2016-03-11 23:14

斑目漫画と民主党内閣

 元原子力安全委員会の委員長斑目春樹氏が、福島第一原発事故当時の事を漫画に描いています。

 http://ponpo.jp/madarame/lec5/list.html

 斑目氏二は元々漫画を描く趣味でもあったのか、随分上手いです。
 何か現実離れした不思議な趣があります。

 これを「危機感がない」と批判している人達もいます。
 しかし斑目氏は福島第一原発事故発災後暫くの記憶の一部が消えているそうです。
 
 極度の過労と緊張の為に記憶が消えたようです。
 過労と緊張の挙句に現実が現実と感じられなくなるような、そういう感覚が伝わっているような漫画です。

 読んでいてありありとわかるのは、秀才で専門職の官僚が、狂乱する首相菅直人とそれに追従して錯乱している内閣に振り回されて狼狽し続ける様子です。

 斑目氏の能力や人格にはいろいろ批判はあるようです。
 少なくとも彼には原子力安全委員会の委員長として、狂乱する首相や内閣に対応する能力はなく、逆に振り回されてしまったのです。
 そしてその後、避難を巡って文部省と経産省の意思疎通の不味さから、益々混乱し続けます。

 しかしこの漫画を読んで改めてあの事故当時最大の問題が明確化されたと思います。

 そもそも何で原子力安全委員会の委員長斑目氏が菅直人に振り回される事になったのか? 
 原発で事故が起きた時に、首相にあれこれ説明するのが斑目氏の役割だったのか?

 それは違います。
 
 そもそも原子力安全委員会は原発事故が起きる事は予想しても、委員長がこんな風に振り回される事は予想してなかったでしょう。

 2011年3月11日、地震が起きたのは国会の最中でした。 
 地震の直後に自民党始め野党は民主党への協力を申し出ました。
 それと前後して、東北から恐ろしい津波被害の情報が入ってきました。

 こうした場合日本では首相は官邸内に中央防災会議を設ける事になっています。 そこに全閣僚と自衛隊、消防などの防災関係者が揃って情報を一元的に管理して、対応する事になっているのです。

 ところが菅内閣の閣僚はこの会議に参加しませんでした。

 その後福島第一原発が被災した事がわかります。

 原発事故のような原子力関係の重大災害が起きた場合は、政府は原子力災害総合防災本部を作って対応する事が法で定められています。
 
 原子力災害総合対策本部で集まるメンバーって実は中央防災会議のメンバー+原子力関係者なので、中央防災会議と一緒にやればよいのです。

 ところが菅内閣はこれにも参加しませんでした。
 だから全く機能しませんでした。

 地震が起きたのはウィークデーの午後でしたから、必要な関係者の殆ど全部が霞ヶ関の官庁街に勤務していたのに、彼等を集めて情報交換をできる会議も対策本部も、命令を出すべき閣僚がいないので機能しないのです。

 代わりに菅首相は官邸の一室にこもって、そこに斑目氏など一部の人を呼び出し、自分達には理解できるはずもない細々した専門的な問題を聞きだしては、それを元に現場にわけのわからない命令を出すと言う事を繰り返したのです。

 現場の判断に任せるべき問題になぜ首相が細々と口を出すのか?
 
 一方他の閣僚たちはそれぞれわけのわからないまま、てんでん勝手なことをやっていました。

 これでは政府がマトモに機能するはずもないのです。

 何でちゃんと法で定められた通りに中央防災会議や原子力災害総合対策本部に参加して、それによって対応しなかったのか?

 これが機能していれば、例えば避難に関する情報は文部省、原発本体に関する情報は経産省と言う盾割利行政でも、問題はなかったのです。

 菅内閣の閣僚は殆ど全員、原子力災害総合防災訓練を二度受けています。
 毎年、一回どこかの原発が事故を起こした想定で、政府が原子力災害総合防災本部を作って対応すると言う訓練をやるのです。

 これには全閣僚、関係官庁、それに日本に駐在する各国大使館や報道機関までが参加する大規模な訓練をやるのです。

 ところが菅内閣の誰一人この防災訓練に即した対応はできず、そもそも訓練を受けた事自体覚えていなかったようです。

 つまり福島第一原発事故が起きた時、政府は完全に脳死状態だったのです。

 二度も訓練した事をちゃんとできない内閣の成立など、誰も予想できなかったのでしょうね。

 格別有能な首相でなくても、せめて普通の首相なら、福島第一原発事故はあそこまで最悪化しなかったのに・・・・・・。

 思い返すだに悔しいです。
  1. 民主党
  2. TB(0)
  3. CM(16)

コメント

全くその通り

 本当に、全く予期せぬことに頭がパニックになっていたのでしょう。朝鮮脳 ・・・・

 原子力災害総合防災訓練の様子は、動画がアップされていて、見ました。あれだけのことをやっていて、なぜ誰も対応できる閣僚がいなかったのか、不思議でなりません。村山内閣の時もでしたがね。
 有史以来、数々の災害を乗り越えてきたことが遺伝子に蓄積されているのかと思いたいです。日本人の冷静さは素晴らしいです。
  1. 2016-03-11 23:57
  2. URL
  3. Cherry Blossoms #-
  4. 編集

災害時は特に、上に立つ人間ほど過酷な現実に真向い、責任を受け止める覚悟をもって事態に相対さなければなりません。平時でも常に現実から目を逸らし、責任を取らないことに慣れている民主党人にとって、いつものやり方では責任逃れが出来ない状況というのは、それは混乱したと思います。既定の対策方針に則ると、首相や閣僚は対策会議や対策本部で悉く責任者ですし、(彼らの)本能的に避けたんじゃないかという気がします。
  1. 2016-03-12 10:01
  2. URL
  3. てっぷQ #EHdrJoDg
  4. 編集

 当時から自民党や佐々淳行さんら多くの人達が、速やかに国家非常事態宣言をして対処するべきと言っていました。初動で超法規的措置が講じられれば、被災者をもっと救えたでしょうし、土地の権利問題のせいで復興がこんなに遅れることはなかったそうです。

 発災後1ヶ月も菅さん始め民主党は東京に引きこもり、国民が苦しんで助けを求めているのに、耳を塞いで司令塔の役割を放棄したとしか思えませんでした。東北の友人たちによると、自民党はすぐに物資を持って来てくれたそうです。民主党は、1ヶ月たってからき始めたそうでどういう了見なのかと腹立たしいです。

 巨大地震や原発の電源喪失など、あの時に「国家非常事態宣言」をしなくていつするのか?まるで国家権力を憎む、反政府勢力みたいに「国家非常事態宣言」を忌避しました。彼らは、どういう人たちなのか明らかにして欲しいです。

【自民が民主政権の震災対応検証へ】
http://www.sankei.com/affairs/news/160311/afr1603110049-n1.html

どうやら当時の対応を検証することにしたそうです。徹底的にやって頂きたいです。
  1. 2016-03-12 11:04
  2. URL
  3. 都民です。 #-
  4. 編集

Re: 全くその通り

>  本当に、全く予期せぬことに頭がパニックになっていたのでしょう。朝鮮脳 ・・・・

 予期しているからちゃんと毎年大規模な訓練をしていたのですけどね。
>
>  原子力災害総合防災訓練の様子は、動画がアップされていて、見ました。あれだけのことをやっていて、なぜ誰も対応できる閣僚がいなかったのか、不思議でなりません。村山内閣の時もでしたがね。
>  有史以来、数々の災害を乗り越えてきたことが遺伝子に蓄積されているのかと思いたいです。日本人の冷静さは素晴らしいです。

 ワタシもこれが一番の問題だと思っているのです。
 本来なら中央防災会議と原子力災害総合対策本部を兼用で作り、そこに全閣僚が詰めていれば、役人達の決めた事に「わかった、そうしろ」と言っているだけで、普通の対応ができたはずです。

 政治家が原子炉の事を理解する事など誰も期待していないのです。

 だから専門家と現場で決めた事に、首相が同意して、必要な物資や人員を送る命令を出せばそれでよいのです。

 ところが菅直人はわけのわからないまま、細部に首を突っ込んでかき回したのです。

 最悪の事故対応です。

 
  1. 2016-03-12 12:08
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

Re: タイトルなし

> 災害時は特に、上に立つ人間ほど過酷な現実に真向い、責任を受け止める覚悟をもって事態に相対さなければなりません。平時でも常に現実から目を逸らし、責任を取らないことに慣れている民主党人にとって、いつものやり方では責任逃れが出来ない状況というのは、それは混乱したと思います。既定の対策方針に則ると、首相や閣僚は対策会議や対策本部で悉く責任者ですし、(彼らの)本能的に避けたんじゃないかという気がします。

 そうです。 民主党政権の政策ってひたすら責任の回避でした。

 責任を取りたくないなら政権なんか取るなよ!!

 でも彼等はそれを全く理解できなかったし、今も理解していないのです。

 首相や大臣クラスであれば、自分が責任を取ると良いさへすれば、彼等の為に働く優秀な官僚はイクラでも使えたのですが、しかし首相や大臣が何より責任の回避だけを目的にしているのでは、誰も動きようがないのです。

  1. 2016-03-12 12:55
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

Re: タイトルなし

>  当時から自民党や佐々淳行さんら多くの人達が、速やかに国家非常事態宣言をして対処するべきと言っていました。初動で超法規的措置が講じられれば、被災者をもっと救えたでしょうし、土地の権利問題のせいで復興がこんなに遅れることはなかったそうです。
>
>  発災後1ヶ月も菅さん始め民主党は東京に引きこもり、国民が苦しんで助けを求めているのに、耳を塞いで司令塔の役割を放棄したとしか思えませんでした。東北の友人たちによると、自民党はすぐに物資を持って来てくれたそうです。民主党は、1ヶ月たってからき始めたそうでどういう了見なのかと腹立たしいです。
>
>  巨大地震や原発の電源喪失など、あの時に「国家非常事態宣言」をしなくていつするのか?まるで国家権力を憎む、反政府勢力みたいに「国家非常事態宣言」を忌避しました。彼らは、どういう人たちなのか明らかにして欲しいです。
>
> 【自民が民主政権の震災対応検証へ】
> http://www.sankei.com/affairs/news/160311/afr1603110049-n1.html
>
> どうやら当時の対応を検証することにしたそうです。徹底的にやって頂きたいです。

 原発再稼働を巡る混乱も、被災地の異常な除染基準も、皆民主党の置き土産です。

 そもそも法で定められた中央防災会議も、二回も訓練を受けた原子力災害総合防災本部もちゃんと機能させることが出いなかったのですから、非常事態宣言なんて出せるわけないですよね?

 しかし今後の為にもこの検証は絶対するべきでしょう。

 何しろ民主党は2000人殺してますから。

 福島の人殺しは誰か? 原発
 http://yomouni.blog.fc2.com/blog-entry-186.html
  1. 2016-03-12 13:01
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

http://yohkan.seesaa.net/article/434656949.html#more
To taigenさん こんばんは

もちろん、「色々意見が違うのは当たり前」です。違って結構ですよ。

でも、左巻きと工作員が暗躍するわが国だからこそ、心ある国民は仲間割れをせず、安倍政権を支持しようよ、と呼びかけてるのです。

「保守派のくせに安倍自民に反対しやがって」なんて考えてません。そもそも安倍自民も保守じゃないし。まあ、あたしも保守を名乗るつもりはないですし。

余命さんの本、まだ読んでませんが、ブログはときどき覗いてます。面白いですね。

Posted by yohkan at 2016年03月08日 23:20

yohkanは愛国画報としてブログを出していたはずなのに、保守派じゃなかったんだwww
  1. 2016-03-12 14:49
  2. URL
  3. taigen #-
  4. 編集

人を信用しない反体制派=韓国人のメンタリティ

斑目春樹氏って、こういうお茶目な人だったんですね。

作者の私生活とは関係のないマンガ1
http://ponpo.jp/madarame/lec3/hen-pecked.html
作者の私生活とは関係のないマンガ2
http://ponpo.jp/madarame/lec3/hen-pecked2.html
作者の私生活とは関係のないマンガ3
http://ponpo.jp/madarame/lec3/hen-pecked3.html

きっと鳩山由紀夫氏や菅直人氏とは正反対の、根っからの学者タイプ、技術者タイプなんでしょうね。

私自身が放射脳だったのでわかりますが、当時は反原発派がヒステリックに騒ぎまくって冷静な議論ができませんでしたね。「朝まで生テレビ」などの討論番組で、いくら科学者がデータに基づいて説明しても、反対派に「でも証明はされてないでしょう?」「何十年も経ってから放射線障害が出たらどうするんですか!」と言われると黙ってしまうということがよくありました。そして反対派が「海外にはこんな研究もありますよ。」と言って見せる資料は、今思うとトンデモ説ばかりでした。

反原発派は「地上波が本当のことを言わないのは電力会社がスポンサーだから」「電力会社が大学に寄付をして御用学者を育てている」「原子力村の学者達がメディアを牛耳っている」などと妄想をどんどんエスカレートさせていきました。
当時よく見ていたCS放送の朝日ニュースターなどは、地上波でもコメンテーターをしているような人達が「本当に原子炉は電源喪失のせいで壊れたのか?地震の時に壊れたんじゃないのか?」と、繰り返し言ってました。地上波にも出ているような人達がそういう事を言ってたので、当時の私は真に受けてしまいました。

池田信夫氏は反原発派のヒステリックな言いがかりに原子力規制委員会が引っ張られていることをブログでずっと批判していますね。「原子力規制委員会が活断層を探すことに何の科学的な意味があるのか」は正論だと思います。

民主党議員って反体制活動家ばかりだから官僚も警察も自衛隊も信用してないんですよね。そのため、官僚に指示を出せば済むような事まで自分達でやっていたそうです。それは震災対応や原発事故対応だけでなく、普段の経済政策からそうでした。
当時の朝日ニュースターでは、民主党に好意的なリベラル派のコメンテーター達が「民主党議員はみんな頑張ってはいるんだよなぁ。すごく勉強してるし。」なんて言ってましたが、民主党議員は現場を信用していかったからこそ、基本的なことから勉強しなければならなかったのでしょう。相互不信社会に住む韓国人と同じメンタリティです。
逆に、上にいたのが民主党でも日本が滅亡しなかったのは現場がしっかりしていたからでしょう。日本以外の国だったら大混乱になって国が滅んでいただろうとマジで思います。
「国家=悪」というメンタリティの人達に国家運営を任せてはいけませんね。安倍政権で財務大臣に返り咲いた麻生太郎氏が「日銀の総裁には学者ではなく、組織を運営したことがある人にお願いしたい。」と言ったのもわかります。

ところで、ニコニコ生放送で2011年3月11日から12日にかけてあった書き込みを淡々と流すだけの放送をやっています。
http://live.nicovideo.jp/watch/lv253847263

これを見て、余震や「原発事故発生」のニュースを見た瞬間のことを思い出しました。私もかなり記憶が飛んでいて驚きました。あまりにも現実離れした体験に脳みそがついていけなかったのかもしれません。
  1. 2016-03-12 15:19
  2. URL
  3. かんぱち #vF6NeGQU
  4. 編集

5年前のことを久しぶりに時系列にそって思い出しています。たしか全電源喪失はかなり早く伝わりその日の夕方には話題に登っていたはずです。

この危機を救うにはベントが必要なんだがそれが何故か出来ないとか何とか問題になってたはずです。問題はここでも電気。発電所で電気が来ないから問題になってたなんて本当に洒落にもならない事態だったですよね。

ただ、当時でも確か癌直人の基地外が福島まで出向く時に行くのはお前ではなく発電機だろうと思ってたのは憶えています。16時の時点で全停電しても結局メルトダウンまで15時間あったと今のWikiは伝えています。

おそらくバッテリーと小型の発電機を緊急搬送すれば最低限のベントを実行できたはずでそれを進言しなかった斑目氏にも責任がないとはいえないでしょう。しかし12日に至る状況の癌共の醜態を見てると責任をおぶせるのは気の毒としかいえません。
http://www.pmaj.or.jp/online/1310/koishihara.html

当時はふざけるなと思ったものですが、地震は天罰だ、とかの発言もありました。「こんなやつを総理大臣にした」の一句があるかないかでは全然違ってましたね。


2012年の段階で大前氏が出している報告があります。
http://president.jp/articles/-/7197?page=3

このページにでてる表が全てです。専門家は素人である為政者に対して言えることは素人に分かる言葉で物を言わねばいけません。

日本国はすごい国で専門家が専門の言葉で語ってもそれを理解してくれる市井の人々が多くいるのですがそれを一番望めぬ人々が為政者だった、というのは本当に天罰だったと言えるのかもしれません。

日本国は不思議な国で胆力ない男が為政者である時に問題が起きます。
検察なんたらは東電の首脳を業務上なんたらで起訴しましたが、本当はさっさと自体を明らかにし、その過程での癌直人共の犯罪をあぶり出すことでしょう。

0点の答案ならばまだいい。マイナス点の答案を欠く奴はそう多くありませんからね。
  1. 2016-03-12 17:59
  2. URL
  3. kazk #cPv2SIBE
  4. 編集

Re: タイトルなし

> http://yohkan.seesaa.net/article/434656949.html#more
> To taigenさん こんばんは
>
> もちろん、「色々意見が違うのは当たり前」です。違って結構ですよ。
>
> でも、左巻きと工作員が暗躍するわが国だからこそ、心ある国民は仲間割れをせず、安倍政権を支持しようよ、と呼びかけてるのです。
>
> 「保守派のくせに安倍自民に反対しやがって」なんて考えてません。そもそも安倍自民も保守じゃないし。まあ、あたしも保守を名乗るつもりはないですし。
>
> 余命さんの本、まだ読んでませんが、ブログはときどき覗いてます。面白いですね。
>
> Posted by yohkan at 2016年03月08日 23:20
>
> yohkanは愛国画報としてブログを出していたはずなのに、保守派じゃなかったんだwww

yohkanさんはイザブログをやっていた頃、時々見ていました。 でもイザブログが閉鎖になった後、どこに行ったかわかりませんでした。

 元気にやってるんですね。

 安倍総理ってyohkanさんが言うように、世界標準なら中道左派でしょう?

 ワタシは実は自分はリベラルだと思っています。 つまり民主主義を絶対守りたいし、性格からして猫的個人主義なので、国粋主義なんかには絶対相容れないのです。

 しかし日本の自称リベラルって反日本で共産主義社会主義大好きですからね。
 これこそ反民主主義そのモノじゃないですか?

 だから連中から見ればきっとワタシは保守派なんでしょう。
  1. 2016-03-12 18:27
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

Re: 人を信用しない反体制派=韓国人のメンタリティ

> 斑目春樹氏って、こういうお茶目な人だったんですね。
>
> 作者の私生活とは関係のないマンガ1
> http://ponpo.jp/madarame/lec3/hen-pecked.html
> 作者の私生活とは関係のないマンガ2
> http://ponpo.jp/madarame/lec3/hen-pecked2.html
> 作者の私生活とは関係のないマンガ3
> http://ponpo.jp/madarame/lec3/hen-pecked3.html

 なんか凄く味わいのある漫画ですよね。
 飄々とした人柄が伝わって凄く好意が持てます。
>
> きっと鳩山由紀夫氏や菅直人氏とは正反対の、根っからの学者タイプ、技術者タイプなんでしょうね。

 逆にこうした政治性の無さ故、最悪の政治屋達に振り回されて最悪の結果になったのでしょう。
>
> 私自身が放射脳だったのでわかりますが、当時は反原発派がヒステリックに騒ぎまくって冷静な議論ができませんでしたね。「朝まで生テレビ」などの討論番組で、いくら科学者がデータに基づいて説明しても、反対派に「でも証明はされてないでしょう?」「何十年も経ってから放射線障害が出たらどうするんですか!」と言われると黙ってしまうということがよくありました。そして反対派が「海外にはこんな研究もありますよ。」と言って見せる資料は、今思うとトンデモ説ばかりでした。
>
> 反原発派は「地上波が本当のことを言わないのは電力会社がスポンサーだから」「電力会社が大学に寄付をして御用学者を育てている」「原子力村の学者達がメディアを牛耳っている」などと妄想をどんどんエスカレートさせていきました。
> 当時よく見ていたCS放送の朝日ニュースターなどは、地上波でもコメンテーターをしているような人達が「本当に原子炉は電源喪失のせいで壊れたのか?地震の時に壊れたんじゃないのか?」と、繰り返し言ってました。地上波にも出ているような人達がそういう事を言ってたので、当時の私は真に受けてしまいました。

 自然科学者の良心から言うと殆どの問題について、「絶対にない」とか「可能性はゼロ」とかは簡単には言えないのです。
 でも冷静を喪っている連中や、まして恐怖を煽って騒ぐ事を目的にしている連中には、これ非常に不味いんですよね。

 これって斑目さんと菅内閣とのやり取りでも、マスコミでも沢山でていましたよね。

> 池田信夫氏は反原発派のヒステリックな言いがかりに原子力規制委員会が引っ張られていることをブログでずっと批判していますね。「原子力規制委員会が活断層を探すことに何の科学的な意味があるのか」は正論だと思います。

 あれは結局菅直人が二度と原発を再稼働させないために作った委員会ですから。 反対派を処分しない限りマトモに機能しません。
>
> 民主党議員って反体制活動家ばかりだから官僚も警察も自衛隊も信用してないんですよね。そのため、官僚に指示を出せば済むような事まで自分達でやっていたそうです。それは震災対応や原発事故対応だけでなく、普段の経済政策からそうでした。
> 当時の朝日ニュースターでは、民主党に好意的なリベラル派のコメンテーター達が「民主党議員はみんな頑張ってはいるんだよなぁ。すごく勉強してるし。」なんて言ってましたが、民主党議員は現場を信用していかったからこそ、基本的なことから勉強しなければならなかったのでしょう。相互不信社会に住む韓国人と同じメンタリティです。

 彼等は政治指導を標榜していましたからね。 しかし実はその政治指導の意味を全然理解していなかったのです。

 政治家が官僚を使うのではなく、何でも口出しする事だと理解していたようです。
 自分達のそんな能力がない事も考えずに。

> 逆に、上にいたのが民主党でも日本が滅亡しなかったのは現場がしっかりしていたからでしょう。日本以外の国だったら大混乱になって国が滅んでいただろうとマジで思います。
> 「国家=悪」というメンタリティの人達に国家運営を任せてはいけませんね。安倍政権で財務大臣に返り咲いた麻生太郎氏が「日銀の総裁には学者ではなく、組織を運営したことがある人にお願いしたい。」と言ったのもわかります。

 マジに恐ろしい話でした。
 しかしあの時民主党政権を作った事の後遺症はまだ沢山あるんですよね。
 
> ところで、ニコニコ生放送で2011年3月11日から12日にかけてあった書き込みを淡々と流すだけの放送をやっています。
> http://live.nicovideo.jp/watch/lv253847263
>
> これを見て、余震や「原発事故発生」のニュースを見た瞬間のことを思い出しました。私もかなり記憶が飛んでいて驚きました。あまりにも現実離れした体験に脳みそがついていけなかったのかもしれません。

 ワタシはあの頃のネットは殆ど見ていません。 地震が起きて間もなくワタシの使っていたプロバイダーがダウンしました。 それで数日間ネットが使えませんでした。

 しかも甥一家が気仙沼にいたので、テレビばかり見ていました。
 甥一家は全員無事だったので、本当に神様には感謝していますが。
  1. 2016-03-12 18:46
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

Re: タイトルなし

> 5年前のことを久しぶりに時系列にそって思い出しています。たしか全電源喪失はかなり早く伝わりその日の夕方には話題に登っていたはずです。
>
> この危機を救うにはベントが必要なんだがそれが何故か出来ないとか何とか問題になってたはずです。問題はここでも電気。発電所で電気が来ないから問題になってたなんて本当に洒落にもならない事態だったですよね。
>
> ただ、当時でも確か癌直人の基地外が福島まで出向く時に行くのはお前ではなく発電機だろうと思ってたのは憶えています。16時の時点で全停電しても結局メルトダウンまで15時間あったと今のWikiは伝えています。
>
> おそらくバッテリーと小型の発電機を緊急搬送すれば最低限のベントを実行できたはずでそれを進言しなかった斑目氏にも責任がないとはいえないでしょう。しかし12日に至る状況の癌共の醜態を見てると責任をおぶせるのは気の毒としかいえません。
> http://www.pmaj.or.jp/online/1310/koishihara.html

 電源がダウンして直ぐに菅直人の命令で、電源車70台!!も福島第一原発に向かいました。 ところがパトカーを先導させるなどの措置をとっていないので、おおくがたどり着く前に渋滞に巻き込まれて動けなくなってしまいました。

 それでもたどり着いた電源車と福島第一原発側のコンセントの形状が違って、電気が送れなかった!!
 
 テレビであれを聞いた時は、顎が落ちそうでした。

 技術者や警察や自衛隊だけで、普通に話を進めていたらこんなドジはあり得ないと思うんですけどね。 コンセントの規格が電力会社ごとに違う事や、その場合どうするかなど技術者同士なら、簡単に話し合って段取りができたはずです。

 しかし総理命令で「電源車を現場に送れ!」と言われただけじゃどうしようもないのです。

 でもこの手のあり得ないドジばかり起きていました。

 因みに今は各原発で電源車を数台確保しいます。 それに電源車用のガソリンタンクも安全な場所に数カ所作ってあります。

> 当時はふざけるなと思ったものですが、地震は天罰だ、とかの発言もありました。「こんなやつを総理大臣にした」の一句があるかないかでは全然違ってましたね。
>
>
> 2012年の段階で大前氏が出している報告があります。
> http://president.jp/articles/-/7197?page=3
>
> このページにでてる表が全てです。専門家は素人である為政者に対して言えることは素人に分かる言葉で物を言わねばいけません。
>
> 日本国はすごい国で専門家が専門の言葉で語ってもそれを理解してくれる市井の人々が多くいるのですがそれを一番望めぬ人々が為政者だった、というのは本当に天罰だったと言えるのかもしれません。

 ホントは総理が事故処理の為の技術的な話を理解する必要はなくて、それは技術者達が話あって方法を決めれば良いのです。
 総理大臣はそれ実行するのに必要な予算や機材や人員をフルに使える体制を固めて、そして「責任はオレが取るから安心して全力を尽くせ」と言えば良いのです。

 しかし菅直人も菅内閣の閣僚達も、理解できない技術的な問題にクビを突っ込む癖に、責任だけは絶対に取りたくないと言う態度で頑張ったのです。

 しかも菅直人が東工大の応用物理学部卒なので、自分が原発技術を理解できるつもりで口を出しまくったので最悪です。

> 日本国は不思議な国で胆力ない男が為政者である時に問題が起きます。
> 検察なんたらは東電の首脳を業務上なんたらで起訴しましたが、本当はさっさと自体を明らかにし、その過程での癌直人共の犯罪をあぶり出すことでしょう。
>
> 0点の答案ならばまだいい。マイナス点の答案を欠く奴はそう多くありませんからね。

 ホントにあれは犯罪です。
  1. 2016-03-12 19:06
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

報道について考えさせられた出来事の一つ

東北沖大地震後の記事で不思議に思うことは、1)前年の10月に菅首相の下、浜岡原発で放射性物質が敷地外に飛散したという仮定の下に行った訓練と同様の出来事が起きたのに、菅首相と内閣の対応を批判していないこと、2)オフサイトセンターが機能しなかったため、初期対応ができなかったことに誰も触れないこと、3)当時福島原発の中に原子力安全・保安院から派遣されている保安員が詰めていたことに触れていないこと、4)女川オフサイトセンターが津波に襲われ、保安院から派遣されていた所長と現地雇らしい職員2名の計3名が逃げ遅れて死亡した原因への言及がないこと、5)東北と関東のオフサイトセンターの多くが、地震で機能不全になった事実への言及がないこと、6)巨大津波は想定内だったとの学者の主張で東電の対応が非難され、他の原発でも防波堤の嵩上げ工事が行われているが、その想定内の津波に対応できず多くの死者を出した東北三県の知事、市長、町長、村長、その議員、役所の責任はいまだ問われていないこと。

阪神淡路大地震の村山首相や宮崎口蹄疫事件への政府の対応についても、政権が左側だとメディアの追及が甘いように見えるのは気のせいでしょうか。
  1. 2016-03-12 20:56
  2. URL
  3. chengguang #DibDBv7k
  4. 編集

Re: 報道について考えさせられた出来事の一つ

> 東北沖大地震後の記事で不思議に思うことは、1)前年の10月に菅首相の下、浜岡原発で放射性物質が敷地外に飛散したという仮定の下に行った訓練と同様の出来事が起きたのに、菅首相と内閣の対応を批判していないこと、2)オフサイトセンターが機能しなかったため、初期対応ができなかったことに誰も触れないこと、3)当時福島原発の中に原子力安全・保安院から派遣されている保安員が詰めていたことに触れていないこと、4)女川オフサイトセンターが津波に襲われ、保安院から派遣されていた所長と現地雇らしい職員2名の計3名が逃げ遅れて死亡した原因への言及がないこと、5)東北と関東のオフサイトセンターの多くが、地震で機能不全になった事実への言及がないこと、6)巨大津波は想定内だったとの学者の主張で東電の対応が非難され、他の原発でも防波堤の嵩上げ工事が行われているが、その想定内の津波に対応できず多くの死者を出した東北三県の知事、市長、町長、村長、その議員、役所の責任はいまだ問われていないこと。
>
> 阪神淡路大地震の村山首相や宮崎口蹄疫事件への政府の対応についても、政権が左側だとメディアの追及が甘いように見えるのは気のせいでしょうか。

 全然気のせいでは無いと思います。
 そもそもマスゴミは民主党政権を必死に庇っていました。

 例えば管制権が原子力災害総合防災本部を作らず、てんでんバラバラわけのわからない事故対応をしていた事についても、個別の失敗については騒いだけれど、そもそも事故対応に対する体制である原子力災害総合防災本部を作らない事には、一切目を向けませんでした。

 そして民主党内閣のあまりの言えば余りにお粗末な対応に対して、マスゴミは「責任野党」と言う奇妙な言葉を作って、自民党が補佐するべきなのにしないのが悪いと言う論調で非難しました。

 民主党政権はマスゴミが反麻生政権を煽って作った政権です。 だから異常な思い入れがあったのでしょう。

 そして何よりマスゴミ自体が事故対応能力や政治を評価する能力を持っていないのです。 こうした事故があった時、内閣は何をするべきか? その指標がなくて、評価や批判ができるわけはないのです。

 タダ、70年代の学生運動的価値感で、狂乱絶唱しているだけなのです。 そしてできたら自分達の絶唱で政治を変えたい(どう変えるかはプランなんかない)と言う妄想を持っているのです。

 これでは公正な報道ができるわけないのです。

 
  1. 2016-03-13 10:52
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

阪神大震災の村山内閣といい、大災害のときに
限って左派政権というのはどういうこと?何かの呪い?

いずれも普段、ヴァーチャルな観念論でしか安全保障を
語ろうとせず、本物の危機に日本の左派リベラルが無力で
あることを知らしめてくれた点で貴重な存在だと思います。いえ、被災者にとってはたまったものではなく、
不謹慎ではあるけれど。

もっとも、管直人氏は思想的立場以前にリーダーとしての
適性はないでしょう。こういう場面にこそ泰然としている
のがリーダーですが、ひたすら周囲を怒鳴り散らし、頓珍漢な出動をやらかす始末ですからね。

今も、他人事のように反体制ぶって原発批判をしている
ことには失笑させられます。
  1. 2016-03-14 18:15
  2. URL
  3. prijon #-
  4. 編集

Re: タイトルなし

> 阪神大震災の村山内閣といい、大災害のときに
> 限って左派政権というのはどういうこと?何かの呪い?
>
> いずれも普段、ヴァーチャルな観念論でしか安全保障を
> 語ろうとせず、本物の危機に日本の左派リベラルが無力で
> あることを知らしめてくれた点で貴重な存在だと思います。いえ、被災者にとってはたまったものではなく、
> 不謹慎ではあるけれど。
>
> もっとも、管直人氏は思想的立場以前にリーダーとしての
> 適性はないでしょう。こういう場面にこそ泰然としている
> のがリーダーですが、ひたすら周囲を怒鳴り散らし、頓珍漢な出動をやらかす始末ですからね。
>
> 今も、他人事のように反体制ぶって原発批判をしている
> ことには失笑させられます。

 村山富市と言い菅直人と言い、万年野党が生んだ特殊な人材でしょう。

 若い時代から老人になるまで、ひたすら与党を批判して足を引っ張る事だけ生きて来たのです。 万年野党だとこうした特殊な人間が党首になるんですよね。

 だからもうこの手の野党が生き延びても、マトモな野党にはなれないと思います。
 
  1. 2016-03-14 19:00
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する