2016-04-02 10:59

韓流育児法 精神障害の原因

 我が尊敬するご隠居さんのこりあうぉちんぐは今日も快調です。 
 今朝も韓国ならでは「韓国の成人の7割は人格障碍者なんだから。」を証明するようなの話しが出ていました。

 しかしねえ・・・・・7割が精神障害って、ホントですか?
 差別じゃないですか?
 でもこれ元は朝鮮日報の記事なのです。

091

 それにしても何でこんなに精神障害が多いんですか?

 ワタシは韓国人の育児法に問題があるんじゃないかと思います。

 数年前読んだ古田博司の本に凄いエピソードが出ていました。

 ある日、古田が日本に留学中の韓国人の若夫婦を幼児連れで自宅に招待したそうです。
 やがて食事時になって彼等食卓に案内すると、この幼児がいきなりテーブルに駆けあがって、そこらのモノを手づかみで食べ始めたのです。

 古田夫妻はのけぞったのですが、両親は叱るどころか、目を細めて見ているばかり。

094

 でもこれは韓国では普通の事だそうです。 
 こうした躾けも何もない野獣のような振る舞いこそが、天真爛漫な幼児らしいふるまいとされており、大人はそれを咎めたり、躾けたりしません。

 幼児のうちはトコトン甘やかして、やりたい放題やらせる、子供の要求はなんでも満たすと言うのが、韓流なのです。

 しかし子供が学校に行くようになると、これが一変します。
 親はひたすら子供に「一番になれ!」とプレッシャーを掛けて、猛勉強を強いるのです。 

 これって子供の身からすると、どうなのでしょうか?
 それまで全て自分の思い通りになった奴隷のような両親が、いきなり鬼のような主人になるのですから。

099

 また感情の抑制や自制心は、幼児期の訓練で生まれると言います。
 幼児期に強い興奮をして、それに対して自制や抑制を強いられる事で、脳内に抑制をする機能が育つのだと言います。
 だからオオハシャギして騒ぐ事も必要ですが、それを厳しく叱られる事も必要なのです。

 しかし韓流の育児だと、この幼児期に感情の抑制や自制心を育てようがありません。 
 
 その状態で就学して、大学入学まで厳しい受験競争を強いられる続けるのです。

 これだと自制心が育たないまま、競争心ばかり強い人間になります。 そして「一番」になれる人間はごく一部ですから、殆ど人間は挫折感ばかりを感じて生きていく事になります。

 これでは、精神に異常がきたすのも当然では?

2016y04m02d_111723011

 日本や欧米の感覚ではこれって最低最悪の育児法でしょう?
 
 そして子供の躾けのようなモノは、無意識のうちに家族の文化をそのまま踏襲します。 
 そうなると在日コリアンが何世代日本で暮らしても、日本文化に馴染まないのもこのあたりが原因とも思われます。

 皆さんはどう思いますか?
  1. 特亜
  2. TB(0)
  3. CM(20)

コメント

カプサイシンの謎・・・小悪魔かそれとも神の恵みか
http://www.asyura2.com/sora/bd16/msg/313.html

>教育のせいだと私も思いますが、その中でも食というものが大きな意味を持っていると思います。
爬虫類脳と哺乳類脳はアナログコンピュータ(化学反応で作用)であるのに対し、人間脳はデジタルコンピュータ(電気信号で情報をやり取りするが接触点であるシナプスでは各種物質をやり取りする)であり、人間脳が支配しているようで実はアナログ脳からの化学反応による影響には抗がうのは難しい(分かっちゃいるけど、止められない)のです。

肝臓などで作られる物質も脳に影響を与えるそうで、肝臓移植された人が以前は温厚なな性格だったのに、手術後は粗野で怒鳴り散らす様になったという事例が有ったそうです。
  1. 2016-04-02 17:30
  2. URL
  3. taigen #-
  4. 編集

公共の場で騒いでいる子供を注意すると「うちの子の気を折るな!」と怒鳴られる。幼児が転んで泣くと「この床が悪い!」と床を叩く。幼児期は徹底的に自制心と自分の責任を自覚させない教育が行われているようですね。
学校に上がると勉強以外も家や車のグレードや容姿やダウンジャケットや、なんでもかんでも絶えず競争をやってるみたいですね。
その上毎日、各種エンタメ、新聞TV、学校教育で日本に酷いことされた〜今も〜お婆さんが強姦されて焼き殺されて生首〜とシャワーのように浴びている。これはかなり韓国人の精神に暗い影を落としていると思います。
日本のマスコミの日本は悪い国で世界に嫌われている〜もかなり悪い影響を与えました。私は20代の頃、阪神大震災の時の各国の支援メッセージを意外に思い、40代で東南アジアの首相たちの第二次大戦の日本はよくやったという言葉を読んだ時号泣しました。それで無意識に抑圧されていたことを知りました。虐待ですよね。

韓国を見てると壮大な実験場のように思います。本当にはたから見てるぶんには面白い。感情第一で育て、苛烈な競争をさせて、恨み教育を施せば火病韓国人の出来上がり。やっちゃいけないことを全部やってるのですから。
  1. 2016-04-02 18:03
  2. URL
  3. こきち #97nXsu5.
  4. 編集

しつけもそうですが、遺伝的性質も精神病多発に大きく関わっていると思います。あそこは近親相関やり放題の国でしたからね。
  1. 2016-04-02 18:25
  2. URL
  3. NINJA300 #/xzFVZWc
  4. 編集

 共産主義の理論的根拠の一つがルソーだと思います。そして教育論は、どうも子供を野生児のように生まれたまんまで育てるのが良いと言っているみたいです。そうすると朝鮮民族の子育ては、共産主義の理想かもしれないです。もしかして、共産主義と朝鮮民族は親和性が高いのではないでしょうか?

 でも野生児から受験戦争への変化は、天国から地獄へ叩き落されるような衝撃でしょうね。これは病気になるのが当然だと思います。クワバラクワバラ。

  1. 2016-04-02 18:46
  2. URL
  3. 都民です。 #-
  4. 編集

まったくそのとおりだと思います。

私は、大学生の頃からいわゆる左翼史観になじめず、というよりその虚偽性には気づいてましたが、それは単に彼ら(日本の左翼も含め)が政治的プロパガンに
より、嘘を真実と思い込んでるぐらいにしか思っていませんでした。
その背景にある民族性とか、心理学的分析とかはほとんど
考えたことはなかったですね。
正しい知識さえあれば彼らも考えは変わると、同じ人間な
のだからと・・・。
しかし、正しい知識をどうしても受け入れられない人々が
世界(中韓に限らず)には多数いるというのが実情だと今は思い知らされました。

あ、今日は精神障害のお話しでしたね。
左翼に凝り固まってる人達もそうじゃないかな?って
つい脱線してしまいました。
ごく軽度な左翼っぽい人達ならば治療可能ですが、もう
死ぬまで治りそうもない方たちも、かの国、我が国問わず
結構いますからね。
  1. 2016-04-02 18:59
  2. URL
  3. boku #-
  4. 編集

Re: タイトルなし

> カプサイシンの謎・・・小悪魔かそれとも神の恵みか
> http://www.asyura2.com/sora/bd16/msg/313.html
>
> >教育のせいだと私も思いますが、その中でも食というものが大きな意味を持っていると思います。
> 爬虫類脳と哺乳類脳はアナログコンピュータ(化学反応で作用)であるのに対し、人間脳はデジタルコンピュータ(電気信号で情報をやり取りするが接触点であるシナプスでは各種物質をやり取りする)であり、人間脳が支配しているようで実はアナログ脳からの化学反応による影響には抗がうのは難しい(分かっちゃいるけど、止められない)のです。
>
> 肝臓などで作られる物質も脳に影響を与えるそうで、肝臓移植された人が以前は温厚なな性格だったのに、手術後は粗野で怒鳴り散らす様になったという事例が有ったそうです。

 カプサイシン説は一理あるように思います。

 しかし唐辛子など強烈な辛みのある香辛料を愛用するのは、韓国人だけじゃないのです。 インドやタイなどでも韓国以上に強烈な辛みのある香辛料を常用するのですよね。

 日本人がタイやインドの辛み料理を食べたら肛門まで爛れると言う程です。

 でもタイ人なんか性格が穏やかなことで知られています。 タイは「微笑みの国」ですからね。 だからこのカプサイシン説は疑わしいと思っています。
  1. 2016-04-02 19:59
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

Re: タイトルなし

> 公共の場で騒いでいる子供を注意すると「うちの子の気を折るな!」と怒鳴られる。幼児が転んで泣くと「この床が悪い!」と床を叩く。幼児期は徹底的に自制心と自分の責任を自覚させない教育が行われているようですね。
> 学校に上がると勉強以外も家や車のグレードや容姿やダウンジャケットや、なんでもかんでも絶えず競争をやってるみたいですね。
> その上毎日、各種エンタメ、新聞TV、学校教育で日本に酷いことされた〜今も〜お婆さんが強姦されて焼き殺されて生首〜とシャワーのように浴びている。これはかなり韓国人の精神に暗い影を落としていると思います。
> 日本のマスコミの日本は悪い国で世界に嫌われている〜もかなり悪い影響を与えました。私は20代の頃、阪神大震災の時の各国の支援メッセージを意外に思い、40代で東南アジアの首相たちの第二次大戦の日本はよくやったという言葉を読んだ時号泣しました。それで無意識に抑圧されていたことを知りました。虐待ですよね。
>
> 韓国を見てると壮大な実験場のように思います。本当にはたから見てるぶんには面白い。感情第一で育て、苛烈な競争をさせて、恨み教育を施せば火病韓国人の出来上がり。やっちゃいけないことを全部やってるのですから。

 そうなんですよね。
 
 距離を置いて実験場としてみると、ホントにオモシロいのです。

 子供を甘やかし放題甘やかした挙句、苛酷な競争に追いやるとどうなるか?

 心理学者などには凄く興味のある実験でしょうが、その実験台を志願してやってくれるのが韓国ですから。
  1. 2016-04-02 20:01
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

Re: タイトルなし

> しつけもそうですが、遺伝的性質も精神病多発に大きく関わっていると思います。あそこは近親相関やり放題の国でしたからね。

 人間の場合、動物のような実験が不可能なので、遺伝と文化や教育の影響を分離して説明するのは、非常に難しいのですよね。
  1. 2016-04-02 20:03
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

http://www5f.biglobe.ne.jp/~ssbohe/one_khukuri.htm
グルカ・ククリナイフは現ネパール王国の最大民族であるグルカ族の間に伝わる刀剣である。
 グルカ族は18世紀にインドにて勃興した民族で、他民族を征服してネパールに王国を建立した。その後、周囲の少数民族を武力で制圧。当時、インド北部にて巨大な権力を誇っていたとされる。1816年にイギリスの保護国となり、イギリスの尖兵としてインド植民地化に貢献。その戦闘能力の高さが大いに評価され、中央アジア最強の戦闘部族として欧州に知れ渡ることになる。
 ククリナイフはそのグルカ族の間に代々伝わる伝統的な刀剣である。社会的地位を示すシンボルとしての価値を持つ他、祭事や行事などでも幅広く扱われた。又、ナタのように大きく頑丈な刃を持つので、山刀として用いるのにも適している。特に戦闘用に特化したククリナイフは代々部族の男達の間に伝わってきた由緒あるものだ。一人前の戦士として認められた男は上官や部族長から戦士の証としてククリナイフを授けられるのである。
 ククリナイフの名前は現在、刃物の愛好家やゲーム等で盛んに取り上げられている。本来ならアジアの一地方に伝わる民芸品でしかないナイフが何故、有名になったのか。その理由は1944年にまでさかのぼる。

 1944年3月。第二次世界大戦当時のインドはイギリスの植民地だった。そのインド開放を名目に大日本帝国陸軍はインドへと侵攻。後に「無理、無茶、無謀」の代名詞となる史上最悪の作戦、インパール作戦が開始された。元より勝算ゼロ、制空権も制海権も無く補給線も確保できない作戦の為に日本軍10万とインド国民軍4万5千が投入された。要は計画性皆無の物量作戦である。それでも帝国軍と国民軍は果て無きジャングルを切り開き、山を越え川を渡りインパールへと肉薄した。
 この戦況を打開すべく、イギリス軍は虎の子の精鋭部隊であるグルカ兵を投入。グルカ兵はイギリス軍隷下の特殊作戦部隊としてゲリラ作戦を展開して、主力であるイギリス軍及びインド軍をサポートする役目を担った。最前線のジャングルに展開したグルカ兵は破壊工作を実行。奇襲や陽動を繰り返し、確実に日本軍を追い詰めていった。主力であるイギリス軍が苦戦する中、唯一戦果を挙げ続けるグルカ兵の名前は日本軍に恐れられた。実際、グルカ兵の担当区であったビルマ西部における日本軍の戦死者の大部分は、グルカ兵と戦って戦死したものである。当地には後のイギリス特殊部隊SASの前身となるコマンド部隊なども展開しており、グルカ兵はSAS等の特殊部隊設立に大きな影響を与えたと言われている。
 とはいえ、さしものグルカ兵もジャングルの悪条件には舌を巻いた。部隊にはマラリアや熱病、赤痢が蔓延し、補給は困難を極めた。日本軍は頑強な抵抗を繰り返し、最強を自称するグルカ兵が追い詰められる場面が何度もあった。戦闘や病気で次々と兵士達は死亡。無論、援軍も無く負傷者の後送も出来ない。薄暗いジャングルの中で、明日生き延びられるか分からないという極限の戦場をグルカ兵は4ヶ月間戦い続けた。
 1944年7月。日本軍はインパール作戦を断念。インドから撤退し、グルカ兵の戦争は終わった。後、日本軍の陣地に足を踏み入れたグルカ兵達は絶句した。そこには自分達の状況を遥かに凌駕する、本物の地獄が広がっていたのだ。日本軍には食料も医薬品も武器も弾薬も無く、陣地にはうず高く詰まれた白骨だけが残っていた。味方の死体を食って命を繋ぎ、竹やりで武装し、撤退する味方の盾になるべく言葉通り最後の一兵まで戦って全滅した。日本兵3万人が玉砕した墓場、この余りに凄惨な光景にグルカ兵達は言葉を失った。同じアジア人でありながら殺し合い、ただの一人も残す事無く日本兵全員を死に追いやってしまったという後悔が残った。敵であるはずの日本兵の為にグルカ兵達は泣いた。グルカ兵の中で、最強という言葉の定義が書き変わった瞬間だった。
 1959年。日本政府の遺骨収集団がビルマへと渡った。その時、遺骨収集を買って出たのがかつて日本兵と戦った元グルカ兵達である。彼等は日本兵を最強の敵、そして友と認め、彼等が安らかに祖国で眠れるようにと遺骨の収集に名乗り出たのである。そして戦死した日本兵とグルカ兵を弔うべく、かつての戦場にはビルマ戦没者慰霊碑が建てられたのだった。
 その後、グルカ兵はイギリス特殊部隊SASの中央アジア部隊として編成される事になる。SASグルカ兵は本家SASと共に、世界最強として認知されている。そして現在、SASグルカ部隊の隊員となった兵士には任官の際、一振りの短剣が与えられる。それがこのククリナイフである。
 「お前達の祖先はこのナイフを手に世界一過酷な戦場で戦った。このナイフを手にする以上、祖先の名誉、そして敵の名誉を汚す事無く、誇りあるグルカ兵として戦いなさい」

 男達の手に握られたナイフには、実に重い歴史と価値があるのだ。それ故に、ククリナイフは日本刀等と同じように道具の領域を超え、広く名が知れ渡っているのである。今日ではナイフ界にはククリナイフを専門に製造する刀匠も存在する。それはひとえにククリナイフという物が持つ魅力に取り付かれたからに他ならない。

よもぎねこさんの記事の趣旨とはちょっとズレてしまうかもしれませんが、特ア人と違い、日本人の男気を理解し、価値観を共有する人達はいます。
  1. 2016-04-02 20:09
  2. URL
  3. taigen #-
  4. 編集

Re: タイトルなし

>  共産主義の理論的根拠の一つがルソーだと思います。そして教育論は、どうも子供を野生児のように生まれたまんまで育てるのが良いと言っているみたいです。そうすると朝鮮民族の子育ては、共産主義の理想かもしれないです。もしかして、共産主義と朝鮮民族は親和性が高いのではないでしょうか?

 なるほどね。
 でも野生児が理想ですか?

 結局共産主義ってそれまでの文化を否定したいと言う願望であることが透けて見える話ですね。
>
>  でも野生児から受験戦争への変化は、天国から地獄へ叩き落されるような衝撃でしょうね。これは病気になるのが当然だと思います。クワバラクワバラ。

 幼児のうちは甘やかし放題に甘やかされて、学齢期になると厳しい体罰も辞さずで詰め込み式の受験勉強ですからね。
 ホントに子供にしたら凄い衝撃でしょうね。
  1. 2016-04-02 20:10
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

Re: タイトルなし

> まったくそのとおりだと思います。
>
> 私は、大学生の頃からいわゆる左翼史観になじめず、というよりその虚偽性には気づいてましたが、それは単に彼ら(日本の左翼も含め)が政治的プロパガンに
> より、嘘を真実と思い込んでるぐらいにしか思っていませんでした。
> その背景にある民族性とか、心理学的分析とかはほとんど
> 考えたことはなかったですね。
> 正しい知識さえあれば彼らも考えは変わると、同じ人間な
> のだからと・・・。
> しかし、正しい知識をどうしても受け入れられない人々が
> 世界(中韓に限らず)には多数いるというのが実情だと今は思い知らされました。
>
> あ、今日は精神障害のお話しでしたね。
> 左翼に凝り固まってる人達もそうじゃないかな?って
> つい脱線してしまいました。
> ごく軽度な左翼っぽい人達ならば治療可能ですが、もう
> 死ぬまで治りそうもない方たちも、かの国、我が国問わず
> 結構いますからね。

 思うに人間が物事を考えるには、近代合理主義による方法と、中世異端審問官式の方法に大別されると思うのです。
 で、サヨクって実は異端審問官式なんですよね。

 彼等の思考って自分は神の正義を体現していると言う信仰なんだと思います。 彼等は大変勉強家で一生懸命学ぶので、知識はそれなりに豊富なのですが、しかし自分達の正義に反すると言われる物について、一切学ぶ意思がありません。
 自分達同志だけで延々と正義を語り続けるのです。

 そして自分達と意見の異なる人間は断罪する。

 これだとどんなに一生懸命勉強しても知識を増やしても、信仰を強めるだけなのです。

 だってこれですから。

 「日本のリベラルは非常に全体主義的思考の持ち主が多い」
 http://www.sankei.com/entertainments/news/160401/ent1604010023-n1.html

 

 
  1. 2016-04-02 20:17
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

普通の子育てが「虐待」になる韓国人の家庭

韓国人の子育ては「叱らない」「躾をしない」というだけでなく、「親の言うことには絶対服従しろ」と言って理不尽なことで子供を殴ることも多いみたいです。つまり、普通の韓国人の親はみんな「毒親」であり、韓国式の子育てとは、そのまま「虐待」なのです。
韓国人と結婚した日本人のブログには次のように書いてあります。

気ままに備忘録 in 韓国(韓国人男性と結婚して韓国に住んでいる日本人女性のブログ)
あぁ、うんざり韓国… (直リンク回避)
h ttp://ameblo.jp/ciao-sunny/entry-11899651945.html
>暴れ回り周囲に迷惑かけてる子供を躾しないで放置・・(子供に鬼厳しい私は「ゴルァッ!黙れッ!(英語)」早速叱る。近くにいた欧米人にniceと言われwinkされる)
>韓国到着して仁川空港でもどこでも中韓の子供は走り回る騒ぐ人にぶつかってくる危険な行為をする。親はそれを叱らない。
>義母の家に行って来たのだがスーパーのエスカレーターで身を乗り出している子やダダをこねてギャン泣きする子供がいて、私は「韓国の親は行儀の悪い子供を叱らないですよね」と言ったら義母はその通りだと言い、うんんんんざりしていた。
>そして清州からの帰りのタクシー運転手が実にまともな人だった。私が常日頃言っている韓国の悪しき根源をそっくりそのままそのオジサンも全て吐いていて驚いた。
>「韓国は教育・道徳から間違っている」おぉー!(拍手喝采)
>日本でもヨーロッパの優れた国でも基本がしっかり国として根付いているからだと言う。修正の利かないならず者にはしっかりと制裁が下るシステムになっていると。(韓国はすぐに逃れられるので悪党が絶たない)

迷惑な隣人が多すぎ (直リンク回避)
h ttp://ameblo.jp/ciao-sunny/entry-11934483855.html
>そう言えば韓国人、街中でも犬をリードにつながないで野放し散歩する人多いのだけど、アレすんげ大迷惑。飼い主の行儀悪ければ犬も行儀悪いから、飛びついてくるのよね!!!!躾がなってないの!!!
>室内で動物飼っている人の家は今のところ100%汚家。アタクシそういう家の人とお近づきになるのを数回拒否ったワヨ。ところであの壮絶な汚さ、動物虐待じゃないだろうか。

奥様は韓国人(気弱なパパのホームページ)|Untitled Document(韓国人女性と結婚した日本人男性のブログ)
http://park.geocities.jp/kor_wook/001.html
>妻の怒る理由はさまざまです。気に入らなければ誰とでも喧嘩する。子供を感情的になってすぐひっぱたく。

韓国のすすめ(韓国人女性と結婚して韓国に住んでいる日本人男性のブログ)
恥ずかしいからダメだという教育をしない韓国
http://koreainfo.jpn.org/korea/%E6%81%A5%E3%81%9A%E3%81%8B%E3%81%97%E3%81%84%E3%81%8B%E3%82%89%E3%83%80%E3%83%A1%E3%81%A0%E3%81%A8%E3%81%84%E3%81%86%E6%95%99%E8%82%B2%E3%82%92%E3%81%97%E3%81%AA%E3%81%84%E9%9F%93%E5%9B%BD/
>私の奥さんは「とにかくダメだ!!!」「ハルモニ(おばあちゃん)がダメだというからダメだ!!!」と無茶苦茶を言っているのですが(苦笑)、基本的には相当に他人に迷惑をかけない限りは、かなり自由に育てられるようです。

心理学から見る韓国のオモニ(お母さん)の偉大さ
http://koreainfo.jpn.org/korea/%E5%BF%83%E7%90%86%E5%AD%A6%E3%81%8B%E3%82%89%E8%A6%8B%E3%82%8B%E9%9F%93%E5%9B%BD%E3%81%AE%E3%82%AA%E3%83%A2%E3%83%8B%EF%BC%88%E3%81%8A%E6%AF%8D%E3%81%95%E3%82%93%EF%BC%89%E3%81%AE%E5%81%89%E5%A4%A7/
>韓国の親は子供に対して、「ベタベタ、ベタベタ」というくらい『スキンシップ』をする人が多く(笑)、また、自分の子供に対して、「うちの息子は最高だ~!!!」とか、「お前がいるから私は幸せだよ~!!!」など、愛情表現をストレートにする人が多いように思います。
>しかし、あまりに愛情が強すぎて溺愛になっているという問題もあり、親離れできない子供を『ママボーイ』と韓国では言います。「成人男性の半分くらいはそうではないか?」というくらい勢いで、韓国文化の背後にはこのオモニの存在が見え隠れします。

韓国女子に多く見られるお姫様病とは? コンジュビョン
http://koreainfo.jpn.org/korea/%E9%9F%93%E5%9B%BD%E5%A5%B3%E5%AD%90%E3%81%AB%E5%A4%9A%E3%81%8F%E8%A6%8B%E3%82%89%E3%82%8C%E3%82%8B%E3%81%8A%E5%A7%AB%E6%A7%98%E7%97%85%E3%81%A8%E3%81%AF%EF%BC%9F%E3%80%80%E3%82%B3%E3%83%B3%E3%82%B8/
>私の奥さんが「コンジュになりたかった願望」を娘に投影している原因が強いのですが、「コンジュ二ム オヌル ムオル ハシルカヨ (お姫さま 今日は何をなさいますか)?」とか平気で言ったりするため、「そんな育て方をするんじゃない!!!」と思わず釘を刺してしまいます(苦笑)

これらの他にも、韓国ブログのコメント欄にあった韓国人の書き込みで、同じような内容を何度か見たことがあるので、韓国人の家庭はどこもこんな感じみたいです。

韓国のスポーツ界では、親が「この子をスポーツ選手に育てる」と決めた子供だけが、小さい頃から特別な訓練を受けてスポーツ選手になります。そのように「選ばれた」子供達は学校へは通わずに小さい頃からひたすら練習だけに明け暮れます。かつての共産国家のオリンピック選手養成と同じことが自由主義陣営の韓国で行われているわけです。逆に、普通の学校には部活動もプールも体育館もありません。
スポーツ選手だけでなく、親が「この子をピアニストにする」「この子をアイドルにする」と考えた場合も同じように育てるそうです。韓国人社会では子供は親の所有物であり、子供は親の自慢のために尽くすのがあたりまえなのです。
  1. 2016-04-02 21:09
  2. URL
  3. かんぱち #vF6NeGQU
  4. 編集

「自他の境界がない=近代的自我を持たない」朝鮮人

朝鮮人の気質について、ある韓国ウォッチブログでは「朝鮮人の幼児性」と呼んでいて、別のサイトには「朝鮮人には自他の区別がない」と書いてあります。

月見櫓 朝鮮人の幼児性
http://fetia.blog34.fc2.com/blog-entry-184.html
>朝鮮人の特徴と幼児性の共通点と言えば、声がでかいとか、気紛れとか、自己中とか、飯を混ぜて食うとか、自己責任を理解出来ないとか、責任転嫁をするとか、図々しいとか、自分が嫌われてる可能性など考えられないとか、他者への(特に保護者への)依存心が強いとか、漢字の読み書きが不得手とか、汚い言葉が大好きとか、人の物を何でも欲しがるとか、何でも人の真似をするとか、自他の区別が明確でないとか、ざっと思いついただけでもこんなもんでしょうか。

韓国人の世界 1.朝鮮民族の世界観 1-1.自他の境界が消失した民族
http://www37.tok2.com/home/koreanworld/analysis/01-world.html#01-01
>つまり朝鮮民族間では自分と他人は区別できないものであり、また昔の先人と現在の自分も区別しがたいものなのです。
>朝鮮人は相手から自分を区別されそうになると、自分の普段の行動は全く顧みずに必死になって「差別」だと訴え始めますが、これは彼らが自他の区別に非常に強い分離不安を覚えるためでしょう。朝鮮では自他の同化こそが信頼の証であり、自分と相手の間に境界が存在する事は決して望ましくないのです。

「朝鮮人には自他の区別がない」というのは、「朝鮮人社会では近代的な自我が育たない」ということです。朝鮮人の人づき合いを説明するのに、よく「ウリ(仲間)とナム(他人)」という言葉が使われますが、朝鮮人にとってウリは自分自身と同じなのです。だから見知らぬ他人(ナム)に自分の子供(ウリ)が叱られると、まるで自分が叱られているように嫌な気持ちになるわけです。

奥様は韓国人(気弱なパパのホームページ)|Untitled Document(韓国人と結婚した日本人男性のブログ)
http://park.geocities.jp/kor_wook/001.html
>妻は、いつものように同じアパートに住む仲の良い韓国女性のところに長女を連れて遊びに行っていました。そこの家の男の子はちょっと目を離すと何をしているかわからない腕白ざかりの3歳っ子でしたが、その日もちょっとの隙に外のコンクリートの階段から転げ落ちて右のまぶたの上をざっくりと切ってしまったのです。母親は鮮血に染まった我が子の顔を見て錯乱し、ただ声を出して泣き叫ぶだけだったそうです。
>それにしても妻はいったい何をしていたのだろう。そのとき妻は何をしていたかというと、階段に座ってただおろおろと泣く母親と抱き合って、いっしょに声を上げて泣いていたのだそうです。
>私は今まで偉そうなことはたくさん言ってきましたが、悩む者と共に悩み、悲しむ者と共に悲しみ、喜ぶ者と共に心から喜んだは無かったように思います。

興味深いのは、子供(ウリ)の痛みをまるで自分自身の痛みのように感じていることです。きっと「自我が確立していない」「個人が自立していない」前近代社会・未開社会というのは、こういうものなのでしょう。おそらく中東の人達もこれと同じような感覚で生きているんだと思います。

そして、1つ前の朝鮮学校のエントリで私は「このしゃべっている朝鮮学校の生徒は何度も練習をしている」とコメントしましたが、ああやって彼らは「良い人」「かわいそうな人」を演じるのです。
おそらく「嘘をつくことを苦にしない」民族性とも関係があると思いますが、朝鮮人は演じるのが大好きです。彼らがコスプレして行う反日デモなんて、まるで芝居を見ているようじゃないですか。日本の芸能界に在日が多いのって、朝鮮人の民族気質と無縁じゃないと思うんです。

朝鮮人の「演じたがる気質」は「演技性パーソナリティ障害」の症状とよく似ています。また、人づき合いにおける朝鮮人の振る舞い方は「共依存症」「回避性依存症」の症状とよく似ています。どちら一般には「アダルト・チルドレン」と呼ばれることが多い人格障害です。

『共依存症』と『回避依存症』
http://cafe-counseling.com/knowledge/seikaku/renaiizon/post-4.html
演技性パーソナリティ障害の特徴・症状・治療法
http://allabout.co.jp/gm/gc/377609/

韓国人がキ○ガイに見えるのは、「自我が確立している」「個人が自立している」ことが前提で成り立っている近代社会に適応できていないからかもしれません。
北朝鮮で朝鮮人が異常な行動を取ったという話を聞かないのは、もちろん「情報が少ない」「統制されている」「栄養状態が悪くて火病を起こせない」というのもあるでしょうが、韓国よりも李氏朝鮮時代に近い北朝鮮のほうが、朝鮮人には暮らしやすい社会なのかもしれません。
  1. 2016-04-02 21:12
  2. URL
  3. かんぱち #vF6NeGQU
  4. 編集

古田氏を超えて

 以前に知り合いから聞いた話は、日本人には100パーセント、信じられないでしょう。彼女の子供の幼稚園の友達親子を呼んで遊ばせていたら、ウンチを部屋でされてしまったそうです。母親は、にこやかに「〇〇ちゃん、ダメでしょう。」で終わったそうです。その子の兄弟もしつけがなってないので有名でした。今から思えば、日本人ではなかったのだと思います。あのころは、K国には全く関心がなかったので、気が付きませんでした。
  1. 2016-04-02 22:09
  2. URL
  3. Cherry Blossoms #-
  4. 編集

お気づきとは思いますが「最近の親はなってない」とか「モンスターペアレント」とか、騒がれている事の殆どが実は寒流なのです。一時、騒がれた給食費を払わないも、そうではないかと疑っております。
私は、お役目で保育園・学童保育の現場もパトロールしているのですが、お尻の躾ができてない一部の子供の話は、必ず出てきます。家庭で行うべき躾をしないで、公共の場に出してくる親はどうなっているのだと、呆れ果て、世も末だと嘆く、学童保育指導員のおじさんに、特殊な一部の人達の例ですから、日本は大丈夫ですよと励ます日々です。
特殊な子供の親達に抗議すれば逆切れされますが、そのままでは保育場、よくないですので、言うべきことは言うしかないのです。これも文化摩擦でしょうかねえ。
実は、これは戦前から変わらないの文化摩擦なので、変わることはないと思います。母などは小声で・・・・・・と家族に伝え注意を促してました。

  1. 2016-04-03 10:57
  2. URL
  3. 友遊 #-
  4. 編集

Re: 「自他の境界がない=近代的自我を持たない」朝鮮人

> 朝鮮人の気質について、ある韓国ウォッチブログでは「朝鮮人の幼児性」と呼んでいて、別のサイトには「朝鮮人には自他の区別がない」と書いてあります。
>
> 月見櫓 朝鮮人の幼児性
> http://fetia.blog34.fc2.com/blog-entry-184.html
> >朝鮮人の特徴と幼児性の共通点と言えば、声がでかいとか、気紛れとか、自己中とか、飯を混ぜて食うとか、自己責任を理解出来ないとか、責任転嫁をするとか、図々しいとか、自分が嫌われてる可能性など考えられないとか、他者への(特に保護者への)依存心が強いとか、漢字の読み書きが不得手とか、汚い言葉が大好きとか、人の物を何でも欲しがるとか、何でも人の真似をするとか、自他の区別が明確でないとか、ざっと思いついただけでもこんなもんでしょうか。
>
> 韓国人の世界 1.朝鮮民族の世界観 1-1.自他の境界が消失した民族
> http://www37.tok2.com/home/koreanworld/analysis/01-world.html#01-01
> >つまり朝鮮民族間では自分と他人は区別できないものであり、また昔の先人と現在の自分も区別しがたいものなのです。
> >朝鮮人は相手から自分を区別されそうになると、自分の普段の行動は全く顧みずに必死になって「差別」だと訴え始めますが、これは彼らが自他の区別に非常に強い分離不安を覚えるためでしょう。朝鮮では自他の同化こそが信頼の証であり、自分と相手の間に境界が存在する事は決して望ましくないのです。
>
> 「朝鮮人には自他の区別がない」というのは、「朝鮮人社会では近代的な自我が育たない」ということです。朝鮮人の人づき合いを説明するのに、よく「ウリ(仲間)とナム(他人)」という言葉が使われますが、朝鮮人にとってウリは自分自身と同じなのです。だから見知らぬ他人(ナム)に自分の子供(ウリ)が叱られると、まるで自分が叱られているように嫌な気持ちになるわけです。
>
> 奥様は韓国人(気弱なパパのホームページ)|Untitled Document(韓国人と結婚した日本人男性のブログ)
> http://park.geocities.jp/kor_wook/001.html
> >妻は、いつものように同じアパートに住む仲の良い韓国女性のところに長女を連れて遊びに行っていました。そこの家の男の子はちょっと目を離すと何をしているかわからない腕白ざかりの3歳っ子でしたが、その日もちょっとの隙に外のコンクリートの階段から転げ落ちて右のまぶたの上をざっくりと切ってしまったのです。母親は鮮血に染まった我が子の顔を見て錯乱し、ただ声を出して泣き叫ぶだけだったそうです。
> >それにしても妻はいったい何をしていたのだろう。そのとき妻は何をしていたかというと、階段に座ってただおろおろと泣く母親と抱き合って、いっしょに声を上げて泣いていたのだそうです。
> >私は今まで偉そうなことはたくさん言ってきましたが、悩む者と共に悩み、悲しむ者と共に悲しみ、喜ぶ者と共に心から喜んだは無かったように思います。
>
> 興味深いのは、子供(ウリ)の痛みをまるで自分自身の痛みのように感じていることです。きっと「自我が確立していない」「個人が自立していない」前近代社会・未開社会というのは、こういうものなのでしょう。おそらく中東の人達もこれと同じような感覚で生きているんだと思います。
>
> そして、1つ前の朝鮮学校のエントリで私は「このしゃべっている朝鮮学校の生徒は何度も練習をしている」とコメントしましたが、ああやって彼らは「良い人」「かわいそうな人」を演じるのです。
> おそらく「嘘をつくことを苦にしない」民族性とも関係があると思いますが、朝鮮人は演じるのが大好きです。彼らがコスプレして行う反日デモなんて、まるで芝居を見ているようじゃないですか。日本の芸能界に在日が多いのって、朝鮮人の民族気質と無縁じゃないと思うんです。
>
> 朝鮮人の「演じたがる気質」は「演技性パーソナリティ障害」の症状とよく似ています。また、人づき合いにおける朝鮮人の振る舞い方は「共依存症」「回避性依存症」の症状とよく似ています。どちら一般には「アダルト・チルドレン」と呼ばれることが多い人格障害です。
>
> 『共依存症』と『回避依存症』
> http://cafe-counseling.com/knowledge/seikaku/renaiizon/post-4.html
> 演技性パーソナリティ障害の特徴・症状・治療法
> http://allabout.co.jp/gm/gc/377609/
>
> 韓国人がキ○ガイに見えるのは、「自我が確立している」「個人が自立している」ことが前提で成り立っている近代社会に適応できていないからかもしれません。
> 北朝鮮で朝鮮人が異常な行動を取ったという話を聞かないのは、もちろん「情報が少ない」「統制されている」「栄養状態が悪くて火病を起こせない」というのもあるでしょうが、韓国よりも李氏朝鮮時代に近い北朝鮮のほうが、朝鮮人には暮らしやすい社会なのかもしれません。

 個人レベルはともかくパククネが執拗に言う「歴史認識の共有」なんてまさに自己と他者の境界を認識できない人間の典型でしょうね。

 中国でも古来「他国の英雄は自国の災い」と言うぐらいで、自国と他国では認識が違って当然なのに、絶対にそれが理解できない。

 ところで民主主義と言うのは、個人を尊重して、その個人が自分の責任で物事を判断する事を基本に全ての制度が成り立っています。
 しかし自己と他者の境界の曖昧な人たちでは、この制度はマトモに運営不能でしょう。

 それにしても気持ち悪いですね。 子供の事故で母親同士が抱き合って泣くって気持ち悪いですね。 ワタシは読んでいてゾッとしました。
  1. 2016-04-03 11:30
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

Re: タイトルなし

> http://www5f.biglobe.ne.jp/~ssbohe/one_khukuri.htm
> グルカ・ククリナイフは現ネパール王国の最大民族であるグルカ族の間に伝わる刀剣である。
>  グルカ族は18世紀にインドにて勃興した民族で、他民族を征服してネパールに王国を建立した。その後、周囲の少数民族を武力で制圧。当時、インド北部にて巨大な権力を誇っていたとされる。1816年にイギリスの保護国となり、イギリスの尖兵としてインド植民地化に貢献。その戦闘能力の高さが大いに評価され、中央アジア最強の戦闘部族として欧州に知れ渡ることになる。
>  ククリナイフはそのグルカ族の間に代々伝わる伝統的な刀剣である。社会的地位を示すシンボルとしての価値を持つ他、祭事や行事などでも幅広く扱われた。又、ナタのように大きく頑丈な刃を持つので、山刀として用いるのにも適している。特に戦闘用に特化したククリナイフは代々部族の男達の間に伝わってきた由緒あるものだ。一人前の戦士として認められた男は上官や部族長から戦士の証としてククリナイフを授けられるのである。
>  ククリナイフの名前は現在、刃物の愛好家やゲーム等で盛んに取り上げられている。本来ならアジアの一地方に伝わる民芸品でしかないナイフが何故、有名になったのか。その理由は1944年にまでさかのぼる。
>
>  1944年3月。第二次世界大戦当時のインドはイギリスの植民地だった。そのインド開放を名目に大日本帝国陸軍はインドへと侵攻。後に「無理、無茶、無謀」の代名詞となる史上最悪の作戦、インパール作戦が開始された。元より勝算ゼロ、制空権も制海権も無く補給線も確保できない作戦の為に日本軍10万とインド国民軍4万5千が投入された。要は計画性皆無の物量作戦である。それでも帝国軍と国民軍は果て無きジャングルを切り開き、山を越え川を渡りインパールへと肉薄した。
>  この戦況を打開すべく、イギリス軍は虎の子の精鋭部隊であるグルカ兵を投入。グルカ兵はイギリス軍隷下の特殊作戦部隊としてゲリラ作戦を展開して、主力であるイギリス軍及びインド軍をサポートする役目を担った。最前線のジャングルに展開したグルカ兵は破壊工作を実行。奇襲や陽動を繰り返し、確実に日本軍を追い詰めていった。主力であるイギリス軍が苦戦する中、唯一戦果を挙げ続けるグルカ兵の名前は日本軍に恐れられた。実際、グルカ兵の担当区であったビルマ西部における日本軍の戦死者の大部分は、グルカ兵と戦って戦死したものである。当地には後のイギリス特殊部隊SASの前身となるコマンド部隊なども展開しており、グルカ兵はSAS等の特殊部隊設立に大きな影響を与えたと言われている。
>  とはいえ、さしものグルカ兵もジャングルの悪条件には舌を巻いた。部隊にはマラリアや熱病、赤痢が蔓延し、補給は困難を極めた。日本軍は頑強な抵抗を繰り返し、最強を自称するグルカ兵が追い詰められる場面が何度もあった。戦闘や病気で次々と兵士達は死亡。無論、援軍も無く負傷者の後送も出来ない。薄暗いジャングルの中で、明日生き延びられるか分からないという極限の戦場をグルカ兵は4ヶ月間戦い続けた。
>  1944年7月。日本軍はインパール作戦を断念。インドから撤退し、グルカ兵の戦争は終わった。後、日本軍の陣地に足を踏み入れたグルカ兵達は絶句した。そこには自分達の状況を遥かに凌駕する、本物の地獄が広がっていたのだ。日本軍には食料も医薬品も武器も弾薬も無く、陣地にはうず高く詰まれた白骨だけが残っていた。味方の死体を食って命を繋ぎ、竹やりで武装し、撤退する味方の盾になるべく言葉通り最後の一兵まで戦って全滅した。日本兵3万人が玉砕した墓場、この余りに凄惨な光景にグルカ兵達は言葉を失った。同じアジア人でありながら殺し合い、ただの一人も残す事無く日本兵全員を死に追いやってしまったという後悔が残った。敵であるはずの日本兵の為にグルカ兵達は泣いた。グルカ兵の中で、最強という言葉の定義が書き変わった瞬間だった。
>  1959年。日本政府の遺骨収集団がビルマへと渡った。その時、遺骨収集を買って出たのがかつて日本兵と戦った元グルカ兵達である。彼等は日本兵を最強の敵、そして友と認め、彼等が安らかに祖国で眠れるようにと遺骨の収集に名乗り出たのである。そして戦死した日本兵とグルカ兵を弔うべく、かつての戦場にはビルマ戦没者慰霊碑が建てられたのだった。
>  その後、グルカ兵はイギリス特殊部隊SASの中央アジア部隊として編成される事になる。SASグルカ兵は本家SASと共に、世界最強として認知されている。そして現在、SASグルカ部隊の隊員となった兵士には任官の際、一振りの短剣が与えられる。それがこのククリナイフである。
>  「お前達の祖先はこのナイフを手に世界一過酷な戦場で戦った。このナイフを手にする以上、祖先の名誉、そして敵の名誉を汚す事無く、誇りあるグルカ兵として戦いなさい」
>
>  男達の手に握られたナイフには、実に重い歴史と価値があるのだ。それ故に、ククリナイフは日本刀等と同じように道具の領域を超え、広く名が知れ渡っているのである。今日ではナイフ界にはククリナイフを専門に製造する刀匠も存在する。それはひとえにククリナイフという物が持つ魅力に取り付かれたからに他ならない。
>
> よもぎねこさんの記事の趣旨とはちょっとズレてしまうかもしれませんが、特ア人と違い、日本人の男気を理解し、価値観を共有する人達はいます。

 有難う御座いました。

 凄惨な戦いをした相手を丁重に弔うと言うのは、結局こうした尚武の民族にのみの伝統でしょうね。
 
  1. 2016-04-03 11:39
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

Re: 普通の子育てが「虐待」になる韓国人の家庭

> 韓国人の子育ては「叱らない」「躾をしない」というだけでなく、「親の言うことには絶対服従しろ」と言って理不尽なことで子供を殴ることも多いみたいです。つまり、普通の韓国人の親はみんな「毒親」であり、韓国式の子育てとは、そのまま「虐待」なのです。
> 韓国人と結婚した日本人のブログには次のように書いてあります。
>
> 気ままに備忘録 in 韓国(韓国人男性と結婚して韓国に住んでいる日本人女性のブログ)
> あぁ、うんざり韓国… (直リンク回避)
> h ttp://ameblo.jp/ciao-sunny/entry-11899651945.html
> >暴れ回り周囲に迷惑かけてる子供を躾しないで放置・・(子供に鬼厳しい私は「ゴルァッ!黙れッ!(英語)」早速叱る。近くにいた欧米人にniceと言われwinkされる)
> >韓国到着して仁川空港でもどこでも中韓の子供は走り回る騒ぐ人にぶつかってくる危険な行為をする。親はそれを叱らない。
> >義母の家に行って来たのだがスーパーのエスカレーターで身を乗り出している子やダダをこねてギャン泣きする子供がいて、私は「韓国の親は行儀の悪い子供を叱らないですよね」と言ったら義母はその通りだと言い、うんんんんざりしていた。
> >そして清州からの帰りのタクシー運転手が実にまともな人だった。私が常日頃言っている韓国の悪しき根源をそっくりそのままそのオジサンも全て吐いていて驚いた。
> >「韓国は教育・道徳から間違っている」おぉー!(拍手喝采)
> >日本でもヨーロッパの優れた国でも基本がしっかり国として根付いているからだと言う。修正の利かないならず者にはしっかりと制裁が下るシステムになっていると。(韓国はすぐに逃れられるので悪党が絶たない)
>
> 迷惑な隣人が多すぎ (直リンク回避)
> h ttp://ameblo.jp/ciao-sunny/entry-11934483855.html
> >そう言えば韓国人、街中でも犬をリードにつながないで野放し散歩する人多いのだけど、アレすんげ大迷惑。飼い主の行儀悪ければ犬も行儀悪いから、飛びついてくるのよね!!!!躾がなってないの!!!
> >室内で動物飼っている人の家は今のところ100%汚家。アタクシそういう家の人とお近づきになるのを数回拒否ったワヨ。ところであの壮絶な汚さ、動物虐待じゃないだろうか。
>
> 奥様は韓国人(気弱なパパのホームページ)|Untitled Document(韓国人女性と結婚した日本人男性のブログ)
> http://park.geocities.jp/kor_wook/001.html
> >妻の怒る理由はさまざまです。気に入らなければ誰とでも喧嘩する。子供を感情的になってすぐひっぱたく。
>
> 韓国のすすめ(韓国人女性と結婚して韓国に住んでいる日本人男性のブログ)
> 恥ずかしいからダメだという教育をしない韓国
> http://koreainfo.jpn.org/korea/%E6%81%A5%E3%81%9A%E3%81%8B%E3%81%97%E3%81%84%E3%81%8B%E3%82%89%E3%83%80%E3%83%A1%E3%81%A0%E3%81%A8%E3%81%84%E3%81%86%E6%95%99%E8%82%B2%E3%82%92%E3%81%97%E3%81%AA%E3%81%84%E9%9F%93%E5%9B%BD/
> >私の奥さんは「とにかくダメだ!!!」「ハルモニ(おばあちゃん)がダメだというからダメだ!!!」と無茶苦茶を言っているのですが(苦笑)、基本的には相当に他人に迷惑をかけない限りは、かなり自由に育てられるようです。
>
> 心理学から見る韓国のオモニ(お母さん)の偉大さ
> http://koreainfo.jpn.org/korea/%E5%BF%83%E7%90%86%E5%AD%A6%E3%81%8B%E3%82%89%E8%A6%8B%E3%82%8B%E9%9F%93%E5%9B%BD%E3%81%AE%E3%82%AA%E3%83%A2%E3%83%8B%EF%BC%88%E3%81%8A%E6%AF%8D%E3%81%95%E3%82%93%EF%BC%89%E3%81%AE%E5%81%89%E5%A4%A7/
> >韓国の親は子供に対して、「ベタベタ、ベタベタ」というくらい『スキンシップ』をする人が多く(笑)、また、自分の子供に対して、「うちの息子は最高だ~!!!」とか、「お前がいるから私は幸せだよ~!!!」など、愛情表現をストレートにする人が多いように思います。
> >しかし、あまりに愛情が強すぎて溺愛になっているという問題もあり、親離れできない子供を『ママボーイ』と韓国では言います。「成人男性の半分くらいはそうではないか?」というくらい勢いで、韓国文化の背後にはこのオモニの存在が見え隠れします。
>
> 韓国女子に多く見られるお姫様病とは? コンジュビョン
> http://koreainfo.jpn.org/korea/%E9%9F%93%E5%9B%BD%E5%A5%B3%E5%AD%90%E3%81%AB%E5%A4%9A%E3%81%8F%E8%A6%8B%E3%82%89%E3%82%8C%E3%82%8B%E3%81%8A%E5%A7%AB%E6%A7%98%E7%97%85%E3%81%A8%E3%81%AF%EF%BC%9F%E3%80%80%E3%82%B3%E3%83%B3%E3%82%B8/
> >私の奥さんが「コンジュになりたかった願望」を娘に投影している原因が強いのですが、「コンジュ二ム オヌル ムオル ハシルカヨ (お姫さま 今日は何をなさいますか)?」とか平気で言ったりするため、「そんな育て方をするんじゃない!!!」と思わず釘を刺してしまいます(苦笑)
>
> これらの他にも、韓国ブログのコメント欄にあった韓国人の書き込みで、同じような内容を何度か見たことがあるので、韓国人の家庭はどこもこんな感じみたいです。
>
> 韓国のスポーツ界では、親が「この子をスポーツ選手に育てる」と決めた子供だけが、小さい頃から特別な訓練を受けてスポーツ選手になります。そのように「選ばれた」子供達は学校へは通わずに小さい頃からひたすら練習だけに明け暮れます。かつての共産国家のオリンピック選手養成と同じことが自由主義陣営の韓国で行われているわけです。逆に、普通の学校には部活動もプールも体育館もありません。
> スポーツ選手だけでなく、親が「この子をピアニストにする」「この子をアイドルにする」と考えた場合も同じように育てるそうです。韓国人社会では子供は親の所有物であり、子供は親の自慢のために尽くすのがあたりまえなのです。

 ホントに大変ですね。
 天国のような幼児期から突然、親の奴隷になる子供時代。

 これだとそれだけで精神的にパニックを起こしますよね?
  1. 2016-04-03 11:41
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

Re: 古田氏を超えて

>  以前に知り合いから聞いた話は、日本人には100パーセント、信じられないでしょう。彼女の子供の幼稚園の友達親子を呼んで遊ばせていたら、ウンチを部屋でされてしまったそうです。母親は、にこやかに「〇〇ちゃん、ダメでしょう。」で終わったそうです。その子の兄弟もしつけがなってないので有名でした。今から思えば、日本人ではなかったのだと思います。あのころは、K国には全く関心がなかったので、気が付きませんでした。

 ホントの所はわかりませんね。
 唯日本も核家族化が進み、違う年齢層との付き合いが減ると、子供の躾け方のようなモノを全く知る機会がないまま子供を産んでしまう人も増えるんですよね。
  1. 2016-04-03 11:43
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

Re: タイトルなし

> お気づきとは思いますが「最近の親はなってない」とか「モンスターペアレント」とか、騒がれている事の殆どが実は寒流なのです。一時、騒がれた給食費を払わないも、そうではないかと疑っております。
> 私は、お役目で保育園・学童保育の現場もパトロールしているのですが、お尻の躾ができてない一部の子供の話は、必ず出てきます。家庭で行うべき躾をしないで、公共の場に出してくる親はどうなっているのだと、呆れ果て、世も末だと嘆く、学童保育指導員のおじさんに、特殊な一部の人達の例ですから、日本は大丈夫ですよと励ます日々です。
> 特殊な子供の親達に抗議すれば逆切れされますが、そのままでは保育場、よくないですので、言うべきことは言うしかないのです。これも文化摩擦でしょうかねえ。
> 実は、これは戦前から変わらないの文化摩擦なので、変わることはないと思います。母などは小声で・・・・・・と家族に伝え注意を促してました。

 なるほど大変ですねえ。

 家庭内の躾けの仕方のようなモノは、外部からわからないし、そのまま子供の代に受け継がれるので、この種の文化摩擦はなかなかなくならないのでしょうね。

 それこそ保育所にでも期待するしかありません。
 保母さんは大変でしょうが。
  1. 2016-04-03 12:22
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する