2016-03-30 00:23

爬虫類脳に振り回される 凍死

 昨日は午後から某証券会社のセミナーに行きました。
 
 内容はファンドラップと言うサービスの説明会です。 
 
 一時間半程のセミナーでしたが、講師の株屋さんの話を聞いていると、一昨日のエントリー「Hitler was right 人工知能」bokuさんとtaigenさんから頂いたコメントが頭の中に浮かんでくるのです。

035

 bokuさんは人工知能の発達から「多少いろんなマーケットに関わる者として、もし売買をAI に完全に任せる時代がくるならば・・・」社会がどうなるか危惧についてコメントされました。 

 そして「人間の原始感情である欲望、自制、好悪、正義などの不定義なものをAIがどこまで論理的に判断して最適解を導きだせるのことができるのか?」と言う疑問を呈されていました。
 
 そしてtaigenさんは、人間の脳の構造と心理についてのサイトを紹介してくださいました。

 10自己愛性人格障害は脳の機能障害 爬虫類脳、扁桃体、前頭葉の働き [ モラハラ・自己愛 ]

 これによると人間の脳と言うのは爬虫類脳(本能)、哺乳類脳(感情)、人間脳(理性)の3つによって成り立っていると言うのです。

036

 爬虫類脳の本体は扁桃体と言う脳の中のごく小さな部位なのですが、ここに感覚神経からの情報が全て入り、そこで快不快、好き嫌い、恐怖や嫌悪などが決定されると言うのです。 そしてそれに応じてホルモンが出て、人間の精神状態を決定してしまうのです。

 この扁桃体は実は爬虫類も持っている生き残る為の本能そのモノなのです。 だから爬虫類レベルで、馬鹿で臆病で自己中その物の判断をするのです。

 人間脳はこの扁桃体の馬鹿で臆病で自己中な判断を、何とかなだめて社会的ルールを守らせて、合理的な行動を取らせようと努力します。

 しかし実は人間の3つの脳の主人は爬虫類脳で、爬虫類脳が強く命令すると、人間脳は何もできなくなるのです。 
 ワタシは斑目漫画の爬虫類脳が菅直人、人間脳が斑目さんじゃないかと思いました。

037

 そうなると賢い人間と言うのは、爬虫類脳の生み出す馬鹿で臆病で自己中な判断を抑制できる人間と言う事になります。
 そして所謂精神修養とか哲学とか宗教とかは、皆この爬虫類脳を人間脳に従わせる為の方策ではないかと思います。

 ところで人工知能には爬虫類脳はないのです。 だから非理性的な恐怖や不安、感情による不合理な判断と言う物は、そもそも生まれようがないのです。

 そこで資産管理のようなモノは全部人工知能に任せたら人間がやるより遥かに合理的にやってくれるのではないか?と言う話になるのです。

 別に株屋の宣伝をするわけじゃないけれど、昨日のセミナーで聞いたファンドラップと言うのが、当にそのサービスなのです。

040

 ファントラップとは証券会社は、客から預かったお金を、客の希望するコース毎に、国内株式、外国株式、国内債券、外国債券、リートなどの金融資産に決められた割合で分散投資するのです。

 しかし一旦投資しても、その後株価や為替レートが変動すると、資産の割合が変わってきます。  例えば株が上がると預かり資産全体の中で株の割合が増えるし、逆に下がれば減るのです。

 そこで3ヶ月毎に売買をして、資産の割合を一定に保つようにします。
 またそれ以外でも、急激な為替や株価の変動で、決められた割合から一定レベル以上外れた場合も、売買をして資産の割合を一定に保つにするのです。

 こうしておくと自動的に株価が上がった時には株を売り、下がった時には買う事になり、円が下がった時には外債を売り、円が上がった時は外債を買うと言う事になるので、非常に安定的に利益を確保する事ができると言うのです。

 なるほどこれは理屈としてその通りです。

 でもそんな単純な話なら自分でやれば良いのでは?
 しかしこのセミナーの講師の株屋は言うのです。

 人間は往々、株があがればもっと上がるように思って売れず、下がった時に買おうとしてももっと下がりそうで怖くて買えないと言う事繰り返してしまう。

 だからファンドラップに資産を預けなさいと。

 そして哀しいかなワタシ自身については、全くその通りなのです。
 
041
 
 実はワタシは今までの経験で、自分は株なんか絶対やってはイケナイ人間だとわかっているのです。  株だけでなく投資とかそういう事には全く向かない人間なのです。

 それでも株屋の口座なんぞ持っているのは父から株を相続したからです。
 
 父はサラリーマンだったのですが、若い時から株が好きで、結局死ぬまで家も買わず貯金も殆どせずに、資産は全部株で残したのです。 でもそのお蔭でワタシは難病を抱えて働けなくても、生活保護の厄介にもならずに生きていられるのです。
 
 そして父からは「お前は株はやるな」と言われました。 つまりワタシは父から株をやってはイケナイ人間だと見抜かれていたのです。
 
047

 何でワタシが株をやってはイケナイか?
 それはワタシが爬虫類脳に振り回される人間だからです。

 爬虫類脳に振り回される人間が株をやってイケナイのは、僅かな売買でも損をすればパニックを起こし、儲ければ舞い上がり、常に売買に当たって不安や恐怖が湧きあがると言う状態になります。

 これでは冷静な投資判断どころではないのです。

 でもこれは程度の差があっても、株の売買をやる人は皆味わう感覚のようです。 唯ワタシのように完全に爬虫類脳に振り回されるか、何とか爬虫類脳をなだめて冷静に対応できるかの違いのようです。

048

 ワタシがいつも見ている「陳胡痒のworld view」のブログ主陳胡痛さんは株で大成功している富豪なのですが、身もふたもない程の現実主義の視点から見た経済社会情勢への解説(この現実主義は生前の父とそっくり)と共に、いつも一種の精神修養、欲望からいかに自由になるか?と言うような話を書いているのです。

 株で儲けようと思いながら「欲望から自由になる」ことを願うのは矛盾しているのですが、しかし欲望を抑制できないと爬虫類脳が人間脳を圧倒するので、冷静な売買が不能になるでしょう。

 だから常に欲望を抑制する修養をして、人間脳の優位を確保しようとしているのです。

 ワタシはだから陳胡痛さんのブログで精神修養のような話を読むたびに、「ああ、これほどの人でも株の売買で精神の動揺を抑制するのには苦労しているのだ。」と思ってヘンに安心したりするのです。

049
 
 だったら株の売買など資産管理は、全部人工知能に任せたら?
 人工知能にはそもそも爬虫類脳はないので、人間がやるより遥かに合理的にやってくれるはずです。

 実は昨日のセミナーで紹介されたファンドラップって、当にそれをやるサービスなのです。 つまり前述のとおり、証券会社は客から預かったお金を、客の希望するコースにより一定割合で、国内株式、海外株式、国内債券、海外債権、リートなどに分散して、その割合が常に一定保たれるように調整し続けるのですが、実はこの作業は全部コンピューターがやるのです。

 つまり預けたお金は全部コンピューターにお任せしちゃうのです。
 証券会社の社員は、お客にファンドラップのサービスを売るのと、その後コンピューターが故障したりしないか監視するだけです。
 だからお客は証券会社のコンピューターを借りて、自分の資産を管理して貰うサービスと言うべきかもしれません。

 こうしたサービスによって動く資金が、金融市場のどのぐらいの割合を占めるのかはわかりません。 しかし個人レベルで言えば、自分の持つ金融資産のほとんどをこのファンドラップで運用している人も少なくないそうです。

055

 さらに言えば株の売買で利益を上げる為の原則をプログラムしてコンピューターに売買させる所謂コンピューター売買は、既に現在大規模に行われています。
 
 コンピューターなら上場各社の利益率とか、株価の変動とか、数値化可能な公開情報を全て記憶しそれを元にプログラムに従って売買の判断をして、瞬時に数十、数百の銘柄の売買注文を出す事が可能です。
 このスピードと正確さにおいて、人間は絶対敵いません。

 人間が株の売買でコンピューターに勝つとすれば、政治情勢とか現在はまだ実用化されおらず利益の出ていない新技術などの数値として評価不能の情報に関する判断によるしかないでしょう。

 だから人工知能による市場の支配力と言うのは実はもう相当進んでいるのだと思います。

053
 
 それにしても人間が資産を守ろうとするのは、自分が生き残りたい、できるだけ安楽に生き残りたいと言う爬虫類脳の要求です。

 その爬虫類脳に支配された人間の為に、欲望を持たない人工知能が奉仕する。

 これは当に爬虫類脳と人間脳の関係そのモノではありませんか?

 原始的で理性も知性も持たない物が、理性や知性を司る物を支配する。
 これは実に不合理だと思います。

 しかし考えてみると現在のところ人間脳の仕事をする機械は作れても、爬虫類脳の働きする機械を作る事など全く目途が立たないのです。
 そうだとすると、実はより高度なのは人間脳より爬虫類脳かも知れません。

057

 ところで爬虫類脳がなくなったら、どうなるのでしょうか?

 爬虫類脳の本体である扁桃体を喪うと、人生から一切の意味がなくなります。 愛情も怒りも競争心も協調性もなくなり、一切のモノに無関心になるのです。 

 だって扁桃体=爬虫類脳は生き残る意思です。
 生き残る意思のない人間にとって、愛情も怒りも競争心も協調性も意味はないのです。

 人間のよからぬ欲望、愚劣さの根源である爬虫類脳こそが、結局人間の魂そのモノなのかもしれません。

058

 さてここまで考えて、 あのファンドラップどうしたものか・・・・・・。

 実は今の所ワタシはこのファントラップの最小契約単位なるだけの現金を持っていません。 だから契約するためには株を一部処分するしかないのです。

 と言うわけでまたワタシは爬虫類脳に振り回されるハメになります。

 ああ、どうしよう・・・・・。

  1. 個人的体験から
  2. TB(0)
  3. CM(10)

コメント

あの~、bakuじゃなくてbokuなんですけど・・(^_^;)
でもbakuの方が夢があって良いかもしれません。

コメントを取り上げて下さってありがとうございます。
そしてtaigenさんご紹介のサイトも興味深く読ませて
もらいました。

で、爬虫類脳に支配された人間の為に、数多の欲望を持た
ない人工知能(爬虫類脳を持たない)が奉仕して資産の形成を競い合うというのが、何かのギャグっぽくて想像を絶します。どんな相場になるんでしょう?

>人間のよからぬ欲望、愚劣さの根源である爬虫類脳こそ
>が、結局人間の魂そのモノなのかもしれません

ここ、深く頷きました! さすが敬愛するよもさんです。
パヨちゃんたちは、ここを永遠に理解できない爬虫類脳の
権化みたいな連中・・・、彼らの顔が爬虫類に見えてきましたよ。

連日のエントリーの最後のオチもすばらしかったです♪
  1. 2016-03-30 02:29
  2. URL
  3. boku #-
  4. 編集

株は恐ろしい

久しぶりにコメントを送らせていただきます。

私はネットでの株取引に手を出して、株の恐ろしさを知りました。
取引開始から数か月くらいは、それなりに利益を出していましたが、
昨年の中国発同時株安で暗転。円形脱毛症になってしまいました。
投資額がどれくらい減っているか知るのが恐ろしくて、
証券会社のWEBサイトにアクセスする気になりません。

>つまり預けたお金は全部コンピューターにお任せしちゃうのです。

今どきの株取引は、コンピュータでのアルゴリズム売買が普通になっているようです。
だから、株価が垂直にだだ下がりする現象は、全世界のコンピューターが一斉に「売り」を出すからだとも言われています。(真偽のほどは保証いたしません)

・・・・・パソコンの不調を機に、コメント投稿から足を洗っていましたが、株関連の話に、つい余計なことを書き送ってしまいました。

  1. 2016-03-30 08:14
  2. URL
  3. くれない #-
  4. 編集

Re: タイトルなし

> あの~、bakuじゃなくてbokuなんですけど・・(^_^;)
> でもbakuの方が夢があって良いかもしれません。

 済みませんお名前を間違えるなんて、大変な失礼をお許し下さい。 訂正します。

 でもこれワタシの爬虫類脳のせいです。 ワタシは目が悪くて、細かいアルファベットが読みにくい上、中学生時代から英語苦手のトラウマがあって、焦ると必ずスペリングを間違えるのです。

 実は昨日のエントリーでもHitlerとrightのスペリングを間違って、ベヒモスさんに注意して頂きました。
 マジに恥ずかしいレベルの間違いですし、tayのツィートを見て確認しながら書いたつもりなのに、でもシッカリ間違ってしまいました。

 だからbokuさんに失礼する気が在ってやったのではありません。 どうかお許し下さい。

> コメントを取り上げて下さってありがとうございます。
> そしてtaigenさんご紹介のサイトも興味深く読ませて
> もらいました。
>
> で、爬虫類脳に支配された人間の為に、数多の欲望を持た
> ない人工知能(爬虫類脳を持たない)が奉仕して資産の形成を競い合うというのが、何かのギャグっぽくて想像を絶します。どんな相場になるんでしょう?

 ワタシは優秀で忠実な軍師が愚劣な暴君の為戦う戦国時代のような世界になると思います。 でも資産が暴君のモノだから市場を支配するのは結局暴君なのです。

> >人間のよからぬ欲望、愚劣さの根源である爬虫類脳こそ
> >が、結局人間の魂そのモノなのかもしれません
>
> ここ、深く頷きました! さすが敬愛するよもさんです。
> パヨちゃんたちは、ここを永遠に理解できない爬虫類脳の
> 権化みたいな連中・・・、彼らの顔が爬虫類に見えてきましたよ。
>
> 連日のエントリーの最後のオチもすばらしかったです♪

 有難う御座います。 
 でもワタシだって事自分自身に関わる問題では、パヨクを笑えないのです。
  1. 2016-03-30 10:11
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

Re: 株は恐ろしい

> 久しぶりにコメントを送らせていただきます。
>
> 私はネットでの株取引に手を出して、株の恐ろしさを知りました。
> 取引開始から数か月くらいは、それなりに利益を出していましたが、
> 昨年の中国発同時株安で暗転。円形脱毛症になってしまいました。
> 投資額がどれくらい減っているか知るのが恐ろしくて、
> 証券会社のWEBサイトにアクセスする気になりません。

 マジに怖いですね。
 
 ワタシも下がる時は日経平均を確認するだけでも怖いです。
 でも他人ごととして気楽に申し上げますが、当分証券会社のwebサイトにアクセスしなくても良いのでは?

 それにしても株で損をした心理と言うのは不思議なモノで、そんな大損をしたわけでもなく最初から想定したレベルの損でも、何だか凄くイヤな気分になって、精神が不安定になるんですよね。
 
 こういう体験をするたびに、自分の愚劣な欲望を情けなく思います。 しかしそういう欲望があったこと、自分はそれをコントロールできない人間だと言う事を知ったのは、実は自分自身の人生にとってすごくプラスだったと思います。

 それを体験してから欲望に振り回される人間を笑えなくなったのです。 そして世の中がこうした綺麗事ではなく、こうした欲望で動いている事を実感したのです。

 株をやっている人で保守系の人が多いのは、実はこうした事を実感しているからじゃないですか?

> >つまり預けたお金は全部コンピューターにお任せしちゃうのです。
>
> 今どきの株取引は、コンピュータでのアルゴリズム売買が普通になっているようです。
> だから、株価が垂直にだだ下がりする現象は、全世界のコンピューターが一斉に「売り」を出すからだとも言われています。(真偽のほどは保証いたしません)
>
> ・・・・・パソコンの不調を機に、コメント投稿から足を洗っていましたが、株関連の話に、つい余計なことを書き送ってしまいました。

 アルゴリズム売買についてはその通りだと思います。 多くのファンドがアルゴリズム売買をやって、しかも似たり寄ったりのプログラムを使うので、価格の変動が短期感で物凄く激しくなるのでしょう。

 だからこれに一喜一憂していたら、精神がボロボロになると思います。
  1. 2016-03-30 10:26
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

>ワタシがいつも見ている「陳胡痒のworld view」のブログ主陳胡痛さんは株で大成功している富豪なのですが、身もふたもない程の現実主義と共に、いつも一種の精神修養、欲望からいかに自由になるか?と言うような話を書いているのです。

 株で儲けようと思いながら「欲望から自由になる」ことを願うのは矛盾しているのですが、しかし欲望を抑制できないと爬虫類脳が人間脳を圧倒するので、冷静な売買が不能になるでしょう。

 だから常に欲望を抑制する修養をして、人間脳の優位を確保しようとしているのです。

※仏教でいうところの無我の境地ですね。
https://ja.m.wikipedia.org/wiki/無我
まあ、でもそれが簡単に出来れば誰も苦労はしませんよね。
  1. 2016-03-30 10:56
  2. URL
  3. taigen #-
  4. 編集

Re: タイトルなし

> >ワタシがいつも見ている「陳胡痒のworld view」のブログ主陳胡痛さんは株で大成功している富豪なのですが、身もふたもない程の現実主義と共に、いつも一種の精神修養、欲望からいかに自由になるか?と言うような話を書いているのです。
>
>  株で儲けようと思いながら「欲望から自由になる」ことを願うのは矛盾しているのですが、しかし欲望を抑制できないと爬虫類脳が人間脳を圧倒するので、冷静な売買が不能になるでしょう。
>
>  だから常に欲望を抑制する修養をして、人間脳の優位を確保しようとしているのです。
>
> ※仏教でいうところの無我の境地ですね。
> https://ja.m.wikipedia.org/wiki/無我
> まあ、でもそれが簡単に出来れば誰も苦労はしませんよね。

 全くその通りです。
 でもtaigenさんに教えて頂いたサイトを読むと、扁桃体を取れば誰も直ぐに無我の境地になれる事がわかります。

 実はこれ子供の頃から疑問でした。
 つまり全ての欲望を捨て去った人間が、生きている意味はあるのかって?

 例えば山奥にこもって、全てを捨て去って修行を続けるお坊さんって、立派と言えば立派だけれど、山奥から出てこないと社会には何の意味もないでしょう?

 だから欲望ギンギラギンの愚かで自己中な人間でも、社会の中で頑張る人の方が偉いのでは?

 そういう疑問がずうっとあるのです。

 
  1. 2016-03-30 16:40
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

脱洗脳

もし私が今でもお花畑左翼脳だったら、安保法の施行を「危険な道への第一歩だ」と思って恐怖を感じたでしょう。マスゴミが特定秘密保護法に反対するキャンペーンを張っていた頃はまだ完全には洗脳が解けていなくて、保守系政治サイトに「特定秘密保護法は日本に必要な法律だ」と書いてあるのを読んでも不安を拭えませんでした。

やっぱり人間って最後は理屈じゃなくて直感で判断するんだろうなぁと思います。今、左翼のブログや動画をウォッチすると、論理が穴だらけなことに私は気づくんですが、書いたり喋ったりしている本人はそれに全然気づいていないということが多いです。
  1. 2016-03-30 19:38
  2. URL
  3. かんぱち #vF6NeGQU
  4. 編集

私も少々株をたしなむのですが、安倍政権になってから相場を読むのが難しくなってきました。
ミンス党政権時代は連中のやるバカ政策の逆を張ればそれなりに勝てましたが、安倍政権の経済政策は順当なのでかえって難しいわけで(笑)。
株のテクニック面はさておいて、売買の最終決断は欲望のコントロールというか精神が試されますね。

さて。同居人さんが配当金だけで生活できるなら、ファンドラップは不要かと思います。何故かと申しますと、所有株数が減って高額な手数料ばかり証券会社に取られるからです。
ご父君が残された株はおそらく厳選された銘柄なのでしょうから、配当金だけで生活できるのは理想型なのです。
http://investmenttrust.biz/fundwrap-hyoban.html
  1. 2016-03-31 10:05
  2. URL
  3. Spring-moto #-
  4. 編集

Re: 脱洗脳

> もし私が今でもお花畑左翼脳だったら、安保法の施行を「危険な道への第一歩だ」と思って恐怖を感じたでしょう。マスゴミが特定秘密保護法に反対するキャンペーンを張っていた頃はまだ完全には洗脳が解けていなくて、保守系政治サイトに「特定秘密保護法は日本に必要な法律だ」と書いてあるのを読んでも不安を拭えませんでした。
>
> やっぱり人間って最後は理屈じゃなくて直感で判断するんだろうなぁと思います。今、左翼のブログや動画をウォッチすると、論理が穴だらけなことに私は気づくんですが、書いたり喋ったりしている本人はそれに全然気づいていないということが多いです。

 そういう直観って大事だと思います。 そして理屈はわからないけれど「何かこれオカシイ」と言うような感覚も。
  1. 2016-03-31 19:42
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

Re: タイトルなし

> 私も少々株をたしなむのですが、安倍政権になってから相場を読むのが難しくなってきました。
> ミンス党政権時代は連中のやるバカ政策の逆を張ればそれなりに勝てましたが、安倍政権の経済政策は順当なのでかえって難しいわけで(笑)。

 何とそれはまた厄介な!!

> 株のテクニック面はさておいて、売買の最終決断は欲望のコントロールというか精神が試されますね。

 そうですね。
 ワタシは株で儲ける事は完全に諦めたけれど、株をやっていかに自分が情けない人間であるかを知ったのは凄く良かったと思います。

 いかに僅かな投資でも自分の株の上げ下げに関わると、冷静を保てないのです。 そういう自分の欲の深さを知って、世の中の見方が変わりました。

> さて。同居人さんが配当金だけで生活できるなら、ファンドラップは不要かと思います。何故かと申しますと、所有株数が減って高額な手数料ばかり証券会社に取られるからです。
> ご父君が残された株はおそらく厳選された銘柄なのでしょうから、配当金だけで生活できるのは理想型なのです。
> http://investmenttrust.biz/fundwrap-hyoban.html

 有難う御座います。 
 
 配当金だけでは到底生活できず、換金したお金の運用で何とか暮らしています。 でもそれがリスキーだし、株もホントは銘柄を変えなくてならないのに、自分ではどうしようもなく塩漬け状態なので、なんとかしなくちゃ・・・・と思っているんですけどね。

 しかし何しろ爬虫類脳が悪さをするので、どうなるものやら・・・。
 
  1. 2016-03-31 20:21
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する