2015-12-05 13:07

イギリスはなぜ中国原発を選んだか?

先月の習近平のイギリス訪問で、イギリスはヒンクリーポイントの原発を中国技術と中国資本で建て替える契約を結びました。

 しかもこの原発は実は中国国内でさへ運転実績のない型式の物です。

 元来イギリスは世界をリードする原発技術を持つ国でした。 
 それが現在ではイギリスには原発を作れる会社はありません。
 そしてそれを作る資本もないのです。

 何でこんな無残なことになったのか?

 ここに大変わかりやすく書かれています。

中国原発の技術とカネにすがる 英国のお寒いエネルギー事情 中国マネーにひざまずく落日の大英帝国(4) - 山本隆三

2015y12m05d_131102283

 簡単に抜粋すればこの一文です。 

英国では1995年運転開始のサイズウエルBを最後に原発の新設が止まるが、その遠因は90年に行われた電力市場の自由化だった。電力供給を行っていた中央電力庁は分割され、原子力部門は96年に民営化される。自由化した市場では将来の電気料金は誰も予測できない。巨額な投資を必要とし、減価償却のため40年以上に亘り常に運転を行う必要がある原発の建設には収益面のリスクがあると投資家は考え、自由化市場での原発の建設はなくなっていった。

 つまり電力自由化で電力会社の収入が不安定になり、原発建設のような長期的な収益を見越しての、莫大な資本投下は不可能になったのです。

 そして長期間原発建設を受注できなくなれば、原発製造会社は存続不能になります。

 こうしてイギリスから原発製造会社はなくなり、イギリスは原発製造技術を失ったのです。

2015y12m05d_131146741

 それではなぜ中国製の原発を選んだのか?

 その理由は以下の通りです。

> 欧州のエネルギー政策の研究者は、「複雑で大規模工事の原発新設には、何よりも継続した工事の経験が必要」と指摘する。福島第一原発の事故以降、世界では原発新設の動きが一時中断した。そんな中で短期間の中断後すぐに工事を再開した中国だけが、継続的な工事実績を着実に積んでいる。

 現在どの国も原発建設は活発にできない状況です。

 その中で中国はひたすら原発建設に邁進しているのです。 現在実に22基もの原発を建設中なのです。
 
 物を作る技術は、作り続ける事で磨かれ進歩するのです。
 その意味では中国は、最高の条件で原発建設技術を進歩させているのです。

 だから中国の原発建設会社は、請け負った原発建設を、決められた納期を守って、安く仕上げる事ができると考えられるのです。
 しかもその資本も中国が出すと言ったのです。

 イギリスの企業も投資家も、先に書いた理由で原発の建設のような莫大な長期投資はしません。 だから中国に資本を出してもらうしかないのです。

 一応この原発はIAEAが安全のお墨付きを出しています。

 そこでイギリスは金も技術も全部中国に依存して、中国原発を建設する事に決めたのです。

2015y12m05d_131206436

 イギリスは元来優れた科学技術と、それを支える高度な基礎科学を持つ国でした。
 基礎科学の方は今も健全です。
 今も結構沢山のノーベル賞を取り続けています。

 しかし幾ら基礎科学がシッカリしていも、工学技術と言うのはそれを実際に使う企業なしでは、存続できないのです。

 イギリスの原発の話はまさにその証明です。
 
 そしてこのイギリスの原発産業の衰退の原因は、現在の日本にも当てはまる所が多いので、非常に不安です。 
 原発だけではなくイギリスの製造業衰退自体が、今の日本には他人ごとではないのです。

2015y12m05d_131226160
 
 イギリス人の事ですから、上手く中国を利用して金を巻き上げる気なのかもしれません。 何しろあの国は第二次大戦の最中でも、アメリカ軍を利用して自国の権益を拡大する気満々だったくらいです。

 それにイギリスは地理的に中国の軍事的脅威を受けるわけじゃないので、その点至って気楽です。

 しかし原発のようなモノを中国に作らせて、国家のエネルギーを管理の資本と技術を共に中国に委ねてしまうって、不味くないですか?
 
 それに幾らIAEAが安全だと言っても、あの賄賂と不正の国です。 ホントに安全なのでしょうか?
 ワタシは原発推進派だけれど、中国製原発だけは絶対反対です。

 しかしイギリスは今後暫くは中国の褌で相撲を取る事に決めたのでしょう。 こういう冒険主義的なやり方っていかにもイギリス人らしいですね。

2015y12m05d_131259067

 オマケ

英中蜜月の仕掛け人 “次の首相”オズボーンの正体  中国マネーにひざまずく落日の大英帝国(1)

「ボンジュール」より「你好」 教育現場でも浸透する中国 中国マネーにひざまずく落日の大英帝国(2)

中国マネー取り込みに躍起になる 「金融立国」英国の算段 中国マネーにひざまずく落日の大英帝国(3) - 加藤隆俊
 
  1. ヨーロッパ
  2. TB(0)
  3. CM(16)

コメント

情報追加

Hinkleyの原子力発電所建設について、日本では完全な中国製と思われているようですが、イギリスのガーディアン紙10月20日からの記事によれば、この計画は「フランス主導プロジェクト」で、「中国が1/3の利権を得る」「240億ドル」の計画です。

フランス側はEDFという会社が請け負うようです。

ちなみにおズボン君(英国財務大臣のジョージ・オズボーン)の義理の父で、元エネルギー大臣であったHowell卿によれば、この計画は英国の消費者と産業にとって最悪の取引の一つであるそうです。その理由は、(中国を見据えた)国家安全保障の懸念のみならず、計画されている原子炉のデザインは一度も実現されたことがなく、EDFがフランスやフィンランドでの計画も巨大なコストと納期の遅れを上げています。

Source:
http://www.theguardian.com/environment/2015/oct/20/china-to-take-one-third-stake-in-24bn-hinkley-nuclear-power-station

さて、ある人が言ったんですよね。「こう言う計画は必ず遅れる。あと一年経った時、話がどうなっているか分かったもんじゃない。」

果たしておズボン君が、そこを見越して何かを考えているのが、義理の父にまで非難されるおバカなのか、、、。見ものですね。
  1. 2015-12-05 16:03
  2. URL
  3. tna6310147 #-
  4. 編集

Re: 情報追加

> Hinkleyの原子力発電所建設について、日本では完全な中国製と思われているようですが、イギリスのガーディアン紙10月20日からの記事によれば、この計画は「フランス主導プロジェクト」で、「中国が1/3の利権を得る」「240億ドル」の計画です。
>
> フランス側はEDFという会社が請け負うようです。
>
> ちなみにおズボン君(英国財務大臣のジョージ・オズボーン)の義理の父で、元エネルギー大臣であったHowell卿によれば、この計画は英国の消費者と産業にとって最悪の取引の一つであるそうです。その理由は、(中国を見据えた)国家安全保障の懸念のみならず、計画されている原子炉のデザインは一度も実現されたことがなく、EDFがフランスやフィンランドでの計画も巨大なコストと納期の遅れを上げています。
>
> Source:
> http://www.theguardian.com/environment/2015/oct/20/china-to-take-one-third-stake-in-24bn-hinkley-nuclear-power-station
>
> さて、ある人が言ったんですよね。「こう言う計画は必ず遅れる。あと一年経った時、話がどうなっているか分かったもんじゃない。」
>
> 果たしておズボン君が、そこを見越して何かを考えているのが、義理の父にまで非難されるおバカなのか、、、。見ものですね。

 有難う御座います。

 中国に金を出させて、フランスの原発を作るのなら、さすがイギリス!!
 ヤッパ、ハラグロ・サクソンは強かだわ。

 と言う話なのですが、どうもやはり本体は中国設計なんですよね。 しかも中国本土でさへ稼働実績のない型式です。

 それでもフランスの会社が建設を請け負うから、取りあえず安全性は担保されると考えているのでしょうか?

 一応ワタシの紹介した文章では、期限内に確実に建設できるのは中国企業と思われているので、中国原発を選んだと書かれているのですが、しかし話がうますぎるんですよね?

 おズボン君の舅さんも美味い話には裏があると思っているんでしょうね。
 だっておズボン君の舅もサーなんてつくのですから、きっと自分も美味い話で他国をはめた経験があるのでしょうから。
  1. 2015-12-05 17:54
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

Made by ?

>どうもやはり本体は中国設計なんですよね。

私の理解では、原子炉のデザインは”EPR"という物で、これはフランスのArevaという多国籍企業が作った物で、原子炉もここが提供者となっています。

実はこれは英語のWikiに書かれていまして、日本語のWikiには記事が存在しないんです。

Source: https://en.wikipedia.org/wiki/Hinkley_Point_C_nuclear_power_station

さて、事実はどうなんでしょうね? 建物などには中国設計の何かが入るという事を持って、中国製としてしまうのでしょうか?

ところで、最初のコメントで「240億ドル」と書きましたが、「240億ポンド」の間違いです。失礼いたしました。
  1. 2015-12-05 20:10
  2. URL
  3. tna6310147 #-
  4. 編集

Re: Made by ?

> >どうもやはり本体は中国設計なんですよね。
>
> 私の理解では、原子炉のデザインは”EPR"という物で、これはフランスのArevaという多国籍企業が作った物で、原子炉もここが提供者となっています。
>
> 実はこれは英語のWikiに書かれていまして、日本語のWikiには記事が存在しないんです。
>
> Source: https://en.wikipedia.org/wiki/Hinkley_Point_C_nuclear_power_station
>
> さて、事実はどうなんでしょうね? 建物などには中国設計の何かが入るという事を持って、中国製としてしまうのでしょうか?

 日経の記事ではこう書かれています。

>原子力協力では、英南東部エセックス州にある「ブラッドウェル原発」で中国技術を採用する。中国が「華龍1号」と呼ぶ新型原発で、フランスから技術供与を受けた中国国有大手の中国広核集団(CGN)などが中心となって開発した。国有原発設計大手の中国核電工程によると「主要部品の国産化率は85%を超える」という。

>建設はフランス電力公社(EDF)と共同で手がける。原発のプロジェクト会社にはCGNが66.5%を出資し、建設後の運営も含めて中国勢が完全に事業を主導することになる。

http://www.nikkei.com/article/DGXLASGM21H91_R21C15A0FF1000/

 だからフランスの技術供与は受けているけど。 これを読むと中国が設計して施工も中国が中心と読めるんですよね。

 それからこの中国原発については福島香織氏がこんな記事を書いています。

中国第三世代原発「華龍1号」の実力 英国進出で「日本を焦らせた」急成長に差す影
 http://business.nikkeibp.co.jp/atcl/opinion/15/218009/102600019/?P=2

> ところで、最初のコメントで「240億ドル」と書きましたが、「240億ポンド」の間違いです。失礼いたしました。

 わかりました。 
  1. 2015-12-05 21:29
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

Bradwell

習君が訪英した時に契約したのはHinkleyです。この他にBradwellともう一つ原発のプランが進んでいます。

このBradwellの場合、回り巡って中国の華龍の採用を考えているらしいです。もともと華龍型はフランス式の原子炉のデザインだったらしいですが、そこから中国が発展させたようで、、、。

Source:
https://en.wikipedia.org/wiki/Bradwell_nuclear_power_station

Bradwellなどは「戦略的投資合意」がなされたようです。ただ、Hinkleyの後に来るものなので、HInkleyがコケたら、どうなるかわかりません。

ざっと幾つかの記事を読むと、要するにフランスの会社が資金難で計画が進まず、しかしイギリスはこれ以上の金は払いたくない。で、フランスの会社の資金難の穴埋めの金を出す事で手を挙げたのが中国で、他の国の会社は来てくれなかった、、、という所らしいです。実現すれば、Bradwellの場合はHinkleyより中国色が強くなりますね。

さて、習君が外貨の流出にもめげず、イギリスの原発を含む各国と約束したプロジェクトを実行に移すのか、移せるのか?

イギリスはシリアを爆撃する金はあっても、原発に費やす金はないのでしょう。
  1. 2015-12-05 22:07
  2. URL
  3. tna6310147 #-
  4. 編集

Re: Bradwell

> 習君が訪英した時に契約したのはHinkleyです。この他にBradwellともう一つ原発のプランが進んでいます。
>
> このBradwellの場合、回り巡って中国の華龍の採用を考えているらしいです。もともと華龍型はフランス式の原子炉のデザインだったらしいですが、そこから中国が発展させたようで、、、。
>
> Source:
> https://en.wikipedia.org/wiki/Bradwell_nuclear_power_station
>
> Bradwellなどは「戦略的投資合意」がなされたようです。ただ、Hinkleyの後に来るものなので、HInkleyがコケたら、どうなるかわかりません。
>
> ざっと幾つかの記事を読むと、要するにフランスの会社が資金難で計画が進まず、しかしイギリスはこれ以上の金は払いたくない。で、フランスの会社の資金難の穴埋めの金を出す事で手を挙げたのが中国で、他の国の会社は来てくれなかった、、、という所らしいです。実現すれば、Bradwellの場合はHinkleyより中国色が強くなりますね。
>
> さて、習君が外貨の流出にもめげず、イギリスの原発を含む各国と約束したプロジェクトを実行に移すのか、移せるのか?

 つまりイギリスもフランスもカネは出したくないし、一方中国としてはイギリスに原発建設と言う実績を作るためなら、持ち出しでも良いからとこの話に飛びついたと言う事でしょう?

 でもフランスも他の国もこれにおカネを出す気はないと言う事を見ると、中国としてはかなり無理をして出しているのですよね?

> イギリスはシリアを爆撃する金はあっても、原発に費やす金はないのでしょう。

 ホントにそうですよね。

 そもそもシリアに首を突っ込んでいる国々は、最終的にシリアをどうしたいのでしょうね?

 先日この動画を見たのですが、余りと言えば余りに皆の言う事がバラバラなので、こりゃダメだと思ってしまいました。

2015-11.22 パリ同時テロ事件“世界はどう向き合うのか” 池内恵氏出演 
http://www.dailymotion.com/video/x3fi9iy_2015-11-22-%E3%83%91%E3%83%AA%E5%90%8C%E6%99%82%E3%83%86%E3%83%AD%E4%BA%8B%E4%BB%B6-%E4%B8%96%E7%95%8C%E3%81%AF%E3%81%A9%E3%81%86%E5%90%91%E3%81%8D%E5%90%88%E3%81%86%E3%81%AE%E3%81%8B-%E6%B1%A0%E5%86%85%E6%81%B5%E6%B0%8F%E5%87%BA%E6%BC%94_school

 日本の専門家同志でも全く意見が違って話がまとまらない・・・・・。

 これじゃもう何をどうしたらよいか、わかるわけはないのです。
  1. 2015-12-05 22:27
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

英国は、買うなら日本製の原発にすれば好いのに。

 英国や米国は原子力の先進国だったのに、今やロシア・中国の方が世界を席巻していますね。最近辛いのが、我が国も民主党やマスコミのお蔭で再稼働もやっとという有様なことです。ドイツの様に自然エネルギーに大転換やればできるなんて(大失敗のようですが)、前政権が第三国の回し者のような政策をとったせいで中国にしてやられそうです。

 福島香織さんが書いておられるように、第3世代の中国の原子炉は良くできいると石井孝明さんも無念そうに書いておられます。ただ初めての型だと、出来てから何が起きるか分らないのは怖いと思います。

 現在の原発はロシア・中国が優勢です。やはりあれだけ核実験をしたり、事故が起きても隠蔽出来る独裁国家だからでしょうか?逆に民主主義国が、我が国を除いて総崩れですよね。

 英国も米国も、電力を自由化して原発の長期にわたるリスクを民間企業が嫌ったのが衰退の原因のようです。我が国も原発は、安全保障でもあるので国が推進し各国への売り込みもして欲しいです。安倍政権は、その点原発の売り込みに積極的なので良いと思います。

 とにかく我が国の原発が中国製にされてしまう前に、積極的に官民挙げて戦略を練って推進して欲しいです。
  1. 2015-12-05 22:51
  2. URL
  3. 都民です。 #-
  4. 編集

中国製原発はスコットランドが次に「独立」とか言い出したら、お仕置きするための自爆装置じゃないか?

イングランド「電力は僕に、放射能は君に」
スコットランド「・・・」
  1. 2015-12-06 00:29
  2. URL
  3. 古古米 #-
  4. 編集

Re: 英国は、買うなら日本製の原発にすれば好いのに。

>  英国や米国は原子力の先進国だったのに、今やロシア・中国の方が世界を席巻していますね。最近辛いのが、我が国も民主党やマスコミのお蔭で再稼働もやっとという有様なことです。ドイツの様に自然エネルギーに大転換やればできるなんて(大失敗のようですが)、前政権が第三国の回し者のような政策をとったせいで中国にしてやられそうです。

 結局ヨーロッパの原発は夢と妄想で自滅したのですから。

>  福島香織さんが書いておられるように、第3世代の中国の原子炉は良くできいると石井孝明さんも無念そうに書いておられます。ただ初めての型だと、出来てから何が起きるか分らないのは怖いと思います。
>
>  現在の原発はロシア・中国が優勢です。やはりあれだけ核実験をしたり、事故が起きても隠蔽出来る独裁国家だからでしょうか?逆に民主主義国が、我が国を除いて総崩れですよね。

 反原発のような妄想が広がると民主主義国家では止めようがないのです。
 
 しかし民主主義国家が全部原発製造を止めても、独裁国家が原発を作り続けるのだから危険はなくならないのに。

>  英国も米国も、電力を自由化して原発の長期にわたるリスクを民間企業が嫌ったのが衰退の原因のようです。我が国も原発は、安全保障でもあるので国が推進し各国への売り込みもして欲しいです。安倍政権は、その点原発の売り込みに積極的なので良いと思います。
>
>  とにかく我が国の原発が中国製にされてしまう前に、積極的に官民挙げて戦略を練って推進して欲しいです。

 ワタシも日本の原発の将来が大変心配です。 安易な自由化は避けるべきだと思います。
  1. 2015-12-06 11:42
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

Re: タイトルなし

> 中国製原発はスコットランドが次に「独立」とか言い出したら、お仕置きするための自爆装置じゃないか?
>
> イングランド「電力は僕に、放射能は君に」
> スコットランド「・・・」

 イギリスの民族問題も結構面倒ですからね。 今は昔のようなあからさまな差別はないようですが、しかし微妙にいろいろあるようですね。
  1. 2015-12-06 11:44
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

ご質問いただいたのですが、とりあえずこちらに今の私の考えを書いてみます。
中国製原発の技術的な面はIAEAがお墨付きを与えていますので、それを信じるしかないと言う事しか言えないです。
しかし建設に関しては中国は色んな所で前科があり、無茶苦茶な工事をやる事は見えています。
特に問題なのが、中国の建設工事は中国で余った資材と人員を持ってくる。
例えばアフリカのナイロビ辺りではインフラ事業を大々的にやっていますが、作業員はすべて中国人です。中国人用の食堂の人まで連れてきていまして、しかも外出は禁止だそうです。(昨日もBBCで放送していました)、そんな所なので手抜きのオカラ工事でしょう。
中国国内では金に糸目をつけずにやっていた工事を、外国では限られた予算内でやらねばいけない。これが一番苦しいです。
フランスのアレバが今赤字で苦しんでいますが、それも全てこんな事が原因でしょう。
だからロクなものは出来ないと見ています。

それともう一つ致命的な問題点。
中国はアヘン戦争以来イギリスから収奪され続けてきました。そして子供の教育でもこんな点を反欧米・反日で塗り固めました。
その英国に技術で上に立った、おごり高ぶり、天狗になるのは目に見えています。
そしてやる事は「にっくき米英」への復讐です。
どんな事が起こるか想像もつきませんが、とんでもない災難が降りかかると見ています。
  1. 2015-12-06 11:59
  2. URL
  3. 短足おじさん二世 #-
  4. 編集

Re: タイトルなし

> ご質問いただいたのですが、とりあえずこちらに今の私の考えを書いてみます。
> 中国製原発の技術的な面はIAEAがお墨付きを与えていますので、それを信じるしかないと言う事しか言えないです。

 それはそうですね。

> しかし建設に関しては中国は色んな所で前科があり、無茶苦茶な工事をやる事は見えています。
> 特に問題なのが、中国の建設工事は中国で余った資材と人員を持ってくる。
> 例えばアフリカのナイロビ辺りではインフラ事業を大々的にやっていますが、作業員はすべて中国人です。中国人用の食堂の人まで連れてきていまして、しかも外出は禁止だそうです。(昨日もBBCで放送していました)、そんな所なので手抜きのオカラ工事でしょう。
> 中国国内では金に糸目をつけずにやっていた工事を、外国では限られた予算内でやらねばいけない。これが一番苦しいです。
> フランスのアレバが今赤字で苦しんでいますが、それも全てこんな事が原因でしょう。
> だからロクなものは出来ないと見ています。

 一応フランス企業も入っているようなのですが、主導権は中国が取って工事をするようなので、その辺りがホントに心配すよね。

> それともう一つ致命的な問題点。
> 中国はアヘン戦争以来イギリスから収奪され続けてきました。そして子供の教育でもこんな点を反欧米・反日で塗り固めました。
> その英国に技術で上に立った、おごり高ぶり、天狗になるのは目に見えています。
> そしてやる事は「にっくき米英」への復讐です。
> どんな事が起こるか想像もつきませんが、とんでもない災難が降りかかると見ています。

 イギリス人はこのあたりどの程度織り込んでいるのでしょうかね?
 きっと殆ど気にしていないのかもしれません。

 だって自分達の過去の侵略に対する反省って一切しない人達ですから。
  1. 2015-12-06 18:02
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

原発自体は

実は本来的には枯れた技術です。原子炉を除けばタービン周りはどちらかと言うと古い技術です。特に加圧水型ならばその基本は原子力潜水艦のそれですから支那程度の技術力があれば(一応連中は原潜を作ってるんです)後はそれをスケールアップすればいいだけで本来的にはそう厳しいものじゃあありません。

問題は安全性の確保で現行の新型炉とかなんとか言うものは全てこれをどう確保するかの問題と言っていいくらいです。そしてそのアイデアも50年一日の如く同じようなものです。小生が小5の時に読んだアイデアが未だに検討中という世界です。

個人的になぜこれほど進歩がないのかをかつて聞いたことがあります。研究者の卵が言うのは主に2つ、1つはトライアル・アンド・エラーがえらくやりにくいこと、第二には経済的に合理的であってそれ以上あまり改良のインセンティブがないこと、というのが回答でした。
だから支那人にも十分作れるはずです。小生はそんなに心配はしてません。作ることに関してはね…

その維持管理は別です。おそらくこれが出来ないだろうと踏んでんじゃないでしょうか。韓国がUAE相手に壮大なミソをつけつつありますがこれとおんなじようなことを狙ってるんでしょう。

具体的な部品供給はどうなるか、加圧水型ですからAREBA=三菱かW&H=日立の助力がなければ成立しないはずです。英国あたりはおそらく具体的な提案になれば部品に何を使うか指定するはずでその辺りで叩こうと言うのが実体だろうと思います。

まあ狐と狸の化かし合いだと思って見てるのが正しい見方だと思います。






  1. 2015-12-06 19:32
  2. URL
  3. kazk #cPv2SIBE
  4. 編集

Re: 原発自体は

> 実は本来的には枯れた技術です。原子炉を除けばタービン周りはどちらかと言うと古い技術です。特に加圧水型ならばその基本は原子力潜水艦のそれですから支那程度の技術力があれば(一応連中は原潜を作ってるんです)後はそれをスケールアップすればいいだけで本来的にはそう厳しいものじゃあありません。
>
> 問題は安全性の確保で現行の新型炉とかなんとか言うものは全てこれをどう確保するかの問題と言っていいくらいです。そしてそのアイデアも50年一日の如く同じようなものです。小生が小5の時に読んだアイデアが未だに検討中という世界です。
>
> 個人的になぜこれほど進歩がないのかをかつて聞いたことがあります。研究者の卵が言うのは主に2つ、1つはトライアル・アンド・エラーがえらくやりにくいこと、第二には経済的に合理的であってそれ以上あまり改良のインセンティブがないこと、というのが回答でした。
> だから支那人にも十分作れるはずです。小生はそんなに心配はしてません。作ることに関してはね…

 なるほど、トライ・アンド・エラーができないから進歩がないって、そう言われたらその通りですね。

> その維持管理は別です。おそらくこれが出来ないだろうと踏んでんじゃないでしょうか。韓国がUAE相手に壮大なミソをつけつつありますがこれとおんなじようなことを狙ってるんでしょう。
>
> 具体的な部品供給はどうなるか、加圧水型ですからAREBA=三菱かW&H=日立の助力がなければ成立しないはずです。英国あたりはおそらく具体的な提案になれば部品に何を使うか指定するはずでその辺りで叩こうと言うのが実体だろうと思います。
>
> まあ狐と狸の化かし合いだと思って見てるのが正しい見方だと思います。

 イギリスの事ですから手放しで中国を信じるなんてことは絶対しないでしょうね。
  1. 2015-12-06 20:52
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

やっぱり、ハラグロ・サクソンみたいです。

【英国:超小型原子炉の実用化を2020年代に目指す-財務省】 2015/11/26
http://www.bloomberg.co.jp/news/123-NYDNVQ6TTDS801.html

英国は、赤い原子炉に染まってしまうのか?と思ったら、世界に先駆けて小型モジュール原子炉を製造するそうです。強かな国ですね。

我が国も、もんじゅをどうするか決めて、大間原発を稼働させてもっと研究開発もしないといけませんね。
  1. 2015-12-07 19:04
  2. URL
  3. 都民です。 #-
  4. 編集

Re: やっぱり、ハラグロ・サクソンみたいです。

> 【英国:超小型原子炉の実用化を2020年代に目指す-財務省】 2015/11/26
> http://www.bloomberg.co.jp/news/123-NYDNVQ6TTDS801.html
>
> 英国は、赤い原子炉に染まってしまうのか?と思ったら、世界に先駆けて小型モジュール原子炉を製造するそうです。強かな国ですね。
>
> 我が国も、もんじゅをどうするか決めて、大間原発を稼働させてもっと研究開発もしないといけませんね。

 原発技術は原子力空母や潜水艦そして原爆ともつながる国防技術の一つですから、簡単には捨てないのでしょうね。
  1. 2015-12-08 15:36
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する