2015-12-13 22:22

冬の光

 昨日は久しぶりに自転車に乗りました。

011

 11月24日の大雪以来、もう絶対融けないと思っていた道路の雪が融けたのです。

019

 それで久しぶりに北海道神宮まで行きました。

020

 しかし神社に着いた頃には、太陽の光は高い木の上の方しか照らさなくなっていました。

030

 驚いて時計を確認したら、まだ2時過ぎです。

043

 それでも太陽は低く山の陰に沈みかけて、日の光は夕暮れの色です。

049

 しかし穏やかな快晴のせいか、参拝者は沢山いました。 だって時間から言えばまだ日中です。

066

 けれども参拝している間にも太陽はドンドン下がっていきます。

089

 境内に山の影が伸びてきます。

091

 日暮れが早すぎる・・・・・と思うけれど、冬至が近いからこんなモノでしょう。 

098

 ヤドリギを一杯付けた柏の古木が、一日の最後の光を浴びています。

110

 この古木を見ると、嘗てゲルマン人が柏の木を神木と崇め、ヤドリギを神の憑代としたことが理解できます。

104

 巨木に相応しい巨大なヤドリギも日を浴びていました。

109

 冬の光はこうして少しずつ消えてゆきます。

112

 境内を出た頃にはもう辺りは全て山の影になっていました。
  1. 札幌の四季
  2. TB(0)
  3. CM(2)

コメント

取ってつけたようなイベントですが^^;

日が暮れて、暖色系の照明に照らされたアイテムを見ていると、多少クリスマス気分を味わえますね。
ドイツのクリスマスのお菓子のシュトレンの味を知ったのも、この催しでした。
そういえばアマレットというアーモンド風味のリキュールをくわえるのも、過熱して飛んだエタノールを補うのためなのでしょうね^^
  1. 2015-12-16 14:28
  2. URL
  3. hanehan #3/2tU3w2
  4. 編集

Re: 取ってつけたようなイベントですが^^;

> 日が暮れて、暖色系の照明に照らされたアイテムを見ていると、多少クリスマス気分を味わえますね。

 雪が無いので物足りない景色ではありましたが、それでも行けばそれなりにクリスマス気分になりました。

> ドイツのクリスマスのお菓子のシュトレンの味を知ったのも、この催しでした。

 あれ美味しいですか?
 ワタシはどうも今一の気がします。

> そういえばアマレットというアーモンド風味のリキュールをくわえるのも、過熱して飛んだエタノールを補うのためなのでしょうね^^

 多分そうでしょうね。 何か普通のグリューワインに比べて異様に甘い気がしました。
 甘いから甘レット?
  1. 2015-12-16 14:56
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する