2015-11-08 22:00

安全保障法案の効用 護憲派

 ブロゴスにオモシロい記事がありました。

 安保法制が露にした日本の国防の根本的矛盾 

 読んでみればわかりますが、現実の国防上自衛隊は絶対に必要であるにもかかわらず、憲法上の制約から法的には軍隊と認められない事も問題点を指摘しています。

 そしてこのように結論するのです。

135

 伊勢崎氏は、日本の国防政策の根本的な矛盾であり欺瞞でもある、自衛隊は軍隊ではなく、よって交戦権も持たないとする詭弁を卒業するための方策として、私案で憲法9条に代わる「新9条」を提案している。それは自衛隊を軍隊と認め、交戦権も認める一方で、専守防衛に徹し、その軍事力は自国を防衛するための個別的自衛権を行使する目的でしか使えないことを明記するというものだ。

 安倍政権が安保法制という政策転換を強行してくれたおかげで、これまで護憲の名の下に覆い隠されてきた自衛隊と憲法9条との間にある深い矛盾が、逆に一気に露呈することとなった。そもそも軍隊でもない自衛隊が、他国の正規軍と一緒になって日本国外で軍事行動を実施することなど、あり得ないからだ。

 安保法制が露にした日本の国防政策の根本的な矛盾と、それが自衛隊や一人ひとりの自衛官に与えている大きなしわ寄せの中身について、ゲストの伊勢崎賢治氏とともに、ジャーナリストの神保哲生と社会学者の宮台真司が議論した。


139

 当然の結論だろう・・・・・とは思うのです。
 この手の話は国防と自衛隊に関心のある人達は皆普通に知っている事ですから。 
 だから本来なら特にどうと言う記事ではありません。

 しかしワタシが驚いたのは、この記事が実はジャーナリストの神保哲生と社会学者の宮台真司と言う重度の左巻き護憲派のサイトに出てきたことです。

 今頃「日本の国防政策の根本的な矛盾」って?

 オマイラ今頃何言ってるの?
 
 こんなの自衛隊発足当初から明らかだったじゃん?
 本来は安保法制でも深刻な問題なのです。

 でもオマイラ安保法制反対で騒いでいる間も全然これ指摘しなかったじゃん?
 
 それどころか憲法学者の6割が自衛隊を違憲と言いながら、その憲法学者一同、それはスルーしてタダ集団的自衛権にだけ執着していたでしょう?

 だから今頃こんな事を言いだすなんてお間抜けも良いところなのです。

137

 しかしそれでもやっぱり、お間抜けな皆様も今回の安保法制議論で、ようやく改憲と国防に向き合わざるを得なくなったのです。

 なにしろこれを改憲論に持ってきたのは、実は反安保法制で騒いだ皆様です。

 だって彼等は安保法制の実務上の問題や、国際情勢と関連しての議論なんか完全にそっちのけで、ひたすら「違憲!! 違憲!!」と騒ぎ続けたのですから。

 そして「こんな法改正は違憲だ!! やるなら憲法を改正してからにしろ!!」と言い続けたのです。

 だったら否応なしに話が改憲の方に来るじゃないですか?

149

 そしてその議論の中で私案とはいえ「自衛隊を軍隊と認め、交戦権も認める一方で、専守防衛に徹し、その軍事力は自国を防衛するための個別的自衛権を行使する目的でしか使えないことを明記するというものだ。」と言う改憲案が出てきたのです。

 自衛隊を軍隊と認め、交戦権も認めると言う、馬鹿サヨ諸氏にはあり得ない意見が、馬鹿サヨサイトに乗る事になったのです。

 そうです。
 
 安倍さんが安保法制を振りかざして、馬鹿サヨ達を改憲の方へと追い込んでいるのです。

144
 
 今まで馬鹿サヨ諸氏の間では、改憲は議論さへタブーでしたが、しかしもうそうではなくなったのです。 
 これは安全保障法案の大きな効用でした。

 日本は長い間この妄想平和主義の洗脳に浸っていたのです。 これを一期解くのは難しいのです。
 だからこうやって少しずつ前進していくしかないのです。 

 ちなみにワタシはここで伊勢崎氏が出した私案について、集団的自衛権を排除する事には賛成できません。 
 
 そもそも日米安保条約って自衛隊より古いじゃないですか?
 それなのに集団的自衛権を排除ってオカシイでしょう?

153

 尤も左巻き一同としては集団的自衛権まで認めたら、反安保法制で騒いだ自分達が馬鹿だったと言う事を認める事になります。
 だから簡単には認められないでしょう。

 それでも憲法改正の議論ができるようになったのなら、これは大した問題ではありません。
 議論ができるようになった事で、憲法改正へと進みだした事が大きいのです。

160
  1. 戦後民主主義
  2. TB(0)
  3. CM(8)

コメント

真の狙い

まあ攻勢による状況の変化については官房長官のラインあたりではもう織り込み済みだったと思います。

映画ダークナイトの中でこんなセリフがあります。
ジョーカー
「マフィアどもはお前がいなくなればもとに戻ると思ってる、だがもう戻りゃしない、お前がゲームの内容を永久に変えちまったからだ。俺はアホなマフィアにお前を抹殺する夢を売って稼ぐだけだ。はっきり言ってお前にいなくなられたら困る。いなくなられたら俺はケチなこそ泥に逆もどりだ。絶対に嫌だ!。」

犯罪ひしめく街の浄化に立ち上がった仮面の善意ある自警活動家バットマンの前に現れたテロリストジョーカーがバットマンに言うセリフ。
  1. 2015-11-09 09:02
  2. URL
  3. ガンダム #iL.3UmOo
  4. 編集

>個別的自衛権を行使する目的でしか使えないことを明記
 
 どうしても、集団的自衛権を行使して、日米が共同で事に当るのを断固阻止したいかたみたいですね。どういう方かと思って検索してみたら、おやっ?という記事が有りました。

「戦場からの集団的自衛権入門『日本人は人を殺しに行くのか』著者・伊勢崎賢治氏インタビュー」

―― 集団的自衛権が行使できないと、他国に侵略されてしまうのではないかと心配する声もありますね。

伊勢崎氏:中国が、わざわざ日本(尖閣とか無人の島でなく日本人が住んでいる本土)に入ってきて、“侵略”することはありえないですよ。だって、第二次大戦の“侵略国”(僕たち)をとんでもない犠牲の上になぎ倒して、二度とこんな不埒な輩の出現を許さじと、戦勝国5大国が、戦後の世界を支配するためにつくったのが国際連合(英語は連合国そのままのUnited Nations)。それも、お互い仲が良いとは言えないので、“拒否権”という怪物のような特権を自らに与えながら。*引用終わり
http://synodos.jp/newbook/11306

 どうやら戦勝国5大国の『中国』が、”侵略”なんてありえないそうです。でも戦勝国は蒋介石の「中華民国」であって、毛沢東の「中国」は日本と戦ってないから戦勝国ではないですよね。
  1. 2015-11-09 14:04
  2. URL
  3. 都民です。 #-
  4. 編集

少し都内も寒くなってきたと思ったら、今日は結構暑く、窓は全開となりました。
寒いのは苦手ですが、今秋はまだ暖房未使用です。

で、この話。
私も全く同感というか、同様のことを考えていました。
安倍総理の深謀遠慮とまではさすがに思いませんが、もしそうだとしたら、先見性が凄い。
民主党の阿呆どもがかなうはずもないですね。
改憲すれば、集団的自衛権やら自衛隊の改組やら、諸々のことを一気に正常化できます。
今日のTBSの安倍政権に対する支持率世論調査も、5.9ポイントアップの53.7%。
TBSでこれですよ。
左巻きも無力感を感じてるかも(苦笑)
  1. 2015-11-09 14:28
  2. URL
  3. 二郎 #-
  4. 編集

Re: タイトルなし

> >個別的自衛権を行使する目的でしか使えないことを明記
>  
>  どうしても、集団的自衛権を行使して、日米が共同で事に当るのを断固阻止したいかたみたいですね。どういう方かと思って検索してみたら、おやっ?という記事が有りました。
>
> 「戦場からの集団的自衛権入門『日本人は人を殺しに行くのか』著者・伊勢崎賢治氏インタビュー」
>
> ―― 集団的自衛権が行使できないと、他国に侵略されてしまうのではないかと心配する声もありますね。
>
> 伊勢崎氏:中国が、わざわざ日本(尖閣とか無人の島でなく日本人が住んでいる本土)に入ってきて、“侵略”することはありえないですよ。だって、第二次大戦の“侵略国”(僕たち)をとんでもない犠牲の上になぎ倒して、二度とこんな不埒な輩の出現を許さじと、戦勝国5大国が、戦後の世界を支配するためにつくったのが国際連合(英語は連合国そのままのUnited Nations)。それも、お互い仲が良いとは言えないので、“拒否権”という怪物のような特権を自らに与えながら。*引用終わり
> http://synodos.jp/newbook/11306
>
>  どうやら戦勝国5大国の『中国』が、”侵略”なんてありえないそうです。でも戦勝国は蒋介石の「中華民国」であって、毛沢東の「中国」は日本と戦ってないから戦勝国ではないですよね。

 この集団的自衛権の禁止に拘るのがどうもヘンだと思っていたのです。

 本来なら集団的自衛権の方が個別的自衛権よりも、より暴走しづらいからです。 
 
 それにしても反安保法制派って矛盾した事を平気で言いますね。
 
 常任理事国が侵略を徹底的に禁止しているのなら、アメリカのアフガン攻撃もイラク攻撃も無問題でありませんか?
 常任理事国で同盟国の軍事行動なら支援しても構わないでしょう?

 そして国連が禁止しているから中国は尖閣諸島に侵略しないなら、何の為に中国は毎日公船を尖閣諸島の周り出しているのでしょうか?

 日本の対中イメージを悪くするだけなのに。

 そして今中国が南シナ海でやっていることは、完全な侵略なのです。

 ホントにこの手の人達の感覚は不思議です。
  1. 2015-11-09 17:23
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

Re: タイトルなし

> 少し都内も寒くなってきたと思ったら、今日は結構暑く、窓は全開となりました。
> 寒いのは苦手ですが、今秋はまだ暖房未使用です。

 ヤッパリ本州は暖かいですね。 去年の今頃妹が京都へ旅行したのすが、その時の写真を見たら半袖シャツで、まるで夏のようでした。

> で、この話。
> 私も全く同感というか、同様のことを考えていました。
> 安倍総理の深謀遠慮とまではさすがに思いませんが、もしそうだとしたら、先見性が凄い。

 とにかく安倍さんはこれで相手を自分の土俵に乗せたのです。
 やはり面倒な議論でも避けずに戦う道を選んだ安倍さんの勝利です。

> 民主党の阿呆どもがかなうはずもないですね。
> 改憲すれば、集団的自衛権やら自衛隊の改組やら、諸々のことを一気に正常化できます。
> 今日のTBSの安倍政権に対する支持率世論調査も、5.9ポイントアップの53.7%。
> TBSでこれですよ。
> 左巻きも無力感を感じてるかも(苦笑)

 ホントに立派なモノです。
  1. 2015-11-09 17:40
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

『立憲主義』について(暴論かもしれませんが)

左翼はいつも「立憲主義を守れ」と言ってますから、この伊勢崎氏の意見もそこから出てきたのでしょうけど、私は最近、「そもそも日本に成文憲法って必要なんだろうか」と思っています。
よく知られているように、イギリスには成文憲法がありません。慣習法や判例の総体を憲法としています。私は、日本もイギリスのようなやり方で良いのではないかと思います。「慣習法や判例の積み重ねによって法を運用する」というやり方が日本人に合っていると思うのです。
明治憲法が制定される前から日本は法治国家でした。軍隊や警察などの強制力ではなく、ルールによって社会の秩序が保たれていたからです。もともと日本人には高い遵法精神と、法解釈のようなこまごまとした作業が得意な国民性があります。

震災があった2011年に関東地方では計画停電や鉄道の間引き運転が行われました。私の職場でもパソコンを使っている時にいきなり停電しましたし、私の住んでいる県では5月まで運休した鉄道路線もありました。日本以外の国だったら暴動が起きたりして大混乱になっていたと思います。秩序が保たれたのは、ひとえに日本人の忍耐強さや遵法精神のおかげだと思います。
韓国は日本の法体系を真似しているのに日本では考えられないような事件や事故が起きますが、あれって韓国人に遵法精神がないからですよね?そういえば、地上波のニュース番組でコメンテーターだった中国人の宋文洲氏は、原発事故で日本が騒然としていた頃にツイッターで「暴動が社会を変えることもある。日本人はもっと怒れ。」という、混乱を煽るようなツイートをしていました。

新たな憲法で将来の日本を縛るより、このまま解釈改憲を続けて現行憲法の価値をなくしていって、最終的に死文化させたほうが楽だし、将来の日本を縛ることもなくて良いのではないかと思います。
押し付けられた憲法であれ、解釈改憲であれ、一度決まったことには律儀に従うのが日本人の国民性ですから秩序は保たれるでしょう。それに、権力の暴走を防ぐために大事なのは、憲法の条文よりも三権分立やチェックアンドバランスの仕組みですよね?

私は法律の専門家ではないですし、保守思想に目覚めてからまだ日が浅いです。これはとても稚拙な考えかもしれませんが、今はそんな風に思っています。よろしければ、よもぎねこさんのご意見をお聞かせください。
  1. 2015-11-09 20:07
  2. URL
  3. かんぱち #vF6NeGQU
  4. 編集

Re: 『立憲主義』について(暴論かもしれませんが)

> 左翼はいつも「立憲主義を守れ」と言ってますから、この伊勢崎氏の意見もそこから出てきたのでしょうけど、私は最近、「そもそも日本に成文憲法って必要なんだろうか」と思っています。
> よく知られているように、イギリスには成文憲法がありません。慣習法や判例の総体を憲法としています。私は、日本もイギリスのようなやり方で良いのではないかと思います。「慣習法や判例の積み重ねによって法を運用する」というやり方が日本人に合っていると思うのです。
> 明治憲法が制定される前から日本は法治国家でした。軍隊や警察などの強制力ではなく、ルールによって社会の秩序が保たれていたからです。もともと日本人には高い遵法精神と、法解釈のようなこまごまとした作業が得意な国民性があります。
>
> 震災があった2011年に関東地方では計画停電や鉄道の間引き運転が行われました。私の職場でもパソコンを使っている時にいきなり停電しましたし、私の住んでいる県では5月まで運休した鉄道路線もありました。日本以外の国だったら暴動が起きたりして大混乱になっていたと思います。秩序が保たれたのは、ひとえに日本人の忍耐強さや遵法精神のおかげだと思います。
> 韓国は日本の法体系を真似しているのに日本では考えられないような事件や事故が起きますが、あれって韓国人に遵法精神がないからですよね?そういえば、地上波のニュース番組でコメンテーターだった中国人の宋文洲氏は、原発事故で日本が騒然としていた頃にツイッターで「暴動が社会を変えることもある。日本人はもっと怒れ。」という、混乱を煽るようなツイートをしていました。
>
> 新たな憲法で将来の日本を縛るより、このまま解釈改憲を続けて現行憲法の価値をなくしていって、最終的に死文化させたほうが楽だし、将来の日本を縛ることもなくて良いのではないかと思います。
> 押し付けられた憲法であれ、解釈改憲であれ、一度決まったことには律儀に従うのが日本人の国民性ですから秩序は保たれるでしょう。それに、権力の暴走を防ぐために大事なのは、憲法の条文よりも三権分立やチェックアンドバランスの仕組みですよね?
>
> 私は法律の専門家ではないですし、保守思想に目覚めてからまだ日が浅いです。これはとても稚拙な考えかもしれませんが、今はそんな風に思っています。よろしければ、よもぎねこさんのご意見をお聞かせください。

 そうですね。 イギリスなど成文憲法無しで安定した民主主義社会を守っているのです。

 日本も社会の安定度を考えれば、十分可能でしょう。

 ワタシも法律の事は良く知らないので、むしろ憲法問題で異常なのは、日本のサヨクの憲法9条へのこだわりでしょう。 ワタシの記憶ではこの9条教の根源になる異常な反戦平和妄想は、70年代ベトナム反戦運度の頃から顕在化したのだと思います。

 この妄想が覚めれば、普通に憲法9条は改正できるのです。

 でもこの妄想から覚めない限り、日本はマトモな外交防衛策が取れないと思います。
  1. 2015-11-09 21:58
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

Re: 真の狙い

> まあ攻勢による状況の変化については官房長官のラインあたりではもう織り込み済みだったと思います。
>
> 映画ダークナイトの中でこんなセリフがあります。
> ジョーカー
> 「マフィアどもはお前がいなくなればもとに戻ると思ってる、だがもう戻りゃしない、お前がゲームの内容を永久に変えちまったからだ。俺はアホなマフィアにお前を抹殺する夢を売って稼ぐだけだ。はっきり言ってお前にいなくなられたら困る。いなくなられたら俺はケチなこそ泥に逆もどりだ。絶対に嫌だ!。」
> ↑
> 犯罪ひしめく街の浄化に立ち上がった仮面の善意ある自警活動家バットマンの前に現れたテロリストジョーカーがバットマンに言うセリフ。

 ハハハ、長らく日本のサヨクは永遠に実現不可能な安保反対と護憲を喚くことで商売のネタにしてきたのです。

 これができなくなったら、今後はどうやって生活するんでしょうね?
  1. 2015-11-14 13:29
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する