それに対応するにはどうするかと言う話ではありませか?
>
> ※善悪等ではなく、トランプのアメリカズファーストの様に国益を最優先に考える政治家や外交官が必要ですね。
>
> https://ja.wikipedia.org/wiki/戦時国際法
> 第二次世界大戦の時には戦時国際法は既に有りましたが、米国はそれを破っています。
> ソ連も日ソ中立条約を破り日本に侵攻してきました。
> 国内における法の規制と違い、国際法などというものはあっさり破られてきたではありませんか。
> http://www.mofa.go.jp/mofaj/gaiko/treaty/pdfs/A-S40-237.pdf
> 日韓基本条約も韓国にしれーっと無視されているのが現状でしょう。
>
> 一応、国際司法裁判所というものは有りますが、訴えられた側が受けて立たない限り開廷できないという不十分な状態です。
> いかなる国も公平、公正に裁けるルールを作れるように努力すべきではないですか?
>
> 手始めに敵国条項を削除しないなら、国連への分担金を凍結すると主張していいと思います。(まあ、大体国連そのものが不公平な国際機関ですが)

 国連分担金の支払いは、今後対国連カードとして活用するべきです。

 今までのように何も言わずに払う必要はありません。

 国連だけでなくユネスコ等国連機関にも同様です。
 
  1. 2016-05-30 21:43
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

Re: タイトルなし

> ドイツのニュース見てたら、左翼政党の演説が。「左翼の野党が右翼の野党に負けるなどあってはならないことです!彼らは人種差別主義者です!!我々は民主主義をーー!!」と手を振り上げて大変興奮していました。気持ち悪かったです。自分の話に乗ってこないノンポリの知り合いに「だってレイシストなんですよ?!」と力説するも効果がないことに「この人たちを取り込むにはどうしたもんか」と悩んでいる香山リカみたいでした。数年前なら彼らは余裕綽々に落ち着いた物腰で知的なふりして演説していたのだろうなと思います。
>
> 彼らの敵は れいしすと ではなく生活を守りたい普通の人たちが大多数ということから理解しないと始まらないのですが、自らを美しい心の高等人類と狂信していらっしゃるから無理なんでしょうね。この選民意識はどこから来るんでしょうね?

 日本のサヨクも同様ですが、おそらく彼等は学校で習った事をそのまま言っているのでしょう。
 
 つまり「先生に教わった事をそのまま言ってるボクラは優等生!」と言う感覚だと思います。 
>
> お花畑時代の自分を振り返ってみました。親に差別いくない人類皆平等というしつけをされたことはないです。小学校低学年の時に、近所に越してきたガラの悪い母親の子供と遊んではいけないと注意された時子供ながら、そんなこと言うなんておとなはきたない!と感じた記憶があります。学校の道徳教育なのか?なにかのアニメの影響なのか?よくわかりません。もともと誰にでも人間に備わってる良心のようなものなのかもしれませんね。

 ワタシも似たような事をしていました。
 
 「朝鮮人みたい!」とか言って朝鮮人をバカにする同級生に注意したりw

> 良心が肥大して絶対正義になり異論のあるものを軽蔑し罵倒し排斥するのならいっそ多様な価値観を〜とか言わないで欲しいのですが。看板に偽りありですよ。左翼の世界観は高等なウリたち、愚民、レイシストで成り立っているようでとても単純と感じます。近頃愚民がいうことを聞かないので、多くの良い大学の教授の文章がもう愚民への差別意識丸出しで目も当てられない惨事です。そんなに化けの皮を自ら剥がさなくても。優秀な頭脳がこんな毒電波に無防備に晒される日本のエリートが心配です。

 そうなんですよね。
 連中の価値感って全然多様じゃないのです。

 と、言うより全く単一の価値感しかないのです。 多様な価値観を認めるなら、自分の価値感に反する人達の価値感も認めるべきなのです。 ところが彼等は全くそれができないのです。

 しかしそれを自覚する能力はないのです。
>
> アメリカのカトリックの性的虐待を暴く正義のメディアの映画が評判ですね。その勇気と功績は素晴らしいです。よく医療ドラマで教授たちの権力闘争が描かれますよね。そういうのも実際たくさんあるのでしょう。けどもう飽きました。今まで描かれなかった分野があるのではないでしょうか。右派が学業より思想で不利益を被るという理不尽とか、巨大メディアが殺す可哀想な権力者などを描いたらなかなかスリリングな問題作が出来ると思うんですよねえ。ズートピアがちょこっと一石を投じましたけどね。

 正義の味方になるためには、悪役が必要なのです。

 正義のメディアを気取る為には、誰かを悪役にすれば良いのです。 

 正義のメディアってだから本質的にユダヤ人を悪役にした、ナチと同じですよ。
  1. 2016-05-30 21:50
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

Re: タイトルなし

> 米国に対して、原爆投下について謝罪を要求するなんて、愚の骨頂です。
> 日本と連合国側(一部の国を除く)との間では、先の大戦に関する問題は
> サンフランシスコ講和条約締結で解決済み、外交の世界ではもう存在し手いません。
> それなのに、日本が公式に謝罪要求なんぞをすれば、南鮮や支那の集り行為にお墨付きを与える事になります。
>
> ただ、米国が「原爆を使用したことによって、百万人の米兵、日本人命を救った。」という詭弁を未だにいっている事には腹が立ちますね。
>
> まだ、あの戦争に勝つ為には原爆使用が必要だったのだと、いう方がよっぽど
> 正直だと思いますし、日本軍の強さを物語ることにもなります。
>
> 同じく非戦闘員を狙った焼夷弾による都市への大空襲については、百万人云々のような弁明をしていないから、米国自身が、拙いことを遣ってしまったと心の底では、後悔しているのでしょう
>
> 謝罪なんか要らないから、日本の核武装に賛成し、邪魔をしないでて欲しいですね。
> 日本を狙う支那と対峙しなければならないのは、日本なのですから、核武装すれば、支那は少なくとも軍事的な圧両をけけることを辞めるでしょう。

 正直言うけど今回のオバマの広島訪問はナンセンスだと思います。

 今の対中軍事情勢を考えれば、日本が核武装を考える必要はあっても、核無き世界なんてナンセンスだからです。

 原爆投下をどう考えるかはアメリカ人の自由です。

 日本が田母神史観を信じる権利があるのと同じです。
  1. 2016-05-30 21:55
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

パヨクの言う

多様な価値観は嘘です。我々の価値観を認めよ、というのが昔の意味でした。

今は、自分達の価値観が多数派であると思ってますので、多数派の価値観が優先だということです。本当にそうなのか?

そんな確認はいいんです。マスゴミがそういえばそうなんですから…
  1. 2016-06-01 10:07
  2. URL
  3. kazk #cPv2SIBE
  4. 編集

Re: パヨクの言う

> 多様な価値観は嘘です。我々の価値観を認めよ、というのが昔の意味でした。
>
> 今は、自分達の価値観が多数派であると思ってますので、多数派の価値観が優先だということです。本当にそうなのか?
>
> そんな確認はいいんです。マスゴミがそういえばそうなんですから…

 ハハハ、パヨクの民主主義も同様です。
 自分達の意見が通るのが民主主義です。
 
 結局実に幼稚な自己中なのです。
  1. 2016-06-01 10:52
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する