2016-01-22 14:59

難民の定義と規則 ドイツ人の思考法 

 この頃毎日エコドライブ日記さんがアップしてくれる欧州のニュース動画を見ています。 これを見ていると難民騒動は深刻化する一方です。

 しかしこれに対する対応を見ていると、西洋人、特にドイツ人の思考法への違和感を感じずにはいられません。



 動画の4分辺りから難民をトルコからギリシャに運ぶ密航組織が逮捕された話が出てきます。

 この密航組織の船に乗ってギリシャに渡り、そしてドイツで難民申請をしている人がドイツの警察に通報して、その情報を元にトルコ警察が逮捕したのです。

 で、ドイツのテレビは密航業者を「人の不幸に付け込んで莫大な利益を上げる」と非難しています。 そしてこのような業者ドンドン摘発しろと言うのです。

 またメルケルも公式にトルコ政府に、不法渡航業者の摘発を要請しました。

2016y01m22d_150343153

 確かに不法渡航業者は危険な老朽船に「難民」を満載して、トルコからレスボス島やキオス島までの10キロ余りの航海に8000ユーロと言う法外な料金を取っています。

 このような船はこれまで何隻も途中で沈没して、昨年は3771人が溺死しました。 因みにこの溺死者って死体があがったり、同行者が救助されたことで、死んだ事を確認できる人だけでしょう?

 不法に秘密裡に出航した船ですから、途中で沈没しても普通は誰にもわかりません。 沖で水死した人の遺体など上がる方が遥かに少ないのです。
 だから実際に溺死した人の数はこれを遥かに上回るでしょう。

 だからこうした業者のやっていることは非人道的であることは間違いないのです。

 でも、そういう非人道的な業者がトルコからギリシャに運び込んだ「難民」を大歓迎しているのは、ドイツでしょう?

 危険で高額でも、こうした航海をしてドイツに入りさへすれば、難民認定を受けて、ドイツの福祉と高賃金でリッチな人生を保障される!!

 これじゃ危険な航海にトライする人間は尽きるはずもないのです。
 そしてそういう需要があれば供給をしようと言う人間もまた尽きるはずもないのです。

096

 不法渡航業者が高額の料金を取るのは当然です。
 実際不法行為ですから、逮捕されたら人生オシマイです。
 まして客から通報されるなんて事になれば、ホントに逮捕リスクは高いのです。

 リスクにあったリターンを求めるのは、世界中全てのビジネスの基本です。

 動画のドイツのテレビは「人の不幸に付け込んで莫大な利益を上げる」と非難するけれど、それじゃ逮捕されたら人生オシマイになるような違法行為を、無料でやれと言うのでしょうか?

 ドイツ人が「難民」と呼んで歓迎している人達は、しかし法的にはギリシャに不法入国した人達なのです。
 その「難民」を歓迎するのは、不法入国を歓迎している事なのです。

 「難民」を歓迎しているドイツ人達は、自分達が不法行為を助長していることを理解しているのでしょうか?

098

 そして自分が利用した不法渡航業者をドイツ警察に告発したと言う「難民」にも呆れます。
 なるほど高額の料金を取られたのは面白くないでしょう?

 しかし相手は大変なリスクを背負って仕事をしているのだし、そもそも自分がドイツに来られたのは誰のお蔭かわかっているのでしょうか?

 ざまあみろ!!
 人の足元を見て散々ボッタクりやがって!!
 オレ様はもうドイツで難民様になったら、オマイ等は全部刑務所に行け!!
 
 エッ、そんなことして・・・・・アンタはそれで良いでしょうよ。
 でもそれじゃ、後からドイツに行きたい人達はどうするんですか?
 業者の逮捕が続けば、渡航の手段はなくなるじゃないですか?

 こういう人ってドイツでは善良な人間と認識されるんでしょうか?

116

 前にも何度か書いたけれど、このEUの難民歓迎は信じがたく偽善的で不愉快なのです。

 ドイツ政府は今も「政治難民の受け入れに上限はない」と言う看板を掲げています。 そしてそれに反対する他のEU諸国に対して、実に居丈高に説教しています。

 しかしそんな崇高な理念とは裏腹、メルケルはトルコ政府に不法渡航業者の取り締まり強化を求めているのです。
 
 だからあ!!
 オマイが不法渡航者を難民様と歓迎するから、不法渡航業者が商売できるんだろうが!!

 そんなに難民様を歓迎するなら、シリア人やイラク人やアフガニスタン人全員に、ドイツの入国ビザを免除にしたら?
 そうすれば皆、安くて速くて安全快適な飛行機を利用するから、不法渡航業者なんか全部失業します。
 そして幼児がエーゲ海で溺死するような悲惨な話もなくなります。

 ところがドイツの政府だけでなく、マスコミも自称人権団体も絶対これは言いだしません。 代わりにドイツ政府はトルコ政府の不法渡航業者の取り締まりの代償としてトルコ人のドイツ入国ビザは免除したのです。
 そして自称人権団体もこの事で政府を非難していません。

104

 つまりドイツ人は難民とは「危険を冒して国境を越えて来た人々である」と定義しているのです。
 そして「難民であるからには絶対に保護しなければならない」と言う規則を守るのです。

 なるほどこれは第一次世界大戦・第二次世界大戦そして冷戦時など、近代以降のヨーロッパ域内での難民の場合には綺麗に当て嵌まりました。

 しかし現在EUに押し寄せている「難民」と言うのは、幾つも国境を越えて豊かなEUを目指す人達なのです。 命からがら隣国へ逃れる人々ではないのです。
 今の「難民」はナチから逃げだしたユダヤ人や、ベルリンの壁を越えた東ドイツ人とは明らかに違うのです。

 そして「難民」保護が幾ら善であろうとも、現実に受け入れられる人数に限りがあるのです。 
 だって個人のレベルで考えたらわかるけれど、どんな善良な人でも善行を行う時には、自分の限界と相談しながらやるしかないのです。 

110

 けれども大変奇妙なことに、ドイツ人は自分達の決めた難民の定義も、また難民対応の規則も絶対に変えないのです。

 そして大変厄介なことに、この定義と規則を他のヨーロッパ諸国に強制しようとしています。

 しかし東欧諸国はEU加盟後も経済成長が今一で、貧しいままです。 ハンガリーなど今も国民の3分の1が貧困状態です。
 東欧諸国で右派系の政党が力を得ているのは、こうした背景があるからです。

 しかもこれらの国々はイスラム諸国を侵略・植民地支配するなど加害の歴史はありません。 だから現在のイスラム世界の混乱にも何の責任もありません。

 それどころか第一次世界大戦後オスマン帝国が崩壊するまで、その支配や圧迫に苦しみ続けたのです。
 だからこれらの国々にはオスマン帝国の恐怖にまつわる沢山の伝説があります。

 このような国々の人々にすれば、バルカン半島を徒歩で移動する難民の大群は、そのままオスマン軍団の悪夢と見えたでしょう。

 貧困に苦しみ、今もこうしたトラウマの癒えない国々に、無理矢理イスラム教徒の難民を押し付けたらどうなるか?

 不況と失業で苦しむワイマール共和国に、大量のユダヤ人を移民させるのと同じ結果になるのではありませんか?

112

 勿論ドイツがこのように居丈高に東欧諸国に難民を押し付けるようとするのは、単に硬直的思考しかできないからではありません。
 賢いメルケルがそんな馬鹿なわけはないのです。

 実際彼女は口では「政治難民の受け入れに上限はない」と言いながら、トルコ政府に難民を流出させないように要求するような事をしているのです。
 不法渡航業者の取り締まり強化の要請だってこの一環です。

 ドイツ国民の中でも多数の人々がこのオカシナ難民の定義と規則に疑念を持って、難民大量受け入れに不満が噴出しています。
 そして「何でドイツだけが?」と言うのです。

 だから政権側は「ドイツだけじゃない、他の国にも押し付けるから、文句を言うな!!」というわけです。

 これはもう政権エゴ丸出しなのです。
 しかしドイツの難民と定義と規則からすれば、完全な善行であるために、こうしたエゴに対しては自省の念はありません。

119

 塩野七生さんの昔のエッセイ(70年代)に、イタリア在住の塩野さんがドイツに旅行した話が出ていました。 
 
 ドイツでは信号が赤になると、車が全部止る!
 道路に歩行者が一人もいなくても、全部止る!

 さすがはドイツ!! 
 イタリアと違って、皆ちゃんと規則を守る。

 と、感動した次の瞬間、信号が青に変わると、全ての車が自動車レースのスタートのように走り出した。 
 歩行者がいよと知ったこっちゃない!!
 信号守らない奴は轢き殺せ!!

 これ幾らなんでもヤバイでしょう?


 そんな話でした。

 因みに短足おじさんのところで見たコメントの中で知ったのですが、エマヌエル・ドットの「ドイツ帝国が世界を滅ぼす」とか言う本の中にも同じような事が描いているのだそうです。

 しかし難民問題への恐ろしく硬直的な対応を見ていると、こうしたドイツ人の思考法とそのヤバイ面が丸出しになっています。
 
 このまま行くとホントにヨーロッパは大変なことになるんじゃないか・・・・・。
 ワタシはとても心配です。
  1. ヨーロッパ
  2. TB(0)
  3. CM(16)

コメント

ドイツ人の国民性というか、ゲルマン人の民族気質というか・・・

教条主義的なドイツ人の国民性に加えて、敗戦国であるために左翼リベラルの意見が強いので、こういう政策にならざるを得ないんじゃないでしょうか。
以前も書きましたが、ドイツはマスコミがすごく左に偏っていて、公共放送のZDFは論調が完全に「反原発」「難民歓迎」です。
脱原発のせいで電気代が上がっても、風力発電企業が破綻しても、イスラム系難民による性暴行事件が起きても論調は変わりません。反ユダヤ、反イスラム、反移民のような主張は必ず否定的に報道されます。
左翼の主張はよく取り上げられ、左翼政党の社民党、左翼党(Die Linke)、同盟90/緑の党(Grünen)はよくニュースに登場しますが、保守派の意見はほとんど取り上げられません。

また、他のヨーロッパの諸国のマスコミも、ドイツで国家主義的、民族主義的な動きが起きるとすぐに「ドイツで危険な動きが~、ネオナチが~」と報道しますが、右翼以上に過激で暴力的な左翼はほとんど批判されません。ドイツの反原発団体などは、核燃料の輸送を実力で妨害する行為などもしているのですが。

国全体がこんなリベラルでいられるのは、ドイツが経済大国だからでしょう。ドイツ以外の国でこんなに左翼が強かったら経済が衰退していると思います。
そしてドイツの保守派は、日本の自民党のように、常に左翼やリベラル派から批判されないように注意しながら行動せざるを得ないんじゃないかと思います。おそらく教条主義的なドイツのリベラル派にとって「難民がヨーロッパに来るのが悪い」というのは、口にしてはいけないタブーで、「外国人を受け入れない」という選択肢はドイツにはありません。
そこで、「移民を安い労働力にしよう」という発想が出てくるんじゃないかと思います。うまくいくかどうかは別にして、その方が都合が良い人も多いのでしょう。
こうして書いてみると、ドイツのリベラル派の思考って、全然リベラル(自由)じゃないなぁと思いました。
  1. 2016-01-22 22:52
  2. URL
  3. かんぱち #vF6NeGQU
  4. 編集

追記です

ドイツの反原発団体が核燃料の輸送を実力で妨害しようとした事件です。

ドイツ 【 ”脱原発” 放射性廃棄物輸送の貨物列車を市民が妨害…警官と衝突】
http://atmc-tokyo.com/radiation/16257/

ドイツ:2万3000人集会&放射性廃棄物輸送阻止行動
http://turezureysd.blog.fc2.com/blog-entry-2016.html
>独 放射性廃棄物輸送巡り衝突(11月27日 5時52分 NHK)
>動画ニュース放射性廃棄物輸送に抗議、独で大規模デモ (2011/11/26 TBS)
  1. 2016-01-22 23:08
  2. URL
  3. かんぱち #vF6NeGQU
  4. 編集

ドイツに限らずヨーロッパでは、陸路で来た者は難民として歓迎しますが、空路で来た者に対しては結構厳しい態度をとるのです。とはいえシェンゲン条約があるので、イタリア等から空路で入国していても、ドイツはその出入国記録に簡単にはアクセスできないし、難民申請者もパスポートを提示しないので、普通は入国経緯は把握できないのです。だから命の危険をものともせず海路と陸路を乗り越えてくることは、難民申請の絶対条件なのです。予定調和的な偽善ですが、非常に政治的な判断なので、だれも表向きは一切批判しないのです。
  1. 2016-01-23 00:31
  2. URL
  3. *** #-
  4. 編集

 短足おじさんの記事に、メルケル首相が2010年のBBCの記事で「移民、多文化共生は失敗したと明言。」していたそうです。そして2015年12月のWPでも、「多文化共生は、偽物。」と発言したと報じていました。

 不思議です。失敗だと分っているのに、何故難民を全て受け入れると言わざるを得なかったのか。EUやドイツ経済界は、安い労働力を受け入れて経済を成長させたいと言っていますからその圧力に負けたのか。それとも、難民を受け入れる道徳的に正しい国となって敗戦国ドイツに課せられた「ホロコースト」の頸木から逃れるためだったのか。どうも訳が分からないです。
  1. 2016-01-23 09:03
  2. URL
  3. 都民です。 #-
  4. 編集

Re: ドイツ人の国民性というか、ゲルマン人の民族気質というか・・・

> 教条主義的なドイツ人の国民性に加えて、敗戦国であるために左翼リベラルの意見が強いので、こういう政策にならざるを得ないんじゃないでしょうか。
> 以前も書きましたが、ドイツはマスコミがすごく左に偏っていて、公共放送のZDFは論調が完全に「反原発」「難民歓迎」です。
> 脱原発のせいで電気代が上がっても、風力発電企業が破綻しても、イスラム系難民による性暴行事件が起きても論調は変わりません。反ユダヤ、反イスラム、反移民のような主張は必ず否定的に報道されます。
> 左翼の主張はよく取り上げられ、左翼政党の社民党、左翼党(Die Linke)、同盟90/緑の党(Grünen)はよくニュースに登場しますが、保守派の意見はほとんど取り上げられません。
>
> また、他のヨーロッパの諸国のマスコミも、ドイツで国家主義的、民族主義的な動きが起きるとすぐに「ドイツで危険な動きが~、ネオナチが~」と報道しますが、右翼以上に過激で暴力的な左翼はほとんど批判されません。ドイツの反原発団体などは、核燃料の輸送を実力で妨害する行為などもしているのですが。
>
> 国全体がこんなリベラルでいられるのは、ドイツが経済大国だからでしょう。ドイツ以外の国でこんなに左翼が強かったら経済が衰退していると思います。
> そしてドイツの保守派は、日本の自民党のように、常に左翼やリベラル派から批判されないように注意しながら行動せざるを得ないんじゃないかと思います。おそらく教条主義的なドイツのリベラル派にとって「難民がヨーロッパに来るのが悪い」というのは、口にしてはいけないタブーで、「外国人を受け入れない」という選択肢はドイツにはありません。
> そこで、「移民を安い労働力にしよう」という発想が出てくるんじゃないかと思います。うまくいくかどうかは別にして、その方が都合が良い人も多いのでしょう。
> こうして書いてみると、ドイツのリベラル派の思考って、全然リベラル(自由)じゃないなぁと思いました。

 それは多分にあるでしょうね。

犯罪を起こした難民は認定取消し強制送還で追い返すとメルケル母さんw
http://www.nicovideo.jp/watch/sm27999742

 この動画の終わりの方のドイツの放送で「我々は償いをしたい」と言うのです。

 しかしこれは奇妙な償いなのです。

 だってドイツはシリアにもアフガニスタンにもイラクにに侵略をしたことはないのです。 ドイツが侵略したのはポーランドでありギリシャでありバルカン諸国なのです。

 だったら償う相手が違うのでは?

 ところがドイツは償いと称してイラクやシリアやアフガニスタンの難民を受け入れ、これを貧窮に苦しむギリシャ始め第二次大戦のドイツの被害国に居丈高に押し付けるのです。

 なんかもう完全に狂っていますよね?

 

 


 
  1. 2016-01-23 11:11
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

Re: 追記です

> ドイツの反原発団体が核燃料の輸送を実力で妨害しようとした事件です。
>
> ドイツ 【 ”脱原発” 放射性廃棄物輸送の貨物列車を市民が妨害…警官と衝突】
> http://atmc-tokyo.com/radiation/16257/
>
> ドイツ:2万3000人集会&放射性廃棄物輸送阻止行動
> http://turezureysd.blog.fc2.com/blog-entry-2016.html
> >独 放射性廃棄物輸送巡り衝突(11月27日 5時52分 NHK)
> >動画ニュース放射性廃棄物輸送に抗議、独で大規模デモ (2011/11/26 TBS)

 川口マーンさんが書いていましたが、ドイツのマスゴミの関係者の支持政党の圧倒的多数は緑の党なのだそうです。
 これではマトモな報道は期待できないでしょうね。
  1. 2016-01-23 11:13
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

Re: タイトルなし

> ドイツに限らずヨーロッパでは、陸路で来た者は難民として歓迎しますが、空路で来た者に対しては結構厳しい態度をとるのです。とはいえシェンゲン条約があるので、イタリア等から空路で入国していても、ドイツはその出入国記録に簡単にはアクセスできないし、難民申請者もパスポートを提示しないので、普通は入国経緯は把握できないのです。だから命の危険をものともせず海路と陸路を乗り越えてくることは、難民申請の絶対条件なのです。予定調和的な偽善ですが、非常に政治的な判断なので、だれも表向きは一切批判しないのです。

 なるほどね。
 それはその通りでしょうね。

 現実に飛行機での難民を認めたら、それこそ現在の何倍もの難民が殺到して、収集不能になるでしょうし。
 政治家としてそうした偽善を維持するのはわかります。

 しかしその偽善が難民を地中海に沈めている事を国民もマスコミも一切口にしないと言うのは、やはり異様ですよね?
  1. 2016-01-23 11:17
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

Re: タイトルなし

>  短足おじさんの記事に、メルケル首相が2010年のBBCの記事で「移民、多文化共生は失敗したと明言。」していたそうです。そして2015年12月のWPでも、「多文化共生は、偽物。」と発言したと報じていました。

 そう言えばそんなことを言っていましたね。

>  不思議です。失敗だと分っているのに、何故難民を全て受け入れると言わざるを得なかったのか。EUやドイツ経済界は、安い労働力を受け入れて経済を成長させたいと言っていますからその圧力に負けたのか。それとも、難民を受け入れる道徳的に正しい国となって敗戦国ドイツに課せられた「ホロコースト」の頸木から逃れるためだったのか。どうも訳が分からないです。

 ワタシの尊敬する丸山光三先生は、ドイツ人について「きわめて情動的なところのある国民性」だと仰いました。 これは一般に言われているドイツ人の性格とは真逆なので、驚いたのですが、しかし丸山先生はドイツ在住で奥様もドイツ人なのです。

 そしてあの幼児の遺体騒動に対する反応などは、当に情動そのモノなのです。

 つまりドイツ人が情動で動き出せば、メルケルと雖も止められない。
 だから敢えてその後の混乱を承知で、難民の無制限受け入れを言いだしたのか?

 そして口では無制限受けいれを言いつづけながら、裏では難民流入阻止を図っているのか?

 しかしその流入阻止はどうもうまくいかず、国内の憤懣が溢れだしていると言う状況になったと言う事でしょうか?

 でも国内で難民受け入れ阻止の世論が高まれば、当然首相として無理なく受け入れ阻止はできるのです。 だからそれまでは敢えて方針を変えずにそのままにするのかもしれません。

 でもその間に入ってしまった「難民」はこれからもドイツに居座るわけで、今後様々の厄介のなるでしょうね。
  1. 2016-01-23 11:32
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

https://ja.m.wikipedia.org/wiki/キリスト教原理主義

何故かキリスト教原理主義は旧教カトリックのラテン国ではなく、ゲルマン系北部ヨーロッパの新教プロテスタントの国から出ていますよね。

寒くて厳しい環境の北部ヨーロッパは(中東世界と同様)厳しい掟を作らねば、生き残ってこれなかったのでしょう。

興味深いのは中南米のラテンアメリカでは原住民との混血が多いのに対し北アメリカでは原住民を居留地という名の強制収容所に押し込んだという事です。
  1. 2016-01-23 11:55
  2. URL
  3. taigen #-
  4. 編集

Re: タイトルなし

> https://ja.m.wikipedia.org/wiki/キリスト教原理主義
>
> 何故かキリスト教原理主義は旧教カトリックのラテン国ではなく、ゲルマン系北部ヨーロッパの新教プロテスタントの国から出ていますよね。
>
> 寒くて厳しい環境の北部ヨーロッパは(中東世界と同様)厳しい掟を作らねば、生き残ってこれなかったのでしょう。

 これは結局北ヨーロッパの方が南に比べて文明化が遅れた事から来ているように思います。
 南は何と言っても古代ローマ時代から文明国ですから、蛮族だった北に比べて文明が大人なんですよね。

> 興味深いのは中南米のラテンアメリカでは原住民との混血が多いのに対し北アメリカでは原住民を居留地という名の強制収容所に押し込んだという事です。

 これって宗教戦争の苛烈さと同根で、ゲルマン人の潔癖さや生真面目さが悪く出た典型だと思います。 ナチ以前からユダヤ人迫害も北の方が酷いです。

 でも同じ潔癖さと生真面目さが現在の豊かで秩序正し良い北西ヨーロッパを作っていると思うのですが。
 
  1. 2016-01-23 19:26
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

>実に居丈高に説教しています

その昔、戦後処理に関して「ドイツを見習え」論が
全盛期だった90年代の昔。やたらと上から目線の
ドイツ左派紙の特派員がいましたけど・・。

左派、あるいは真面目でお人よしな日本人は彼のいうこと
をいちいち真面目に受取り「それに比べて日本は・・」みたいな例によって例のごとくの論調を展開していましたが
素直でもお人よしでもない私は「本当かよ(ドイツってそんなに立派なの?)、それにしてもなんなんだ?この受けから目線は?」と思ったものでした。

今から思えば、別に日本人相手だから・・ってわけではなくアレはドイツ人の病気みたいなものなんでしょうね。
つまり、正義は我にあり・・と一旦思い込むともう他の
意見は耳に入らない、頑固で融通きかないというかなんというか。

あと、ドイツのメディアが日本以上の左派偏重であることもわかりました。
日本のメディアも左派は中国寄りですが、ドイツメディアはおそらく日本以上に
そうなのでしょう。アジア諸国を悩ます中国の軍事的脅威はドイツやヨーロッパにとっては全くの他人事ですからなおさら。
ドイツメディアが中国寄りなのも道理で・・というわけです。

難民問題で一般にはあまり知られていなかったドイツ人の
「変なところ」が一気に知られるようになった・・て感じですね。
  1. 2016-01-23 21:54
  2. URL
  3. prijon #-
  4. 編集

連続ですみません。
ただ、子細にみていくと「変なところ」が多々あるドイツですが、イメージづくりは抜群にうまくて各種世論調査で
イメージの良い国のトップです。

環境問題なんかでも、日本のマスコミや左派はドイツを環境保護派のトップのように持ち上げますが、これなんかも
実態を詳細にみていくと「本当かな?」と思わされます。

VWの不正発覚をきっかけに明らかになった「クリーンディーゼル」の欺瞞もそうですが、ドイツの発電量の57%は石炭を燃料とした火力発電・・なんですよね。
いうまでもなく石炭は安価だから。中国に至っては86%
(いずれも2012年のデータ)。ちなみに日本は33%で
しかありません。

石炭というのは同じ熱量を得るために天然ガスの約2倍の
の二酸化炭素を排出するわけで、環境問題を考えるなら本来は避けた方が良いエネルギーなのですが。

しかもドイツの場合、ロシアからパイプラインで天然ガスを輸入しているわけでやろうと思えば石炭の比率は下げられます。

この辺、日本とは比べ物にくらいしたたかなんですよね。
とりあえず、現状は安価な石炭による発電を続ける。
そして新たな温暖化対策の枠組みができたなら大きな削減目標を掲げることによって国際社会のメンツを保つ。
方法は簡単。石炭を天然ガスに変えるだけだし。

日本のマスコミによれば「環境先進国」ドイツは風力や太陽光による発電を推進しているようにいいますが、データをみるとその割合はたったの5%。

ドイツを持ち上げる日本のマスコミと環境保護派、反原発派はどうかしてるとしか思えない、全体をみず、感情論だけを述べている・・としか思えないです。

スレ違いですけど、昔から日本人の変なドイツ信仰に違和感を持っていたので、その一つの例として挙げました。
  1. 2016-01-23 22:16
  2. URL
  3. prijon #-
  4. 編集

Re: タイトルなし

> >実に居丈高に説教しています
>
> その昔、戦後処理に関して「ドイツを見習え」論が
> 全盛期だった90年代の昔。やたらと上から目線の
> ドイツ左派紙の特派員がいましたけど・・。
>
> 左派、あるいは真面目でお人よしな日本人は彼のいうこと
> をいちいち真面目に受取り「それに比べて日本は・・」みたいな例によって例のごとくの論調を展開していましたが
> 素直でもお人よしでもない私は「本当かよ(ドイツってそんなに立派なの?)、それにしてもなんなんだ?この受けから目線は?」と思ったものでした。
>
> 今から思えば、別に日本人相手だから・・ってわけではなくアレはドイツ人の病気みたいなものなんでしょうね。
> つまり、正義は我にあり・・と一旦思い込むともう他の
> 意見は耳に入らない、頑固で融通きかないというかなんというか。

 それはありますね。 ワタシがドイツ旅行をしたときに会ったドイツ人もそんな感じでした。
 親切なのですが、何だか凄く断定的で命令的な話し方で、「エッ?」と思ったのです。

 一度思い込んだら頑固で融通が利かないと言うタイプが多いのでしょうね。

> あと、ドイツのメディアが日本以上の左派偏重であることもわかりました。
> 日本のメディアも左派は中国寄りですが、ドイツメディアはおそらく日本以上に
> そうなのでしょう。アジア諸国を悩ます中国の軍事的脅威はドイツやヨーロッパにとっては全くの他人事ですからなおさら。
> ドイツメディアが中国寄りなのも道理で・・というわけです。
>
> 難民問題で一般にはあまり知られていなかったドイツ人の
> 「変なところ」が一気に知られるようになった・・て感じですね。

 「悪に強きは善にも強き」ってドイツにピッタリなんですが、今回の難民騒動はまたそれがひっくり返って「善に強きは悪にも強き」になりそうです。
  1. 2016-01-24 10:36
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

Re: タイトルなし

> 連続ですみません。
> ただ、子細にみていくと「変なところ」が多々あるドイツですが、イメージづくりは抜群にうまくて各種世論調査で
> イメージの良い国のトップです。

 それは言えますね。
 第二次大戦、第一次大戦での苦難って日本人の想像を絶する物でしたから、強かにならざるを得ないのでしょう。
>
> 環境問題なんかでも、日本のマスコミや左派はドイツを環境保護派のトップのように持ち上げますが、これなんかも
> 実態を詳細にみていくと「本当かな?」と思わされます。
>
> VWの不正発覚をきっかけに明らかになった「クリーンディーゼル」の欺瞞もそうですが、ドイツの発電量の57%は石炭を燃料とした火力発電・・なんですよね。
> いうまでもなく石炭は安価だから。中国に至っては86%
> (いずれも2012年のデータ)。ちなみに日本は33%で
> しかありません。
>
> 石炭というのは同じ熱量を得るために天然ガスの約2倍の
> の二酸化炭素を排出するわけで、環境問題を考えるなら本来は避けた方が良いエネルギーなのですが。
>
> しかもドイツの場合、ロシアからパイプラインで天然ガスを輸入しているわけでやろうと思えば石炭の比率は下げられます。
>
> この辺、日本とは比べ物にくらいしたたかなんですよね。
> とりあえず、現状は安価な石炭による発電を続ける。
> そして新たな温暖化対策の枠組みができたなら大きな削減目標を掲げることによって国際社会のメンツを保つ。
> 方法は簡単。石炭を天然ガスに変えるだけだし。
>
> 日本のマスコミによれば「環境先進国」ドイツは風力や太陽光による発電を推進しているようにいいますが、データをみるとその割合はたったの5%。
>
> ドイツを持ち上げる日本のマスコミと環境保護派、反原発派はどうかしてるとしか思えない、全体をみず、感情論だけを述べている・・としか思えないです。
>
> スレ違いですけど、昔から日本人の変なドイツ信仰に違和感を持っていたので、その一つの例として挙げました。

 思うに日本だけなくマスゴミって意図的にこうした欺瞞を無視するんですよね。

 自分のイデオロギーに会いそうな話なら、不都合なことは全部目をつむるのです。

 ドイツはそうしたマスコミをうまく利用しているんでしょう。

 
  1. 2016-01-24 10:41
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

これはドイツ人が自縄自縛に陥ってるのでしょう。

ドイツ人は戦後の国際社会の復帰のために神話を作りました。
「悪いのは全部ナチスで我々もまたナチスの被害者だ。」というものです。だからyることはナチスの全否定、その結果虐げられた人々は皆保護します、なんてことを言い出したわけです。だから人種差別はもってのほか、というわけです。70年代位までは人手不足もあってトルコ人を大量に入れたという事情もありました。(結局彼らは帰らなかったのですが…)

経済的には欧州を制覇し結局マルクをユーロに書き換えたようなもので欧州を制覇することになります。ドイツ連邦軍は集団的自衛権でしか動きません。と言っても欧州連合を支配すれば何の問題もないのですよね。経済的な点はともかく精神的な問題は全く解決してません。結局のところ無理な解決が歪みを生んだのです。

多文化共生が成功するわけなんかありません。文化は国家に優先するものです。どちらか一方の文化が(通常は多数派が)優先されなければ国家は運営できないでしょう。イスラム教徒が増え日本の学校で給食にハラールを出せなんて事態を考えたら分かります。費用は彼らが持つのでしょうか。金曜日が連中は休みですから学校を休ませろとでも言うのでしょうか。こんなことはもう当たり前なんですが、バヨクには当たり前じゃないようです。

EUの実験はこの失敗だったというしかありません。もしイスラム教徒と共存できるとしたら数百年の後にイスラム教徒が変質した後だと思います。キリスト教だってかつては偶像を禁止し利息禁止を強行していました。それじゃあ行けないということで変わっていったのです。その過程で分派を起こし殺し合いをやって自分達の愚かさに気が付いた分けです。

おそらくはイスラム教にその過程が必要なんでしょうね。

何はともあれ欧州は共存できない人々だと気がついたら先は明白でしょうね。除鮮ならぬ徐回が起こると思います。少なくともイスラム的価値と近代国家的価値が衝突する場合、後者を優先することを移住の条件にすることでしょう。

近代国家においてはイスラム世界のような宗教の自由はない、という宣言は必要でしょう。嫌な言い方ですが近代の感性というものを多くのイスラム教徒は持っていません。これが近代国家に居住する要件なのだと欧州人はいつまで気が付かないのでしょうか。

これに気が付かぬ限りドイツ人ならぬ欧州人の自縄自縛は続くでしょう。
  1. 2016-01-24 12:31
  2. URL
  3. kazk #GRujSirs
  4. 編集

Re: これはドイツ人が自縄自縛に陥ってるのでしょう。

> ドイツ人は戦後の国際社会の復帰のために神話を作りました。
> 「悪いのは全部ナチスで我々もまたナチスの被害者だ。」というものです。だからyることはナチスの全否定、その結果虐げられた人々は皆保護します、なんてことを言い出したわけです。だから人種差別はもってのほか、というわけです。70年代位までは人手不足もあってトルコ人を大量に入れたという事情もありました。(結局彼らは帰らなかったのですが…)
>
> 経済的には欧州を制覇し結局マルクをユーロに書き換えたようなもので欧州を制覇することになります。ドイツ連邦軍は集団的自衛権でしか動きません。と言っても欧州連合を支配すれば何の問題もないのですよね。経済的な点はともかく精神的な問題は全く解決してません。結局のところ無理な解決が歪みを生んだのです。
>
> 多文化共生が成功するわけなんかありません。文化は国家に優先するものです。どちらか一方の文化が(通常は多数派が)優先されなければ国家は運営できないでしょう。イスラム教徒が増え日本の学校で給食にハラールを出せなんて事態を考えたら分かります。費用は彼らが持つのでしょうか。金曜日が連中は休みですから学校を休ませろとでも言うのでしょうか。こんなことはもう当たり前なんですが、バヨクには当たり前じゃないようです。
>
> EUの実験はこの失敗だったというしかありません。もしイスラム教徒と共存できるとしたら数百年の後にイスラム教徒が変質した後だと思います。キリスト教だってかつては偶像を禁止し利息禁止を強行していました。それじゃあ行けないということで変わっていったのです。その過程で分派を起こし殺し合いをやって自分達の愚かさに気が付いた分けです。
>
> おそらくはイスラム教にその過程が必要なんでしょうね。
>
> 何はともあれ欧州は共存できない人々だと気がついたら先は明白でしょうね。除鮮ならぬ徐回が起こると思います。少なくともイスラム的価値と近代国家的価値が衝突する場合、後者を優先することを移住の条件にすることでしょう。
>
> 近代国家においてはイスラム世界のような宗教の自由はない、という宣言は必要でしょう。嫌な言い方ですが近代の感性というものを多くのイスラム教徒は持っていません。これが近代国家に居住する要件なのだと欧州人はいつまで気が付かないのでしょうか。
>
> これに気が付かぬ限りドイツ人ならぬ欧州人の自縄自縛は続くでしょう。

 そうなのです。
 今のイスラム圏のイスラム教徒は宗教戦争以前のキリスト教徒の感覚で生きているのです。

 あの頃を思い出せば、彼等が現代ヨーロッパの民主主義や宗教の自由、女性の権利などを理解するわけもないのです。 しかもこのように一度に大集団で取り込んでしまえば、彼等はその中で出身国の価値感のままで暮らし続けますから、今後延々と文化衝突が続くのは自明です。

 ヒョッとしてメルケルはこれでヨーロッパ制服を図っているのかも?

 つまり他のEU諸国に移民を押し付けて、そこで文化摩擦から極右政党が台頭したり、衝突が起きたりしたらそれを口実に、EUのこれらの国々の発言権を奪い、更に主権を奪ってドイツの植民地しようと言う陰謀なのかもしれません。
  1. 2016-01-24 19:12
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する