2015-12-20 21:55

「崩壊 朝日新聞」 コミンテルンの陰謀の証明?

 池田信夫が本の紹介をしていました。
 それが余りに凄い内容なので、とり急ぎ紹介します。

 紹介している本は「崩壊 朝日新聞  著者 長谷川熙 (著)です。

159

 朝日新聞は日本を「共産化」しようと工作した

 本書は朝日新聞の元大記者が、昨年の「8月5日」の慰安婦問題をめぐる偽善的な記事に衝撃を受けて朝日の嘱託ライターを辞め、1年かけてその背景を調査したドキュメントである。北畠清泰論説委員が吉田清治に虚偽証言を強要した現場を目撃し、松井やよりなどが「慰安婦問題」を捏造した経緯をくわしく書いている。

 それより驚くのは、こうした朝日の報道の背景に「日本を共産化しようという社の方針があった」という話だ。これはよくある陰謀史観ではなく、具体的な1次情報で裏づけられている。特に注目されるのは、ゾルゲ事件に連座して死刑になった朝日の記者、尾崎秀実が検事調書で次のように供述したことだ。

 世界資本主義に代る共産主義的新秩序は必ず来るものと確信したのであります。帝国主義国家の自己否定に終る如き極度の消耗戦、[支那]国内の新興階級[中国共産党]の抗戦を通じての勢力拡大、被抑圧民族国家群の解放、ソ連の地位の増大等は正に其の要因であります。(p.189)

 このような意図から、彼は朝日の田中慎次郎政治経済部長から得た「日本軍は南進する」という情報をゾルゲに伝え、これによってスターリンは戦力を対独戦に集中して勝利を収めた。それと同時に近衛文麿の顧問だった彼は、ドイツの和平工作(トラウトマン工作)を妨害し、蒋介石と徹底的に戦うよう近衛に進言した。その目的は両者が戦争で消耗し、中国共産党が漁夫の利を得るためだった。

 尾崎の助言どおり、近衛は参謀本部の反対を押し切って「爾後国民政府を対手とせず」という近衛声明を出し、日本は日中戦争の泥沼に突入した。さらに尾崎は中国共産党に日本軍の作戦を通報する一方、近衛には戦線を南方に拡大するよう進言し、その情報をゾルゲを通じてソ連に伝えたのだ。彼の情勢判断は、驚くほど正確だった。

 私の立場から言えば日本なり独逸なりが簡単に崩れ去って英米の全勝に終るのでは甚だ好ましくないのであります。[…]日本は社会体制の転換を以てソ連、支那と結び別の角度から英米へ抵抗するの姿勢を採るべきであると考えました。此の意味に於て日本は戦争の始から米英に抑圧せられつつある南方諸民族の解放をスローガンとして進むことは大いに意味があると考えた(p.190)

 普通に戦争すると、日本は英米に簡単に負けて降伏するだろう。それではだめで「南方諸民族」を巻き込んだ「大東亜戦争」をやって壊滅し、日本を含む東アジア全体を共産化することが尾崎の目的だった。

 戦争は革命のチャンスである。尾崎は単なるスパイではなく、近衛の側近として日本を徹底的に破壊し、戦争を革命に転化するレーニンの革命的敗北主義を実現しようとしたのだ。それは彼の個人プレーではなく、朝日の組織を動員した工作だった。


163

 日本の第二次大戦参戦は、日米を戦わせる事によって、双方を消耗させて漁夫の利を得ようとしたコミンテルンの陰謀だと言う説は、倉山満の動画や「諸君」などの一部の右派の雑誌などで見た事があります。

 しかし他では一切黙殺されている非情にマイナーな説です。

 実は池田信夫は以前ブロゴスでこの倉山満のコミンテルン陰謀論を一笑に付していました。 池田信夫がこれを覚えているかどうかは知りませんが、しかしこの「崩壊 朝日新聞」と言う本は、その第二次参戦コミンテルンの陰謀説を証明しているのです。

 保守派とは言え、我々ネトウヨや倉山満のような右翼学者とは絶対に一線を画したい池田信夫が、しかしこの説に賛同せざるを得なくなったと言うのは大変なことです。

 つまりこれがマイナーな陰謀論ではなくなってきたと言う事です。

165

 それにしても凄い話です。

 > 普通に戦争すると、日本は英米に簡単に負けて降伏するだろう。それではだめで「南方諸民族」を巻き込んだ「大東亜戦争」をやって壊滅し、日本を含む東アジア全体を共産化することが尾崎の目的だった。

 戦争は革命のチャンスである。尾崎は単なるスパイではなく、近衛の側近として日本を徹底的に破壊し、戦争を革命に転化するレーニンの革命的敗北主義を実現しようとしたのだ。それは彼の個人プレーではなく、朝日の組織を動員した工作だった。


 戦前の朝日新聞が極めて好戦的で、ひたすら主戦論を煽った事は良く知られています。 しかしそれは只発行部数を伸ばす為と言われてきました。

 少なくとも朝日新聞自体が戦争推進を目的にしていたとは言われてきませんでした。

 しかし実は朝日新聞の目的は購読者獲得なんかではなく、戦争そのもの、何よりも日本の破壊そのモノだったわけです。

 なるほどこれなら戦後の転向も簡単に理解できます。 実は日本占領当初の5年間程、GHQと日本共産党は蜜月状態だったのです。 なぜならGHQにも大量の共産主義者が入り込んでいたからです。

213

 勿論朝日新聞だけが悪かったわけではありません。 軍部にも主戦論を煽り続けた人間はいたのです。

 例えば志位正二参謀です。 
 彼はソ連のスパイで、志位和夫日本共産党書記長の叔父です。

 因みにこの本は戦後の朝日新聞についても書いています。

「中ソ対立」が朝日新聞の経営を決めた

223
 
 ワタシは取りあえずこの本を買うつもりです。 出版は12月22日になっているので、年内に届くかどうかわからないけど・・・・・。
  1. 古本
  2. TB(0)
  3. CM(8)

コメント

兼ねてからの私の持論で、同じ内容の繰り返しみたいな
コメントで恐縮ですが、本当の問題は朝日がどうのこうの
ってことではなく、テレビ、新聞など大手メディアをあまりに素直に信じすぎ、疑うことをしらなさすぎる日本人の読者、視聴者が一番の問題・・だと思いますけどね。

とにかく、各種世論調査で新聞・テレビに「信頼を置く」人が異様に多いんですよ、日本って。

http://www.newsweekjapan.jp/stories/world/2015/10/post-4034.php
メディアへの信頼度が高いだけに世論誘導されやすい日本

この記事の元となる調査は「世界価値観調査」というもので、世界各国の社会文化、道徳、政治、宗教などの価値観について、社会学者などで現在行われている国際プロジェクトで、初回調査は1981年。現在もオランダのティルブルグ大学に本拠に行われる世界的な調査で、私は信用してます。

で、これによれば、日本人のなんと7割がテレビ・新聞を
「信用している」でこれは一体どこの全体主義国の数字なのか?と。しかも、これはネットが存在しない昔の話では
なく2014年の調査の結果なのですから驚きです。

正直、私に言わせれば日本国民の7割はニュース、情報を自分の頭で考えられない「バカ」の集まりとしか思えません。

ちなみにこれは、お上からの大本営発表を受け取るしかない中国と同じ数字なんですよね。その中国ですら、テレビや新聞を鵜呑みにしない人が3割近くもいることを考えると、日本人の情報リテラシーは中国人以下なのかもしれません。

ちなみに先進国とされる国々(英・米、独、仏など)では(「信頼できる」)軒並み2~3割です。
BBCなどかなり高レベルなマスコミが存在する英国ですらそう。

だからこそ、日本ではこんな朝日みたいなメディアが日本を代表する「クォリティペーパー」(今や死語かもしれないが)として君臨できるし、日本人は鬼畜米英から日本国憲法9条真理教という極端かつ非現実的な話にあっさりと煽られ乗せられるわけで。

保守系のメディア、ブログでは日本人の「民度」の高さを誇る記事がいろいろと出てきます。確かに嘘をつかない、約束は守る、仕事をまじめにきちんとやる・・という遵法意識といった意味で見ればその通りですが、一方で自分の
頭で物事を判断し、自分の意志で行動する・・という主体性とか自主性といった面での民度は低い、決して自慢したり誇れるものではない・・と思います。

日本を変える第一歩は日本人を呪縛する大マスコミ信仰を
打破すること、これができなければ、日本の未来は暗い・・、極論に聞こえるかもしれませんが、私はマジで
そう思ってます。
  1. 2015-12-20 23:18
  2. URL
  3. prijon #-
  4. 編集

コミンテルンですね!!!

 よもぎねこさんお薦めの「戦後史の闇」は、全部観ました。実は倉山さんの本が好きで、今まで色々と読んでいます。

 そして長谷川熙さんが朝日新聞内部にいた立場で慰安婦問題の真相を暴く本を書かれたというのは、江崎道朗さんがヴェノナ文書を元に『コミンテルンとルーズヴェルトの時限爆弾』を書かれたのと同じ意味合いを持っていると思います。これから沈黙していた人達の証言や、各国で機密解除された文書をもとに研究が進むと、歴史を新たな事実に基づいて書き換えないといけなくなりますね。リベラルは、「この歴史修正主義者め!」と怒りそうですが。

 それにしても朝日新聞の最終目標が「日本を共産化しよう。」というのなら、「安倍政権打倒は朝日の社是である。」のは、日本を取り戻す為に頑張る安倍総理が本当に邪魔だからなのだと理解出来ました。

 怒られそうですが、池田信夫さんが保守が主張してきたことに同調するような意見を述べるのは、本質的には本来の意味である反知性主義者なのかもしれませんね。
  1. 2015-12-20 23:59
  2. URL
  3. 都民です。 #-
  4. 編集

Re: タイトルなし

> 兼ねてからの私の持論で、同じ内容の繰り返しみたいな
> コメントで恐縮ですが、本当の問題は朝日がどうのこうの
> ってことではなく、テレビ、新聞など大手メディアをあまりに素直に信じすぎ、疑うことをしらなさすぎる日本人の読者、視聴者が一番の問題・・だと思いますけどね。
>
> とにかく、各種世論調査で新聞・テレビに「信頼を置く」人が異様に多いんですよ、日本って。
>
> http://www.newsweekjapan.jp/stories/world/2015/10/post-4034.php
> メディアへの信頼度が高いだけに世論誘導されやすい日本
>
> この記事の元となる調査は「世界価値観調査」というもので、世界各国の社会文化、道徳、政治、宗教などの価値観について、社会学者などで現在行われている国際プロジェクトで、初回調査は1981年。現在もオランダのティルブルグ大学に本拠に行われる世界的な調査で、私は信用してます。
>
> で、これによれば、日本人のなんと7割がテレビ・新聞を
> 「信用している」でこれは一体どこの全体主義国の数字なのか?と。しかも、これはネットが存在しない昔の話では
> なく2014年の調査の結果なのですから驚きです。
>
> 正直、私に言わせれば日本国民の7割はニュース、情報を自分の頭で考えられない「バカ」の集まりとしか思えません。
>
> ちなみにこれは、お上からの大本営発表を受け取るしかない中国と同じ数字なんですよね。その中国ですら、テレビや新聞を鵜呑みにしない人が3割近くもいることを考えると、日本人の情報リテラシーは中国人以下なのかもしれません。
>
> ちなみに先進国とされる国々(英・米、独、仏など)では(「信頼できる」)軒並み2~3割です。
> BBCなどかなり高レベルなマスコミが存在する英国ですらそう。
>
> だからこそ、日本ではこんな朝日みたいなメディアが日本を代表する「クォリティペーパー」(今や死語かもしれないが)として君臨できるし、日本人は鬼畜米英から日本国憲法9条真理教という極端かつ非現実的な話にあっさりと煽られ乗せられるわけで。
>
> 保守系のメディア、ブログでは日本人の「民度」の高さを誇る記事がいろいろと出てきます。確かに嘘をつかない、約束は守る、仕事をまじめにきちんとやる・・という遵法意識といった意味で見ればその通りですが、一方で自分の
> 頭で物事を判断し、自分の意志で行動する・・という主体性とか自主性といった面での民度は低い、決して自慢したり誇れるものではない・・と思います。
>
> 日本を変える第一歩は日本人を呪縛する大マスコミ信仰を
> 打破すること、これができなければ、日本の未来は暗い・・、極論に聞こえるかもしれませんが、私はマジで
> そう思ってます。

 そうですね。
 しかしこの「信用する」と言うのが、何を意味するかです。

 ホントに日本人の7割が新聞テレビを信用していたら、安倍政権なんか成立していません。 日本人が「新聞テレビを信用する」と言うのはつまり交通事故や「天気予報については、正確に報道しているだろうと言う程度の意味ではないですか?

そもそも新聞を信用すると言った人の多くは、政治欄や社説なんか読まないのでは?
 
 ワタシも災害や事故のニュースは概ね信用しているし、テレビ欄や株価、天気予報は全面的に信頼しています。
  1. 2015-12-21 13:14
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

Re: コミンテルンですね!!!

>  よもぎねこさんお薦めの「戦後史の闇」は、全部観ました。実は倉山さんの本が好きで、今まで色々と読んでいます。

 倉山氏はエキセントリックなので、オカシナ右翼ニイチャンみたいな感じだけど、実は非常に博識で鋭い洞察力を持っていますからね。

>  そして長谷川熙さんが朝日新聞内部にいた立場で慰安婦問題の真相を暴く本を書かれたというのは、江崎道朗さんがヴェノナ文書を元に『コミンテルンとルーズヴェルトの時限爆弾』を書かれたのと同じ意味合いを持っていると思います。これから沈黙していた人達の証言や、各国で機密解除された文書をもとに研究が進むと、歴史を新たな事実に基づいて書き換えないといけなくなりますね。リベラルは、「この歴史修正主義者め!」と怒りそうですが。

 自称リベラルの多くがリベラルの皮を被った共産主義者ですし・・・・。

>  それにしても朝日新聞の最終目標が「日本を共産化しよう。」というのなら、「安倍政権打倒は朝日の社是である。」のは、日本を取り戻す為に頑張る安倍総理が本当に邪魔だからなのだと理解出来ました。

 そうなんですよ。 朝日の報道姿勢を説明する一番シンプルで明快な理由なのです。 もうプトレマイオスの天動説を地動説に変えた明快な話です。

>  怒られそうですが、池田信夫さんが保守が主張してきたことに同調するような意見を述べるのは、本質的には本来の意味である反知性主義者なのかもしれませんね。

 池田ノビーの良いところは、どんな立場の意見であれ、それが合理的であれば受け入れる所です。 
  1. 2015-12-21 13:34
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

池田信夫はまだ朝日新聞を批判出来るくらいの頭は有るのでしょうが、TV等で頭の良い学者として登場していた茂木健一郎がこれ程阿呆だったとは・・・
【狂気】茂木健一郎さん「政権を『6年毎にかわりばんこ』や『くじ引き』で決めることも一案 」
http://www.honmotakeshi.com/archives/47280078.html
  1. 2015-12-21 14:57
  2. URL
  3. taigen #-
  4. 編集

Re: タイトルなし

> 池田信夫はまだ朝日新聞を批判出来るくらいの頭は有るのでしょうが、TV等で頭の良い学者として登場していた茂木健一郎がこれ程阿呆だったとは・・・
> 【狂気】茂木健一郎さん「政権を『6年毎にかわりばんこ』や『くじ引き』で決めることも一案 」
> http://www.honmotakeshi.com/archives/47280078.html

 脳学者の脳が腐ってるw
  1. 2015-12-21 20:22
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

赤い人脈と緒方竹虎

もし、それが事実だとすると、元主筆の緒方竹虎のことはどう理解したらいいでしょうか。彼はCIAの工作員だったことが機密解除されたアメリカの公文書によってわかっています。
私は歴史には疎いので本当に全然わかりません。どなたか詳しい人がご教示くださると有り難いです。

緒方竹虎(おがた たけとら)とは - コトバンク
http://kotobank.jp/word/%E7%B7%92%E6%96%B9%E7%AB%B9%E8%99%8E-17713
>朝日新聞社に入り、のち副社長になる一方、大政翼賛会副総裁などを務めた。戦後自由党から衆議院に当選、第四次吉田内閣の官房長官、副総理となる。吉田辞任後、自由党総裁となり保守合同を推進した。


1990年代に朝日新聞の中の人から聞いたのですが、朝日新聞では学歴によって出世コースが決まっているそうです。朝日新聞でいちばん出世できるのは東大文学部社会学系なんだそうです。
言われてみたら本当に朝日新聞やテレビ朝日系列の社長の多くが東大文学部卒で驚いたことがあります。テレビ朝日の系列局に朝日新聞からの天下りが多いのにも驚きました。私がいた雑誌編集部の編集長も東大文学部卒でした。

なので、池田信夫氏が「「中ソ対立」が朝日新聞の経営を決めた」の中で「東大の優秀な学生は官庁や銀行をめざすが、京大は学者やジャーナリストにあこがれる人が多かった。」と書いているのは単純化しすぎではないかと思います。人数からいえば戦後は早稲田卒がいちばん多いはずですし。
ただ、昔見た大学生向けの朝日新聞社の会社案内に「新聞社の中で最も多いレッドパージを受けた」と誇らしげに書いてあったのは覚えています。

朝日レッドパージの会 61年目の集い | 週刊金曜日ニュース
http://www.kinyobi.co.jp/kinyobinews/?p=987
>マスコミの中でNHKに次いで解雇が多かった朝日新聞社では、50年7月28日を皮切りに計104人が職場追放された。
  1. 2015-12-21 20:27
  2. URL
  3. かんぱち #vF6NeGQU
  4. 編集

Re: 赤い人脈と緒方竹虎

> もし、それが事実だとすると、元主筆の緒方竹虎のことはどう理解したらいいでしょうか。彼はCIAの工作員だったことが機密解除されたアメリカの公文書によってわかっています。
> 私は歴史には疎いので本当に全然わかりません。どなたか詳しい人がご教示くださると有り難いです。
>
> 緒方竹虎(おがた たけとら)とは - コトバンク
> http://kotobank.jp/word/%E7%B7%92%E6%96%B9%E7%AB%B9%E8%99%8E-17713
> >朝日新聞社に入り、のち副社長になる一方、大政翼賛会副総裁などを務めた。戦後自由党から衆議院に当選、第四次吉田内閣の官房長官、副総理となる。吉田辞任後、自由党総裁となり保守合同を推進した。
>
>
> 1990年代に朝日新聞の中の人から聞いたのですが、朝日新聞では学歴によって出世コースが決まっているそうです。朝日新聞でいちばん出世できるのは東大文学部社会学系なんだそうです。
> 言われてみたら本当に朝日新聞やテレビ朝日系列の社長の多くが東大文学部卒で驚いたことがあります。テレビ朝日の系列局に朝日新聞からの天下りが多いのにも驚きました。私がいた雑誌編集部の編集長も東大文学部卒でした。
>
> なので、池田信夫氏が「「中ソ対立」が朝日新聞の経営を決めた」の中で「東大の優秀な学生は官庁や銀行をめざすが、京大は学者やジャーナリストにあこがれる人が多かった。」と書いているのは単純化しすぎではないかと思います。人数からいえば戦後は早稲田卒がいちばん多いはずですし。
> ただ、昔見た大学生向けの朝日新聞社の会社案内に「新聞社の中で最も多いレッドパージを受けた」と誇らしげに書いてあったのは覚えています。
>
> 朝日レッドパージの会 61年目の集い | 週刊金曜日ニュース
> http://www.kinyobi.co.jp/kinyobinews/?p=987
> >マスコミの中でNHKに次いで解雇が多かった朝日新聞社では、50年7月28日を皮切りに計104人が職場追放された。

 この本自体がまだ販売されていなくて(今日から販売)ワタシも読んでいないので、その辺りは良くわかりません。

 しかし以前東大法学部卒でワタシのブログにコメント下さった方によると、東大卒で優秀な人は企業や官庁をめざし、出来の悪いのがマスゴミに行ったと仰っていました。

 だからその出来の悪いのが朝日で幅を利かせていると言う事でしょうか?

 それに文学部など幾ら東大卒でも、就職先は限られているでしょうから。

 それにスパイや転向者はどこにでもいます。 現に志位正二のような例もあるのですから。
  1. 2015-12-22 11:17
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する