2016-03-26 19:28

反差別ファシズムの行き着く果て

 先日反差別ファシズム(反差別ファシズム トランプ)についてエントリーしたところ、コメントでこんな記事を教えてくださいました。

 寛大さが裏目に?移民大国オランダが“差別合戦”の地に…なぜ人々は荒んでしまったのか?

 内容はまさにこのタイトルの通りです。

 しかしワタシはこれは当然の結末だと思います。
 だってこの記事の一部を読めばわかります。

001

◆「差別合戦」
 実はオランダでは、人を差別することはれっきとした犯罪だ。たとえば、差別的発言や行為を継続し行った者は、最長で2年の懲役となる。国民もそこは心得ており、国籍や宗教に起因する差別を公にしないことを遵守してきた。しかし、こうした「法」にある意味で守られているお蔭で、言いたい放題の外国人が増大したことも事実である。

 たとえば、就職に失敗したのは、「面接時に●●人の子孫だから、と差別されたため」とか、試験に落とされたのは、「苗字が外国風だったから」といった、難癖とも思われる理由から訴訟を起こす者が後を絶たない。こういった、差別を「利用」し己の立場を守る外国人たちの抵抗には、もはや我慢がならぬとするオランダ人たちが、さらに声高に外国人排斥を叫ぶようになり、まさに「差別合戦」といった様を呈しているのが現状だ。


009

 差別に刑事罰があるのです。
 そしてこうした反差別ファシズムの法律を利用して、スラップ訴訟を行う移民や移民の子孫が沢山いるわけです。 

 さてこのような場合、普通の人々はどう対応するのでしょうか?
 
 簡単です。
 移民や移民の子孫など、反差別法の対照になりそうな人々とは、できる限り関わらないようにするのです。

 例えば中小企業や就職担当者や個人企業の経営者が、従業員を雇いたい場合には、できる限りコネを使います。 友人知人に声をかけて、こうした問題を起こさない人、できたら移民や移民の子孫でない人を雇います。

 移民や移民の子孫とは友達付き合いも避けます。

 だって幾ら仲の良い友達同士でも、何か加減で感情が行き違い喧嘩になる事はあります。 純粋なオランダ人同志ならタダ喧嘩別れしてオシマイですが、もし移民や移民の子孫だと「差別発言をされた」などと訴訟を起こされるかも知れません。

017

 差別の定義って何でしょうか?

 ワタシは実はこれを法務省に電話をして聞いたのです。 そうしたら「差別された方が差別と感じたら差別」だと言われました。
 これだと友達同士の気楽なおしゃべりでも、普通に差別と言う事にできます。

 そして小さな会社の従業員採用の為の面接、友達同士のおしゃべりや口論など、記録を取るわけもないので、裁判になれば「差別された」「イヤそんなつもりはない」と延々と水掛け論を続ける事になります。

 こうなると裁判官がどんな判決を出すかは、予測不能です。
 そもそも一般の人にとって訴訟は経済的にも精神的にも大変な負担です。
 
 だから幾ら差別意識がなくて善良な人でも「人種や宗教に分け隔てなく、多くの人と付き合う」なんて事は、危険千万なのです。
 そんなことをしていたら、ある日突然「レイシスト」と言われて投獄され、社会から抹殺されるかも知れません。

 だから移民など「被差別側」と認定されるような人々とは、腫物に触るように対応するしかないのです。

 こんなリスクを犯せる人は、バックに強力な政治勢力があって、こうした訴訟に対応してくれる人ぐらいでしょう。

032

 実はこの記事を紹介して下さった方が、スェーデン在住の日本女性のブログも紹介してくださいました。

 スウェーデン生活 理想的じゃなくても良いかしら?

 
 日本では福祉国家の理想のように言われるスェーデンの実生活を簡潔にしかし大変鋭くリアルに描いているので、ワタシは過去に遡って殆ど全部読みました。

 そこでこのブログ主が書いているのですが、スェーデンはコネ社会でしかも外国人に対しては大変閉鎖的だと言う事です。
 
 コネが無い限り良い就職口は見つからない。
 しかしコネを作ろうにも、スェーデン人と個人的に親しくなるのは、非常に難しい。
 日本人で何年もスウェーデンに暮らしていても、スェーデン人の友達が一人もできない人もいる。

 このスウェーデン在住の外国人はこれを「壁」と言うそうです。
 
 だって仕方がありません。
 外国人は腫物なのです。

 下手に親しくなって、後で揉めて「差別した」と言われたら、社会的に抹殺されてしまいます。 だから余計な接触はひたすら避けるしかないのです。

 これが反差別ファシズム社会でも処世術です。

026

 ヒトラーの悪口を言ったら、ゲシュタポに逮捕されるナチス政権下のドイツと同じです。 
 スターリンを批判したら、秘密警察に逮捕されるソ連と同じです。
 
 違うのは批判したり悪口を言ったりしてはイケナイ相手が、移民とか移民の子孫だと言うだけです。

 当然ですが社会はひたすら陰険で閉鎖的になって行きます。
 そうなると行きつく果ては部族国家ではないでしょうか?

 つまり個人対個人で他民族他人種に関わると、「差別」として投獄される危険が多きいので、他民族他人種と関わる場合は地縁血縁で強固なコミュニティを作り、団結して対応するのです。
 他民族他人種に対抗するためのコミュニティですから、当然極めて排他的になります。

 そしてこのコミュニティ内のコネが、非常に重要になりますから、有力なコミュニティに所属できない人は全く浮かび上がる事ができなくなります。

 何この差別社会!!

027

 そしてコミュニティ同士の反目が起きますから、民主主義も破綻します。
 だって民主主義国家って、全て国民が連帯感と信頼感を持つことで、成り立つのです。 
 
 民主主義って多数決で物事が決まりますから、少数派は絶対不利、多数派は絶対有利になります。 国民として連帯感や信頼感のコミュニティ同士ではこんな制度が無事に済むはずがないのです。

 多数派は横暴を極め、少数派がこれに憤激して武装闘争!! 

 実際中東の国々は、独裁者が強権的に部族間の利害調整をしていましたが、これを止めて民主制を目指したら果てしない内戦に突入したのです。

033

 つまり哀しいけれど、反差別ファシズム社会=権力によって暴力的に差別を禁止する社会では、差別はなくならないのです。

 それどころか自由も民主主義もなくなるけれど、差別だけは残るのです。
 
 だって仕方がありません。
 なるほど差別は悪い事です。 
 道徳的は全くその通りです。

 人は全ての属性に関係なく、他の人を評価するべきです。

 しかしそんなことホントにできますか?
 人間と言うのは結局根拠のない好悪や愛憎に生きる動物じゃないですか?
 
 民族にも人種にも固有の個性があるから、民族や人種と言う概念が生まれるのです。
 そして反差別ファシズムを推進する人達も、民族の伝統や文化は守れと言います。

 でも個性があるモノなら、当然それに対する好悪・愛憎が出てくるです。

040
 
 ドイツオペラは好きだけれど、イタリアオペラは今一。
 ロシア文学は好きだけれど、イギリス文学は嫌い。
 和牛は美味しいけれど、韓国牛は不味い。

 こうした好悪愛憎と差別はどう区別するんですか?
 
 「韓国牛は不味いと言うはヘイト」だと言う人もいますが?

 反差別ファシズムはこうした好悪愛憎を全部禁止しようと言う発想ではありませんか?
 しかも国家権力を使って暴力的に禁止しようと言う発想でしょう?

 しかしこれは元来人間の本性に反する物で、これを強制したら最終的には思想信条宗教の自由や精神の自由と言った人間の自由をすべて奪われる事になります。

 だからそんなことはできないのです。
 もしもそんなことをすれば、個人の人格も社会も壊す事になります。

038
 
 元来、民主主義国家が国民に保障する平等は、法の下の平等、機会の平等だけなのです。
 しかし個人商店の従業員採用にまで、人種や民族の平等を強制すると言うのは完全に法の下の平等や機会の平等の範囲を超えているのです。

 しかし現在のヨーロッパの一部の国では、反差別を掲げれば、全ての自由を奪えるようです。
 
 これは明らかにファシズムであり、人間の自由を奪う闇黒社会なのです。 
 
 なるほど差別は悪い事です。
 しかし道徳的に悪いと言う理由だけで、それを法で禁止すれば社会が良くなるわけではないのです。

 そんなことは歴史的何度も証明されているではありませんか?
 ところが反差別に関してはそんな教訓もあらばこそ、ひたすら暴力的禁止を図りたい人々がいるのです。

 彼等の本当の望みは何でしょうか?

041
 
 嘗て共産主義国家は、経済的平等を暴力的実現しようとしたために闇黒社会になりました。
 しかし結局人は平等なるどころか、共産党の奴隷になっただけです。

 反差別ファシズムだって平等を目指す点でも、またそれを暴力的に実現しようとしている点でも共産主義と同じです。  けれど人間の本性に反する社会が人を幸福にするわけもありません。

 日本は絶対にこんな社会にしてはいけません。
  1. レイシスト
  2. TB(0)
  3. CM(12)

コメント

そろそろ日本も法律が出来そうですね。今現在、在日と険悪さが増してきてるのはテレビなど表立ったメディアでいっさい在日批判が封じられ、日本人ばかり叩かれていることの理不尽さが原因のひとつなのに、罰せられるとなったらさらに悪化するのは目に見えてますね。くだらない法律作るより、逆に公に批判が出来るようにした方がよっぽど風通しが良くなって、対等に喧嘩してそこそこは仲良くなれるかもしれません。それは朝鮮民族の望む、日本人は一生ウリに申し訳ありませんと土下座しながらウリのために尽くすという仲良さとは違うので彼らは容認しないでしょうが。

人間の気持ちは規制できないのに、一方の不快感で差別だと言えば規制できるようにするというのは地獄のような未来しか思い浮かびません。まなざし村と揶揄されるフェミニストは男性が女性を性的に見るのが許せないとか。萌え絵を愛でるオタクを嫌悪したり、AV女優は搾取されてる、そもそもAVの需要そのものが悪と。アメリカのアジア人が着物イベントを文化剽窃主義だと抗議して取りやめ。そんなこと言ったら日本の古典少女漫画の名作なんて西洋を舞台にとんでもない話が多いです発禁です。日本の非キリスト教徒はクリスマス禁止です。蝶々夫人やアイーダも禁止です。バレンタインチョコは多くの男性を傷つけるので禁止です。メロドラマは実際の男性とかけ離れた男性像を性的に消費するので禁止。BLはもちろん禁止。ミスコンも禁止イケメンコンテストも禁止。
何も表現できない無味乾燥でビクビクした不信感で充満した世界。
  1. 2016-03-27 02:17
  2. URL
  3. こきち #97nXsu5.
  4. 編集

Re: タイトルなし

> そろそろ日本も法律が出来そうですね。今現在、在日と険悪さが増してきてるのはテレビなど表立ったメディアでいっさい在日批判が封じられ、日本人ばかり叩かれていることの理不尽さが原因のひとつなのに、罰せられるとなったらさらに悪化するのは目に見えてますね。くだらない法律作るより、逆に公に批判が出来るようにした方がよっぽど風通しが良くなって、対等に喧嘩してそこそこは仲良くなれるかもしれません。それは朝鮮民族の望む、日本人は一生ウリに申し訳ありませんと土下座しながらウリのために尽くすという仲良さとは違うので彼らは容認しないでしょうが。
>
> 人間の気持ちは規制できないのに、一方の不快感で差別だと言えば規制できるようにするというのは地獄のような未来しか思い浮かびません。まなざし村と揶揄されるフェミニストは男性が女性を性的に見るのが許せないとか。萌え絵を愛でるオタクを嫌悪したり、AV女優は搾取されてる、そもそもAVの需要そのものが悪と。アメリカのアジア人が着物イベントを文化剽窃主義だと抗議して取りやめ。そんなこと言ったら日本の古典少女漫画の名作なんて西洋を舞台にとんでもない話が多いです発禁です。日本の非キリスト教徒はクリスマス禁止です。蝶々夫人やアイーダも禁止です。バレンタインチョコは多くの男性を傷つけるので禁止です。メロドラマは実際の男性とかけ離れた男性像を性的に消費するので禁止。BLはもちろん禁止。ミスコンも禁止イケメンコンテストも禁止。
> 何も表現できない無味乾燥でビクビクした不信感で充満した世界。

 法案の話は昨日突然出てきましたね。

 ワタシはこれは朝鮮学校の補助金カットとセットだと思います。 つまり政府側が「差別する意思はない」と言うアピールをしたいのです。

 だからこれは多分そう危険な法案にはならないとは思います。

 しかしこうした余計な政治的配慮から、重大な結果が生まれる事のあるので、気を付けるべきでしょう。
  1. 2016-03-27 09:48
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

 >当然ですが社会はひたすら陰険で閉鎖的になって行きます。
 そうなると行きつく果ては部族国家ではないでしょうか?

※この部分を見て私は中華人民共和国を想起しました。
それ以前でもコネ社会でしたが、文化大革命の時の密告制度で血縁関係者ですら信用出来なくなるところまで行き着きました。
逆に血縁が無くても信頼関係を結んだ義兄弟となり、それが拡大して青幇や紅幇のような組織となります。
中国共産党も巨大な幇だと言えるでしょう。中国人民解放軍は中国共産党の私兵であり、中華人民共和国は国民国家ではありません。
私も中国共産党は大嫌いですが、中国共産党というタガが外れたら、 金 美齢さんが言っておられたブラックホールの如きカオスが生じるのではないかという不安が有ります。
  1. 2016-03-27 10:25
  2. URL
  3. taigen #-
  4. 編集

Re: タイトルなし

>  >当然ですが社会はひたすら陰険で閉鎖的になって行きます。
>  そうなると行きつく果ては部族国家ではないでしょうか?
>
> ※この部分を見て私は中華人民共和国を想起しました。
> それ以前でもコネ社会でしたが、文化大革命の時の密告制度で血縁関係者ですら信用出来なくなるところまで行き着きました。
> 逆に血縁が無くても信頼関係を結んだ義兄弟となり、それが拡大して青幇や紅幇のような組織となります。
> 中国共産党も巨大な幇だと言えるでしょう。中国人民解放軍は中国共産党の私兵であり、中華人民共和国は国民国家ではありません。
> 私も中国共産党は大嫌いですが、中国共産党というタガが外れたら、 金 美齢さんが言っておられたブラックホールの如きカオスが生じるのではないかという不安が有ります。

 そうですね、 ワタシも中国共産党が崩壊した後の中国は怖いです。 
 
 文字通り「天下麻の如く乱る」と言う状態になるでしょうが、しかしそうなると大量の原発や核ミサイルの管理はどうなるのか?

 核兵器のある春秋戦国時代に突入は、想像するだに恐ろしいです。
  1. 2016-03-27 11:05
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

差別の定義

>差別の定義って何でしょうか?
>・・・法務省に電話をして聞いたのです。
>「差別された方が差別と感じたら差別」だと言われました。

本当ですか?
客観性を重視する法を司る部署の人間が、こういうことを言うなんて信じられないです。
究極のファシズムです。

ファシズムは段階を経て進化します。
「私は差別発言をしない」⇒「私は差別発言を非難する」(ここまでは許容範囲として)
⇒「他人に差別発言をさせない」⇒「他人の差別発言者を禁じる・罰する」
そして最後に⇒「差別発言かどうかは私が決める」になるわけです。

おそらくこの法務省の考えは、差別だと騒がれないようにするべきだ、と言いたいのでしょう。
つまり「面倒を起こすな」ということです。
こういう典型的なお役所仕事が、反差別ファシズムをのさばらしてきたのでしょう。
  1. 2016-03-27 14:45
  2. URL
  3. 道草人 #-
  4. 編集

文明人と未開人

えっと、オランダの記事を貼ったのは私ですが、スウェーデンのブログを貼ったのは私ではありません。スウェーデンのブログを見てみたらコメント欄に「名無しの権兵衛」さんのお名前があったので、よもぎねこさんに紹介されたのは名無しの権兵衛さんじゃないでしょうか。

スウェーデンのブログ、おもしろいですね。私もかなり読み進んでしまいました。そうしたらコメント欄でドイツ人の方が日本語で書いているブログが紹介されていました。

ロルちゃんのブログ
http://roruchan777.blogspot.jp/

こちらも「多文化強制」に反対するブログです。私は知りませんでしたが人気ブログのようですね。コメント欄が賑やかです。
思えば、かつて「人種の坩堝(Melting Pot)」といわれたアメリカでも、異なる文化的背景の人達が交わらずに、それぞれのコミュニティーを作って住み分けているので、今では「人種のサラダボウル(Salad Bowl)」と呼ばれるようになったんでしたね。

私は地元自治体がやっている日本語教室の手伝いなどもしていたので、これまでに発展途上国を中心に20ヶ国くらいの人と出会いました。
発展途上国から来た人達は、そもそも将来のことを考えて計画的に物事を進めるという事ができません。本当に行き当たりばったりの行動や生活をしている人が多いです。はじめは「祖国が政情不安で、将来のことを考える余裕のない環境のせいだろう。」と思っていました。しかし、彼らと長く付き合っていると原因と結果が逆であることに気がつきます。発展途上国というのは、国民が目先のことしか考えないで行動するからいつまで経っても発展できないのです。

また、先進国では「ルールを守る」「約束を守る」「時間を守る」「嘘をつかない」などは当たり前の事ですが、発展途上国から来た人達にはこれがなかなかできません。逆に「決まりは決まりだから」という態度を取ると、発展途上国の人達は「冷たい」と感じるようです。
中国へ行くと街のいたる所に標語やスローガンが掲げられています。今は政治的なスローガンなどは無くて「ゴミを捨てるな」「交通ルールを守ろう」といったものばかりです。それでも中国人民は誰も守りません(笑)。

先進国の豊かで便利で安全で清潔な生活を享受するには、身に着けておかなければならない素養がたくさんあるわけです。それらが身に着いていなければ社会の底辺で生活せざるを得ません。さらに日本では日本語を自在に操れないと事務職には就けません。漢字が読めなければ接客業も厳しいでしょう。私は「日本の生活は疲れる」と言って祖国に帰っていった人達もたくさん見ました。

私は人文系の学部出身で、大学では民俗学や文化人類学の講義も受けましたが、よく聞いたのが「文化に優劣はない」という言葉でした。しかし、この世界には現実に文明人と未開人がいるのです。
未開人の国から来た人達は、先進国ではなぜこれほど豊かで便利で安全で清潔な社会が実現できているのかがわかっていません。「物事には原因があって結果がある」ということをわかっていないのです。
発展途上国から来た人に熱心に宗教を信じている人が多いのは、「物事には原因があって結果がある」という事をわかっていないからじゃないかと最近思うようになりました。物事の因果関係がわからなければ先の事を予想することができず、「全ては神様や仏様の思し召しだ」と考えるようになるんじゃないかと思うのです。

般若心経など読むと、仏陀が開いた悟りの内容って、まさに「物事には原因があって結果があるのだ=因果応報」という事なのです。これをわかっているかどうかが文明人と未開人の分かれ目なんだと思います。
おそらく未開人は、自分達がなぜ文明人に嫌われるのかがわかっていないのです。だから何でもかんでも『差別』のせいにするんじゃないかと思います。
  1. 2016-03-27 14:52
  2. URL
  3. かんぱち #vF6NeGQU
  4. 編集

スウェーデンを見習え!

>地縁血縁で強固なコミュニティを作り、団結して対応するのです。

 これぞ我が国も見習っていかねばならないことです。サヨク・反日勢力が日夜日本破壊活動に勤しんだお蔭で、地縁・血縁・会社の縁もバラバラにされ続けて来ました。それなのにサヨク・南北朝鮮・ウリスト教等々は、それぞれ組合やコミュニティーで団結しその反日の遺伝子を持つ「細胞」をマスコミ・政治・教育・行政・生協・共済組合等々に増殖させて今に至ります。すっかり巨大な「既得権益」の出来上がりですね!

>でも個性があるモノなら、当然それに対する好悪・愛憎が出てくるです。

 本当にそう思います。南北朝鮮に対して何とか興味を持ち、なるべく好きになろうと無駄な努力をしてみましたが、ど~~~しても興味が持てないし知れば知るほど嫌いなのが酷くなりました。それとは逆に、英国がいくら腹黒で差別主義者なのを日々学習しても、やっぱり面白いし好きな国(♡キャメちゃん)です。

 何を好きか嫌いかは、相手に暴力を振うのでなければ、いちばん大事にしなければならない個人の自由です。それを少数民族だから、可哀想だから好きにならなくてはいけないなんていうのはファシズムの極致です。ポリティカル・コレクトというのは、人の心のとても深い部分に土足で踏み込むような暴挙に当ると思います。でもこれが共産主義の目指す世界同時革命のユートピアなのでしょうか? ・・・・・・ 寒気がしてきました。

  1. 2016-03-27 15:41
  2. URL
  3. 都民です。 #-
  4. 編集

Re: 差別の定義

> >差別の定義って何でしょうか?
> >・・・法務省に電話をして聞いたのです。
> >「差別された方が差別と感じたら差別」だと言われました。
>
> 本当ですか?
> 客観性を重視する法を司る部署の人間が、こういうことを言うなんて信じられないです。
> 究極のファシズムです。

 本当です。 差別って他に定義不能なのです。
 
 そして個人が個人に対する差別は禁止するのはどのような法によるのかもわかりません。
 
 もし個人同志での差別を禁止するなら、男女差別を明確している儒教や、イスラム教などは禁止するべきです。
 勿論他宗教を絶対的に否定している一神教は全て禁止するべきです。

 そういう問題も含めて、法務省や人権擁護局に電話で聞いたのですが、実にあやふやな答えしか得られていません。

> ファシズムは段階を経て進化します。
> 「私は差別発言をしない」⇒「私は差別発言を非難する」(ここまでは許容範囲として)
> ⇒「他人に差別発言をさせない」⇒「他人の差別発言者を禁じる・罰する」
> そして最後に⇒「差別発言かどうかは私が決める」になるわけです。
>
> おそらくこの法務省の考えは、差別だと騒がれないようにするべきだ、と言いたいのでしょう。
> つまり「面倒を起こすな」ということです。
> こういう典型的なお役所仕事が、反差別ファシズムをのさばらしてきたのでしょう。

 全くその通りだと思います。 反差別ファシズムだけでなく、ファシズムってこうした事なかれ主義の中で進行するのです。
  1. 2016-03-27 17:48
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

Re: 文明人と未開人

> えっと、オランダの記事を貼ったのは私ですが、スウェーデンのブログを貼ったのは私ではありません。スウェーデンのブログを見てみたらコメント欄に「名無しの権兵衛」さんのお名前があったので、よもぎねこさんに紹介されたのは名無しの権兵衛さんじゃないでしょうか。

 すみません。 勘違いしていいました。

> スウェーデンのブログ、おもしろいですね。私もかなり読み進んでしまいました。そうしたらコメント欄でドイツ人の方が日本語で書いているブログが紹介されていました。
>
> ロルちゃんのブログ
> http://roruchan777.blogspot.jp/
>
> こちらも「多文化強制」に反対するブログです。私は知りませんでしたが人気ブログのようですね。コメント欄が賑やかです。
> 思えば、かつて「人種の坩堝(Melting Pot)」といわれたアメリカでも、異なる文化的背景の人達が交わらずに、それぞれのコミュニティーを作って住み分けているので、今では「人種のサラダボウル(Salad Bowl)」と呼ばれるようになったんでしたね。

 人種差別反対が根付いたのに、坩堝からサラダになったわけです。
  
> 私は地元自治体がやっている日本語教室の手伝いなどもしていたので、これまでに発展途上国を中心に20ヶ国くらいの人と出会いました。
> 発展途上国から来た人達は、そもそも将来のことを考えて計画的に物事を進めるという事ができません。本当に行き当たりばったりの行動や生活をしている人が多いです。はじめは「祖国が政情不安で、将来のことを考える余裕のない環境のせいだろう。」と思っていました。しかし、彼らと長く付き合っていると原因と結果が逆であることに気がつきます。発展途上国というのは、国民が目先のことしか考えないで行動するからいつまで経っても発展できないのです。
>
> また、先進国では「ルールを守る」「約束を守る」「時間を守る」「嘘をつかない」などは当たり前の事ですが、発展途上国から来た人達にはこれがなかなかできません。逆に「決まりは決まりだから」という態度を取ると、発展途上国の人達は「冷たい」と感じるようです。
> 中国へ行くと街のいたる所に標語やスローガンが掲げられています。今は政治的なスローガンなどは無くて「ゴミを捨てるな」「交通ルールを守ろう」といったものばかりです。それでも中国人民は誰も守りません(笑)。
>
> 先進国の豊かで便利で安全で清潔な生活を享受するには、身に着けておかなければならない素養がたくさんあるわけです。それらが身に着いていなければ社会の底辺で生活せざるを得ません。さらに日本では日本語を自在に操れないと事務職には就けません。漢字が読めなければ接客業も厳しいでしょう。私は「日本の生活は疲れる」と言って祖国に帰っていった人達もたくさん見ました。

 なるほどね。
 ヨーロッパでも近世の頃までは、ルールは守らない、約束を守らない、嘘を吐くって普通だったようです。 王侯貴族でもそうです。 因みに時計が無い時代だから、時間はそもそもまもりようがありません、
 たまに結構正直に約束を守ると「騎士道の鑑」と讃えられる有様でした。

 ワタシはいつも途上国の人達って、実は近代以前の人達だと思っています。
 その意味では日本人だって昔は途上国の人間だったのです。

 問題は今の途上国の人達が、何処まで近代社会に適応できるかです。 日本や欧米に行っても、近代人の行動規範が身につかなければ、結局成功する事はできないのです。

> 私は人文系の学部出身で、大学では民俗学や文化人類学の講義も受けましたが、よく聞いたのが「文化に優劣はない」という言葉でした。しかし、この世界には現実に文明人と未開人がいるのです。
> 未開人の国から来た人達は、先進国ではなぜこれほど豊かで便利で安全で清潔な社会が実現できているのかがわかっていません。「物事には原因があって結果がある」ということをわかっていないのです。
> 発展途上国から来た人に熱心に宗教を信じている人が多いのは、「物事には原因があって結果がある」という事をわかっていないからじゃないかと最近思うようになりました。物事の因果関係がわからなければ先の事を予想することができず、「全ては神様や仏様の思し召しだ」と考えるようになるんじゃないかと思うのです。

 そうですね。 ワタシも文化の優劣はないと思います。
 しかしお金儲けに有利な文化と不利な文化、別な社会に適応しやすい文化としにくい文化はあると思います。 だから移民が自分達の文化を保持し続けたら、民族毎に経済的社会的地位に差が出るのは当然でしょう。
 
> 般若心経など読むと、仏陀が開いた悟りの内容って、まさに「物事には原因があって結果があるのだ=因果応報」という事なのです。これをわかっているかどうかが文明人と未開人の分かれ目なんだと思います。
> おそらく未開人は、自分達がなぜ文明人に嫌われるのかがわかっていないのです。だから何でもかんでも『差別』のせいにするんじゃないかと思います。

 これは個人でも同じですが、社会に適応できる人間は、適応できない人がなぜ適応できないかを見抜くのは簡単ですが、しかし適応できない人は、自分がなぜ適応できないのかがわからないのです。

 だから適応できない人達は苦しいのです。
 それが宗教に縋る原因にもなるのでしょうね。
 
 しかしこうした人達を大量に抱え込むと社会は混乱するでしょうね。
 ヨーロッパはこれから滅茶苦茶になるんじゃないでしょうか?
  1. 2016-03-27 18:08
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

Re: スウェーデンを見習え!

> >地縁血縁で強固なコミュニティを作り、団結して対応するのです。
>
>  これぞ我が国も見習っていかねばならないことです。サヨク・反日勢力が日夜日本破壊活動に勤しんだお蔭で、地縁・血縁・会社の縁もバラバラにされ続けて来ました。それなのにサヨク・南北朝鮮・ウリスト教等々は、それぞれ組合やコミュニティーで団結しその反日の遺伝子を持つ「細胞」をマスコミ・政治・教育・行政・生協・共済組合等々に増殖させて今に至ります。すっかり巨大な「既得権益」の出来上がりですね!
>
> >でも個性があるモノなら、当然それに対する好悪・愛憎が出てくるです。
>
>  本当にそう思います。南北朝鮮に対して何とか興味を持ち、なるべく好きになろうと無駄な努力をしてみましたが、ど~~~しても興味が持てないし知れば知るほど嫌いなのが酷くなりました。それとは逆に、英国がいくら腹黒で差別主義者なのを日々学習しても、やっぱり面白いし好きな国(♡キャメちゃん)です。
>
>  何を好きか嫌いかは、相手に暴力を振うのでなければ、いちばん大事にしなければならない個人の自由です。それを少数民族だから、可哀想だから好きにならなくてはいけないなんていうのはファシズムの極致です。ポリティカル・コレクトというのは、人の心のとても深い部分に土足で踏み込むような暴挙に当ると思います。でもこれが共産主義の目指す世界同時革命のユートピアなのでしょうか? ・・・・・・ 寒気がしてきました。

 マジにワタシはこのポリティカル・コレクトネスって言葉を初めて聞いた時は「スターリン時代の話?」って思いました。
 スターリン時代のソ連など、党の方針に合う姿勢、つまりポリティカル・コレクトネスが生死に関わりました。

 しかしアメリカでそれやるなんて!!

 だからトランプ支持が増えるのです。
  1. 2016-03-27 18:12
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

小生の友人に

某大学で憲法学の講師をしてる人がいます。
専門は平等権の再構成というものです。

差別というと問題は平等取り扱いの問題になりうが。憲法学を少し詳しく勉強すると平等という問題、一筋縄ではいかない問題なのです。まずアタリマエのことですが平等は憲法14条に規定されてますがこれは前後が権利とされてるのに法の下の平等とされ「すべて国民は、法の下に平等であって、人種、信条、性別、社会的身分又は門地により、政治的、経済的又は社会的関係において、差別されない。」と規定されます。まともに読めば権利ではないのです。

これを権利と再構成できないかというのが彼の研究テーマでしたがまあこんなんだろうというのが仲間内を含めた多数意見でした。

まず、皆んな簡単に権利といいますが、権利には国家に対して要求する権利たる自由権があります。言論の自由とか何とか、かなりはここに含まれます。これは国家に対して要求するものですから平等の観念もそう難しくありません。平等取り扱いを求めるというものでしか無いからです。ですから多くの場合平等権侵害ではなく各権利の侵害という構成を取り国を訴えることになります。基本的にここまでしか出来ないだろうというのが大方の考えです。

ヘイトなんたらというのは国が率先して民族的悪意を煽るような言論をするな、という問題ならばまだ簡単です。それに対する是正を求めるために国家賠償法でも使えば宜しい。

ではさらに一般人がなしてる言論を是正させるということが出来るかというもんだになるとどうか。一気に難しくなります。まず、個人が個人に対してできるのはそれが犯罪となる場合のみです。具体的には名誉毀損や威力業務妨害くらいくらいしかありません。プライバシーの侵害などは刑事上規定ができないので事実上規制できません。更にこれが悪意言論となればどうか、実質は不可能でしょう。言論の自由の侵害になるからです。

例えば在特会のデモに対してカウンターをかけるというのは本来カウンターを規制しなくてはいけません。在特会の言論の自由を守れないからです。しばき隊がやりたければ別な日にデモやればよろしい。それしか出来ないはずです。これを妨害するというのは結局聞きたく無いから言わせないということになります.これは悪質な妨害行為なのです。

在特会と朝鮮学校の訴訟では在特会側の行為は威力業務妨害を構成し民法上の損害賠償義務と工の差し止めということになりました。品がないことをやるとこうなるわけです。あの事件は在特会側の確信犯事例ですからああなりました。まあ単なるヘイトスピーチではありまえんでしたからね。

更に今度これが民間同士の問題ではどうなるでしょう。日本語をうまくしゃべれない人間が仕事につけない、この場合に民間の取り扱いが差別となるでしょうか。

こんな事誰が考えてもわかることです。不適格だから採用しない、これで終わりになります。ここに差別のなんたら、等と言ってきたらもう終わりでしょう。経済的自由を含む全ての権利の規制が可能になります。

実はこれが社会主義なんですがね。とにかくこの手の平等の膨張というのは憲法上の病理現象と考えたほうがいいのです。
  1. 2016-03-28 20:28
  2. URL
  3. kazk #cPv2SIBE
  4. 編集

Re: 小生の友人に

> 某大学で憲法学の講師をしてる人がいます。
> 専門は平等権の再構成というものです。
>
> 差別というと問題は平等取り扱いの問題になりうが。憲法学を少し詳しく勉強すると平等という問題、一筋縄ではいかない問題なのです。まずアタリマエのことですが平等は憲法14条に規定されてますがこれは前後が権利とされてるのに法の下の平等とされ「すべて国民は、法の下に平等であって、人種、信条、性別、社会的身分又は門地により、政治的、経済的又は社会的関係において、差別されない。」と規定されます。まともに読めば権利ではないのです。
>
> これを権利と再構成できないかというのが彼の研究テーマでしたがまあこんなんだろうというのが仲間内を含めた多数意見でした。
>
> まず、皆んな簡単に権利といいますが、権利には国家に対して要求する権利たる自由権があります。言論の自由とか何とか、かなりはここに含まれます。これは国家に対して要求するものですから平等の観念もそう難しくありません。平等取り扱いを求めるというものでしか無いからです。ですから多くの場合平等権侵害ではなく各権利の侵害という構成を取り国を訴えることになります。基本的にここまでしか出来ないだろうというのが大方の考えです。
>
> ヘイトなんたらというのは国が率先して民族的悪意を煽るような言論をするな、という問題ならばまだ簡単です。それに対する是正を求めるために国家賠償法でも使えば宜しい。
>
> ではさらに一般人がなしてる言論を是正させるということが出来るかというもんだになるとどうか。一気に難しくなります。まず、個人が個人に対してできるのはそれが犯罪となる場合のみです。具体的には名誉毀損や威力業務妨害くらいくらいしかありません。プライバシーの侵害などは刑事上規定ができないので事実上規制できません。更にこれが悪意言論となればどうか、実質は不可能でしょう。言論の自由の侵害になるからです。
>
> 例えば在特会のデモに対してカウンターをかけるというのは本来カウンターを規制しなくてはいけません。在特会の言論の自由を守れないからです。しばき隊がやりたければ別な日にデモやればよろしい。それしか出来ないはずです。これを妨害するというのは結局聞きたく無いから言わせないということになります.これは悪質な妨害行為なのです。
>
> 在特会と朝鮮学校の訴訟では在特会側の行為は威力業務妨害を構成し民法上の損害賠償義務と工の差し止めということになりました。品がないことをやるとこうなるわけです。あの事件は在特会側の確信犯事例ですからああなりました。まあ単なるヘイトスピーチではありまえんでしたからね。
>
> 更に今度これが民間同士の問題ではどうなるでしょう。日本語をうまくしゃべれない人間が仕事につけない、この場合に民間の取り扱いが差別となるでしょうか。
>
> こんな事誰が考えてもわかることです。不適格だから採用しない、これで終わりになります。ここに差別のなんたら、等と言ってきたらもう終わりでしょう。経済的自由を含む全ての権利の規制が可能になります。
>
> 実はこれが社会主義なんですがね。とにかくこの手の平等の膨張というのは憲法上の病理現象と考えたほうがいいのです。

 仰る通りだと思います。

 法の下の平等は民主主義の根源だし、実現も簡単です。
 つまり公民権とか、公務員の採用とかで、全ての人種や民族を平等にすればよいのですから。

 そして憲法をこの平等権の根源だと言うなら、サヨク式には憲法と言うのは「国家を縛る」ものですから、憲法で言う平等権は、国家が国民を全て平等に扱えと言っているにすぎません。

 個人同志では他人を平等に扱うわけはないのです。
 それを一々差別と言っていたら、個人生活は成り立たないのです。

 ところが反レイシズムを喚いてる連中は、この国家と個人の話を意図的に混同しているのです。
 
 因みに在日コリアンについて言えば、法の下の平等も保障されていません。 だって憲法が保障する平等は日本国民についてのみです。

 外国人の社会活動や経済活動を制限するのは、民主主義国家では至って自然なことです。

 個人にとっても人種差別は悪い事ですが、これはあくまで道義的な話であって、法で禁止される話ではないのです。

 その話をグチャグチャにして、感情論で平等を喚いている連中が、現在の先進国で増えているのが問題なのです。 まさに病理現象だと思います。

 
 
 
 
 
 
  1. 2016-03-29 10:19
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する