2016-01-16 20:16

人間の尊厳?? 慰安婦

 慰安婦の人間の尊厳の問題ってなんですか?

 勿論慰安婦にも人間の尊厳はあります。
 しかし誰がどのようにその尊厳を冒したと言うのでしょうか?

2016y01m16d_203822625

在日韓国人2世つかこうへいさんも洗脳された「従軍慰安婦の強制連行」
2016.1.16 05:03

本当のことを言うのは存外難しい。たとえそれが事実だろうと、時と場所を選ばずに口にすると、物事を台無しにしかねない場合がある。国家間にぎすぎすとした感情的対立を生みやすい歴史問題などは、その代表例だろう。

 ▼「歴史は優しい穏やかな目で見るべきではないか」。19年前に取材した在日韓国人2世で直木賞作家の故つかこうへいさんは、こう語った。人間の業(ごう)にかかわる問題は「自分の娘に語るような優しい口調で一つ一つ説いていかなければ伝えられない」とも。

 ▼取材のテーマは、つかさんの『娘に語る祖国 満州駅伝-従軍慰安婦編』という著書についてだった。これを書くためにつかさんは元日本兵士や慰安所関係者らに取材を重ね、当時、マスコミで独り歩きしていた「強制連行」というイメージに洗脳されていたことに気づく。

 ▼「悲惨さを調べようと思っていたら、思惑が外れてバツが悪かったが、慰安婦と日本兵の恋はもちろん、心中もあった」「将校に恋をしてお金を貢いだり、休日に一緒に映画や喫茶店に行ったりという人間的な付き合いもあった」。つかさんは率直に話してくれた。

 ▼つかさんは、日本軍・官憲による「強制連行」に関しては「していないと思う」とみていたが、一方でこうも指摘した。営業行為の側面が大きくても、人間の尊厳の問題なのだから、元慰安婦には何らかの誠意を見せ続けるべきだ。合理性だけでは割り切れない人情の機微か。

 ▼取材後の雑談で、つかさんはこんなことも笑顔で語っていた。「うちのオヤジは『日本に連れて来られた』と言っていたけど、本当は食い詰めて自分で渡ってきたんだろう」。あっけらかんと本当のことを語り合える日が来るのを願う。


2016y01m16d_203916819

 意味わかりません。

営業行為の側面が大きくても、人間の尊厳の問題なのだから、元慰安婦には何らかの誠意を見せ続けるべきだ

 営業行為の売春は、人間の尊厳を冒す物ではありません。
 売春婦の客にも、また売春婦を雇用した売春宿の経営者も、そして売春宿の営業を監督管理をした側も、売春婦の人間の尊厳を冒しているわけではありません。

 アムネスティもセックスワーカーの権利は守り、犯罪者として扱う事を禁止する方針です。

027

 日本軍の慰安所では、軍が慰安所での慰安婦の虐待や、慰安所経営者による搾取を監視し、また軍医が慰安婦達の健康管理をしていました。
 性病だけでなく、他の病気にも対応しています。

 そして日本が敗戦して、日本軍が武装解除された時は、名簿上彼女達を「従軍看護婦」にしました。
 なぜなら当時、敵国の売春婦の人権に何か配慮するなんて発想は、世界中何処にもありません。

 だからハーグ陸戦条約で捕虜と同等の扱いを保障された従軍看護婦に偽装して、彼女達を守ろうとしたのです。

 そして慰安婦は民間人ですから、そのままの身分では軍と一緒に帰国船には乗れません。
 しかし名目だけでも「従軍看護婦」なら当然、軍と一緒に帰国できるのです。

 このように慰安婦は戦場売春婦としては、世界的にも最も手厚く人権を守られていた存在です。

 前借と言う制度には問題がありましたが、しかしこれは当時の売春婦全ての問題で慰安婦が特別ではありません。
 
029

 手厚く人権を守られて、高給を得て、その上「人間の尊厳の問題なのだから、元慰安婦には何らかの誠意を見せ続けるべきだ」って?
 
 こんなの悪質な美人局の台詞です。
 特に「続ける」って何でしょうか?

 普通どんな損害賠償でも賠償金を受け取ったらそれでオシマイでしょう?
 日本だけでなく世界中そうです。(韓国・北朝鮮以外では)
 それを「「続ける」って?

 こういうのを見ると、結局在日コリアンは何世代日本で暮らしても、またどんな教育を受けても、結局日本の社会常識も、また契約や賠償などの意味も全く理解できないまま、朝鮮文化で生きているのだと思ってしまいます。

 こうやって一度賠償をしたら、それを「何らかの誠意を見せ続けるべきだ」と言う発想は、まさに朝鮮人そのモノではありませんか?

 以前紹介した「韓国が「強制性」の表記に執着する3つの理由」そのままではありませんか?

031

 韓国人には独特の序列関係(優劣、上下)がある。
 「強制連行」をした側は加害者となり被害者より道徳的に下位になる。 道徳的に下位の者は上位の者に従わねばらないと考えている。

 日本人には相手が謝罪と賠償を済ませたら、この問題は全て解決で今後は対等な関係にと考える。
 しかし韓国人はそうではない。

 韓国人にとって謝罪と賠償は序列関係の契約を意味する。 
 
 つまり韓国人は謝罪と賠償を受けたら、部屋を貸して敷金を受け取ったように考える。 そうなると相手は今後毎月家賃を支払って当然。 これがその後延々と繰り返される謝罪要求で、韓国人はこれを拒否されるのは家賃を滞納されたのと同じだと感じる。

 つまり韓国人に一度謝罪と賠償をすると未来永劫、謝罪と金銭支援を要求される事になる。

 だから韓国人は100%自分に非があっても謝罪しない。


034

 つまり直木賞作家と雖も結局、朝鮮式の序列感覚のまま生きているのです。

 そして最後のこの一文を読んでも、やはり違和感を感じます。

取材後の雑談で、つかさんはこんなことも笑顔で語っていた。「うちのオヤジは『日本に連れて来られた』と言っていたけど、本当は食い詰めて自分で渡ってきたんだろう」。あっけらかんと本当のことを語り合える日が来るのを願う。

 マジに、自分の父親がこんな嘘を吐いていた事は恥ずかしくないのでしょうか?

 食い詰めて日本に来て、でもそのおかげで本国にいるよりも遥かに豊かで自由な生活を享楽してきたのでしょう?
 だから帰国したくなかったのでしょう?

 それなのに日本に感謝する代わりに、我が子の前でまで嘘を吐いて日本を誹謗中傷する。
 つかこうへい氏はこれを日本人の前で笑ってみせるのです。

 真面目に考えたら笑うどころじゃないはずですが?
 恥じ入ってしかるべき話なのですが?

036

 ワタシは在日コリアンのこうしたメンタリティーには強烈な嫌悪を感じます。
 
 そして大変困った事に、在日コリアンは教育レベルに関係なく、直木賞作家も大学教授も同様のメンタリティーを持っているようです。

 ワタシは人種差別はイケナイと思うけれど、こう言う例ばかり見せられると、この手の嘘は文化や教育ではなく、肌や目の色と同じく遺伝カモ?と思ってしまいます。
  1. 慰安婦
  2. TB(0)
  3. CM(16)

コメント

被害者ビジネスへの理解を拡散しませんと

通常被害者はその被害が立証された場合に一回限り妥当な損害賠償を加害者から得ておしまいです。
さらに損害賠償額の算定には必ず過失相殺が行われ、
被害者側の責任が問われます。

日本も世界もこの感覚でいるため韓国に振り回され続けています。

韓国人にとって
被害者を名乗ることは、一種の身分であり、
一方的無制限に債権者となることを意味し、
いかなる横暴や不作法も許される特権となります。

そしてそのわけのわからない野蛮な風習を世界共通のモラルであると狂信しています。

韓国人にこの野蛮な風習を止めさせるには
暴力による担保しかありません。


(-.-;)y-~~~
  1. 2016-01-16 20:53
  2. URL
  3. ガンダム #iL.3UmOo
  4. 編集

Re: 被害者ビジネスへの理解を拡散しませんと

> 通常被害者はその被害が立証された場合に一回限り妥当な損害賠償を加害者から得ておしまいです。
> さらに損害賠償額の算定には必ず過失相殺が行われ、
> 被害者側の責任が問われます。
>
> 日本も世界もこの感覚でいるため韓国に振り回され続けています。
>
> 韓国人にとって
> 被害者を名乗ることは、一種の身分であり、
> 一方的無制限に債権者となることを意味し、
> いかなる横暴や不作法も許される特権となります。
>
> そしてそのわけのわからない野蛮な風習を世界共通のモラルであると狂信しています。
>
> 韓国人にこの野蛮な風習を止めさせるには
> 暴力による担保しかありません。
>
>
> (-.-;)y-~~~

 マジに中国が暴力によって完全に韓国・北朝鮮の被害者ビジネスを封殺しています。
 
 さすが半万年この連中を躾けて飼いならしただけの事はあります。
  1. 2016-01-16 21:12
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

「自虐史観」と対をなす「被害妄想史観」

かつて「自分史・自伝」カテゴリのブログランキング1位になったこともある在日1世のブログがあります。

言いたいことを言って死のう
http://iitaikoto2012.blog.fc2.com/

これだけの内容を在日1世が自分で書けるはずがないので編集者が付いているのでしょうが、「韓国語を話したら日本人の先生から体罰を受けた」などの嘘がサラリと入っています。
また、どうして日本に住むことになったのかは最後まで書いてありません。

№ 11 韓国語でしゃべったばかりに……
http://iitaikoto2012.blog.fc2.com/blog-entry-11.html

また、5年前で更新が止まっている活動家らしき在日コリアンのブログもあります。記事が「在日歴史」「韓国文学」などに分類されていて、彼らの思考回路を知ることができます。

fwapy바람꽃風ノ花【平和憲法を守るのは在日の使命=故 金敬得弁護士の遺言】在日を見れば日本の今が見える!
http://blogs.yahoo.co.jp/fwapy7777

そして、そのブログにはこんな記事があるのです。

日本1930年当時、日本に朝鮮人・台湾人の参政権はあった
http://blogs.yahoo.co.jp/fwapy7777/folder/1465140.html

これ、どう見ても「日本は過酷な植民地支配をした」という左翼の歴史観への反証なのですが、これを在日コリアンは奇妙な論理で「永住外国人にも選挙権をよこせ」という彼らの主張の根拠にしてしまうのです。
そしてコメント欄では、やはり在日コリアンだと思われる人が「日本の純血主義」を批判するコメントをして、「戸籍制度廃止」という主張になっていくのです。さすがに、数年後にこのブログを見つけた日本人が反論コメントをしていますが。

とにかく、嘘に嘘を重ねてこれほどの「被害妄想史観」を作り上げちゃってるんですよね。世界中のどこにもこれほどの「嘘の大系」は無いと思います。
どんな事実が新たに見つかっても「日本人=悪・加害者、朝鮮人=善・被害者」と解釈することができるのが朝鮮人の知識人に求められる能力なのでしょう。そして、権威のある日本の学者や新聞社・出版社がそれにお墨付きを与えてしまっているんですよね。
  1. 2016-01-17 00:23
  2. URL
  3. かんぱち #vF6NeGQU
  4. 編集

結局憲法9条で後ろ手に縛られ、先制攻撃が出来ないから侮っているんですよ。
恨みは千年続くと言いながら貢女について中国に謝罪と賠償を請求したなんて聞いた事が有りません。

https://ja.m.wikipedia.org/wiki/貢女
  1. 2016-01-17 06:11
  2. URL
  3. taigen #-
  4. 編集

 三つ子の魂百までもと言いますが、朝鮮半島にとって歴史が始まって以来ほどんど中国の属国だったのがもうDNAのレベルまで組み込まれているようです。

 上(ご主人様・中国)か下(属国・朝鮮半島)でしか考えられないので、その固定された関係で次は絶対に上になる!という鬼気迫る執念を感じます。

 そのうちまた懐かしいご主人様の元に還れるのですから、喜ばしい限りです。
  1. 2016-01-17 07:07
  2. URL
  3. 都民です。 #-
  4. 編集

Re: 「自虐史観」と対をなす「被害妄想史観」

> かつて「自分史・自伝」カテゴリのブログランキング1位になったこともある在日1世のブログがあります。
>
> 言いたいことを言って死のう
> http://iitaikoto2012.blog.fc2.com/
>
> これだけの内容を在日1世が自分で書けるはずがないので編集者が付いているのでしょうが、「韓国語を話したら日本人の先生から体罰を受けた」などの嘘がサラリと入っています。
> また、どうして日本に住むことになったのかは最後まで書いてありません。
>
> № 11 韓国語でしゃべったばかりに……
> http://iitaikoto2012.blog.fc2.com/blog-entry-11.html

 この文面から見ると、先生は朝鮮人かも?
 戦争末期に皇民化教育を進めようと言う声が朝鮮人から上がって、日本語化も進めたのですが、これを推進したのは朝鮮人なのです。

 ちなみに創氏改名も朝鮮人からの要望です。

> また、5年前で更新が止まっている活動家らしき在日コリアンのブログもあります。記事が「在日歴史」「韓国文学」などに分類されていて、彼らの思考回路を知ることができます。
>
> fwapy바람꽃風ノ花【平和憲法を守るのは在日の使命=故 金敬得弁護士の遺言】在日を見れば日本の今が見える!
> http://blogs.yahoo.co.jp/fwapy7777

 この男は朝鮮戦争前、刑務所にいたのです。 これってつまり刑事犯でなければ、共産主義者だったと言う事でしょう。
 つまり憲法9条って共産主義には都合が良いのでしょう。

> そして、そのブログにはこんな記事があるのです。
>
> 日本1930年当時、日本に朝鮮人・台湾人の参政権はあった
> http://blogs.yahoo.co.jp/fwapy7777/folder/1465140.html
>
> これ、どう見ても「日本は過酷な植民地支配をした」という左翼の歴史観への反証なのですが、これを在日コリアンは奇妙な論理で「永住外国人にも選挙権をよこせ」という彼らの主張の根拠にしてしまうのです。
> そしてコメント欄では、やはり在日コリアンだと思われる人が「日本の純血主義」を批判するコメントをして、「戸籍制度廃止」という主張になっていくのです。さすがに、数年後にこのブログを見つけた日本人が反論コメントをしていますが。

 ヤフーIDを持ってないのでコメントができないのですが、結局彼等は国家の意味が理解不能なのです。

 戦前朝鮮人や台湾人に参政権があったのは、彼等が日本人だったからです。
 今は祖国が独立して外国人になったのですから、日本の参政権があるわけはないのです。

> とにかく、嘘に嘘を重ねてこれほどの「被害妄想史観」を作り上げちゃってるんですよね。世界中のどこにもこれほどの「嘘の大系」は無いと思います。
> どんな事実が新たに見つかっても「日本人=悪・加害者、朝鮮人=善・被害者」と解釈することができるのが朝鮮人の知識人に求められる能力なのでしょう。そして、権威のある日本の学者や新聞社・出版社がそれにお墨付きを与えてしまっているんですよね。

 思うに格別な性格なのでしょうね。

 日本人でもひたすら周りの人間が悪くて自分は被害者と言い続ける人がいます。 これの国家版なのでしょうね。
  1. 2016-01-17 11:16
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

Re: タイトルなし

> 結局憲法9条で後ろ手に縛られ、先制攻撃が出来ないから侮っているんですよ。
> 恨みは千年続くと言いながら貢女について中国に謝罪と賠償を請求したなんて聞いた事が有りません。
>
> https://ja.m.wikipedia.org/wiki/貢女

 そこが中国の賢い所で、朝鮮人のこうした性質を見抜いて、自分から謝罪などすると思わせるような隙を見せなかったからでしょう。

 結局朝鮮人の謝罪要求は優劣上下関係ですから、謝罪をすれば下位劣位と思われて、1000年集られるのです。

 だから中国は朝鮮人が謝罪要求もできない程、高飛車に出て、その姿勢を変えないのです。

  1. 2016-01-17 11:24
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

Re: タイトルなし

>  三つ子の魂百までもと言いますが、朝鮮半島にとって歴史が始まって以来ほどんど中国の属国だったのがもうDNAのレベルまで組み込まれているようです。

 マジに漢字は読めなくなっても、属国の心は残るのですね。
 不思議です。

>  上(ご主人様・中国)か下(属国・朝鮮半島)でしか考えられないので、その固定された関係で次は絶対に上になる!という鬼気迫る執念を感じます。

 ホントに凄いです。

 つかこうへいってワタシは読んだ事がないのですが、しかしなんとなく自由な作家と思っていたら、それでも属国根性丸出しなのですから。

>  そのうちまた懐かしいご主人様の元に還れるのですから、喜ばしい限りです。

 そうです。
 こういうの見たら属国に戻るのが結局朝鮮人の幸せなのです。
  1. 2016-01-17 11:28
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

ある慰安婦の手記

ソウル生まれの韓国人フリーライターがツイッターで紹介。
「サイゴンではフランス製レインコート、ワニ革のハンドバッグ、ハイヒールの姿で街を闊歩した。誰にも私が慰安婦には見えなかったはず。今もその日を思い出したら懐かしくなり、当時の自信満々だった気持ちがよみがえる」

すでにツイッターのソースは消えていますが魚拓が残っています。
http://www.honmotakeshi.com/archives/47538030.html

小野田寛郎元少尉も中国での慰安所の詳細を証言しています。
http://hosyusokuhou.jp/archives/35748790.html
https://www.youtube.com/watch?v=qAtKXC6yRIY

「私の育った街には花柳界があったので、芸妓と酌婦をよく眼にしたが、当時は玄人女と呼ばれた彼女たちの外出姿でも一般の女性と見分けることが出来た。
その目で見れば漢口の街でも同様だったが、特に朝鮮人の女たちは特色があった。というのは彼女たちは数人で外出してくるのだが、民族衣装ではなく、着慣れないツーピースの洋装のせいで着こなしが悪く、また歩き方にも特徴があって一目で見分けられた。彼女たちは実に明るく楽しそうだった」

NHKの番組では当時の中国の租界の映像も出てきます(13分過ぎ)。
https://www.youtube.com/watch?v=I55pGrmbX1c

1930年代のソウルの新聞には市電の座席が空いているのに吊り革に掴まり腕時計を見せびらかす女学生を風刺する漫画さえあります。昔の韓国映画では日本から帰省する大学生や日本製の化粧クリームが憧れの的だったことを描いています。
貧困ゆえ親に売られ、あるいは朝鮮人業者の甘言に騙されたにせよ、大金を手にし洋装で都会を闊歩する自分はさぞ誇らしかったことでしょう。

結局、韓国・朝鮮人は個人も国家も上下関係でしか見ることができない。鶏小屋の鶏、猿山の猿ですからぶん殴ってわからせるしかありません。



  1. 2016-01-17 16:29
  2. URL
  3. gai-yaang #-
  4. 編集

Re: ある慰安婦の手記

> ソウル生まれの韓国人フリーライターがツイッターで紹介。
> 「サイゴンではフランス製レインコート、ワニ革のハンドバッグ、ハイヒールの姿で街を闊歩した。誰にも私が慰安婦には見えなかったはず。今もその日を思い出したら懐かしくなり、当時の自信満々だった気持ちがよみがえる」
>
> すでにツイッターのソースは消えていますが魚拓が残っています。
> http://www.honmotakeshi.com/archives/47538030.html

 この証言は日本でも本が出版されています。 しかも出版したのは慰安婦詐欺団側です。

 だから間違いなく稼ぎの良い売春婦だったと認めているわけです。

> 小野田寛郎元少尉も中国での慰安所の詳細を証言しています。
> http://hosyusokuhou.jp/archives/35748790.html
> https://www.youtube.com/watch?v=qAtKXC6yRIY
>
> 「私の育った街には花柳界があったので、芸妓と酌婦をよく眼にしたが、当時は玄人女と呼ばれた彼女たちの外出姿でも一般の女性と見分けることが出来た。
> その目で見れば漢口の街でも同様だったが、特に朝鮮人の女たちは特色があった。というのは彼女たちは数人で外出してくるのだが、民族衣装ではなく、着慣れないツーピースの洋装のせいで着こなしが悪く、また歩き方にも特徴があって一目で見分けられた。彼女たちは実に明るく楽しそうだった」
>
> NHKの番組では当時の中国の租界の映像も出てきます(13分過ぎ)。
> https://www.youtube.com/watch?v=I55pGrmbX1c
>
> 1930年代のソウルの新聞には市電の座席が空いているのに吊り革に掴まり腕時計を見せびらかす女学生を風刺する漫画さえあります。昔の韓国映画では日本から帰省する大学生や日本製の化粧クリームが憧れの的だったことを描いています。
> 貧困ゆえ親に売られ、あるいは朝鮮人業者の甘言に騙されたにせよ、大金を手にし洋装で都会を闊歩する自分はさぞ誇らしかったことでしょう。
> 
> 結局、韓国・朝鮮人は個人も国家も上下関係でしか見ることができない。鶏小屋の鶏、猿山の猿ですからぶん殴ってわからせるしかありません。

 日本人やアメリカ人にはできないでしょう。
 だから中国の属国にでも戻ってもらうしかないのです。
  1. 2016-01-17 17:43
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

娘に語る祖国 を読んでみましたが、同行の人のいい日本人男性との会話の中に、「(韓国は日本との)戦争に負けたんだから仕方がない」という言葉が頻繁に出てきます。この人も戦争したと思ってるんだ…と読み進めると、「まあそうじゃないんだけど」と口を濁すのですが、話し相手の日本人はわかっていません。つかこうへいは知ってて、日本が武力で朝鮮を蹂躙したというストーリーをそのままにしています。これを読んだ多くの読者もわからないでしょう。
俺は男気すごいと自負していて確かにシンスゴとかよりはずいぶんマシではあるんですが、差別されたけど堂々としている俺 という自分の美しい立ち位置を守るためには真実は伏せておくことに躊躇が無い。
従軍慰安婦編の方はそれでもまだ踏み込んで、勇気を出して出版したとは思いますが、あれほどの人気劇作家だったにもかかわらず、慰安婦報道に影響を与えるほどではなく。中途半端なままなくなってしまいました。長生きしてたらもう少し進化したかもしれませんが。
  1. 2016-01-18 10:00
  2. URL
  3. こきち #97nXsu5.
  4. 編集

Re: タイトルなし

> 娘に語る祖国 を読んでみましたが、同行の人のいい日本人男性との会話の中に、「(韓国は日本との)戦争に負けたんだから仕方がない」という言葉が頻繁に出てきます。この人も戦争したと思ってるんだ…と読み進めると、「まあそうじゃないんだけど」と口を濁すのですが、話し相手の日本人はわかっていません。つかこうへいは知ってて、日本が武力で朝鮮を蹂躙したというストーリーをそのままにしています。これを読んだ多くの読者もわからないでしょう。
> 俺は男気すごいと自負していて確かにシンスゴとかよりはずいぶんマシではあるんですが、差別されたけど堂々としている俺 という自分の美しい立ち位置を守るためには真実は伏せておくことに躊躇が無い。
> 従軍慰安婦編の方はそれでもまだ踏み込んで、勇気を出して出版したとは思いますが、あれほどの人気劇作家だったにもかかわらず、慰安婦報道に影響を与えるほどではなく。中途半端なままなくなってしまいました。長生きしてたらもう少し進化したかもしれませんが。

 なるほどね。

 正直、ワタシは長らく在日コリアンってもう長く日本にいるのだから、日本式の社会常識やルール、そして日本の歴史についてはその人が受けた教育相応に日本人並みの理解はしていると思っていました。

 しかしどうも完全に違うようですね。

 結局彼等はどんなに長く日本にいても、日本を理解しようと言う努力はしていないのです。 それだとどんなに長く日本に居ても絶対に日本人の社会常識やルール、それに歴史その他の知識も学べないです。
  1. 2016-01-18 11:35
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

つかこうへいが差別されてたなら、日本で成功できなかったはず。

 朝鮮系に対してサヨクが用意した環境が良すぎたから、「差別だ。」と言えば天下無敵ですね。

 ケルンで女性襲撃容疑者(難民?)の一人は警察官に「メルケル首相に招待されてこの国に来た。親切に扱え」と話していたそうです。我が国のサヨクとドイツのメルケル首相は、同じ間違いをしました。でもサヨクにとっては、正しいらしくて訳が分かりません。

 午前中に岸田大臣が、誤った性奴隷という海外の報道には、慰安婦だと日韓が行為した表現をするように申し入れをしたそうです。サヨクが戦後70年ばら撒いた尻拭いをするのは、腹立たしいです(朝日がやるべきです!)がやるしかないですね。

【岸田外相「性奴隷は不適切で使用すべきでない」】
http://www.sankei.com/politics/news/160118/plt1601180008-n1.html
  1. 2016-01-18 15:41
  2. URL
  3. 都民です。 #-
  4. 編集

Re: つかこうへいが差別されてたなら、日本で成功できなかったはず。

>  朝鮮系に対してサヨクが用意した環境が良すぎたから、「差別だ。」と言えば天下無敵ですね。

 左翼って元来国家内に諍いを作り出すために行動していますからね。

>  ケルンで女性襲撃容疑者(難民?)の一人は警察官に「メルケル首相に招待されてこの国に来た。親切に扱え」と話していたそうです。我が国のサヨクとドイツのメルケル首相は、同じ間違いをしました。でもサヨクにとっては、正しいらしくて訳が分かりません。

 だって最終的に国家体制を破壊するのがサヨクの目的ですから。

>  午前中に岸田大臣が、誤った性奴隷という海外の報道には、慰安婦だと日韓が行為した表現をするように申し入れをしたそうです。サヨクが戦後70年ばら撒いた尻拭いをするのは、腹立たしいです(朝日がやるべきです!)がやるしかないですね。
>
> 【岸田外相「性奴隷は不適切で使用すべきでない」】
> http://www.sankei.com/politics/news/160118/plt1601180008-n1.html

 時間も手間もかかりますが地道の反論を繰り返すしかありません。
  1. 2016-01-18 19:17
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

1990年代

「娘に語る祖国」をアマゾンで検索したところ、出版されたのは1998年なんですね。

1990年代というのは、左翼マスゴミがいちばん「日本軍の戦争犯罪」について、ある事ない事を書きたてた時期じゃないでしょうか。
池田信夫氏がブログや動画で述べているように、左翼の心の故郷であるソ連が1991年に崩壊したので、左翼はその後「日本軍の悪事を暴く」という方向にシフトしました。

戦後50年という節目の年があったので、新聞はどこも戦争をふり返るシリーズをやっていました。慰安婦問題のような国際問題にならなかったので忘れ去られていますが、朝日新聞は「731部隊」についての記事も書いていました。
1997年のベストセラーに辺見庸氏の「もの食う人びと」という本があります。辺見庸氏は共同通信の元記者です。

もの食う人びと (角川文庫) 文庫 – 1997/6 辺見 庸
http://www.amazon.co.jp/%E6%9C%AC-%E3%82%82%E3%81%AE%E9%A3%9F%E3%81%86%E4%BA%BA%E3%81%B3%E3%81%A8-%E8%A7%92%E5%B7%9D%E6%96%87%E5%BA%AB-%E8%BE%BA%E8%A6%8B-%E5%BA%B8/dp/4043417012

この本には、従軍慰安婦の話の他に「日本軍はフィリピンで現地の人を食べていた」という記述まであります。
当時はまだインターネットが普及し始めたばかりで、権威のある人間や新聞が嘘を発信すると検証するのがとても難しい時代でした。
社会党が政権を取ったのも1990年代ですし、反日マスゴミがやりたい放題でした。
  1. 2016-01-18 22:26
  2. URL
  3. かんぱち #vF6NeGQU
  4. 編集

Re: 1990年代

> 「娘に語る祖国」をアマゾンで検索したところ、出版されたのは1998年なんですね。
>
> 1990年代というのは、左翼マスゴミがいちばん「日本軍の戦争犯罪」について、ある事ない事を書きたてた時期じゃないでしょうか。
> 池田信夫氏がブログや動画で述べているように、左翼の心の故郷であるソ連が1991年に崩壊したので、左翼はその後「日本軍の悪事を暴く」という方向にシフトしました。
>
> 戦後50年という節目の年があったので、新聞はどこも戦争をふり返るシリーズをやっていました。慰安婦問題のような国際問題にならなかったので忘れ去られていますが、朝日新聞は「731部隊」についての記事も書いていました。
> 1997年のベストセラーに辺見庸氏の「もの食う人びと」という本があります。辺見庸氏は共同通信の元記者です。
>
> もの食う人びと (角川文庫) 文庫 – 1997/6 辺見 庸
> http://www.amazon.co.jp/%E6%9C%AC-%E3%82%82%E3%81%AE%E9%A3%9F%E3%81%86%E4%BA%BA%E3%81%B3%E3%81%A8-%E8%A7%92%E5%B7%9D%E6%96%87%E5%BA%AB-%E8%BE%BA%E8%A6%8B-%E5%BA%B8/dp/4043417012
>
> この本には、従軍慰安婦の話の他に「日本軍はフィリピンで現地の人を食べていた」という記述まであります。
> 当時はまだインターネットが普及し始めたばかりで、権威のある人間や新聞が嘘を発信すると検証するのがとても難しい時代でした。
> 社会党が政権を取ったのも1990年代ですし、反日マスゴミがやりたい放題でした。

 マスゴミが「歴史を学ぶ」とか言い始めたのが80年代ぐらいからで、それ以降慰安婦の捏造が問題になるまで嘘の書放題でした。

 この頃実際に戦時中に出征経験がある人や従軍記者として戦場取材した人が、皆定年で退職しました。 そして同様に社会での影響力も激減しました。

 その為、代わりに学生運動世代が社会の中心になったので、ホントに戦争については出鱈目放題書いていたのです。

 挙句に村山談話なんてモノが出てしまいました。
  1. 2016-01-19 09:35
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する