2015-11-05 20:06

習さん、アンタ何考えてるの? ラッセン

 アメリカの駆逐艦ラッセンが南シナ海を自由に航行していることで、習金平は窮地に陥っているようです。

 大言壮語を繰り返した挙句、アメリカの駆逐艦が一隻きたら何にもできないのですから、面子丸潰れですからね。

 それにしてもワタシはこの話でどうも不可解なことがあります。

287

 元々、オバマ大統領がこの決断をしたのは、この前に米中首脳会談の時だといわれます。

 青山繁治氏等の情報によれば、 オバマ大統領はこの時、南シナ海の問題で、習近平と本心から話し合う為に、わざわざ私的な会食を用意したのです。 ところがこの席で習近平はオバマ大統領から何を言われても、用意したペーパーを読んで中国の公式の立場を繰り返し言い続けるだけだったのです。

 これには優柔不断で戦争嫌いのオバマ大統領も、完全に切れてしまったのです。

289

 そりゃ切れるのは当然でしょう?

 相手が高校生のバイトでも客の苦情に、マニュアルを見ながら答えたら、普通の客は怒ります。
 
 もう貴方はいいから、店長呼んで!!

 ところが習近平は店長どころか、社長どころか、国家主席なのです。 それが他国の大統領相手に、ペーパーを読みながら答えるって?

 だからワタシは習近平に聞きたいです。

295

 だったらアンタ、何の為にアメリカへ行って、オバマに会ったの?
 そうやってペーパー読むだけなら、メッセンジャーボーイと同じでしょう?

 アンタ政治家のくせに、目の前のオバマが何を考えているか、わからなかったの?
 英語ができなくても、相手の顔色を見たら、怒ってるか喜んでるかわかるんじゃないの?

 オバマの顔色見て、「ヤバイ、コイツ本気で怒ってる。」とか思わなかったの?
 オバマがホントに怒って、南シナ海に軍艦出すような事になったら、アンタ絶対絶命でしょう?
 アンタそれわかってるんでしょう?

 だったらその場で、自分の言葉でオバマに何か言わないと不味いって思わなたの?

302

 そもそもアンタ独裁者でしょう?
 だからアンタはオバマと違って、議会とか法律とか全然気にしないで、全部自分の裁量で外交できるんじゃないの?
 
 だからオバマの顔色を見て、「ヤバイ!」と思ったら、その場直ぐに方針を変えたら良いんじゃないの?
 国内に反対する奴が幾らいても、そんな連中は戦車でひき潰して自分のやりたいようにできるんじゃないの?

 ところが習近平のやり方を見ていると、全然そんな風には思えないのですよね。 習近平はこの首脳会談の前の首脳会談でも、6時間もオバマと一緒に居ながら、その時もペーパーばかり読み続けてオバマを辟易させてましたよね?

 これってつまり習近平には自分の裁量でその場その場で、相手に対応する権限も能力もないみたいじゃないですか?

309

 そう言えば、習さんアンタ、イギリス訪問中に晩餐会で演説中に、隣のアンドリュー王子がこれみよがしに居眠りしても、何も言えなかったでしょう?

 アンタああいう時は、イヤミの一つも言ってやるモンよ!!
 そんでそのイヤミにユーモアやウィットがあれば、イギリス人共も恐れ入って、チャイナを見直すのよ。

 ところがアンタは馬鹿面下げて、原稿を読み続けるだけ。
 これじゃあの底意地の悪い毛唐共に馬鹿にされるだけよ。

331
 
 それともアンタ、ホントに海外に出ると何にも言えないの?
 中国にいる間に、訪問先で何を言うか、官僚その他と相談の上で、全部問答集をこしらえて、アンタは訪問先でその問答集読み上げるだけ。

 そういう事になってるの?
 そ、それじゃi-padかスマホ並みじゃない?

 いいえ、i-padかスマホの方がマシよ。 だってあれは只の機械だけど、問答集は全部記憶していて、質問されたら答えのペーパーを引っ張り出すような無様なことはしないからさ。

343

 こうなると習近平と言う人間の能力と、その権力に凄く疑問が出てしまうのです。

 法にも議会にも縛られず何でもできるはずの独裁者なのですが、しかし自分の判断では演説の中にアドリブを入れる事もできない。

 後々自分が困る事になる問題でも、自分の判断で相手側の様子を見て、自分の方の対応を変え事ができない。

 実は権力基盤が余りに脆弱で、少し不用意に動くと一発で崩壊すると言う不安があるので、全ての言動を事前に用意しておくしかない。

 こういう事になっているのでしょうか?

 もしそうだとすれば、アメリカ側も返って対中外交を慎重にするしかありません。
 
 だって習近平政権がいきなり崩壊したら、それはそれで大変なことになります。 中国が無政府状態になったら、それこそ何が起きるかわかりませんから。
  1. 特亜
  2. TB(0)
  3. CM(10)

コメント

仰るとおりです。

お久しぶりです。

私も習近平は「ヤジロベイ(バランサー)」なのではないか?と感じています。

何処の「バランサー」かといえば「中華人民共和国」。

今までの中凶の指導者は「中国共産党」内での権力闘争に勝てば、その地位は安定したのです。

しかし、「改革開放政策」によって、今や民衆の「思想コントロール」がきかなくなっています。

民衆の不満を逸らす為に行なった「腐敗撲滅政策」は、「軍部」と「共産党」の不満を一気に高めてしまいました。

こんな状態はなんと言えば良いのでしょうか?
「三竦み」?

「国民」「軍部」「共産党」の三者の間で、身動きがとれなくなっていると、私は思っています。
  1. 2015-11-05 22:41
  2. URL
  3. kuronekosann #NIZBFfco
  4. 編集

不思議に思うのですが

工作員を大量に投入し『飲ませ』『握らせ』『抱かせ』ても、相手の落としどころや腹の内を掴めないのはなぜなのでしょうかw
余程工作員の質が悪く、『上司が悦ぶ』虚偽の報告を上げ、オノレの保身に奔ったとしか思えません。
臭政権にとって、米大統領との会談を国内での政治闘争よりも格下扱いにしたことで、背後から撃たれる心配に加え正面から粉砕される危機まで招きこんだのでしょう。
  1. 2015-11-06 12:16
  2. URL
  3. hanehan #3/2tU3w2
  4. 編集

Re: 仰るとおりです。

> お久しぶりです。

 おお、ホントにお久ぶりです。

> 私も習近平は「ヤジロベイ(バランサー)」なのではないか?と感じています。
>
> 何処の「バランサー」かといえば「中華人民共和国」。
>
> 今までの中凶の指導者は「中国共産党」内での権力闘争に勝てば、その地位は安定したのです。
>
> しかし、「改革開放政策」によって、今や民衆の「思想コントロール」がきかなくなっています。
>
> 民衆の不満を逸らす為に行なった「腐敗撲滅政策」は、「軍部」と「共産党」の不満を一気に高めてしまいました。
>
> こんな状態はなんと言えば良いのでしょうか?
> 「三竦み」?
>
> 「国民」「軍部」「共産党」の三者の間で、身動きがとれなくなっていると、私は思っています。

 ホントにその通りだと思います。

 だから習近平は身動きができないのです。 少しでもバランスを崩すと全部崩壊しちゃいますから。
  1. 2015-11-06 13:12
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

Re: 不思議に思うのですが

> 工作員を大量に投入し『飲ませ』『握らせ』『抱かせ』ても、相手の落としどころや腹の内を掴めないのはなぜなのでしょうかw

 そこが不思議です。

 或いは落としどころはわかっていても、党内の権力闘争の為に身動きが取れないのかもしれません。

> 余程工作員の質が悪く、『上司が悦ぶ』虚偽の報告を上げ、オノレの保身に奔ったとしか思えません。
> 臭政権にとって、米大統領との会談を国内での政治闘争よりも格下扱いにしたことで、背後から撃たれる心配に加え正面から粉砕される危機まで招きこんだのでしょう。

 インチキ経済統計を元に行う経済政策と同じ事が起きているのでしょうね。
  1. 2015-11-06 13:34
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

 胡錦濤さんの時も、原稿読み上げスタイルだったみたいです。ガマガエル(*江沢民)は、分りませんでした。
 
 周君は手当たり次第に弾圧と粛清をしているのに、まだ権力基盤がグラグラしているとは情けないですね。硝子細工の周君は、取り扱い注意なのですね。
  1. 2015-11-06 15:47
  2. URL
  3. 都民です。 #-
  4. 編集

Re: タイトルなし

>  胡錦濤さんの時も、原稿読み上げスタイルだったみたいです。ガマガエル(*江沢民)は、分りませんでした。
>  
>  周君は手当たり次第に弾圧と粛清をしているのに、まだ権力基盤がグラグラしているとは情けないですね。硝子細工の周君は、取り扱い注意なのですね。

 権力基盤がグラグラしているから、弾圧と粛清を続けるしかないのです。

 習君を見ていると、独裁者って言うのが実は脆弱であることが良くわかりました。

 特に共産党政権はね。
 だって権力はあっても権威も正当性もないのですから、ひたすら力を示すしかないのです。

 それが国内ではカネのバラマキと粛清であり、海外ではカネのバラマキと軍事行動です。
 ところがその軍事行動をやったらエライ不味い事になっているわけです。
  1. 2015-11-06 17:53
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

延命のために一番汚いやつが他人の汚職を摘発している

よく中国の深く先を見通す知恵だの、気の長い我慢強さなどとあげつらう人がいますが、

現実のシナチクは
単に礼儀知らずであつかましい

バカ

なだけですよ。
劣等低能力民族がさらに独裁と粛清で劣化したのが今のシナチクなんですから、

その頭目もそれなりになるのは当然です。

まあ、
そんなのが悲惨な格差と公害に呻吟する人民のえんさの声をガス抜きして統制するために、

下手なナチスの真似事をしてかなわない相手にケンカを売ってしまったのが現状かと思います。

(-.-)
  1. 2015-11-06 22:15
  2. URL
  3. ガンダム #iL.3UmOo
  4. 編集

『中国にいる間に、訪問先で何を言うか、官僚その他と相談の上で、全部問答集をこしらえて、アンタは訪問先でその問答集読み上げるだけ。

 そういう事になってるの?』

皮肉ではなく、マジでそうなってるんじゃないですか?
本当の細々とした交渉事は下々の官僚がすべて終了、
根回しした上で皇帝陛下はそれにお墨付きを与えることが
仕事。泥にまみれる本音の交渉など、皇帝陛下のやることではない・・てな感じで。

特亜文化圏以外でそんなことをやれば、能力を疑われる
だけですが。
あと、南沙諸島の問題については実は共産党は実情を把握
していない可能性も考えられますね。

戦前の関東軍と同じで、軍部が独走していて、政府はそれを追認するだけ・・という状況になっているとか?
実際、以前、自衛隊機に中国軍機がレーダー照射したとか
しないとかの事件がありましたが、当初、中国外務省は
「状況を把握してない」と言ってましたが、トボけてるのではなく、本当に知らないような感じで。

南シナ海での中国の問題行動は本当に共産党の命令でやっているのかな?という疑問がありますね、個人的に。
もし、そうであれば、キンペーちゃんは何を聞かれても
問答集の答え以外は何も言えない・・というのも無理からぬ話です。

中国の問題児ぶりばかりが取り上げられますが、英国も落ちたなぁ、情けないなぁ・・て気もします。
皮肉めいた対応とか意地悪するくらいなら、いくら経済的なメリットがあるからって中共に尻尾なんか振るようなマネするなよ、ってことで。
AIIBにもホイホイ乗っていきましたしね、英国は。

いくら人権だとかなんとかいっていても、欧州人にとって結局のところ東アジアの問題なんて完全に他人事・・・。
そんな感を強くした今回のキンペーちゃんをめぐる英国の対応でした。
  1. 2015-11-07 11:50
  2. URL
  3. prijon #-
  4. 編集

Re: 延命のために一番汚いやつが他人の汚職を摘発している

> よく中国の深く先を見通す知恵だの、気の長い我慢強さなどとあげつらう人がいますが、
>
> 現実のシナチクは
> 単に礼儀知らずであつかましい
>
> バカ
>
> なだけですよ。
> 劣等低能力民族がさらに独裁と粛清で劣化したのが今のシナチクなんですから、
>
> その頭目もそれなりになるのは当然です。
>
> まあ、
> そんなのが悲惨な格差と公害に呻吟する人民のえんさの声をガス抜きして統制するために、
>
> 下手なナチスの真似事をしてかなわない相手にケンカを売ってしまったのが現状かと思います。
>
> (-.-)

 そうですね。 ワタシも昔は中国はもう少し賢い国と思ったのですが、しかし今まで中国を見ていると全然賢くないですね。

 内政でも外交でも、ひたすら自国内の権力闘争優先のせいか、或いはそういう国民性なのか、とにかくその場のその当事者の利益と権力だけを守る為なら何でもやらかすだけで、本当の意味の長期的な視野を持った政策など一切できないようです。

 これではヒトラー政権の方がマシです。

 ヒトラー政権だってポーランドに侵攻するまでは、イギリスもアメリカもこぞって持ち上げていたのです。 ユダヤ人迫害はわかっていたけど、日本以外の国はそれが悪い事だなんて一言も言っていませんでした。
  1. 2015-11-07 13:12
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

Re: タイトルなし

> 『中国にいる間に、訪問先で何を言うか、官僚その他と相談の上で、全部問答集をこしらえて、アンタは訪問先でその問答集読み上げるだけ。
>
>  そういう事になってるの?』
>
> 皮肉ではなく、マジでそうなってるんじゃないですか?
> 本当の細々とした交渉事は下々の官僚がすべて終了、
> 根回しした上で皇帝陛下はそれにお墨付きを与えることが
> 仕事。泥にまみれる本音の交渉など、皇帝陛下のやることではない・・てな感じで。

 マジに問答集を作っているのが、どんな連中かはわからないのですが、しかし習近平がその場で相手の対応を見て、自分の考えで答える事はできないのですよね。

 これじゃ日中首脳会談しても意味ないですよね?

 それにしても皇帝陛下だってもう少し自主性のある外交をなさるのでは?
 
 エリザベス女王も我が天皇陛下も、政治的権限はお持ちでないのでご自身の感がで言える事は限られているのですが、それでも相手の前でペーパーを読み上げるようなミットモナイ事はなさいません。

> 特亜文化圏以外でそんなことをやれば、能力を疑われる
> だけですが。
> あと、南沙諸島の問題については実は共産党は実情を把握
> していない可能性も考えられますね。

 そうなのです。 そもそも共産党の実力そのモノが疑われるのです。

> 戦前の関東軍と同じで、軍部が独走していて、政府はそれを追認するだけ・・という状況になっているとか?
> 実際、以前、自衛隊機に中国軍機がレーダー照射したとか
> しないとかの事件がありましたが、当初、中国外務省は
> 「状況を把握してない」と言ってましたが、トボけてるのではなく、本当に知らないような感じで。

 習近平のこうした対応を見ていると、「ホントに知らなかった」と言うのは十分あり得るとおもってしまうんですよね。

> 南シナ海での中国の問題行動は本当に共産党の命令でやっているのかな?という疑問がありますね、個人的に。
> もし、そうであれば、キンペーちゃんは何を聞かれても
> 問答集の答え以外は何も言えない・・というのも無理からぬ話です。

 平家軍の暴走を詰問されて、何にも言えない安徳天皇と言う感じかも?

> 中国の問題児ぶりばかりが取り上げられますが、英国も落ちたなぁ、情けないなぁ・・て気もします。
> 皮肉めいた対応とか意地悪するくらいなら、いくら経済的なメリットがあるからって中共に尻尾なんか振るようなマネするなよ、ってことで。
> AIIBにもホイホイ乗っていきましたしね、英国は。
>
> いくら人権だとかなんとかいっていても、欧州人にとって結局のところ東アジアの問題なんて完全に他人事・・・。
> そんな感を強くした今回のキンペーちゃんをめぐる英国の対応でした。

 イギリスって昔からこんな国ですけどね。
 人権だって最初からこういうときに引っ込めて恩を売る為に、振り回していたのですし。

 尤もこういう国だから中国を歓迎したからって、別にそれで中国に友情を感じているわけでもないのです。

 習近平政権が潰れて、中国が崩壊する前に火事場泥棒を働く気満々なのでしょう。
  1. 2015-11-07 13:28
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する