2015-12-21 22:22

共産主義について・・・・・

  長谷川熙著「崩壊 朝日新聞」によると、朝日新聞は戦前から日本を共産化するために工作活動を続けていたそうです。

 そして戦後も歴代社長は暴力革命こそは諦めたものの、マルクス主義者、親スターリン主義者、親中国共産党の人間が続き、共産主義の大義により記事を編集報道してたと言います

 この朝日新聞を我が家では、ワタシが生まれる前から購読していました。
 それでワタシが中学生になって、初めて読み始めた新聞は朝日新聞でその後も延々と読み続けました。
 
 その為でしょうか? ワタシは長い間、共産主義が特に悪い物とは思っていませんでした。

227

 共産主義社会と言うのは、随分窮屈な鬱陶しい社会で、自分が住むのは絶対嫌だなあ・・・・・とは思いましたが、しかし貧しくともあんまり働かずにノンビリ暮らせるのだから、そういうの好きな人には好いだろうぐらいに思っていました。

 そして共産主義者については、現実的思考ができない困った人達ではあるけれど、理想主義的な善人だと思っていました。

 朝日の発行部数は長きにわたって世界一を保ってきたのですから、おそらく日本人の多くが共産主義について、当時のワタシと同様に考えていたのではないでしょうか?

230

 そういう考えが根源的に変わったのは、東ドイツ崩壊後に出版された東ドイツについての二冊の本を読んでからです。

 一冊は東独崩壊以前はホーネッカーの後継者とも評された元東ドイツ共産党の幹部の書いた、東ドイツ崩壊に至る顛末を書いた本です。

 もう一冊は50年代に東ドイツの男性と結婚して、その後東ドイツ崩壊後も東ドイツで暮らし続けた共産主義者の日本人女性の書いた、東独時代とその後の生活に関する本です。

 どちらも共産主義者ですから、崩壊した東ドイツ共産党政権の弁明と言うべき本でした。

 この中で二人が共にベルリンの壁建設について、「東ドイツが蒙った経済的損出を防ぐ為には当然の処置。」と言っていたのです。 二人はこの経済的損出についてちゃんと数字を上げていました。(ワタシはこの数字は忘れましたが)

231

 経済的損出?

 それはドイツの東西分断後、ベルリンの壁建設までの間に、東ドイツから西ドイツへ逃げだした人々の事です。

 第二次大戦でドイツはソ連とアメリカに分け取りされて、東西に分断されました。
 その直後から、ソ連に占領された東側から西側へ膨大な人々が逃げ出したのです。 それらの人々の多くが医師、弁護士、技術者など高度な専門職を持つ人々だったのです。

 この人々の東ドイツ脱出を、共産主義者達は「経済的損出」と言うのです。

 そこでその経済的損出の拡大を防ぐために、ベルリンに壁を築き、こうした人々が西側へ逃げられないようにした事を「経済的損出を防ぐためには当然の処置」と言うのです。

239

 チョッと待って?

 そりゃ医者や技術者が根こそぎいなくなれば、東ドイツが国家として困るのはわかります。
 しかし医者も技術者も人間です。
 彼等には彼等の意思があり、彼等には彼等の人生があるのです。
 彼等には自分の運命を決める権利があるのです。
 
 そして彼等は共産主義国家は嫌いだから、身一つで東ドイツを逃げ出す事にしたのです。

 それを東ドイツの「経済的損出になる」からと、壁を作って囲い込むのが当然って?

 アンタ!! この人達はアンタの家畜じゃないんだよ!!
 自分達の国家建設に困るから、壁を作って絵囲い込むって?
 それ他人を自分の家畜かなんかとまちがっているんじゃない?

 つまり共産主義者は、他人をすべて自分達の奴隷だと思っているのでしょうか?

242
 
 しかし実際にそう思っているからこそ、東ドイツから逃げ出した人々を「経済的損出」などと言う事ができるのです。 そして東ドイツ崩壊後になっても、そのことに何の疑念も疾しさも感じていないからこそ、東ドイツの弁明としてこれを言うのです。

 結局彼等にとって他人の人格も人生も、実は自分達の理想社会を作るための道具であり、自分達が権力を得たからには、それを失わないのように壁の中に押し込めるのは当然の権利と考えていたのです。

 彼等は子供が積み木で好きな建物を作るように、他人の人格と人生を使って自分達の好きな社会を作ろうとしたのです。

 それを知って、ワタシは共産主義と共産主義者への嫌悪が確定しました。

245

 ワタシは54年生まれで学生運動真っ最中に高校時代を過ごしました。 この頃高校にも共産主義者或いは共産主義にシンパシーを持つ先生も多く、「資本主義社会では人間は疎外される」と教えられえました。

 「人間が疎外される」とは、「資本主義社会は市場原理で動くために、労働者は人間性を認められず物として扱われる」と言う話でした。

 しかし共産主義社会は嫌だから逃げ出す人々を「経済的損出」と見做すって?つまり共産主義社会では人間は全て人格権を否定されて、物と見做されているって事じゃないですか?

 人間を疎外しているのは共産主義者じゃないですか?

250

 ベルリンの壁崩壊後間もないある日のことです。

 壁の東側の住宅街に5~6人の男達が現れ「お前達は騙されている!! お前達は資本家に搾取されたいのか? 壁を戻せ!」と大声で叫びながら練り歩き、人々を驚かせました。

 しかし男達の風体は、どう見ても東側のそれではなく、西側の人間にしか見えませんでした。

261

 ソ連崩壊、そして共産圏が崩壊するまで、多くの人々が命懸けで共産圏から西側へ亡命しました。
 有名な音楽家や科学者、そしてオリンピックの度にメダリストが逃げていました。  勿論一般国民も多数逃げていました。

 一方当時は日本でも西ヨーロッパでも共産主義を政党は結構な支持を得ていたし、また共産主義者も沢山いました。

 しかし日本や西ヨーロッパから共産圏に亡命する人と言うのは殆どいませんでした。

 ワタシはその頃いつも不思議に思っていました。 

 そんなに共産主義が好きなら、日本や西ヨーロッパの国を共産化する事なんか考えずに、共産主義国家に亡命すれば良いのに。
 ソ連なんか恐ろしく広いんだから、共産主義を求める移民なんか幾らでも受け入れる事ができるだろうに。

269

 しかし今は彼等がなぜ亡命しなかったかわかります。

 彼等は他人を物として扱える側に回りたくて、共産主義革命を夢見ていたのです。

 共産主義国家の労働者や農民になるぐらいなら、資本主義国家に居座って生活保護を受け方マシ!!
 刑務所にぶち込まれても、共産主義国家へ行くよりマシ!!

 そうわかってたのです。
  1. 人間の尊厳
  2. TB(0)
  3. CM(12)

コメント

>彼等は他人を物として扱える側に回りたくて…

共産主義を語るなら第一にポルポトやスターリンの大虐殺でしょう。大東亜戦争だって、当時の隠れ共産主義者が日本の敗戦革命を狙った結果とみれば同じですね。共産主義者とは平気で虐殺する人できる人と言っていい。何ででしょうかね。理屈が優先するからか。サッチャーさんがいうように嫉妬怨念からなのか。問題は今も今後も共産主義者的思考の人が姿を変えて出て来ていることだ。新自由主義なんてのも人をコスト扱いするから奴隷大好きの共産主義者と同じ。朝日新聞は東大文学部閥だそうだが、それなら今後も東大で共産主義的思考の人が大量生産されるでしょう。理屈を勉強したアタマの良い人は要注意だ。なんか安倍政権にも沢山いてマイルド虐殺やっているような気がします。
  1. 2015-12-22 07:30
  2. URL
  3. #LkZag.iM
  4. 編集

共産主義者の特殊な世界観

>つまり共産主義社会では人間は全て人格権を否定されて、物と見做されているって事じゃないですか?

共産主義者にとって、人間は物である、というか、観念的存在にすぎないのです。

なぜなら、
共産主義にかぶれるような人間は、地に足の着いていない、観念の世界に生きているからです。
  1. 2015-12-22 08:00
  2. URL
  3. くれない #-
  4. 編集

 良く分りませんが、共産主義が現代の歪みの大きな理由の一つになっているような気がしています。ユダヤ教から派生した、キリスト教・イスラム教・共産主義がアジアにまで難しい問題を引き起こしていてまるで宗教戦争みたいです。

 東ドイツのシュタージによる、家族・恋人・友人さえ相互に監視・密告させた体制の実態が崩壊後の情報流出により分って人間不信が深刻だったそうです。国民の命は経済的な価値で計るというのも、納得できます。

 そういえば、昭和50年代に司馬遼太郎さんが訪中団で北京を案内されたときに、運転が乱暴なので危ないと言ったら「中国は人が多いから、一人二人轢いても問題ない。」と言われ驚いたそうです。中国は、今でも本気でそう思ってますよね。

 ロシア革命によって国民は豊かになるどころか、粛清され搾取され酷い目にあったそうです。それに引き換え赤い貴族たちは、新しい特権階級として君臨するとは酷すぎる詐欺ですね。朝日新聞も、革命を起こしたら赤い貴族になれると思っているんでしょうか?
  1. 2015-12-22 08:10
  2. URL
  3. 都民です。 #-
  4. 編集

Re: 共産主義者の特殊な世界観

> >つまり共産主義社会では人間は全て人格権を否定されて、物と見做されているって事じゃないですか?
>
> 共産主義者にとって、人間は物である、というか、観念的存在にすぎないのです。
>
> なぜなら、
> 共産主義にかぶれるような人間は、地に足の着いていない、観念の世界に生きているからです。

 それはわかります。
 インテリが多いのはその為でしょう。 インテリって活字には強くても現実認識の希薄な人が多いですから。
  1. 2015-12-22 11:23
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

Re: タイトルなし

>  良く分りませんが、共産主義が現代の歪みの大きな理由の一つになっているような気がしています。ユダヤ教から派生した、キリスト教・イスラム教・共産主義がアジアにまで難しい問題を引き起こしていてまるで宗教戦争みたいです。

 ワタシの高校時代の同級生が「ユダヤ教、キリスト教、共産主義、皆ユダヤ人が作った」と言っていました。 共産主義って一つの経典を信奉する一神教なんですよね。

>  東ドイツのシュタージによる、家族・恋人・友人さえ相互に監視・密告させた体制の実態が崩壊後の情報流出により分って人間不信が深刻だったそうです。国民の命は経済的な価値で計るというのも、納得できます。
>
>  そういえば、昭和50年代に司馬遼太郎さんが訪中団で北京を案内されたときに、運転が乱暴なので危ないと言ったら「中国は人が多いから、一人二人轢いても問題ない。」と言われ驚いたそうです。中国は、今でも本気でそう思ってますよね。
>
>  ロシア革命によって国民は豊かになるどころか、粛清され搾取され酷い目にあったそうです。それに引き換え赤い貴族たちは、新しい特権階級として君臨するとは酷すぎる詐欺ですね。朝日新聞も、革命を起こしたら赤い貴族になれると思っているんでしょうか?

 自分達が支配者になれると信じている事は確かでしょう。

 共産主義や革命を煽る人達を見て感じるのは、凄い権勢欲なんですよね。 それが現実的なレベルを超えているから、政治家になれないのです。
  1. 2015-12-22 11:27
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

資本主義・社会主義・共産主義の違いをわかりやすく教える方法
http://www.juku.st/info/entry/685

>社会主義と共産主義は混同されがちですが、共産主義は社会主義を究極的に進展させた理想である訳で、財産の私有を否定し,すべての財産を共有することによって皆豊かになり、豊かになればもう戦争のように争うことはない。国の枠組みすら必要なくなるという考え方です。

しかし、そのためには各人が満足する分け前を与える必要があり、それを得るためには膨大な資本、資産の蓄積が必要で、それを実現するには資本主義が一番手っ取り早いという矛盾が生じます。

ノーメンクラトゥーラの例でも分かるように、完全に公正、平等に分かち合える人間性を社会を構成する各人に持たせるのがいかに難しいか(これが一番のネックだと思います)。

所詮、絵に描いた餅であり、解の無い方程式を解こうとしているのと同じですね。
  1. 2015-12-22 15:23
  2. URL
  3. taigen #-
  4. 編集

ユダヤの系譜

>ユダヤ教、キリスト教、共産主義、皆ユダヤ人が作った

新自由主義の教祖の1人、ミルトン・フリードマンもユダヤ人ですね。

ミルトン・フリードマン - Wikipedia
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9F%E3%83%AB%E3%83%88%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%83%95%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%83%89%E3%83%9E%E3%83%B3
>ハンガリー東部(現在はウクライナの一部となっているザカルパッチャ州Berehove)からのユダヤ系移民の子としてニューヨークで生まれる。
  1. 2015-12-22 17:31
  2. URL
  3. かんぱち #vF6NeGQU
  4. 編集

Re: タイトルなし

> 資本主義・社会主義・共産主義の違いをわかりやすく教える方法
> http://www.juku.st/info/entry/685
>
> >社会主義と共産主義は混同されがちですが、共産主義は社会主義を究極的に進展させた理想である訳で、財産の私有を否定し,すべての財産を共有することによって皆豊かになり、豊かになればもう戦争のように争うことはない。国の枠組みすら必要なくなるという考え方です。
>
> しかし、そのためには各人が満足する分け前を与える必要があり、それを得るためには膨大な資本、資産の蓄積が必要で、それを実現するには資本主義が一番手っ取り早いという矛盾が生じます。
>
> ノーメンクラトゥーラの例でも分かるように、完全に公正、平等に分かち合える人間性を社会を構成する各人に持たせるのがいかに難しいか(これが一番のネックだと思います)。
>
> 所詮、絵に描いた餅であり、解の無い方程式を解こうとしているのと同じですね。

 なるほどね。 こういうの見ると共産主義って資本主義の問題点は突いたけれど、しかし何一つ解決方は見いだせなかったとしか言えませんね。

 
  1. 2015-12-22 19:34
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

Re: ユダヤの系譜

> >ユダヤ教、キリスト教、共産主義、皆ユダヤ人が作った
>
> 新自由主義の教祖の1人、ミルトン・フリードマンもユダヤ人ですね。
>
> ミルトン・フリードマン - Wikipedia
> http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9F%E3%83%AB%E3%83%88%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%83%95%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%83%89%E3%83%9E%E3%83%B3
> >ハンガリー東部(現在はウクライナの一部となっているザカルパッチャ州Berehove)からのユダヤ系移民の子としてニューヨークで生まれる。

 ユダヤ教、キリスト教、共産主義それにきっと新自由主義も同じでしょうが、どれも単一の絶対真理つまり一神教的の神のようなモノで、人間社会の問題をすべて解決しようと言うのです。

 ユダヤ人はユダヤ教の経典を一生懸命勉強して、論理的に宗教を学ぶようですから、こうした思考法が身についているんでしょうね。
 
 そして良くも悪くも一見論理的だとそれを信じ切ってしまうようです。
  1. 2015-12-22 19:41
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

>彼等は他人を物として扱える側に回りたくて…

共産主義はポルポト、スターリンのように大虐殺が帰結になっており、二回の世界大戦の戦死者より共産主義による死者の方が多い、という説もある。何故こうなるんでしょうか。夢だからか、宗教だからか、敵(資本家)を殺せば幸せになれる、と破壊が手段から目的に変わったからか。あるいはサッチャーさんが言ったように共産主義とは嫉妬や怨念のような人間の劣情だから他を殺さずにはいられないからか。単に理屈や理論と無謬性が絡むとそうなるのか。ただ、問題なのはこういう理由なら今後も姿を変えた共産主義もどきがやってくることでしょう。今の日本は新自由主義の竹中平蔵ピンハネ搾取会社社長や財務省の財政再建消費税増税等々マイルド虐殺が進行している。これって共産主義と通底するものがあるのではないか。竹中さんは若者をコスト扱いし、財務省は国民を税金を搾り取る道具扱いだ。朝日新聞の破壊虐殺革命志向も人間を阻害する考えの権力者も今後なくならないでしょうね。
  1. 2015-12-23 00:47
  2. URL
  3. #LkZag.iM
  4. 編集

Re: タイトルなし

> >彼等は他人を物として扱える側に回りたくて…
>
> 共産主義はポルポト、スターリンのように大虐殺が帰結になっており、二回の世界大戦の戦死者より共産主義による死者の方が多い、という説もある。何故こうなるんでしょうか。夢だからか、宗教だからか、敵(資本家)を殺せば幸せになれる、と破壊が手段から目的に変わったからか。あるいはサッチャーさんが言ったように共産主義とは嫉妬や怨念のような人間の劣情だから他を殺さずにはいられないからか。単に理屈や理論と無謬性が絡むとそうなるのか。ただ、問題なのはこういう理由なら今後も姿を変えた共産主義もどきがやってくることでしょう。今の日本は新自由主義の竹中平蔵ピンハネ搾取会社社長や財務省の財政再建消費税増税等々マイルド虐殺が進行している。これって共産主義と通底するものがあるのではないか。竹中さんは若者をコスト扱いし、財務省は国民を税金を搾り取る道具扱いだ。朝日新聞の破壊虐殺革命志向も人間を阻害する考えの権力者も今後なくならないでしょうね。

 そうですね。 共産主義国家が崩壊して共産主義と言うの実現不能と言う事が証明されたのですが、しかし今でもなお共産主義を夢見る人々はいます。

 しかし今でも熱力学第一法則を無視した発電機などを夢見る人々が結構いるのですから、これは当然かも知れません。

 そもそも共産主義は権力を切望する人間にとっては、無限の権力を約束する夢の世界なのです。

 ワタシは田原総一郎の話など聞いていて、彼の強烈な権勢欲に唖然としました。

 、田原総一郎の奇妙な変革
 http://yomouni.blog.fc2.com/blog-entry-4665.html

 何でも良いから社会を自分達の手で変えたい!
 どう言う社会を作りたいか、自分もわからないけど変えたい!!

 これって権勢欲以外の何ものでもないのです。 しかも首相になって日本を守りたいなんてのを遥かに超える権勢欲です。

 権勢欲が現実の政治家のレベルを遥かに超えているので、政治家にはなれない人々が沢山いるのです。

 こうした人々がいる限り、社会の現実を無視しでイデオロギーに傾倒する人々は現れるし、そうした人々の受け皿となるイデオロギーは生まれるのでしょう。
  1. 2015-12-23 13:10
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

Re: タイトルなし

> >彼等は他人を物として扱える側に回りたくて…
>
> 共産主義を語るなら第一にポルポトやスターリンの大虐殺でしょう。大東亜戦争だって、当時の隠れ共産主義者が日本の敗戦革命を狙った結果とみれば同じですね。共産主義者とは平気で虐殺する人できる人と言っていい。何ででしょうかね。理屈が優先するからか。サッチャーさんがいうように嫉妬怨念からなのか。問題は今も今後も共産主義者的思考の人が姿を変えて出て来ていることだ。新自由主義なんてのも人をコスト扱いするから奴隷大好きの共産主義者と同じ。朝日新聞は東大文学部閥だそうだが、それなら今後も東大で共産主義的思考の人が大量生産されるでしょう。理屈を勉強したアタマの良い人は要注意だ。なんか安倍政権にも沢山いてマイルド虐殺やっているような気がします。

 ワタシは今「崩壊 朝日新聞」を読んでいるんですが、朝日新聞ではマルクス主義者でないと見做される人は「右翼」と呼ばれるのだそうです。

 ホントにマルクス主義者が多いのですね。

 思うにマルクス主義の魅力は、これを信じると人間界の全てが理解できた気持ちになり、自分自身が神として全知全能で居られる気になるのではないでしょうか?
 
 そして共産主義革命で権力を握れば無限の権力が得られるからでしょう。

 絶対王政の君主と雖も神には従う義務があったのですが、共産主義者には神もいないのです。 そしてすべての人間を精神の奥底までも奴隷化できるのです。
  1. 2015-12-29 13:32
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する