2016-03-08 12:32

テロの原因は差別?

 近年、世界中で頻発するテロの原因がわかったと言う人がいます。
 す、すごい!!

 テロリストが生まれるメカニズムがわかった! - 唐沢 穣

 筆者によるとテロの原因は差別だそうです。
 
 回りが差別するからテロリストになるんだそうです。

 それを1968年の心理学の研究を元に、説明しています。
 
 靖国神社のトイレを爆破しようとした韓国人テロリストは、日本でのヘイトスピーチが原因だそうです。

 差別と偏見がテロを産むのだそうです。

 だから白人がイスラム教徒への偏見を捨て、「自分の集団と相手の集団を包み込むような、新たな集団の境界を意識させることも有効だ。」そうです。

 なるほどこれは去年パリで起きたテロは、説明できそうです。

057

 しかし911はどうするのでしょうか?

 911の犯人達はサウジアラビア富裕層の青年達でした。

 首謀者オサマ・ビン・ラディンは我々日本人の庶民の気が遠くなるほどの大富豪の御曹司でした。
 副犯のザワヒリは医師でした。
 他の犯人たちも高学歴です。

 当然ですが、サウジアラビアにはイスラム教徒に対する偏見はありません。 犯人達は皆富裕な家庭で育ち、学業優秀でしかも信心深く敬虔な若者として、周りから尊敬されて羨まれて育っています。
 差別されるどころか「人も羨む」としか言えない恵まれた境遇でした。

081

 これは日本でテロをやった赤軍派や中核派やオウム真理教のテロリスト達も同様でも。

 皆中流以上の家庭で育ち、一流大学に入学しているのです。
 こういう人達は殆どの場合、子供の時から学校でも近所でも「〇〇君は勉強ができてエライね。」と言われて育っています。

 親や教師や同級生や近所の子供達全ての賞賛を当然として育っているのです。 

 そしてその賞賛を裏切る事なく、一流大学に合格したのです。

 一体どこの誰が彼等を差別したのでしょうか?

 差別がテロを産むと言うのであれば、これらのテロリストの存在を説明できません。

082

 何より、現在テロが最も頻発しているのは、イスラム圏です。

 イスラム教徒のテロリストが、イスラム圏内のモスクや広場や市場など、普通の人、つまりイスラム教徒が集まっている場所でテロを行うのです。
 
 このイスラム教徒によるイスラム教徒に対するテロを、イスラム教徒に対する「差別」と「偏見」と言う理由で説明するのは不可能です。

 パリのテロやロンドンの同時爆破事件、そして911などはイスラム教徒による非イスラム教徒に対するテロは規模も大きかったし、日本での報道は大きかったです。

 しかし犠牲者数の総計から言えば、イスラム圏で際限もなく頻発しているテロの方が遥かに多く、社会への影響も遥かに深刻です。
 しかしこの記事の著者はそれを一切無視しているのはなぜでしょうか?

 著者が差別主義者でイスラム教徒の死者は問題にしていないからでしょうか? 

104

 一方差別や偏見や迫害の対照になっている人達が、テロなど行わない例は多数あります。

 近年イスラム圏ではコプト教など非イスラム教の人達への、差別と迫害が深刻化しています。 
 古い歴史を持つ文化的に重要なコプト教会が襲われて被害を受けるような例が頻発しています。

 しかしコプト教のテロリストがイスラム教徒を襲ったなどと言う話は一切出ていません。

 あれだけイスラム圏でテロが頻発しているのにです。

 またアメリカ黒人はアメリカ建国以来厳しい差別を受けてきました。
 しかしアメリカ黒人による白人へのテロと言うのはありませんでした。

 同様アメリカ日系人も大変厳しい差別と偏見の対照でした。
 しかしアメリカ日系人によるテロはありません。 それどこか人種差別が公然と行われていた時代から、日系人の「犯罪発生率が非常に低い事が知られていました。 
 また学業成績が非常に高く、それ故進学率も高かったのです。

084

 1968年、米アイオワ州の小学校で、「目の色で生徒を2つに分け、差別する」という実験が行われた。

>小学校3年生の1クラスの生徒を、「青い目」と「茶色の目」で分け、担任の教師が一方の集団だけをエコ贔屓する。青い目の子たちはウオーターサーバーの水を飲んでいいが、茶色い目の子たちには、あれこれ理由をつけて飲むことを許さない。青い目の子たちは長い休み時間を与えられるが、茶色い目の子たちには与えられない、といった差をつけた。

>すると、茶色い目の子たちは僻んで暴れ出し、一方、贔屓された青い目の子たちは茶色い目の子たちに対して横暴になった。茶色い目の子の1人が、青い目の子のメガネを割ってしまうという暴力沙汰も起きた。茶色い目の子たちは、学力テストの成績まで下がってしまった。

>次の日、両者の地位が正反対に入れ替えられた。すると前日と逆の現象が起きた。今度は低い地位に置かれた青い目の子たちが暴れ始め、学力テストの成績も下がってしまった。欧米では、「黒人は白人に比べて学業成績が劣り、犯罪傾向が高い」と考えられてきた。しかしこの実験の結果からは、黒人の生徒の学業成績が悪く、犯罪が多いのは、遺伝的素質によるものではなく、彼らが社会的に差別を受けているためだと説明できることになる。


 この記事の論理が日系人には全然当て嵌まりません。
 なぜですか?

086

 そしてこの記事で著者は言います。

ナショナリズムもそうした宗教と同種の怖さを抱えている。東京・靖国神社のトイレを爆発したとして逮捕された韓国人容疑者は、過去に犯罪歴もなく、韓国内の過激な政治団体の所属歴も確認されていないという。在日外国人への“ヘイトスピーチ”のような行為を放置すれば、IS同様に国内でテロリストが跋扈する導火線となりかねない。

 ??

 韓国では独立直後から国を挙げて日本に対する憎悪教育を行ってきました。

 だから「kill Jap」などと言うデモも普通に行われているし、日本を破壊したり侮辱したりする絵を子供達に描かせて展示する小学校もあります。

 そういう幼少期から受けた国を挙げての日本への憎悪教育よりも、この数年毎月1~2回行われた日本での嫌韓デモの方が、犯人の人格や行動に大きな影響を与えると言う根拠は何でしょうか?

093

 韓国では安重根始めテロリスト達を礼賛する教育を、小学生から行っています。

 だから普通の韓国人はテロリストを「国家の英雄」として礼賛するのです。

 国家でテロを礼賛する教育を受けたから、テロをやる。

 こう考える方が自然ではありませんか?

 実際この靖国神社のテロ犯は韓国では英雄扱いです。
 
 この靖国神社テロ犯だけでなく、金嬉老から対馬の仏像泥棒まで、日本で犯罪を犯した人間が皆韓国では国家の英雄扱いされています。
 
 日本でテロをやれば国家英雄になれる!!!

 こうした韓国の教育と国家の姿勢がテロを産んでいるのではありませんか?

091

 そしてこれはオウム真理教、日本赤軍、中核派、核マル派などの日本のテロリストも同様です。
 彼等はテロによって政権を簒奪すると言う思想に染まっていました。

 そしてテロを行う事を「尊師の為」或いは「革命的行為」として礼賛する集団だったのです。

 イスラム教徒のテロも同様です。

 イスラム教には教団成立以来、一貫して聖戦思想がありました。

 暗殺教団などと言うテロ専門の教団さへ存在した事があります。

 そしてイスラム世界の人々は、この暗殺教団が存在した頃とさして変わらない中世的な宗教観で生きています。
 つまりイスラム教こそが人倫の基本であり、イスラム教を信じない人間は、倫理観念のない動物同然である。 だから彼等を殺しても奴隷しても構わない。
 
 民主主義や人権、男女同権など現在の欧米や日本の社会が守っている規範など、イスラム教徒にすれば蒙昧な野蛮人の迷信に過ぎないのです。

 そうした集団であれば聖戦とセットになったテロ=殉教を礼賛するのは当然なのです。
 これでは際限もなくテロリストが生まれるでしょう。

092

 しかし奇妙なことに人権や男女同権などを煽る人間に限ってこうしたイスラム世界の現実から目を背け、「白人が差別さへしなければテロはなくなる」などと言うのです。

 思うに彼等自称リベラリストもまた、イスラム教徒と同様中世に生きる人々であって、リベラリズムをひたすら盲信する人々だからです。

 自分の信奉する理念に都合の悪い現実には目を背け、都合の良い話を拵えて喜ぶ。

 これは聖者の奇跡の話に飛びつく盲信者としか言えないのです。

096

 因みにこの記事の著者は1968年の心理学研究を元にして、この理論を建ているのですが、しかし心理学は極めて非科学的な学問です。

 心理学では追試をすると言う方法論が全くありません。 だから誰かが尤もらしい論文を書けば、それがそのまま通ります。

 これがどれだけ出鱈目かは、小保方STAPP細胞騒動を思い出せばわかるでしょう。 

107

 それにしてももう半世紀も前の怪しい心理学の論文と、そして近年起きた無数のテロのうち、パリのテロだけを取り上げて、「差別がテロの原因」「差別があるからテロが起きる」と結論する安直さは何でしょうか?
 
 これじゃナチの人種科学と同じレベルです。

 しかし笑えない事にこの記事を書いたのは名古屋大学の教授なのです。

 これを見るとわかります。
 
 怪しい話を適当切り貼りして、自分の都合の良い結論を捏造する学者=人種科学の信奉者は、今も世界中に山のようにいるのだと。
  1. レイシスト
  2. TB(0)
  3. CM(21)

コメント

わかった!って 、え?

お は な ば た け に ちょ う ちょ が み え ま す

メカニズムがわかった!と鬼の首とったみたいにはしゃいでて恥ずかしい。読んでるこちらが赤面します。まるで中学生の文章です。
差別というひとつのワードにしか脳が働かないんでしょうね。

日本の場合は在日批判できるようになったのはお互いの関係のためには前進なんじゃないですかね。それでもほんの少しですが。まだまだ腫れもの扱いですもの。
vシネマに在日ヤクザなんか1人も出てきませんが、現実はあれ。彼らは戦後の闇市で巨万の富を手にしたのにその手の映像作品は毎年あるのに全く出ない。出したら悪役にならざるを得ないんでしょう。。やっと時々作られる映画やドラマは、差別される在日可哀想日本人は反省しろっていうのしかありません。
向こうは全世界に日本の残虐さを宣伝してやるニダアル!とうそ話を題材にじゃんじゃんヘイトを撒き散らして、日本は一本もそんな作品は作らない。言っただけでレイシスト死ねと言われる。なんという不公平。これは非常なストレスを日本人にかけてるんですが。でももし日本人によるテロが起こっても、この教授は日本人のヘイトが悪い〜って言うんでしょうね。

青い目茶色い目は見たことがあります。十代の私はほおーと感心して見てましたが、しょせん同じ白人の子供を使った教室内の実験。現実の異人種異宗教の何百万人の移民と先住民にぴったりあてはまるわけないやろと。弱者だって人間だから悪人もいるのです。イスラム移民も在日も天使を前提にするのは失礼でしょう。どっちかというと、両方テロ礼賛する人たちなんですから。
  1. 2016-03-08 21:04
  2. URL
  3. こきち #97nXsu5.
  4. 編集

不正な投稿

っていわれちゃいました(・ω・`
  1. 2016-03-08 21:07
  2. URL
  3. こきち #97nXsu5.
  4. 編集

Re: わかった!って 、え?

> お は な ば た け に ちょ う ちょ が み え ま す
>
> メカニズムがわかった!と鬼の首とったみたいにはしゃいでて恥ずかしい。読んでるこちらが赤面します。まるで中学生の文章です。
> 差別というひとつのワードにしか脳が働かないんでしょうね。
>
> 日本の場合は在日批判できるようになったのはお互いの関係のためには前進なんじゃないですかね。それでもほんの少しですが。まだまだ腫れもの扱いですもの。
> vシネマに在日ヤクザなんか1人も出てきませんが、現実はあれ。彼らは戦後の闇市で巨万の富を手にしたのにその手の映像作品は毎年あるのに全く出ない。出したら悪役にならざるを得ないんでしょう。。やっと時々作られる映画やドラマは、差別される在日可哀想日本人は反省しろっていうのしかありません。
> 向こうは全世界に日本の残虐さを宣伝してやるニダアル!とうそ話を題材にじゃんじゃんヘイトを撒き散らして、日本は一本もそんな作品は作らない。言っただけでレイシスト死ねと言われる。なんという不公平。これは非常なストレスを日本人にかけてるんですが。でももし日本人によるテロが起こっても、この教授は日本人のヘイトが悪い〜って言うんでしょうね。
>
> 青い目茶色い目は見たことがあります。十代の私はほおーと感心して見てましたが、しょせん同じ白人の子供を使った教室内の実験。現実の異人種異宗教の何百万人の移民と先住民にぴったりあてはまるわけないやろと。弱者だって人間だから悪人もいるのです。イスラム移民も在日も天使を前提にするのは失礼でしょう。どっちかというと、両方テロ礼賛する人たちなんですから。

 見事に短絡的お花畑論でしょう?

 ワタシもバカバカしい記事だと思ったのですが、余りに見事に短絡的な「差別悪い論」のなので取り上げました。

 この手の人達ってホントに現実を無視して、自分達の都合の良いところだけ摘まんで勝手に「差別悪い論」に持っていくのです。
 しかも一応学者なのです。
 マジにナチの人種科学を作ったのってこんな連中なのでしょう。
  1. 2016-03-08 22:06
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

Re: 不正な投稿

> っていわれちゃいました(・ω・`

 済みません。 戻しておきました。 お返事もしました。
  1. 2016-03-08 22:07
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

あんぐりしてしまいました。

こういう方が天然お花バタケリアンなのか、実はリベラルの皮を被ったデストロイアなのか判断できないのが困るのですが。

子供を持つ親としては最近ふと考えるのです。どうしたらこの様な脳ミソになるのだろうと。いわゆる左翼脳というのか...。

もちろんお勉強できたのでしょうね。でもこういう方ってスポーツとか、あるいは勉強でも、ひょっとして正しい競争をしてきた経験があまり無いのでは? なんとなくそう感じるわけです。
おっとっと関係の無い話ですみません。
  1. 2016-03-09 00:05
  2. URL
  3. けろりん #-
  4. 編集

>差別と偏見がテロを産む…

これを書いた先生もちやほやエリート育ちの一人でしょう。何か気の利いた事言って日本人を指図したいと考えたらピコーン、臭いの元は「サベチ」いや差別だと思いついた。人権を道具に使って日本人をひれ伏させようというわけだ。ところがこれは大変なことで、差別の反対は「わけ隔てのない愛」だから観音菩薩様クラスの話になる。ピコーンとなったらお釈迦さまのさとりの門前町の公衆トイレの足ふきマットのところまで偶然ワープして来てしまったらしい。しかし、わーぷしてぼくちゃんは偉いのだからこれからは玉蟲の厨子の壁画みたいに飢えた虎に捨身しなくちゃならない。ゴキブリがたかった食い物も一緒に食べなくちゃなんない。道を歩いていて犬がかみついて来たらかみつかれたままにする。雨にも負けず風にも負けず…、と付き合うコチトラがばかばかしい。どうして大学教授って馬鹿ばかりなんだろう、とこないだ言ったら理科系は検証するから利口でないとだめだが、文系は検証がないから馬鹿でもつとまるそうだ。ま、こちらも馬鹿なコメントで申し訳ないが、大変面白い記事でした。
  1. 2016-03-09 07:08
  2. URL
  3. #LkZag.iM
  4. 編集

心理実験

小学校での実験というのは初耳でしたが私は有名なスタンフォード大学の実験を連想しました。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B9%E3%82%BF%E3%83%B3%E3%83%95%E3%82%A9%E3%83%BC%E3%83%89%E7%9B%A3%E7%8D%84%E5%AE%9F%E9%A8%93

私は韓国人が差別されましたという話より、韓国人のプロパガンダにより米国人にいじめられるようになった日本人の子供の話の方がこの実験と結びつくような気がします。
  1. 2016-03-09 07:40
  2. URL
  3. taigen #-
  4. 編集

結局 「難民・移民を受け入れろ!」 という主張ですね。

まったく、あの手この手で難民を受け入れるように世論誘導しようとしてきます。この筆者は、イスラム教について(私が言うのもなんですが・・・)素人さんですね!専門家が読んだら、よもぎねこさんが指摘されているように、大爆笑ものの内容だと思います。池内さんに、是非容赦ない論評をして頂きたいです。

サヨクマスコミや御用学者・評論家やリベラル在日外国人などが、「難民・LGBT・大麻(*違法薬物なのでお巡りさんに通報するべき?)を受け入れない国は、遅れている!!」と五月蠅い五月蠅い。そんなに遅れた国ならば、難民・LGBT・大麻を受け入れる先進国である北欧にでも行って移民受け入れのボランティア活動に勤しんできてくださいです。もしくはロシアや中国で人権抑圧反対活動をするのが、意識高い系リベラルの最新のトレンドだと逆に圧力をかけてあげたいような気がします。結果については、自己責任ですが。
  1. 2016-03-09 08:12
  2. URL
  3. 都民です。 #-
  4. 編集

Re: タイトルなし

> あんぐりしてしまいました。
>
> こういう方が天然お花バタケリアンなのか、実はリベラルの皮を被ったデストロイアなのか判断できないのが困るのですが。
>
> 子供を持つ親としては最近ふと考えるのです。どうしたらこの様な脳ミソになるのだろうと。いわゆる左翼脳というのか...。
>
> もちろんお勉強できたのでしょうね。でもこういう方ってスポーツとか、あるいは勉強でも、ひょっとして正しい競争をしてきた経験があまり無いのでは? なんとなくそう感じるわけです。
> おっとっと関係の無い話ですみません。

 大変困った事だけれど、この記事を書いたオジサンは名古屋大学環境学研究科・情報文化学部教授なのです。
 専門が何かは知りませんが、とにかく学者さんなのです。

 しかしこんな小学生でも論破できる程度の理論で「テロリストが生まれるメカニズムがわかった!」と大はしゃぎなのです。

 小学校の時、理科の実験で光合成の証明をするとか習わなかったのでしょうか?

 科学の方法論自体が全く身についていないのです。

 これで教授になれるって、恐ろしいです。
  1. 2016-03-09 11:25
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

Re: >差別と偏見がテロを産む…

> これを書いた先生もちやほやエリート育ちの一人でしょう。何か気の利いた事言って日本人を指図したいと考えたらピコーン、臭いの元は「サベチ」いや差別だと思いついた。人権を道具に使って日本人をひれ伏させようというわけだ。ところがこれは大変なことで、差別の反対は「わけ隔てのない愛」だから観音菩薩様クラスの話になる。ピコーンとなったらお釈迦さまのさとりの門前町の公衆トイレの足ふきマットのところまで偶然ワープして来てしまったらしい。しかし、わーぷしてぼくちゃんは偉いのだからこれからは玉蟲の厨子の壁画みたいに飢えた虎に捨身しなくちゃならない。ゴキブリがたかった食い物も一緒に食べなくちゃなんない。道を歩いていて犬がかみついて来たらかみつかれたままにする。雨にも負けず風にも負けず…、と付き合うコチトラがばかばかしい。どうして大学教授って馬鹿ばかりなんだろう、とこないだ言ったら理科系は検証するから利口でないとだめだが、文系は検証がないから馬鹿でもつとまるそうだ。ま、こちらも馬鹿なコメントで申し訳ないが、大変面白い記事でした。

 ハハハ、全くその通りなのです。

 本来学者としてテロリストが生まれるメカニズムを発見するには、まず世界中のテロについてのデータを集めて、そのテロの動機やテロリストの成育歴を調べる必要があります。

 そうした上で多くのテロリストに成育歴に共通する傾向があれば、それがテロを産む原因と考える事ができます。

 そしてそうした共通の傾向から外れるテロリストについては、なぜ外れているのにテロをしたのか?を説明する必要があります。
 
 これだけセットでやってそれが心理学など他分野で補足できれば、尚良いでしょう。

 そこで初めて「テロリストが生まれるメカニズム」と言う論文が書けるのです。

 しかしテロの一例と過去の心理学の論文だけを結びつけて、安直に「テロリストが生まれるメカニズムがわかった」なんて、小学生の夏休みの自由研究のレベルにもなりません。
 
 これで名古屋大学教授なんて・・・・・。
  1. 2016-03-09 11:40
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

Re: 心理実験

> 小学校での実験というのは初耳でしたが私は有名なスタンフォード大学の実験を連想しました。
> https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B9%E3%82%BF%E3%83%B3%E3%83%95%E3%82%A9%E3%83%BC%E3%83%89%E7%9B%A3%E7%8D%84%E5%AE%9F%E9%A8%93
>
> 私は韓国人が差別されましたという話より、韓国人のプロパガンダにより米国人にいじめられるようになった日本人の子供の話の方がこの実験と結びつくような気がします。

 執拗な苛めや差別って韓国人の大好物ですからね。
 
 親は何とか子供をこんな連中がいない学校へ入れるべきです。
  1. 2016-03-09 11:53
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

Re: 結局 「難民・移民を受け入れろ!」 という主張ですね。

> まったく、あの手この手で難民を受け入れるように世論誘導しようとしてきます。この筆者は、イスラム教について(私が言うのもなんですが・・・)素人さんですね!専門家が読んだら、よもぎねこさんが指摘されているように、大爆笑ものの内容だと思います。池内さんに、是非容赦ない論評をして頂きたいです。

 イスラム教以前に学者として失格です。

 そもそも「テロリストが生まれるメカニズム」と言うなら近年起こった全てのテロの事例を研究してから論じるべきでしょう?
>
> サヨクマスコミや御用学者・評論家やリベラル在日外国人などが、「難民・LGBT・大麻(*違法薬物なのでお巡りさんに通報するべき?)を受け入れない国は、遅れている!!」と五月蠅い五月蠅い。そんなに遅れた国ならば、難民・LGBT・大麻を受け入れる先進国である北欧にでも行って移民受け入れのボランティア活動に勤しんできてくださいです。もしくはロシアや中国で人権抑圧反対活動をするのが、意識高い系リベラルの最新のトレンドだと逆に圧力をかけてあげたいような気がします。結果については、自己責任ですが。

 遅れた国で良いんじゃないですか?
 
 今ヨーロッパではドイツや北欧が大量の難民を受け入れたのに、ハンガリーやチェコなど東欧諸国は断固拒否です。

 今後そう遠くない未来に移民受け入れ国は文化摩擦の激化から大混乱に陥り、ヨーロッパ文明を継承できるのは、東欧諸国だけになるかも知れません。
  1. 2016-03-09 12:00
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

移民や難民を受け入れないのは遅れているのではなく進んでいるのです。前にも書きましたが、「違いを認め多様性を尊重する」というのは、他所国に押しかけて自分達の文化や価値観を持ちこんで、押し付けることではなく、その国がその国のままであり続けることを大事にすることです。
各々の国が持つ国柄、特色、独自性を維持し、そのままの形で、その国の国民の次世代へと継承させていくことこそ、多様性の尊重です。
国境線を超えた途端、別世界が広がり、自分の知らない文化や生活をする人たちが住んでいる状況こそ、多様性のすばらしさ、面白さだと思うのです。
ごた混ぜにすることこそ多様性の否定であり、無個性化、画一化に他なりません。
混ぜること=先進的、混ぜないこと=後進的、排他的という単純な二元論が支配的になり、異を唱えれば差別主義者、排外主義者の烙印を押されてきた状況ですが、欧州の移民難民流入による治安の悪化、犯罪、特に性犯罪の多発の状況が継続すれば、欧州諸国とて堪忍袋の緒が切れるのは時間の問題だと思います。
移民や難民を大量に受け入れた国は、今はどこも導火線になり、目に見えないだけで一色触発状態といえないでしょうか?
  1. 2016-03-09 16:17
  2. URL
  3. 名無しの権兵衛 #yFH2PF7Y
  4. 編集

リベラルこそ反知性主義

元記事を読みました。私は人文系の学部出身なので心理学も少しかじっていますが、本来の心理学は統計学に基づいた学問です。唐沢穣氏の文章は学問でも何でもありません。
唐沢氏は名古屋大学環境学研究科・情報文化学部教授だそうですが、ここ20年くらいの間に作られた「国際」「情報」「環境」などの学部や「学際的な研究」を目的にした学部に、こういうエセ学者が多数入り込んでいるような気がします。
そこには「リベラルだと出世しやすい」「保守派は出世しづらい」という、日本のアカデミズムの問題があるような気がしてなりません。

以前見たニコニコ生放送の政治系番組で、出演者が「保守系言論人の渡部昇一氏や西尾幹二氏が潰されなかったのは、専門が社会科学系ではなかったから。」と言っていました。
渡部昇一氏の専門は英語学で、西尾幹二氏の専門はドイツ文学ですね。お二人の専門が政治学だったら、確かに潰されていたかもしれません。
教育学が専門の藤岡信勝氏も「新しい歴史教科書を作る会」の運動を始めてからは冷遇されてますよね。例外はリベラルメディアにも出演して左翼ともうまく付き合っている西部邁氏くらいでしょうか。

マルクス主義者の教授が経済学部で出世したり、「安倍を叩き斬ってやる」なんて言ってる政治学教授が保守派を「反知性主義」と呼んでいる状況では、日本のアカデミズムの将来は真っ暗です。
このままでは、日本からノーベル賞受賞者が出なくなってしまうでしょう。人文系を中心に赤く染まった学部・学科を潰していくことが必要だと思います。
  1. 2016-03-09 18:28
  2. URL
  3. かんぱち #vF6NeGQU
  4. 編集

Re: タイトルなし

> 移民や難民を受け入れないのは遅れているのではなく進んでいるのです。前にも書きましたが、「違いを認め多様性を尊重する」というのは、他所国に押しかけて自分達の文化や価値観を持ちこんで、押し付けることではなく、その国がその国のままであり続けることを大事にすることです。
> 各々の国が持つ国柄、特色、独自性を維持し、そのままの形で、その国の国民の次世代へと継承させていくことこそ、多様性の尊重です。
> 国境線を超えた途端、別世界が広がり、自分の知らない文化や生活をする人たちが住んでいる状況こそ、多様性のすばらしさ、面白さだと思うのです。
> ごた混ぜにすることこそ多様性の否定であり、無個性化、画一化に他なりません。
> 混ぜること=先進的、混ぜないこと=後進的、排他的という単純な二元論が支配的になり、異を唱えれば差別主義者、排外主義者の烙印を押されてきた状況ですが、欧州の移民難民流入による治安の悪化、犯罪、特に性犯罪の多発の状況が継続すれば、欧州諸国とて堪忍袋の緒が切れるのは時間の問題だと思います。
> 移民や難民を大量に受け入れた国は、今はどこも導火線になり、目に見えないだけで一色触発状態といえないでしょうか?

 今の自称リベラリスト達の言う多様性って、醤油も砂糖も塩もマヨネーズも唐辛子も全ての調味料を全部ごちゃまぜにする話しなのですよね。

 こんな調味料を使ったら全ての料理の味が単一になるのですが、しかし自称リベラリストによれば、これが多様性なのです。

 どうも彼等の言う事を聞いていると、自分達の言っている事の意味を理解していないか、或いは意図的に国家を破壊し、伝統文化をすべて破壊しようとしているのではないかと思います。
  1. 2016-03-09 20:09
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

Re: リベラルこそ反知性主義

> 元記事を読みました。私は人文系の学部出身なので心理学も少しかじっていますが、本来の心理学は統計学に基づいた学問です。唐沢穣氏の文章は学問でも何でもありません。

 おお、そうですか。
 まあ、どう考えても学問的な文章には思えません。

 小学生の読書感想文としてもお粗末です。

> 唐沢氏は名古屋大学環境学研究科・情報文化学部教授だそうですが、ここ20年くらいの間に作られた「国際」「情報」「環境」などの学部や「学際的な研究」を目的にした学部に、こういうエセ学者が多数入り込んでいるような気がします。
> そこには「リベラルだと出世しやすい」「保守派は出世しづらい」という、日本のアカデミズムの問題があるような気がしてなりません。

 そうですね、所謂一流大学の文化系の教授達の顔ぶれを見ていると、到底マトモにアカデミズムをやっているとは思えません。

> 以前見たニコニコ生放送の政治系番組で、出演者が「保守系言論人の渡部昇一氏や西尾幹二氏が潰されなかったのは、専門が社会科学系ではなかったから。」と言っていました。
> 渡部昇一氏の専門は英語学で、西尾幹二氏の専門はドイツ文学ですね。お二人の専門が政治学だったら、確かに潰されていたかもしれません。
> 教育学が専門の藤岡信勝氏も「新しい歴史教科書を作る会」の運動を始めてからは冷遇されてますよね。例外はリベラルメディアにも出演して左翼ともうまく付き合っている西部邁氏くらいでしょうか。
>
> マルクス主義者の教授が経済学部で出世したり、「安倍を叩き斬ってやる」なんて言ってる政治学教授が保守派を「反知性主義」と呼んでいる状況では、日本のアカデミズムの将来は真っ暗です。
> このままでは、日本からノーベル賞受賞者が出なくなってしまうでしょう。人文系を中心に赤く染まった学部・学科を潰していくことが必要だと思います。

 マルクス主義者が今でも経済学の教授って凄い話ですよね。

 天動説の信奉者が天文学部の教授みたいな話です。

 今の大学の人文科学を見ていると、中世の神学校みたいです。
 大凡近代合理主義とは縁のない世界です。
 
 知性ではなく信仰の世界です。
  1. 2016-03-09 20:14
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

差別の問題とは少し違いますが・・・。

現在より遥かに貧富の差が激しく、農村と都会に明らかに
経済格差があった(なんか現代中国みたい)昭和初期には
軍人テロが続発します。中でも最大のそれは1936年の2.26事件。

その当時のマスコミの論調はというと「格差社会の中、
農村出身の兵士の窮状、政党政治の腐敗をみかねた純真な青年将校たちが現状を打破すべく決起した」というもので
やったことは悪いかもしれないが、彼らの志はよくわかる
という見方をする人が多く、2.26事件の首謀者たる青年将校に対する減刑嘆願書までが民間有志から出されていました。

左翼すらそんな見方をしたりしていましたが、実態はというと、戦後の日本赤軍やオウム真理教と対して変わらないレベルのテロで、単なる陸軍内の統制派、皇道派の派閥抗争であり、青年将校たちに社会の仕組みに対する深い理解や方策など何もなく、ただただ思うようにならぬ現状を打破せよ、破壊せよ・・以外の思想は何も感じられない
お粗末な代物でした。

そもそも1936年の日本経済ってそんなにひどい状況だったの?というとそんなことはないんですよね。

恐慌直後の1931年は確かに悲惨な状況ですが、名大蔵
大臣高橋是清のデフレ対策が功をそうして、1936年時点では有効求人倍数も1を超え、戦前期日本ではもっとも
経済状況がいい時期だったりします。

そもそも昭和30年の経済白書における有名なフレーズ、
「もはや戦後ではない」はすべての経済関連の数字が
1936年、昭和11年のレベルを越えた・・ということ
が根拠の一つでしたし、戦前期をよく知る評論家の山本
夏彦氏によれば、戦後しばらくの庶民の合言葉は
「昭和8年に帰りたい」だったそうで。こんな時期に
なんであんな大規模なクーデターが発生するの?です。

ステレオタイプな「社会が悪い」ではテロの実態がまったくわからなくなってしまう良い例でしょうね。

ちなみに青年将校たちは「昭和維新」「天皇親政」を
唱えていましたが、2.26事件の青年将校たちを
もっとも嫌悪していた日本人は他ならぬ昭和天皇で、
もっとも強硬に鎮圧を主張していたの皮肉としかいい
ようがないですね。
  1. 2016-03-10 18:40
  2. URL
  3. prijon #-
  4. 編集

Re: タイトルなし

> 差別の問題とは少し違いますが・・・。
>
> 現在より遥かに貧富の差が激しく、農村と都会に明らかに
> 経済格差があった(なんか現代中国みたい)昭和初期には
> 軍人テロが続発します。中でも最大のそれは1936年の2.26事件。
>
> その当時のマスコミの論調はというと「格差社会の中、
> 農村出身の兵士の窮状、政党政治の腐敗をみかねた純真な青年将校たちが現状を打破すべく決起した」というもので
> やったことは悪いかもしれないが、彼らの志はよくわかる
> という見方をする人が多く、2.26事件の首謀者たる青年将校に対する減刑嘆願書までが民間有志から出されていました。
>
> 左翼すらそんな見方をしたりしていましたが、実態はというと、戦後の日本赤軍やオウム真理教と対して変わらないレベルのテロで、単なる陸軍内の統制派、皇道派の派閥抗争であり、青年将校たちに社会の仕組みに対する深い理解や方策など何もなく、ただただ思うようにならぬ現状を打破せよ、破壊せよ・・以外の思想は何も感じられない
> お粗末な代物でした。
>
> そもそも1936年の日本経済ってそんなにひどい状況だったの?というとそんなことはないんですよね。
>
> 恐慌直後の1931年は確かに悲惨な状況ですが、名大蔵
> 大臣高橋是清のデフレ対策が功をそうして、1936年時点では有効求人倍数も1を超え、戦前期日本ではもっとも
> 経済状況がいい時期だったりします。
>
> そもそも昭和30年の経済白書における有名なフレーズ、
> 「もはや戦後ではない」はすべての経済関連の数字が
> 1936年、昭和11年のレベルを越えた・・ということ
> が根拠の一つでしたし、戦前期をよく知る評論家の山本
> 夏彦氏によれば、戦後しばらくの庶民の合言葉は
> 「昭和8年に帰りたい」だったそうで。こんな時期に
> なんであんな大規模なクーデターが発生するの?です。
>
> ステレオタイプな「社会が悪い」ではテロの実態がまったくわからなくなってしまう良い例でしょうね。
>
> ちなみに青年将校たちは「昭和維新」「天皇親政」を
> 唱えていましたが、2.26事件の青年将校たちを
> もっとも嫌悪していた日本人は他ならぬ昭和天皇で、
> もっとも強硬に鎮圧を主張していたの皮肉としかいい
> ようがないですね。

 大変興味深い話を有難う御座いました。 
 2・26事件が起きた頃の日本経済は非常に良かった言うのは初めて知りました。

 それで思い出すと、日本赤軍などがテロを行った1970年代も日本は経済絶好調です。

 「ジャパン アズ ナンバー1」と言う本が出たりしていた時代です。

 そういう時代に学生達が社会主義暴力革命を目指したのです。

 そしてその頃もマスゴミは非常のこの暴力革命の好意的でした。

 よど号ハイジャック犯にさへ極めて好意的な論調の記事を書いていたのを思い出します。

 結局テロを産むのは、こうしたテロ礼賛の気風でしょう。

 そしてテロリストになるのは、こうした気風に乗った傲慢不遜な人達、自分達の正義の前には法も他人の命も問題外とする人達ではありませんか?
  1. 2016-03-10 19:31
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

戦前の日本

まったくの余談なので、読み飛ばしていただいても
結構ですが・・・。

>2・26事件が起きた頃の日本経済は非常に良かった言うのは初めて知りました。

日本における戦前期の歴史論争というと大東亜戦争は侵略か否かみたいな話ばかりが取り沙汰されて、やれ自虐的だとか逆に過去の過ちがどうのこうの・・なんて言われますが・・。
私個人は自虐史観と聞いて気になるのは、そういった
イデオロギー的な話ではなく経済面の事柄ですね。

日本の高度経済成長というと戦後のそればかりが取り上げ
られて、戦前のそれが念頭が置かれることが極めて少ないのが不思議なんですよね。

GNPの成長率をみると1908~1917年で3.09%
1918~1927年で1.05%。1923~1932
年で2.35%。
当時の国際水準でみればかなりの高さです。
明治維新から第二次大戦前、1930年代後半の
約70年で実質賃金は3倍、鉱工業生産は30倍
農業生産は3倍になってます。

別に占領軍のマッカーサー元帥やGHQの改革によって
いきなり経済成長したわけじゃないんです。
高度成長は明治以来ずっと続いていて戦時中に
一度中断して、戦後再開した・・というのが正確な見方
かと。
1929年の世界大恐慌についても悲惨な局面ばかりが
強調されますが、これは世界中がそうで、日本は復興が
早い部類に属します。

冷静に考えれば当然で、この経済高度成長と社会システムの充実の進行がなければ日清、日露戦争にだって勝てません。帝国主義を掲げたところで、おいそれと戦争はできない、勝てないですし、急に国力が増強もされません。

高速鉄道の嚆矢ともいえる新幹線も戦前から計画されていたもので用地買収も始まってました。
戦前期、昭和初期にはすでに日本の鉄道技術は世界レベル
でしたし。

いくらなんでも、まったくゼロの状態から戦後わずか19年であんな高度技術を会得できるわけがありません。
新幹線についても戦前からの絡みはなぜか語られることが
少ないですよね。

思想的、左右両翼のイデオロギーを抜きにしてみると
戦前期の日本ほど面白い時代はない、と個人的に思ってます。
 ほんの少し前までちょんまげを結っていたような国民が
世界最新鋭の戦艦を動かし、デパートの食堂でハヤシライスやカレーライスを食って、ポルノ写真を眺めてたり。

また、華族という特権階級がいるかと思えば、街には残飯で命をつなぐ何十万人もの貧民がいたり。
ステレオタイプな「歴史認識」では説明がつかないほどの
多様さと雑然さが、戦前期の日本にはあるので。
  1. 2016-03-10 20:45
  2. URL
  3. prijon #-
  4. 編集

所詮民度と教育の問題でしょう。

500年前ならばおそらく西欧でも同じようなテロ行為は頻発したんだろうと思います。ただ宗教観での戦争は馬鹿らしいと気づきテロは何も生まない知った時点で、西欧の近代は始まったわけです。

その後のテロ行為はアカかIRAのような一部の過激派のものに限定されていたわけです。つまりそんな事はやってはいけないというのが西欧の民度だったわけです。

ムスリムのやってることはそれが西欧に及ばないということの表れでしょう。

半島人あたりはおそらくこの民度の低さと誤った教育による相乗作用でしょう。さっさと付き合うのをやめるというのが正解なんですが何とかならないでしょうかね。
  1. 2016-03-12 01:46
  2. URL
  3. kazk #cPv2SIBE
  4. 編集

Re: 所詮民度と教育の問題でしょう。

> 500年前ならばおそらく西欧でも同じようなテロ行為は頻発したんだろうと思います。ただ宗教観での戦争は馬鹿らしいと気づきテロは何も生まない知った時点で、西欧の近代は始まったわけです。
>
> その後のテロ行為はアカかIRAのような一部の過激派のものに限定されていたわけです。つまりそんな事はやってはいけないというのが西欧の民度だったわけです。
>
> ムスリムのやってることはそれが西欧に及ばないということの表れでしょう。
>
> 半島人あたりはおそらくこの民度の低さと誤った教育による相乗作用でしょう。さっさと付き合うのをやめるというのが正解なんですが何とかならないでしょうかね。

 結局法よりも自分達の正義を優先する感情がテロを産んでいるのですね。

 イスラム世界って500年前とほとんど変わっていないのです。 ヨーロッパだって500年前はイスラム世界と同等かそれ以下のレベルで、イスラム世界とやりあっていたんですが、しかしその後すこしづつ進化して近代国家になったのです。

 それでヨーロッパでは法治主義が確立したのですが、しかし法をよりイスラム教と言う世界が続いているのがイスラム世界です。

 だから暴力による宗教的正義=テロが頻発するのです。

 そして欧米や日本などの近代国家でも、やはり法を自分の正義を優先する歪んだエリート意識を持つ人間はそこそこいるので、赤軍派などテロは起きるのです。
  1. 2016-03-12 12:52
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する