2015-11-21 00:15

沖縄の歴史を隠蔽する人々 

 11月9日に日本の定跡さんが取り上げていらっしゃいましたが、沖縄の看護師等が普天間基地移設反対の声明を出したそうです。

 辺野古:看護師らが「新基地建設反対」声明
2015年11月7日 12:40

【名護】名護市辺野古の新基地建設に反対する市民らは7日午前7時前から、米軍キャンプ・シュワブのゲート前で抗議活動を行った。工事車両3台がシュワブ内に入る際、機動隊が進入を阻止しようとする市民を強制排除した。

 看護師らでつくる「いのちを守るナイチンゲールと医療者と卵の会」がゲート前で声明を発表。新基地建設に反対し、一人でも多くの医療関係者がゲート前の座り込みに参加するよう呼び掛けた。

 一方、辺野古沖では、海上保安庁のゴムボートなどが警戒する中、市民らがカヌーと船で抗議した。海上作業は確認されていない。シュワブ陸上部では、重機が作業している様子が確認された。


040

 沖縄では医療関係者も「命を守る」などと言いながら、米軍基地反対運動に血道を上げているようです。

 嘗ては日本本土を遥かに凌ぎ、世界トップレベルだった沖縄の看護師もレベルが落ちた物です。

 沖縄の看護師のレベルが最高だったのは、実はアメリカ統治中の事です。

 沖縄の医療を世界水準に押し上げたのは、実はアメリカの統治なのです。

 戦前の沖縄の医療水準は世界最高水準どころか、当時の本土には遠く及びませんでした。
 戦前の沖縄は感染症のデパートで、結核、マラリア、ハンセン氏病などの、罹患率や死亡率は本土平均の数倍から20倍と言う悲惨さでした。

 元々琉球王朝時代の沖縄は地割制と言う、一種の農奴制の為、農業生産は驚くほど低く、農民は殆ど文盲と言う社会でした。
 その為、県民所得も戦争直前で、本土の4割と言う低さでした。

 こうした貧困と低い教育水準の為、人々は病気になれば、医者ではなくユタを呼んでいたのです。

 明治政府は台湾や朝鮮などの植民地の近代化には、莫大な投資をしたのですが、沖縄はなまじに日本だったため、そうした投資の対照にならず、貧困状態が放置されたのです。

 沖縄の近代史で一番気の毒なのがこの時代ではないでしょうか?

048

 ところが第二次大戦後、アメリカの支配下にはいると、アメリカは沖縄の近代化に莫大な投資をします。 
 全島内を縦横に走る道路、琉球大学や沖縄国際大学などの教育機関の設置、そして医療水準の向上と感染症の撲滅に心血を注ぎました。

 マラリアを撲滅するために、飛行機をから大量のDDTを散布して、マラリア蚊を全滅させるなど、アメリカならではの物量作戦で、本当に沖縄からマラリアを撲滅しました。

 また沖縄で破壊されたハンセン氏病療養施設を、終戦後直ぐに復活させそこで当時発見されたばかり特効薬プロミンを使った治療を行いました。 この治療薬の発見で、それまで不治の病だったハンセン氏病は、普通に治る病気になったのです。
 
 この時、アメリカから赴任して沖縄でのハンセン氏病患者救済に当たった医師R・V・スコアプラント中佐は、その後の生涯を沖縄のハンセン氏病治療に捧げました。

 また県内各所に診療所を開設して、アメリカ軍の軍医と看護婦が県民の治療に当たりました。

058

 そしてこれらと並行してアメリカは医師と看護師の育成に力を注ぎます。

 医師は沖縄県の青年を本州の大学の医学部に送り医師免許を取らせましたが、沖縄県内の病院ではアメリカ式のインターン制度で実地の能力を高めました。

 このインターン制度のよるレベルアップは大変有効で、日本がインターン制度を作った時は、沖縄の病院でのインターン歴と言うのが、最高と言う評価を得ています。

 そして看護婦養成の為には看護学校を設立しました。
 
 この看護婦もアメリカの従軍看護婦の教育を基本にしました。 アメリカの従軍看護婦は将校待遇で、緊急時には医師に代わって処置ができるレベルです。

061

 この看護婦養成のシステムを作る為にアメリカが送りこんできたのはワニタ・ワーターワース女史です。 彼女は従軍看護婦として大佐待遇を持つ人なので、アメリカ政府や米軍にも大きな発言力を持つ人でした。
 
 彼女はその地位と能力をフルに生かして、沖縄の看護婦養成制度を作ったのです。
 そして看護学校の卒業生の中で優秀な学生を、日本本土やアメリカの病院や大学に送って更なるランクアップを図りました。

 まだ旅客機など運航していない時代、アメリカ留学生をアメリカに運んだのは米軍機でした。

 アニタ・ワーターワース女史はこうした看護師を、タダ病院で看護するだけの看護師ではなく、地域の公衆衛生を指導できるスーパーナースに育てようとしたのです。

 離島が多く、殆どの人が医師や病院にかかる習慣もない沖縄では、地域の人々に密着して公衆衛生を指導するこうした看護師の存在が非常に重要でした。

 このスーパーナース達は自分の受け持ちの地区を毎日巡回して、地域の人々の医療相談を受け、公衆衛生の指導をし、結核患者など感染症患者を見つけると、症状に応じて入院を薦めそのの手配をしたのです。

 そしてこうしたスーパーナースの活躍によって、戦前は罹患率で本土の二倍、死亡率は4倍と言われた沖縄の結核は減少していきました。

 こうした患者の移送や検診治療に必要な機器の運搬は、米軍のヘリや艦船がやってくれました。

063

 このようなアメリカ政府と米軍の支援による医療の近代化のお蔭で、沖縄の医療水準は瞬く間に本土のそれを追い越して、アメリカ並みになります。

 そして戦前47歳だった沖縄県民の平均寿命も順調に伸びて行きます。

 アメリカの統治が始まってから26年後、沖縄は日本に返還されました。 
 しかしこの時、沖縄の平均寿命は74歳で、日本一の長寿県になっていたのです。

 アメリカは沖縄の産業の近代化も図りました。
 
 沖縄が日本に返還されたときの沖縄県民の平均所得は日本の平均の6割まで増えていました。

 沖縄の県民の所得が本土の6割である事について、アメリカの統治を非難する人達もいるそうですが、戦前は4割だったことを考えたら、実は大変豊になったというべきなのです。
 
 しかもこの間日本本土は、世界が目を瞠った高度経済成長をしていました。 しかしアメリカ統治下の沖縄はそれを上回るペースで経済成長をしていたのです。

 だから沖縄の財界人達は、実は日本返還には懐疑的であったとも言います。 

146

 実際、戦後の貧しい日本政府が、アメリカが沖縄の近代化の為に投下したほどの気前の良い投資をする事は到底不可能だったでしょう。
 
 アメリカは看護師の他にも、多数の沖縄の若者をアメリカに留学させて、潤沢な奨学金を与えました。 そしてアメリカの移動は勿論米軍機です。

 こんな事、戦後の貧しい日本政府にできますか?

 アメリカの沖縄統治は実は、日本の朝鮮統治と同じです。
 軍事的要衝なので、その地域の住民を安定的に統治する必要があり、その為に住民の生活向上を図ったのです。

 しかしどのような目的であったにせよ、それが沖縄県民の生活を向上させて、寿命を延ばしたのは確かなのです。

147

 けれどもアメリカが沖縄を豊かにして、県民の寿命を延ばしたと言う事実は、反基地一色に染まった現在の沖縄では非常に都合が悪いようです。

 イヤ沖縄だけでなく、反米しなければ生きていけない日本本土のマスゴミにとっても、都合が悪いようです。

 だから沖縄でも本土でもこの事実は隠蔽します。

 恵隆之介氏は沖縄の戦後医療を研究中に、沖縄医療水準向上に尽くしたアメリカの功績を知りました。
 恵氏は得に看護師養成に尽くしたワニタ・ワーターワース女史の功績に感動しました。

 そして2014年、ワニタ・ワーターワース女史の顕彰記念会を開催しました。 恵氏はアメリカと米軍関係者と共に沖縄看護師会にも協賛を要請しましたが、沖縄看護師会はこれを拒否しました。

 それだけでなく看護師会の関係各病院の看護師長に対して、この会をボイコットするように呼びかける文章を送りました。

149

 NHKが沖縄の離島のマラリア撲滅を番組で取り上げましたが、機材や患者を運んだのが米軍であることは完全に隠蔽しました。
 
 出演した元スーパーナースは「当時の制服は自分の宝物なので、死んだら棺桶に入れて欲しい」と言いました。
 でもその制服は米軍の将校の妻たちが、米軍将校クラブで寄付を集めて作ったものでした。

 こうして全てを隠蔽する事で、ひたすら反米を煽る事で、「基地の負担」の対価を吊り上げたい人々が、沖縄には多数いるようです。
 そして本土の左翼とメディアもそれに便乗しているのです。

 これってどこかの国にそっくりでしょう?

 歴史を隠蔽すると個性がなくなって、みんな同じ整形顔になるのと同じかも?

180

 アメリカの功績を隠蔽すると共に、沖縄の医療水準は順調に下がっています。
 
 本土復帰と共に医療システムも完全に本土と同一化したのも理由の一つではあります。

 しかしワニタ・ワーターワース女史の掲げた奉仕の精神なんかドブへ捨てて、左翼の精神、被害者精神の下に、医療関係者までがこぞって反基地に血道を上げているのだから当然でしょう。

 県民の平均寿命も今や全国26位にまで下がりました。 肥満と飲酒が原因です。

 医療システムは完全に本土と同一化されたのですが、しかし沖縄では泡盛など一部の酒類の税率はアメリカ統治の時代のままで、非常に低いのです。

 またガソリン税もアメリカ統治時代のままです。

 それで飲酒運転の検挙率は日本一を維持し続けています。

 なんだかなあ・・・・・・。

207

 以上の話は恵隆之介氏の著書「沖縄を豊かにしたのはアメリカという真実」に詳しく出ています。

 恵隆之介氏は現在、本土への強請タカリに狂奔している沖縄の現実に、大変な危機感を持っています。

 今はタダ、強請タカリの為の反米でも、中国公船が沖縄県尖閣諸島をうろついている時に、いつまでもこんな事をやっていて良いのでしょうか?
  1. 戦後民主主義
  2. TB(0)
  3. CM(16)

コメント

沖縄のPublic health nurseと今

よもぎねこさんの分析興味深く読みました。
私は保健師でしたが、沖縄では同様の職種として公衆衛生看護婦(Public health nurse)が活動していたことを習いました。
私が学生のころ、看護系大学は数校しかなく、その一つが琉球大学保健学科でした。またコザ看護学校があったと思いますが、アメリカ式のスーパーナースを養成していたのですね。
平均寿命は普通になり、すっかり反米反日の島になってしまった沖縄。今の知事になって、手に負えなくなってしまいました。まるで韓国と同じ。
あの誇りを取り戻してほしい。沖縄はどこにいくんでしょう。
  1. 2015-11-21 06:27
  2. URL
  3. 元PHN #-
  4. 編集

琉球の歴史を隠蔽するマスコミ

沖縄というと、ひと固まりの文化圏があったように思われていますが、
実は琉球本当と離島とでは、気質といい、話し言葉といい、結構違いがあるそうです。
そのため、沖縄本島の人々の、離島出身者に対する差別意識というものも存在するそうです。
(歴史的には「支配者vs被支配者」みたいな関係があったらしいです)

でも、戦後のアメリカ統治の良い側面と同様に、琉球の暗い歴史というものは、マスコミが全力を挙げて隠蔽しています。
だから「虐げられた沖縄vs圧制者として君臨する日本(orアメリカ)という構図が生き続けています。

しかし、これも、ネットのおかげで崩れつつあります。
ネットの力は偉大です。
  1. 2015-11-21 08:01
  2. URL
  3. くれない #-
  4. 編集

おはようございます。

 米軍がどれだけ沖縄に貢献したのか、良く分りました。恵さんは、ネットの番組でお話を聞くことがありますが、沖縄の為に事実を明らかにしようと努力されています。反発がとても強いそうですが、勇気がある方だと思います。

 ご紹介下さった「沖縄を豊かにしたのはアメリカという真実」は、とても興味深いので早速読んでみます。
  1. 2015-11-21 08:26
  2. URL
  3. 都民です。 #-
  4. 編集

フィリピン

 初めて沖縄の一面を知りました。そのような状態だったんですね。ネットのおかげでいろいろと隠れていたことが出てきてますね。ありがたいことです。
 アメリカはフィリピンを植民地にしましたが、スペインと違って社会改革もいろいろやったのでしょうね。私が知っているのは英語の義務教育整備だけですが。
 

 植民地が独立するのに賠償金をとるのはこのような投資を回収したいという一面もあるのでしょうか。住民が自給自足で暮らしているところからは、搾取もしようがないですものね。投資家向けに植民地経営がうまくいっているというアピールをするために作られた映画もあったようです。
 何事にも功罪両面があります。沖縄がもっと理性的になってくれることを願ってます。
  1. 2015-11-21 10:30
  2. URL
  3. Cherry Blossoms #-
  4. 編集

琉球は古代史も歪曲されている

沖縄が長寿世界一だったのはアメリカのおかげだったんですね。知りませんでした。

併合前の朝鮮が文化の進んだ国だとなんとなく思い込んでいた人が多かったように、沖縄も
琉球王国時代は豊かな国だったという思い込みがあるんですよね。
でも、熱帯性の伝染病が蔓延して、台風もやって来る場所で平均寿命がそんなに長いはずが
ないんですよね。おまけに琉球王朝は圧制だったし。

そんな当たり前の事も、少し前に惠隆之介氏が出演したチャンネル桜の番組を見るまで気が
つかなかった自分が恥ずかしいです。
チャンネル桜の番組で水島聡氏が「みんな、琉球王国は毎日が歌と踊りの楽園だったと思って
るんだよなあ。」と、しみじみと言っていたのが強く印象に残っています。

さらに、「琉球は大和に侵略されるまでは独立した文化圏だった」という間違った歴史観も
正さなければいけないと思います。太古の昔から琉球は日本文化圏でした。

言語学・国語学の世界では、琉球方言は紛れもない日本語の一方言であることがわかっています。
琉球方言には母音が3種類しかありませんが、本土方言の5種類の母音と規則的に対応しており、
数字の数え方などの基礎語彙も共通しているからです。私は大学でこれを学びました。
ちなみに、日本語と朝鮮語の間にはそういう共通性はありません。

以前、「探偵!ナイトスクープ」という番組が、全国の「アホ」や「バカ」に当たる言葉を
調査して話題になりましたが、その中で、琉球方言で「アホ」「バカ」にあたる「フリムン」
という言葉は「惚れ者」つまり「ぼんやりした者」という意味で、奈良時代以前からあった
古い大和言葉であることを突き止めていました。
調査結果をまとめた本「全国アホ・バカ分布考―はるかなる言葉の旅路」に書かれています。

『全国アホ・バカ分布考』を取り上げた書評ブログ
http://book-sakura.cocolog-nifty.com/blog/2008/06/1993_e627.html
『全国アホ・バカ分布図』 ※「方言周圏論」が正しいことを証明しています
http://sossy.blog129.fc2.com/blog-entry-594.html
「フリムン」は琉球の愛の言葉
http://blog.goo.ne.jp/probably-k/e/85472f772676017a711e044e248047d7

だから、琉球の日本への編入は、決して異民族による侵略などではなくて、同じ日本語圏の統一
なんですね。この点でも琉球は台湾や朝鮮とは全然違うわけです。
左翼のトンデモ史観ではない、こういう琉球の正しい歴史を本土の人間も沖縄の人間ももっと
知らなければいけないと思いますね。
  1. 2015-11-21 11:27
  2. URL
  3. かんぱち #vF6NeGQU
  4. 編集

Re: 沖縄のPublic health nurseと今

> よもぎねこさんの分析興味深く読みました。
> 私は保健師でしたが、沖縄では同様の職種として公衆衛生看護婦(Public health nurse)が活動していたことを習いました。
> 私が学生のころ、看護系大学は数校しかなく、その一つが琉球大学保健学科でした。またコザ看護学校があったと思いますが、アメリカ式のスーパーナースを養成していたのですね。
> 平均寿命は普通になり、すっかり反米反日の島になってしまった沖縄。今の知事になって、手に負えなくなってしまいました。まるで韓国と同じ。
> あの誇りを取り戻してほしい。沖縄はどこにいくんでしょう。

 おお、なんと元スーパーナース様からコメントを頂けるとは!!

 恵氏によるとワニタ・ワーターワース女史がいた時代、沖縄の看護学校は全寮制で、毎日座学6時間実習6時間の超ハードな授業でした。
 しかし沖縄の看護学生達は優秀で、それに耐えて頑張りました。

 そして本土やアメリカに留学中には、優秀さに驚かれたそうです。
 文字通り世界最高水準の看護師だったのです。

 それが本土復帰と共にドンドンレベルダウンしたのは、実に残念なことです。
 本来なら本土が沖縄に学んで、本土のレベルを上げるべきだったのに。
  1. 2015-11-21 13:30
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

Re: 琉球の歴史を隠蔽するマスコミ

> 沖縄というと、ひと固まりの文化圏があったように思われていますが、
> 実は琉球本当と離島とでは、気質といい、話し言葉といい、結構違いがあるそうです。
> そのため、沖縄本島の人々の、離島出身者に対する差別意識というものも存在するそうです。
> (歴史的には「支配者vs被支配者」みたいな関係があったらしいです)

 今回の尖閣防衛でも、石垣島など離島と本島の危機感の違いを見ると、差別があるとしか思えません。

> でも、戦後のアメリカ統治の良い側面と同様に、琉球の暗い歴史というものは、マスコミが全力を挙げて隠蔽しています。
> だから「虐げられた沖縄vs圧制者として君臨する日本(orアメリカ)という構図が生き続けています。
>
> しかし、これも、ネットのおかげで崩れつつあります。
> ネットの力は偉大です。

 そうですね。 こうした歴史的事実を隠蔽できたのは、マスゴミの力です。
 マスゴミがこうした事実を報道しなくなれば、後世に生まれた人々は真実を知る事はできないのです。

 でもネットから少しずつ真実を知る事ができるようになりました。
 微力ながら頑張っていきましょう。
  1. 2015-11-21 13:34
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

Re: おはようございます。

>  米軍がどれだけ沖縄に貢献したのか、良く分りました。恵さんは、ネットの番組でお話を聞くことがありますが、沖縄の為に事実を明らかにしようと努力されています。反発がとても強いそうですが、勇気がある方だと思います。

 沖縄は今、集団反米ヒステリー状態です。 だから恵さんも大変でしょう。
 しかしこうした人がいるからワタシ達も真実を知る事ができるのです。

>  ご紹介下さった「沖縄を豊かにしたのはアメリカという真実」は、とても興味深いので早速読んでみます。

 短い本だし結構面白いのですぐに読めると思います。
  1. 2015-11-21 13:36
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

Re: フィリピン

>  初めて沖縄の一面を知りました。そのような状態だったんですね。ネットのおかげでいろいろと隠れていたことが出てきてますね。ありがたいことです。
>  アメリカはフィリピンを植民地にしましたが、スペインと違って社会改革もいろいろやったのでしょうね。私が知っているのは英語の義務教育整備だけですが。
>
>  植民地が独立するのに賠償金をとるのはこのような投資を回収したいという一面もあるのでしょうか。住民が自給自足で暮らしているところからは、搾取もしようがないですものね。投資家向けに植民地経営がうまくいっているというアピールをするために作られた映画もあったようです。
>  何事にも功罪両面があります。沖縄がもっと理性的になってくれることを願ってます。

 植民地支配は支配コストが結構かかるので、実はそれほど利益はないと言います。 だから戦後独立運動が一定の規模を超えるとアッサリ放棄したのです。

 沖縄や朝鮮は軍事的要衝を確保するための支配ですから、経済的利益はそもそも二の次なのです。

 アメリカは沖縄に無償で莫大な投資や援助をしたのです。
 戦前の帝国政府も、戦後の日本政府にも絶対不可能な程の額でした。

 そうした一面をきちんと見ていくべきなのです。
 
  1. 2015-11-21 13:54
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

Re: 琉球は古代史も歪曲されている

> 沖縄が長寿世界一だったのはアメリカのおかげだったんですね。知りませんでした。
>
> 併合前の朝鮮が文化の進んだ国だとなんとなく思い込んでいた人が多かったように、沖縄も
> 琉球王国時代は豊かな国だったという思い込みがあるんですよね。
> でも、熱帯性の伝染病が蔓延して、台風もやって来る場所で平均寿命がそんなに長いはずが
> ないんですよね。おまけに琉球王朝は圧制だったし。
>
> そんな当たり前の事も、少し前に惠隆之介氏が出演したチャンネル桜の番組を見るまで気が
> つかなかった自分が恥ずかしいです。
> チャンネル桜の番組で水島聡氏が「みんな、琉球王国は毎日が歌と踊りの楽園だったと思って
> るんだよなあ。」と、しみじみと言っていたのが強く印象に残っています。
>
> さらに、「琉球は大和に侵略されるまでは独立した文化圏だった」という間違った歴史観も
> 正さなければいけないと思います。太古の昔から琉球は日本文化圏でした。
>
> 言語学・国語学の世界では、琉球方言は紛れもない日本語の一方言であることがわかっています。
> 琉球方言には母音が3種類しかありませんが、本土方言の5種類の母音と規則的に対応しており、
> 数字の数え方などの基礎語彙も共通しているからです。私は大学でこれを学びました。
> ちなみに、日本語と朝鮮語の間にはそういう共通性はありません。
>
> 以前、「探偵!ナイトスクープ」という番組が、全国の「アホ」や「バカ」に当たる言葉を
> 調査して話題になりましたが、その中で、琉球方言で「アホ」「バカ」にあたる「フリムン」
> という言葉は「惚れ者」つまり「ぼんやりした者」という意味で、奈良時代以前からあった
> 古い大和言葉であることを突き止めていました。
> 調査結果をまとめた本「全国アホ・バカ分布考―はるかなる言葉の旅路」に書かれています。
>
> 『全国アホ・バカ分布考』を取り上げた書評ブログ
> http://book-sakura.cocolog-nifty.com/blog/2008/06/1993_e627.html
> 『全国アホ・バカ分布図』 ※「方言周圏論」が正しいことを証明しています
> http://sossy.blog129.fc2.com/blog-entry-594.html
> 「フリムン」は琉球の愛の言葉
> http://blog.goo.ne.jp/probably-k/e/85472f772676017a711e044e248047d7
>
> だから、琉球の日本への編入は、決して異民族による侵略などではなくて、同じ日本語圏の統一
> なんですね。この点でも琉球は台湾や朝鮮とは全然違うわけです。
> 左翼のトンデモ史観ではない、こういう琉球の正しい歴史を本土の人間も沖縄の人間ももっと
> 知らなければいけないと思いますね。

 沖縄には12世紀に平仮名が入り13世紀に漢字が入っています。 それで12世紀から沖縄の固有の詩などが平仮名で記述されるようになり、公文書は漢文で書かれるようになっています。

 でも清朝に朝貢したり、沖縄の歴史はやはり随分複雑なのです。 日本人としてもっと勉強するべきでしょうね。

  1. 2015-11-21 14:06
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

言葉の一つ二つが似ているだけで同じ民族ではない
  1. 2015-11-21 22:12
  2. URL
  3. 名無しさん@ニュース2ch #9DD8ZWDM
  4. 編集

Re: タイトルなし

> 言葉の一つ二つが似ているだけで同じ民族ではない

 そうです。 だから朝鮮と日本は完全に別の民族です。
 
 一方沖縄と日本本土の言葉は、一つ二つ似ているだけじゃなくて、基本文法も基本単語も全部同じなのです。
 そして遺伝的にも同じです。

 だから完全に一つの民族なのです。
  1. 2015-11-22 12:23
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

人命はどうなったのだろう

米軍飛行場の辺野古移転に関しては、民主国家なので反対派がいてもそれは構わないのですが、政治家やジャーナリストやコメンテーターとなると、ただ反対では済まないと思っています。何故辺野古移転なのか、という肝心の問題が等閑視されているからです。

では普天間飛行場はどうするのか、は、現知事が解決すべき最優先事項の案件のはずですが、現在まで全く語られていませんし、辺野古反対活動を報じるジャーナリストもコメンテーターも、問題の本質を失念してしまっているようです。そして何よりも不思議なのは、普天間基地撤去を叫んでいた沖縄市民と呼ばれる人たちが、この問題に対して何の行動も起こしていないことです。

人命を錦の旗にした普天間飛行場撤去運動とは、一体何だったのでしょうか。
  1. 2015-11-22 14:02
  2. URL
  3. chengguang #DibDBv7k
  4. 編集

Re: 人命はどうなったのだろう

> 米軍飛行場の辺野古移転に関しては、民主国家なので反対派がいてもそれは構わないのですが、政治家やジャーナリストやコメンテーターとなると、ただ反対では済まないと思っています。何故辺野古移転なのか、という肝心の問題が等閑視されているからです。
>
> では普天間飛行場はどうするのか、は、現知事が解決すべき最優先事項の案件のはずですが、現在まで全く語られていませんし、辺野古反対活動を報じるジャーナリストもコメンテーターも、問題の本質を失念してしまっているようです。そして何よりも不思議なのは、普天間基地撤去を叫んでいた沖縄市民と呼ばれる人たちが、この問題に対して何の行動も起こしていないことです。
>
> 人命を錦の旗にした普天間飛行場撤去運動とは、一体何だったのでしょうか。

 目下宜野湾市の住民数名がこの件で翁長知事を告訴しています。
 
 普天間基地の危険除去の話を潰して、周辺住民の生命を危険にさらしてる事を告訴しているのです。

 普天間基地移設の目的を考えれば当然ですよね。

 でも呆れた事に宜野湾市も普天間移設には反対なのです。 県外に移転しろと言うのです。

 しかし普天間と辺野古は、札幌と千歳ぐらい離れていて、羽田と皇居や国会議事堂よりもっと遠いのです。

 普天間に基地があるから周辺住民が危険とか騒音で迷惑はわかります。 でも札幌と千歳程離れていて、一体どういう負担や迷惑が宜野湾市に及ぶのか?

 実はワタシは宜野湾市役所に電話で聞いたのですが、全然意味不明の答えしかもらえませんでした。

 つまり普天間基地移設自体要求自体が全くインチキだったとしか思えません。

 騒ぎ続けたら、カネを貰えるかと思っていたら、ホントに出ていく事になってしまった。
 これで地代はもう入ってこない。

 それどころか借地料の元になっている土地自体があるかどうかもわからない。 地代の元になる土地面積って自称地主の自己申告なので、物凄く過大な広さを申告しているので、地代をもとに沖縄の基地の土地を全部合わせると、沖縄本島の何倍もの広さになるそうです。
 
 これじゃ基地を返還されたらホントに困るでしょうね。

  
  1. 2015-11-22 19:28
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

沖縄の健康

今や沖縄の人は健康とはいえません。
糖尿が多すぎます。
そしてもっともお気の毒なのが琉球大学。
学術もぱっとしない。先年、潜水病の患者を救急要請したところ、満床です。と断りました。本当かな?島で受け入れできる専門器具のある大学はアレだけなのですがね。
京都大学もこの疾患は断るので有名ですが、オマエラその専門器具、返上しろ。
ま、潜水病の患者は、酒飲んでダイビングとか、自業自得な人もおおく、気持ちはわからなくもないのです。うちの患者は違いましたがね。
  1. 2017-04-09 04:25
  2. URL
  3. Dr.neuron #-
  4. 編集

Re: 沖縄の健康

> 今や沖縄の人は健康とはいえません。
> 糖尿が多すぎます。
> そしてもっともお気の毒なのが琉球大学。
> 学術もぱっとしない。先年、潜水病の患者を救急要請したところ、満床です。と断りました。本当かな?島で受け入れできる専門器具のある大学はアレだけなのですがね。

 沖縄はダイビングスポットとして有名なのに、潜水病に対応できないのは困るじゃないですか?

> 京都大学もこの疾患は断るので有名ですが、オマエラその専門器具、返上しろ。
> ま、潜水病の患者は、酒飲んでダイビングとか、自業自得な人もおおく、気持ちはわからなくもないのです。うちの患者は違いましたがね。

 自業自得を言えば糖尿病など治療できないでしょう?
  1. 2017-04-10 09:34
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する