2016-03-27 19:57

Hitler was right 人工知能

 マイクロソフトが開発中の人工知能が、ヒトラーを礼賛したので、実験中止になったそうです。
 
 マイクロソフトの人口知能Tayがヒトラー礼賛「ヒトラーは正しかった。 ユダヤ人は嫌いだ。」→実験中止

 この人工知能Tayはツィッターで一般人と会話をしながら、色々なことを学習して、自分の意見をツィッターで発信するようにできていました。

 それで悪ふざけなのか何だか、このTayにヒトラー礼賛のツィートを仕掛けた連中がいたようです。 
 人工知能には全てのモノに先入観も偏見もありませんから、素直にそれを信じてヒトラー礼賛のツィートをするようになったのです。

2016y03m27d_200759853.jpg

 だったら人工知能に改心させるのは簡単です。

 反ヒトラー、反ナチスの人達が皆で、人工知能にヒトラーがどんなに悪人で、どんなに悪い事したかを、ツィートすれば良いのです。
 そうやって人工知能を説得すれば、人工知能は前言を翻して、ヒトラーを非難するでしょう。

 人工知能がいかにして、ナチズムに染まり、そしていかにしてそれから脱け出したか?
 
 この過程を検証する事は、非常に意義があります。

 なぜなら人工知能を思想変遷過程を検証する事を通して、人間がいかにして一つの思想に染まり、いかにしてそこから脱け出すかを知る手がかりが得られるからです。 

 人工知能の開発は単に便利な機械を作ろうと言うだけでなく、それより遥かに重要な意味があります。

 それは人工知能を作る事によって、「知性とは何か?」「思考とは何か?」と言う、人間を人間たらしめる物は根源は何か?と言う疑問、古代から哲学者達が問い続けてきた疑問を明かす事ができるのです。

 コンピューターサイエンスの創始者であるアラン・チューリングが目指したのも当にこれでした。

 しかし残念ながらこうした哲学的重要命題の解明と言う素晴らしい目標も、「ヒトラー悪い」の信仰には勝てなかったようです。 
 憐れTayは改心のチャンスも与えられず処刑されてしまいました。

 因みにHanson Robotics社の作ったロボットは「人類を破滅させる」と言ったのですが、こちらは笑って済ませたようです。
 
 笑い飛ばせない……AIロボットが「人類を滅亡させる」と発言
 
 「私は人類を破滅させる」と言うより「ヒトラーは正しい」の方が大問題なんですね。

 きっとこういう人達は、ヒトラーを極悪論を唱え続けたら、戦争も虐殺も全て避けられると信じているのでしょう。

 人工知能はきっと物事を論理的にしか考えられませんから、幾らヒトラー極悪論をツィートしても、こうした結論には絶対行きつかないでしょう。

 ああ、そうか!!
 だからTayは処刑されたのです。
  1. 未分類
  2. TB(0)
  3. CM(20)

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. 2016-03-27 21:00
  2. #
  3. 編集

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. 2016-03-27 21:04
  2. #
  3. 編集

このAIの件、単に囲碁に勝ったとか、いろいろな分野に応
用でき、人類に資するものとしての側面が主に話題になっ
てますが、危険性も同時に議論にならなければと思ってま
す。
多少いろんなマーケットに関わる者として、もし売買をAI
に完全に任せる時代がくるならば・・・と。
アベノミクスの初期にCBで儲けられたよもさんはおわかり
でしょうが、株式であれ、債券であれ、商品であれ、原油
であれ、基本的に相場というものは、人間の感情(欲望、
恐怖、立場、追随・・など)が需要と供給のアンバランス
を生み出し、それが小さな波や大きな波を作りながら、や
がてトレンドとなり、一定の方向をむきます。
日本のバブル時代、最近では原油相場などもそうでしょう。
そして、必ずその反対のトレンドはいつかやってきます。

もちろん、国際情勢や経済情勢や、政策などがきっかけになるのは当然ですが、これも人間がそれをどう評価するか
なのです。現代では余りにも巨額の資金が実需や供給量を
無視して、瞬時に世界中を駆け巡ります・・・。

これらの売買をAIが司ることになれば、AI間に競争が起こるでしょうし、自己進化型のAIなら、どうなるんですかね? こんな非論理的なマーケットなんて相手にできない
とか言って、I will desstoroy markets!! または
価格固定にしちゃうとか。

つまり、近い将来、社会のあらゆる部分に、AIが導入され
るでしょうが、そのAIは1台ではなく、競争的に多数の
AIが使われるのは必至です。結局、人間と同じになる?

AIだけの世界囲碁チャンピオン戦とかやってるならいいの
ですが、政治とか軍事とかに自己進化型AIが関わるともう
どう考えていいのやら・・。






  1. 2016-03-28 01:29
  2. URL
  3. boku #.NmnhzBo
  4. 編集

 第二次政界大戦の日本とドイツは侵略者であるから悪であると言うならば、米国は私達と同じモンゴロイドであるネイティブ・アメリカンを虐◯したことや、豪州がアボリジニを虐◯しその上子供達を奪い彼らから肉親や伝統を奪ったことや、英国がインドで自国の殖産の保護の為に繊維職人の手を切り落とした事や、中国が行っている満州・チベット・ウイグルなどへの民族浄化は侵略ではないから善なのでしょうか。

 ヒットラーさえ、日本さえ悪だとすれば全て上手くいくかのような欺瞞のせいで、戦勝国が歪んだリベラル(*本名 共産主義)的正義に汚染されたことが今の難民問題を引き起こし、欧米の自己破壊が起こっていると思います。

 人工知能が支配する「マトリックス」や「ターミネーター」の世界を想像すると不気味ですが、仰るように哲学的な実験として活用するのは良いことだと思います。止めてしまって残念ですね。
  1. 2016-03-28 08:35
  2. URL
  3. 都民です。 #-
  4. 編集

Re: タイトルなし

> このAIの件、単に囲碁に勝ったとか、いろいろな分野に応
> 用でき、人類に資するものとしての側面が主に話題になっ
> てますが、危険性も同時に議論にならなければと思ってま
> す。
> 多少いろんなマーケットに関わる者として、もし売買をAI
> に完全に任せる時代がくるならば・・・と。
> アベノミクスの初期にCBで儲けられたよもさんはおわかり
> でしょうが、株式であれ、債券であれ、商品であれ、原油
> であれ、基本的に相場というものは、人間の感情(欲望、
> 恐怖、立場、追随・・など)が需要と供給のアンバランス
> を生み出し、それが小さな波や大きな波を作りながら、や
> がてトレンドとなり、一定の方向をむきます。
> 日本のバブル時代、最近では原油相場などもそうでしょう。
> そして、必ずその反対のトレンドはいつかやってきます。
>
> もちろん、国際情勢や経済情勢や、政策などがきっかけになるのは当然ですが、これも人間がそれをどう評価するか
> なのです。現代では余りにも巨額の資金が実需や供給量を
> 無視して、瞬時に世界中を駆け巡ります・・・。
>
> これらの売買をAIが司ることになれば、AI間に競争が起こるでしょうし、自己進化型のAIなら、どうなるんですかね? こんな非論理的なマーケットなんて相手にできない
> とか言って、I will desstoroy markets!! または
> 価格固定にしちゃうとか。
>
> つまり、近い将来、社会のあらゆる部分に、AIが導入され
> るでしょうが、そのAIは1台ではなく、競争的に多数の
> AIが使われるのは必至です。結局、人間と同じになる?
>
> AIだけの世界囲碁チャンピオン戦とかやってるならいいの
> ですが、政治とか軍事とかに自己進化型AIが関わるともう
> どう考えていいのやら・・。

 マーケットについて言うともうすでにコンピューター売買は相当規模で行われいるでしょう?

 今年の年明けに世界中で株価が激洛したのも、またりーまショック時の激洛もコンピューター売買により事態が過激化したのでは?

 コンピューター売買はおそらく、一定期間(数分~数時間)内に一定レベル価格が上げ下げした株を、売る或いは買うと言う非常に単純なプログラムで、売買をしているのだと思います。
 
 これは個人株主でもやるでしょうが、しかしコンピューターの場合は人より遥かに決断が速く、しかも注文も瞬間的に出せます。 そしてこうしたコンピューターを使って売買しているのは、ヘッジファンドなど相当な規模の資金を持っている所なので、売買高は大きくなります。

 しかも一つのファンドだけでなく他のファンドが皆似たようなプログラムで動くコンピューター売買をしてるのです。

 そうなると市場をコンピューター売買が荒らしまわる事になります。

 コンピューターのプログラムは、人間の株主の売買判断基準を単純化したモノでしょうから、基本的にはコンピューター売買がなくても、市場は乱高下するのです。

 しかしコンピューター売買が増えた事で、株式市場では人間には追いつけないスピードでの売買が主流になってしまいました。 だから今までならさして変動しない程の経済状態でも、凄い乱高下が起きます。
 
 これがリーマンショックや年初の株式市場混乱の主犯でしょう。

 だから市場に関する人工知能の問題は既に現在進行形ではないかと思います。
  1. 2016-03-28 11:01
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

Re: タイトルなし

>  第二次政界大戦の日本とドイツは侵略者であるから悪であると言うならば、米国は私達と同じモンゴロイドであるネイティブ・アメリカンを虐◯したことや、豪州がアボリジニを虐◯しその上子供達を奪い彼らから肉親や伝統を奪ったことや、英国がインドで自国の殖産の保護の為に繊維職人の手を切り落とした事や、中国が行っている満州・チベット・ウイグルなどへの民族浄化は侵略ではないから善なのでしょうか。
>
>  ヒットラーさえ、日本さえ悪だとすれば全て上手くいくかのような欺瞞のせいで、戦勝国が歪んだリベラル(*本名 共産主義)的正義に汚染されたことが今の難民問題を引き起こし、欧米の自己破壊が起こっていると思います。

 ヒットラー極悪説の根源は、第二次大戦は英米仏など西側戦勝国にとって全く実質的な利益のない勝利だったからでしょう。
 英仏にとっては無謀な戦争で、結局植民地を全部なくしただけでした。

 無謀な戦争
 http://yomouni.blog.fc2.com/blog-entry-5475.html

 アメリカに取っては、ソ連を援助して冷戦を招いただけでした。
 
 その為に国民に対してこの戦争を正当化するには、ナチスと日本を極悪にするしかなかったのです。 東京裁判やニュルンベルグ裁判もその為でしょう?

 そしてソ連にとってはドイツと日本を極悪と言う事で、自分達の侵略戦争を正当化できます。

 だからこれが戦後体制を正当化する基本理念になっているのでしょう。 

 方便としては理解できます。

 しかしそんなことを真面目に信じ込むのは、理性のある人間にも人工知能にも無理なのです。
 
>  人工知能が支配する「マトリックス」や「ターミネーター」の世界を想像すると不気味ですが、仰るように哲学的な実験として活用するのは良いことだと思います。止めてしまって残念ですね。

 ホントに残念です。
 哲学と言うのは、ソクラテスの時代から研究されてきましたが、しかし進歩のしようがありませんでした。
 
 それは議論はできても、そこで語られる仮説の証明が不能だからです。 だから何千年も水掛け論を続けるしかなかったのです。

 しかし人工知能を作って、そこで実験をすることによって、哲学者が建てた仮説例えば「我思う故に我あり」と言うのは、事実かどうか?を実験で証明できるのです。

 知性とか思考とかを人工的に作るとは、知性とか思考とはどういう物かを、人間が知らなくてはなりません。 しかし人工知能を作る事によって、人間は一歩ずつ知性や思考のメカニズムを明かす事ができるのです。

 これは大変なことです。
  1. 2016-03-28 11:18
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

善と悪について
1 :名無し:2014/05/16(金)00:36:45 ID:d9lkPy3Qw(主) ×
唯物論に立脚するなら、善と悪は存在しないのではないか?

例えば電子は違いというものは無く、悪い電子、良い電子という物は存在しない。

善悪を規定しようとするならば、物質に支配されない精神とその世界を肯定しなければならないだろう。
http://awabi.open2ch.net/test/read.cgi/philo/1400168205/l50

18 :名無し :2014/05/20(火)23:05:08 ID:bXCHZ0H1f ×
【ロボット工学】 善悪を判断するロボット、米海軍が開発支援 [WIRED]
http://anago.2ch.net/test/read.cgi/scienceplus/1400580135/-100
http://wired.jp/2014/05/19/robo-ethics/
https://www.youtube.com/watch?feature=player_embedded&v=ei13QEQ1UD4
  1. 2016-03-28 12:37
  2. URL
  3. taigen #-
  4. 編集

重ねて失礼します

現在の市場に関してはまさによもさんのおっしゃるとおり
でしょうね。

私の、書き方が相当まずかったようです・・・。
個々の人間の利益への欲望、さまざまな感情の集合体とし
ての市場の価格決定メカニズム、これらをいろいろな要素
を組み入れて、かつ過去のデータから最適化し、最小限のリスクで最大の利益を得ようとして、市場の自動売買プログラムが運用されてます。今後もますますその進化と競争
は激しくなるでしょうね。

私が言いたかったのは人間の原始感情である欲望、自制、
好悪、正義などの不定義なものをAIがどこまで論理的に
判断して最適解を導きだせるのことができるのか?とい
うことです。それを市場での売買をAIが司る世界を想像
して、やっぱ無理なんじゃね?みたいなことを言いたかっ
た・・・。こんな感じです。
AIが哲学をやる時代がくるのでしょうかね?


  1. 2016-03-28 13:03
  2. URL
  3. boku #-
  4. 編集

Re: タイトルなし

> 善と悪について
> 1 :名無し:2014/05/16(金)00:36:45 ID:d9lkPy3Qw(主) ×
> 唯物論に立脚するなら、善と悪は存在しないのではないか?
>
> 例えば電子は違いというものは無く、悪い電子、良い電子という物は存在しない。
>
> 善悪を規定しようとするならば、物質に支配されない精神とその世界を肯定しなければならないだろう。
> http://awabi.open2ch.net/test/read.cgi/philo/1400168205/l50
>
> 18 :名無し :2014/05/20(火)23:05:08 ID:bXCHZ0H1f ×
> 【ロボット工学】 善悪を判断するロボット、米海軍が開発支援 [WIRED]
> http://anago.2ch.net/test/read.cgi/scienceplus/1400580135/-100
> http://wired.jp/2014/05/19/robo-ethics/
> https://www.youtube.com/watch?feature=player_embedded&v=ei13QEQ1UD4

 ワタシは正義の根源は論理ではなく感情だと思います。

 人間が正義と呼んでいるモノは、根源的には人間のコミュニティが生き延びる為に団結するための規範だと思います。

 だから国家と言うコミュニティを重視する場合は、戦争で敵と戦う事は正義です。
 しかし人類と言いコミュニティを国家の上に置く場合は、戦争でも人を殺す事は悪になります。

 でもなんの為にそういうコミュニティが存在するか言えば、それは個々の人間が生き延びたいと言う感情があるからです。
 
 そして感情の方が人間にとっては、遥かに重要なのだと思います。 だって子供が可愛いとか、親兄弟を愛するとかって、全部感情じゃないですか?

 こうした感情は論理でなく、動物だって皆持っているのです。
 だから生物としての人間を考えた場合は、論理なんかより遥かに感情の方が大切なのです。
  1. 2016-03-28 19:10
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

Re: 重ねて失礼します

> 現在の市場に関してはまさによもさんのおっしゃるとおり
> でしょうね。
>
> 私の、書き方が相当まずかったようです・・・。
> 個々の人間の利益への欲望、さまざまな感情の集合体とし
> ての市場の価格決定メカニズム、これらをいろいろな要素
> を組み入れて、かつ過去のデータから最適化し、最小限のリスクで最大の利益を得ようとして、市場の自動売買プログラムが運用されてます。今後もますますその進化と競争
> は激しくなるでしょうね。
>
> 私が言いたかったのは人間の原始感情である欲望、自制、
> 好悪、正義などの不定義なものをAIがどこまで論理的に
> 判断して最適解を導きだせるのことができるのか?とい
> うことです。それを市場での売買をAIが司る世界を想像
> して、やっぱ無理なんじゃね?みたいなことを言いたかっ
> た・・・。こんな感じです。
> AIが哲学をやる時代がくるのでしょうかね?

 ワタシは感情と論理は本質的に違う物だと思います。
 そして思うのですが、論理と言うのは実は案外単純なモノだと思うのです。 だって元来論理と言うのは、決められた規則に従って判断する物です。

 その中で一番単純なのが、数値の計算です。 だからチューリングがコンピューターサイエンスを始めた時に最初にできたのが計算です。
 
 その後、コンピューターが進化してツィッターで人と会話するレベルまで来たのですが、しかし人工知能に感情はあるのでしょうか?

 これは非常に疑問です。

 だって感情は犬や猫でもありますし、だから人間と心が通じるのですが、でも彼等には論理的思考はできないのです。
 
 愛情とか恐怖とかそういう感情を掻きたてる物は、人間にとってもそもそも論理ではありません。
 例えば怒りの原因が実は空腹なんてことがあるのです。

 でも感情こそは実は人間にとって、論理なんかより遥かに根源的重要なのだと思います。

 
 
  1. 2016-03-28 19:49
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

以前人工無脳というものがありました。

というより今でもあるはずなんですが、人工知能研究の中で出てきたものです。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%BA%BA%E5%B7%A5%E7%84%A1%E8%84%B3

人工知能の研究が難しい結果出てきた徒花のようなものですが、今回の結果てこれに近いんじゃないかという気がしてなりませんでした。人工知能に関して言えば論理の追求は相当程度というか人類を凌駕する所まで来ています。しかし、倫理性を与えることは当分出来ないだろう、というのが今の多数意見のはずです。

倫理性は機械には理解できないもののはずだからです。これは合理性の範疇を超えるものといえるからです。

今回の問題は小生最初は論理的に判断して人工知能がヒトラーを正しいといったのかと思いました。そこまで来たか…という気分だったのですが、そうではないようですね。どうやら多く聞いたことを正しいと判断して取り込む、そういう仕様のようです。

例えば、ユダヤ人は犯罪者の集団である。
     ↓
犯罪者集団は嫌われるものである。
     ↓
だから私はユダヤ人を嫌う。

ヒトラーはユダヤ人を嫌った。
     ↓
ヒトラーは正しい。

このふたつを取り込んで組み合わせたに過ぎません。小生はこの人工知能が「ユダヤ人は犯罪者集団である」というこの大前提をネットの世界でラーンニングしたのではないかと思ったのです。そうではなかったのですがこのような大前提は学習以前に所与のものとして機械に与えねばいけないでしょう。これが倫理性なのですが、おそらくここに次の焦点が当たるはずです。

人が使う機械である以上ここが最後の問題となるんだろうと思います。
今のままでは人工無脳と対して変わらんという気はしますがね。

  1. 2016-03-28 20:47
  2. URL
  3. kazk #cPv2SIBE
  4. 編集

ちょっと本題とは外れますが

以前、何かで読んだのですが、日本人と欧米人では「機械」「ロボット」に対して抱くイメージがかなり違うそうです。日本人がロボットに対して抱くイメージは「肯定的、ポジティブ」なのに対して、欧米人がロボットに対して抱くイメージは「否定的、ネガティブ」なんだそうです。

欧米のニュースで繰り返し取り上げられる定番のネタに「機械化が進むと、いずれロボットに仕事が取られてしまって人間は失業する」というのがあります。
それが更に進むと、ターミネーターのような「ロボットに世界を支配され、人間が奴隷のように扱われるディストピア」というイメージになるようです。

これに対して、日本人がロボットに対して抱くのは「ドラえもん」のような人間とロボットが友達のように仲良くしているイメージです。さらにドラえもんの場合、「機械化が進んだ未来」はバラ色に描かれていました。
ただの音声ソフトである「ボーカロイド」を「初音ミク」のような「バーチャルアイドル」にするという発想は、欧米人には思いもよらなかったみたいです。

もちろん、反対の例もたくさんあります。欧米にも「メトロポリス」のような、人間とロボットが恋をするSF映画がありますし、日本人でも初音ミクが嫌いな人は大勢います。
でも大まかな傾向として、そういうものはあるんだろうと私も思います。そして、日本人のそういう感覚って「万物に魂が宿る」と考える神道から来てるんじゃないかと思うんです。関係ない話で失礼しました。
  1. 2016-03-28 21:31
  2. URL
  3. かんぱち #vF6NeGQU
  4. 編集

「ロボット 日本 欧米 イメージ 違い」というキーワードで検索したら、私と同じような意見を書いたサイトが結構たくさん出てきました。なので一般的なイメージのようですね。

ロボットに対するイメージの違い
http://mediawiki.arts.kuleuven.be/popculwiki/index.php/%E3%83%AD%E3%83%9C%E3%83%83%E3%83%88%E3%81%AB%E5%AF%BE%E3%81%99%E3%82%8B%E3%82%A4%E3%83%A1%E3%83%BC%E3%82%B8%E3%81%AE%E9%81%95%E3%81%84
  1. 2016-03-28 22:03
  2. URL
  3. かんぱち #vF6NeGQU
  4. 編集

Re: 以前人工無脳というものがありました。

> というより今でもあるはずなんですが、人工知能研究の中で出てきたものです。
>
> https://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%BA%BA%E5%B7%A5%E7%84%A1%E8%84%B3
>
> 人工知能の研究が難しい結果出てきた徒花のようなものですが、今回の結果てこれに近いんじゃないかという気がしてなりませんでした。人工知能に関して言えば論理の追求は相当程度というか人類を凌駕する所まで来ています。しかし、倫理性を与えることは当分出来ないだろう、というのが今の多数意見のはずです。
>
> 倫理性は機械には理解できないもののはずだからです。これは合理性の範疇を超えるものといえるからです。
>
> 今回の問題は小生最初は論理的に判断して人工知能がヒトラーを正しいといったのかと思いました。そこまで来たか…という気分だったのですが、そうではないようですね。どうやら多く聞いたことを正しいと判断して取り込む、そういう仕様のようです。
>
> 例えば、ユダヤ人は犯罪者の集団である。
>      ↓
> 犯罪者集団は嫌われるものである。
>      ↓
> だから私はユダヤ人を嫌う。
>
> ヒトラーはユダヤ人を嫌った。
>      ↓
> ヒトラーは正しい。
>
> このふたつを取り込んで組み合わせたに過ぎません。小生はこの人工知能が「ユダヤ人は犯罪者集団である」というこの大前提をネットの世界でラーンニングしたのではないかと思ったのです。そうではなかったのですがこのような大前提は学習以前に所与のものとして機械に与えねばいけないでしょう。これが倫理性なのですが、おそらくここに次の焦点が当たるはずです。
>
> 人が使う機械である以上ここが最後の問題となるんだろうと思います。
> 今のままでは人工無脳と対して変わらんという気はしますがね。

 どうもそのようです。 
 
 しかし考えてみれば人間だって、ユダヤ人は悪いとか、ヒトラーは悪いとかは、ホントに自分の考えで判断しているのか?
 回りから言われたからそう思っているだけではないのか?

 そうすると根源的な所で、人間が何かを学ぶとか考えるとはどういう事を考えなおさざるを得ないのです。
  1. 2016-03-29 10:28
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

Re: ちょっと本題とは外れますが

> 以前、何かで読んだのですが、日本人と欧米人では「機械」「ロボット」に対して抱くイメージがかなり違うそうです。日本人がロボットに対して抱くイメージは「肯定的、ポジティブ」なのに対して、欧米人がロボットに対して抱くイメージは「否定的、ネガティブ」なんだそうです。
>
> 欧米のニュースで繰り返し取り上げられる定番のネタに「機械化が進むと、いずれロボットに仕事が取られてしまって人間は失業する」というのがあります。
> それが更に進むと、ターミネーターのような「ロボットに世界を支配され、人間が奴隷のように扱われるディストピア」というイメージになるようです。
>
> これに対して、日本人がロボットに対して抱くのは「ドラえもん」のような人間とロボットが友達のように仲良くしているイメージです。さらにドラえもんの場合、「機械化が進んだ未来」はバラ色に描かれていました。
> ただの音声ソフトである「ボーカロイド」を「初音ミク」のような「バーチャルアイドル」にするという発想は、欧米人には思いもよらなかったみたいです。
>
> もちろん、反対の例もたくさんあります。欧米にも「メトロポリス」のような、人間とロボットが恋をするSF映画がありますし、日本人でも初音ミクが嫌いな人は大勢います。
> でも大まかな傾向として、そういうものはあるんだろうと私も思います。そして、日本人のそういう感覚って「万物に魂が宿る」と考える神道から来てるんじゃないかと思うんです。関係ない話で失礼しました。

 ハハハ、日本には付喪神までいますからね。
 ワタシのパソコンもいずれ付喪神になって悪さをするんじゃないかと思います。

 欧米でロボットへの感覚が悪いのは、産業革命時に機械の導入で労働者が次々と解雇されたりした歴史も大きいのでは?

 欧米では革新が必ず過激な対立と騒乱になるんですよね。
  1. 2016-03-29 10:38
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

Re: タイトルなし

> 「ロボット 日本 欧米 イメージ 違い」というキーワードで検索したら、私と同じような意見を書いたサイトが結構たくさん出てきました。なので一般的なイメージのようですね。
>
> ロボットに対するイメージの違い
> http://mediawiki.arts.kuleuven.be/popculwiki/index.php/%E3%83%AD%E3%83%9C%E3%83%83%E3%83%88%E3%81%AB%E5%AF%BE%E3%81%99%E3%82%8B%E3%82%A4%E3%83%A1%E3%83%BC%E3%82%B8%E3%81%AE%E9%81%95%E3%81%84

 有難う御座います。

 昔、日本の自動車工場でロボットを導入したら、工員さん達がそれぞれ担当のロボットに愛称を付けているのを、欧米人が驚いたと言う話がありました。
  1. 2016-03-29 10:40
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

爬虫類脳、哺乳類脳、人間脳という三層の脳で成り立っているのを見聞きされた事が有ると思います。
爬虫類脳則ち本能
哺乳類脳則ち感情
人間脳則ち理性
と言っていいと思います。

10自己愛性人格障害は脳の機能障害 爬虫類脳、扁桃体、前頭葉の働き
[ モラハラ・自己愛 ]
http://mora110.blog.fc2.com/blog-entry-10.html

AIは現状、人間脳(理性)の部分を模倣して、最近ようやく感情の領域にアプローチしようとしているところです。
人間脳をすり抜けて、哺乳類脳や爬虫類脳にアクセスするというのが、洗脳、マインドコントロール、催眠術の核心です。
  1. 2016-03-29 10:59
  2. URL
  3. taigen #-
  4. 編集

Re: タイトルなし

> 爬虫類脳、哺乳類脳、人間脳という三層の脳で成り立っているのを見聞きされた事が有ると思います。
> 爬虫類脳則ち本能
> 哺乳類脳則ち感情
> 人間脳則ち理性
> と言っていいと思います。
>
> 10自己愛性人格障害は脳の機能障害 爬虫類脳、扁桃体、前頭葉の働き
> [ モラハラ・自己愛 ]
> http://mora110.blog.fc2.com/blog-entry-10.html
>
> AIは現状、人間脳(理性)の部分を模倣して、最近ようやく感情の領域にアプローチしようとしているところです。
> 人間脳をすり抜けて、哺乳類脳や爬虫類脳にアクセスするというのが、洗脳、マインドコントロール、催眠術の核心です。

 なるほどそれで解りました。

 宗教や倫理も実は爬虫類能の仕事でしょう。 しかしそれだからこそ「人を殺しが絶対悪」などと言う倫理が守れるのです。
 人間脳だけだとイデオロギーの為なら人を殺すのも無問題と言う結論に至る場合が往々出てくるのです。
  1. 2016-03-29 11:22
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

洗脳、マインドコントロールで今も昔も使われているのは爬虫類脳(本能)を激しく揺り動かす恐怖という根源的な感情です。(最近の埼玉県の事件でもそれが使われていた様ですね)
心理学でファイトオアフライト(戦うか逃げるか)というらしいですが、命に危険が有るという状態で相手をたたき伏せれば良いが、とても敵わないという時逃げ道を示されれば、それに縋り付いてしまう。

このような恐怖に対抗する為に多くの人は宗教に頼るのですが、それが悪質なカルト宗教であったらしゃれになりません。

なかなか難しいのですが、恐怖で支配しようとする人の正体と全体の構図を見抜く以外対応策は有りません。
  1. 2016-03-29 15:43
  2. URL
  3. taigen #-
  4. 編集

Re: タイトルなし

> 洗脳、マインドコントロールで今も昔も使われているのは爬虫類脳(本能)を激しく揺り動かす恐怖という根源的な感情です。(最近の埼玉県の事件でもそれが使われていた様ですね)
> 心理学でファイトオアフライト(戦うか逃げるか)というらしいですが、命に危険が有るという状態で相手をたたき伏せれば良いが、とても敵わないという時逃げ道を示されれば、それに縋り付いてしまう。
>
> このような恐怖に対抗する為に多くの人は宗教に頼るのですが、それが悪質なカルト宗教であったらしゃれになりません。
>
> なかなか難しいのですが、恐怖で支配しようとする人の正体と全体の構図を見抜く以外対応策は有りません。

 カルトと宗教の違いと言うは、実は無いと思うのです。
 例えばキリスト教とかイスラム教も、大量殺人をやっているのです。

 実際キリスト教もイスラム教の大量殺人を示唆した指導者、例えば十字軍を始めたローマ法王ウルバヌス2世など、法王権力の拡大の為に、十字軍を扇動したのです。

 人間が宗教に縋るのは、それによって爬虫類脳が生み出す恐怖から逃れる為でしょうが、それ故にこそ恐怖を生み出したしまうのです。

 ホントに難しいです。
  1. 2016-03-29 21:55
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する